Izawa Motohiko
プロフィール
作家・井沢元彦が誕生するまでのルーツを紹介。カレはこうして作られた!
  井沢元彦の書斎
1954年2月1日、名古屋市生まれ。早稲田大学法学部卒。
TBS入社後、報道局(政治部)記者時代に『猿丸幻視行』にて
第26回江戸川乱歩賞を受賞(26歳)。31歳で退社し、以後
作家活動に専念。歴史推理・ノンフィクションに独自の世界を
開拓し、週刊ポスト連載の「逆説の日本史」は800回を超えて
なお回を重ねている。

主な著書としては、『言霊』『穢れと茶碗』『隠された帝』『天皇に
なろうとした将軍』『逆説の日本史』(古代編黎明から近世
改革編まで既刊)『世界の「宗教と戦争」講座』『銀魔伝』『黎
明の反逆者』『魔鏡の女王』『恨の法廷』『信濃戦雲録』などがある。

一方、NHK『歴史発見』、日本テレビ系『ウェークアップ』、
TBS系『ここがヘンだよ日本人』などにレギュラー出演した
ほか、積極的に講演活動を行っている。

現在、連載中の紙誌は『週刊ポスト』『SAPIO』『旅行読売』
『夕刊フジ』『東京スポーツ』など。

文化放送『朝ワイド 吉田照美 ソコダイジナトコ』にレギュラー出演中。
2009年4月から、大正大学客員教授(文学部)も務める。

日本推理作家協会常任理事。

>> 井沢元彦の作品データへ
>> 井沢元彦をもっと知りたい
プロフィール もっと知りたい 作品Data 一行日記 特集 コラム 掲示板 問い合わせ
copyright2003 Motohiko Izawa. All right reserved.