TOP >> とまり木

馴染みの酒場やカフェに寄ったつもりで、気軽な会話を楽しむ場

笑うどころか真っ青に  -投稿者:GOAL  2002-04-01 13:30:41

さんまのからくりTVで。
タバコの投げ捨てを注意すると幼い姉妹に約束させて、(注意するとさらわれた
り誘拐されたりするからと躊躇していましたが)
実際に目の前でタバコの投げ捨てが起きる・・・ 見て見ぬふりをする姉・・・
タバコ捨てたよと姉にせまる妹。捨ててないと姉。
しつこく姉にせまる妹。おまえが行けと妹に言う姉。
結局仕方なしに注意に行く姉・・・
妹がビビっていたと手柄を報告する姉。

子供は責めません。しかし、狂牛病や薬害ヤコブや外務省体質etc・・・を批判する
大人があれを見てただ爆笑し、
「しっかりした子」だとあのように評価されて、将来社会に出て重要な仕事をす
るようになるのでしょうか。
姉=政治 妹=市民 タバコの投げ捨て=不審船 その他いろいろと置き換えてみ
ましょうか。
笑うどころか目の前が真っ暗になりました。

桜満開  -投稿者:MK(初代)  2002-04-02 00:59:12

4月1日のエイプリルフールに、何かバカ言ってやろうと思ったのですが、

世の中に絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし 在原業平

で、今、こちらでは桜が満開で天気もよく最高!
の〜んびりとお花見に行くには何所がいいか、考え中、考え中で
気もそぞろで、思い浮かびませんでした。

では、また。

お久しぶりです  -投稿者:マサヒコ  2002-04-02 22:00:43

常に、「お久しぶり・・」のマサヒコです。

 修学旅行で京都、奈良に言ってまいりました。数回いったことがあったのです
が、やっぱり良かったです。広島市はまだ歴史が400年ほど(っといってもアメリ
カよりはふるいですね)で、旧市内では唯一、安国寺恵ケイで有名な「不動院」の
みが国宝です。歴史的な遺産をみるには、海を渡って厳島へ行くしかない・・・
(原爆ドームは家から近いのでいまさら・・・)しかし、京都、奈良は桁違い。ど
こを見ても世界遺産、国宝、重要文化財・・・何度いってもやはり、歴史を感じ
ることのできる場所ですね。
 
 この旅で飛鳥で印象に残ったこと。亀石、酒船石・・石造物が並んでいて、な
ぜか日本の遺跡という感じがしませんでした。石の文化はどこへいってしまった
のでしょう。庭園でしか見られませんね・・・

ニホンちゃんがお気に入り  -投稿者:SOGA  2002-04-03 00:24:49

YAHOOの広告ネタにまんまと引っかかった私・・・ちっ。
あほあほな疑問を隣にUPしましたので、皆さん宜しくお願い致します。

MK(初代)さんへ
NTTドコモ1兆円損・・・目が点になりました。
これで万が一に、税金が投与!なんてことになったら、目も当てられませんね。
JRAの利益をNTTドコモが分捕ったなんて言われていましたが、
株損しかも海外に流してどうするんでしょうね。溜息もんです。

イヴの末裔さんへ
へへぇ〜(平伏しています)滅相もございません〜。
文章を書くのが非常に苦手なので毎度々いっぱい々で、ここに書いている次第で
す。
皆さん文章書くのが上手い&頭の良い人ばかりなので恐縮ですが、少しでも近づ
きたいと努力しています。
と言う訳で、これからもどうぞ宜しく!

タイトル得になし  -投稿者:Y・S  2002-04-04 18:28:22

久しぶりに見たら結構投稿が進んでいて読むのに
時間がかかりました。
まあ辻元問題に関しては、ほぼ予想通りの
反応が返ってきていたのでまあいいや。
ただ小沢一郎氏と「鈴木宗男研究」で有名になった
ジャーナリスト加藤昭氏が私と同じようなことを
言ってくれていたのがせめてもの救いだった。

>ナベさん
はじめまして、よろしくお願いします。
私も小林よしのりファンなので
次回の投稿楽しみにしてます。

辻元問題続き  -投稿者:MK(初代)  2002-04-05 18:06:21

 コピー引用失礼。某2chよりです。

“辻元清美
奈良県出身で小田実(総連スパイ)が主催する「被差別民サークル」に加盟し、
内縁関係にある北川明(京大赤軍出身・元日本赤軍EU担当兵、翻訳作戦失敗に
よってスウェーデンから強制送還され入獄、出獄後に小田のサークルに加盟)と
出会う 北川が第三書館を小田らの後援によって設立後、取締役として出版に
関係する その後小田らの反日謀略を形にすべくピースボートを計画し、
市民運動を装い金儲けと反日活動をする営利団体の株式会社ピース・イン・
ツアーを設立し取締役に就任する 北川が日本赤軍経済路線の日本代表と
して様々な反日団体や過激派と連帯し、それらの交渉係と広報を担当
ピースボートを実現するため土井たか子の筆頭秘書五島昌子
(安保の樺美智子のペアーで北川と縁が深い)を頼って社会党に接近、
社会党の女性の集いではすべての前座を任せ実績を作らせた

口癖「私は日本に生まれた事が恥ずかしい 私は地球人になりたい」“

 Y・Sさん、これについては、どう思われますか。
日本が嫌なら、日本の国会議員である必要はないでしょう。

MKさんへ  -投稿者:Y・S  2002-04-05 22:23:16

MKさん、一つ質問があります。
もしあなたが辻元のことをあまりよく知らない人に
「辻元清美ってどんな人」と聞かれたら
同じような紹介をしますか?
引用文らしいけど、『無批判』でそのまま載せているので
あなたもあの文には全く意義無しだと解釈します。

辻元が「反日的」とかその活動が「反日活動」である
というのは、あなたが辻元の言動、活動などから判断した
あなた個人の見識のはずです。ところがあの文はどこが
「事実」でどこが「考察」なのかが極めて曖昧であり、
もし何の予備知識もない人があれを読んだら9割の人は
「ああ、辻元って奴は日本が嫌いで、国会議員のくせに
諸外国に日本は悪だという宣伝をしているとんでもないやつだ」
と思うでしょう。これは日米安保に賛成する側を好戦的な強硬派
呼ばわりしたり、PKOに賛成する人を軍国主義者扱いするのと
スタンスは全く一緒です。

したがってあの文を読んでの私の見識を述べさせて
もらえば『「辻元は私の敵だ」という、つまり
「〜であるべき」というイデオロギー優先で
筆者の見識をさも客観的事実のように故意的に
配置した悪意すら感じる文章であり、こんなものを
まともに受け止める気は無い。』というところです。

例を挙げれば、誰かに「朝日新聞てどんな新聞?」と
聞かれたときに「偏向的な反日新聞であり、北朝鮮や
中国のスパイが紛れ込んでいるとんでもない新聞である」
というのと同じです。
「日本の新聞で発行部数第二位の約800万部をほこり、過去には
何人もの名記者を生み出し、日本人の言論形成に大きな影響を与えた
新聞である。しかし私はその論調に多くの疑問があり、同調できない」
と客観的な事実を前置きしてから個人の見識を述べるべき
ではないでしょうか。
まあこれは井沢さんの受け売りですけど。

続き  -投稿者:Y・S  2002-04-05 22:47:46

あのままでもよかったのですが、そうすると
どっかの政治家みたいにまともに答えていない
じゃないかとつっこみが来そうなので続きを。

私は前の投稿で(どれくらい前かは忘れましたが)
「社民党は日本にはいらない」ということを
書きました。辻元は社民党の議員でしたから
私の辻元への見識はこれで十分じゃないですか。
その根拠もおそらくMKさんともここに出入り
している皆さんとも多くは違わないです。

ムネオ、加藤という大悪よりも、彼らに比べたら
小悪である辻元が先に議員を辞職するという、
この一連の流れに何の疑問も抱かない『大衆』に
皮肉もこめて「辞める必要は無い」と言ったのです。
それとどこかに「犯罪に大きいも小さいも無い」
という批判を頂戴しましたが、だったら万引き犯も
強盗犯も殺人犯もみんな同じ罪ですかと反論します。
犯罪の大小に関係無いのは『やってはいけないこと』
という原則です。

Y・S さんへ  -投稿者:MK(初代)  2002-04-06 00:01:41

どうも、関西人は社民党の村山元首相にうらみがあるのです。
阪神大震災の時に、自分の主義主張や危機管理能力のなさ故に、
守るべき国民の命をないがしろにした。

 そういうことです。
前出の引用文で、間違っている事実があるのなら訂正してください。

MKさんへ。  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-04-06 00:30:45

たしかにMKさんのような方もいらっしゃいますが、あれほど問題を起こした
辻元氏が今度また選挙にでたら「もう(当選させても)いいのでは?」という関
西の方もいると聞きました。
関西の方はシャレや冗談で政治家を選ぶこともあるという話も聞きますが、本当
なんでしょうか?

”あの文”  -投稿者:Y・S  2002-04-06 03:27:08

あの文の「事実」が「真実」かどうかなんて
わかりません。あいにくそれほどの知識を
持ち合わせていないので。まあ嘘ならなおさら
悪いが、たとえ「事実」が本当でも、
あの文は「事実」の部分と「見識」の部分の
区別がひじょうにつきにくく構成されている点が
言論の姿勢として卑怯であるといっているのです。


例えば
『小田らの反日謀略を形にすべくピースボートを計画』
の部分でも、『ピーズボートを計画した』のは紛れも無い
事実だろうけど、『小田らの反日謀略を形にすべく』の部分は
筆者が小田氏の活動を調査し、ピースボート計画の経緯が
どうなっていたかを調べた結果の見識だからだ。
(筆者が本当に調べたかどうかは別として)
辻元が始めから『小田氏の反日活動を手助けしたい』
と明言してピースボートを計画したのならこれでもいいが
そうではないでしょう。反日謀略かどうかは、ピースボート
計画の経緯をデータとして示し、辻元がどういう理念で
ピースボートを計画したかを本人の言葉などで同じくデータ
として示し、そのうえで読む人に判断させればいいのである。
また筆者もデータを提示してから『これは
こうであると考えられ、こうした理由からピースボートは
反日謀略の手助けをしているとしか思えない。』と見識を
示すのが言論としてフェアなやりかたです。

その他の例
見識
『市民運動を装い金儲けと反日活動をする営利団体の』
事実
『株式会社ピース・イン・ ツアーを設立し取締役に就任する』 
これも一つの文でつなげて判断がつきにくくしている。

おまけ  -投稿者:Y・S  2002-04-06 04:15:05

あの文は
『自分の主張を通したいがために、
事実も見識もごちゃまぜにし、新たな既成事実を
作り上げて自分と反対側の勢力をことさら悪く
歪めて読者を誘導する』
というカラクリがばればれなのです。
言いかえれば、嘘の事実が故意に
混ぜられているということです。
このような箇所が1箇所でも
あっては言論として不誠実です。

阪神大震災の時の村山元首相の行動は
私も国民の命をないがしろしにした
許せない蛮行だと思ってます。

確かに関西人の政治家を見る目は疑いを
持たずにはいられません。なんてったって
痴漢や、「女も土俵に上げろ」と言いだし、
相撲の魅力である伝統を壊そうとする知事を
選んでしまうのですから。

これからスキーに行ってくるので
これで失礼します!

Y・Sさんへ 続き  -投稿者:MK(初代)  2002-04-06 11:22:50

 構造改革など重要な話題も多いのに、全くうんざりするような内容の報道ば
かりの昨今。
辻元問題で、宗男問題などが、かすんでしまった。山崎問題が不問なのもおかし
い。
どう考えてもおかしいことが多い、私もそう考えています。

オーベルシュタインさんへ
次回の選挙では、関西人の高い見識を期待するしかないでしょう。
ノックさんの前例もありますしね。ただ、対立候補がどうも、
弱いときが多いのでね〜〜〜。

MKさんへ  -投稿者:Y・S  2002-04-07 18:14:51

やっぱり商売でやっているマスコミが多いからでは
ないでしょうか。数字(視聴率)がとれればいいや
って感じなんですかね。これも構造改革の資本主義
化を強めた影響か?なんて言ったら考えすぎでしょうか…

ワイドショーがやるならいいけど報道まで
一緒になって同じことやっているのが
最近の傾向だと思います。ワイドショーもいまや
芸能人のゴシップはおまけ程度で政治の話題が
ほとんどですからね。区別がつきにくいです。

話は変わりますが、横浜市長選挙どう思います?
私は、無党派=クリーンという図式がどうも気に入りません。
気にしてもらえましたら、
ぜひMKさんの見識を聞かせてください。

ご忠告まで  -投稿者:T.m  2002-04-08 11:26:10

週刊ポストにて現在掲載中の「安土城」についてですが、
受け売りであれやこれや論じるのはお辞め下さい。

太田牛一やフロイスといった第三者の主観で書かれた史料ではなく、
《信長唯一の公認》史料がちゃんとあります。

そこでは、神になろうとか、天皇を超えようなどとは全く反対の、
「神仏の庇護者」「皇室の守護者」であると表明しています。

信長は、政治に介入しない宗教には援助もし、天皇家と同根である
事を持って「武家の棟梁」として、「天下偃武」のビジョンの下、
安土城を造営したのです。

新居への引っ越しもほぼ終えて・・・  -投稿者:いあつま  2002-04-08 23:20:49

世間がこのところ特別騒がしい、のか?世間というものは、もとも
と騒がしいものなのか?をいま問うている場合ではないとしても、
いろいろなことがありました。

加藤紘一議員も辞職する、ということになりました。あとは鈴木宗
男議員の種々の疑惑、田中真紀子議員の秘書給与ピンハネ疑惑及び
山崎自民党幹事長の身辺疑惑(?)等々について、議員を辞職する
方向まで、事態が推移するのかどうかに世間の関心は移るのでしょ
うか?

真紀子議員に関しては、「相変わらずの真紀子人気(?)」に自民党
が対抗できず、そのため直接的に追求することができずに、結局は
「腰砕け」に終わる可能性もある、という何とも情けないことを指
摘する声もありますが・・・。

それにしても、辞職すれば責任をとったことになるのか ? 辞職後
も元議員としてあるいは社会人として何らかの責任を取る覚悟はな
いのか?

戦後の風潮のなかで、喪われたものは多々あると思われますが、権
力ないし職務権限のあるものがその地位に相応しい責任を取らない、
取ろうともしない、という、いわば出処進退のけじめの喪失とでも
いうべき傾向もその一つでしょうか?

何の権限もない国民の一人としては、辞職するだけではなく、それ
以外にも何らかの経済的な責任(例えば議員歳費を、不始末の度合
いに応じて、一定額を国庫に返還する等々)も果たしてもらいたい
ものだとは思いますが、まあ、無理でしょう・・・。

そのような法体系を構築する努力を現議員のセンセイ方が滅私奉公
的(?)にするとは思えませんし、普通の国民はそこまでは望んで
いないのかもしれません・・・。

ところで、MK(初代)さん、お久しぶりです。「ふぉーらむ」でも
いろいろ投稿していらっしゃるようですね。渡部昇一氏の「日本を
変えよう」は私も読みました。まあ、従来からの渡部氏の主張をベ
ースにしている本なので特に目新しい主張はなかったと思われます
が、やはり、平易な文章で読みやすく、渡部氏の良さが出ていると
思いました。

補足  -投稿者:SOGA  2002-04-09 01:07:53

Y・Sさんへ
辻元さん辞任の件で、『みんなやっている』と言っていたことに対し、
罪が小さいからやってもいいのか?という思いからドラマの台詞を引用させてい
ただきました。
言葉足らずで失礼致しました。

罪に対しての罰については、これからではないでしょうか?
本来の順番は、罪が明確になってから辞任し、裁判等で罰が決定すると思うので
すが、
どうなんでしょう?(裁判になるかわかりませんし・・・)
私が一番懸念しているのは、罪を犯している政治家(辞任しなかった場合)にも
月約200万円もの給与が支払われると言うことです。(判決が出たら止まりますが)
これこそ税金の無駄遣いだと思うのです。

小さい 小さい---  -投稿者:やまかわ  2002-04-09 15:47:14

どうして政治家のプライベートな身辺まで洗いざらしにして、それが
ニュースに果てはワイドショウーのネタにして、つまりは政治家を駄目
にしてしまってるのに気が着かないんですかね。
そんな清廉潔白な どこをつついてもビクともしない政治家なんて
いますか?政治家はその政治生命を賭けてなにをしたのかが、本来
の仕事です。昔は?破茶目茶な人生を歩んでいて、大政治家といわ
れ全うした人もいたし、それを大目にみたおおらかな国民でも
あった。
寄ってたかって衆人環視の中で一挙一動見張られている政治家は
ついに「何もしないで 後ろ指の刺されないように 平穏さを
願う 生気のない政治家」しか出来ません。
今の日本に再生の決め手のないのは、こんな政治家を創りだしてい
るワイドショウー的国民の浅はかな善良顔と、お化けになった世論のせい
です。
辻元議員の参考人欠席---あれだけ個性的な攻撃型人間の彼女が今
堕ちているのは、攻めることしか習わなかった弱さ、逆境に負けな
い根性を持てない月並みな善人なんです。
「開き直る」「ケツを捲くる」「厚顔無恥」下司な言い方だが
最近の政治家には、これが無い。
あのビクついた加藤議員の顔は好きではない。
優柔不断 スキを見せないで 突っ込まれないように戦々恐々
仲間を何よりに大事 四方八方気を配ることに神経を病んできた人
に 国民を引っ張る力なんて有るわけが無い。
少し羽目をはずしたようで お許し下さい。

どうでもいいような政治家のことよりも  -投稿者:いあつま  2002-04-09 17:52:16

やまかわさん、はじめまして。

私は辻元清美、加藤紘一、鈴木宗男、田中真紀子、山崎拓等々の議
員諸氏を政治家として、あまり期待していなかった、というよりも、
日本の政治家として、その資質を深く疑っていたので、どのような
理由であれ、政界から退場してもらえるのならば、それはそれで
「良いことではないのか」と思っています。

それにしても、この政界の茶番劇(?)の陰で、夫婦別姓導入の政
府提案を押し進める自民党の法務部会と、夫婦別姓導入反対を主張
する自民党議員との対立が緊迫しているようです。

もともと政治家としての資質に疑問符がつくような政治家のことな
ど本来選挙民が判断すればよいことであり、それよりも、夫婦別姓
問題ような重要な問題に、国民の注目が集まるような環境にしたいも
のです。

多事空論  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-04-09 22:36:31

ここのところニュース23の中の多事争論で筑紫氏が必死に辻元氏(社民党)
などのお友達をかばってるように思えます。
基本的には筑紫氏は私は嫌いですが、その必死な姿は少々哀れに見えてきました。

甘ちょろい饒舌ご容赦の程  -投稿者:イヴの末裔  2002-04-09 22:57:26

ナベさん、初めまして。客観的なご意見を掲示板を利用して自由
に書いて欲しいわと思い、挨拶は控えさせて頂いておりましたが、
タダで林氏の主張の背景についてなど投稿して下さるなんて不勉強
の私は嬉しい限りであります。この掲示板覗いてて良かったって感
じです。個人としての意見を持っている人の話を聞く程”実用的で”
面白いことはないですし、有難いです。Y・Sさん、率直で丁寧な現
代政治批評の一つを聞かせて頂き為になりました。他の人が書いた
(=Y・Sさんに説明責任のない)意見の説明もきちんとされて、何
らかのプロ意識、感じます。私は仕事が忙しく、又、少し日本不在
だったので、余裕も情報もなく、それなりの解釈、プロセスを経て
今回は結果を重視し、政治手法は思考放棄(無視したかったという
のもあり)してました。ですから、この件に関しては何も述べる資
格はなし。それとSOGAさんは、Y・Sさんの批判をされたわけではな
く、私と同じく立法府の人の法律違反、という犯罪の結果のこと、
言われたのでは。私も自分がもしも辻元氏だったら(!)辞職して、
野から疑惑追求すると思いますし。国民の税金を使ってしか信念の
仕事が出来ないというのは、ちょっと比較的良識的な庶民の常識か
らは離れている気もしますよね。
「普通の人は疑惑追及などやってて半年位でウンザリ嫌になるんだ
よね…」と官直人さんから猪瀬直樹さんが言われた、と「でも、僕
は意地でやりますよ」とおっしゃってた言葉を信じたいと小泉政権
に期待を抱いていた私でした。と同時に、私が思ったのは女の私な
どたち打ちできない政官財の背景にある「巨悪」でした。以前田原
総一郎さんがどなたかにおっしゃってた言葉が忘れられない私です。「あんたそ
んなこと言ったりして殺されないの?」。何らかの経験、
事情をご存知故の台詞ではないかな、と。秘書が操る巨額のお金の
背景何かもよく知ればかなりコワイ世界があるのかもしれないと思
ったりもします…。総会屋なんかもある日本。法ではない談合、丸め
込みの論理は逆らわなければ、巧くまとまれば和、逆らえば、悪い
面が出れば「ヤクザ」の「リンチ」に遭う、私はその気持ち悪さを
日本の悪しき側面だと想像する、実際に聞いてもいます…。言葉の
上では経験もある、かも(笑)。(続く)

遅レス(仕事アップアップにてご容赦を)  -投稿者:イヴの末裔  2002-04-09 23:09:01

今回の辻元氏の辞職も立法府の人が法を犯したという点でまずrule違
反、ただ、辞職を迫っている政権与党、現在の政界の相関関係と合わ
せて自身の一貫した見識を表明しなかった報道も、案外守りに弱いと
言いますか、不正直な、非近代的なものを感じすね。「アンタ生意気や」って感
じの?あるいは何でもかんでも混ぜっこして極悪人のよう
に仕立て上げる。守りに弱すぎる(人間の本質をごまかしている)のば
かり見ていると山本夏彦さんの言葉を思わず思い出す私です(笑)。
「政治家は賄賂を貰うものです。これはなくなりません。誰でもその
立場になれば貰うのです。貰えない人が僻むのです」。山本氏のアイ
ロニーは最初はやや腹立ちますが、成る程と笑える。とっても男らしい。しか
し、も一歩、「上」行きたい気もしますけどネ。心優しい私
の友達は「自民党のやり方って、政治って“ヤクザ”だよ」とよく
言う。どうしたらもチョット合理的な政治が実現するか。それは議論
に議論を重ねるしかない、のでしょうか。議論をする為には“個人”(英語で
individualというと、これは分断されえない個人という意
味ですね)がいります、でないとただの談合になります。その議論に
”ideology”などの横槍を入れるのは弾圧。個人の思想信条と、政治
手法、政策、Y・Sさんも思われるように次元が違うもので、個人があ
る人は、理性と感情、原因と結果、理想と現実なども頭の中で区別し、それこそ
自由に意見を述べる(述べさせる)もの。そして個別の意見
の間にその人の言葉による理性的で一般的にも通じる説明があります。個人が納
得するまで様々な意見(理屈でも)を交換すると、全く前と
は別の結論に至ったり、よりよい意見にシフトしていっても後腐れな
く気持ちのいいもので、これが欧米の人と話す時にあります。Y・Sさ
んもそう感じられると思います。これをせずに何となく、あるいは強
引な空気で無難策を取ったり、感情に左右された決定を出すと、ウヤ
ムヤで思考停止状態の気持ち悪さ、未来に通じない不毛感を感じる人
が出てくる。その閉塞感や弊害が今の日本にないですか。その責任は
全て議論や思考、追及を放棄してきた私達国民にある。その功罪を考
えて政治に主体的に(しかし、この主体的、という言葉英語に直訳で
きないといつも思う)、自分と向き合い参加していくしかないと思い
ますよね。

マスコミって凄く怖いですね  -投稿者:イヴの末裔  2002-04-09 23:12:27

ただ、私なんかはまだ若いし(?)我侭言って提(愚)案、理想、理念、
何でも延べたいような。それを感情や安易な善意で丸め込むのではな
くフォローし、諌め、現実的に飴鞭使い分けてリーダーシップとって
欲しいのは、やはり、日本の大人、弁士と呼ばれる国会議員も含めた
政治家などです。しかし、国会は何だか小学生並のケンカ調の言葉し
か飛び交わないことも(田中さんはそれにしても無責任で言語道断)。
理想に現実にあちこちに飛び火しつつも理性と芯とユーモアなんかま
であり、真実と感じさせるものに辿り着く様な真剣勝負の人間の言葉
の交換、これが欲しくなったら、アメリカの裁判映画(アメリカも図
らずして(?!)“あの”ハリウッド映画群の中で、司法モノにその底
力見せてる気が)なんかも、案外いいですよ(笑)。日本は上からしか
変われない(下からの革命は起きにくい)、とよく聞きます。ですから、私も背
伸びしてるかもと思いつつ、国の上層部に変革のリーダー
シップを求めます。その意識を見せてもらえるだけでも下は納得する
ものだと思いますよね。私は新しい仕事が入り夏まで責任持って集中、そのス
タートをきったばかりです。というかしばらくアップアップ。
マイペースで歴史などの勉強もして皆さんに追いついていきたい
(今後どんどんいい本が出てきそうですし読書の時間を夏以降作ら
ねば)、政治などのチェックも諦めずに大雑把に(笑)していきたい
です。話変わりまして、関西の皆様、阪神はそう言えばスゴイで
すね(笑)(私は野球狂なんですがどこのファンかは取敢えず秘密
です(笑))。では長々とお許し下さい。

ちょっと、おじゃま?!!  -投稿者:MK(初代)  2002-04-10 00:28:06

 文章長くても意味不明瞭。ただ単に長く書くことのみを狙った?
「まぁ、日本語上手ですね」って、皮肉で言う時もあるのですよね。
本当は、どこの野球チームのファンですか、ロッテですか、広島ですかと
小一時間問い詰めたい気がする(笑

ちなみに、私はもちろん阪神ファン、でも清原や桑田など甲子園時代から
知っている選手が多いので、巨人選手の名前の方がよく知っています。

では、また。(ごめん、誰かさんの真似したので、意味不明瞭?)

あ、違います!  -投稿者:イヴの末裔  2002-04-10 01:12:56

あ、MK(初代)さん。違います。MK(初代)さんやその投稿を
批判したりご意見に反対したのではありません。それに、
ここは難しい議論の場ではないですし。それは反省、というか
よく分かってます。
色んな人が余り気兼ねせずもっと突破して、でも和やかに自由に
意見述べれて、突っ込みとかもそんなに入らないように
ならないかな、と思っただけです。若い人がやや理想的だったり
浅はかなのはよく分かってます。エネルギーがあるんでしょうね。
だから、Y・Sさんの投稿の論調に私が凄く共感しているというわ
けでもないです。でも、Y・Sさんが野次、意味のない皮肉などを
飛ばされるような方でもないというのは分かりますので、そこで
後味悪くなる、というのは、まだ何か議論というか意見交換の場
が風通し悪い感じなのでは?って思っただけです。
その、何か違う意見を言っても、それで誰かを脅したり
貶めたり、人格と関係したり、ということはないと思いますので、
身の危険を感じたりされる必要はないと思う・・・と申し上げた
かっただけです。きっとそれなりのぼんやりしたヴィジョンが誰
にもあるんでは、って思うような・・・。ただ、言葉使いなどが
文章なので、きつく響いたりそういうこともあるんだと思うんです。
あ、それと、さきほどやまかわさん、いあつまさんの投稿読みまし
て、とても為になり、というか分かります。
・・・夫婦別姓制度、なんてどうでもいい気もするんですけ
ど・・・ね。

大阪人って  -投稿者:ダーヴェル  2002-04-10 01:13:34

やっぱ阪神ファンなんですかね?近鉄は??大阪近鉄か(笑

さて昨年、我が住まいにほど近いところにできた、
「生涯学習センター」という所へようやく行く機会がありあました。
(って億劫だから今まで足運んでなかっただけなんですが)
「男女平等推進プラザ」「きょういく館」・・・等々の名称から
「プロの市民団体」の匂いが感じられる、
けしからん場所なんですが、まぁそれはおいといて。
1・2階の殆どを占めているのが「中央図書館」
この施設のある意味「目玉」なんですが、ここがまた。。。

「平和書籍コーナー」があるのはご愛敬、として、
蔵書数が中途半端。車椅子の利用を想定しているだろうけど、
無用に空間が広く、かえって落ち着かない。
どっかのバカ「空間プロデューサー」を使うとこうなるんだよ?!
と、このあたりまで苦笑混じりに呆れていたのですが、

閲覧席が15席しかない!

というのに気づいた時には愕然としました。
あのデカイ「中央」図書館に、たったの15席?!
しかも、よくよく見てみると電源がない。
子供の煩い家から離れ、静かな図書館で
調べモノでもしながら書類を作成しようにも、
ノートパソコンが使えない。
内部電源なんてせいぜい1時間しか保たないし。
まぁ役人にはそういう使い方がある、なんて発想すらないんだろうけど。
今どきの学生だってレポートに使うだろうに?
一体、図書館をなんだと思っているのだろうか?
どういう使い方をしてもらいたいんだろうか?、と。

他にも
エレベーターが一基しかないとか、
ツッコミどころ満載なんで、今度議員に会ったら
問いつめてやりたい。真面目なハナシ。

スイマセン、長くて。
ツッこみは勘弁してください>初代さん(笑

高校教科書検定  -投稿者:GOAL  2002-04-10 13:36:10

高校の教科書検定で、
昨年の中学校教科書の時の、
韓国からの修正要求を一部受け入れたような形になったみたいですね。(李氏朝
鮮の記述等)

みなさん、もう興味はうすれてしまいましたでしょうか?
でも大事な問題なので気に留めといた方がいいかと思います。

あれ?  -投稿者:SOGA  2002-04-10 17:59:29

イヴの末裔さん、ありがとうございます。なんだかフォローしてもらってし
まって・・・
(毎度フォローされているような気もしますが・・・)
Y・Sさんの言っていることは正論でしたから問題ないですよ!(問題なのは私の文
章表現力)

夫婦別姓制度の話題ですが、もし万が一、全てにおいて別姓になってしまったら、
家族って言葉なくなるんですかねぇ?それは寂しい(悲しい)気がします。
1つの家族であるのだから、1つの姓なのは正常なことだと思いますし、
仕事柄どうしても姓を変えると困る人については、
ミドルネーム(宗教とは意味が違う)を使用すればいいと思うのですが。
ちなみに、論文書いている人はこうしていますよ。(EX.Suzuki-Sato-Hanako)

そろそろワールドカップ(WCup)が近くなってきましたが、フーリガンよりも心配
なことがあります。
韓国人(だけじゃない?)ビザ無し入国です。全てが悪人扱いするのは問題ありま
すが、
WCup目的で無い人もこれに便乗してたくさん入国するんでしょうね。
WCupが終了してからがちょっと怖い・・・(どれだけの人が不法滞在するんだろう?)
GOALさんが前に不審船について書いていましたが、それに近い(?)事が身の回り
に起きたら・・・怖っ。

教科書問題も靖国問題もWCupが終了したら、途端に湧き上がってくるんでしょう
ね・・・溜息。

教科書  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-04-10 20:29:25

去年よりある意味ヒドイ状況かもしれないですね。
しかも歴史教科書だけでなく、理系の教科書もひどくなってるらしいですね。こ
れは韓国中国がどうのこうのという問題よりもっと危機的状況かもしれないです
ね。

私も  -投稿者:イヴの末裔  2002-04-10 20:41:57

日本語いい加減でごめんなさい。
守りに弱かったデス。夫婦別姓のところで「どうでもいい」
と言ったのは、「今、争議慌ててすることであろうか」と
いう意味合いだったのです。元々社民の方が言われ始めたの
でしたっけ?いあつまさんの情報を聞いて、驚愕いたしました。
先に、経済問題をやった方が…(担当者が違うのですか?)
それと、もう一つ気になりまして杞憂ですけど訂正をば。
田原総一郎さんですが、私は、首傾げたりしつつ時折
発言を耳にしております。

あぁ、(歴史)教育  -投稿者:イヴの末裔  2002-04-10 22:36:08

W杯、本当に盛り上がっている人と、あるいは盛り上がる面と
厄介なものを背負い込んでしまった…こういう複雑な思いで
見ている人が日本には多いのだと思うのですが(しかし、頑張
っている自治体の為にも国は対策シッカリ立てないと、ですね。
トホホ、って感じですね)半島の方はどんな感じなんでしょう?
この間、NHKテレビで韓国のガキっぽい若者が「まずは謝れよ!」
と叫んでいましたが、ほんと〜に、渡部さんではないけどウンザリ、
あれにはムカツキ(笑)ますね。また日本人のゲストが”弱腰”と
言いますかあまり”日本代表”という感じでもなく(ちらっと観た私
の目には)、どうしてもっとちゃんとした大人の方を選ばれないので
しょう?ここの皆さんに代わりに出て欲しかった!
あちらの教育カリキュラムって(歴史以外でも)一体どういう感じに
なっているのでしょうか?台湾なんかは歴史などもふまえて親日
なのに、しかし、それ以上に怖いのは危機感や歴史についての関心、
諸外国による様々な「攻撃」によっても自然な愛国心をあまり感
じない歴史をまともに習っていない日教組世代の日本人(私達)なの
かもしれないですね?しかも、今、最初のゆとり教育世代が丁度高校、大学生に
なり出したようで(おそらく)、高校教師してる友達の話を
聞いてると笑えませんよ。

補足!!!  -投稿者:イヴの末裔  2002-04-10 22:53:23

ちょっと、今もう一度自分の書いた文章を読んでいて
変でした!!SOGAさんの”!”が目に見えて気付いた。
前々投稿中の「若い人が理想的で…エネルギーがあるんで
しょうね」の”若い人”というのは”私”のことです。
Y・Sさんの年代は知りませんし。私のことです。
自戒して言っていたのであって、Y・Sさんではありませんので!
半分寝に入っていて申し訳ありません。半分自分のことを
書いていたのです!SOGAさんもさぞ驚かれたでしょう。
昨日は寝ぼけてました。今日はぴんぴんしてますが。
連続投稿でごめんなさい。

私も  -投稿者:Y・S  2002-04-10 23:50:32

高校の教科書の件は新聞で知りました。
うちは産経と毎日の2紙を取っているのですが、
その論調が全然違うので、なんとなく分かって
いたのですがあらためて驚きました。
毎日の記事は、なんだか「これでようやくまともな
教科書になりました」という印象しか受けないです。

>イヴの末裔さん
私も”若い人”です(笑)多分同じ世代くらいだと
思います。そういえば自分の年代のことなど
書いたことなかったです。
MKさんも書いてましたが、やっぱり文が長くて
読みづらいです。読みづらいとその文で言いたいことも
伝わりづらいですからね。長文になるのでしたら
例えばダーヴェルさんの投稿のようにある程度段落
分けしたら、それだけでも大分読みやすくなると
思いますよ。

ほっとほっと  -投稿者:イヴの末裔  2002-04-11 00:15:07

Y・Sさん
よかった〜。昨日へろへろ半分寝ながら何だか「レス」(相槌と言
いますか)をしとかなくてはという気が勝手にしていて、でも、婉
曲的に書きたい気がして(なぜか(笑))、であんな文になったので
した。こういう掲示板って書きにくいですね。会話しながらパソコ
ン、テレビ聞きながらパソコンは控えよう。今日のもミスだらけで
したし。名前連呼して申し訳ない限りです。
   *********************
夫婦別姓”導入”はどうなるのでしょうか。国民の意識はどうなの
でしょうか。有事法制にしてもメディア論にしても、自衛隊派遣に
しても議論がオープンにされてないのが海外の識者などから
指摘されてましたが・・・。では。

\(^▽^)/ 阪神連勝!  -投稿者:MK(初代)  2002-04-11 09:19:06

こっちにも書き込んでおきます。隣りの「ふぁーらむ」も見てください。

夫婦別姓はよくないですよ。
半島では、女性の地位が低いために名前もなかった、結婚しても名前が変わらな
いのは、
結婚しただけでは男性側の家に入れてもらえないためらしいです。
それを真似してどうするのでしょう。

子供の数が減って家を継ぐ人がいなくて困る、長男長女ばかりで結婚するときの
支障になる
というなら、私や私の友達はもっと柔軟に対応していますよ。
結婚してから、女性側に名前が変わった人もいるし、家を継がせる為にたくさん
子供を生んで
孫の代で母方に名前を変えたり、いろいろです。それに、戦前は長男のみが家督
を継ぎ、次男
以下は家来と一緒だったため、今よりももっとたくさんの養子があったようです。

法務省かどこかは知りませんが、もっと日本の歴史を勉強してほしいですね。
何も知らない反日日本人ばかり目立ってうんざりです。それに、今回の検定教科
書もうっそー!
という内容ありますね。文部省も歴史を知らないなんて信じられません。

では、また。

いつの間にか私は反体制?  -投稿者:いあつま  2002-04-12 00:44:41

高校教科書の検定は、みなさんご指摘のように本当に酷いものですね。
「李氏朝鮮」の呼称の修正問題だけではなく「南京大虐殺40万人
説」も検定を通過したとのこと。「従軍慰安婦」という表現も残って
いるらしい。

「旧日本軍の残虐性」は、中国国民党等の宣伝工作等が産み出した
虚構の可能性が高い、という趣旨の十分に信憑性のあるいろいろな
主張がされているにもかかわらず、根拠の希薄な「南京大虐殺40
万人説」を新たに検定通過させる文部科学省の検定姿勢は、いった
いどこの国の役所なのか、全く信じられない思いです。

「大学では過激な学生運動をしていて、権力を倒すには暴力が必要
であると考え、デモもした。しかし、本当に世の中を変えるには内
部に入ってやらねばと、公務員になりました。自分のことを思い出
しても、学校に反抗する生徒の気持ちは分かる気がします」(毎日
新聞、平成13年8月20日付)

まるで新左翼ないし新左翼シンパの思想を語っているかのごとくの
印象を与える人物は、現在の文部科学省官僚の頂点に立つ、小野元
之文部科学省事務次官です。そしてこの人の部下に、広島県の教育
長として、子供中心主義のイデオロギーを押し立てて、高校全入な
どの「ゆとり教育」を導入した結果、広島県は非行少年の補導状況
が全国ワースト・ワンになってしまった等々の批判を受けながらも
、大臣官房審議官に栄転して本省に戻ってきた、あの有名(?)な
寺脇研氏がいます。

日本の国家権力の中枢には、新左翼思想の持ち主が入り込んでいる、
といわれています。

隣の「ふぉーらむ」に、「夫婦別姓導入反対の緊急決起集会」に参加
したときの印象等を投稿しています。上記に通底する問題をはらんで
いると思われますので、興味がある方はご覧になって下さい。

パレスチナ問題が・・・  -投稿者:Y・S  2002-04-13 00:43:02

また大変なことになっている。あまりにも”悲しい”…
そこで思考停止はしたくないですけどこの感情は
どうしようもない。

アメリカは相変わらずイスラエルよりでまったく話に
ならない。その姿勢を変えない限りパウエルが行っても
パレスチナ人の怒りにますます火に油をそそぐ形でしか
ないが、アメリカはイスラエルと同じ理屈でアフガニスタン
を攻撃してたから、自分らの攻撃が正当化出来なくなるのを
恐れて強くは決して言わないだろうし。

この間の党首討論でこのことを言っていたのは
小沢一郎だけだった。しかし首相は相変わらず
聞かれたことにまともに答えずに「憂慮している」
「双方の自粛を促して話し合いを…」と
これ以上書くのがばかばかしいくらいの抽象論しか
言わないし。

パレスチナ問題  -投稿者:管理人  2002-04-13 23:49:55

今日の読売夕刊によれば、「アナン事務総長が中東に多国籍軍の派遣
を国連に要請した」とのこと。

ISSUEのページに、クリントン大統領(当時)に宛てた井沢の書
簡を掲載し続けてありますが、みなさんのお目にとまりましたでしょ
うか。

「国土を守るためなら戦うが、ヨルダン河西岸の入植を既成事実化す
るための徴兵には応じたくない」と拒否しているイスラエルの予備役
兵の若者に、かすかな希望をみます。

パレスチナ問題にくらべると  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-04-14 00:49:24

低俗な話題かもしれませんが、社民党の原陽子議員が自分にも名義貸しの指南
の話しがきたとHPで公開したそうです。
普通自分の所属している団体の不利なことは話たがらないものだと思いますが。
まあ、この人は本当に純粋な人なんだなあとは思いました。(かといって個人的
に好きはまた別問題な話ですが)
こういう人はそれこそパレスチナ問題などの解決には何もできない人だなとも思
いました。

失礼しました。  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-04-14 00:51:52

(かといって個人的に好きかはまた別問題〜)でした。
本当に誤植ばかりして申し訳ありません。

今日は夕刊は見てませんでした  -投稿者:イヴの末裔  2002-04-14 02:16:34

アラファトは時代錯誤の化石のようですが、シャロンも
政治家として無策、無能だと思いますね。テレビを観ていると
本当に哀しくなりますね。井沢さんの書簡は登録した頃に読ませ
て頂きました(首相もこのくらい言えないと…とも思いつつ)。
テロを根絶する、テロをやめよ、との主張は正しいでしょうが
しかし、その彼方にアラブ諸国との平和条約締結という大目標
を掲げて、軍事、経済、外交あらゆる手段でその方向を模索
すべきです。しかし、兵役拒否をしたイスラエル兵は、確かに希
望、だと感じました。武力のみでは目的は達成できないでしょう。
パウエルさんは個人的に好きなのですが、今日すぐさま自爆テロ
が起こりましたね。泥沼化を止めるにはどうしたら…と極東の
地にてやきもきしてもどうしようもないのですが…。
サウジの王の案でしたか?イスラエルは、協定(契約)を結んだ
エジプトに領土を返還し、その後一度も戦火を交えていないと
思うのですが。
イスラエル人も以前はパレスチナ人と共同生活をしていたのです
から、不可能ではないはず。アラブとの共同生活実現に向けてパ
レスチナ独立国家を認めるなり何なりの方向へ向かうべきですね。

遣り過ぎだけけどシャロンは立派  -投稿者:ナベ  2002-04-18 20:36:26

 中東からパウエルさんは引き上げてしまい、まだ混乱した情勢は続くと思わ
れます。しかし、多くの方々の批判を覚悟したうえでの私の考えとしては、シャ
ロンさんは立派だと言わざるをえません。
 ユダヤ人が戦後かなり無理をして、英国にあの地への建国を認めさせて以来、
いつも潰される不安と物理的な圧力とも闘い抜いてきた国です。強い生存の意思
がないと消滅しかねない立場にあります。
 確かにパレスチナ人には気の毒な状況ですが、2000年以上続いた争い事に我々
日本人としては言う言葉を知りません。敢えて言わせていただくとすれば、皆さ
んのどちらかがこの地上から無くなるまでやりなさ
い、それが嫌なら妥協点を見出しなさい。と言うくらいのことです。

 翻って今の日本の状況を観ると、平和ボケした国民向けに、欠陥だらけの有事
法制を提示して揉めています。また人気のある国会議員のオバハンに正論も吐け
ず、ハレモノに触るような扱いをしています。
 また発砲して沈んだ船を引き上げるにも、隣国に気兼ねしています。

 私は今敢えて言いたい、日本にもシャロンさん出でよと。
 でも多くの国民はそれを許さないだろうなー。

でも、やはり遣り過ぎだと思うのです(笑)  -投稿者:イヴの末裔  2002-04-18 22:21:02

あそこは地球が消滅するまで戦争を続けるだろう、と苦笑しつつも
今回はイスラエル、ユダヤの歴史にお詳しい方々も心を痛められて
いるのではないでしょうか。シャロンは旧約の冷酷な司令官を思わ
せる、という感じに。山本七平さんなども生きておられたら、なん
とおっしゃってただろうと私も思っていたのですが。ただ、私が思
うのは、今回のやり方で、反イスラエルの声が親イスラエルの欧米
でも高まって来ました。これは、やはり政治家として、シャロンは
失敗だと思います。

私もあの民族の稀有な歴史と世界に与えた業績には非常に興味、敬意
を感じる者ですが。今のイスラエル以上にレベル高いものをあの民族
は持っているはずです。一方、私はアラブには敬意、感じません。ユ
ダヤは土地もない、無からはじめ、精神性を保持しつつも実力で皮
相な現世も動かした。一方、アラブ諸国はあれだけのオイルを持って
いながら、その社会は女性の私から見れば、住みたいとは、やはり思
いません(笑)。ですから私も、あのテロの時に、アラブの肩ばかり持
っている人々、変だと思いました。自分達で、実力で貧困から抜け出
る努力をしたのか?と。そういう社会システムを生み出したのか、と。

しかし、一番の問題点は、我らが日本の報道ではないでしょうか。
 ・なぜ欧米がイスラエルの支持をするのかを、国際政治の理念、
  力関係、あらゆる面から分析し掴んでいるか。
 ・日本国民としては中東情勢をどうみるべきか。
  アラブのオイルマネーとアメリカとの同盟関係、このどちらも
  なしに日本はやっていけない現状を把握した上で、敢えて、何が
  言えるのか。    
私も、今後の勉強課題と思っているのですが。

一般国民から見た「パレスチナ問題」  -投稿者:いあつま  2002-04-19 11:38:49

シャロンが、やり過ぎなのか、パレスチナ側の自爆テロが、やり過
ぎなのか、どちらがやり過ぎと映るかは、人それぞれであろうが、
少なくともイスラエル側が「自爆テロに屈したとみられるような譲
歩は、イスラエル国家存続の危機」と認識するであろうことは、想
像に難くない。従って、イスラエル国家の存続が可能な、何らかの
確固たる枠組みないし方向性がなければ、イスラエル側が、何らか
の「譲歩」をするという可能性はほとんどない、と考えられる。

一方パレスチナ側とすれば、というか、欧米から「テロリスト」と
認定されているパレスチナ過激派にとっても、自爆テロ以外の有効(?)
な手段を見出せる可能性はほとんどない、と考えられます。

「放っておく」ことが、この問題に対する一番誠意ある態度ではな
いのか?という主張を容認する以外に、説得力のある主張をいまだ見
出せないのが、現在の日本の状況であろう、と思われます。

深刻な話題からサッカー日本代表へごめん  -投稿者:GOAL  2002-04-19 13:03:28

コスタリカ戦で三都主が君が代を歌ってるのを見てシビレました。
さすが、自ら日本国籍を望むほどの人は一味違いますね。

ところで代表の選手が今回のワールドカップは、前回のフランス大会と比較して、
勝ち進んだ時に選手が受け取るボーナスもいいらしいですね。
旗の下でがんばって、結果を出すと見返りが。うーんうらやましい。
そのかわり負けたら日当1万円のみになったとか(笑

サッカー不案内の私の感想  -投稿者:ナベ  2002-04-19 16:08:41

 サッカー知らずのナベが言うのもなんですが、最近の日本チームは強くなり
ましたねー。以前岡田さんが監督やってた頃は、海外での試合で
選手達はボールが回ってくると、疫病神に触るようにオズオズとボールを送って
いたように見えました。それがトルシエさんになってからなんだか違ったチーム
になったみたいです。何が彼らをそうさせたのでしょうか?どなたか教えていた
だけませんか。
 
 しかしここで韓国よりも強くなると、韓国のマスコミがまた騒ぎだしますね。
なにしろ韓国は異常に日本に対し敵愾心があって、脇で見ていて気の毒に感じる
程です。唯一日本に勝つと思っているサッカーで負けると彼らも立つ瀬がないで
しょうから。
 日本は韓国以外の世界のチームには健闘して、韓国には負けるという塩梅が今
度のワールドカップ共催の成功の秘訣でしょうね。誰も賛成しないでしょうが。

日本の文化はオバハンがささえる?  -投稿者:MK(初代)  2002-04-19 16:30:24

 なはっ、うふっ!??(てへへ、思い出し笑いです)

 京都へ行って「オペラ座の怪人」を見てきました。(劇団四季のミュージカル
です)
切符を取るのが大変で、やっとです。いや〜〜!思っていたよりも、ずっとよ
かったです。
実は、劇団四季の地方講演、如何にも2軍がやっているというのが、続いていて
あんまり
期待していなかったのですが、初めて「オペラ座の怪人」を見たというせいもあ
ると思い
ますが、よかったです。構成がしっかりしていて、特に曲がよかった。ロンドン
で見てみたい。

 でも、京都では切符代(S席)が1万円位もするのに、もう来年まで講演延長
が決まっています。
日本のどこが不況なのでしょう。(いい席から売れてる!)

 きれいなきれいな京都駅ビルで「手塚治虫ワールド」なんかをちょっと覗いて
「リボンの騎士」の
グッズ見つけてよろこんで、「生八つ橋」の「おたべ」なんかをおみやげに、ご
きげんで帰って
まいりました。

 なはっ!なはっ!幸せすぎて、やばい?
(今の日本は、もしかしたら女の人の天国だ!)

いろいろ・・・  -投稿者:Y・S  2002-04-19 18:10:31

見方があるようですね。
確かに宗教戦争は両方正しいのであり
「放っておく」は正論である。しかしこの
パレスチナ問題がある限りアメリカの同盟国である
日本へのテロの脅威も決してなくならないのも事実である。
先のアメリカのテロも遠因にはこの問題がある。
自らも脅威に立たされているにもかかわらす、それを
分かっていてなお「放っておく」と言えるならそれは
大したものだ。私にはとてもそこまで言えない。

全世界でこの問題の解決に乗り出さないと
このまま放っておけば、紛争が悪化しイスラム世界に
反アメリカが広まり、サウジのような親アメリカ政策
を取っている国からも原理主義的な勢力がだんだん
大きくなったら、本当の意味でアメリカ、自由主義
陣(日本も含む)対イスラム、アラブ諸国という文明
の対決まで発展する危険性も大いにあると思う。

アラファト議長も気持ちは自爆テロを決行した
人々と同じだろう。きっとテロ非難の声明など
出したくなかったと思う。あれがギリギリ譲れる線
だったのだが、結局はそれをも棒に振ったアメリカ
には失望した。たとえ飼い犬になろうと、ただ
民族が生きていればいいと考える輩よりは
アラファトの方がよっぽど偉大だ。

自らのアイデンティティーを守るために戦争という
手段も使えず、最後の手段として自爆テロという
行為を行う人々には私は譲嬢酌量の余地が十分あると思う。
更に言えばイスラエルの攻撃もパレスチナ民間人を
巻き込んだ「テロ」である。そもそもイスラエルという
国自体がテロから生まれた国である。そしてそれに
アメリカが一方的に荷担したのも見逃せない。

公平な報道とは?  -投稿者:イヴの末裔  2002-04-19 22:25:36

劇団四季はまりますね〜。一時の恍惚。また観たいな。
さて、深刻な話題で申し訳ないのですが…。
日本の報道が偏っている気がどうしてもして、私は「アラブの石油
のせい?」と疑っていたのですが…。思うことを少し書かせてくだ
さい。

・国連難民救済機構によるパレスチナ難民の定義
「1948年の紛争以前に少なくとも二年間パレスチナに住んでいた者
 で紛争の結果、家及び生活の手段を失いUNRWAが救済事業を行って
 いるいずれかの国に避難したもの」とのこと。そこで思うこと。

・一体パレスチナ人とは何者か?彼らの苦境の責任はどこにあるのか?
 そもそもここに国家はなかったのだが、そうすると、イスラエルの
 占領とは何を指すのか。アラブ・テロ(ユダヤ苛め)の歴史はイギリ
 スの委任統治時代からである。そして、国連の分割案を拒否して
 戦争を選び、予想に反して自ら領土を狭めたのはアラブ諸国。
 その後も大国エジプトなどイスラエルへのアラブ諸国の攻撃は絶え  ず、あ
の国を今ある軍事国家にしたのはアラブである。イスラエル
 は志気と戦略で今のような国になってしまったが元はそうではなかっ た。か
の国の生存、かの国との共存を心底で認めないアラブがあの国 をそうしてし
まった。
・テロの定義をどうするか。ゲリラ戦もあったとはいえ正規軍と戦っ
 て国連から支持され建国した戦いと、民間人に対する無差別殺人に
 よって政治的譲歩を勝ち取ろうとする組織的テロを同じとみなして
 よいか。

テロとテロ対策についてちょっと  -投稿者:イヴの末裔  2002-04-19 22:28:21

(続きです)
・テロを行うには組織(資金、情報、テクニック、思想教育)がいる。
 アラファトの二枚舌とダブルスタンダードはアラブ諸国からも総スカ ンを
食っているが、この辺を日本はテロ対策の教訓としても、情報収 集できている
か。日本の資金援助がテロ支援に使われている可能性が ある。英知と誇りある
指導者としてアラファトは信用できない、と
 思うのですが。
・シャロンは外相に和平派のペレスを置いているとのこと。それに
 イスラエルはアラブ諸国(シリア、イラク、イラン、エジプトな
 ど)が出したユダヤ難民も無償で受け入れてきた。しかし、ク 
 リントンも妥協の末ようやく辿り着いたオスロ合意でイスラエル
 が自治区から撤退したのをいいことにやりたい放題のテロ基地作
 りをしたのはPイスラム過激派、インティファーダである。アラ
 ファトの真意は?

イヴの末裔さん,へ  -投稿者:Y・S  2002-04-20 20:24:35

あなたの議論は失礼ながら、相変わらずその
主旨が伝わってこない。
アラブを非難しイスラエル・アメリカよりの
スタンスをとっているのは分かるがそれだけだ。
立場不鮮明のレフリー議論はやめていただきたい。
具体的に言えばこのパレスチナ問題にどう
立ち向かうかが無いのである。
もちろん日本は何を言おうがとりあえずは自由だし
立場を明確にする義務もないがそれを抜きのいくら
何を言おうが不毛な議論に終わってしまうだろう。

今更過去にパレスチナ人が何をしたとか断罪したり、
アラファトは英雄か?シャロンは英雄か?などを
議論しても全く無意味だ。ただのアラブ批判に終始
しているあなたの論は、左翼が旧日本軍はひたすら
悪だったと言っているスタンスと同じである。
テロを定義することも同じで、もしそれをするとしたら
国連であり、国連は今や大国アメリカの機関の一部
と化した感があり、結局は大国の少数民族への弾圧、
虐殺を認めることになってしまうからだ。

Y・Sさんへ  -投稿者:イヴの末裔  2002-04-21 00:02:16

立場不鮮明のレフリー議論はやめていただきたい。
 中立の立場ではなくて、一つの色眼鏡をかけなければならない
 ということならそうします。

具体的に言えばこのパレスチナ問題にどう
立ち向かうかが無いのである。 もちろん日本は何を言おうがとり
あえずは自由だし 立場を明確にする義務もないがそれを抜きのいく
ら 何を言おうが不毛な議論に終わってしまうだろう。
 中立の立場以外に和平交渉を望む建設的な立場はありえないと
 思います。アメリカがイスラエルに圧力をかけるのと同様
 アラブ諸国はアラブの同胞に圧力をかけねばなりません。

今更過去にパレスチナ人が何をしたとか断罪したり、
 断罪などしていません。歴史を知ることなしに双方真の意味で誠実
 な対話の席に着くことはできないと思います。イスラム教徒でも
 ないユダヤ、キリスト教徒でもない最も中立な立場を取りやすい
 日本にあまり正確に中東の情報が入ってこず、弱者、被害者=パレ
 スチナ難民の窮状VS強者、侵略者=イスラエルの武力攻撃という
 図式が目立っていた気がしましたので、違うシナリオ、というか
 見方を少し書いてみただけです。勿論、私の見解として。

続き  -投稿者:イヴの末裔  2002-04-21 00:03:36

アラファトは英雄か?シャロンは英雄か?などを
議論しても全く無意味だ。
 私はアラファトもシャロンも英雄化などしていません。むしろ、
 双方最も和平交渉に携わるには”不適格な”疑心暗鬼の極右的
 リーダーだと思っています。しかし、市民が支持しているから
 そこは仕方ないのでは。寧ろ私は市民の和平を希求する声に期待し
 ています。エルサレムからのレポートを読んでいますと、にっこ
 りと笑って生活をすることがテロと闘うことだとあり。政治家の
 方が恐怖と疑心暗鬼でまるで鏡に映った自分の姿に向かって相手
 を非難する度合いが高いのかもしれません。

ただのアラブ批判に終始 しているあなたの論は、左翼が旧
日本軍はひたすら 悪だったと言っているスタンスと同じである。
 これについては中立の立場で敢えて違うことを書いただけだと
 上で述べました。

テロを定義することも同じで、もしそれをするとしたら
国連であり、国連は今や大国アメリカの機関の一部
と化した感があり、
 私は定義などする気はなかったのですが、先のY・Sさんの
 投稿でテロという言葉が何度もあり、イスラエル建国がテロ
 だと断定してありましたのでそれは曖昧なテロという言葉の使
 い方だと思っただけです。

結局は大国の少数民族への弾圧、 虐殺を認めることになってし
まうからだ。
 これに関しては、真剣に向き合っていかねばなりませんね。

↓わかってもらえなかったようですね  -投稿者:Y・S  2002-04-21 02:55:24

>中立の立場ではなくて、一つの色眼鏡をかけなければならない
>ということならそうします。
少なくとも今までのあなたの議論からは「中立の立場」
は伝わってこないです。いあつまさんやナベさんがそう
言うなら分かるが、アラブ批判を丸投げしたような
そのスタンスはあくまで神の座から見おろした無責任
な発言に留まってます。私もイスラエル批判、アラブ批判
だけやればいいのであればいくらでも探せます。しかし
そんなことをしても水掛け論になるだけです。
もし「中立の立場」だったら先のいあつまさんや
ナベさんの論と自分のをどこが違うのか比べてみてください。
何故私が「立場不鮮明のレフリー議論」と言ったか、
分かると思います。


>中立の立場以外に和平交渉を望む建設的な立場はありえないと
>思います。アメリカがイスラエルに圧力をかけるのと同様
>アラブ諸国はアラブの同胞に圧力をかけねばなりません。
私がなぜ「中立の立場」がおかしいと思うかというと
そんな立場で和平交渉に望むなど絶対できっこない
からである。それは一神教の人々の話し合いには妥協が
ないからだ。日本的な和の発想など彼らには通じない。
第一クリントンがそれらしきことやって失敗したではないか。

アメリカがイスラエルよりの政策を辞め、アラブ諸国の
反米感情の元を取り除けば解決の余地はある。
サウジから米軍を撤退させ、グローバリズムという名で
アメリカの価値観が全世界共通の価値観だなどという
エゴ丸出しの自国中心主義が同時テロやパレスチナ人
自爆テロの遠因であるとアメリカに分からせてやる
必要がある。しかし先のオリンピックを見ても
アメリカの傲慢が十分垣間見える。ぜひとも
石原慎太郎にアメリカにがつんと言ってもらいたいものだ。

それにアメリカはイスラエルに圧力などかけてない。
パレスチナ占領はあくまでイスラエルの意志であり
アメリカがそれを後ろ盾しているのが現状だ。
シャロンのように、アラファトを追放しパレスチナ人を
あの地から追い出そうと考えているイスラエル人は
残念ながら少なくない。

↓わかってもらえなかったようですね2  -投稿者:Y・S  2002-04-21 03:21:11

>断罪などしていません。
・アラブ・テロ(ユダヤ苛め)の歴史はイギリ
 スの委任統治時代からである。そして、国連の分割案を
 拒否して 戦争を選び、予想に反して自ら領土を狭めた
 のはアラブ諸国。 その後も大国エジプトなどイスラエル
 へのアラブ諸国の攻撃は絶えず、あの国を今ある軍事国家
 にしたのはアラブである。

・かの国の生存、かの国との共存を心底で
 認めないアラブがあの国をそうしてしまった。

・アラファトの二枚舌とダブルスタンダードは
 アラブ諸国からも総スカンを食っているが、この辺を
 日本はテロ対策の教訓としても、情報収集できているか。
 日本の資金援助がテロ支援に使われている可能性がある。
 英知と誇りある指導者としてアラファトは信用できない、

・クリントンも妥協の末ようやく辿り着いたオスロ合意で
 イスラエル が自治区から撤退したのをいいことにやりたい
 放題のテロ基地作りをしたのはPイスラム過激派、
 インティファーダである。アラファトの真意は?

これらを挙げて「だからこうだ」という立場を示すなら
まだ分かるが、ただとりあげているだけなのです。
それは左翼が「旧日本軍がこんな悪いことをしたぞ」と
言っているのとなんら変わりはありません。違いますか?
こういうのは結局神の座から断罪しているのと同じことであり、
こういうのを「立場不鮮明のレフリー議論」だと言ったのです。
分かりますか?

↓わかってもらえなかったようですね3  -投稿者:Y・S  2002-04-21 03:39:06

>私はアラファトもシャロンも英雄化などしていません
これは別にイヴの末裔さんがシャロンやアラファトを
英雄化したという意味で言ったのではありません。
先ほどの断罪の一例として「例えばこういうこと」
というのを続けただけです。
私の発言で「アラファトは英雄か?シャロンは英雄か?などを〜」
の通り「などを」と書いています。普通に読めば分かって
もらえると思いましたが、w私もいささか不明瞭でした。
すみませんでした。

とにかく私があなたに一番言いたいのは「2」のことであり
これがイヴの末裔さんと他の方との決定的な違いです。
ハッキリ言って嫌悪感すら感じます。
立場が違うのは議論になりますが、その「立場」
がないのでは議論になりません。得にこういう
デリケートな問題での発言ではなおさらです。
それを分かっていただきたいです。

Y・Sさんへ  -投稿者:イヴの末裔  2002-04-21 11:30:36

もし「中立の立場」だったら先のいあつまさんや
ナベさんの論と自分のをどこが違うのか比べてみてください。
何故私が「立場不鮮明のレフリー議論」と言ったか、
分かると思います。
なるほど。はっきりとそれを先に言え、ってことですね。
 私はいあつまさんの投稿を読んで「あ、まとめて下さったな」
 と思いました。それを別に繰り返して書かなかっただけですが。
 その後Y・Sさんの投稿の論調が目に入り、これ書くと、またこの
 場が感情も含めた議論になると思ったからです。Y・Sさんは
 脱アメリカ国際外交の具体的、現実的方法をお隣で議論なさって
 下さい。アメリカに望むことをここで書くだけなら誰にでもでき
 ます。またその同志が増えなかったとしても、Y・Sさんの意見が
 唯一絶対の答えではありませんのでここで別の人をこけ下ろすのは
 おかしいのでは。別にいくらでも政治的行動をおこせる場はあると
 思います。それに「読みたくないなら読まなければよいのでは」と
 思い、私は自分の塩加減で投稿していただけですが。何も議論
 吹っかける積りはなく、しかし、いい加減な言葉や情報を押し付け
 るのはやめた方がいいのでは?と思っただけです。イスラエル国家
 の正当性を無にするような。
 ここでこんな微妙な(外交はアメリカとの外交も含めて押したり引い たりの
駆け引きでは。一神教の国も双方が相当妥協し痛まないと和
 平交渉は無理では。そもそも首都の分割だけでも相当譲り合わない
 と無理でしょう。それができないならナベさんの意見と私は全く同
 意見です。これも繰り返し同じ言葉で書かなかったのみです)こと
 を全て押さえて書くことはできません。

Y・Sさんへ2  -投稿者:イヴの末裔  2002-04-21 11:32:08

 私は最初の投稿で双方のリーダーを批判した上で「パレスチナ独立
 国家」を作る方向を模索しないとと書きました。実際地道にこの
 プランを練っている人々もいるでしょうし、草の根の運動も起こっ  ている
ようです。これに対しては今後自分も援助などできれば
 したいなと思います。これはかなりパレスチナよりの意見です。
 しかし、それには国際社会がイスラエルがアラブの大海の中で共存
 できる法的枠組みをシッカリつくり、混乱、痛みが収まるまで中立
 な国連などの機関が監視する機構を作らなければ不可能だと思いま  す。あ
とはパレスチナ人に民族の失われた誇りを取り戻して欲しい
 と祈るのみです。クリントンとバラクの提案を蹴ったアラブに私は
 失望していました。失敗を踏まえてより現実的な方法を探すしかな
 いと思います。日本の私としては政治的にはこの程度です。

ちょっとだけ  -投稿者:Y・S  2002-04-21 18:33:19


>脱アメリカ国際外交の具体的、
 現実的方法をお隣で議論なさって下さい。
そんな方法があればとっくに誰かが考えています。
それにそこまで考えるのは「政治」の役目であり
「政治」をやるのは政治家の仕事です。
しかし今の政治家は「思想」を抜きに「政治」をやっています。
だから中国の言いなりで教科書を書いたり、アメリカの
善悪二元論になんの苦渋なく同調する。
我々は「思想」を語るしかないのです。

無駄でしたか・・・  -投稿者:Y・S  2002-04-21 18:35:52

いくらキツイ言葉で言ったとはいえ
あれをこけ下ろしと捉えているんじゃ
もう何も言うことはないですね。
インターネットというメディアの匿名性を
利用して(あなたにその意志があってもなくても)
己の立場も明確にせず、ただ批判を垂れ流すという
スタンスのことを言ったのです。別にあなたの主張が
私と違うからとかアラブ批判をするなとか、そういった
理由で言ったのではありません。
何度言えばわかってもらえますか?
現在掲示板のモラルは個人の良識にたよるしか
ありませんが、ここでは幸いなことにモラルが守られています。
だからこそあなたが取った上記のようなスタンスはここでは
ふさわしくないからやめてくれと言ったのです。
もう私はこの点については一切反論しません。
ご自由にお書きください。

私も最後にチョットだけ  -投稿者:イヴの末裔  2002-04-21 20:45:40

「こきおろし」について(笑)
私は自分がこき下ろされたなんて思ってませんでしたよ。
でも、いあつまさんの投稿のある文章に対してか、
きつい言葉で感情的なことを仰ってたのがたまたま
目に入りましたので、それでちょっと余計なことを
書いてしまいました。すみません。それと、「立場」という
のは議論をする際は、プロとコンを敢えて入れ替えてする方法
などあるように、別の見方からみるというのも大事なこと
です。しかし、ここでは、それはいけないことでしょうが、
私は、立場を超えて、同じ目的(和平)を共有する議論をこの
失われた十年のパレスチナ問題ではするつもりでした。
もう立場を主張する議論に疲れていたのもありまして(笑)。
実際に、他のグループとこれをやっていまして、そこでのス
タンスと同じことをこのネットでもしてしまいましたが、そ
れはここではまだ早かったようです。
しかし、私は決して批判などするつもりはないのですけど。
歴史的事実を述べはしましたけどそれはアラブ批判をする
つもりで言ったのではなく、ただ、アラファト議長をやや
立派に書いておられる気がしましたので、アラブテロの根の深さ
なども少し書いておきたかったのみです。余計なお世話でした。
立場を超えた目標を持つことと、都合のいい意見のみ並べて立場を
明確に作りあげることと、これのどちらがベターなのか私には分か
りませんし、中・韓との外交と、中東へのスタンスはこれは具体的
には私は違うと思うのでうすが、しかし、Y・Sさんもどうぞ自分の
ご判断に従って、自由に好きな政治の話をされてください。私はこ
れで他の方の為にもこれで失礼致します。井沢さんも、申し訳あり
ませんでした。

徳川家康と武田信玄  -投稿者:MK(初代)  2002-04-21 21:32:22

 この前のNHKの「その時・・・」の徳川家康のもよかったですね。
家康の関が原の勝利の要素の一つに、武田軍団の研究があったというのは知りま
せんでした。
武田信玄に関してはファンも多いから、ご存知の人も多いのでしょうか。

NHKの「その時歴史は動いた」のHPより
“ 戦国時代、東海の小大名だった徳川家康に、北東から迫りくる強大な敵がい
た。甲斐の武田信玄だ。
風林火山の旗をなびかせ、無敵の騎馬軍団を操る名将である。

家康の言葉
 『近史余談』などより引用。口語訳をしました。
「信玄のような武勇の大将は、古今まれである。
  自分は若い頃から、彼を見習いたいと思うことが多かった。
  信玄こそ、われらにとって武略の師であるといってよい。
  隣国に強敵があるのは、幸いである。
  なぜならこちらは油断、怠りなく励み、
  またかりそめの仕置きにも心を遣うゆえに 政治も正しくなり、家も整う。
  もし隣国に強敵がなかったら、味方は武力のたしなみ薄く、
  上下ともに己を高く思って、恥じ恐れる心を持たぬため、
  だんだん弱くなるものである。
  信玄のような敵将の死を、 味方が喜ぶ理(ことわり)はない」“

では、また。
(NHKの解説者の先生もたいへんみたいですが、、、)

その後の議論の展開を見て・・・  -投稿者:いあつま  2002-04-21 22:58:01

その後いろいろな議論の展開があったようですね。Y・Sさんの主
張は、ほぼ「小林よしのり氏」の受け売りのような印象があります
が、同時に、Y・Sさん自身が充分に考え抜いた主張にも見えます。
いずれにしろ、独善的な面は否めないような気がしますが・・・

日本も間違う、ドイツも間違う、イタリアも間違う、アメリカも間
違う、イギリスも間違う、フランスも間違う、中国も間違う、ロシ
ア(ソ連)も間違う、その他の国々も多かれ少なかれ間違ったこと
をした歴史はあるはずで、「無謬国家」など、過去にも現在にも地球
上に現れたことなどはない、と思われます。

人間もまた「間違い」から完全には自由になれず、不完全ながらも
「間違わないように努力」しようと、自らの言動を決定する思考回
路は極力理性的な部分だけを機能させて、つまり、感情的な部分を
排除しようと努めるが、理性といえども、同情、共感、好感、反感、
嫌悪感、違和感等々の感情の影響から完全に自由ではありえない、
と思われます。自己の主張でさえ、自己で疑ってみる必要がある、
ということです。なかなか、難しいものがありますが・・・

従って、自己の感情の影響がほとんどない自分以外の第三者の意見・
評価を常に念頭に置き、その第三者の意見・評価に耳を傾ける、そ
ういう姿勢を常に維持しながら自己の主張を展開する、というバラ
ンスの取れた思考方法こそが、結果的に独善的な主張に陥らない唯一
の方法であろう、と思われます。

そういう視点からいえば、イヴの末裔さんやナベさんの主張はバラ
ンスが取れている、というかイヴの末裔さんの主張は、この件に限
らず、投稿当初に比較すると、かなりバランスが取れてきた(?)
という印象を第三者に与えますが、Y・Sさんの主張は、やや独善的な
印象を第三者に与える、と思われます。

といって、Y・Sさんから受ける誠実な印象は当初から特に変わった、
というわけではありませんが・・・。

同時テロ以後の、小林よしのり氏の自己主張の展開方法の姿勢で最
も目立った姿勢が、憎米感情とでもいうべき「反米感情」と、この
第三者の意見・評価に耳を傾けない独善的で頑な姿勢ではなかったの
か、自分のことも含めて、人間社会の難しさというか、いろいろ考え
させられますが・・・。

いあつまさんへ  -投稿者:Y・S  2002-04-22 23:53:31

冷静なご意見ありがとうございます。
「独善的」という意見、またはそれと同じような
意見はいつかは出るだろうと思ってました。
しかし少なくともいあつまさんが私を相手にして
くださったことが分かったので、それだけでも
嬉しく思います。

しかし実際あのように思ってしまったので
感性のおもむくままストレートに言いました。
私は第三者の意見、評価を最初から気にして、
バランスを取りながら思想を語るよりも、
自分の感性で思ったことをストレートに述べる
スタンスを取りたいです。そしてその感性に
誰かが賛同なりしてくれればそれは
素晴らしいことだと思います。
もちろん総スカンを食う覚悟もしてます。

「小林よしのり氏の受け売りのような印象」は
私にとっては誉め言葉です(笑)
SAPIOは読んでないですけど、
「新ゴー宣1〜10巻」も「戦争論1.2」も
とても好きですから。影響はどの言論人よりも大です。

Y・Sさんへ  -投稿者:いあつま  2002-04-23 14:15:36

誠意のあるレスをありがとうございます。おっしゃりたいことはよ
くわかりました。

ただ、私が「第三者の意見・評価に耳を傾ける」と述べた、その「第
三者の意見・評価に耳を傾ける」の対象となる行為に含まれる内容は、
Y・Sさんが考えていると推測される狭義(?)の内容よりも、もう少し
広義なものを考えて、意見を述べたつもりです。

Y・Sさんは「第三者の意見、評価を最初から気にして、バランスを
取りながら思想を語るよりも、自分の感性で思ったことをストレート
に述べるスタンスを取りたい」と記述されています。この記述の主旨
それ自体には私も異論はありませんが、その「自分の感性」を培う上
での基礎的前提になるであろう事実認識に関して、誤解・錯覚・思い
込み等々を排除するためには、第三者の意見・評価に耳を傾ける必
要があろう、事実認識に関して第三者の意見・評価に耳を傾けた後の、
いわばバランスの取れた事実認識に基づいて自己の主張を展開する
必要があるでしょう、と私は述べたかったわけです。

「誤解・錯覚・思い込み等々による事実認識を基礎的前提として培
われた感性」、そのような感性に基づく主張(思想を語る)は、必
然的に独善主義に陥ってしまう、少なくとも陥る危険性はあるでし
ょう、といっているのです。誤解・錯覚・思い込み等々は、同情、
共感、好感、反感、嫌悪感、違和感等々の感情の影響により発生
する、というか、そのような感情が原因の一つではないのか、と
思われますが・・・。

更にいえば、「第三者の意見、評価を最初から気にして、バランス
を取りながら表明したもの」それは、他者の主張の全部あるいは
一部に迎合しただけの意見、他者の主張を補強するだけの意見にす
ぎず、一般的には「思想」とは呼ばない、と思われます。

私が述べたかったことは以上のとおりですが、私の文章を読んで、
Y・Sさんのような反応になってしまうのは、私の文章の拙さが原
因と思われますので、これからはもう少しわかりやすく記述する
つもりですので、よろしくお願いします。

「男女共同参画社会」って、何?  -投稿者:MK(初代)  2002-04-23 21:15:43

「男女共同参画社会の観点から、配偶者控除のみならず、配偶者特別控除も、
見直しを行うべきではないか」という意見が、財務省に出されています。

「男女共同参画社会の観点から」
というのは、本当に胡散くさい観点ですね。
サヨクがまた、変なの出してきた!って、感じです。

一見、いいことを言っているようで、その実
「日本の豊かな社会を嫌い、家庭の崩壊を願う」みたいな、たちが悪い意図を感
じます。

みなさん、どう思われますか。

出世を志すあなたへ  -投稿者:メタロチオネイン  2002-04-24 01:13:18

 世の中は 左様しからば ごもっとも 
  そうでござるか しかと存ぜぬ
  
このページをご覧の厚生労働省の皆様へ
抗てんかん薬「アレビアチン」の倍散と細粒の取り違えは、
よく知られる事故ですね。
同剤が関係する事故件数は、平成10年から今年3月末までに
10件にものぼるときいています。

このようなインシデントは現場ではたくさんあります。
防止のために事例を集めようとしても
なかなか集まらない。
 「給料に響くのでは・・・」
 「陰湿ないじめ、仕返しが怖い・・・」

「あなたのその考えはいかがなものか?」
などと上司に囁かれ、家で待つ家族の顔がよぎった時、
医療者の魂を売り渡した、「あんた、これをみているあなた!」
そんなに、出世したいですか?

一つの技術が、「悪意」と「善意」で、「毒」にも「薬」にも成りうる科学技
術。 

というわけで、久しぶりにおじゃましました。
いつ訪ねても、心ときめく時間です。皆様、よろしく。

Y・Sさんへ  -投稿者:ナベ  2002-04-24 21:12:15

 人間は感情の生き物です。誰でも理性だけで生きていけるものではないと思
います。ですから自分の感情、感覚を大事にして生きていってください。それが
社会に実害を与えなければそれで好いと思います。 私もそうなんですよ。相手
がどんなに好い人でも、食事中肘を付いたり、クチャクチャ音をたてて食う人と
は付合いたくないです。

 話は変わりますが、今日発売の「SAPIO」是非読んでみてください。小林
さんのゴー宣「文明の内なる野蛮とは何か?」は面白く読みました。
 実は私の母と同じ事を言っているのに気がついたのです。
 私の母は日本が戦争に負け、米軍が入って来て、その実体を見て、日本は戦争
には負けたけれども、アメリカは日本ほど文明国ではないと思ったそうです。戦
前、戦中、戦後に日本に対してアメリカがしたこと、戦後7年も掛けてした占領政
策の数々、明治天皇昭和天皇の誕生日を選んで、戦犯の死刑執行をしたり、占領
政策の行事をやる、それは騎士道(武士道)のカケラもないと言います。それは
チャントした文明国のやることではなかったと言います。
 
 小林よしのりもまた近現代史を調べれば調べる程、アメリカの傲慢さが許せな
いと強烈な嫌米思想に懲り固まっていきます。
 私の考えとしては、アメリカの傲慢さを理解した上で、そのような国だと割り
切って付き合って行くしかないと思っています。そのことを解って付き合うのと
そうでないのとでは大きな違いが有ると思っています。  同じ小林ファンの私
としては時に賛同して膝を叩き、時にチョット違うんでねえのと、批判する冷静
さと自分を見失わないようにするのが肝要かと考えます。
 YSさんの今後の活躍をご期待します。

現在の私の心情をいえば  -投稿者:いあつま  2002-04-25 13:39:26

小林よしのり氏に関していえば、同時テロ以後の論調には共感でき
る部分は少ないですが、というか、「野蛮だ」「文明だ」と、したり
顔でいう資格(思想を語るのに資格など必要ないことは自明のこと
ではあるが、それでもあえて、そう問いたい!)が、そもそも小林よ
しのり氏にあるのか?、今回のゴー宣にしても、あまりにも西部氏
や長谷川三千子教授の影響を受けすぎていないのか、どうなのか?
と・・・、今の私は「小林よしのり氏」を深く疑っていますが、
Y・Sさん、ナベさんの主張には共感できるところも多いのでY・S
さんやナベさんの今後には、私も期待しています。

メタロチオネインさん、お久しぶりです。相変わらず忙しそうです
が、いつでも結構ですから、「士業の巨悪?」を「ふぉーらむ」に
投稿していただければと思っていますが、いかがでしょうか?

産経新聞によれば、超党派の歴史教科書議連、北朝鮮拉致議連等々
の保守系の議連の大同団結が進んでいるようですね。東京裁判史観
や階級闘争史観、そのようなイデオロギーの呪縛から完全に解放さ
れた立場から、日本の過去も肯定的に評価しながら、日本の現況を
憂いつつ、日本の未来も明るく描けるような政治勢力、いわば「親
日勢力」の大同団結を、そしてそれが、石原新党結成運動と連動し
ていれば、なお一層喜ばしいと、私の個人的な心情をいえば、そう
なりますが、これから一体どうなっていくのでしょうか?

いろいろ(便利な表題です)  -投稿者:Y・S  2002-04-25 20:31:57

>いあつまさん
つまり事実認識に思いこみや誤解があると、独善的な
おかしな思想になると言いたいわけですね。
それには全く同感です。
しかしイヴの末裔さんとの議論では、思いこみや誤解が
影響するような議論はしていなかったつもりですが。
言論の姿勢についてのことでしたから…とくに今回の
パレスチナ問題のようなデリケートな事柄に、己の立場
も示さず批判を垂れ流すだけというのは、葬式の最中に
ギャグををいれられたようで不謹慎だと思い、だから
私は嫌悪感を持ったということです。
事実認識の思い込みうんぬんという議論はその後の
話ですね。こっちのほうがまだ次元の高い議論です。

さらに
>「第三者の意見、評価を最初から気にして、バランス
> を取りながら表明したもの」それは、他者の主張の全部あるいは
>一部に迎合しただけの意見、他者の主張を補強するだけの意見にす
>ぎず、一般的には「思想」とは呼ばないと思われます。
は、私は他者の主張の補強するだけの意見でも、迎合だろうが
本人がそう思ったら、考えた末そういう結論しか出なかったら
それでも思想であると思います。誰かの論を一言一句
そっくり同じに垂れ流せば思想とは言えませんが。
私もテロなどの認識は小林よしりんとほとんど同じです。
正確に言えばよしりんの思想で自分の思想がより確かな
ものになったということです。

>ナベさん
「文明の内なる野蛮」とはアメリカやイスラエルのこと
を言っているのですか?確かに自分らは文明国だと
言っているが、文明国とは思えないような「野蛮」と
評されるにふさわしい所業をやってますね。
たいした軍事力も持たないパレスチナ人を、近代兵器
で完全武装したイスラエル軍が容赦無く攻撃するのを
「野蛮」と表現したわけですか?さすがに上手い表現です。
ちょっと古いけど、先の冬のオリンピックでの
採点競技にあからさまな圧力かけたり、開会式にゴリ押しで国旗を
持ち込んだり、これも「野蛮」と呼ぶに相応しい行為です。
読みたくなってきました。明日まだあるかな?

野蛮さについて  -投稿者:一(はじめ)  2002-04-26 19:46:54

 野蛮さということについて、少し思うことがあるので書きます。

 何人かの人間を刀や槍などで刺し殺すのと、アメリカのように冷静に
計算して原爆などを落とすのの、どちらが野蛮か?
 原子物理の「E=MC^2」などの学問を知っていても、それで原爆を作り、落とす
というのは野蛮だと思います。

 文明の中に、野蛮は潜んでいる。

 そもそも、近代科学や民主主義などの近代的なものを「文明」として
振り回していた人達は、過酷な黒人奴隷や、有色民族の虐殺、差別を
していますから。

 文明とは難しいものです。

合理主義と残酷性  -投稿者:一(はじめ)  2002-04-26 20:31:17

 続けて思うことがあるので書きます。

 近代の特徴は過去の慣習などにとらわれず、合理主義を追及する
ところがありますが、それが資本主義の莫大な富を産み出してきた
り、科学技術の大きな進歩のようなものを産み出す華やかな反面、
大きな残酷さも持っているのではないでしょうか。

 例えば、アメリカの黒人奴隷が残酷だったのは合理主義だったからです。それ
までの奴隷は必ずしも悲惨ではなく、財産として大事にされ
たりもしました。ところが、アメリカの黒人奴隷の場合、ただの商品で
すから、とれすぎた野菜をわざと捨てるように、アメリカの黒人奴隷も
捨てられたりしたそうです。

 合理主義を否定してしまうと、富や科学技術で後れるが、
完全肯定でも残酷だし。バランスが難しいところです。

安楽死はもう日常のものとなっている  -投稿者:ナベ  2002-04-27 17:39:29

 YSさん「SAPIO」読みましたか?そうなんです「アメリカやイスラエ
ルの文明国の内部にこそ野蛮は萌胚する」と言うのです。けだし名言です。我々
も心しなくてはいけません。
 小林氏に対する色々な批判は私も承知しています。しかし私が小林氏を評価す
るのは、まず戦後の保守言論界で小泉信三さん、福田恒存さんの外にまともにサ
ヨク言論界に正面から立ち向かった人を知りません。
 確かに長谷川さんや西部さんの影響が強く、オリジナリテーがないかもしれま
せんが、私はそれでも小林氏の過激なガンバリを支持します。

 今、川崎の病院の安楽死問題が騒がれていますが、5年前私の友人が癌で死ん
だ時のことを奥さんから聞きました、その事を報告します。
 友人の肺癌が発見されて、医師に後半年の命だと宣告されたそうです.癌は全
身に広がり、痛みを和らげるモルヒネの使用が日増しに増え、半年後には眠って
いる時間がほとんどだったと言います。
 看病疲れを見た医者が「もう充分頑張ったし、奥さんも尽くされたのではない
ですか」と言われ、安楽死の方途に合意したとのことです。
 恐らく多くの似た例があると思いますが、川崎の件が何故今頃になって出てき
たのか不思議でなりません。安楽死の現場を暗黙の了解で、認めていたのか、そ
れとも医師と遺族の考えに齟齬を来していたのか、藪の中ですが、病院が共産党
系であるためのトラブルかもしれません。
 この暗黙の了承を続けざるを得ない今の医療現場には同情します。
 何しろ日本人は言霊信仰で「死」や「戦争」といった不吉な言葉を忌避して、
まともに突き詰めようとしません。困ったもんです。

朝ナマ「有事法制」  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-04-27 19:14:12

アンケート電話がたまたまつながり、答えてみました。
たしか質問の内容は
@有事法制に賛成か?それは何故か?
Aどうしたら国を守れるか?
だったと思います。私は、

@賛成、北朝鮮などの国がどういうふうなことをするか不安だから。
Aまずきちんと法整備(憲法改正も含む意味で)し、再軍備の必要があ
 ればする。
と答えました。
正論すぎてつまらないとも思いましたが(笑)

井沢さんの新刊(共著)  -投稿者:ネム介  2002-04-27 22:05:50

久しぶりに投稿いたします。宜しくお願いします。

井沢さんが、稲垣武/古森義久氏との共著として「朝日新聞の大研究」
を出版されたとのこと。著者の面々から推し量るに、内容は宣伝文句
を除外しても、概ね、想像できますよね。昨年だったかも、
読売と朝日の社説の比較に関しての論考を、著したものを出版されま
したね。

内容は想像できるような気がしますけど、
 ”朝日新聞を解析し分析することは〜、日本の歩みを解明する
  ことにもなる”(稲垣氏)
とのコメントもあるので、できるだけクールな姿勢で、再度、自分
自身の今後も踏まえて(大仰ですね)、読みたいと思っております。

でも、当サイトに、新刊出版のお知らせがあると思っていたんです
けど、何でないのかな?

新刊情報  -投稿者:ダーヴェル  2002-04-29 23:38:33

確かあったはずです。頁のどこかに。
ここしか見ないので具体的にはちょっと・・・
更新されてないかも知れないですが。

土曜日に連合系のメーデーがあったらしいですね。
4月にメーデーもないだろうけど。
NPO、NGOの参加も・・・って件には笑わせていただきました。
ひょっとして
「非」政府組織じゃなくて「反」政府組織なんじゃ?(笑)



| 戻る | 次の頁へ>>