TOP >> とまり木

馴染みの酒場やカフェに寄ったつもりで、気軽な会話を楽しむ場

A新聞用のフラッシュ映像  -投稿者:ミコ雪  2002-09-03 09:00:48

 こういうのを↓フラッシュというのですね。
2chで面白い映像を見つけてきました。
以下コピーですが。

 ガイシュツだったらスマソ。
 あまりの出来の良さに感動。

 http://www1.raidway.ne.jp/~huguruma/dschinghis_khan.swf

 
では、また。

ミコ雪様。  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-09-03 22:38:39

ご紹介いただいたサイト見ました。基本的にパソコンが苦手な私にはああいう
ものは作れないなあと思いました。
小泉首相の訪朝についてたしか昨日のニュースステーションで首都ピョンヤン
(漢字忘れました。すいません)の市民に電話で「小泉首相の訪朝はご存知です
か?」「しりません」とインタビューしてました。さすがニュースステーショ
ン、たいしたものだなあと思いました。
もしかして、拉致された方々の所在も久米宏さんなら知ってるでしょうね。ご家
族の方々に教えてあげればいいのに。意地悪な人だ。

軽快でセンスがいい!  -投稿者:いあつま  2002-09-04 00:57:50

ミコ雪さん、私もご紹介のサイト見ました。今日一日外を出歩いて
いて汗だくになって戻った職場の、心地良くエアコンの効いた部屋
で一息いれながら、この軽快なジンギスカン(?)の♪メロディととも
に、本当に感動ものの映像が次から次へと流れていくさまを唖然(?)
としながらながめていました(笑)。

渡部昇一氏があるところで「東京裁判によって『日本は好戦的な侵
略国家である』とレッテルを貼られたが、その東京裁判は日本の法
律はもとより国際法的にも全く根拠のないもので、連合国最高司令
官のマッカーサーの権威(東京裁判所条例(?))だけで執り行われ
た。その権威であったマッカーサーが、昭和26年5月3日、米上
院軍事外交合同委員会で行われた公聴会で『日本の戦争の動機は
安全保障の必要に迫られてのことだった』と証言して、『日本の戦
争目的は侵略であった』という認識を取り消しました。日本国の存
亡にとってこれほど重要な証言を日本のマスメディアは今に至るま
で一切報道していません。このマッカーサー証言を日本人全員に伝
達するためにNHKの全国放送で流して欲しい」とおっしゃってい
ました。

仮にその放送が実現されたときには(可能性はほとんどないだろう
が(笑))、50年以上も前のこのマッカーサー証言と合わせて、朝日
新聞的なイデオロギー(?)勢力が総体制になってしまった戦後日本を
強烈に揶揄する、この軽快なジンギスカン(?)の♪メロディとともに
流れる映像も効果的に全国放送してもらいたい(笑)とも思いましたが、
ほとんど実現不可というところがいささか寂しい(?)ものがあります
が・・・。

A新聞用のフラッシュ映像 続き  -投稿者:ミコ雪  2002-09-04 08:48:44

みなさま、おはようございます。

いあつまさん、オーベルシュタインさん、見て頂けましたか。

そのフラッシュ本当によくできていますでしょ。
2chのよさはたくさんの人がいるということだと思います。
そして、自虐系の反日マスコミの報道にウンザリしている人が、
その嘘が暴かれたせいもあって増えているのではないでしょうか。

株価が下がっていますがどこも、もうすぐあの9月11日から丁度1年めで
また、何かがが起こるかもしれないという不安材料から買われていない
という風には報道しませんね。どうしてでしょう。

では、また。

小泉さんは無事に戻って来れるのか?  -投稿者:SOGA  2002-09-04 13:45:54

オーベルシュタインさんへ
国家反逆罪についてのレスありがとうございました。
随分遅くなって申し訳ありません!取り急ぎお礼まで…

しかし、あの人達(A新聞を含む)にギャフン(うわっ死語)と言わす手段とか
ぐうの音も出ないような法律があると良いのですが…お猿さん相手はホント疲れ
ます。

ミコ雪さん私も見ましたよ!
実は友人関係で大ウケで、久々に行ったカラオケで大合唱してしまいました。
(ドイツ語なので正しくは歌っていませんが…)

SAPIO発売!  -投稿者:Ponya  2002-09-04 18:09:59

本日発売のSAPIO 9/25号の特集は、韓国「仰天の歴史観騒動」。その中に、
金 完燮氏と井沢先生の対談も載っていて、非常に興味深い内容でした。
金完燮氏によると、韓国の「反日教育」の存続には日本の「謝罪派」の存在が
相当大きな影響を持っているらしいです。まさにA新聞系マスコミなどが、韓国の
「反日教育」を支えているということでしょう。本当に困ったものです。

ところで、金泳三前大統領のインタビュー記事も載っているのですが、その中の、
中国と韓国との関係に言及したところで、日本の対中ODAの影響について
金泳三氏に質問した部分があるのですが、金氏の答は…

「日本が中国に援助を?どれくらいの規模なのか?」
―――総額は約6兆円に及びますが…
「なぜ日本が今や経済大国ともいえる中国に援助を…。」

と絶句した様子でしたよ。

## いえ、ほんまはODAちゃいまんねん、みかじめ料でんね〜ん。

追伸
ゴー宣の内容が、ちょうどここで紹介されていたNステの終戦記念特集と
サンデープロジェクトの田原氏が高市早苗氏に暴言、の話題だった。
番組を見られなかった人はSAPIOを買おう。小学館の回し者ではありません。

酒宴の真っ最中!いいのかな(笑)  -投稿者:いあつま  2002-09-05 21:33:57

どこに投稿しようかと迷いましたが、とりあえずここに投稿しました。

G爺さん、はじめまして。「ふぉーらむ」に投稿された主張・意見・
理論展開(?)等々、私から見れば、ほとんど異論というか違和感と
いうか、そういった類のものはありませんでした。どちらかといえ
ば、すっきりとしたわかりやすい投稿だと思います。このサイトに
興味・関心を持っている大多数の方々、いわばこのサイトのサイレ
ントマジョリティの方々の支持を受けるはずの投稿だと思います。

話は飛びます。今、アルモンテが登板しました。巨人対ヤクルト
の大阪ドーム決戦(?)、ある人に言わせれば「大阪夏の陣(?)」とい
うことになるのでしょうか?

職場の雰囲気では、2回連続で不運だった高橋(尚)を応援していま
したが、今日も目がないようです。もう降板してしまいました。

仕事上の慶事があり、酒宴の真っ最中に投稿しています。
失礼の段、お許し下さい。

そうこうしている内に、今、松井が登場しました。警戒しながらの
四球でした。これからどうなるのか・・・。と思っていたらこの回
が終了してしまいました。・・・。

いあつま様へ。  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-09-05 23:45:40

いいですね。酒宴。私も参加したいくらいです(笑)
そもそもここ(とまり木)は「馴染みの酒場やカフェ〜」ということなので、い
あつまさんはある意味ここのBBSの主旨がわかってらっしゃるということです
か。
未成年の方は法律で禁止されてるので駄目ですが、大人の方々は一度、うまい酒
を飲みながら、ここにカキコミしてはどうでしょうか?(笑)

Re: SAPIO発売!  -投稿者:ミコ雪  2002-09-07 12:51:16

Ponyaさん

「サピオ」と「わしズム」を買いましたよ。
サピオでは井沢さんの対談がメインでしたね。ただ、その雑誌は表紙がね〜〜
買うのに相当抵抗があります。もう少しソフトな表紙だったらいいのにと
いつも思っています。
「わしズム」には、たとえば中島らもさんの「明るい悩み相談室」みたいなのが
あれば、中和されていいのにと思っています。

では、また。
(私のHPへの訪問ありがとうございます。またどうぞ覗いてください)

グッドデザイン?  -投稿者:Ponya  2002-09-07 20:49:26

>ミコ雪さん
え?SAPIOの表紙ですか?
読者欄でも、毎回「右翼の雑誌みたいだ」とか「好戦的な表紙だ」とか
「もう少し普通のデザインにしてほしい」とかいろいろ意見がありますが
雑誌の表紙としては私けっこう好きだったりします(笑)

今回なんて、白いチマチョゴリを着た女性が舞い踊る、その背景に
「謝罪賠償」「真相糾明」などの文字を並べた大勢のハングルの人たち
…という物凄い構図が表紙になっていて、いい写真を選んであるなあ
と感心してしまいましたよ。

まぁ普通の女性読者にはちと買いにくいかもしれませんけどね…^^

SAPIO読みました。  -投稿者:キノ  2002-09-08 02:25:27

SAPIO読みました。
私は貧乏なので、大抵立ち読みで済ませるのですが
───といっても、井沢先生の本は買ってますよ。
『恨の法廷』面白かったです、「こりゃ『言霊の国 解体新書』の
対談ソ・ジュンボン教授も怒るわな(笑)」とも思いましたが(笑)
といって、私はソ・ジュンボン氏側の言い分は全く共感できませんが───
でも、大抵の人って、韓国人と、真の友好を築きたいと思ってる
のでしょうか…。なんかそういう読後の感想も抱きました。
私は全くそうは思わず、
「どーせ朝鮮半島が統一されたら、
中国と統一朝鮮は緊張して、
英国が独仏に対するような『英国の旨み』を日本は手に入れられるの
だから、韓国はこのまま反日で突っ走って欲しい」と思うのですが、なんかいま
さらもう、韓国と仲良くなんかしたくないと思うのは、私だけでしょうか…。

あと、SAPIOの表紙は、「週刊文春」のような
無味無臭(笑)に比べたら、結構好きです。
雑誌のレベルも高いですしね^^

お久しぶりです  -投稿者:Mr.キートン  2002-09-08 11:11:09

道灌山さん、ぼん・てんさん、Ponyaさんへ

以前ご紹介いただいた自衛隊関連の本、全て読み終わりました。
本当は一冊ごとに感想を述べるつもりだったのですが、字数制限にひっかかって
しまいましたので
御礼のみでご容赦願います。
とにかく、どの本(や記事)も大変参考になりました。どうもありがとうござい
ました。

ところでSAPIOって今まで読んだことなかったのですが、なかなか面白い雑
誌ですね。
定期購読はしないでしょうが、定期立ち読み(?)はしようかな、と思います。

では、また。

立ち読み  -投稿者:Ponya  2002-09-09 21:13:53

「立ち読み」は本屋の集客に貢献するので積極的にやりましょう(笑)
あ、でも床に座り込んで読んだり、スナック菓子食べながら読むのは勘弁してぇ^^;
それから、部数の少ない雑誌はたまに買ってあげないとその店に入らなくなりま
すよ。

キノさん>
>「どーせ朝鮮半島が統一されたら、中国と統一朝鮮は緊張して、
>英国が独仏に対するような『英国の旨み』を日本は手に入れられるのだから、
>韓国はこのまま反日で突っ走って欲しい」と思うのですが、なんかいまさらも
う、
>韓国と仲良くなんかしたくないと思うのは、私だけでしょうか…。

どうなんでしょう?国家単位の戦略としては、そういうのもあるんでしょうかね。
本当に「旨み」になるのかは微妙な気もしますが…。

私の場合は、これは京都なんかに住んでるとよく実感するんですけど…
朝鮮人と日本人のほとんどは民族的に同根だと思ってます。だから、
「大阪人」と「東京人」で罵りあってるようなあほらしさを感じるんですよね。
それも政府同士が反目し合ってる分には仕方ないけど、個人的な付き合いで
「日帝支配」云々のくだらない喧嘩をするのは正直うんざりしています。
だからせめて、個人が反日思想に凝り固まるような教育はしないでほしいですね。

はじめまして  -投稿者:コロリン@ROM  2002-09-11 05:07:25

 皆様、はじめまして。お隣の「ふぉーらむ」では既に何回も投稿しておりま
すが、こちらははじめてです。
 「気軽な会話を楽しむ場」とありますが、気軽な会話とはいっても北朝鮮との
交渉や日本軍兵士の話など
が当然のごとく飛び交っているあたり、さすが「井沢元彦の掲示板」という感じ
ですね。
 私がここに投稿する場合、本当に他愛ない話が中心になるでしょう。
 『SAPIO』は私も立ち読み専門ですね(^^;。

 ところで、しばらく前にここで話題になっていた『スターウォーズ エピソー
ド2』、
このあいだ観てきました。夏バテの疲れからか、途中どうにも眠くなってうつら
うつらしてしまったけれど、
まぁ、ストーリーを見失うというところまではいかなかったので(つまらなかっ
たわけではないです)。
 でも後半は、『スターウォーズ』をずっと観てきた人ならちょっと驚きの展開
がありました。
 『スパイダーマン』のほうは観ていないですが(ビデオが出たら借りようと思
います)、
ただ、あの映画の主題歌(“Hero”というタイトルだったと思う)が、ラジオで流
れているのを聴くと、
「なかなかいい曲だな」と思っていて、サントラにも他にいい曲が入っていると
聞いたので、
そのうち気が向いたらチェックしようと思いました。

 あと11月にポール・マッカートニーの(おそらく最後になるかもしれない)
来日公演が
あるそうですね。この際行きたい感もありますが、料金が14,000円だと聞
きました。
 それに、会場が東京ドームというのも……。東京ドームでやるコンサートほど、
音が聴きづらい
ものはないですからね。あそこはやっぱりスポーツ観戦向きで音楽コンサート向
きでは絶対、ないですね。
 まぁ、ポールぐらいの人なら仕方がないとも思います。

私も立ち読み派です(笑)  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-09-11 19:13:16

私もサピオは立ち読みしてます。本屋さんにとってはあまりいいお客ではない
かもしれません(笑)まあ集客力につながるからいいかなと自分で勝手に思いこ
んでます。

キノ様>
私も自分が「日本人」だと考えると韓国は正直好きにはなれません。外交という
面から見ても、あの国とつきあってもあまりメリットがあるとは思えません(異
論・同意等がある方はご意見ください。是非とも参考にしたいので)
まあアメリカも韓国と同じ位嫌いですが、自主防衛が出来ないおかしな国の今の
日本ではある程度の付き合いはやむをえないと思ってます。(くやしいですが)

立ち読み  -投稿者:管理人  2002-09-11 23:21:35

紙の束を売っているわけではなく、知識・情報に価値があるわけで
すから、厳密にいうと立ち読みは「窃盗」にあたります(笑)。

コミック雑誌の場合、連載ものに3本ほど人気作品があれば、購読
していただけるというセオリーがあります。

携帯電話と新古書店のおかげで、単行本、雑誌はもとより、コミッ
ク本まで売り上げ不振に陥っています。立ち読み2回につき1度は
買っていただけるとありがたいですね。

立ち読みといえば、もう4、5年前になりますが、高級車の窃盗団
が大きな話題になり始めた頃。旧知の14K(香港マフィア)の中
堅幹部から「警察の摘発で車が押収されたので、取引が駄目になっ
た。その売買契約書が手元にあるが買わないか」と、弁護士を通じ
て打診してきました。もちろん、雑誌の記事にするためです。

私は「買うかどうかは、書類を見てからだ」と返答しました。つま
り、ビニ本と同じで、中身(真贋)に疑いを向けたわけです。

先方は、「書類に目を通してしまえば、もう価値はなくなるじゃな
いか」と難色を示しました。彼らは、書類を「コミック雑誌」と同
義においたのですね。

結局、「紙っぺらに1000ドルも払うのは無駄です」との香港人
弁護士の進言にしたがって取引は破談にしました。

最近は、盗難車の密輸先も広範囲になりましたが、当時は中国の広
東省、福建省が主な向け先で、中国側の沿岸警備隊や市当局(車両
登録窓口)も密輸団とグルであると香港警察の警部に聞きました。

ちなみに、北朝鮮を脱出した難民たちを支援するNGOの日本人活
動家のA氏は、国家保衛部から懸賞付きのお尋ね者にされています
が、その懸賞というのが「ベンツ1台、現金30000元」だそう
です。車体番号が削られているんじゃやないかって気がします。

プロ意識の喪失  -投稿者:管理人  2002-09-11 23:48:21

DSLに飽きたらずFTTHに変えようと、NTTにBフレッツを申
し込んだのが8月の初め。一週間後には職員が工事の事前調査にやっ
てきましたが、その後はなしのつぶて。業を煮やして、NTT神奈川
支社に問い合わせたら、一週間待たされたあげく、「工事日は未定で
す」とつれない返事。ガリバーの地位に安住して、市場原理どころか
社会主義=国営企業体質が温存されているようですね。

私は5回に一回くらいで…。  -投稿者:キノ  2002-09-12 00:15:06

SAIPO買っております、貧乏ですが(笑)

ponya 様>
>どうなんでしょう?国家単位の戦略としては、
>そういうのもあるんでしょうかね。

「そうなるはず」と言ったのは時々(最近はしてませんが)SAPIOにも寄稿
コラムが掲載される軍学者の兵頭ニ十八氏で、「そうなればいいなぁ」というの
が私の願望です(笑)もしそうなれば、嫌いで嫌いで嫌いでたまらない鬼畜日本
人如きに「最近中国おかしいっス、どうか協力して、中国に相対しましょう」と
頭を下げねばならぬ韓国人は、さぞ悔しかろう、こちらとしてはその頭を下げる
様を見るのは、さぞ楽しかろう、と(笑)変態みたいな事書いてますが(笑)
ま、何処かの評論家氏が書いてましたが、いっそ世界中から忌み嫌われ唾棄され
る鯨食い犬食い民族同士、先日のW杯を記念して、日韓友好の証「鯨犬鍋」をつ
くって食べたら少しは仲良くなれるかもしれませんね(笑)私は鯨の御肉は好き
なんですがね…犬は食べた事ありませんが。


今日休暇だったので昼の寝起きにワイドショーを見てたら、民主党 江東区議会
議員 阿部悠逸 氏(多分)が逮捕されたと報道されてたのですが…探し方が悪い
のか何処のサイトを見ても全く何も書いてません。…事実なんでしょうか…。
それがまた、ヘンな事件で、無断駐車を注意されて「車どかしてもらえませ
ん?」と言ってきた男性の胸倉をつかんで、もう消えようとした被害者を追いか
けて執拗に防犯スプレーをかけた…という事件らしく。なんなんでしょうね、議
員は哲学博士らしいですが、特殊な哲学でも持ってたんでしょうか(笑)

では、失礼します。

立ち読み事情  -投稿者:Ponya  2002-09-12 00:38:16

あ、これは失礼しました。著者の方の立場も考えませんと…^^;
立ち読みで情報を全て読破されるのはいけませんね。
あれはあくまでも「試読」「閲覧」であって「読破」してはいけない
という暗黙のルールがあります。

しかし、困ったことに…、
立ち読みで何冊も読破したり、立ち読みで得た情報を実際に使用したり
(たとえば就職情報誌の募集先をメモ、またはその場で携帯電話で電話等)
しても、現行の法律ではこれを取り締まることが出来ません。
一応、書店の立場から言えば「営業妨害」であることをお客様にやんわり
とお伝えして、立ち退いていただくことは出来ますが…。

情報を盗んでいること自体は、法律的には「紙の束」を盗まないかぎり
窃盗罪にはあたらないのが現状だったりします。
本来は著作権の扱いからいって「閲覧禁止」にするべきなのですが
中身を全く知ることなしに購入していただくのは、難しいものがあります。
一応、「立って読む」という体力的限界を伴っていることでバランスを
取っている面があるのですが、最近の大手書店では閲覧用のソファまで
用意している始末です。消費者優先の原理もここまでくると行き過ぎだと
思うんですけどねぇ…。

日韓中台近未来  -投稿者:Ponya  2002-09-12 01:00:06

>キノさん
なるほど…軍事的なパワーバランスで言えば、そうなるんでしょうね。
でも、そうなったとしても韓国政府は直接日本にはお願いしないでしょう。
たぶんアメリカ様を通して軍事協力を引き出す形になる気がします。

そういえばSAPIOにもありましたが、
台湾の陳水扁総統の独立宣言ともとれる「一辺一国」発言の影響で
中台関係が緊張しているらしいですね。台湾の場合は正式な国交が無いので
まったくの米国頼みになるんでしょうけど、本当に積極的に動いてもらいたい
のは日本なんだろうなと思いつつ、これまでの日本の媚中外交を見るにつけ
実はあまり期待されていない面もあるのだろうなと…これ情けないですね。

ちょっとマジメに立ち読みについて考えた。  -投稿者:キノ  2002-09-12 01:07:34

著述・出版サイドから見れば、立ち読みはまさしくとんでもない事なので、や
はりこういう所に「立ち読み」しました、と書くのは、(いや、立ち読み自体が
そもそも)いけませんね、反省です^^;

ただ、これは正直な所、誰に対してでもなく思うのですが、私が今回雑誌を買わ
なかったのは、井沢先生のコラムはおそらく「いつか単行本に収録される」と
思ったからでもあります。
これまた兵頭 二十八先生が書いてた事なのですが、「バブル以降にオピニオン
誌の記事のインパクトが低下したのは、読者は『いつか単行本に収録されるか
ら』と気合を込めて読まなくなったから、単行本化された暁には『これはもう大
分前の時事ネタの寄せ集めだ』と見向きもしなくなったからだ〜」みたいな事を
書いてました。まぁ、その後に「それだけではない」と続く文章なのですが、し
かし、私は雑誌の立ち読みの背景にはこれがあるよなぁ、と思います。
とはいえ、私はコラムは単行本に収録して出版して欲しい人間なので、
だからどうとも言えないのですが…。

この問題もクリアして、しかも雑誌を立ち読みさせない、という方法が
立案されませんかね…。

「プロ意識の喪失」...  -投稿者:ネム介  2002-09-12 01:41:20

NTT神奈川支社の対応、同じ神奈川県民として許せんな(笑)。
個人的に副業としてNTTデータからのソフト開発を受注している
仕事に参加していますけど、間接的に聞くところから推し量り
まさに組織の体質的な問題のように思えます。
そこで、現場の愚痴を一つ。

「あんたらの実質よりも世間的体面を重視する姿勢のしわよせを
 こちとらに、かぶせやがってるから、碌なことにはならない。
 上にはへこへこするが、下(発注先)には横柄な態度で無理難題
 を吹っかけるのが当たり前と思っているんだろう。だから悪循環に
 陥るのが眼に見えているんだよ。結局は社会的に問題が表面化し
 TVでトップが頭を儀礼的に下げるといった図の出来上がりか?」

ここにいるかもしれない当グループに関連する皆さん、個人的な
私の悪態ですので、お聞き流しを。

↓あ、管理人さんだ珍しい  -投稿者:偽一  2002-09-12 01:43:59

 サピオはゴー宣のファンだった時は購読してたけど去年の9.11
テロ以降の小林よしのり(呼び捨て)の暴走ぶりを目にして以来買って
ないなあ。彼に対する己の印象はここの常連さんで言うと、いあつま
さんやダーヴェルさんとは近くてナベさんやY・S君とは違うかも。
でも今週のサピオは井沢さんの写真が見れて良かった良かった。もろ
ちん立ち読みだったけど。 ちょっと暇だったんでカキコんでみました
 それでは皆さんおやすみなさい。

送り手の愛着  -投稿者:管理人  2002-09-12 01:58:46

文藝春秋の役員時代、堤堯さんは「雑誌は喧嘩将棋、単行本は詰め
碁」と編集の極意を語りましたが...。それはさておき。

基本的に雑誌は「生もの」です。近所のコンビニの社長は、「発売
日の翌日になっても棚に残っていたら、そのぶんはまず売れない」
と言い切っています。

私も、雑誌の連載小説は(親しい作家であっても)読まずに、単行
本になるのを待ちます。

週刊誌は、古巣の出版社ではOBライターに贈呈し続けるシステム
を取るところもありましたが、固持しました。お金を出して買わな
ければ、封に入ったままになるからです。

雑誌はタバコ代、書籍は映画の鑑賞料金が概ね価格設定の基準にな
っているはずですが、この不況下で出費を惜しむのもいたしかたあ
りませんね。

しかし、携帯電話でだらだら長話をしている若者の姿をみると、愚
かな浪費に情けなくなります。

南北統一  -投稿者:管理人  2002-09-12 02:32:44

部下に蹴りをいれたとかで、防衛駐在官の任を解かれた陸将補が、
まだ統幕詰めの二佐か一佐だった頃、私的な勉強会でレクチャーし
てくれたことがありました。

「南北朝鮮の統一は脅威とみない。外に出ようとする中国に対して
統一朝鮮はむしろ障壁となる。安全保障上のリスクはむしろ南沙・
西沙諸島に感じている」

一方、吉林省などで活動するNGOの活動家は、「北朝鮮からの亡
命軍人組織の2、3を中国政府がバックアップしている」と指摘し
ます。かりに金正日体制が崩壊したとき、より中国のコントロール
がきく政権を樹立させるためです。逆にいえば、統一によって米軍
との緩衝地帯がなくなることを恐れていることにもなります。

なぜ、小泉訪朝の直前、「工作船」が日本海をうろついたのか。案
外、金正日のあずかりしらぬところで、中国の意向を組んだ一派が
仕掛けたかなという気がします。

「北朝鮮が開放経済に路線転換すれば豆満江開発が進み、中国やロ
シアの受けるメリットは少なくないのでは」と、中国で国際問題を
扱うシンクタンクの研究員に尋ねたことがあります。

彼の答えは、「党中央は東北3省が豊かになることを望んでいな
い」というものでした。地方の分離独立を警戒するからです。

物事、国の単位でみると見誤ることがあります。さまざまな思惑
があり、暗闘があるのです。

”船籍特定20日以降に”・・・???  -投稿者:ミコ雪  2002-09-12 09:10:24

“船籍特定20日以降に(読売新聞2000年9月22日夕刊より)

―不審船で政府方針―日朝首脳会談を配慮―
・・・・
「不審船問題で日朝関係が暗礁に乗り上げるのは避けたい」〔首相周辺〕
・・・“
 首相周辺か外務省だか知りませんが、外交に日本式「和」の精神(=波風を立
てたくない)を持ち出してどうしようというのでしょう。国と国、特に拉致問題
もあるような国との交渉にはあらゆる情報、カードが必要でしょうに。それに、
日本が譲歩して国民が得をすることなど何一つありません。毎年、日本人は3万
人以上自殺しているそうです。不況で生活が苦しい人も多いと思います。それを
無視して外国に金を援助するなんて国賊ものです。

 週刊誌には見出しに「訪朝をドタキャンせよ」とまで書かれています。私もそ
う思います。また、譲歩を進める人たちをチェックする必要もあると思います。
日本も余裕がないのに謝罪や金を出すのは納得できません。

それでは、また。

訂正  -投稿者:ミコ雪  2002-09-12 09:12:51

9月22日ではなく、もちろん9月11日でした。すいません。

“船籍特定20日以降に(読売新聞2000年9月11日夕刊より)”

訪朝…各国の思惑  -投稿者:Ponya  2002-09-12 17:07:20

>ミコ雪さん
いやはや、北朝鮮にとってなんともやり易い相手ですねぇ日本は…。
端っから船籍などわかってるでしょうに、自重して特定を遅らせるとはね。

訪朝前だからこそ、これまでの遠慮がちな対応から一転して
「今回の日本は違う」という意気込みを見せる良い機会のはず。

この分だと、拉致問題も具体的な進展は難しいかもしれませんね。

管理人様>
>なぜ、小泉訪朝の直前、「工作船」が日本海をうろついたのか。
>案外、金正日のあずかりしらぬところで、中国の意向を組んだ一派が
>仕掛けたかなという気がします。

確かにそう考えると、今回に限って「北朝鮮の国旗らしきデザイン」が
船体に映っていたのが、うなずけますよね。本当の工作船なら完全に偽装
するだろうし、わざわざ「おいら北朝鮮」と宣伝しながら紛らわしいコース
をうろうろするのは、ちょっと露骨すぎますし。
(まぁ偽装したって船体後部に例の観音開き扉があるんでしょうけど…)

立ち読みについて。  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-09-12 18:12:54

管理人様を始め、立ち読み論?につきいろいろなご意見拝見しました。たしか
に違法ではありませんが、やはり情報を売るという目的のものですから、基本的
にはいけませんよね。私も少し見る程度にはとどめてはいるのですが。
これからは情報を買うという意識を持っていきたいと思います。
では失礼します。

タバコ=雑誌代  -投稿者:キノ  2002-09-13 00:34:35

へぇ…そんな値段設定なのか、と始めて知りました。皆さん知ってました?と
いう事は私は毎日260円の雑誌代金を煙にしているのであるな…(cabin
 mild)

ま、今回の北訪問がどういう結果に終わっても、「日本人は朝鮮人を強制連行す
る事は得意でも、同胞を連れかえってくるのは苦手なんだよ」というオチがつい
て、良いかもしれませんね(笑)
ああ、なんかすいません、斜な事書いて…どうも、今日のテロ1周年報道で、ど
の局も「世界を深い悲しみに落した同時多発テロを、我々は忘れてはいけませ
ん」とか、「絶対そんな事思ってないだろ」的な事ばかり報道するので、何か今
日は反動でイヤな奴です(笑)まぁ、例えば「人を殺してもバレなきゃ犯罪じゃ
ない」と思おうと、「いや待て、己の良心に問いかけ、より良き社会を作る為最
善の正義を作ろう」と思おうと、「絶対誰も殺しちゃいけないんだ」と思おう
と、「バカヤロウ、だったら死刑執行人は毎回逮捕されてんのかよ、バレても犯
罪じゃねーよ、合法的で必要な殺人だっていくらでもあるわ!」と突っ込もう
と、誰が何を思うかなんて自由ですので、テロ被害者に想いを馳せる事を非難で
きませんが、しかし、どう考えても、あのテロで心底悲しんだ、何の関係も無い
日本人はいないと思う。現代のサムライ田中光四郎氏もあの事件はアメリカの謀
略だと言っておりました。

どこかで聞いた話ですが、「北朝鮮の青年は、ピョンヤン市内の女学生をナンパ
する時には、おにぎりで誘う」と。こんな愉快な国、もうちょっとこのままでい
て欲しい気もします(笑)決して、開放なんかして、西側文化の悪しき堕落に染
まってはいけませんよこんな貴重な国は(笑)だからそっと外から見守って、国
交正常化なんて夢にも考えないで欲しいです。

続けて。  -投稿者:キノ  2002-09-13 00:46:56

ponya 様>

>でも、そうなったとしても韓国政府は直接日本にはお願いしないでしょう。
>たぶんアメリカ様を通して軍事協力を引き出す形になる気がします。

うーん、そうですか…残念です。日本人を心底憎む彼らが我々には協力を請うの
は、さぞ心地よい光景だと、時代劇・大江戸捜査網で町人を撃ち殺すのが何より
楽しみな御代官様が「やはり南蛮渡来の銃は良いのぅ」とボルトアクション&ス
コープ付きのH&K PSG−1みたいな銃を持ってたのと同じ位にきっと、
ケッサクな韓国人の姿を見られると思ったのに…実現の可能性は薄いか…。

失礼します。

出版事情と立ち読み  -投稿者:コロリン@ROM  2002-09-13 05:39:11

 管理人さん、出版事情についていろいろと語っていただき、ありがとうござ
いました。
 Ponyaさん、書店経営側から見た客の態度についてのご意見は、参考になりま
した。ありがとうございます。
 これらのことを踏まえながら、立ち読みについて考えたいと思います。

立ち読み  -投稿者:管理人  2002-09-14 12:58:51

高級盗難車の「売買契約書」のエピソードで、それをビニ本(真贋)
と見立てたと書きましたが、正確には先方の指し値に見合うだけの
内容があるかどうか、値踏みしたかったといったほうが正しいです。

したがって、コンビニや書店で雑誌のページを開くななどとは、私
も思っていません。お金を払うだけの価値があると認めれば、目当
ての記事を読み終えてしまったあとでも、評価の証として買ってい
ただきたいなという気持ちです。

書籍は、やはりある程度の立ち読みは必要ですね。さもないと、い
つまでも話題作だけが売れることになってしまいます。これは出版
文化にとってゆゆしきことです。

1兆5千億円…。  -投稿者:キノ  2002-09-14 15:20:05

そんな大金を北にくれてやるなら、それこそ「無駄な公共事業」に使った方が
良いと思うのだが…。(穴掘って埋めるだけとかの)

しかし、1000ドルの紙ですか〜、1000ドル。
何の紙だったら1000ドル出すかな、私は(笑)
まぁ、でも立ち読みされる、というのは、在る意味では売れっ子の証のような気
がします。私は兵頭ニ十八先生のファンでもありますが、立ち読みしたくでも、
「警察官専門雑誌」だの雑誌「発言者」だのは、本屋にそもそも並んでないの
で、立ち読みできません^^;本も絶版ばっかりでありますし。井沢先生は
TUTAYAクラスの郊外型書店にも本が並ぶ所謂「売れっ子」なので、すぐに
本が買えて助かります。
絶版なので、何処にも無く、仕方なくネットの古書店で内容も本の状態も確認せ
ずに買う恐怖といったら・・・。

失礼します。

小林氏の暴走って結局…?  -投稿者:Ponya  2002-09-14 19:21:14

う〜ん…気になる何だろう? 気になると放置できない…素朴な疑問です。

偽一さん>
> サピオはゴー宣のファンだった時は購読してたけど去年の9.11
>テロ以降の小林よしのり(呼び捨て)の暴走ぶりを目にして以来買って
>ないなあ。彼に対する己の印象はここの常連さんで言うと、いあつま
>さんやダーヴェルさんとは近くてナベさんやY・S君とは違うかも。

偽一さん、いあつまさん、ダーヴェルさん(…は最近お見かけしませんね)
もちろん他の方でもけっこうです。よろしければ教えてください。

この、「小林氏の暴走ぶり」というフレーズ、よく目にするんですが、
具体的には、どんな部分を指すのでしょうか?

もちろん、いあつまさん、ダーヴェルさん、の過去の発言も読んだのですが
具体的に何が暴走かを書いた意見は見つからず、疑問は消えませんでした。

思いつくのはこんなとこですが…

A.米同時多発テロに関する考察の部分
B.Aに伴う、各保守論陣との決裂状態
C.日本原理主義ともとれる論調
D.何より「侠気・仁義」を優先する論調
E.その他

ちなみに、私の立場としては、
A=鮮烈な表現ではあるが、それほど違和感を感じなかった
B=実は特異性を出すための商売(プロ)としての選択では?
C=強調し過ぎるところがあるからそう取れないこともない…
D=気持ちは分かるけど、このままだと発想が狭くなりそう。

という感じです。

たとえば経済問題に関して小林氏は
グローバル(アメリカン?)スタンダードな方式の導入に反対し、
むしろ日本独自の保護主義を復活させるべきだと強調しています。

日本人にそれが合っているのは確かにそのとおりで、米国主導のやり方を、
はいそうですか、とそのまま日本に当てはめるのは賛成できないですが、
それにしても今、過去のような保護主義に戻れと強調するのもどうかと思います。
国力を考えると既に選択できなくなっている部分もありますし…。
この点は上記のD.にあたるんですが、どうも賛成できない部分です。

といっても「暴走」と言えるほどとも思えないんで、まだ読んでますが。

皆さんはどんな印象を持ってますか?

あ、別に議論しようってことではありませんよ^^
みんなはドコに反発しているのかな〜と単純な興味からの質問です。
もちろん議論を好まれる方がありましたら隣でもいいですが…

グリーンマイルなかなか良かったなぁ  -投稿者:偽一  2002-09-15 06:27:59

 嗅覚は正常なんだろうけど物好きで気が長くて博識で懐の深い
Ponyaさん、こんばんは。小林が暴走してると思う点について
少し書かせていただこうと思います。
 例えばかなり前のゴー宣で(うろ覚えなんで正確じゃないかも)
つくる会の理事さん達に対して「日本は米に戦争で負けた怨みを晴ら
せなかったが、ビンラディン一派は虐げられてきた怨みをテロにより
晴らせたので、あなた達はビンラディン達に対して嫉妬している。」
という意味(だったと思う)の発言をしてましたよね。この時己が思
ったのは、ハア?そんな事に嫉妬する人がいったい何人いるってんだ
何を訳のわからない的外れな事を言ってるんだろう だったし。社民
党の原陽子が自分のHPでテロについて、「ざまあーみろって思って
いる国だってきっとあるって思いませんか。」等とテロを喜んでいると
思われる発言に対して小林は「原陽子の発言の方がよっぽど民族主義
的だ。」と肯定的だったらしいです。こういう例から見て、2002
4月21日のいあつまさんの言葉をお借りすると「憎米感情」が理
解出来ないんですよね。この言葉は言い得て妙だと思うんです。小
林の米に対する反米感情なんてもんじゃない、イッチャッてるとしか
思えない憎米感情に対して己はついていけないんで。小林の意見の部
分はともかく、感情の部分に対して暴走しているって感じるんです。
まず憎米感情ありき、なところがどうもねえ。それとも小林と同じ
様に思ってる人は多くて己の方が異端なんだろうか・・・。
 と、ここまで書いて思ったんだがPonyaさんから「自分と感
情や思想が相容れないからといって暴走している、等と言うのは
レッテル張りだ。そういう言い方は慎むべきじゃないかな。」なんて
やんわりと諭されそうな気がしてきた。自分でも不適切な表現かも、
な気がするんで小林の暴走ぶりではなく小林の(特に憎米)感情の
部分に対する違和感、と言った方が良いでしょうか。意味は一緒なん
ですけど(笑)。
 それと、己が名前を挙げた皆さん、勝手に名前を
だしてごめんなさい。あまり深く考えない傾向があるのでそこの所
も遠慮なく言って下さい。気を付けますので。まあ、この掲示板の
人達なら軽く流してくれると思いますが(厚かましすぎ?)。
 長くなり過ぎたのでこの辺で。皆さんおやすみなさい。

久しぶりに、サピオ「ゴー宣」について  -投稿者:いあつま  2002-09-15 23:28:11

みなさん、こんばんは。偽一さんはじめまして。私のHNを出され
ても当然結構なことです。かえって光栄(?)に思っています。それか
らオーベルシュタインさん、今日は酒を飲んでいませんが・・・(笑)

ゴー宣でいえば、Ponyaさんが推奨されていたサピオ9月25日
号の「第174章 無知で下品な司会者たち」は久しぶりに「かつて
の小林よしのり氏」を彷彿とさせる作品だったと思います(笑)。

傲慢・無知の田原氏を批判する表現力は確かなものがありました。
欄外で「田原の無知識が世の中にまかり通ってるようじゃ、日本の
再生はない」と記述していますが私も同感です。米同時テロ以前も
以後も「日本のこの状況」は何ら変わっていません。

傲慢・無知の田原氏の言動が反面教師となって「日本のこの状況の
改善・打破」が小林よしのり氏の言論活動にとって「憎米・反米」
よりも優先する目的、主たる言論活動の目的にでもなってくれれば
少しは田原氏の存在意義(?)もあるのかな、とも思えますが・・・(笑)

もともと暴走してる気がします…。  -投稿者:キノ  2002-09-16 01:10:49

小林氏はもともと暴走してると私は思ってますが、如何なものでしょう^^。岡
田 斗司夫氏との対談(ネットで読める)を読んでいた感想なんですが、
http://www.netcity.or.jp/OTAKU/okada/library/books/otakusemi/No13.html
この人は結局「面白けりゃそれでいい」という方だと思います。それで、その
「面白い、カッコ良い思う」方向がたまたま「従軍慰安婦はいない」とか「南京
大虐殺などない」なだけであって、たまたまその逆を主張する可能性だって、無
いわけじゃなかったろうな、と。(http:
//www.netcity.or.jp/OTAKU/okada/library/books/mazime/No1.html)
それはそれで、この人がカッコ良いと思う方向性だから、良いのじゃないか、と
思うのですよ。多分、カッコ良いと思えば、土下座外交OKの人でしょうこの人
は。これは氏への非難などでは断じて無く、まったく私的にはOKで、結局個人
にとってカッコ良い方に行って欲しいと願うのは、その個人にとってはまったく
正当な願望と思いますから。私も、できるモノなら世界同時共産革命(笑)が起
こって欲しい人間なので(共産主義が好きとかではなく、世界が同時にひっくり
返るよな凄いものを1度でいいからこの目で見てみたい)「面白ければOK」と
いう気持ちは、わかる気がします(笑)暴走してるというなら、この人ははじ
めっから暴走してると思います。

失礼します。

デラホーヤがバルガスに勝った!観た〜い!  -投稿者:偽一  2002-09-16 04:16:11

 いあつまさん、はじめまして。寛大な対応に感謝します。ぺーぺー
なんで色々とご指導下さい。
 キノさん、はじめまして。己も基本的に「面白ければOK」です。
但し良識の範囲内でですが。ご意見をお寄せいただき有難うございます
ところでキノさんの最近の投稿で、>あの事件はアメリカの謀略 と
いうフレーズが気になったんですが、これについては改めて質問したい
と思いますのでその時はよろしくお願いしますね。
 己が名前を挙げた4名の方方について少し補足説明を。
 ダーヴェルさんは過去ログを見ると感覚的にポンッと書いてる感じ
で具体的に批判している部分は無いかもしれませんね。その感覚的な
部分が己と似てるって思ったんで。
 いあつまさんの過去ログを検索すると、ゴー宣何章何ページ何コマ
のどこそことは有りませんが結構具体的な批評・批判をされてると思
いますが。それについて特におかしい、と思う所も無かったんでいあ
つまさんのご意見に賛成って事です。
 ナベさんとY・S君はまず間違いなく小林シンパだと思いました。
反対意見を聞かせていただけると嬉しいのですが。お2人ともそれ
ぞれの「事件」以降とんとお見かけしないので寂しい気がします。
差し出がましいのは自覚してますが、個人的に復帰を望んでいます。
 己が抱いてるのはこの様な印象です。「それはお前の勘違いだ!」
と思う方はご指摘下さい。 2度に渡る長駄文、皆さんご容赦を。

一応補足。  -投稿者:キノ  2002-09-16 11:02:15

おはようございます。
偽一 様>
>あの事件はアメリカの謀略 と
>いうフレーズが気になったんですが、これについては改めて質問した
>いと思いますのでその時はよろしくお願いしますね。

これは確か、管理人様も仰ってた事なのですが、
私は単に雑誌『武道通信』で、兵頭ニ十八先生と対談していた田中光四郎氏(元
アフガン義勇兵で、今はカルザイ議長のボディガードの訓練などしてるそうで
す)が言っていた事をふと書いてみただけで───「私、世界中のジャーナリスト
と話をするのですが、彼らが言うには、アメリカは石油と天然ガスが手に入って
アジアのマーケットが手に入れば、世界の集金能力が確立して国連なんかいらな
くなる。それを作り上げるのがユダヤである。集金能力、マーケットを手に入れ
る為にアメリカは中国包囲網を着々と作っていると。今回のワールドトレーニン
グセンターも、ブッシュは手駒に過ぎない。ブッシュを何が何でも大統領に立て
なければならない人がいて、本当の首謀者はチェイニーやパウエルでしょう」
───まぁ、それだけで、私は何かに詳しい人間でもないので、一応、元ネタばら
しだけして(笑)失礼します。

9.11の不可解  -投稿者:管理人  2002-09-16 23:07:20

アラビア語の航空マニュアル(そんなものは普通はない)、イスラム
教にもとづく「清め」の作法の指示文書(自爆テロでは清めは行わな
い)など、大方のアメリカ人はイスラムやアラブ世界に無知と決め込
んだ「証拠」が挙げられたことに、胡散臭さを感じずにはいられませ
ん。

旧ソ連が使った手法に、「反体制組織」をでっち上げて真正の反体制
組織に近づけさせ、政府に都合のいい事件を起こさせて弾圧するとい
ものがあったと何かで読んだ記憶があります。

少なくとも、ソ連のアフガン侵攻に抵抗していたビン・ラディンに、
CIAが資金を提供していた時期があったことは間違いありません。
ロシア問題のアナリスト、正垣親一氏(故人)に、口座名、金額のリ
ストを見せてもらったことがありました。

様付けなんてやめて下さい、キノ様  -投稿者:偽一  2002-09-17 01:58:57

 キノさん、ご説明有難うございます。己のスポンジ状の脳ミソには少し分か
りにくい文章ですが、キノ(田中光四郎)さんの言う「あの事件はアメリカの謀
略」というのは大雑把に以下の様な意味でしょうか。
 「アジアのマーケットを手に入れるための色々な策謀はチェイニーやパウエル
が考える戦略」
 己は「あの事件はアメリカの謀略」ってのは単純に考えて(単純にしか考える
事が出来ない奴です)、「9.11テロはアメリカ政府が戦争を仕掛ける口実の
ために事前に知ってたけどわざと起こさせた」って意味だと思ったんです。この
意味だと、そんなハイリスクな事をするかなと信憑性に疑問をもちます。でも己
が勝手に大雑把にまとめた田中光四郎さんの言う事だとすると、まあ納得出来ま
す。 しかし・・・
 管理人さん、こんばんは。やっぱり管理人さんは己と同じ意味で「9.11は
謀略」と仰られてた様ですね。「政府に都合のいい事件を起こさせて弾圧する」
という事で・・。俄かには信じ難いのですが具体的な「証拠」を挙げられている
しアメリカ政府の謀略説は可能性として無くは無いのかなって思いました。 こ
の話題は始めるとキリが無さそうなのでここまでにしようと思いますが。それで
は。

ネコについての観察  -投稿者:管理人  2002-09-17 04:44:45

以前に住んでいたマンションは、1階に私の部屋があり、ベランダ
の外は小さな公園でした。公園はいわば捨てネコの楽園と化し、ベ
ランダの鉄格子をすり抜けてやってくるネコを餌付けしたことがあ
りました。

「母ネコと子ネコの関係」

母ネコが、子ネコを5匹ほど引き連れて餌を食べにきていた時期が
ありました。子ネコが小さいうち、母ネコはまず子ネコが餌を食べ
終えるのを待って、餌に口を付けます。しかし、子ネコが成長する
と、自分が先に食べて、子ネコは後に回されます。がまんできず
に、子ネコが横から餌に飛びつくと、母ネコは前足でその頭をポカ
リと殴っていました。子ネコ同士でも、食事の順番がありました。

子ネコが成長すると、母ネコは公園の木に駆け上る訓練を一匹一匹
に施していました。ニャーの合図で、月明かりと街灯のもと、子ネ
コたちはターッと木の幹に爪を立てて上っていました。小鳥を捕る
ためなのか、自衛のためなのか、おそらく両方を教えていたので
しょう。

「ネコの掟」

じゃりんこチエの漫画に小鉄というネコが登場しましたが、餌付け
したネコに、からだが大きく、額に三日月の傷のあるオスがいまし
た。(本当です)公園を堂々と歩く姿は、近所のネコたちのボスで
あることを誇示していたのかもしれません。

私は、ベランダに小さな鳥小屋を置いてボタンインコやオカメイン
コを飼っていましたが、この白ネコが一度だけインコたちにちょっ
かいを出しかかったとき叱りつけると、二度と小鳥に興味を示すこ
とはしませんでした。あるとき、若ネコがつがいで鳥小屋を襲おう
としたとき、駆けつけた白ネコが威嚇して追い返したことがありま
した。

この白ネコが気に入った私は、雨の日は部屋に招じ入れるようにし
ていました。ところが、ある雨の日、ようやく乳離れしたばかりの
子ネコが公園に捨てられているのを見つけて部屋に連れ返ると、し
ばらくして白ネコがベランダを越えようとやってきましたが、子ネ
コの姿が目に入ると踵をかえしてしまったのです。以後、その白ネ
コを目にすることはありませんでした。

9.11テロはアメリカの謀略?  -投稿者:コロリン@ROM  2002-09-17 07:11:51

 皆様の投稿を読んで、テロはアメリカの謀略なのかどうか、興味があります。
 大方のアメリカ人はイスラムやアラブ世界に無知と決め込んだ「証拠」が
挙げられたことに、胡散臭さを感じているというのは本当ですか?
 その手のニュースはBSでアメリカのニュース番組等を見ていてもまず、出てこ
ないと思う(?)
ので、なかなかわかりづらい部分ですが、そういう考えがあってもおかしくはな
いとは思いました。
 もっと謀略説のお話を聞かせてくだされば、嬉しいな……と、思います。

北朝鮮  -投稿者:MONSTER2  2002-09-17 11:34:04

平沢勝栄ら「強硬派」のいうようにただ拉致した人を
返せといっても絶対返ってこないよね。北にとっては拉致を
認めちゃえばアメリカから何されるかわからないし。それに
元工作員とやらの証言はあっても例えば拉致を支持したとかいう
書類の物的証拠などないし。日本にもCIAみたいなのがあれば
何かしらの情報も入手できるのだろうけど。
いっそのこととにかく全員返せば今までのことは忘れてやろう
くらいはしたほうがいいんじゃないのかな。過去のなんとかも昔
金丸が謝ってしまったんだから今更何回頭下げても一緒だろうから。
金だって日本がいくら経済がやばいといっても一般人が乞食に
恵んでやるくらいの金はあるだろうしね。
それくらいポンとあげてそのかわり軍事に使うなとか
国民を食わせるために使えとかいうことを明確にするとかして。

ハッキリ言って北に民主化は早い、独裁政権でも何でもいいから
まずは国民が食うに困らないようにしてそれからじゃないと
どうせ叛乱などが起こってかえって混乱するだけ。今の北の
国民にとって思想などはどうでもよく、食わせてくれる政府が
欲しいってのが現実だろうからね。

”拉致”家族とやらの言ってることを聞くととにかく何でも
いいから全員返ってくればいいみたいな感じだし。
謝るし金もやる、そのかわり拉致した人達を全員返せ、もちろん
拉致自体は認めないだろうから行方不明者とかいうことにして
返してもらうとか。それでもう終わりってことでいいんじゃないかな。これが一
番現実的。謝罪はせん金もやらんそのかわり拉致は
認めろさらった人々を返せ、そうしたければ戦争しかないね。

・・・  -投稿者:ミコ雪  2002-09-17 15:33:02

はぁ?

コロリン@ROM 様  -投稿者:管理人  2002-09-17 16:30:48

私が挙げた問題について、ご興味がおありでしたら、新聞記事デー
タベースを検索するか、図書館で新聞の縮刷版をご覧になってくだ
さい。

「アラビア語で書かれた操縦マニュアル」、「自爆テロに臨んで
行う清めの作法の指示文書」など、“証拠”がFBIその他から
示されています。

アラブの事情やイスラム教の教義に照らすと変だなということは、
その世界の人に指摘されなければ、大方のアメリカ人といわず我々
でも気がつかないでしょう。

しかし、テロ、ゲリラは、可能な限り証拠を残さないのが鉄則とい
うことは、誰にでもわかることです。

アメリカでは、「当局はテロを事前に知っていながら、あえてやら
せたのではないか」ということに、議会や国民の関心が置かれてい
ます。


偽一さんのおっしゃるように、この話題は切りがないのでやめます
が。

ひさびさに  -投稿者:MONSTER2  2002-09-17 19:06:04

面白いものを見た。おおげさに言えば『敵国』に乗り込んで
いって交渉するわけだからその裏では何が行われているか
我々庶民には計り知れないものがある。そういったことも
踏まえてトップ同士の交渉はわくわくするものがある。

北の言いわけはなんとでもとれるし毎度のパターン的で
うのみには出来ないけどとりあえず11人の安否は
確認出来たわけだ。始めから今回の訪朝の目的はこれだった
から目的は果たせたわけだ。しかしこれからが問題だね。
日本と北朝鮮の「勝負」、国同士の交渉に「ごっこ」は
ありえないからこれは「勝負」ということだね。「勝負」だから
北は嘘でもなんでもありとあらゆる手を使ってくるだろう、
これを相手にするのにはこっちも気合入れて「勝つためには
何でもあり」を認識し実施するしかない。

遅くなりましたが…  -投稿者:Ponya  2002-09-17 19:47:17

みなさん、小林よしのり氏に関する考察ありがとうございました。
いろんな見方がありますが…私はキノさんの見解に近い印象を持ってますねぇ。

まず小林氏の根本には昔の侠客のような、仁義を重んじる気性があると思うんで
す。
その部分に、面白さ優先の漫画家としてのプロらしさと、商売魂のようなものが
微妙に入り混じって、あの独特なバランス感覚になると思うんです。その感覚は
当然ながら学者のような「正確な考証の積み重ね」による正誤判断ではありませ
ん。
時には表現や意見がハミ出し気味になることもあるでしょう。そういうところが
小林氏の作品の醍醐味だと私は思います。

「正確な考証の積み重ねではない」と言いましたが、作品化するにあたっては
相当な勉強をされていると思います。毎回違うテーマの検証をかなり緻密な部分
まで、作品の為とはいえ本当によく調べてらっしゃると思います。おそらく
スタッフにも恵まれているんでしょうね。

いま反米スタイルの作品が目立ちますが、それは今の日本の一般層にあまりにも
親米というか信米というか、アメリカに対して何の疑いも持たない人が多いので、
それに対する警告の意味で特別に強調する必要を感じて、あのようなスタイルに
なっている面があると思うのです。読者のレベルが高いと、もうそんなことは
わかったと…「反米憎米スタイル」はうんざりなんだということになりますが、
それぐらいの表現でちょうどいい人も一方では居るということです。

これは井沢先生の作品にも言えることですが、「逆説の日本史」シリーズにも、
あの独特の井沢節による現代批評が繰り返されていますよね。あの部分を…
そういうことを既によく分かっている人や、逆に純粋な歴史好きで現代批評には
あまり興味がない人がよむと、「わかったわかった、もういいよ。ひつこい」と
なるんですが、反面「なるほどそうか〜」とそれを楽しんで読む人も居ます。

「財産請求権行使」するべきです  -投稿者:ミコ雪  2002-09-17 20:17:04

 何でもありなら日本は「財産請求権行使」するべきです

”財産請求権行使なら北の支払い超過 (2chスレ・元は産経新聞朝刊記事より)
「経済協力」転換の要因か

 日本が一九四五年当時、朝鮮半島の北朝鮮地域に残した資産総額は、現在の価
格に換算して約八兆七千八百億円に上ることが十二日、分かった。日朝双方がサ
ンフランシスコ講和条約の財産請求権を行使した場合、日本が北朝鮮に支払う額
より、北朝鮮が日本に支払う額の方が約五、六兆円超過し、北朝鮮側が大幅に不
利になるとされる。現体制維持のために不可欠な巨額資金が必要とされる北朝鮮
が「補償」要求から一転して「経済協力方式」に応じる構えをみせ始めた最大の
理由には、そうした不利を回避するねらいがあるとみられる。

http://www.sankei.co.jp/news/morning/13iti001.htm”

じゃ私も北鮮の話題を…  -投稿者:Ponya  2002-09-17 20:30:59

とりあえず「拉致疑惑」ではなく「多発拉致事件」になったわけですね。

では、まず歴史には教科書に…

「北朝鮮による日本人拉致事件多数発生」

と、しっかり記述するところからはじめましょうかね。
もちろん人数については100倍ぐらいに膨らませてね。

それにしても、11人中 6人死亡、生存確認が4人。
これだけ早く判明したということは、始めから調査済みだったんですね。
どうりで「大きくない問題」などと言えるわけだ。

「友好に対処するなら、わが国の軍事力は
 日本にとって憂慮すべきものではない」

普通は国交正常化したらこんなことは当たり前で、むしろ
「友好に対処しないなら武力行使するぞ」の意味を感じるのは私だけですか?

結局  -投稿者:MONSTER2  2002-09-17 22:06:01

ほとんどボクのいったとおりになったね。
とくに目新しいことでもなく今の情勢を考えればあれくらいが
妥当なのは目に見えてた。半分以上死んでたのには
少々面食らったけど。普通に死ぬにしちゃ若すぎるから
「何か」があったんだろうね。病気でも病院に行かせなかった
とか、ろくなもん食わせないで栄養失調で死んだか餓死か。

それにしても”拉致”家族ってのは結構勝手だね。
行く前は「安否だけでもわかれば」なんて言ってたくせに
その通りになったら今度は「それだけじゃ駄目だ」みたいに
いきがってどういうつもりなのかな。誰か忘れたけど一人は
この現実を受け止めたコメントをしていた。
Yahooニュースで拉致議連とやらのコメントをみた。
平沢ら「強硬派」は戦争まで考えてものを言っているの
だろうか?それだったら強硬の立場もわからんではない。しかし
やつらはそれは決して言わない。そんなんで「制裁をしろ」
とか言っても中途半端な覚悟しかないただの欺瞞だ。
そこまで考えているのは石原慎太郎くらいか。

何にしても今までよりは成果はあったわけだから
それはそれで評価してもいい。けっこうけっこう。

新聞記事を検索してみます  -投稿者:コロリン@ROM  2002-09-17 22:18:38

 管理人様、早速の返信をありがとうございました。
 今度、テロ謀略関連の記事を探して読んでいこうと思っています。
 確かにきりがない話題ではあります。それでは失礼しました。

しかし・・・  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-09-17 22:27:59

正直言って、私は1〜2人くらいは亡くなっているかと思ったんですが、まさ
か8人とは。
これによって北朝鮮は国際社会の仲間入りをしたいんでしょうが、私はどっちに
してもアメリカは北朝鮮に戦争をしかけるんじゃあないかなと思いました。

では今度は日米朝を陰謀風で  -投稿者:Ponya  2002-09-17 23:22:25

>オーべルシュタインさん
いやいや。アメリカは北朝鮮には手を出さんでしょう。

中東〜アフガニスタンは石油パイプラインの利権が絡んでいてアメリカには
国益の面で積極的に動きたい理由になっているけど、これが北朝鮮となると
「悪の枢軸国」扱いしてはいても、米国が絡んで積極的に動くだけの国益がない。
対タリバン(アフガニスタン)では米国民が納得するだけの理由が絶妙の時局で
天から降ってきましたが、対北朝鮮用の理由を作りだすのはちょっと骨が折れる。

それよりも「悪の枢軸国」扱いで恫喝しておけば、対タリバン戦で圧倒的な
力の差を見せつけ、イラクもぼちぼちやろか、次は北朝鮮行くで。とくれば…
自然に北朝鮮の歩みよりを引き出すことが可能。これはイカンと北朝鮮側から
「米朝首脳会談」を打診。そんなに言うなら「その前に日朝会談やってみろや、
成果があったら考えるし」ってことで、米国から日本へ打診、というより恫喝。
「北鮮は、拉致問題解決する気があるかもしれんで」と。な〜そういうわけで
「日本は米朝会談の露払いをやってくれや」ってなもんで…日朝首脳会談の実現。

…で現在に至ると考えるのが自然ではないでしょうか?(笑)

拉致生存は四人のみ!  -投稿者:ミコ雪  2002-09-17 23:27:52

 13歳の女の子を含む若い男女11人以上が拉致され
生存確認されたのは4人のみで、残りの方は死亡報告。

 外務省に訴えても政府に訴えても埒があかず、25年も放置されその結果がこ
れでは死んだ人たちが浮かばれません。今日はほとんどTVは切っていて見ていな
かったのですが、6時台の拉致された家族の人たちの
インタビューだけは見ました。

「聞いたときは涙も出なかった」と娘さんの死亡を告げられた
有本さんが仰られて・・・かわいそすぎ、思わず貰い泣きしました。

ワースト3くらいのバッドエンド?  -投稿者:キノ  2002-09-17 23:55:48

こんばんは。
北訪問に関して”「日本人は朝鮮人を強制連行する事は得意でも、同胞を連れか
えってくるのは苦手なんだよ」というオチがついて、良いかもしれませんね
(笑)”と書いてた私が言うのもなんですが^-^;少なくとも全員五体満足じゃな
かろうと予想されてたとはいえ、残念な結果でした…手袋叩きつけて決闘だな。

偽一 様>
一応慣例ですし^^様付けさせて頂きます^^

>でも己が勝手に大雑把にまとめた田中光四郎さんの言う事だとする
>と、まあ納得出来ます。 しかし・・・
ええ、私もそんな風に要約しました。正直、田中光四郎氏、アフガン暮らしが長
い所為か、言ってる事が私もよくわからんのです(笑)けども、そんな風に私も
要約しました。

Ponya 様
>…私はキノさんの見解に近い印象を持ってますねぇ。

嬉しいですねそう言って頂けると^^まぁ、私は読みようによっては幾分小林氏に
否定的に書いてしまったのですが、そんな事はなくですね、確かかなり初期の
ゴー宣に書いてあった「子供を研究するようになったら子供マンガは書けないと
思う」ヒットの理由はこれだね、と思ってます^^。ゴー宣にしろ井沢先生の現代
批評論にしろ、そりゃ象牙の塔に四六時中篭ってる学者センセイみたいな厳密の
極みみたいなトコじゃないかもしれないですけども(「逆説〜」を除いて)それ
はそれで結局の所サイレント・マジョリティの意識を掬い取ってて、その意識っ
てのはやっぱある程度はちゃんと「良識」なんだよな、と、思ってます。

失礼します。

後1つだけ。  -投稿者:キノ  2002-09-18 00:02:29

うーん…相変わらず私も、田中光四郎氏の事を言えないくらい、書く事がわけ
わからんな…。
ともあれ、北に拉致された方が発言した

>もし、これが(4人生存6人死亡)事実であるとしたらこれまでこの問題を無視し
続けた、
>国会議員社民党、共産党の方々、何か我々に言うことがあったら、連絡下さい。

これを本当に巧い具合にカットして流すマスコミの報道は、不謹慎ながら楽しん
で見ています…。

キノ様へ。  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-09-18 00:19:15

私も拉致された家族の方が言ったその会見、みました。たしかNHKでの会見
だと思います。
たしかに他の民放ではなにごともなかったのようにカットしてました。ちなみに
社民・共産両党は「地上の楽園」北朝鮮をいやいやながらも一応批判してました
よ。
まあ彼らも身を切り裂く思いで「地上の楽園」の批判をしたのですから、そこの
ところはわかってあげないと(お分かりでしょうが、イヤミです)

北朝鮮に米国が関心をもつとすれば  -投稿者:管理人  2002-09-18 00:41:12

やはり、「石油」かもしれません。。北朝鮮の領海内に、数カ所の
海底油田があることがわかっています。

かつて、自民党の訪朝団が平壌を訪問した際に、衛星写真を示して
「貴国には、有望な油田が眠っている。共同で開発しないか」と持
ちかけ、カウンターパートを驚かせた。著名なコリアウォッチャー
に取材した話です。

4、5年前、朝鮮総連系の新聞は、盛んに海底油田の掘削調査が行
われている様子をルポのかたちで掲載していました。

しかしながら、油田があることは間違いないのですが、重油質で硫
黄分が強い上に、海底油田で採掘コストがかかるため、採算ベース
にのるか強い疑問があります。

油田のあるところには、天然ガス田もありますから、そちらの規模
が気になります。

日本から巨額の援助を引き出せれば、ダメモトで、北朝鮮も探査に
カネをつぎこみたいところでしょう。権益を確保するのは、石油メ
ジャーになるでしょうけれどね。

それにしても、米とベトナムが友好関係樹立を急ぎ始めた頃、カム
ラン湾の海底油田が話題になりました。結局、埋蔵資源は期待した
ほどのものではありませんでしたが。

宣戦布告だな!  -投稿者:yesido  2002-09-18 00:49:31

今回これだけの生存確認が出来たのは「北朝鮮が教えてくれた」ということで
はないのですよ。拉致された人の家族は勝手だなどという意見は本末転倒なので
はないかい!拉致という行為そのものが犯罪で、しかも殺人という犯罪を上塗り
している組織(もはや国家とはいえないだろう!)に対しては徹底的に糾明して
いくのが筋であって、今回やっとそのことを白日の下に(ちびっと)晒すことを
出来た小泉君をやや褒めるのはあってもまかり間違っても北朝鮮に対して評価す
るような事はおかしいんじゃないか。先日子供の宿題で北朝鮮の事を何でも書い
てくるというのがあったので主な産業は覚醒剤と偽札作りと教えてあげたけど、
これに誘拐殺人と付け加えなきゃ!金正日も今回の発表は逆効果だったし、また
そう思わせなければ益々調子にのるぞ!!

空気が重い・・・  -投稿者:偽一  2002-09-18 02:33:32

 北朝鮮の話題で盛り上がっている所、場違いな感が有り恐縮ですがお礼とお
知らせを少し(と言いつついつも長くなるんだよね)。
 Ponyaさん、ご意見有り難うございます。何だか自分の視野の狭さや見識
不足を再認識させられた気がします。これからも疑問に思う事があればどんどん
ツッコミ入れて下さいね。
 お知らせ。 今月の文藝春秋でアメリカ特集(9.11テロも含む)を組んで
るのを発見しました。興味のある方はご覧になられてはどうでしょ? では。

勝手だな  -投稿者:MONSTER2  2002-09-18 03:30:21

と思ったのは本当にそう思ったのだからしょうがない。
その印象はボクの中から消えない。

「『テロ国家』として制裁しろ」とか「断罪するべし」といってる
やつがいるけど、最悪戦争を想定して自分らも戦う気が
あるならそれを吐くのもまあよしだ。しかし日本国民に北と戦争
する意志があるのか不明だし、実際憲法9条とやらで戦争は出来ない、
テポドンが飛んできても命中するまで手出しできないって
ことのようだしね。北を追い詰めるだけ追い詰めるといたちの
最後っ屁じゃないけど開き直って戦争になる可能性もある。

情報戦なども含めた戦争に勝つ十分な準備→これには
憲法改正が不可欠→これには国民が対北との戦争もやむなしと
する世論が必要。実際問題何の準備もなしの「強硬」は危険以外
何物でもないね、散弾銃持ってる相手に丸腰で喧嘩売るような
もんだよ。
とにかく戦争という最悪の事態まで想定して備えが十分なら強硬論も
いいだろう。どっかの首相じゃなけど「備えあれば憂いなし」だ(笑)
今は「強硬」は完璧に準備不足。現状の中ではよくやったほうだよ。

珍しく同感  -投稿者:MMM  2002-09-18 05:56:44

>MONSTER2氏
>それにしても”拉致”家族ってのは結構勝手だね。
 行く前は「安否だけでもわかれば」なんて言ってたくせに
 その通りになったら今度は「それだけじゃ駄目だ」みたいに
 いきがってどういうつもりなのかな。誰か忘れたけど一人は
 この現実を受け止めたコメントをしていた。
 Yahooニュースで拉致議連とやらのコメントをみた。
 平沢ら「強硬派」は戦争まで考えてものを言っているの
 だろうか?それだったら強硬の立場もわからんではない。しかし
 やつらはそれは決して言わない。そんなんで「制裁をしろ」
 とか言っても中途半端な覚悟しかないただの欺瞞だ。

>今は「強硬」は完璧に準備不足。現状の中ではよくやったほうだよ。


今まで彼の論調には眉をしかめていましたが、この件については、
まったく同意見です。

相手が下手に出てくると、それまでとうって変わって居丈高になる。
人間の性、嫌らしさでしょうか。

遺族、被害者の気持ちは分かりますが(それも欺瞞でしょうか?)、
北朝鮮を所謂、世界共通のルール(とされるもの)の場に乗せる事が、
今、一番の課題であり、その中で‘要求すべきものは要求していく’
それこそが理性的な対応ではないでしょうか。

「窮鼠、猫を噛む」
一転して北朝鮮が門戸を閉ざし、最悪の事態を招いたとき、今、
遺族、被害者に向けられている同情は「どの様」に変わり、拉致議連
の‘先生方’は「どの様」にコメントされるのでしょうか。

・・・  -投稿者:ミコ雪  2002-09-18 08:30:08


”拉致”家族の気持ち

インチキ麻雀賭博をやってるようなゴロツキの感想なんて聞きたくないですね。

「誰か一人」は  -投稿者:MONSTER2  2002-09-18 12:49:34

横田めぐみさんとやらの親父だった。
彼のコメントはなかなかいい。

>MMMさん
ボクだって気の毒にとは思うよ。けどそれだけ。
”拉致”家族だろうと何だろうと見苦しいものは見苦しい。
妙に神聖視してるやつは目を覚ますべし。

>ミコ雪くん
じゃあもっと聞かせてやろう。駄目といわれるとやりたくなる
のが性。元極道の坊主の説教はききたくないってか?
誰が言おうと意見は意見、そのくらいはお勉強してちょうだいな。

犬猿の仲のお二人へ…^^  -投稿者:Ponya  2002-09-18 13:36:36

ミコ雪さん、MONSTERさん、相変わらずお元気ですね〜 :-)

被害者・遺族の感情は、実際に当事者にならないと分からないものですけど
少なくともここで意見をたれてる我々ほどに冷静ではいられないでしょうから
「天下国家のことを考えて意見せよ」って言ってもそれは無理な話。
「被害者」は多少視野が狭くなりやすい精神状態なのを理解してあげましょうよ。

気持ちとしては、yesidoさんがおっしゃるとおりだと思う。特に…
>金正日も今回の発表は逆効果だったし、
>またそう思わせなければ益々調子にのるぞ!!
というのはそのとおり、あれで好意的な評価をしていたら
「日本はくみし易い」と侮られることは間違いないです。

まぁしかし、だからといって制裁せよという強行な意見が現実的でないのは
冷静に考えれば正論。通常戦力での制空海能力で負けるとは思えないけど、
ノドンが北陸あたりの原発に テポドンが主要都市に向けて、それぞれ数発
落ちてから反撃するんじゃイヤですもんね。それに、潜伏している工作員が
いろんな所を破壊工作始めたり毒物を散布するでしょうが…、それに対する
日本政府の対策が立てられているとも思えないですよ。冷静にいきましょう。
こればっかりはW杯観戦じゃなくて実際に被害に合いますからね。

>偽一さん
ご丁寧にありがとうございます。まぁ読者により印象は変わるのは
どんな本でも同じですからね。否定的に感じたら、その分他の本を
(もちろん反対の意見の本も)多く読んでみて自分の感覚を試して
みるのが理想的ですね。…と本屋らしい意見でしょ?

犬猿の仲?  -投稿者:MONSTER2  2002-09-18 16:23:33

>Ponyaさん
そうなんだよ、また噛みつかれちゃってね(笑)
しかし毎度よってくるってことは実はボクのことが
好きなのかもね。「嫌い嫌いも好きのうち」か?

どうも一つ誤解があるようだ。ボクが「評価してよい」といったのは
北ではなく日本政府のことだよ。北に好意的になる必要はない。
これはボクの言葉が不足していたようだ。「何を」が抜けてたね。

それでもやっぱり・・  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-09-18 18:16:11

たしかに「石油」という利益があるからイラクにはせめるでしょう。しかし、
北朝鮮にはアメリカにとっては何も利益がないというのも納得できます。でもそ
れでも私は「戦争」するような気がします。
ここでも話題の小林よしのり氏もおっしゃってましたが、アメリカは歴史の浅い
国です。日本やヨーロッパのような歴史のない国です。自らのアイデンティティ
を確立するためには「世界の警察」「正義の味方」という風に自分たちで思いこ
まなければ、自我が崩壊するという恐怖心にかられてるから、「悪魔」という
レッテルをはるのに都合のよい「北朝鮮」に正義の鉄拳をくらわそうと思ってる
のでは?と私は考えたのですが。
まあ、正直言って自信はありません(苦笑)

国益とアイデンティティ  -投稿者:Ponya  2002-09-18 19:39:41

>オーベルシュタインさん
小林よしのり氏の節では、国家としてのアイデンティティとありますが、
あれは分かりやすくする為に国家組織を擬人化しているだけだと思うんです。
実際には何人か一握りの権力者が国を動かしているわけですよね? で、
その何人かには実際にはそんなアイデンティティなんて全然必要じゃなくて、
それよりも必要なのは、軍を動かすだけに見合った利権だと思うのですよ。
順番から言えば、利権があって初めて…次に国民を納得させるための大義名分
が必要になってくるのだと思いますけど。

>管理人さま
と、ここまで書いて掲示板をよく見ると…酔っ払いながら書いた私の陰謀節に、
管理人さまから丁寧なレスがついてました。すみません、私へのレスだとは
気づかなくてつい読み流していました。

なんと、やはり「石油」ですかねぇ〜。
中東や世界各地で石油利権を持って、まだこの上石油が必要なのかと疑いますが
たしかにあの米国なら分かるような気がします。2週間ほど滞在して思ったのは、
あの国には全くと言っていいほど「省エネ」の思想が無いということですね。
国民はエネルギーをガンガン使い、また、使うことが良い事と勘違いしています。
エネルギーは使うけど人はなるべく動かない、動かないから肥満する、肥満だから
動きづらくて、さらにエネルギーに頼る生活になる、と悪循環を起こしています。

よく聞くのですが。  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-09-18 20:26:55

Ponya様>
たしかに一部の人間が権力を握ってるというのはよくわかります。でもアメリカ
ほど国内世論を重視する国も無いのでは?と思ったのですが。
間違ってる論であればよろしくご指導のほどを。

北朝鮮  -投稿者:管理人  2002-09-18 21:38:57

北朝鮮では、この8月、KEDO(朝鮮半島エネルギー開発機構)
による、軽水炉の基礎工事が着工しました。

核開発疑惑が解消しないうえに、テポドンの打ち上げ騒ぎで、し
ばらく中断していたものです。

KEDOでは、日本が資金を出し、アメリカは軽水炉を売り込む、
韓国も付帯工事で潤う、という三者の図式ができています。

この文脈から見れば、「悪の枢軸」発言など表の対立とは裏腹に
日朝、米朝の関係変化の道筋はとっくに決められていたとみてい
いでしょう。

また、自民党の農水族はコメ支援が中断して、余剰米の処理に窮
していた事情もつけくわえておきます。

なお、米国の戦略は、「外交問題評議会」(米)、そしてその上
部機関といわれている「王立国際問題研究所」(英)の動きがカ
ギです。ともに、単なるシンクタンクとみると大間違いです。

国内世論と権力者と利権の関係  -投稿者:Ponya  2002-09-18 21:53:58

オーベルシュタインさん>
>でもアメリカほど国内世論を重視する国も無いのでは?と思ったのですが。

まったくそのとおりです、間違ってないと思います。
その「国内世論」を、自らの都合のよい方向へ向けたい「権力者」がいて、
また(都合のよい方向の)その先にあるのが「利権」ってわけですね。

そうそう。管理人さまご指摘の「軽水炉」も、アメリカの利権でした。

訪朝のシナリオ・・・への憶測  -投稿者:ネム介  2002-09-18 22:28:29

一年も水面下でシナリオができていたという。
映像を見る限りの私の印象では、金正日はシナリオ通りに動いた、
ただ、首相はシナリオを十分知りながらも、調印の場では涙を飲んで
サインしているように思えた。そして、さっきTVで首相いわく、
 「・・・このまま会談をケッテ帰ってきたら、どんな状況になったか」
というような発言をしたように感じたが。ではどんな状況が想定されるかは、首
相の例によるいつもの発言で肝心なところは言わない。

管理人さんの言うように、アメリカはKEDOの利権、韓国は経済活動、
を得るシナリオ?北は日本からの経済援助でメリットあり。
日本は「国民の安全」をとったのか?KEDOが実現しなければ、日本
の「安全」は保障の限りではないといったことだろうか?

いろいろと考えるが、肝心の「情報」が何かといった判断が困難だな。

正しくてもと正しくなくてもマイカントリー  -投稿者:キノ  2002-09-18 23:37:15

こんばんは。ふー…北にも石油があるなんて知らなかったです。それに火つけ
たら半島全土が火の海に沈んでくれるとか、ないかな(笑)

オーベルシュタイン様>
>私も拉致された家族の方が言ったその会見、みました。

やっぱあの発言ありましたよね。私はカーラジオで聞いたのですが、tvを見て
も発言がカット…正直、幻聴かと思いましたよ。でも、ネットで見てみるに、
やっぱ言ってましたから、安心(?)しました。実はもうメディア規制法って施
行されてるんですかね(笑)
でも、旧社会党・共産党の連中、まさかこの発言が耳に入ってないという事はな
いでしょうから、本気で無視するつもりですかね。だとしたら正直、見上げた外
道ですよ(笑)金君でも一応「ごめん」と謝ったのに(笑)

補足  -投稿者:管理人  2002-09-19 00:52:56

北朝鮮の油田は、実は秋田沖の(数少ないわが国の)油田と海底
でつながっている、との笑えない説も耳にしました。

それはさておき、一部に報道され始めましたが、「豆満江再開発」
の巨大国際プロジェクトに全ては連動していきます。

北朝鮮、ロシア、中国・東北三省(旧満州)が、豆満江を接点に
して、シベリア鉄道、旧南満州鉄道、朝鮮半島縦断鉄道を動脈と
する一大工業開発計画を秘めているのです。

日本もまた、南北朝鮮、旧満州をエリアに、「東アジア経済共同
体」の将来構想を描く勢力があります。

以前にもかきましたが、中国でも北京政府は、東北三省の分離独
立を警戒して、必ずしも積極的ではありません。

結語  -投稿者:管理人  2002-09-19 01:28:09

軍事は数学、外交は物理、そして政治とは「超越した悪」なのです。
これは、彼我を問わない透徹の論理です。そこに情の入り込む余地は
ありません。残念ながら。

「遠交近攻」?  -投稿者:メタロチオネイン  2002-09-19 12:21:47

管理人様
各界のトップマネジャーや、シンクタンクの方々の話は
鳥肌物だと思います。

「超越した悪」を制御するものは、「金(かね)」
「権力」は、獰猛な虎。
その虎に、いかに鈴をつけるか。
近代民主主義の仕組みは、「血」から「金」への転換で
完成されたのでしょうか?

 9.11テロの前、シャロンの行為を知って、アメリカの
友人が「あれは、まずいぞ」と絶句していました。
何がなんだかわからない私は、「エンロンがらみだ」
「いやちがう」「エルミタージュとメトロポリタンがどうした」
という仲間話についていくことができずに、ボカンとしていました
が・・・。

「隠蔽」と「漏洩」が引き起こす喜劇、悲劇。
真のジャーナルはいったい誰が?

私事を一つ。平成4年から数年間、下北沢にすんでいました。
二人の有名人と出会いました。二人に共通することは
その時は「無名の人」だったこと。
一人は、大月ふじこさん。ドイツから帰国されたばかり。
現在は、フジコ・ヘミングとして大活躍されてます。
そしてもう一人の方。駅近くの路地奥にある小さな診療所。
白衣をはおって診療助手をなさってた。「大変な心の重荷をかかえていらっしゃ
るのよ」と紹介されました。あのときスタツフにお配りしたテレフォンカード、
覚えていらっしゃいますか?
女子パウロ会作成の「ラブ イズ ボーン」。
先送りしてきた「グリーフワーク」をお手伝いいたします。
 横田さん。数年ぶりに、稟としたお姿をみました。おだいじに
なさってください。

誤字訂正  -投稿者:メタロチオネイン  2002-09-19 13:45:38

稟は間違いです。「凛」でした。

Re:結語  -投稿者:いあつま  2002-09-19 16:15:32

管理人様、「完結的、かつ、簡潔的」な表現で面白いのですが、かなり
「本源的・本質的な表現」でもありますので、それに関連して何か具体的
な「枝・葉」の話でもあればと思いますが、いかがなものでしょうか?

言わぬが「花」という面もあるでしょうが、「枝・葉」の話があれば、
議論にも一層「花」が咲くと思われますが・・・(笑)

追伸  -投稿者:いあつま  2002-09-19 18:16:53

メタロチオネインさん、お久しぶりです。

あ!管理人様、お忙しいようでしたら私の投稿は無視して結構です(笑)
失礼いたしました。

いあつま 様  -投稿者:管理人  2002-09-19 19:56:31

よく、軍事評論家が開戦を前にして、陸、海、空でどれだけの
兵力が動員されるか、見通しを語ることがあります。あれは、
決して当てずっぽうでいっているわけではなく、リークを受け
ているのでもありません。

たとえば、ある地域を実効支配する敵の兵力、配備状況、装備
がわかると、それを殲滅する、あるいは退却させて自軍の支配
地域を広げるなど戦略・戦術を定めて、それに必要な自軍の兵
力、配置、装備も計算できるのです。その方程式があると軍事
の専門家に聞きました。

外交は、関係する国々の力が作用しあってベクトルが定まると
いう本質からいって、物理以外の何ものでもないですね。

政治は、たとえば小泉さんが居酒屋で肩を並べれば楽しく酒を
飲める人であっても、その個人の人柄を呑み込み押し流してし
まう非情を歯車にしています。したがって、汚職の悪とは別次
元の、個人が抱く善悪の価値基準を超えた「悪」をつねに伴い
ます。

プライベートなことをいえば、韓国の治安機関のかなり高い地
位にも、中国の人民外交部の元若手キャリアにも親友と呼べる
人物がいますが、「公私の別」は必ず頭の隅においています。
二人とも高潔で、その人格には敬意を抱いていますが。

さて、経済はといえば、生物学なのでしょうね。

ともあれ、思い当たることに気付いていただければ幸いです。
そろそろ、本業の仕事に戻らなければいけませんので、悪しか
らず。

しかし・・・・  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-09-19 20:40:08

>Ponya様。
私の愚問に対し、適切な解答をいただきありがとうございます。大変参考になり
ました。なったんですけど、やっぱりアメリカは戦争するような気がします。も
うここまでくるとただの勘なんですけどね(苦笑)
しかし、マスコミはあいかわらず「ちぇ〜ふ(政府:赤ちゃん言葉風に言って見
ました)悪い、ちぇ〜ふが悪い」と決して北朝鮮は悪くないというような論調に
は「そうだね、政府が悪いね、ボクチャン」と頭を鋼鉄製の亀の子たわしで頭を
なでてやりたくなります。

連続投稿ですいません  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-09-19 21:57:45

今NHKのニュースを見てたのですが、社民党が過去自分達が「(北朝鮮は)
拉致をしていない」という発言は間違えだったと言ってました。
あれだけ他人のことを批判してたのですから、ただ訂正しただけではすまないで
しょう。それこそ、土井委員長を中心とした幹部の切腹くらいはするでしょう
(笑)

管理人様  -投稿者:いあつま  2002-09-19 22:58:30

管理人様、ご丁重な返信をありがとうございました。予想していたこと
予想外のこと、すべてに私なりの「思い当たること」がありました(笑)。
本当にありがとうございました。それでは、失礼いたします。

真相究明への道筋  -投稿者:管理人  2002-09-19 23:26:32

日本の官庁や企業のスキャンダルをみても、身内の「調査委員会」
のお手盛り調査が信用できないのは知れたことです。

むしろNGOのかたちで、中立的な国に働きかけて国際法廷の設
置を訴えるのがいいのではないでしょうか。フィンランドやノル
ウェーなど、小国ながらしたたかなネゴシェーターの国はいくら
でもあります。

国交のない国は交戦国に準ずると考えて、「国際法(戦争法)」
にある非戦闘員、捕虜に対する危害、虐待の罪を適用します。国
際刑事裁判所はまだ準備段階ですが...。

早くも拉致問題については手じまいをしたがっている政府、外務
省に期待しても無理に思います。

一夜明けて。  -投稿者:キノ  2002-09-19 23:35:49

うーん…北に石油かぁ…(まだ驚いてます)明治時代に「新潟と地層続きの善光
寺の裏山に石油が出るよ」という詐欺事件が何度もあって、かの次郎長親分も噛
んでたらしいですが、まぁ、この場合は嘘っぱちの石油話だったのですが、結構
「石油が出る」って話は色々な所にあるんでですね。意外と皇居とかからも出て
来たりして(笑)

オーベルシュタイン様>
>今NHKのニュースを見てたのですが、社民党が過去自分達が「(北朝鮮は)
>拉致をしていない」という発言は間違えだったと言ってました。

おお…そうなのですか…。私は今検索して色々見てたのですが、一応土井たか子氏
&共産党も「正常化交渉」それ自体は支持してるようですね。きっと恋焦れてい
るんでしょうね、地上の楽園に(笑)まぁ、勿論、今まで「拉致は日本の捏造」と
書いてた学者連中と一緒に一列に並んでハラキリしてくれるでしょう(笑)自由党
の藤井裕久幹事長&鳩山由紀夫代表は「正常化の前提が出来てない」と不支持で
すか、おまえらが言うなよ、という感じです。自由党氏に限っては「想像も出来
ない酷い事態」だそうです、中学生だって想像できる結果と思いますけどね(笑)
昨晩の朝日の記者が、朝鮮人の拉致関係者(?)に「拉致されて殺されたんです
よ!どう思うんですか!死んでしまったんですよ!」と正義の御旗を背負ったつ
もりで難詰してましたが、これもやはり「おまえらが言うなよ」と思いました。
朝日は何事も無かったように「正義側」に回るつもりみたいですね、素敵です。

昨晩朝日のコメント屋が言ってたのですが、「ロシアは北に鉄道引きたがって
る。でも金がない。だから日本の出番で、ロシアは政治で日本は資金で北に影響
力を持てるのだ〜」。資金出したら影響力を持てるって、そりゃ短絡的だろ、莫
大な御金あげてる中国全然日本の言う事聞いてくれんやんか、と思いました。ど
ないなんでしょうね、意外と民間レベルじゃ、資金提供したら絶対優位な影響力
を持てたりするのでしょうかね。

石油  -投稿者:管理人  2002-09-20 00:25:07

意外にも、日本海にも油田は眠っていると聞きます。ただ、残念な
ことに海底の地殻変動で、千々に散っているそうです。このため、
プラットフォームを建てて、しかも海底深く掘削リグを伸ばすコス
トに見合った大油田は存在しないとのことです。氷になった天然ガ
ス(メタンハイドレード)は、けっこう期待がもてそうで、採掘技
術が課題になっています。

北朝鮮の油田については、調査を行ったカナダの探査会社に問い合
わせたものの、返事は「ノーコメント」でした。

ただし、元山近郊だったと思いますが、セブンシスターズ(石油メ
ジャー)の一社が既に、石油化学コンビナートのエンジニアリング
で入り込んでいるのを、欧州でも権威のあるメディアの特派員が目
にしています。

問題は海底油田の規模と、油質です。こればかりは、本格的な調査
を行わなければ、それこそ海のものとも山のものともつかないです
ね。

日朝国交正常化のゆくえが鍵?  -投稿者:Ponya  2002-09-20 00:30:36

オーベルシュタイン様>
>やっぱりアメリカは戦争するような気がします。
>もうここまでくるとただの勘なんですけどね(苦笑)

しかし考えてみると…どうもタダの「勘」とは言えないかもしれませんよ。

宣戦布告の積極的要因になるかどうかは微妙ですけど、いずれにしても
米国にとっても戦後利権のようなものは存在するようですから…。
いちおう唾つけとく意味で「テロ支援国家」の烙印を押しておけば、
それ以外に、例えば大量破壊兵器の件で因縁をつけることが出来たら、
「大義名分」も揃って、対北朝鮮攻撃もいよいよ真実味を増してきます。

中東ではイラクが時間稼ぎの為に国連査察の受け入れ表明しているので、
恒例の『査察に入って《因縁》の材料を見つける作業』を終えるまでは、
たぶん米国も動けません。その後の米国単独攻撃となると来年の春頃に
なるんでしょうか? その後の国連安保理の決議や軍備の再配置を考慮すると、
早くても来年後半までは、米国は対北朝鮮の軍事行動は出来ないわけですね。
もちろん、それまでに北朝鮮が暴発すれば別ですけど。大雑把に言えば…、
「北朝鮮は1年〜2年程度の猶予期間を米国から与えられてる」わけですね。

…ということは、来年夏ごろまでに「日朝国交正常化」の交渉がマトモに
進まないようなら、まさにそれが予兆ということになりましょうか。しかし、
そうなると日本にも相当数のテポドン発射、潜伏工作員の破壊工作も当然
覚悟すべきですが…、それまでに日本の対策は進むんでしょうかねぇ〜??

Ponya 様  -投稿者:管理人  2002-09-20 01:23:59

いい読みをなさっていますね。いま、取材している問題なので詳し
いことをここでバラすわけにはいきませんが……。

イラクは6?8月が乾期で、気温50度の猛暑、また砂嵐が吹きす
さぶために、攻撃はもう少し早まると思います。

一見は平和に向かって歩み始めたかにみえるとき、裏では戦争の準
備が着々と進められるものです。ナチスドイツのソ連侵攻、ソ連の
対日参戦など、前例はいくらでもありあす。

自衛隊は西部方面隊に山岳ゲリラ対策、東部方面隊には都市ゲリラ
対策の、それぞれ特殊部隊を編成して訓練に入っています。数年前
から、陸、海、空でそれぞれ教官要員を米国に派遣して準備してき
たものです。

在日米軍についても面白い動きを掴んではいますが、「企業秘密」
ということで……。

ちなみに、飛距離や安定性の問題からいって、日本を狙うにしても
テポドンは使われません。また、ノドンにしても搭載できる弾頭の
重量からみれば、ビルを半壊させるのもやっとと軍事専門家はみて
います。

本当に恐れているのは、特殊部隊の破壊工作(特に新幹線)です
ね。あと、数年前に日本海を渡って幾つも謎の気球が飛んできたこ
とがありましたが、「乾燥させた細菌の運搬手段に使われたら」と
細菌戦に詳しい学者が懸念していました。

まあ、冷静に、硬軟の両事態を想定しておくことは大事です。ちな
みに、正規軍同士の衝突を前提とした有事法案では、孫の手で耳を
掃除するに等しいと付け加えておきます。

ともあれ、そろそろ本格的に仕事に戻らないとまずいので、ここで
のおつき合いはまたいつかということにします。

朝日の社説は相変わらず…。  -投稿者:キノ  2002-09-20 23:47:10

槙田邦彦現シンガポール大使閣下は「拉致された、たった10人のことで日朝
国交正常化が止っていいのか」と発言してたそうで、やっぱ一味違うぜ外務省、
ホントにあんたエリートか、その言葉にどんな反応があるかくらい予測できん
か?と思ったりのまだ北の話題が覚めやらぬ今日ですね。

北工作員の破壊活動の話題があってて、楽しいです。ベトナムの地獄が日本に現
出するかも…想像するとワクワクします^^;(笑)新幹線を狙うってのもあるんです
か。他には…原発は外から携帯ロケットを打ちこんだ位じゃビクともしないらし
いですし、やっぱNTTのセンターが狙われたりするんでしょうね。頭の良いテ
ロリストならば原発を物理的に破壊するのではなく、通信回線に割りこんで操作
するだろう、という予測を聞きました。私は仕事で○○電力の電力一括管理の部屋
に入る事がありましたが、まぁ、誰でも想像できるのでしょうが…まず朝の出勤
ラッシュにスーツ姿で火気弾薬を詰めこんだアタッシュケース持参で正面玄関か
らカードキーを指しこんでる人々の群に紛れてビル内に潜入。トイレで適当な
青っぽい作業服に(出入り業者と思われるから)着替えて偽造した入館証(ペラ
ペラの画用紙)を付け、その足か、ビル内で昼食時までジュースでも飲んでデー
タセンターから出てくる人と入れ違いで部屋内に侵入…10数人の人間を制圧
し。おもむろに秘密基地のような大きな端末を操作…て、あんな場所制圧したっ
てどうしようもないんですがね、でも想像すると楽しいです(笑)「檸檬」の心境
でしょうか(笑)でも電力会社の本社ビルなどのセキュリティ体制というのも御粗
末なものです。なんせ「社員証には写真を貼ってね。それがテロ対策です」と本
気で業者さんに通達するのですから…そんなんで防げるかよそもそも社員証なん
か勝手に皆自作のつけてるよ、と思いました(笑)

恐いですね  -投稿者:Ponya  2002-09-21 00:49:32

管理人さま、貴重な仕事の時間を割いてのお付き合い、まことに恐れ入ります。
とても興味深い情報をありがとうございました。いい掲示板ですね、ここ(笑)
厚かましいですがまたお手隙の時間にはお相手ください。楽しみにしております。


自分で書いていてある程度理解していたつもりでしたが、どこか他人事のように
捉えていたのでしょう。パワーバランスから言えば「日本は米国の手駒に過ぎな
い」
という厳しい現実をあらためて確認して、今さらながら愕然としています。

「硬軟」の両事態のうち、北朝鮮が大幅に譲歩して米国の要求を飲んだ場合が
「軟」になるのでしょうか。世襲制の将軍たちが、いずれ自分たちの独裁政権を
脅かすと判断した場合は、もう形振り構わず「硬」になるんでしょうか…。
米国はいつも他国の事情などお構いなしに引っ掻き回して紛争を作り出します。

いずれにしても、私達「一般人」の守備の頼りはあくまでも自衛隊であって、
米軍ではないということを忘れてはいけません。自衛隊のゲリラ対策特殊部隊が
どれほどの規模か知りませんが、有事の際はなんとか頑張っていただきたいです。


ところで、「孫の手で耳を掃除する」…とは、いい得て妙ですねぇ。
キノ様の小説のような想像を思い浮かべてみても、これは危ないと思いましたよ。

謎の気球とメディア規制法  -投稿者:Ponya  2002-09-21 00:52:53

物騒な話題ばかりですみません^^;

 数年前の「謎の気球」のニュースは一般の新聞にも小さく載ってました。
記事には北朝鮮のキの字も(もちろん細菌兵器の文字も)出ていませんでしたが
読んだ時には「これは絶対、北の細菌兵器に違いない」と思い、恐ろしかったで
す。

同時に、あのようなニュースは新聞やテレビで報道してはいけないのではないか
と思いました。あれでは、実験成果を敵に教えてやってるようなものでしょう。

旧日本軍の「風船爆弾」も、アメリカ人に相当な精神的脅威を与えたそうですが
当時アメリカは厳しい報道管制を敷いて、風船爆弾着弾のニュースを流さぬように
徹底したそうです。もちろん平時の日本と比べる対象ではありませんが、北朝鮮
のような工作好きの国家と対するには、平時から公安に結びつく情報は報道管制が
必要だと思うのです。そういう意味で「メディア規制法」は、国民・メディアの
思想・表現の自由を制限・統制する可能性があっても、国民の安全を守るための
最低限の措置として必要ではないかと思います。

そういえばメディア規制法を含む有事関連法案は「2年以内を目標に整備する」
そうですが、考えてみればこれも北朝鮮包囲の時間的猶予と妙に符合するのです。
…考え過ぎでしょうか?

内閣改造  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-09-21 01:11:21

さっき12チャンネルのニュースを見ていたら、政治評論家の森田実氏(個人
的にはあまり好きではないのですが)がでていて、外務大臣に安倍晋三、防衛庁
長官に石破氏(漢字間違えてたらすみません)小池百合子氏が国交大臣と言って
ました。そうなったら、完全に対北朝鮮内閣か?なんて思いました。
実は私は安倍晋三氏には注目していて、一部では若手議員の間では総理大臣に
もっとも近いらしいです。そうなればいいなあと密かに思ってる今日この頃です。

Ponya 様  -投稿者:管理人  2002-09-21 02:11:11

「メディア規制法案」とは、以下の3法案を一括して、総称で呼んで
いるものです。

個人情報保護法案
人権擁護法案
青少年有害社会環境対策基本法案

国の安全保障に関わる事柄について報道を規制しているわけでなく、
政治家や、高級官僚、企業の不正を隠蔽するのに都合のよい条文が盛
り込まれているため、私は反対です。

防衛上の守秘についていえば、何をオープンにし何を絶対に秘するか
基準が曖昧になっているのではないかと思います。だから、防衛庁の
情報公開請求者リストや防衛庁ネットのIPアドレス流出など、お
粗末な問題が起きるのでしょう。

防衛については、守秘の確固たる基準が合理性をもつものならば、報
道が自由であっても、問題は生じません。むしろ「大本営発表」の再
現は、国を誤らせます。現代でも、中国や、北朝鮮が好例です。

気球に関していえば、むしろ、きちんと報じて市民の注意を喚起すべ
きです。遺伝子組み換えやヒトの遺伝子解析などで、特定の民族・人
種に劇症を引き起こす細菌兵器の研究が進んでいる、と防衛関係者か
ら3年前に聞きました。

割込みですみません  -投稿者:SOGA  2002-09-21 15:01:11

拉致された方で生存確認が出来た曽我ひとみさん。
しかも出身が新潟と聞いてもしや親戚の中にその様な人がいたのか?と思い確認
しました。
結果は、近い親戚ではないであろうということです。
しかし、遡ればもしかしたら何らかの関わりがあったかもしれない…ということ
です。
何はともあれ、無事が確認されたのでほっとしております。
突然降って湧いた出来事だったので、私自身ちょっとドキドキしてしまいました。
きっと家族は20年あまりの間、計り知れない不安に陥っていたのであろうと思う
と、
ヒステリックになってしまう心情もうなずけます。(というか、精神を病んでし
まいそう…)

しっかり保証は受けるべきですが、果たして保証するだけの体力がかの国にある
のでしょうか?
そして、工作船の件は一体どうするのでしょうか?

>特定の民族・人種に劇症を引き起こす細菌兵器の研究が進んでいる…
まるで、『夜叉』(By吉田秋生)ですね。

新しい戦争  -投稿者:管理人  2002-09-21 17:14:01

防衛庁は、2年ほど前、生物兵器の脅威に対処するため、専門の研
究所を設置しました。その予算案が発表されたとき、制服組の幹部
が、「ずいぶん、思い切ったものだ。731部隊の経緯もあり、長
くタブーにしてきたのだが...。しかし、今、迫り来る脅威として
...」と、教えてくれたものです。

元・北部方面総監のSさんも、「ペンタゴンを訪れたとき、幹部と
の席でヒトゲノムの問題がレクチャーされて驚いた」と、防衛庁の
広報誌・セキュリタリアンに書いています。

生物兵器に汚染された土地は、本来、攻撃側も容易に足を踏み入れ
られません。しかし、民族や人種によって症状の軽重をコントロー
ルできれば、容易に使える兵器になってしまいます。

テロという非対称戦争とともに、「戦争」のルール、ここまではい
いがこれはやっちゃいけないという、敵味方の暗黙の了解が成立し
なくなってきているわけです。

米国の「単独行動主義」は、一見は傲慢、かつ暴走にみえますが、
21世紀型の戦争の危険を良く理解しているからこそ、大胆に対処
しようとしていると見ます。

21世紀型戦争  -投稿者:MONSTER2  2002-09-21 17:49:20

国際法も単なる慣習にし、非戦闘員大量虐殺もOKの、
戦争をいわゆる「何でもあり」にしてしまったのは
アメリカ自身じゃないの?
逆にいえばアメリカが「単独行動主義」をやめれば
この流れは変わると思うけどね。
まあ単細胞ブッシュじゃ無理か。

MONSTER2 様  -投稿者:管理人  2002-09-21 21:52:45

その通りです(笑)。

「人道的介入」の美名の元によるコソボ紛争への介入、ユーゴ空爆で
米国は道を大きく踏み外しました。

米国が受容するルールとはつねに米国が勝てるものであり、しかも多
くの場合、米国は「地上のルール」の埒外に身を置こうとします。自
分たちが「神」の側(そば)にあると信じているからですね。

ブッシュJrは、エネルギー産業、軍需産業との関わりが深いだけで
なく、宗教的右派(キリスト教原理主義)を大きな支持母体にしている
ため、なお厄介です。

京都議定書からの離脱、国際刑事裁判所への訴追の免除など、「なぜ
アメリカは嫌われるか」のご意見拝聴会など開かなくてもわかりそう
なものですけれどね。

※今度こそ、しばらく、おいとまさせてください。

メディア規制の必要性  -投稿者:Ponya  2002-09-21 23:00:55

>管理人様
 たびたびご意見をありがとうございます。
そうでしたね、メディア規制の内容が問題ですね。現在検討されている法案
については具体的な実際問題としての議論が始まったばかりだと思います。
議論不足という意味では、私も各種法案の早期成立には反対です。

これをいうと防衛問題とは離れてしまいますが、基本的に私は「メディア」
というものは何らかの規制を受けるべきと思っています。もちろん国家がそれを
完全にコントロールすることは、結局「大本営発表」の再現になることは
管理人様のご指摘どおりだと思います。しかし、行政または別の機関による
チェック機能は最小限必要でしょう。

一方がもう一方を完全にコントロールするのではなく、互いにコントロール
される関係(それも最低限の)…あくまでも理想ですが、目指す目標はその辺
にあるのではないでしょうか。国家による最小限のメディア規制も含めて、
すべて「悪」と捉えるならば、メディアこそが制限無き最大の権力たりえる
ことになります。

あ、お仕事に差し障ってはいけませんから、お返事は無用ですよ。
管理人さまが反対なさっているのは、メディアの規制自体ではなく
「政治家や、高級官僚、企業の不正を隠蔽するのに都合のよい条文」
が原因と理解しておりますから。

何であんなに強いのか…。  -投稿者:キノ  2002-09-21 23:46:43

こんばんは。
でも、残念ながら、嫌われたって構わない程にアメリカは強い・・・畜生。ユーゴ
空爆で空爆兵器をまんべんなく使って航空兵器産業に顔を立てたクリントンは世
界連邦の宰相としては失格だろうけども、アメリカ大統領としては及第点でしょ
うね。アメリカの大統領なんだから、他の国の事なんて考えたら、国家反逆。他
国の福祉を本気で考えようとする日本は、本当に優しい良い国です。海江田シロ
ウじゃなくたって、日本と同盟を結びたい。

SOGA様
>結果は、近い親戚ではないであろうということです。
なんか唐突にそういう事ってありますよね。私は福岡に住んでいるのですが、九
州外の方は御存知かどうかわからぬのですが、先日福岡の二丈町という所で少女
が犠牲となった立てこもり事件があって、子供の時分に何度も会った事のある
「親戚の親戚」が葬儀に列席していて、どうやら事件当事者家族はスーパー縁戚
らしい、という事を知って驚きました。ときに、「夜叉」は完結を迎えました
ね、或る世代の聖典「banana fish」ほどの好きにはなれませんでしたが…。
失礼します。

堅苦しい話題1  -投稿者:Ponya  2002-09-22 00:22:35

ついでに、現在審議中の「メディア規制法案3法案」についての基本的見解を、
ちょっとだけ垂れ流してみます^^;

「個人情報保護法案」は、個人データの流出防止を原点とした法案ですが、
基本原則の「利用目的の明確化」「情報の適正な取得」「内容の正確性の保持」
「漏えい防止に向けた安全確保」「本人が関与できる透明性の確保」の部分は
報道機関や政治団体などにも遵守させるのがむしろ当たり前だと思いますし、
それ以外の罰則付きの義務既定については、報道機関などは除外されており、
特に問題を感じません。そもそも報道機関だけが上記の基本原則を守る努力を
放棄できたとしたら、弊害のほうが大きくなってしまうのではと懸念します。

 もちろん、このような原則はメディア側の自助努力・自主規制による遵守が
理想的ですが、個人データ流出の危険性に注目されて久しいにもかかわらず、
現在の状況は個人データの取り扱いに関してのコモンセンスが未だ熟成された
とは言い難い面が目立ちます。


一方「人権擁護法案」は、報道機関によるプライバシー侵害や過剰取材を規制
することに目的を置かれています。問題点は、プライバシー侵害にあたるか
どうか、過剰取材にあたるかどうか、の基準が明確でないことや、実際の判断を
行政側に任せられていることでしょう。この「問題点」については今後も深く
議論するべきと思いますが、凶悪事件の被害者や遺族に対してのプライバシー
侵害や報道被害の実例などを考慮すると、何らかの規制が必要なのは間違いない
と感じております。特にマスメディアがひとたび報道被害の加害者側に回れば、
巨大な権力をもって傲慢な姿勢になりやすいのは、皆さま良く知っていること
でしょう。

さらに堅苦しい話題2  -投稿者:Ponya  2002-09-22 00:24:19

さらに、「青少年有害社会環境対策基本法案」は有害な性・暴力表現からの
青少年保護が目的とされますが、非行と有害情報の影響の因果関係、何を
「有害」とするかの定義内容が曖昧な点が問題とされています。

私も「少年の凶悪犯罪」の原因をテレビゲームやビデオなどの影響と見るのは
短絡的だと思ってますが、現在の少年少女はあまりにも性・暴力表現に遭遇する
機会が増えています。以前はメディア側の自主規制や個別指導によってバランス
が保たれていた面もあったのですが、インターネット時代になって国境レス化が
進むことで、国外サーバー上の情報等、国内法が及ばない部分が出てきました。
そうすると、それまで自主規制してきた出版社なども、競争力を求めて自主規制
をなし崩し的に緩め出しました。

 そうして日本は今や「性・暴力表現蔓延状態」になりつつあります。この状況
を打破するには、メディア母体ごとではなく個人を含む事業者ごとを対象とした
新しい法律が必要だと思うのです。


余談ですが、20年程前に少女向け雑誌の性情報や少年漫画の性表現(「セックス
コミック」と呼ばれ問題視された)がTVマスコミに取上げられたことがありま
す。
その後「性情報について知ることは青少年にとっても重要」等という識者の論調が
目立ち、結局はうやむやになりましたが、ほとぼりが冷めた現在では、少女向け
雑誌の性情報は当時よりも増えて、ますます扇情的になるという「リバウンド現
象」
が起こっています。しかも以前はこっそり読まれた性情報も、現在の少年少女には
それを読むことに何の気後れもない状況です。

これを「セックスに開放的になった」と肯定する向きもありますが、欲望を抑制
できない年代の青少年にとって、性情報に制限なく触れることは、容易に売春や
麻薬などの犯罪に関与してしまう危険性もあり、看過できないものと思えます。

ponya様  -投稿者:キノ  2002-09-22 00:58:46

「青少年有害社会環境対策基本法案」以外はponya様の意見に賛成ですね。
>その後「性情報について知ることは青少年にとっても重要」等という識者の論
調が目立ち、

まぁ、文字もなかった頃からバトルとセックスだけはやってきた人間なんですか
ら、この識者の意見は、「アホか」の一蹴で終わりで、対して近年ますます過剰
な表現も増えてきてるのは事実でしょうけども、これは結局、性の開放/閉鎖な
んてものは、揺れ戻しで10年なり50年なりのスパンで動く振り子みたいなも
のじゃないかなぁ、と私は思ってます。変態エログロだったら大正期も盛んでし
たし、対して対米戦の近くは勿論アウトで、江戸時代だったら幼女だって平気で
買えたし、今は勿論絶対禁止。何年前だかに「これからは純愛ブームが来ます」
と言った評論家がいましたが、それを追認するように変態専門ゲームメーカーが
純愛路線への変更を発表したり、と。ほっておいても勝手に開放/閉鎖は行きつ
戻りつするし、それをどっちかに留めておこうというのは無理なんじゃないかと
思います。それに、TV・雑誌はともかく、インターネットの規制は不可能に近
いでしょうし…。まぁそれ以前に、インターネットが洗脳メディア足り得ない根
本的な欠陥は「受けてが欲しい情報を選ぶ」点ですから、ネットでエロ画像を入
手してる人間はどんな手を使っても入手するでしょう。でもどんなに性情報が溢
れても、例えば売春・麻薬などに手を出す未成年者はなくならず、それは単に
「私は未成年の頃から職業は売春婦でした。ヤクザでした。ジャンキーでした」
なだけなんじゃないなかなぁ、と思います。いや、これに関しては兵頭ニ十八氏
の「どんな集団にも一割の落ちこぼれがでる。それが一割現象」のパクりなんで
すが(笑)
長々と書いてしまいましたが、私が単に聞いてみたいのは一点だけでして…規制
をしない限り表現は過剰になりつづける、とお考えでしょうか?もしよろしけれ
ば、御答え頂けると嬉しいです。あまりこういうのを人に聞いた事がないので^^;

異論をはさまずにはいられないので  -投稿者:管理人  2002-09-22 03:04:21

「漏えい防止に向けた安全確保」は良いとして、「利用目的の明確
化」、「情報の適正な取得」、「内容の正確性の保持」、「本人が
関与できる透明性の確保」については、拡大解釈される危険性があ
るため、私は反対の立場です。

ただし、あえて括弧を付けますが、マスメディアも「報道」の価値
基準がぶれていないか、常に検証する必要はあります。

くわえて、「書くことによって、相手を社会的に殺してしまう恐ろ
しさ」を、厳しく自覚しなければいけないことも言うまでもありま
せん。もちろん、それは取材を甘くしていいことにつながりません。

マスメディアに関わる者として、Ponyaさんのご批判は痛いほ
どわかりますが...。

「生命の設計図」  -投稿者:メタロチオネイン  2002-09-22 21:48:40

 ヒトゲノム解析の完了で明らかにされようとしているのは、
ヒトDNAの約30億塩基対の配列が決定されようとしているに
すぎません。すでにポストゲノム解析と称して、DNA配列が持っている機能の解
析が始まっていて、30億の中に存在している約
3万種類の遺伝子(機能を持つDNA)の同定が必要不可欠ということです。
 解析の時代のあとには、必ず創製(合成)の時代がくるものです

 それは、遺伝子に働きかけ、その機能を制御する技術の獲得です
。医療をはじめとするその社会的効果は計り知れません。
  
目的とする有機物質を分子レベルで作り出す、有機合成化学者の活躍が、「第2
の核」を作り出すのは、時間の問題と考えるのは、
はたして「杞憂」か・・・

 DNAと特異的に相互作用し、その機能を制御する、人工遺伝子制御物質の創製
を目的とした研究は、壮大な国際プロジェクトとして
進行中です!!!。

 こんな事を考えながら、熱いほうじ茶で特大おはぎを2個も食べた、雨の秋分
の日でした。

メディア規制いろいろ  -投稿者:Ponya  2002-09-22 21:48:56

キノ様>
>規制をしない限り表現は過剰になりつづける、とお考えでしょうか?

江戸時代の性風俗がちょうど現在のような(あるいはそれ以上の)開放された
ものだった、という文献は私も読んだことがあります。また、性の開放と閉鎖が
規制の有無とは関係なく行きつ戻りつの周期的な要素で変化するトレンドがある
というのも、そんなところだと思います。

やはり、カギは「情報化社会」ということじゃないでしょうか?

歴史上、今ほどに高度に発達した情報化社会を人類は経験したことがない
と思うのです。ロリコンが流行ろうとエログロが流行ろうと、青少年が
性情報に辿り着くのに今ほど簡単な時代はかつて無かったはずです。

もちろん単純な性情報だけではありません。ドラッグに関する情報、
売春斡旋の情報、盗品を捌く情報、その他あらゆる犯罪の推奨情報、など
インターネットや携帯端末のおかげで、いとも簡単に入手できる現状が
犯罪を助長している面は否定できないでしょう。

確かにネット上の情報は規制しにくいのは事実ですが…、
規制のための方法論はともかく、今までとは違った現実を認識すれば、
とりあえず「規制する」と方向性は正しいのではないでしょうか。

>管理人様
なにか私がお仕事の邪魔をしているようで、申し訳ありません^^;
「拡大解釈」とはどんな場合か、いろいろ考えてみてわかったような気がします。
それぞれの原則が「政治家、高級官僚、企業など」が取材拒否や取材の中止命令を
行なう際の根拠として使われる危険性、のことですね。

とりあえず、もう少し考えてみます。

秋分の日は、あしたでした  -投稿者:メタロチオネイン  2002-09-22 22:13:44

投稿して、隣見てもどったら
たった16秒違いで、ポンヤさんのご意見が。
インターネットって、ほんとに凄いですね。
それから、実時刻と、表示される時刻が多少ずれていると
おもいます。

最近涼しくなってまいりました。  -投稿者:キノ  2002-09-23 01:06:26

ponya様>
早速ご返答頂き本当にありがとうございます。
う〜ん…以前大槻ケンヂ氏がインターネットは恐ろしいモノだから「僕ね、イン
ターネット規制論ってのを考えてるんです」といってまして、なるほどなぁ、と
一応その時思ったものですが…

>やはり、カギは「情報化社会」ということじゃないでしょうか?

…その通りだと思います。今まで、こんな双方向の、それこそ単なる市井の民草
がいきなり人気作家のサイトに意見を書きこめる、なんてメディアは無かったわ
けで、ああ…でもなぁ、インターネットがあるから私は今まで知り合う機会もな
い人々と知り合え、こうして夜の夜中に(笑)駄文を書いて御返答まで貰う事もで
きるわけで…難しいですねぇ、一応私はそれでも、「多分、規制できない」「多
分、勝手に静かな表現に戻っていく」と思ってます。智恵熱(笑)が出てきたの
で、失礼します。有難うございました。

文章が纏らない…とほほ  -投稿者:SOGA  2002-09-23 14:49:51

確かにブッシュJr.は不気味な存在ですね。
国民のためというよりも自身の利益しか考えてなさそう…
イラク攻撃(まだ脅しで留まってますが)にしても、この人は戦争屋なんだなと再
認識しました。
戦争して経済効果を上げる方法しか思いつかないのか?
何方かが(ごめんなさい)書いていましたが、連続テロも事前に知っていたにも関
わらず、
大義名分欲しさに放置したというのは、確信に近い気がします。
(ビンラディンにしてもブッシュJr.にしてもここまで派手になるとは予想してい
なかった様ですが…)

ヒトゲノムも一方では、癌や遺伝病の治療で躍進していますが、
使い方を間違えれば生物兵器にも成り得るものですから、枯葉剤の実績もありま
すし、
アメリカが本気でやったらマジ怖いです。
科学の進歩って言うものは、本当に諸刃の剣ですね。

メディア規正法についてちょいと割りこみ  -投稿者:MONSTER2  2002-09-23 15:05:23

反対の大きな理由として
『政治家、高級官僚、企業などが取材拒否や取材の中止命令を
行なう際の根拠として使われる危険性がある』
(Ponyaさんのまとめかたが上手かったので引用した)
のようだけど、じゃあ「危険性」があったらおとなしく取材を
やめるのかい?と言いたいね。

本当に報道しなければならないと思ったら、自らの責任で
違反だろうが捕まろうがが報道するという覚悟が感じられんね。
要するに所詮「報道の自由」よりも自分の身がかわいいって
ことじゃない?そんな私心丸だしで反対されても見苦しい。

日頃「真実を追究する」といってるジャーナリズムって
お国にちょっと脅されたら「はいはい〜」てしおらしくなっちゃう
程度のものたっだのかと思ってしまうね。どいつもこいつも
甘っちょろい考えとしか言い様が無い。

とにかくこんな法が出来たくらいでびびって「自由に報道
出来なくなるじゃないか」などと言ってるやつは始めから
ジャーナリズムに関わるな、「私は報道の自由を貫く、例え
法律に触れようがいざとなればやる、そして罰を受ける」
というくらいの覚悟のある奴のみがやればいい。そう考えると
この法律って例えばジャーナリストのいいふるいになるんじゃ
ないの?

MONSTER2 様  -投稿者:管理人  2002-09-23 18:34:59

> 反対の大きな理由として
>『政治家、高級官僚、企業などが取材拒否や取材の中止命令を
>行なう際の根拠として使われる危険性がある』
>(Ponyaさんのまとめかたが上手かったので引用した)
>のようだけど、じゃあ「危険性」があったらおとなしく取材を
>やめるのかい?と言いたいね。

愚問ですね。一応、「法治国家」の建前がある日本だから、悪法
には反対するということです。

グモン  -投稿者:MONSTER2  2002-09-23 19:23:15

愚問でもなんでもいいけど、あの手の「圧力」なら
今でもあるじゃない。そもそも「悪」法って誰が決めたの?
いろいろ理由をくっつけてるけど、やっぱ「自分らが今まで
みたいに取材できなくなるじゃないか!」って自分の身が
かわいいからってのが反対の一番の理由なんじゃないの?
そうとしか思えないね。

国に向かって「俺は反対じゃ〜、そのかわり法案が成立しようが
お前らが圧力かけようが俺は一切取材の手を揺るめんぞ、違反
覚悟でやったるわい!」とぶつかっていかんと反対しても
国は動かないと思うよ。反対派の今までも言い分じゃやっぱ
「自分の身のかわいさ」ってのが表に出てるから、国だって
聞かないんじゃないのかね。まだあきらめたわけではなさそうだし。

ボクは反対するなって言ってるわけじゃないよ。
「押し」が足りん、甘いって言ってるんだよ。
ちなみにボクは「どっちでもいい」派
だって「圧力」は今でもあるから、今更法が出来ようが大して
変わらないよ。変わるとすればむしろ「取材する側」じゃないの。
ボクだったら違反覚悟で公開した情報の方が信用できると思うから
あってもいいかって感じだね。

MONSTER2 様  -投稿者:管理人  2002-09-23 20:21:15

> 愚問でもなんでもいいけど、あの手の「圧力」なら
>今でもあるじゃない。

あなたの想像も及ばぬ「あの手」を遙かに超える圧力を受けたこと
があります。れっきとした国家機関から、しかも旧知の友人によっ
て。友人の立場もあるので、ここでは伏せますが。

>国に向かって「俺は反対じゃ〜、そのかわり法案が成立しようが
>お前らが圧力かけようが俺は一切取材の手を揺る(ママ)めん
>ぞ、違反覚悟でやったるわい!」とぶつかっていかんと反対して
>も国は動かないと思うよ。

言われなくても、自明のことです。むしろ、適用第一号は名誉ですからね。

>ボクは反対するなって言ってるわけじゃないよ。
>「押し」が足りん、甘いって言ってるんだよ。
>ちなみにボクは「どっちでもいい」派
>だって「圧力」は今でもあるから、今更法が出来ようが大して
>変わらないよ。
>変わるとすればむしろ「取材する側」じゃないの。
>ボクだったら違反覚悟で公開した情報の方が信用できると思うか
>らあってもいいかって感じだね。

それは、MONSTER2様の投稿も実名でなされたほうが重みが
ある、という論理になりますが。

しかし、近年、名誉毀損の訴訟が増え、敗訴した場合の補償額が高
額になったことで、証拠、裏付けを慎重に取るようになったのは確かです。

自明?  -投稿者:MONSTER2  2002-09-23 20:50:29

>あなたの想像も及ばぬ「あの手」を遙かに超える圧力を受けたこと
>があります。れっきとした国家機関から、しかも旧知の友人によっ
>て。友人の立場もあるので、ここでは伏せますが。

ボクと同じ認識じゃないの。「圧力はある」って言ったんだから。
だったら別にこんなこと言わなくていいんじゃないの。

>言われなくても、自明のことです。むしろ、適用第一号は名誉ですか>らね。

よくある反対論者の言い分が「自明」とは感じられない
から言ってるのさ。「取材が出来なくなる」とか言ってるんじゃ
どうみても腰抜けとしか思えない。今初めて聞いた。
むしろ管理人さんがそう思ってるならこっちとしては「がんばって
ちょうだい」としかいうことはないよ。

>それは、MONSTER2様の投稿も実名でなされたほうが重みが
>ある、という論理になりますが。

ボクは別にジャーナリストでもなんでもないから関係ないし、
「覚悟」もない、今の生活の方が大事なんだよ。それとも脅しかい?
そもそも何でそういう論理になるのか意味がわからないね。

MONSTER2 様  -投稿者:管理人  2002-09-23 21:18:09

>よくある反対論者の言い分が「自明」とは感じられない
>から言ってるのさ。「取材が出来なくなる」とか言ってるんじゃ
>どうみても腰抜けとしか思えない。今初めて聞いた。

確かに、沖縄返還をめぐる日米の密約をすっぱぬいた毎日新聞の西
山記者を結果的には見殺しにした新聞では、そう言われてもしかた
ないでしょうね。

>むしろ管理人さんがそう思ってるならこっちとしては「がんばって
>ちょうだい」としかいうことはないよ。

ありがとう。素直に受けとめます。

>ボクは別にジャーナリストでもなんでもないから関係ないし、
>「覚悟」もない、今の生活の方が大事なんだよ。それとも脅しかい?
>そもそも何でそういう論理になるのか意味がわからないね。

脅しではありません、あなたは、毒舌を吐いているようでいて、正
鵠を射た発言をなさるので、実名を出したほうが発言により説得力
をもたせられるように思いましたが。

ただし、リスクを感じられるならば、無理強いはいたしません。

固い話題になったので  -投稿者:管理人  2002-09-23 22:00:32

ちょっと、別の話題を提供しましょう。

遺伝子解析の権威の一人に挙げられている「K研究所」の所長に、一
昨年の秋に聞いた話です。

「ヒトと他のほ乳類の遺伝子を調べていくと、チンパンジーどころか
牛や豚とも差異はごく少しで、もしかするとそれらの動物にさえかな
りの知能があり、食用にされることを本能ではなく抽象的に認識して
いるフシがある。学問的に証明されると、我々はこれまでのように肉
食が続けられるだろうか」

鯨はもとより、イルカにも食用にすることに批判が強いですからね。
私は、そんな研究結果は葬りさられると思います...。

全然関係ないのですが。  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-09-23 23:50:17

今、日本テレビの「よど号ハイジャック事件」のドキュメントドラマを見てい
ました。
テレビ局はかなり前から準備をしていたといってましたし、たしかに(製作に)
時間もかかるだろうとは思いましたが、今のこの時期にやるというのはタイミン
グがいいなあと思いました。

ドナドナは真理をついていたのか…(?)  -投稿者:キノ  2002-09-24 01:09:35

「遺伝子解析がこのまま進んだら、保険の加入なんかで遺伝子差別される恐れ
がある」といういつか論考を読んだ折「こりゃ嘘だな」と思いました。例えば今
だったら『お年寄りでも入れます保険』が存在するし、まぁ、ナンボ何の解析が
進もうと「優良種」は絶対に「不良種」より少ないので、数の勝利で商売として
は不良相手が良いよなぁ、「超少数の不良種が差別される事はあるやもしれぬ
が、それだったら今だってそう変わらないなぁ、と考えた事があります。
…全然関係なく飛びますが

>食用にされることを本能ではなく抽象的に認識しているフシがある。

おお…知らなかった…。しかしこれだったらまさしく「ドナドナ」が現実化するわ
けですよね(笑)ドラマのバリエーションが百倍に膨れあがって、結構良いのじゃ
ないか…とさえ思います。(笑)
あと、そんな研究結果が握りつぶされる…というのは、それが可能かどうかはさ
ておいて、以外と皆冷酷だから、公表してもそんなに問題ないのじゃないでしょ
うか。以前、三田ヨシコの御子息が逮捕されて、背後の女子高生を侍らせた写真
が全国ネットで公表された事件がありましたが、これを「許せない」と言ってる
人は、単に羨ましいから許せないだけだろうな、と(笑)牛や豚が本気で「ああ…
俺は食べられるんだ」と思ったとして「ま、それはそれで」と皆結構平気で食べ
られるんじゃなかろうか…。現に「植物に痛覚がある」という嘘かホントかわか
らない説は結構有名ですが、皆平気で草刈してますし(笑)

涼しいと言うより寒くなってきました  -投稿者:偽一  2002-09-24 04:04:03

 皆さん、こんばんは。隣で素晴らしい投稿を目にして入り込む余地が無いと
思い、こっちに遊びに来ました。
 SOGAさん、こんばんは。何方かが、というのは多分己の事だと思うので
(違ってたらマヌケ)少し。
 Ponyaさんが仰ってた通り、自分の発言に対する責任は(本人が訂正等し
ない限りは)負わなければならないと思うので、それについて言及したり、趣旨
を歪めたりせずに引用するのは自由だと思います。己に断る必要は無いのでどん
どん使っちゃって下さい。
 それとキリが無さそうなのでとか言いつつ、雑感を一言。
 とまり木でも色々な意見を拝聴したのですが、超ハイリスクな事を考えれば
「米政府の陰謀説」をそのまま信じる気にはなれません。もっと核心を衝く物
的・状況証拠が出てくれば別ですが。

 話は飛びますが北朝鮮の話題。ネットサーフィンをしていると、「独裁国家の
言う事だし裏をしっかり取った訳ではないので、拉致被害者の安否情報は信用出
来ない。ひょっとしたら何か裏があるんじゃないか。」という様な意見を目に
し、一理有るなと思いました。 じゃおやすみなさい。

涼風食欲を呼ぶ…我肥ゆる秋です(笑)  -投稿者:Ponya  2002-09-24 04:13:37

>食用にされることを本能ではなく抽象的に認識しているフシがある。

研究結果が握りつぶされるかどうかについては微妙ですが・・・、
気にするとすれば、やはりキリスト教文化圏の人々ではないでしょうか?
イルカや鯨の食用に反対していた勢力も主にキリスト教文化圏の方だったと…。
彼らの根拠は、対象になる生物の知的能力が高いかどうかが鍵のように思えます
し、
キリスト教の食事前の挨拶にしても、神の恵みに感謝すれども対象生物への感謝は
含まれていなかったと思います…(?ちょっと自信なし)

一方、仏教圏の特徴なのでしょうか?日本の食事前の挨拶「いただきます」には
神仏に対する感謝の気持ちと同時に「命をいただきます」の意味が込められて
いると聞いたことがあります。この時点で、対象生物がそれを認識しているか
どうかに関係なく「生きるということは他者の犠牲のもとに成り立っているのだ」
という「原罪」を背負いながら我々は生きているのであって、「可哀想だ」など
という感情的意見からは超越した「開き直りの精神」を感じます(笑)

回教徒の生活様式についてはほとんど知りませんが、何事も「アラーの思し召し」
に帰する印象が私にはあって、食事の対象生物の知的能力など意に介さないだろう
と思えるのですが、実際はどうなんでしょう?

>「個人情報保護法案」の拡大解釈について
どうも難しいですね。法を破る覚悟が信用を増すかどうかは別問題としても、
「法」が権力者の悪事を後押しする可能性は、出来ることなら無くしたいし、
「法が無い状態」がメディアの杜撰さを助長する可能性も、見過ごせない。
法案を成立させないことを至上とするのではなく、法案自体を見直す努力が
必要だと思いました。

連休明け  -投稿者:ミコ雪  2002-09-24 10:17:19

みなさまご機嫌いかがですか。

 バッカみたいなのですが、私はこの頃は日本の街がとてもきれいになってきて
いると気付くことが多くなりました。景気が悪い悪いと強調されていました。で
も、お金があるところにはあるし悪い所ばかりではなかったのでしょう。大阪の
中ノ島周辺にガラス張りのきれいな検察庁ビルが建ち、近くに三井の高層ビルな
ども出来つつあります。大阪駅周辺の梅田には阪急のきれいなきれいなビル茶屋
町アプローズがありますし、積水の凱旋門形ビルの梅田スカイビルはいつ見ても
素敵です。また、駅の南側にはヒルトンホテルや、リッツカールトンホテルのあ
るハービス大阪やホテル阪神もあります。
 また、神戸では神戸製鋼跡に「HAT神戸」としてマンション群やWHOビル
や、安藤忠雄さんの設計の兵庫県立近代美術館が今年4月にオープンしました。
ゴッホ展があったので見に行ったのですが、その周辺が何だか嬉しくなるほどき
れいなのです。
 一ついいものができると、我も我もと次々にそれが広がる平等主義の日本のこ
とだから、これからはもっときれいなものがでてくる可能性があると思います。
 今まで日本に足りなかったのは都市部の美しさだったのかと思い知らされます。

 都市部がきれいになってくると日本中、世界中の私みたいなミーハーを呼び込
むことが出来るような気がします。ちょっとオーバーでしょうか。
 でも、本当のところは日本人観光客が一番お金を持っていそうですから、日本
人に香港やシンガポールに行くよりも東京や大阪、名古屋、福岡の方が面白そう
と思わせる工夫が必要でしょうけれども。

 そして、日本の世界に通用するようなバッグのブランドを作り出すことができ
ればいいと思います。私に限っていいますと、この頃は海外のブランドは飽きた
というか偽物が多いのもイヤであまり買っていません。それに、馬鹿高い値段で
外国勢に搾取されているようで気分が悪いのです。だから、品質がよく、デザイ
ンのよい日本製のバッグのブランドがでてきてほしいと思っています。

管理人さん江  -投稿者:MONSTER2  2002-09-24 22:28:03

「がんばってちょうだい」は別に皮肉ではないので…って
言わなくてもわかってるか(笑)

>脅しではありません、あなたは、毒舌を吐いているようでいて、正
>鵠を射た発言をなさるので、実名を出したほうが発言により説得力
>をもたせられるように思いましたが。
>ただし、リスクを感じられるならば、無理強いはいたしません。

ボクがこれから世に出てジャーナリストか評論家にでも
なろうとか企んでたらそうしたかもね。ただこっちも自分の
会社が忙しいので遠慮するよ。ボクの言い回しについては前にも
言ったけど「楽」だからやってる。喋るのと大して変わらない
からいちいち考えないでいいので。分かりやすいでしょ?
「です」「ます」調はボクにとってはいきなり英語で書けって
いうくらい面倒。管理人さんも許容してくれてるみたいだから
とくに気にはしないけど。

栗ご飯が美味いっす  -投稿者:SOGA  2002-09-25 00:40:15

キノさんへ
「BananaFish」も良かったですね。「夜叉」は案外あっさり終わってしまい、拍子抜
けしてしまいました。

>「遺伝子解析がこのまま進んだら、保険の加入なんかで遺伝子差別される恐れ
がある」
この問題は現在出てきていますよ。身近な所では癌ですね。
胃癌・大腸癌・乳癌などは、家系的に罹り易いかどうかが遺伝子解析でわかりま
す。
癌になる確立が家系(または個人)によって差が出てしまうのです。
と言うことは、その情報が漏洩すれば必然的に保険料が高くなります。
ここでも、情報漏洩防止策というのが重要視されています。
最近では、タバコを吸う人(これは自己責任ですが)は保険料が高いシステムを
取っている
保険屋もありますし、遺伝子解析による保険料改定なんてことも起きるかもしれ
ませんね!
(逆手にとって、癌になる確率が低そうだったら安いとか…)
あっ、因みに乳癌は男性にも有るんですよ!知っていました?

偽一さんへ
いえいえ、こちらこそ失礼しました。検索する根性がなくてうろ覚えで書いてし
まいました。ほほほ…

別件ですが、愉快なもの発見!!知っている人もいるかも…
http://www.geocities.co.jp/MusicHall-Horn/5227/flash/sea_of_japan.html
最近の韓国に対する私のスタンスは、赤子をあやす親…かな?

身も心も寒いっす  -投稿者:偽一  2002-09-25 03:27:44

 Ponyaさん、こんばんは。「返り討ち」云々についてはジョークなの
で・・。あ、でも、己と違った見方を示してくれて感謝してるってのは本当です
よ。それと理想が高いと言うのは実現しがいがあって良いんじゃないでしょうか。
 「面倒だ」という理由で礼儀をおろそかにしがちな己は「論外」なんだ
なぁ、ってへコみましたが・・。^^

 隣の『番外ですが・・・』への返信なんですが軽い内容なのでこっちにしまし
た。とまり木とかぶる部分も有ったし、悪しからず。

 SOGAさん、こんばんは。己は乳癌よりニューガンダムの方が好きです(絶
対通じないだろうな、とは思いつつヲタクネタ)。

 ホントふざけた投稿ばっかだな、己。

いろいろ…  -投稿者:Ponya  2002-09-25 19:46:13

なんですか、マスコミ一斉に北朝鮮叩きになってる気が…。
今週の週刊AERA(朝日新聞社)なんて、
横田めぐみさんの顔写真を表紙に「 人 生 を 返 せ 」ですよ。
http://www3.asahi.com/opendoors/span/aera/current.html
それをアンタんとこに言いたいって人は、北朝鮮にたくさん
居るんじゃないですか。ね〜朝日新聞さん。

>偽一 さま
どうもです。まぁあれですよね…。
礼儀というのは度が過ぎると面白みがないんだけど、
まったく無礼というのも興醒めだなと…。そう思うんですよね。
私も基本的に「気楽」なのが好きでつい忘れがちなんですけど
やっぱり心の何処かに留めおいて時々振り返るような「何か」が
必要だと最近は感じてます。

>SOGA さま
そのフラッシュなんだかえらく親切に出来てますねぇ。
関連リンクはもちろん「ポイント解説」も付いてるし。
こういうの2ちゃんねるで発表してる人って、
単なる 日本好き 韓国嫌い なんだろうか?
それとも世論形成の政治的意図なんかもあるのかな?
…なんてちと考え過ぎですよね。親切すぎて邪推してしまう(笑)

>管理人さま
今、SAPIOに載ってる井沢先生の「新・虚報の構造」ですが
これは不定期連載なのでしょうか?よろしければ教えてください。

アメリカの陰謀説…の仕組み?  -投稿者:Ponya  2002-09-25 19:58:42

え〜と核心を突いているかどうかわかりませんが…歴史的な状況証拠として
なかなか興味深い説を(株)アシスト社長のビル・トッテン氏があげています。
実際には「陰謀説の証拠」ではなくて日本の米国追随型金融政策を警告する
文中に含まれているのですが、その中で「大量消費大国アメリカのトリック」
と称して彼は次のように述べています。

(以下「SAPIO 9/25号」より抜粋したものを要約)
-------------------------------------------------------------
アメリカの実態は民間企業による資本主義を装った「軍産複合体による
社会主義国家」である。第1次大戦時にアメリカはヨーロッパおよび自国
が使う武器を生産し続け、平時に必要な供給をはるかに上回る武器生産能力
をもった。しかし、大戦が終わるとデフレが起こり、金融バブルはハジけ、
大恐慌となった。その後10年の間、アメリカ経済は回復しなかったが、
第2次大戦が始まり、自国と連合軍のために再び武器生産に着手すると
経済は活況し、世界でも類を見ないほどの経済力を持った。しかしまた、
第2次大戦が終って武器生産を落とすことは、前回の大恐慌よりもひどい
デフレ不況が起こる可能性が強く、その経済的ダメージは社会の基本構造
を崩壊させると考えた。そのため経済指導者は、武器や軍事設備を生産し
続けることを正当化させるために新たな敵が必要になり、仮想敵国として
旧ソ連や中国などの共産主義大国がその役割を果たした。冷戦終結後には
敵国として挙げられる大国が無くなったにもかかわらず、軍事消費による
経済体制を保つ為に、アフガニスタン、イラク、北朝鮮などのアメリカに
すれば取るに足らない国を敵として挙げている。
--------------------------------------------------------------

よくある「軍産複合体による陰謀説」っぽいのですが、アメリカ経済の変遷と
関連させてみると、なかなか説得力を持つもんだなと思いました。

…ま、参考までにどうぞ。

SAPIOは一日遅れる九州。  -投稿者:キノ  2002-09-26 00:06:00

…データだけ送ってこっちで印刷すればいいのに。(してるのか?)
SOGA 様>
>最近では、タバコを吸う人(これは自己責任ですが)は保険料が高いシステムを
取っている
>保険屋もありますし、遺伝子解析による保険料改定なんてことも起きるかもし
れませんね!
丁寧なご返答ありがとうございます。うーん、でも、でもですね、絶対に「お年
寄りでも入れます保険」みたいに、「遺伝子解析結果がどんなんでも、ウチは一
律料金でっせ!」って保険屋もでてくると思うんですよ。それだから、いいん
じゃないか、と私は思ってます。不良種(って言い方は語弊があるでしょうけど
も)がそれなりに差別されるのは、白人専用のプールがあるようなもので(反
面、勿論誰でも入れるプールもある)、古今東西未来永劫変わらないでしょう
し。全ての保険会社が解析結果を保険料算出に組み込むようにはならないだろう
から、良いんじゃないかなぁと思ってます。

偽一 様>
私はサザビーとハンマ・ハンマが好きです(笑)しかも逆シャアよりZZの方が好
きです(笑)そして我が国にもギレン総帥みたいな首相が欲しいと思ってます…、
「北朝鮮に拉致されて、殺された?立てよ、国民!」と言って下さったら、私は
「OK!次は後々論議にならんように、キッカリ平嬢30万人大虐殺やってみよ
うぜ!!」って気分になるでしょう(笑)

失礼しました^^;

訂正。  -投稿者:キノ  2002-09-26 00:26:48

連続投稿すいませんです。
平嬢→平壌
あと…今フジTVで報道してた「北朝鮮の反日映画」これを見て笑えないヤツは
現代人じゃないと思いました。ケッサクでした(笑)
追記:SOGA様>
>あっ、因みに乳癌は男性にも有るんですよ!知っていました?
知りませんでした。更年期障害は男性にもあると聞いて「おお…」と思ったもの
ですが、乳癌もですか…まぁ、白い液体が胸から出る変態体質(笑)の男性をTV
で見た事ありますし、乳癌も男女平等にあるんですね…。

週刊ポストも二日遅れる九州。  -投稿者:偽一  2002-09-26 08:28:23

Ponyaさん
  記事引用有り難うございます。その視点の鋭さにはいつも感服させ られま
す。
  変な新キャラの己に興醒めしている人達も多いだろうな、と思いつ つ半ば
開き直って投稿している今日この頃です。愛想が尽きるまでは どうぞよろしく。
キノさん
  ノッて来て頂き有りガトーございます^^。ZZにハンマ・ハンマ とはマ
ニアックな所を突いて来ますねぇ。己は1stが1番好きで  す。「ポケ戦」
も泣かせる話だったなあ。因みにパソコンの壁紙はM SN04 SAZABI
になってます。シビれる程カッコE〜!
  平壌では京都に高層建築物を建てないのと同じ理由で、高齢者や身 障者は
住めないと噂で聞いた事が有るんだけど、本当だったらスゴイ ですね。

 少し前にゴールデンタイムで乳癌の番組をやってたがネタ元はそれだろうか。
しかしチラッとしか見てないし、ヲタクな己は「乙葉がゲストで出ていた」位し
か記憶に御座いません。

ニューガンダムは伊達じゃあない!!  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-09-26 19:23:36

Ponya様>
朝日はあいかわらずですねえ。まあ土井『鬼畜』たか子や志井『外道』和夫の社
民党や共産党にも言えますが。

話は全然違いますが、「Z」は富野監督はいやいや作ったというようなことを
言ってましたよ。(たしかNHKのトップランナーとかいう番組だったと思いま
す)私は「一年戦争」が好きですでも好きなMSはZガンダムだったりします
(笑)あとリーオーも好きです(わかります?)

一段落  -投稿者:管理人  2002-09-26 20:20:43

自分の原稿の入稿と、井沢の本の企画会議がかさなり、ちょっとばたばたしてい
ました。

>偽一 様

‖平壌では京都に高層建築物を建てないのと同じ理由で、高齢者や身障者は住め
‖ないと噂で聞いた事‖が有るんだけど、本当だったらスゴイですね。

北朝鮮脱出者の救援活動を行っている人物によれば、「平壌は、党や軍のエリー
トと、それに忠実な人々のみが住むことを許されている」といいます。
 
>キノ 様

‖データだけ送ってこっちで印刷すればいいのに。(してるのか?)

出版流通の問題ですね。紙の束ではなく内容にお金を払うという意識が定着すれ
ば、むしろ「電子版」の雑誌が将来は主流になると思います。

>Ponya様

‖よくある「軍産複合体による陰謀説」っぽいのですが、アメリカ経済の変遷と
‖関連させてみると、なかなか説得力を持つもんだなと思いました。

ブッシュ政権は極端ですが、米大統領の側近の経歴を調べると、いかに軍需産業
やエネルギー産業の出身者で占められているかわかります。チェイニー副大統領
の妻はロッキード社の重役と聞きました。

‖今、SAPIOに載ってる井沢先生の「新・虚報の構造」ですが
‖これは不定期連載なのでしょうか?よろしければ教えてください。

一応、次号にも掲載の予定です。

‖ なんですか、マスコミ一斉に北朝鮮叩きになってる気が…。

皆が同じ方向を向いているときは、あえて別のスタンスを選ぶことも必要ですが、
誰も庇う気にはなれないでしょう。

2日遅れらしいSAPIO。  -投稿者:キノ  2002-09-26 21:34:02

管理人様>
>紙の束ではなく内容にお金を払うという意識が定着すれば、むしろ「電子版」
の雑誌が将来は主流になると思います。

ご返答ありがとうございます。そうですか…まだまだですねぇそれじゃぁ。「武
道通信」は各コラムを100円、200円とかでネットで別個に販売しているので、せ
めてこの方式だけでもSAPIOに採用して欲しいものです。販売日当日に(笑)

偽一様>
>「ポケ戦」も泣かせる話だったなあ。
私はハンマ・ハンマは、「ガチャポン戦士2カプセル戦記」(爆)で好きになりま
した(笑)我がハンマ・ハンマ小隊の英雄的犠牲が無ければ、ヤツには勝てなかっ
た…(誰だ)ときに、私は1stは世代的にズレるので、あまり愛着がないので
すが、それでも塩沢兼人氏が亡くなったという報に接した時は、1つの時代の幕
が降りたように感じました。「階段から落ちて死んだ」という、新喜劇のような
マヌケな幕の閉じ方でしたけども^^;(笑)

オーベルシュタイン様>
富野監督はZが嫌いだったんですか…ま、私はZZ派なので良いのですが(でも
ララァでもフォウでもクェスでもなくノイン党であり、シャアではなくハマーン
右派です(意味がわからん))富野氏のファーストエッセイ「だから僕は…ガンダ
ムへの道」で書いてあったそうですが、監督は自分の彼女に「オトミ」と呼ばれ
てたそうですね、イヤな呼称だ(笑)

やっと明日SAPIOが読めます。皆さんはココにいらっしゃっている位ですの
で、井沢先生のファンであり、SAPIOも読む事が結構あると思うのですが、
記事はともかく寄稿コラムはどれを読んでるのでしょうか。私は、大前研一氏や
落合信彦氏のコラムは、内容がどうしても信用できないのであんまり載せないで
欲しいなぁなんでよりによってこの二人に書かせるかなぁ…と思ったり思わな
かったり(笑)落合氏ってボディーガードをつけてるって聞いた事があるのです
が、本当なんですかね。一体何処の誰にどんな理由で狙われてるんでしょうね(笑)

失礼します。

キノ様へ。  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-09-26 22:21:52

塩沢氏は私のHNでもある「オーベルシュタイン」というキャラの声もやって
たんですよ。
落合氏がボディーガードですか?小林よしのり氏ならわかりますけど。自分が大
物だと思われたいんじゃあないんですかね。私もどーも好きにはなれません。
以上、「ヒカルの碁」にはまってるオーベルシュタインでした(笑)

追記〜。  -投稿者:キノ  2002-09-27 00:58:55

連続投稿じゃないから良かった(笑)

前から書き忘れてましたが、まぁ御存知かもしれませんが、マイナー雑誌((笑)
/私は兵頭先生の追っかけの為愛読してますが)「武道通信」(http:
//www.budotusin.com/)には井沢先生も対談&コラムを掲載されてるのですよ。
面白いです。締めて400円。安い〜。

オーベルシュタイン様>
>落合氏がボディーガードですか?
何だったか…確か、故ナンシー関氏のコラムだったかで読んだと思うのですが…ホ
ントらしいです。TV番組として放送されたらしいんですよ。「ボディガードが
いる」って(笑)
ヒカルの碁は面白いですね。嘘かホントか、囲碁会館には女子中学生の観光客が
沢山くるらしいです(笑)私の予想としまして、多分、ラストのラスト、ヒカルが
神の一手(みたいなもの)を打った瞬間サイが現れて『ヒカル…ついにこの境地
まで辿りつきましたね…』とか言って最終回になる気がします(笑)

失礼します。

過去ログ読むのに徹夜してしまった…。  -投稿者:Ponya  2002-09-27 01:15:08

>管理人さま
早速のご返答ありがとうございました。
井沢先生の「新・虚報の構造」今後も楽しみにしています。

たしかに庇う気になれない北朝鮮ですが、これまで一貫した主張で北朝鮮批判を
やってきたメディアならば仕方もないにせよ、マスコミ一斉に「国民感情」に
迎合した論調になった感があります。訪朝の事前交渉では拉致事件の取り扱いで
日本外務省の手落ちも相当にあったとか…。そのあたり掘り下げて検証するのは
マスコミ的にはどうなんでしょうか?

>キノ さま
落合信彦氏はアメリカンスタンダードな視点で見たモノの言い方をするところ
がどうも気に入りませんが、取材の場所とタイミングがなかなかスルドイので
(モノの考え方はともかく)情報としては面白いコラムだなと思ってます…。
毎回同じような煽り口調がちょっと鼻につきますけどね。それから時事コラム
じゃなくて「若者向け啓蒙書」のような単行本も数多く出しておられますが、
総じてご自身のアメリカ留学時代のご自慢話が多く、満腹感を醸し出します。

大前研一氏は「金融」や「税制」に関する指摘は非常にスルドいと思います。
鋭いんですがほとんどの場合、彼の言ったとおりには事が進みません(笑)
「こうやれば良い」という彼の提言は素人には「なるほどそのとおりだ」と
納得出来ても、実際には政治的なハードルが高すぎて受け入れられないんですね。
最近の彼の「東京一極集中を打開して地方自治体が力をつける為に〜をせよ」
といった論はなかなか良いと思うのですが、如何せん実行されるかどうかは…。

Ponya 様  -投稿者:管理人  2002-09-27 03:28:48

>たしかに庇う気になれない北朝鮮ですが、これまで一貫した主張
>で北朝鮮批判をやってきたメディアならば仕方もないにせよ、マ
>スコミ一斉に「国民感情」に迎合した論調になった感があります。

ジャーナリズムは、体制のINとOUTの微妙な境に自らを保つべ
しと、むかし、教わりました。

ただ、定期購読される新聞と違って、個性を出さなきゃ売れない週
刊誌は特集の立て方に差別化を図っていくと思います。

>訪朝の事前交渉では拉致事件の取り扱いで日本外務省の手落ちも
>相当にあったとか…。そのあたり掘り下げて検証するのはマスコ
>ミ的にはどうなんでしょうか?

手落ちというよりも、裏の思惑が働いていますね。北朝鮮、韓国、
日本の三国の関係だけでみても、絵図の謎が解けません。もちろん、
ロシア、中国、米国を加えても足りません。新聞を注意深くチェッ
クすれば、意外な役者が噛んでいることに気付かれると思います。
これ以上は、「テキ」に手の内の一端を明かしかねないので、申せ
ません。

宣伝ですが  -投稿者:管理人  2002-09-27 03:40:29

週刊ポスト連載中の「逆説の日本史」が、10月中旬に、単行本に
なります。同シリーズの第10巻。テーマは信長です。

近々、ニュースのページでもお知らせします。

ここって結構・・・?  -投稿者:偽一  2002-09-27 04:34:16

オーベルシュタインさん、こんばんは。
 トップランナーと聞き思い出した!その番組録りっぱのままお蔵入りしてまし
た(ファン失格?)。思い出させて頂き有り難うございます。リーオーはVガン
ダムに出たMSでしたっけ?よく知らないのでパスさせてもらいますが。ヒカル
の碁は還暦迎えた己の父が楽しみにアニメを見てる様です^^。己が「ジャン
プ」で読んでるのはハンターハンターだけですが。

キノさん
 ヤツって武者Gの事でしょ?己もそのゲームにハマッた者です。もちろん
CPUレベルはシャアですよね。 「階段から落ちて・・ってアムロの親父と同
じやん?」とか思ってしまいますね(不謹慎)。惜しい人を亡くしました。
 
管理人さん、こんばんは。
 己の独り言にわざわざご返答有り難うございます。
 最近の管理人さんの、ここぞとばかりに持ちネタを投稿しまくるその姿に、
ジャーナリスト魂を見た様な気がします。「あのー、管理人さん、本業の方が忙
しかったんじゃ・・?」なんてツッコもうものなら、有無を言わさず張り倒(削
除)されそうな勢いでしたね。
 それと、「そんなに引き出しを沢山持ってるんなら、もっと以前から開けてく
れてれば良かったのにぃ〜!」と贅沢な事を思ったのは己だけでしょうか? で
は。

北の拉致報道、神経逆なで〜。  -投稿者:キノ  2002-09-27 22:34:04

こんばんは。
ponya様>
>取材の場所とタイミングがなかなかスルドイので(モノの考え方はともかく)
情報としては面白いコラムだなと思ってます…。
でも、落合氏、「ハッタリおやじ」との通称(?)に恥じず、無茶苦茶言います
よね。「モサドから情報を買う」とか(笑)「ホントかよ、一体あんたにどんなパ
イプがあるんだよ」と思うんですけど(笑)
あと、今回のSAPIOも大前氏のコラムも、なんかあんまり納得できませんで
した。「論理的思考」が大切というのはわかるけども、それと英語教育は両立し
ないと私は思ってますので。日本語ロクに話せない人間に英語教えたってロクな
事言えない。日本語で論理的にキッカリ思考できない人間は英語でだってちゃん
と使えないと思うのです。日本人皆が先天的に福沢諭吉とか江藤淳クラスの頭
持ってるなら話は別でしょうけども。(兵頭ニ十八先生に影響されまくり〜)

偽一様>
>ヤツって武者Gの事でしょ?
クラスメイトの鈴崎氏です(笑)大体カプセル戦記には武者Gは出ないじゃないで
すか!(笑)あとこれも古いんですが、GBの「SDガンダムワールド SD戦国
伝 国盗り物語」、私はこの2つがガンダム for gameでの不朽の最高傑作と
思ってます。最近(?)のG−ジェネレーションだのギレンの野望だのは、好き
になれません。それだったら大戦略か信長の野望、三国志・大航海時代プレイし
た方が燃えます〜…けど、今度ネットゲームのガンダム、これは凄いらしいです
よ、デモ画面見てひっくり返りました(笑)もう御存知でしたか?^^;

失礼します。

しぶとくネタ話。でもあまり続けてると・・  -投稿者:偽一  2002-09-28 19:10:57

キノさん、こんにちは。
 鈴崎氏ってのは流石にわかりませんでした^^。武者G・・出てなかったか
な?ガチャポリス占領する時に。まあなにぶん10年以上前の話なので、記憶違
いだったらご容赦を。
 己はGジェネもギレンの野望も好きですよ。ムービーが多いので名台詞や名場
面が沢山見られる所が良いと思います。信長の野望は武将風雲録〜烈風伝まで、
三国志はV〜Yまで一通りやりました。三国志の方が「一騎討ち」が有るので面白
いですね。と言うより三国志をプレイするのは一騎討ちを観る為、と言っても過
言では無いでしょう。大戦略シリーズでハマッたのはサターンの、アドバンスド
ワールドウォー千年帝国の興亡です。
 >ネットゲームのガンダム・・・うーん、何でしょう?初めて聞きました。
PS2を持ってない己には関係無さそうだけど^^。

 最近己が心配してるのは、絶滅危惧種(?)社民党の行く末です。彼らの事を
考えると夜も眠れません。

憧れの朝日〜。  -投稿者:キノ  2002-09-29 00:38:20

偽一様>
>PS2を持ってない己には関係無さそうだけど^^。
http://www.universalcentury.net/
パソゲーですよ^^要求されるスペックが「なめてんのか?」くらい高いんですけ
どね(笑)それよりも…う〜ん武者Gでましたっけ^^;私のうろ覚えです。980円
で通販やってるので、買おうかな…でもニューファミコン持って無い。

>近己が心配してるのは、絶滅危惧種(?)社民党の行く末です。彼らの事を考
えると夜も眠れません。

日朝会談以来めっきり旧社会党一派をTVで見ないと何処かの掲示板に書いてあ
りました。私はあまりTVを見ないのですが、そうなのですかね。まぁ、遂に天
罰が下ったのでしょう(笑)彼らはカルト宗教の信者みたいで、どうせ洗脳は解け
ないのでしょうけども。ただ。朝日はやはり流石で、「ワテら、前から拉致問題
解決に尽力してましたで!」ってスタンスで行くようですね。凄いです憧れちゃ
います(笑)
失礼します。

お早うございます  -投稿者:Ponya  2002-09-29 07:32:05

>管理人さま
週刊誌のの独自路線の話、今週後半発売のものはたしかに
管理人さまのおっしゃったとおりの流れになってきました。
SAPIOなどは「北朝鮮批判」「日本政府批判」を通り越して「北朝鮮は崩壊
直前」がテーマになってるようですし。

「裏の思惑」に「意外な役者」ですか…。
なにやら俄かには信じがたいような謀略めいたお話ですが…。
どうやら自分でアンテナを広げておれば、その一端を知ることも
難しくはないようですし、管理人さまの立場、事情を察して
多くはお聞きしません…が、一つだけ教えてください。

そのことは、我々が自ら知ろうしなければ判明しないことですか?
それとも、いづれ(知ろうとせずとも)明らかになることですか?

差し支えなければ、ご教示ください。

>キノさま
たしかに大前氏の「教育」とか「IT関連」の話はあまり当てになりません。
本業の経営コンサルタントの宣伝っぽい感じもしますし…(笑)

それにしても、ここって「銀英伝」系とか「ガンダム」系の人も多いようで…^^;
平均年齢は30〜35歳ぐらいかなと思ってたんですが、実際どうなんでしょう
ねぇ。

Ponya 様  -投稿者:管理人  2002-09-29 14:52:26

私は、歴史を謀略論ではとらえません。かりに、謀略的意図が働い
たとしても、それが奏功するのは時代の流れが味方したときです。

?そのことは、我々が自ら知ろうしなければ判明しないことですか?
?それとも、いづれ(知ろうとせずとも)明らかになることですか?

防衛関係でカウンター・インテリジェントの責任ある立場にいた友
人(取材時は現役)が、こんなことを言ったことがあります。

「時がすぎれば公けになってもかまわない事柄でも、いまは、たと
えどのようなことをしても守らなければならない機密に該当するこ
とがままある」

彼の発言は同時に、知らせる努力、知る努力がなければ、秘密が永
遠に封じられることも意味しています。

実際、情報公開の取り決めがなされている米国でも、国立公文書館
から秘密指定解除の年限に達した文書のキャビネットが2つ紛失し、
大戦末期から敗戦直後の日米関係の或る真相を覆い隠しています。
吉田茂元首相にからむことです。

お尋ねの件ですが、新義州経済特区の長官になぜオランダ系中国人
が就任したのか。ここに一つのヒントがあります。しかし、これも
パズルの一ピースにすぎません。

Ponya 様 補足  -投稿者:管理人  2002-09-29 15:46:55

岡崎久彦(博報堂特別顧問)氏が、8月26日付読売新聞のコラム
で、こう書いています。

「今後一週間の国際情勢を予知する最も地道な正攻法は、過去一か
月の情勢の流れをしっかり把握しておく事である。一か月先なら、
過去一年間の流れ、半年先ならば過去十年間の流れである」

駆け出しの頃に仕事を習った先輩は、韓国で朴正煕大統領が暗殺さ
れたとき、「新聞の小さなベタ記事で、事件の一か月前からの動き、
特に在韓米軍の動向を拾えば、予期できた」と話していました。

戦時中にラトビアに駐在しソ連対日参戦を警告した海軍情報部の大
佐、同じ頃ベルリンに駐在した内閣情報局の諜報アナリストにそれ
ぞれ取材したことがあります。彼らはともに、新聞や雑誌などから
一見何でもない記事をスクラップし、その奥を読みとることが重要
情報につながるとアドバイスしてくれました。

時の話題と離れた、高級官僚の人事異動や重要人物の外遊などをベ
タ記事から拾ってみると、地味ですが真相に近づく手がかりを得ら
れると思います。

どうでしょう  -投稿者:Ponya  2002-09-29 18:44:30

管理人さま、重要なヒントをありがとうございます。
いまだ全容はつかめませんが、おぼろげながら見えたような気がします。

あの特区の実際のモデルは上海らしいですが、目指すところは
まるで「香港」ですよね。さながら「資本主義実験場」のような…。

そうなると、利権が複雑にからむ場所になるのは間違いないし、
長官は外国人、しかも世界でも有数の大富豪、…と不自然な人事、
そこへ「まず国交すべし」の力が働く日本の外交、となれば
ODA関連予算がまたがる外務省・財務省あたりが…

どうでしょう?少しはカスってませんかね?
自分では「当らずとも遠からずかな」と思ってるんですが…^^;

Ponya 様  -投稿者:管理人  2002-09-29 20:07:28

私が得ている情報から判断して、日本側の動機にはもう一つ、二つ、
別のファクターが加わっているとみています。

申し訳ありませんが、これ以上、いまは申せません。

今週の「女性セブン」  -投稿者:ミコ雪  2002-09-29 20:39:23

10月10日号//衝撃真相//
//北朝鮮拉致・在日支援組織と罠と手口//

 2chでも話題になっていたので買って読んでみました。
拉致問題や北朝鮮関係の事がよくまとめられて分かりやすく書かれていました。
これからは嘘やハッタリは通じないと思います。みんなが怒っています。

それでは、また。

管理人さま、了解しました。  -投稿者:Ponya  2002-09-29 20:51:16

とりあえず大外れじゃないようなので満足しておいて、
今後の報道には気を配って読むことを心がけます。

色々と手ほどきありがとうございました。

Ponya 様  -投稿者:管理人  2002-09-29 21:20:05

ごめんなさい。勿体ぶっているわけではありませんので、ご了解願
えれば幸いです。

ベタ記事でも、蘭、英、スイスがらみには気を付けていらっしゃる
と、日本側の別の動機が見えてくるはずです。

ちなみに、コメ支援再開で余剰米対策をはかるとか、北朝鮮承認で
中国の機嫌をとり「北京-上海新幹線」を受注するとかの、セコい
話ではありません。

折り紙…。  -投稿者:キノ  2002-09-30 02:10:25

折り紙がアートだったなんて…「逆説」シリーズ既刊で知った私です。読むま
で、「折り紙」の事をそんな風に考えた事もなかっただよ。

ponya様>
>実際どうなんでしょうねぇ。
どうなんでしょうねぇ…。
まぁ、良くも悪くも(笑)フォーラムと此方では住み分けができてますからねぇ
(笑)あちらは、私はどうにも詳し過ぎて話に入っていけないのですが、比較的
此方より年齢層は高いのではないでしょうか…。まぁ、ネットの場合、それはあ
まり関係なかったりしますが^^

失礼します。



| 戻る | 次の頁へ>>