TOP >> とまり木

馴染みの酒場やカフェに寄ったつもりで、気軽な会話を楽しむ場

イヤーミかましてよかですか  -投稿者:MK(初代)  2002-03-01 13:58:55

こうゆうふうにやりあっちゃうと、何か悪いことが起こりやすいと思っていたら
やっぱり、というか偶然というか、きのうの晩から今日の朝まで、暫くこのHP
が開示
できませんでした。いいお友達をたくさんお持ちの方がいらっしゃるんでしょう
ねぇ。

では、また。
(回復して、よかった〜〜〜ほっ!)

何だったんでしょうね?  -投稿者:イヴの末裔  2002-03-01 20:06:44

URLが変更になったとかこちらも出てました。私、
恥ずかしながら、パソコン分からなくて、これって
「お友達」のせいなのですか?
ところで、ちょっと、最近自分の日本語が気持ち悪くて、
すみません、文学作品など読んで勉強しますね。
同じ日本人の先輩にちょっと礼儀知らずの日本語使いまし
て…。私達、若い世代も、普通に生活する分には本当に
日本って有難くて便利で楽しく暮させて頂いて祖先、親に
感謝してるのです。でも、真面目に医療現場、教育現場、
ビジネス現場で働いていると、やはり、本当に問題点が多く、
しかも風通しが悪いことが多く、で、自分がつらい想いをする
だけならいいのですが、それが他人を傷つけるかも、ミスリード
するかもということまで考えてしまうと、まさに我が身の首を締め
る感じになるんですよ。で、ある程度まで悩みぬくと苦笑して、や〜
めた、景気回復の為に(?)遊べや遊べ、将来は自給自足しながら
世界へメッセージを送ろうとか(笑)。でも、今、20代の若者はただ
コマのようにこき使われ、リストラされという人もいるのです。自分
で自分の身を守らないと誰に責任をなすりつける訳にもいけないですし。この場
合世界を股にかけた個人主義になる方が楽です。革命は
必要なくとも、自ら構造変革する勇気はこの日本社会、本当に必要だ
とは私思うのですが。またアメリカにしてもらう(される)のも癪で
はないですか。あるいは、鎖国するにしても、全くそんな能力を蓄え
ていない私達ではないですか。原理主義とかいうのは私は分かりませ
んが、普通に考えますと、甘い言葉で人を殺すのが悪いならば、甘い
言葉でアフガンを空爆したブッシュ大統領に何の慎重な言葉もなく付
き従うだけの我らが内閣を全面支持するのは、これは日本原理主義と
言えないのでしょうか・・・?少なくとも国民にもう少し語って欲しい気もしま
す。リーダーは。でも、この頃様々なタブーがなくなり、憲
法問題にしても雇用問題にしても、官と民の協調などのヴィジョン
にしても色々アイデアが出てきてますね。今、日本は面白い時期に来
ている気がしますね。若者は、おそらく本物を求めている気がします。色んな意
味で。ちょっと落ち着いて自分の仕事をきちんとしていけば
いい社会になる転換点なのではないでしょうか?

私は、一人でこのBBSしております。  -投稿者:イヴの末裔  2002-03-02 21:02:11

数年前、“日本教”を捨てた年配の男性達(仕事先で知り合いま
した)と談笑したことを思い出しました!同じすり替え現象が起
こっていたので当時もはじめは話がすれ違ったのです。彼らは、
戦前、戦後の(一見)180度激変・転換期を体験されておられ、
一人は海軍経験者で、もう一人の兵学校出の方は戦後一高(だっ
たか)に入れなかったとか。それまではエリートともてはやして
おいて。で、アメリカの金融機関、政府で働かれておられた方で
すが、こういう方を日本社会は有効活用できなかったのですね。
彼らは何か私が行き詰まると「大丈夫。変わり身がこの社会の身
上ですから。でも180度変わるのだけはやめて欲しいですねぇ」
とニコニコ言われてました。私は日本の長所を述べたり、文化的
なことを言っていたのですが、彼らはその時、国家、政治、そう
いうものを批評されていたのです。政治音痴の私は、nation(日本
民族、国民性も含めた国家)ということを述べていて、彼らはstate
(統治機構としての法治国家)ということに視点が置かれていた。勿
論、重なる部分もあります。以前、私はプラトンの「国家」を読ん
だ時、これは“宗教”だな、とも思いましたから。ところでアメリ
カという国には、まず自由や責任という理念があり、法があります
(今、やや名目と化しているようですけど)。それを護る者がアメリカ
国民であり実際に様々な文化・歴史を持つ民族を受け入れ、それが
強さにもなっているのでしょう。日本の場合、“日本教徒”と日本国
民の区別などが曖昧なままなので混乱するのでは?日本人ほど日本
人論が好きな国民もまたいないと言いますけれど、それだけ優秀で
面白い民族ではあると思うのですね。自然も素晴らしい。ただ、井
沢さんもおっしゃるように、聖書のように律法や歴史などをマニュア
ル化したものはない。しかし、“日本教“といわゆる近代化とは矛盾
するのか、これは実は自己否定になるので、日本社会は閉塞感が一
部漂ったり、近代化や構造改革を自ら出来ないのか、政治の話と日本
人論がごっちゃになるのか、いずれにしても、今後の国家観を様々な
分野で創って行くことが、皆さんが言われているように、一番の処方
箋(?)なのでしょうね。それでは、本当に抽象論はやめます(笑)。
良い週末を。

最後にもう一つだけ  -投稿者:イヴの末裔  2002-03-02 21:30:20

あと、テロや革命、クーデターなどの定義に関して。
作曲家の三枝成彰さんが、「日本の明治維新は、あれ
は打ち倒された幕府の側からすればテロだったのでは
ないか…」と書かれていましたが、何事もコインの両側
というか、これを上手い具合に繋げていくのが歴史であ
り政治であり…。現在、社会が複雑なので、全ての人が
利害の一致ということは難しいでしょうけど、有事法制
論同様、戦争や平和論、憲法論なども活発な議論が行わ
れていくようメディアなども取り組んで欲しいですし、
相当本質的な議論をここ数年で日本社会はしなければ、
おそらくグローバリズムの価値観の中でローカルな日本
の価値観はやがて消滅していくような気も。井沢さんな
どはどのような現代史を描かれるか、他にも大物の識者
や歴史家、政治家の方などどのような未来像を持たれるか、
ちょっと興味ある私です。大風呂敷を広げた方が勝ちなの
かもしれませんが(笑)、このようなヴィジョンはやはり
私など若い者は深みも経験もなく不可能ですので、知的な
男の方達に御願いしたいのみです(笑)。

いやはや・・・  -投稿者:マルメロ  2002-03-03 01:21:02

 2・3日ほど前、久しぶりに暇になったので投稿
しようと思ったけど、つながらねェつながらねェ。
 時期的に、最新の『ゴー宣』について激しく語らっ
ているか、『ゴー宣』支持乃至批判をして、攻撃を受
けて混雑しているのかな、などと創造を逞しくしてお
りました(笑)。
 私は小心者ですので(笑)、今回開けるのも少し怖かっ
たのですが、とりあえず平穏のようでホッとしました。

 かなりの遅レスなので、はるか忘却の彼方かもしれま
せんが、色々と回答をいただいて感謝しております。
 ヤンは過去の軍師のいい所どりだというのは、オーベ
ルシュタインさんの言う通りだと思います。ただ、秋山
兄弟も過去の軍記や兵法書などから学んでいたので、私は
「これはヤンだな」と思ったまでのことです。
 しかし、確かに大局では一度も勝ってないところなどは
孔明に似ていますね。
 
 オーベルシュタインについては、能力的なこともあるけ
ど、根底の資質の部分に関して「嫌われることを厭わない」
「無私」が挙げられると思います。
 後者はともかく、前者の資質は現代日本人(特にしかる
べき職についている人達)に望むのは極めて難しいでしょう。
 故に「オーベルシュタイン待望説」(笑)は私は悲観的です。
過去の日本においては石田三成や大久保利通などはオーベル
シュタイン的だと思います。
 『日露戦争物語』は、作者が余り好きでないので、立ち読
みで目を通した程度です。弟の真之が主人公の作品のようですね。

もうひとつありました(混雑してますね)  -投稿者:イヴの末裔  2002-03-03 01:56:35

今、ふと思い出しました
私が以前ジョークで書いたオリンピックの
○○○席って、あれ、よく言われているのですが、
審判団のことなんですが(今回の場合伏字にするまでもな
かったか)、後で、何か「祖国呪詛」とか出てきたのって、
もしかしてMKさん、何か勘違いされてましたか。今、
突然思いついて恐ろしくなって思わずワード閉じてBBS
開きなおしてしまいましたよ。所謂、反体制と
言えなくもないジョークですけど、そこまで
つっかかるものでもない気がしますが。それとも
今、そのくらいナイーブなんですか?日本の人って。
原理主義というのが本当に分からないので困ってましたが
何かどうでもいい気もしたので適当に話をそらせてしまい。
私は自分の理性以外軸足にしたことないただの日本人です。

イヤーミかましてよかですか?  -投稿者:MK(初代)  2002-03-03 09:17:25

イヴの末裔さんへ

はぁ?です。

どこぞで、「8万円配ればいいのよ」と、おっしゃっていませんか。

?????  -投稿者:イヴの末裔  2002-03-03 11:19:36

繋がりませんね〜。ふと思い出しました。
私が以前ジョークで書いたオリンピックの
○○○席って、あれ、よく言われているのですが、
審判団のことだったのですが(今回の場合伏字にするまでもな
かったですね)、後で、何か「祖国呪詛」とか出てきたのって、
もしかしてMK(初代)さん、何か勘違いされてましたか。今、
突然思いついて恐ろしくなって思わずワード閉じてBBS
開きなおしてしまいましたよ(笑)。所謂、反体制と
言えなくもないジョークですけど、そこまで
からむものでもない気がしますが・・・。それとも
今、そのくらいナイーブなのでしょうか?日本の人って。
原理主義というのが本当に分からないので困ってましたが
何かどうでもよい気もいたしましたので適当に話をそらせて
しまい。私は自分の理性以外軸足にしたことないただの日本
人ですよ。ご安心を!ちょっと笑いが足りない最近でしたね。
それと、あの、今、掲示板見て驚いて、MKさん、八万円って
何ですか?本当に分かりません。前、そう言えば私が言った覚え
もない渡部昇一さんのことも何だか調べていただいて、あの時も、
ま、他の投稿者と間違われたのかと思い返信律儀にしたのですが。
本当に何だか勘ぐられて怖いので私やめますね。四月から新たな
仕事の準備もありますし。でも、このお返事だけは下さい。
何ですか?祖国呪詛と八万円と日本の表記名について。私の名誉に
かけてはっきりさせましょう。

やっと繋がったぁ〜  -投稿者:SOGA  2002-03-03 12:32:38

ネタが古くなりましたが・・・ソルトレーク終了致しました。
毎度のことながら、アジア人(特に日本人)の差別(区別)的評価が目立ちましたね。
際立ったのは、やはりショートトラック(ST)ですね。
寺尾悟選手の摩訶不思議な失格は、もっと抗議すべきでしたね。甘い々。
しかし、金東聖選手の失格時は、立場が逆になった韓国選手団の行動が愉快(不
愉快?)でした。

今大会で判ったこと:韓国人は日本人が嫌いだけど、アメリカ人よりはマシだと
いうこと。

STには、スピード・技能だけでなく演技力も必要なのです。(ってそんなの嘘だ)
どうやらトリノ冬期五輪からは廃止の様です。ルール改正して復活して欲しいも
のですね。
私が一番残念だったのは、スノボ・ハーフパイプ中井孝治選手かな。
あの判定は正直不愉快ですが、不屈の魂(諦めない)で今後の活躍に期待します。

いあつまさん、業績upすごいですね!羨ましいかぎりです。
私も確定申告しなければならない立場なのですが、
申告書が新しくなり、説明書さえまともに読めず(読解力皆無)書くだけで大騒
ぎでした。
しかし、去年末に旦那様が会社をリストラした(会社からではない!)こともあ
り、
還付金があるので浮かれています。財布が別なので私の手元には来ないけど・・・
(ちっ)
旦那様の目標:『国が潤うくらい税金払ってやるぜっ!』(言ってみただけ)

気がかりな事
・銀行が統合しているが、経営建て直しは上手くいくのか?
・ワールドカップの経済効果と、フーリガンの破壊効果+ご当地貢額、どちらが
大きいだろう?
しかし↑で、保険会社は業績が上がるかも?(フーリガン保険は良案ですね。無
事に済めば・・・)

今日からF1だぁ!佐藤琢磨頑張れ!

拝啓 小泉首相  -投稿者:MK(初代)  2002-03-03 13:47:54

 民のかまどからは煙が減りつつあります。

 ぜひ、古代の聖(ひじり)の帝と言われた仁徳天皇のご時世をみならい、三年
限定の
所得税や各種税の減免を考えられることを願います。特に、成功者をねたみ、お
金持ち
を狙い打ちにし、暗い嫉妬だらけの社会主義体制を作り出す元となる相続税は、
即刻と
りやめることを提案いたします。今は国や銀行に金が集まり、それにたかる人た
ちばか
りになってしまいました。民需を起こすには、個人に富が蓄積できるようになる
必要が
あります。
 英国病を克服したサッチャーさんのやり方は大いに参考になると思われます。

その子さんの相続税が50億円と聞いて驚愕しております。

では、また。

p.s.
“日本は相続・贈与税のあまりの高さに国が没落してるでしょ。
みんな金つかえねーもの、そして親が突然氏んだら子供に「相続税払え」。
国が税金をろくな事に金を使わないのはもうわかりきってるのにさ。
衛星打ち上げの金はケチる癖に(ひまわりピンチ)、北に1兆円の支援とか、馬
鹿げてる。”

こういう意見もあります。

p.s.2
SOGA さん、繋がってよかったですね。これからも、よろしく。

誰か教えて  -投稿者:神田の葬儀人  2002-03-03 17:00:43

唐突ですが、ハリウッドで映画化される杉原千畝の物語のハイライト、国会で
の名誉回復のシーンで当時の外務政務次官鈴木宗男  の役はアホの坂田氏だと
小耳にはさんだのですが???あまりに面白すぎて・・・どなたか知りませんか!

日本列島北へ南へ  -投稿者:メタロチオネイン  2002-03-03 20:10:10

やっと、とまり木で一休みのつもりが、長文投稿で賑わっていて、
すごいですね。
まず、私事から。1月は、金沢、新潟。2月は、旭川、松山。
そして、怒濤の3月、さっき盛岡から戻り、あと、宮崎、島根、鳥取と、全国調
査が続きます。
 旭川は、例外的に暖かく、零下1度。札幌は雪祭りの準備中で、
大作は圧巻、市民参加ゾーンの「トトロ」は、持って帰りたいと思いました。 

 四国は、島国の中でも「ひょっこりひょうたん島」のような気質を感じ、高速
フェリーで広島へひとっ飛び。

 今更ながら、言葉の大切さを痛感してます。
なぜなら、日本語すら通じないことがたびたびあって、双方が根気よく話すこと
で、コミュニケーションギャップを回避できた場面が多々あつたからです。

 一年を通して、税金ばかり払っています。
予定納税に苦しみ、今また、払うための申告に追われています。

 前回投稿したときに、「巨悪」と表現した件について、MK(初代)さんから
ご質問いただいたままでした。
簡単にいえば、「士業の犯罪」「師業の犯罪」ですが、落ち着いたら、書かせて
いただきます。

 移動する汽車の窓から見る海岸線に、巨大なテトラポッド。
いったい、あんな大きな物、どこで造って、どうやって運ぶのだろう。地方地方
で、形も微妙に違う。
消波できても、津波は防げないテトラ。

 「セキュラー」と「スピィリチュアル」の按配がむずかしい今日この頃です。

すいません  -投稿者:ダーヴェル  2002-03-03 23:15:48

私も投稿してよろしいでしょうか?

私も「小泉はサッチャーたれ」と思っておった時期もあります。
人気絶頂の頃、色んな政治家になぞらえられることが多かった小泉ですが、
「サッチャー」と言う声を聞くことがなく、少なからず意外に思っておりました。
まぁ、今のところ「サッチャー」には遠く及ばず、
ソ連邦(と共産党)を解体した「ゴルバチョフ」にでもなりかねない勢いなんで
すが。
ゴルビーの場合、「冷戦を終結させた」という功績なきにしも非ず、ですが、
このままだとただ日本を崩壊させた「だけ」という結果にも終わりかねない危険
性を孕んでますな、我らが宰相は。

とは言え、所詮「消去法」でしかないにせよ、我々には
「小泉純一郎」に期待する意外ない、というのも実際のところ。
願わくば「器(ポスト)が人を育てる」との言葉通りにならんことを。

そもそも我が国(国民)は、政治家を「育てる」ということをおろそかにしてき
てはいまいか?いなかったろうか?
なにか自分達の望むモノはどこかに必ず用意されているのがあたりまえ、
自分(達)の気に入ったモノが手に入らないと、
「買って買って〜!」ダダをこねる我が儘な子供のような。
指導者を育てるのは国民である、という気概を失ってしまったのは何故だろうか?

まぁ、それはともかく「サッチャー」は無理としても、せめて
「花神」の一人目くらいにはなって欲しいなぁ、と。

かつての英国病に似ている日本病の克服作戦  -投稿者:MK(初代)  2002-03-04 00:01:31

 うわっ!ダーヴェルさんだ。どうぞ、参加してください、嬉しいです。

 早速ですが、英国でサッチャーさんは、今どうしておられるのでしょうか。
もし、お暇ならしばらく日本に来ていただいて、日本の弱い金融や外交の建て直し
のお手伝いをしてもらうのはどうでしょうか。面白いと思いますが。(無理で
しょうね、、)
それか、米国の経済学者さん「日本の低迷した株式対策には、政府が株を買えば
よい」と
仰っていた人(すいません、名前忘れた)日本式のやり方ではもう限界なのです
から、
お呼びして手伝ってもらうものよいと思いますが。

 いずれにしろ、少しの欠点を挙げ連ね、首相をコロコロ変える今までの日本の
政治の
やり方はよくありませんよね。

オーベルシュタイン待望説(笑)  -投稿者:イヴの末裔  2002-03-04 01:17:01

面白い人物を教えて頂いたので返信(?)をいいでしょうか。
う〜ん、全くの自由人、かつ、信念の人でないとむりでしょうねぇ。
真の個人主義、且”神”との契約のようなものがない日本では、確か
にいないかもですね。「人に嫌われても無私を貫く」。
ところで、鈴木氏について、こんなメールが来ました。
”メディアは pro&con を徹底すべきで、ムネオさんを、
なぜ誰も堂々と擁護しない?これこそ日本文化だよ、このお
かげで日本は住みよいのだ、と「抵抗派」はなぜ論陣を張ら
ない?そうなれば、「うーむ、これは本当に日本のガンだ」
と納得できるかも。”
笑いました。これ、絶対日本人”徹底的”には出来ないような。
嫌われちゃいますしね。私、一人だけ、でもオーベルシュタイン
的な生き方貫いた人知ってます。このメールくれた人ですけど(笑)。
前述の日本教徒捨てられたダンディなおじいちゃま(でも若い!)で
すが、日本では出世できず。マッカーサー待望論がジョークで野坂
昭如やビートたけしから出るのもオーベルシュタインが日本に出現
し得ないからかもしれない。「士業と師業の犯罪」(なるほどって
言ったら私、訳知り顔過ぎでしょうか)を、イエロージャーナリズム
的なやり方ではなく、オーベルシュタイン的に(?)個々人が見つ
めると成熟したメディアなり芸術なり育たないかなぁ。やめておいた
方が楽かなぁ。
英国の映画などは「我が身」の暗部、恥部を堂々とさらけ出す、そ
れがサッチャーさんなりを生むのかもということを昔友達と語った
ことがあります。エンゲルスが解読できないような悪筆の代物をマル
クスが夢想しつつ大英博物館で書き上げ(だからマルクスなんて読む
必要なし。原書読んでない人は何を言っても徒労ではないか)、ニュ
ートンやダーウインが宇宙と対話したあの変な国(私は英国びいきで
もない)も、「真実追及」が身上。spiritualなものやsymbolを
どっか教会辺りに押し秘めているので、secularの世もこれで崩壊
しないのかな。これは文化の違い。欧米の遺伝子と私達の文化。
比べてみるとただ面白い。杉浦さんの映画は日米合作??それは
「パール・ハーバー」のあほらしさを払拭させる名作にして頂きた
い!しかし、あほの坂田(爆笑)。グローバリズムで全部混ぜっこに
なったら、何が蒸留されるんだろう、と考えて、やはり喜劇、いや
平安?いや混沌?

フランソワーズ・サガンと半村良さん  -投稿者:MK(初代)  2002-03-04 22:54:59

 唐突で申し訳ないですが、
サガンのエッセイ「愛と同じくらい孤独」の中に、(―新潮文庫―)
“・・・ひどく退屈していましたし、すでに無神論者に近かったのです。カミュ
などを
もう読んでいましたから。それから特にプレヴェール。それで空で暗誦していま
した。
《神は大きなうさぎだ》とか《天にまします我らの父よ、そこにお残りになるがいい、
我らはこんなにきれいな地球に残ります》。カトリック系の女学校ではひどく評
判の悪い
ことですよね。・・・”
という文があります。

 私は、ひどい原理主義者にならないために、このプレヴェールの
《天にまします我らの父よ、そこにお残りになるがいい、我らはこんなにきれい
な地球に
残ります》 はとても有効だと思いますが、どう思われますか。

 ところで、SF作家の半村良さんが亡くなられましたね。
「戦国自衛隊」とかメチャ面白かったのに、とても残念です。
 謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

雑誌二題  -投稿者:ダーヴェル  2002-03-04 23:01:54

爵位授与されたんでしたっけ?>サッチャー
確か80歳くらいだし、悠々自適に暮らしてるんじゃないでしょうか?

さて、先週発売ネタで時期はハズしてるんですが、
一応今週号が出る前、ということで

NEWSWEEK日本版は創刊号からの読者なんですが、
ここのとこり日本関連でクビを傾げる記事が多いような?
と思っていたところ表紙が
「黒人差別ニッポン」
まぁ、記事の方は日本人の黒人観を意外と的確に表してたりする
部分もあるんですが、
なぜこの時期にこんな扇情的な?と。

今年に入ってから死ぬほどつまらない「ゴー宣」ですが、
以前、既存マスコミ(メディア)に対し、
「世間はメディアを追い越している」と(いうような)メディア批判をしてまし
た小林よしのりですが、
今や「小林こそ世間に置いていかれてしまっている」というのが悲しいすね。
「アメリカに気をつけろ!読者よ目を覚ませ!!」
とキャンキャン煩く吼える小林よしのりの姿も(こそ)
「ポチ・ホシュ」(これは流行らないと見た)に見えて仕方ない。
というか所詮、保守派知識人(言論人)の内ゲバなんかどーでもいいのよね、と
いう感じ。

関係ないけど、「ちびくろサンボ」とか「ジャングル黒べぇ」
って、もう二度と見ることはできないのだろうか?

半村良さん。  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-03-04 23:43:51

ご冥福をお祈りします。

久々  -投稿者:Y・S  2002-03-05 00:26:13

久々にのぞいてみたらMKさんとイヴの末裔さんが
なかなか白熱した議論をしていましたね。
やはりここは誹謗中傷が飛び交うような見苦しい議論に
ならないところがいいですね。これからも期待してます。

>ダーヴェルさんへ
私の記憶だと小林氏は石原都知事の「三国人発言」
(この名称を使うのもアホくさいですが)のさいに
マスコミがこぞって「不法入国した」という言葉を取り払って
無理やり差別発言にでっちあげ世論をを動かそうとした報道に
も国民の70〜80%は石原支持だったという現実を見て
マスコミの世論のでっち上げを国民が拒否したという主旨の
ことは言っていたと思いますが、
ダーヴェルさんの書きこみの
 >「世間はマスコミを追い越している」と(いうような)
  メディア批判をしていました小林よしのりですが、いまや
  「小林こそ世間に置いていかれてしまっている」というのが
  悲しいすね。
の部分をみると、小林氏が世間はマスコミよりも自分(小林)
の方に傾いてきた、だからマスコミはおかしいというような
メディア批判をしたと受け取っているように見え、そのうえで
ダーヴェルさんが小林批判をしているようにとれるのですが
どうでしょうか?
もしそうだとしたら誤解だと思います。
続きは2へ

座標軸を強化するために  -投稿者:イヴの末裔  2002-03-05 00:41:42

プレヴェールのその台詞面白いですね!
トム・ハンクス主演の「カスト・アウェイ」で無人島に流された
主人公がぼろぼろのサッカーボールに異常に執着するんですがあれ
も”神”のようなもので、多分西洋などでは”神”は人間を超えた
説明できない”もの”で人間を相対化するためにあるのだと思うん
です。だから神ではなく”神”。何でもいいのですが、ただ、ちょっ
と地上を相対化するためで日本も昔はあったはずですが(皆様は
お持ちなのでしょうが)、最近自然なども失われ(一応皇室も人間で
すし)、ちょっと魂のようなものが現代、不安な時期かなと、私も西
洋と比較してみていただけなのです。私はクリスチャンではないので
すが(笑)、この発想が人間などを絶対化しない社会システムにな
っていき(人間は土くれ。間違えて当たり前。だから法がいる。法と
理性しかない。また権力やなんかも別に大したもんでもない。一応
法のもとに平等。妙な特権も嫉妬もナシ)科学技術の推進などに役立
ち(だから文部省が闇雲に宇宙予算だけ増やすのもちょっと私は実は
不安なのです。ベースがあるかなと。杞憂ですかね)組織の腐敗やい
わゆるお上信仰(依存)、会社人間などをクールに妨げることができる
バランスにならないかと。日本は、ちょっと割と一気にバブルになっ
たり、今度は債権バブルになったり(…)極端に偏る傾向があって後
で困る。あれがいいとなると狭い世界なので皆が真似して、そして、
バブルの後不況になっちゃう。どうやって相対化して、且、健全な芯
も残るようになるかと私も職場で四苦八苦(という程でもないですが)
まだしているのです(笑)。あくまで予防の為です。議論も。議論は
大事です。大学もメディアも力を入れてほしい。

久々2  -投稿者:Y・S  2002-03-05 01:23:47

何故かいきなり回線が切れてしばらくつながりませんでした。
パソコンは時々わけがわからなくなる…。
ところで↓の続きを

小林氏は一連のマスコミのでっち上げ報道に対して
批判したのであり、メディアそのものを批判したわけでは
無いし、この手のマスコミ批判は井沢さんも数多くの事例を
あげてやっています。
それにもう一つ、小林氏は「ゴー宣」を読者に対して書いている
のであって世間に向かって書いているんじゃないですよ。
だから世間がなんと言おうと自分の感性にしたがって、
感じたことをありのままにずばずば語ればいいのであって
それをエンターテイメントの仕上げてしまうのは小林氏の
才能の一つだと思います。
ちなみにこのBBSでも何回かいいましたが私は小林教信者では
ありませんのでその辺はよろしく。私も自分の常識、感性で
ああだこうだ言っているまでです。
小林氏のいうことは何でも正しいと思っているわけでもなく
ただ単に作品が面白いから読んでいるまでです。
あとこれは単純に思ったのですが、「ゴー宣」がつまらなく
なったなら読まなきゃいいんじゃないですか?

座標軸を増強するために  -投稿者:イヴの末裔  2002-03-05 01:24:22

プレヴェールのその台詞面白いですね!フランスはあそこは政教分離
を徹底的にやった国なんです。変ですよ(笑)。あ、ちょっと原理主
義入っているかも。というか論理的で突き詰める国なのです。一般的
にですが。言語も英語より純粋だと思います。英語は幅広いです。
トム・ハンクス主演の「カスト・アウェイ」で無人島に流された
主人公がぼろぼろのサッカーボールに異常に執着するんですがあれ
も”神”のようなもので、多分西洋などでは”神”は人間を超えた
説明できない”もの”で人間を相対化するためにあるのだと思うん
です。だから神ではなく”神”。何でもいいのですが、ただ、ちょっ
と地上を相対化するためで日本も昔はあったはずですが(皆様は
お持ちなのでしょうが)、最近自然なども失われ(一応皇族も人間で
はありますし)、ちょっと魂のようなものが現代、不安な時期かなと、
私も西洋と比較してみていただけなのです。私はクリスチャンではない
のですが(笑)、この発想が人間などを絶対化しない社会システムにな
っていき(人間は土くれ。間違える。だから法がいる。法と理性しか
ない。また権力やなんかも本当は「偶像」である。一応ひと皆法のもと
に平等。妙な特権も嫉妬もナシ)、科学技術の推進などに役立ち(だか
ら文部科学省が闇雲に宇宙予算だけ増やすのもちょっと私は実は
不安なのです。ベースがあるかなと。杞憂ですかね)、組織の腐敗やい
わゆるお上信仰(依存)、会社人間などをクールに妨げることができる
バランスにならないかと。日本は、ちょっと割と一気にバブルになっ
たり、今度は債権バブルになったり(…)極端に偏る傾向があって後
で困る。あれがいいとなると狭い世界なので皆が真似して、そして、
バブルの後不況になっちゃう。どうやって相対化して、且、健全な芯
も残るようになるかと私も職場で四苦八苦(という程でもないです(笑))
まだしているのです。あくまで予防の為です。議論も。議論は
大事です。大学もメディアも力を入れてほしい。

いつもいつも投稿ミスして申し訳ありません  -投稿者:イヴの末裔  2002-03-05 01:27:55

(先ほどの続きです)
でも、諸外国が見る程日本の経済状態は悪くないと私も思います。
普通に生活していて「どこが不況?」と思いますもの(笑)。多分、
資産はたっぷりあるのですよね。うちの親もかなり(笑)?真実は
中間地点にあると思います。マクロの経済は客観的に見てかなり悪
いけど、潜在能力はある。皆様のおっしゃられる通り。ただ、やっ
かいなのが何か得たいの知れない不安感・とりわけ国に対する不信
感で、ここを理性的に言語化していくのはいい気もするんですよ。お
かしなものをとにかく直していく。不安にしても明確になるとなんだ、
って思う。元々世界や未来なんて不確かなもんじゃんでもいいですし、
成る程そういう道もあるかも、とか、あ、何かいい社会に本質的に
なるかもとか。具体的に、やはり政府の施策でう〜んと思うのが、私
は医療現場にも縁があるのですが、保険料などを増やしても、焼け石
に水だと分かっている(医師教育からしないと絶対追いつかない程非
常識な医者多いです、でも諦め気分(笑)。それと法律。今、日本の法
は、患者や銀行の悪徳融資(詐欺ですよ)の被害者などに厳しすぎる
らしく、やはり、この辺を健全なものにしていかないと、下(子供達)
に示しがつかない。でも、この世界、か〜なり怖いようです。命がけ?
あと減税しても、短期的には貯蓄に回るだけだと思いますので、私も、
今、お金を出せるのは政府だけだと思いますし、消去法ですが、何か
公共投資を長いスパンでして(しかし必ず将来に残る投資にしないと
いけない。利益を生む構造にしないといけない)、企業や文化を育てる
しかない気も。これ、所謂ケインズ政策らしく、皆日本にいるエコノ
ミストはこの辺に落ち着かれているようです。ちょっと最近の景気を
観ていると、借金返すだけじゃますます萎んでいくだけだと思いますよ
ね。ばら撒きにならない良いものが何かないでしょうか。とにかく、
安心な世を取り戻したいですね。暗いニュースに慣れている自分が嫌
ですし(笑)、少しでも健全で公平であとなんかユニークな社会に
していきたいですね。

 -投稿者:Y・S  2002-03-05 01:40:25

イヴの末裔さん、「座標軸を教化するために」の
投稿で意味がわからないところがあるのですが
「人間を相対化する」、「地上を相対化する」って
どういう意味ですか?
何度読んでも理解できません。

<減税して税収が増えたレーガン革命>  -投稿者:MK(初代)  2002-03-05 08:47:36

―コピー引用ですで、申しわけありませんがー

大前研一(サピオー2/27日号より)

『 <減税して税収が増えたレーガン革命>
日本の景気を良くする方法は2つしかない。付加価値を生む新しい産業を
興すか、1400兆円の個人金融資産を出動させるか、のどちらかである。

2つの方法のうち、簡単にできて即効性のあるのは後者である。
個人金融資産を出動させるために最も有効な具体案は、高額所得者を減税
してキャッシュリッチにしてやることだ。
その効果はアメリカのレーガン革命で実証されている。

所得の72%が手元に残るようになった金持ちが一斉にお金を使い始め
て消費が急激に拡大したのである。
しかも、不思議なことに減税したら税収が増えた。レーガン大統領が経済学
者のラッファー博士の「ラッファー曲線」を信じてその理論を実行に移した
ところ、その通りになったのである。

ラッファー博士は、世の中には不正直で申告をごまかす人間が多いから
税率を高くすると税収が減り、税率を引き下げれば経済活動が活性化して
結果的に税収が増加する、という理論を唱えていた。・・・』

//朝日新聞的戦後民主主義による累進課税制度は、もう古い//

訂正 すみません  -投稿者:MK_初代)  2002-03-05 08:50:53

―コピー引用ですで、申しわけありませんがー
      ↓
―コピー引用で、申しわけありませんがー

エーイ!書いちゃえー(こわごわですが)  -投稿者:MK(初代)  2002-03-05 09:44:33

 イヴの末裔さんの
「私は自分の理性以外軸足にしたことないただの日本人ですよ。ご安心を!」
ということは、イヴの末裔さんは、無神論者ということですか。

 話は変わりますが、私は若い頃に海外の小説を読みまくっていたので、いわゆ
る論理的に考え
るときには、日本語よりも、つたないながらも英語で表現する方が分かりやすい
と感じてい
ます。日本語では、主語や目的語がはっきりせず、書いていてわかりにくくなる
ことが多い
からです。主語をすっとばして書いても、なんとなく通じるのが日本のよさなの
ですが、議論
するという点では少し弱い。

また、三段論法では仏ですね。それは、翻訳ものを読んでいてもよくわかります。

「自分の理性以外軸足にしたことない」ということは、自分さえ納得したら、あ
る時考え方が
コロッと変わることもあるということですか。もし、自分が「理由があれば人を
殺してもよい」
と考えれば、「人を殺しに行く」ということですか。

到底ついていけません。私にはあなたの嘘が見える。

相対化について  -投稿者:イヴの末裔  2002-03-06 12:12:53

パソコン繋がらないですね。質問がきているみたいですね。
YSさん。相対化っていうのは、私は絶対化しない、
つまり、いつも疑いを抱くという意味で使っているのです。
だから、日本政府がよいと思えば賛成をし、間違っていると
思えば反対をする、=政府や国を神格化しないという意味く
らいです。極端なことを言えば、思考停止をして批判精神がな
くなると全体主義になり、ブッシュ政権90%支持や小泉政権
80%支持になりますよね。もっと極論すると、ナチスなども
そうです。そして、粗雑な(突っ込まない)議論しか一般の媒体
にのぼらなくなるとこれは言論抑圧になります。アメリカでも
かなり起こっていることですよね。愛国心が慎重で自由な意見を
閉じ込める。これをちょっと手垢にまみれた識者の言葉をつい
使って書いてしまったのです。(実は、私かなりばばばっとこの
BBS書いてますので。接続時間を節約するために(笑))。地上
を相対化するというのは、実は、これ皆さんは笑われるかもしれ
ませんが、今、環境問題などをまじめに考えすぎて地球は滅ぶかも、どんな明る
い未来が待っているんだという風に思想的に思う若者や
作家などもいます(私も高校時代くらいに実は恥ずかしながらこれ
悩んだのですよ)。ここまで考えてしまう人もいうるのです。イマ
ジネーションがそこで閉塞する時に、進歩史観の一つの方向性とし
て宇宙などへ向かってきたのが20世紀ではないでしょうか。映画
などSFでもそうですが実際の科学技術の方向性もそうなってい
ます。そして、その発想の根幹には、神や宇宙を考えつづけた西洋
の聖書学や物理学の伝統があることも事実です。日本にはどのような
ベースがあるか、それをきちんと把握した丁寧な宇宙計画を政府がてているか、
この辺、わかりますか?

取り急ぎ  -投稿者:イヴの末裔  2002-03-06 12:42:37

MK(初代)さん
コピー引用ありがとうございます。
いい案ですね。税収が増えるなら減税も確かにいい。
プラス、いい産業を育てるということもきちんとありますし、
どこぞの社会主義国のようですが(笑)、何か計画を段階的に立て
て、しかも議論して国民に示して欲しいですね。国が本気だ、
しかも現実的なプランを立てていると国民に伝われば、景気も
上向くと思います。実際、ちょっと今月くらいからそんな気も
してます(でも、相変わらず竹中大臣の言葉は理論的過ぎて
わかりにくい)。
[自分の理性以外軸足にしたことがない]というのは、
無心論者というわけでもなく、神(愛、理性)を模索している
段階というのが正直なところなのです。だから三位一体など
分からないので洗礼受けるまでに至っていません。親や先祖や
友人を大事に思っていますし、彼らに対して理不尽なことを
するなんてことは思いもつきませんが、人をなぜ殺してはいけないか、これをそ
ろそろ論理的にも説明できないと行けない時期でしょか。勿論仏教の八正道や旧
約聖書の十戒を出せば、これはすぐに
言えます。でも双方の教義や思想をまだじっくり自分也に考えてみたいなと思っ
ているので、とりあえず、今のところ、自分の理性を
軸足にしていると言うようにしています。けれども、自分の基底に
宗教心はかなりあります。だからこそ、国や神ともしっかり契約を結びたいので
す。あと、前に私が税金のことを言いましたが、あれも
国との契約という意味で言っているのです。決して、所謂ただの
金銭問題で言っているのではないのです。国に契約をしているからこそ真剣に物
申したいのです。そして、社会主義ということについて。
私は日本は共産主義と資本主義がブレンドしていると思いますよ。
これについてはアメリカ帰りの医者などよく文句言っているではないですか
(笑)。後、実は一つ嘘(?)言ってます(笑)。私の父は、
農家の三男男なのですが某有名企業の重役でした。経済の知識は昔
は父から普通に入って来てました。私は、社会主義者や戦後民主主義者でもない
と思っていますが、ただ、この言葉を簡単に使うのは嫌いです。もっと議論した
い。言葉の粗雑さが戦争を生むと思ってるのです。具体的にはまたいつか。

サーバーがダウン?  -投稿者:MK(初代)  2002-03-06 14:15:14

井沢さんへ

 連続投稿でサーバーがダウンしたのでしょうか。いろいろご迷惑かけてすみま
せん。
ちゃんと、HPが開示できるようになってほっとしています。ありがとうござい
ます。
また、これからもどうぞよろしくお願いします。

イヴの末裔さんへ

隣りにスレを立てましたので、よければ神学論争はそちらへどうぞ。
それか、ご自分で新しくスレを立てて下さい。

よかったよかった  -投稿者:Y・S  2002-03-06 19:39:34

私も昨日ここに入れないでうろたえてしまいました。
でも、こうして出来たわけでよかった(^^

>イヴの末裔さんへ
御回答ありがとうございます。
つまり神という絶対的な存在があるからこそ、人間の間での
不平等がなくなり、ここから平等な人間は何しても自由で
あり本当の意味での”自由”があるというわけですね。

よけいなお世話かもしれないですが、もう少し楽に
普通に話すように書いたほうがいいと思いますが…
MKさんも前に少し言っていましたが、長くて分かりにくい
です。もう少し小出しにしたほうがいいと思いますよ。

意味が???  -投稿者:Y・S  2002-03-06 19:50:34

けさ仕事しながらテレビ朝日の「ワイドスクランブル」
見ていたら、川口外務大臣が、この間のNGOの大西氏が出た
参考人質疑を見てのインタビューを受けていて、大西氏と鈴木
氏のどちらが本当のこといっていると思いますかという質問を
されていて、その答えが…
 「大西さんのいっていることが正しいと思われることもない」
だそうです。意味わかりますか?私にはさっぱりです。
こんな答え方しか出来ないということは所詮改革だといっても
官邸の意向の枠内でしか出来ないんだなと思いました。

Y・Sさん、MK(初代)さん  -投稿者:イヴの末裔  2002-03-06 20:36:21

きっと私の長たらしい投稿の所為でサーバーがパンクしたの
でしょう。全く申し訳ない限りです。井沢さんも御免なさい。
ファンなのでお許しを(まだほんのちょっとしか読んでおりませぬが)。ちょっ
と、私、抽象化してしまう癖が、またこれも本当ですが、そういう会話を友人と
するのですよ(何者?)。自分では、きちんと思索の後があるのです。よ〜く理
解しているのです。でもわかりにくいということはこれは完璧にこちらの責任。
あ、でも、私神学論争に持っていくつもりもない。宗教心というのはいわゆる倫
理観です。スピリットという語が一番ピッタリするのですが。私、無宗教で日本
人はいいと思ってるのです。和を持って尊しとなすですよね。これで世界中通じ
るはずです(笑)。私は、少なくともつらい思いをしたことはない。
ただ、個人的にもう最近アメリカの政治に怒っていて(笑)、で、その、とにか
く、例えば朝日新聞=社会主義、テロ=悪、アメリカ=自由と民主主義、こうい
う風に最初から型にはめるのが苦手なのです。そこで思考停止や差別が起こりま
せんか?実際、何事も無変化という事はありえないですし。ただそれだけなので
す。で、何事もそんな単純なことではないと、わざと複雑にはぐらかしたり
ちょっと意識的にしてしまう。自分の中では、これというバランスがあるのです
が、でも、MK(初代)さんのレス心から有難うございます。実は、私も怒涛の三
月で、こういう難しいのはゆっくり考えたいので、いつかきちんとお返事させて
ください。というか、色々教えて下さい。もっともっと日本文化を好きになりた
いですし。でも、嬉しいです。真剣に若者のお相手してくださって。「修身」の
教科書って、実は気になっていたのです。手に入ります?コラムニストの山本夏
彦さんがよく引き合いに出されていた覚えがあります。Y.Sさんの、神の下に平
等という点でのまとめ私以上に分かりやすい。その通りです。元々社会は不平等
ですから。このくらい(神や法の下で位)平等でいたいですよね?!では、私も
ちょっと有給取って旅行や(遊ぶぞ!)、プライベートも忙しくなりますので、
又、いつか、小出しに(笑)。

追伸  -投稿者:イヴの末裔  2002-03-06 21:34:19

YSさん
役人の友達が「官僚になるから官僚気質になるのか、
官僚気質だから官僚になるのか」と鶏が先か卵が先かのような
ことを私に前言ってました(この人はとても有能な人です)
川口大臣の台詞、所謂官僚答弁ですね。私も分かりません。
それと、私、自分にはあるベースがあって、それを基準に意見が
変わる事もあるのですが(ベース、まぁ、理性かな、これ
なしではただの日和見さんですものね)、政府の人とかって
何をベースにしているんだろうって思う時ありますね。国益?
法律?組織の利益?自分の理性?私じゃなくて、あちらの方が
コロコロ変わっているので困るのですが・・・。果たして、小泉
首相は来年度靖国参拝されるでしょうか?私は、決して意地悪な
気持ちで言っているのではなく、そちらがいい加減なら、こちら
にも強権を発揮しないで欲しいのだが・・・くらいの気持ちで言
ってます。私は何も強権行使していないので。

最近読んだ本の感想をチョット  -投稿者:ネム介  2002-03-06 21:59:44

石原慎太郎都知事の新刊「わが人生の時の人々」を読み終えました。
石原氏への好き嫌い・評価(?)は結構はっきりと分かれる傾向が
強いとは思いますが、氏の著作(小説は私は読んだことないです)、
から感じることを、感想として投稿します。
「国家なる幻影」を読んだ時も似たような感触を覚えましたけど。

私の祖父母と同年代というべき存在感のある方々と、石原氏は
皮膚感覚をもって、とても刺激的な交流を体験していたのだな、
と思いチョット羨ましいなと思いました。これは、石原氏の感性なる
ものが大と思います。確固とした信念を保持した上で、とても
分かりやすくフレキシビリティを発露しているように感じます。

物書きでいうと小林秀雄、永井龍男、河上徹二郎、三島由紀夫、
高見順、川端康成、江藤淳(彼は石原氏と同年代ですけど)等々
との交流の記述を読むに、とても「率直・素直」な石原氏の姿勢が
見受けられように思います(私の、ひいき眼?)。

石原氏はその著作、雑誌での投稿・インタビュー記事・TVでの発言等
でははっきりいって同じ話題を繰り返し述べる傾向がありますけど、
嫌味にならないところが、さすがだと思います。

南無悪霊退散  -投稿者:MK(初代)  2002-03-06 22:49:03

 もうすぐ春ですね。
うちのかわいい梅の木も満開で、見るたびに幸せな気分になります。
一輪を部屋の中に持ちこむと微かですが、ふわっといい香りがします。
日本人でよかったと思う一瞬です。

諸々  -投稿者:ダーヴェル  2002-03-06 23:01:21

>「ゴー宣」がつまらなくなったなら読まなきゃいいんじゃないですか?

それを言っちゃぁおしまいですよ(笑
読むな→批判するな は地続きですから。
(Y・Sさんにそういう意図はないでしょうけど)
って言うか既にナナメ読みなんですけどね。
一応、SAPIOも十年来の読者なんで。

半村良、成田亨、と訃報が続きましたね。
半村氏は「戦国自衛隊」しか読んでないんですけど、
朝廷に対して
「なにも生産しない。ただ自らの血の濃さのみによって生き、
支配している云々」という一節があって、
(現物手元にないので不正確です)
これが長いこと、自分の皇室観に深い影響を与えてました。

石原慎太郎の日本語はきれいですね。

ゴー宣  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-03-06 23:21:42

私も正直いって、同時多発テロについての小林氏の言動に最初はとまどいまし
たが、今は多少は理解できるような気がしています。
小林氏は要は「グローバルスタンダード=アメリカンスタンダードではない」と
言ってるのではないでしょうか?そういえば石原都知事も似たようなことを言っ
てる気がしましたが。
私はなにぶん無教養な人間なものですから間違いがあると仰られるのであれば、
アドバイスなどをお願いします。

最近  -投稿者:Y・S  2002-03-07 00:04:46

 私事ですが、最近投稿ばかりしているのは、足を折って
しまってどこへも行けないからです。インドア中心の生活
が続いていて少々いらいらしているのが文章にも現れてし
まったかもしれません。
私の好きなゴルフ&スキーが全く出来ないのが最大の原因です。

>ダーヴェルさん
 別に読むなと言っているわけじゃなくて、普通小説や漫画だったら
 つまらなきゃ途中で嫌になって止めるし、映画でもつまらなきゃ
 途中で席を立ちたくなりますよね(私は実際あまりのつまらなさに
 途中で出てきた映画があります)。その程度のことを言いたかった
 わけで、私の価値観からしたら何故つまらないのに読むのかなと
 、苦痛じゃないかなと思ったまでです。読むなとは言ってないし、
 いやみで言ったわけでもないです。でも私も言葉が足らなかった
 かもしれません…

いろいろと  -投稿者:ネム介  2002-03-07 00:11:01

珍しく、引き続き所感等を。

春は、梅、桜、桃、杏(真っ白の花だったかな?)等が咲いたと
思ったらアッという間に過ぎ去りますね。せっかく(?)日本に
生まれ育ったんですから、しっかりと季節を身体の内に感じたい。

半村良が亡くなりました・・・。「石の血脈」「〜伝説」シリーズ等
読みました。半村良、豊田有恒、眉村卓、筒井康隆(字は正しい?)
、高橋克彦等の後あたりに、井沢さんの「猿丸幻視行」が出たように
記憶しています。

無性にきれいな日本語が読みたいです(笑)  -投稿者:イヴの末裔  2002-03-07 13:13:27

お分かりでらっしゃるだろうと思い訂正せずでじまいでし
たが、たくさんありすぎるのですが(…)、ちょっと一つ。
思索の後→思索の行程くらいに宜しく御願い致します。
ばたばたしすぎてました。
私の実家の庭の梅の木にも(なんと!)うぐいすが来ていま
した。今年はいつになるでしょうか…。今、心がけているの
は、経費というよりも環境の為の資源節約です。出来ること
から使い捨て文化(安易な”リストラ”もですよね(^^;)
を見直していきたいな、と。両面コピーや食べ物の容器の再
利用などなど主にリサイクルが中心ですが、誰から始めたの
か、それに自己満足かもしれませんがゆるりと広がっていく
と少し愉快です。日本の年配の女性の方や外国の若い人に比
べると日本の若者は物をよく持っている、すぐ使い捨てにす
るとハット気づかされます。

お怪我の早い治癒を祈りつつ  -投稿者:マルメロ  2002-03-10 00:50:51

 現在常駐しておられるようなので>Y・Sさん。
確かに、スポーツ選手の「楽しみました」発言には時に
不愉快な思いを受けることがありますが、オリンピック
などで「税金でやってるんだから」楽しむなというのは、
いささか野暮な意見かと思います。
 シドニー五輪で金メダルを取った高橋尚子は、マラソン
を楽しんだといってましたが、彼女のおかげで多くの日本
人が感動した、という例もあるのですから。
 
 むしろ私は、最近の「楽しむ」多発現象は“ボキャ貧”の
類に属すると考えます。
 「楽しむ」発言は私の思うに前回のW杯の頃から頻繁に用
いられるようになったようですが、それ以前から国内外の
スポーツジャーナリストから「日本のスポーツ選手は競技
を楽しんでいない」と批判されていました。
 これに異議を唱えるような形で、W杯予選のあの気色悪
い“ガム噛み”や根拠の無い余裕からくる「楽しんでます」
ポーズの笑顔などが見られました。

 しかし、「楽しむ」発言をポピュラーにした立役者は、な
んと言ってもあの松坂大輔でしょう。彼は、高校生のとき
からプロ1年目にかけて、あの流行語となった「リベンジ」
の影で「楽しむ」発言を多用していたと記憶してます。
 そして、高橋尚子で「楽しむ」は完全に定着しました。  
                           つづく

つづきです。  -投稿者:マルメロ  2002-03-10 01:17:43

 松阪自身は、強打者との駆引きにおける緊張感や
それに打ち勝ったときに充実感(或いは開放感)、な
どを指したつもりで「楽しむ(んだ)」と思われ、それ
は高橋も同様でしょう。ただ、その「楽しむ」の内実
を具体的に表す語彙乃至は表現力を有していないため、
自分の中のさまざまな感情を「楽しむ」という“単語”
に集約させて発したのだと思います。このようなこと
を仮に「言語の単語化現象」と呼ぶことにします。
 
 これはある人々にとって実に便利なことです。別段、
自己の表現力を磨く必要がなくなるわけですから。複
雑な“単語”の内実を詳細に表すことなく、何となく
解ったような気分にさせ、自明に共通理解を得られて
いるように思わせることができます。
 他の例を挙げると、構造改革に伴う「痛み」というの
がこれに当てはまると思います。
 
 それはさて置き、松阪や高橋のようにメディア露出度
の高い人物が「楽しむ」を常用すれば、それを見た他のス
ポーツ選手が「これは便利な表現だ」「こう答えておけば
無難だ」「こういう風に言うのが良いのか」等と考えても
不思議ではなく、それ故、あれ程スポーツ界に「楽しむ」
が広がったのだと思います。
                       後日 つづく

後日と言いつつ同日つづき  -投稿者:マルメロ  2002-03-10 11:42:58

 「楽しむ」の内実は『つづき』の冒頭で述べたような
ものだと思いますが、現在は主客逆転現象が起こって
いて、「楽しむ」という“単語”に引きずられて、選手
が本当にただ楽しんでいる様に見えます(これも言霊の呪力か?)。
 これはオリンピックに限ったことではなく、昨夏の
甲子園でも笑顔でプレイしている高校球児がやたらに
目に付きました。また、何故か毎年のように日本で行
われているバレーボールの世界大会(特に女子)では、
1ポイントとったらいセット獲ったかのような、1セット
獲った日にゃ優勝でもしたかのようなはしゃぎっぷりを
見せ、「私達楽しんでます」というポーズを見せつけてい
ます。

 笑ってしまうのが、上記二つのケースでは彼等は劣勢
になったり負けたりすると、まるで生気を失った顔にな
るのことです。彼等は決して競技そのものを楽しんでい
るのではなく、“勝っている状態”に浮かれているだけ
なのです。
 劣勢になったら辛いし、負けたら悔しいに決まってい
ます。それが自然な感情の発露でしょう。だから試合中
は形勢に動じない精神力が要求されるのです。
 
 彼等はどんな結果でも試合後は「楽しい」と言います。
何度も言うように私は「楽しんだ」=「充実感を得た」「満喫
した」だと思っており、これは時に勝敗に拠ることなく、
全力(知・体とも)で挑んでこそ感じられるものです。
 しかし、彼等や今回のオリンピック選手が全力で競技
していたとは思えません。だから「楽しんだ」の言に説得力
が無いのです。
                      まだつづく

スポーツ  -投稿者:Y・S  2002-03-10 21:13:18

マルメロさん、いろいろ考察してくれましてありがとうございます。
以下の内容はオリンピックにかぎってということで述べますが、
私があの「楽しみました」発言で腹が立つのは、思うような
結果を残せなかった選手にかぎって言い訳っぽくいうことが
多いからです。

応援する人は、その選手に勝ってもらいたいから、
またより良い結果を残してもらいたいから応援するのであって
楽しませるために応援するのではなく、もし不本意な結果に
終わった場合に応援してくれている人のことを思ったらとても
「楽しみました」などとは言えないと思うのです。
 〔ちなみに応援する人というのは
  その選手のことを思う全ての人を含みます]
そんな言葉が出るということは本当に全力ではやっていないん
じゃないかと思うわけです。
ようするに「もっと本気で悔しがれ!」と言いたいわけです。
それが応援してくれた人への最低限の礼儀であり、もし
全力でやっていたのならそれが人間として自然な感情だと思うのです。
心の中では楽しんでいても全然構わないのですが、その不本意
な結果を「楽しみました」の一言で相対化されると本人はそれ
でいいかもしれませんが、応援する側はうさん臭く感じるのです。
単なるミーイズムでやっているのかと思うわけで、それは見ていて
とても気持ち良いものではなく、そんな人には日本代表という
看板を背おって欲しくないと思うわけです。

(つづく…と思う)

スポーツの続き  -投稿者:Y・S  2002-03-10 22:39:27

確かにマルメロさんの言う通り、インタビューを受けて
何を言っていいか分からずについポロっと「楽しみました」と
言ってしまうこともあるかもしれませんね。

あとバレーボールで一点取るごとにハイタッチしたりして
喜ぶのは、実はあの間に床に落ちた汗を拭くらしいですよ。
自分たちだけでなく相手チームにもその時間を与えるために
ああやって少し時間をかけてはしゃぐみたいですよ。
もちろん点を取った方は自分たちを鼓舞させて、勢い
づけるためということもあるようですが、合理的には
そのような理由があるようです。いつのまにかそうなった
らしいですが。
よくみると選手はパンツにハンカチみたいなものを挟んでいる
ので分かると思います。

まとめのつもり  -投稿者:マルメロ  2002-03-10 23:46:03

 私の言いたいことの一つは「スポーツ」の方で
まとめていただいたので(Y・Sさんありがとうご
ざいます)、今一つ、付け加えたいと思います。

 スポーツ選手、特に日本代表の肩書きを背負う
者は、競技で楽しんでも悔しがってもいいが、そ
れを自分の言葉で表現する能力を有せよ、と言いたい。
 例えば、アメリカのスポーツ界で「悪童」と呼ば
れているNBAのアレン・アイバーソン選手やMLBの
バリー・ボンズ選手ですら、通常のインタビュー
では自分の言葉で、しかも紳士的に、自分の試合中
の役割・冷静な展開分析・チームメイトへの感謝・
相手チームへのリスペクトを語ります。
 これは一種の礼儀であり、スポーツ選手と言うよ
り一社会人・常識人たる指標となるものだからです。

 ところが日本の選手の場合、まともにしゃべれる
方が少ない状態です。特にサッカー選手にある「〜と
思いますけど」と中途半端に終わるインタビューが鼻
についてしょうがない。「その後に続く言葉はなんじゃい」
といつも突っ込んでいます。
 これが国内に収まるならまだしも、国際大会でも
同様の状態なので、日本のスポーツ文化の程度を指
し示しているようで、恥ずかしくなります。
 もちろん、インタビュアーである日本のマスコミ
(特にTV)の資質にも問題があると思います。日本
ではイチローや野茂的なインタビューは敬遠され、
新庄的なのが重宝されます。
 アメリカのマスコミでは、新庄はペットのような
存在として認知されているのではないか、と思って
しまうのですが。
                   この話、一応 了

おまけーオリンピックについて  -投稿者:マルメロ  2002-03-11 00:30:42

 >Y・Sさん
 バレーのハイタッチで喜ぶ(そして時間を取る)のは
一種の紳士的行為とありましたが、現在の国際大会で
は汗拭き用のモップボーイ(?)もいることですし、そ
の役割は形骸化しているのではないでしょうか。
 現に、ロシアなど他国の選手は、加点時の鼓舞行為
は最小限にし、ポーカーフェイスを貫いているのが多
いように見えます。それに、日本の特に女子の場合は、
喜んでいるを通り越して狂喜乱舞の表現が相応しく、
あれを見ていると代表チームの試合でさえ、クラブ活
動の延長のような、幼稚さを感じてしまうのです。

 今回に限らず、オリンピックで日本はどうして明らかに好成績を
得られそうに無い競技に4人も5人も出場させるのでしょうか。
 と考えていたら、『週刊新潮』3/7号に「日本の選手団の内訳は
選手(補欠含む)109人、スタッフ109人」とあり、あきれてしまいました。ちなみ
に、メダル35個獲得したドイツは選手153人に対し、
スタッフ53人だったと思います(確か)。
 しかも、銀メダルを獲得した清水選手は、JOCの用意した(?)
コーチには頼らず、武田豊樹選手と二人三脚で練習していたそうです。

 呆れ事はさて置き、MK(初代)さんいわくの某2chで「日本は
参加人口の少ない競技に選手を出して、オリンピックに貢献して
いる」という書き込みを見ました。この指摘はあながち外れていな
いと思います。
 確かに、オリンピックを慈善事業の一環と位置付けると、スポーツ
振興という要素があります。しかしそれは経済的に苦しい国に対して
のことであり、経済大国といわれている日本には当てはまりません。
各種競技のW杯はじめ、代替措置がきくからです。
 
 では何故、一面無駄ともいえる選手派遣をするのかというと、JO
CがIOCの役員職に色気を出しているからではないでしょうか。し
かもそのためにどのような努力を払っているかというと、お隣韓国の
ように政治力をガンガン発揮するわけで無く、一部とはいえ我々の税
金を使って、偽善的にオリンピックに貢献しているようなポーズをとっているだ
けです。

オリンピックについてのつづき〜すいません  -投稿者:マルメロ  2002-03-11 00:55:42

 下記は私の忌み嫌う罵詈雑言やレッテリングの類に属し、邪推
である可能性もあります。
 しかし、もしこれらの推測が事実から全く乖離しているのであ
れば、なおのこと日本は好成績の得られる可能性の低い競技に多
数の選手を参加させるのをやめるべきだと思います。
 その競技のレベルの底上げを図るのなら、代表枠を1つにして、
苛烈な競争を惹起するべきでしょう。今の状況は選手が甘やかさ
れていると思います。

 また、日本のスポーツ文化の向上を図るなら、各種競技のW杯
を重視した強化策を練るべきだと思います。オリンピックはスポーツ
の総合大会として希少な存在ですが、あれ程商業化して、しかも
権威付けされてしまえば、不正や腐敗から逃れられるべくもあり
ません。
 「オリンピックも数ある国際大会の一つ」と位置付けて、ある程
度距離を保てばいいと思います。さすれば、JOCの邪な考えも、
無駄な選手派遣も減るでしょう。

 私はどこかのしたり顔の“スポーツジャーナリスト”のように、
「オリンピックなんて所詮規模の大きい国際大会に過ぎない」など
と言うつもりではなく、「あまり神聖化するべきではない」と言い
たいのです。
 今後は、韓国のひそみに習って(笑)、強化種目を絞る必要も出
てくるでしょう。自然、淘汰される種目もあるでしょうが、日本
スポーツ界のレベル底上げのためにはその方がいいと思います。
 ただし、絞るのならショーとトラックのような地味なものでな
く、もっと華のある種目にして欲しいです(笑)。

夜更かししてます  -投稿者:Y・S  2002-03-11 02:29:18

>マルメロさん
でも実際テレビで、選手があの「狂気乱舞」の
間に汗を拭いている場面を何回も見ましたが。
あとロシアの選手は確かにポーカーフェイスですけど
あれは誤解を恐れずに言ってしまえば、ロシアの選手は
ロシアという国のために金を取る「機械」のような気がします。
そして選手の方も金を取れれば、日本では考えられないほどの
地位や名声、金銭を得られるからまさに利害が一致しており
決して「楽しい」スポーツではないのだと思います。

それと、私は決してバレーのハイタッチが紳士的行為とは
言ってないですよ。肯定も否定もしていないし何かのテレビ番組で
元日本代表の大林選手と中田久美選手がそのように言っていたし、
実際あの間に汗を拭いている場面を私も見たから
(日本の選手だけではなくて)そのようだと思い言ったのです。
私の価値観を加えれば、時々あの間の選手の表情がアップで
映ることがありますが楽しそうには見えず、なかなか危機迫る表情
をしており激を飛ばしているように見えます。あれはあれで
一つのやり方でいいんじゃないかと思います。少なくとも
ロシアのポーカーフェイスよりは人間的で好きです。

バレーではよく、どちらかのチームが続けて何点も取るとき
がありますがその状態を「流れが来た」とか「波にのる」とか
言います。これはいろいろな要因が複雑に絡み合って初めて
出来あがるものだと思いますが、ようはこの「流れが来た」
状態にもってくるための一つの「方法」なのではないでしょうか。
観客から見れば幼稚なほどオーバーに喜ぶのも全てはこの
「流れ」を作り出すためであり、それはすなわち勝つため
だから私は別に不快だとは思いません。
きっとロシアはそんなことしなくても勝てるという
「方法」があるのだろうからしないのだと思います。
それにオリンピックはアマチュアスポーツだから
いちいち観客を意識する必要はなく、勝つためだったら
どんな方法でもやっていいんじゃないでしょうか。
(もちろん、ルール違反、不正の類はいけないですが)
挌闘家の元柔道日本代表の小川直也選手が
「オリンピックはアマチュアだから勝った負けたの世界で、
プロはいかに観客に満足してもらえるかだ」みたいな
ことを言ってましたがそのとおりだと思います。

夜更かししてます2  -投稿者:Y・S  2002-03-11 02:40:50

『その競技のレベルの底上げを図るのなら、代表枠を1つにして、
苛烈な競争を惹起するべきでしょう。今の状況は選手が甘やかさ
れていると思います。』 byマルメロさん

これはその通りだと思います。きっと今回のオリンピックでは
スピードスケートのことを言っていると思いますが
(違っていたらごめんなさい)
しかし今回では結構「メダル候補」がいたような気がしますが
見込みが甘いのでしょうか。

あとこれは質問ですがその出場枠は日本側が
勝手に決めているのでしょうか?
聞いた話ですが、フィギュアスケートの女子は村主選手が
W杯などで活躍して日本のオリンピック出場枠を2つに
増やしたというのですが。

日本茶掲示板が開示できません  -投稿者:MK(初代)  2002-03-12 23:31:42

 このごろ、鈴木宗男問題や、うっとおしい事件ばかり起こりますね。
小泉首相がもっと大胆に、理念と言うか、理想を発表して、
国民を味方につけるのはどうでしょう。

 私のまわりの普通の主婦たちも、最近の治安の悪さや、国益を損なう外交など
には
切れかかっているのが、多いですよ。どうかしてよと。

いささか、他力本願ですが。

日本代表  -投稿者:GOAL  2002-03-14 12:42:15

日本に帰化した三都主が21日のウクライナ戦で初代表に選ばれました。
ファンとしては代表のユニフォームを着た彼が見たい。君が代も歌うのか?
スポーツ界で日本に帰化したラモスさん、KONISHIKIさん、呂比須さん達も日本
人以上に日本人らしいと言われますね。
日本国籍を自ら進んで取得した彼らの「心」を思い、日本人の意識が希薄な「国
籍」について考えるいい機会になればと思います。

日本式社会主義は大嫌いだ!  -投稿者:MK(初代)  2002-03-15 19:37:44

 みなさま、お元気ですか。

 また、私は友達から悲しい話を聞いてきました。
彼女の知っている大きいお宅が、ご主人の死亡に伴い、建て替えられマンション
になるそうです。
きれいなお庭の日本家屋だったのが、相続税や、固定資産税などの維持費を残さ
れた家族だけでは払えない
ためだそうです。木は切られ、美しい日本家屋はなくなってゆく。
近頃は、こんな悲しい話ばかり目立ちます。

では、また。

MK様。  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-03-15 21:15:56

たしかに日本は税金が高いですね。しかも相続税・固定資産税と、複数の税法
がかかわってくることも多く、分かりにくい。本当にわけがわからんと思ってし
まいます。

税金の使い方  -投稿者:MK(初代)  2002-03-16 14:09:17

オーベルシュタインさん、レス(お返事)ありがとうございます。

 鈴木その子さんの遺産80億円にかかる相続税が50億円だそうです。
なんかガッカリすると言うか、女の人をきれいにするというような夢を与える仕
事をされていたのに
頑張れば、女の人一代でもあれだけのことができるというジャパニーズドリーム
みたいだったのに
日本の政府と言うか官僚の税に対する考え方は、間違っていると思っています。

 そして、減税するにも財源がないとよく言われますが、税のほとんどが人件費
でしょう。
人員削除の人件費削減が必要と思います。企業倒産、リストラを横目に、9時か
ら5時完全週休5日制
やってることは土建屋行政や、弱者の味方気取りの赤字経営ばかりが目立つ。
書いてて嫌になってきましたので、やめ。天下りの退職金削減など、少しはよく
なって来ていると信じつつ。

 なお、私のHNですが、MKの部分のみ直接入力(=半角英数)で、全角英数で
はありません。
最初に、訳が分からずに適当に書き込んでいたために、そうなってしまいまし
た。昔の投稿のネームも
バラバラでいい加減です。なにぶん、O型の「まっいいっか?」のアバウトな性
格なため、お許しください。
昔の投稿を調べるには (初代)で調べる方がいいみたいです。(余計なことで
すが)

では、また。

Living Deadと化す  -投稿者:SOGA  2002-03-16 20:50:40

先日投稿してすぐ突込み仕事が入り、今しがた納品が終わり一息吐いています。
しかし、明日に別の納品があるので、頑張らねば・・・眠い。落ち着いたらまた来
ます・・・

MK(初代)さんへ
勉強家ですね。いつも感心しています。こちらこそ、よろしくです。

ダーヴェルさんへ
『ちびくろサンボ』は2〜3年前からリニューアルされて書店で売っていますよ。
何がリニューアルされたかと言うと、サンボという名前の黒色人の子供が主人公
になりました。
昔は通称(サンボ=黒人)だったので発禁になったんですよね。(言葉狩りみたいで
嫌になる)
意味合いが変わっただけで、内容は変わってませんが・・・

チョット一服  -投稿者:イヴの末裔  2002-03-16 23:05:14

ほんとにちょっと鬱陶しい事件が相次ぎ新聞読むより外で鳥の鳴き
声に耳を澄ませ、桜でも心待ちにしていたい今日この頃ですが。コブ
シも満開です。ダーヴェルさんNewsweek日本版ご覧になられてらっ
しゃるのですね。先週号も相当「煽情的」でした(悔しいですね)
日本の国債格付をアフリカのボツワナ(エイズが蔓延している最貧困
国の一つだそうですね)と同レベルに落とすことを欧米の格付機関が
検討中で、このまま2010年(でしたっけ?)には日本没落?しかし、
長くなるので細かい分析ははしょらせて頂き、やはり、一番の問題点
は、(あまり危機意識のない)国民や海外の主要筋に現在の状態、解決
法を説明することを怠っている(その能力がない)政府、メディア、
教育者に問題がありますよね?海外の評価と(陰謀ではないと思いま
す)、国民の実感に温度差があって、ボキャ貧になっている。黒人差別
などと言われてしまうのも一つは表に出ている日本の人に言語能力が
ないからかもしれません。諸外国も何かを言って欲しいのかもしれない
かな、と。反論でも何でも。お人よしの日本人はもっと屁理屈をこねる
方がいいと国際政治学者の猪口さんが昔おっしゃってた覚えがありま
す(笑)。経済危機の解決に不可欠なものが政策の説明と、(金融など
の)透明性を高めることのようです。やはり鉄の女がいるでしょうか
(笑)もしやフォークランド紛争日本版なんかも起こるのでしょう
か(冗談です、、)政治がもう少しリーダーシップを取れるようになれば、
日本は借金を上回る資産と国民の潜在能力がありますので(しかしヤッ
カイな近隣諸国もいますね)質実な経済、生活状態に立ち直れるはず(だと
願っている!)。同時に教育改革を質、システムの双方でやれば…。

外交と日本の土地  -投稿者:イヴの末裔  2002-03-16 23:08:45

そして、外交が打算と理念(正義、感傷ではない)の「アート」
(これ、陸奥宗光様のお言葉を拝借。少しだけ偶然観た「堂々日本
史」面白かったようです)に徹することが出来れば。弱小国の正義、
自尊心は負ける。やられる。通じない。仕方ない。パキスタンも中
国もソ連もポイントちゃっかり稼ぎ、インドネシアのメガワティは
女性とはいえテロを餌にお金を稼ぎ。打算あるのみの外交、国際政
治を見ていると木村太郎さんの指摘などは(相当抗議があったそう
ですが)一理あったと思わざるを得ませんね(ますます政治が嫌に
はなりますけど…)。もしも、本当の信念、政治理念なりがどこか
にあれば、フレキシブルに戦略に徹することが出来ないものでしょ
うか…。どうしたらいいのでしょう…。少なくとも政治家、官僚は
永田町政治以外で頭使わざるを得ない時代には…なってきているよ
うですよね?国民と諸外国に目を向けて。
MK(初代)さん、相続税は、確かに、問題点多いですね〜。そこま
で。驚きました。英国などはとにかく街並も自然も古いまま残って
いますが、あそこはどういう仕組になっていたのかとふと思いまし
た。どなたかご存知ですか?エコノミストも騒いでいる政府の都市
再生計画なども、どうなんでしょう?国主導よりも地域主導で、や
っていった方がまだよいものになるのではと思わないでもないですが…。私は、
自分が農業や林業にも質実な(勝手な)憧れと言います
か必要性も感じますので、この辺も長期的に政府に育てて欲しいで
す。でも、この二つだけだと暗い話しかなさそうなので、これと
消費者、建築家、工務店、ハウスメーカー、自治体ななどを結び
付けて、トータルで儲かる産業に何とかならないものか?などと夢
想しているのですが(笑)。ITグローバル化時代だからこそ、皆様の
おっしゃるこういう土地や景観、そして身体を使った労働という人
間の存在の基盤をバランスよく現実的に整えて(取り戻して)いって
欲しい様な…。これは個人の力だけでは国際競争もありますし無理
ですよね。挫折している人もよく聞きますし。理念も頭もそろった
政治家よ、出てきて質実剛健なチープガヴァメントを設立していっ
てくださいますよう。

社民党、、やっぱり社民党  -投稿者:yesido  2002-03-17 09:55:13

久々に投稿します。
社民党の辻本議員が北朝鮮に関し
「北朝鮮には補償を何もしていないのだから
その事をセットにせず『9人、10人返せ』ばかり
言ってもフェアじゃない」と発言したそうですね。
今更言いたくは無いのですが、さすが阪神大震災時
6千人以上殺した首相の流れを汲む政党です。
国民の命というものに対する姿勢がよくわかります。
鈴木宗雄がロシアのスパイなら辻本清美は北朝鮮の
スパイなのでしょう。
こういう人たちが政党を組んだり、国会にいるということは
怒りを通り越して悲しくなってきますね。

yesidoさんへ。  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-03-17 20:11:06

辻元大先生はそんなことおっしゃってたんですか。(皮肉を込めて)さす
がー、やっぱり言うことがちがうなあって感じですね。
こんなことはいいたくないのですが、もしかして辻元氏も北朝鮮の拉致になにか
しらかかわりがあるのでは?と思ってしまうのですが。
・・・・まあ、そんなことは100%ありえないと信じてはいますが。

取り急ぎ、勢いで、つい、投稿を・・・  -投稿者:イヴの末裔  2002-03-20 00:07:11

辻本さん、最近勉強されているようで、割と買っていたの
ですが拉致事件と戦後「保障」は別次元ですよね?また、私
はあまり詳しくはないのですが、日本はお米を援助したり
結構色々北朝鮮にもしていなかったでしょうか?それより、
何か雑誌に暴露されたようですね。もしや「出る杭は…」??
ニュース聞き逃しました。それで、今の時間あっている
筑紫哲也さんのニュース(初めて観ました)を仕方なく(?)
付けまして!!田中真紀子さんは何をされてるんですか???
呆れなれていた私も・・・呆れました。海外のメディアに
日本の悪口をペラペラレベル低い英語で言ってどうする????
恥ずかしい。超行き過ぎ。意図が分からない。私は海外を”睨み
まわしている”欧米のメディアの辛口のヴィジョンや意見は一”仮
説”として参考にはしますが、現職の政治家(しかも元外相)が海外
のメディアに自国をこけおろすような、自国を見放すようなことを
言うなんて、一体全体…。非常識極まれリ。国民をバカにするのも
程ほどに!!普通の人は、海外に行けばどんな人でも愛国心に目覚
めるものでしょうが(本国にいるからこそ苦言も一民間人として安
心して敢えて言う。言わせて頂く。一方海外に行くと日本のニュー
スがとにかく気になる。また自分も日本代表のような気がすると学
生でも言っているのに。海外にいる邦人の方は一体どんな気
がしてこのニュースを観られるんだろう…)そこまで言うことが溜ま
ってあるならば、日本の国民に向かって、メディアに向かって、理
路整然と語って下さい!せっかく小澤征爾さんに浸っていい
気分になっていたのですが…。でも、今日地方紙に若者が行政と
市民の間の紛争解決に乗り出したというような明るい話題も
ありました。でも明日の朝刊がやや恐いような…(--;)願わくば
英国民などがこの記事を一流の(?)ジョークとして笑って忘れて
下さいますよう。
MK(初代)さん、またまた素敵な引用有難うございます。言い尽く
されている、と言いますか、昔の方は偉い、凄いといつも思います。
後でまたじっくり読ませて頂きます。先人の智恵に学ぶことこそ時代
を生き抜く智恵ですね。何だかしみじみ…。

こんどは・・・  -投稿者:Y・S  2002-03-20 02:01:42

辻元大先生が疑惑?
まあまだよくわからないけどね。
北朝鮮発言は16か17の産経の朝刊に
載ってましたね。被害者のご家族にしてみれば
たまらないだろうと思います。
国益を守り、日本国民の幸せを第一に考えなけ
ればならないはずの国会議員があのような発言を
するとは…党の性質からしては大して目新しい
ことではないけれど・・・ためいき3つくらいです。
まあ昔ほど進歩的な論調は鳴りをひそめたこのご時世
社民党支持者以外には、決して届かない言葉だと
思うから私は放っておきます。

一連のムネオ問題では、辻元は正論を言っていたかも
しれませんが、国会議員として信用できるかといえば
「NO」ですね。意見は誰が言おうが正しければ
正しいし、間違っていれば間違っていますから。
大きな国家構想論で見た場合、歴史観も含めて
私は社民党はこの日本には必要ない政党だと
思ってます。まあ参議院にはあってもいいかも
しれないけど。

明日  -投稿者:Y・S  2002-03-20 02:37:10

仕事が休みなんで少し夜更かししてます。お許しを。
やぱり国会議員を選ぶ選挙は、「もっと庶民に身近な政治を!」
とか「地方に目を向けた活動!」とかではなく、
もっと国家の展望に関する政策、理念が選挙の争点に
ならないといけないなと思いました。
そうでないと、辻元やムネオみたいなのが選挙を
通ってしまうんです。早く衆議院は比例代表を廃止!、
小選挙区だけ。法案を造れない小さい野党はいらないでしょ。

いっそのこと選挙前には候補の人に、歴史観、外交、憲法、有事
法制などをひっくるめた国家に関する将来へのビジョンを
明確に文章にして、選挙区の有権者に配るくらいのことを
してはいかがでしょうか?テレビでは見れない人もいるから
不完全だ。そのために税金が必要だったら使ってもいいし
足りなければ黙って一万円だしてもいい!それで政党や
議員の立場が明確になるんだったら安いものだ。

辻元疑惑  -投稿者:ダーヴェル  2002-03-20 19:57:48

まぁ真偽は判らんけど、
宗男や森の時と同様、キッチリと叩いていただきたいですな。
メディアの皆様方には。
是非とも「公平」な報道をお願いいたします(笑

海上保安庁の懸念  -投稿者:ネム介  2002-03-20 21:20:05

3/20産経新聞「正論」の曽野綾子氏の記事を読んだ方はご存知の
通り、海上保安庁が民間人対象の会議で用心すべき点を、氏が私流
で表現したもの。

 ”・・・たとえば、或る日、日本の海岸線一帯に、数百数千の小型
  船舶船が、難民に近い民間人を乗せて押し寄せたら、・・・各県
  はどういう対応をするのか。多くの日本人はかねがね大変な
  人道主義者・平和愛好者で、困っている人は助けなければなら
  ない、と言っているのだから、それらの人々を各府県が引き取る
  のか。・・・それとも・・・難民という名の侵略者は水際で追い返し、
  人道主義者の美名を返上しても自分の暮らしを守るのか・・・
  少なくとも万が一の場合の覚悟をしておくのが義務だろう。”

不審船、領海上のトラブルの報道に接するたびに、まさに私も想像
していたこと(正直、私の周囲を鑑みた実感ではありませんけど)。
私がその場に遭遇したら、どうするか苦慮するとは思いますし、力
もないし、どのような態度を示すかは、わかりません。

それら難民の内にはある意図を持った人間が居ると思うのは自然。
もし、公的機関(庁、放送局、ライフライン等)も含め多くの人々
や設備が、国の防衛ラインをかいくぐり占拠された場合、その現場
の我々日本人は、どんな対応をとるのだろうか?相手を懐柔しよう
とする者、逃避するもの、無謀に向かっていく者・・・いろいろいる
であろう。結果的にそれらへの対処は何とか落ち着いたとしても、
今の、日本人のメンタリティや個々の人間・地域関係に大きな影響
をもたらすことは、否めないと感ずる。

長々とした、投稿ご容赦のほど。

かなりの深夜ですが・・・  -投稿者:いあつま  2002-03-21 03:00:49

ご無沙汰しました。過去ログはあまり読んでいないので、いま時点
では状況はよくわかりませんが、「とまり木」は活況のようですね。

主義主張が同じ政治家が大同団結して日本再生のための政治勢力
(政党)を再構築すべき、というのが私の考え方ですが、本来分裂
すべき自民党や民主党が、田中眞紀子、鈴木宗男、加藤紘一らを巡
るドタバタ劇があっても、一向に分裂する兆候も無く、政界大再編
は遠のいた、ともいわれています。

政界の状況は、体制を破壊するパワーも、体制を構築するパワーも
喪失したまま、表面的(人気的)には、田中眞紀子議員の一人勝ち
の様相を呈しています。

一方、日本再生のための理論的支柱であるはずの保守論壇は、日本
再生のための国民的潮流を起こすべく、ますます相互の連携を強め
て左翼陣営と対峙しなければならない時期であるにもかかわらず、
逆に、対米認識で、特に西部氏一党(小林よしのり氏を含む)が
自説に固執するあまり、過度に他の保守論客との相違を強調して、
分裂気味の状況に突入しました。

分裂すべき政党が分裂せず、分裂すべきではない保守論壇は分裂す
る、期待どおりには行かないのが、世の常、とはいっても、いつま
でこんなことをしている余裕が、この日本にはあるのか・・・。

話はガラッと変わって、変わりすぎ(?)
「いつもは、入学式のシーズン前後が見頃であるはずの桜が、今年
は卒業式の前後に、もう桜も満開だ」と今日会った知人が、のんび
りとした表情でサラリと言っていました。私もいつもより早めに、
花見に行かなくては・・・。

辻元議員の疑惑。  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-03-21 17:59:32

同じ党の原陽子議員がテロの時に言ったセリフがいいたい気分です。
辻元議員も叩けばもっといろんな疑惑がでてきそうですな。
マスコミの皆様。あまり気乗りはしないでしょうが、是非とも鈴木宗男氏並の追
及をしてください。

明日から昼が長くなる  -投稿者:イヴの末裔  2002-03-21 23:11:55

与党も野党もどっちもどっちだわ〜。メディアの皆様が政治家の
疑惑をシッカリ追及してくれるのを祈りつつ、ここで、忘れられ
がちな(?)官僚批判をさせて下さい(皆様、いい加減聞きたくな
いでしょうけど…)。
最初にお断りさせて頂きますが、私は官僚に対して何の個人的嫉妬
も恨みも情報も戦略(?)などもなく、一人の(一応)学歴なども
ある方かもと思う日本人として、ただ、直感として、個別的、具体的
なことではなく、大きなことを少し書いてみます。間違っているかも
しれません。
今回の“ムネオVS真紀子騒動“(辻本氏も加わりそうですか)で、結
果として勝ったのは外務省、とTVなどで言われていると家族の者が
申してました(私よりTV、週刊誌等をよく見ているので詳しいです)。
そして、私が「この人はアジアにしては個人がある(ちなみに
個という概念は西洋のものだと思います。中国は家族、血縁主義、
日本はムラ社会の伝統が根強い、と。これは文化の差ですね)、と思
う人はどうも最近の日本社会に対してちょっと悲観的です。「何かお
かしい」。実は私も、組織の中ではそう感じてきた方の人間ですが(女
性故でしょうか?)、久しぶりに以前仕事を一緒にした元海軍関係の
お方(穏やかな方です)が何を思われたか突然先程お電話下さり政治の
事も雑談しましたのでその内容を少し。この方は「自分も最近の政界
の流れを見ていて戦前を思い出す。嫌な感じがする。官僚(今回は外
務省)=旧陸軍だとよく比較する人がいるが、日本は首相や大臣、政
治家が斬られ、官僚が書類を作り生き残る、結果としてこの構図。こ
のシステムが絶対変わらない。明治維新は日本人は自ら文字通り血を
流して構造改革した。日本人はその時”謙虚”であった。その後、旧
陸軍が力をつけ自分達は“強い”と錯覚を起こし、戦争へと突入した。
戦後日本人は自分達の力のなさを知り、その間ずっと謙虚であった。
そして軍事力ではなく経済力をつけ繁栄した。そして今、力を蓄えて
いるのは結果として官僚。しかしそれは日本の国力を蝕んでいるので
は。

桜開花  -投稿者:イヴの末裔  2002-03-21 23:19:46

(続き)
「官僚が蓄えた「力」は今度はどういう形で表出するとすればする
のか。切羽詰って「戦争」か。彼らは秀才で“傲慢”だ。学歴の
ない政治家の言うことなど聞くものか。差当たり舛添あたりを外務
大臣にしないと危ない」と。
生気を失う一方の小泉首相を見ていますと、何だか、「巨悪」は霞ヶ
関にも随分とあるのではないでしょうか…。ただ、私の意見としまし
ては、官僚組織=悪というよりも、官僚=時代遅れ、視野狭窄、非常識、傲慢で
はないかと(言い過ぎですか(笑)?)。とにかく改革、で
しょうか。日本人には清教徒的勤勉の哲学があると山本七平さん他、
多くの識者が指摘されていたと思うのですが、これこそ世界に誇る素
晴らしい宗教心(=倫理観)の一つ、「豊か」になった今、遊び心や戦略、ゆとり
はフレキシブルに目一杯発揮したいですけど、傲慢なだけ
の官僚や政治家なんて最もいらない!傲慢こそ現実を見誤らせる巨悪
だと思います。そんな人達に責任の伴わない権力を持たすべからず。
ムネオVS真紀子、辻本疑惑は例え片が付いても、その後残るは空しさ
ばかり…では困る(それにしても嬉し笑いをかみ殺している福田官房
長官の顔もまた見ものでした(笑))。若手議員や広い視野や見識、現
場の実績を持つ方々が国民が最も幸福で楽な方へ日本を引っ張って
いってくれるのを一国民として期待したいです。

桜によせて  -投稿者:MK(初代)  2002-03-21 23:48:16

 いあつまさん、お久しぶりです。
関東は桜満開ですか。関西は、まだです。今日は、春の嵐、風がとても強かった
ですね。
高い所から、大阪市内を望むと、うっすらと黄色に霞がかかってています。黄砂
もひどい。

「ODAは、今後、環境を守る為の、木を植えることのみとする」ってのは、ど
うでしょうか。
日本人は、木が好きですからね、今までも、たくさん木を植えてきたと知って嬉
しくなっています。

こちらのお花見は、4月は天気が変わりやすく、嵐も多いので、早く見に行かな
いと散っちゃう、散っちゃう、
となんか、すごくせかされる感じがしています。ただ、はらはらと、散る桜にあ
たると
これもまた、この世ものとは思われないくらいきれいで、なんてはかなくて美し
いんだろうと、、

 昔は、お風呂場の窓を開けていると、桜の季節にはひらひらと花びらが1枚、
2枚入ってくることが
あって、桜の花びらの浮かんだお湯は、それは、それは、いいものでした。今
は、網戸と防犯でぺけ。

では、また。

家の前の・・・  -投稿者:Y・S  2002-03-22 00:08:49

桜ももう満開です!ちなみに東京です。
関西方面はまだなんですね。黄砂ってあの中国の黄砂ですよね?
大阪まで飛んできているんですか!?凄いっすね。
しかし風強かったなあ…、車で首都高走っててもゆれるゆれる!

官僚ってのもそれなりの試験や競争を勝ち残った
連中なんだから「やれば」出来ると思うんですが…
そんなに「見返り」がおいしいんですかね。

遊ぼう!新幹線から見た富士山きれいでした  -投稿者:MK(初代)  2002-03-24 12:02:00

 行って参りました、東京ディズニーランドとディズニーシー。
3デイパスポートを買って、目いっぱい楽しんできました。
ディズニーランドの方は、まあまあでしたが、(行ったことがあるので)
ディズニーシーの方は、新しくてきれいで異国情緒満点!とてもよかったです。
以前、どなたかが書いておられましたが、日本人は国内に外国を
作ろうとしている、それもいいとこ取りのエッセンスのみの外国、
そこには本来あるはずのいやらしさ(たとえば、スリ団や貧困治安の悪さ)
が、ないって。ベニスの街に似せて作られた運河でゴンドラに乗って、
へたな(ごめん)歌を聴いて、空を眺めていると、幸せというか、日本ってすご
いと
実感せざるをえない感じでした。基本コンセプトは米国だから、まー
アメリカ(ディズニーや、USJのユニバーサル)もすごい!ということでしょ
うけど。
パレードやショーが見れて、外国へ行ったような気分が味わえて
もちろん、ギャー!の絶叫マシンにも乗って、三日間夢のような心地でした。
大阪人的にいうと、もう少し食べ物がな〜〜ってところですが。
折角、東京に行くのだから、他も見に行こうと思っていたのですが、結局、そこ
だけに
なってしまいました。実際に、最近、外国に行ってきた人にも聞き合わせましたが
それに比べても相当いい線いってると思います。

では、また。(いつ行ったかは秘密!!?)

言い訳ですが  -投稿者:マルメロ  2002-03-25 00:50:13

 東京では、春の嵐で桜も散る頃でしょうか。
東京では桜吹雪が舞ったかもしれませんが、こちらでは
本物の吹雪です。
 
 私の家は、家族ぐるみで飲食店を営んでいるのですが、
三月は送別会やらで、一年で最も忙しい月になります。
書き入れ時です。今週はほとんどありませんが、昨日まで
は宴会も目白押しでした。
 たくさんのお客さんに来ていただくのは本当にありがたい
のですが、今月はさすがに疲れました。
 いやいや、わがまま言うのはよしましょうか。

 ちなみに、四月はあまり忙しくは無いんですね。都市部では
大学の新歓コンパなんかあって忙しいんでしょうけど、私の
住んでるような田舎には大学なんてありませんし、最近では
企業や役所も歓迎会などあまりやらないんです。

 そんな(どんな?)わけで、レスが送れてしまいましたが、
どうか、見限らないで下さいね(笑)。

そして、超遅レスが始まる  -投稿者:マルメロ  2002-03-25 01:21:05

 >Y・Sさん。
 私が「紳士的行為」だといったのは、相手にも拭く時間を与えるという行為が、
サッカーで相手の選手が倒れているときにボールを外に出て、相手に治療をさせ
る行為や、全日本プロレスで、場外に落ちた相手を場内に戻す行為に似ている
(笑)と思ったからです。もし私の読み違えであれば、これを撤回します。

 私は、イヴの末裔さんのように理性などという高尚なもので無く、自分の感性
に基づいてここに書き込んでいます。故に、基本事実の未確認や、無知・思い違
いなどをさらすことも多々あると思います。
 そう言うときは遠慮無く言っていただければ、私にとって勉強になるし、その
ような態度でここに参加しているつもりです。

 従って、Y・Sさんが疑問を呈されたことにちゃんと答えるだけの知識を有し
ておりません。オリンピックの出場枠がどのように決まっているのか、日本代表
が過去オリンピックでどのような成績を残したか、細かいことは知りません。 
ただ、自分の感性に照らし合わせて、「これはおかしいんじゃないか」と思ったま
でです。

 日本代表のフィギュア枠が、村主の頑張りによって増えたことは賞賛すべきこ
とだと思います。
 また、今回の五輪では良い結果を残せかったスピードスケートやスキージャン
プの代表にしても、国内で厳しい選抜試験を勝ちぬいてきた結果としての代表な
ので、世代交代が進んでいないなどといわれても、それが現状なので仕方ないと
思うし、年齢が実力の決定的要素になり得ないことは今回の五輪で証明されたの
で、これらには期待もしています。

 また、清水宏保選手のような、その日の調子の出来うんぬんでメダルの色を変
えることが出来るような選手が日本に登場したことは、誇るべきことだと思いま
す。

そして、超遅レスは続く  -投稿者:マルメロ  2002-03-25 01:55:12

 私が言及したかったのは、そのような“華のある”競技ではなく、
カントリースキーやリュージュ、バイアスロンなどのことです。

 ところで、ここに私の見落としていたことがありまして、バイアスロンなどに
は、4人参加のリレー競技があるんですね。だから、リレーの人数を確保しなけ
ればならない、という理屈は成り立つわけです。
 しかし、バイアスロンの男子リレーは12位、女子は14位です。
これは、言いかえれば×4で男子は個人平均成績48位、女子は56位
です。
 その他の種目も似たり寄ったりですが、仮にこれらの成績が低くても、他で高
い成績を収めていれば、一つの試みとして理解できなくもありません。しかし、
今回の五輪の日本選手数は参加国中第6位だそうですが、それに対するメダルは
たったの2つ。この比率は、スポーツ普及を主目的とした参加国を除けば、参加
国中最低です。
 
 仮に、日本がバイアスロンで過去に輝かしい成績を残しており、その“退化器
官”として4つの枠が与えられていようと、リレー枠として確保されていよう
と、現在の実力を顧みるなら、一度全ての枠を返上して、1枠から始めるべきで
はないでしょうか。
 将来、実力がついてきたとき、自力で奪い返せばよいのですから。

 今回の五輪では、クロスカントリースプリント1.6キロの部で、夏見円選手が
12位と健闘しました。また、五輪ではありませんが、昨年の世界陸上では為末大
選手が銅メダルを獲得しました。
 彼らは、例え出場枠が一つだったとしても、国内大会で勝ちあがり、国際大会
でやはり同じような成績を残したはずです。
 日本は、経済大国と思われてるかもしれませんが、スポーツ強国ではありませ
ん。だから、五輪に関しては見栄や惰性でいたずらに選手団を肥大させずに、己
の身の丈にあった範囲にとどめるべきです。
 競争原理を持ち込み、自力を蓄え、いつかの捲土重来をもくろめば良いのです
から。

国旗と国歌  -投稿者:MK(初代)  2002-03-25 19:50:58

マルメロさん こんにちは。

高校野球が始まりましたね。
行進曲はウルフルズとReジャパンの「明日があるさ」、うれしぃ!
開会式での、女子生徒による「君が代」独唱もとてもよかったです。
ただ、うるさいオバハンとしましては、もう少し心をこめてと言いたいこころで
したが。

また、大相撲の千秋楽でも「君が代」斉唱で全員が歌っていましたが
その伴奏が(テープ?)なんとも、ひどいものでテンポも早すぎて
歌っている人がついていけてない。わざと国歌を早く終わらせたいor
おごそかに尊敬をこめて歌うことを拒否しているようで、がっかり。

もう、ごく少数意見の尊重はうんざりなんだ。
日本人の多くは素直に国歌を歌いたいんだってことを
NHKなどのマスコミや、そして政府も早く気づいてほしいと思っています。

では、また。

Asian H!(韓国ネタ)  -投稿者:GOAL  2002-03-26 14:52:39

『日韓合同プロジェクトすばらしい!』『日韓友好大きく前進!』
とは間違っても言えないです。
やっぱり何か別の力(近隣諸国条項か!?)が働いているのか、従来の構図と何も
変わってないじゃないですか?

ステレオタイプのやり方で未来志向なんてね。
ああもったいない。もっと斬新な切り口で進むんじゃないかってひそかに期待し
ていた私。
最近はやりの日韓合同プロジェクトには泣けてくる。ウゥ・・・
韓国側のHPも見ているのでソウルのコンサートのことは知っているけど、不評み
たい。日本ではどう放送されるかな。
Asian Hの3人さん長旅お疲れさまでした !! 機会があればまた別の視点で考えて
ね。是非。

あ、小泉さん。また韓国で「両国間の特殊な関係」なんて言われて帰ってきたの
ですか。
「特殊な関係」なんて言っているうちは「正常な関係」は無理ですね。

祝!辞職  -投稿者:ダーヴェル  2002-03-27 00:18:52

いやぁ、めでたいですな。
こうあからさまな違法行為では、擁護のしようもなかった、
ということなんでしょうか?
噂される赤軍との関係?なんかまでツッコまれると、
もっと良かったんですが。

話はまったく変わりますが、最近
トム・クランシーの「容赦なく」を読みました。
ベトナム戦争期のお話。まぁ面白いのは面白かったのですが、
有色人種に対する偏見・侮蔑がそこかしこからうかがえて、
そこはかとなく不愉快ですな。次は「日米開戦」の順番なんですが、
う〜ん。。。
とは言え、あそこまでストレートに、
愛国心・軍人の誇りを云々を高らかに謳い上げられる、
と言うのは羨ましい限り。

常識はずれが多すぎる  -投稿者:Y・S  2002-03-27 02:52:00

とうとう辻元が議員を辞めた。
20日の会見で、選挙で選ばれた国家権力者
である代議士が国民の面前であからさまな嘘をついた
ことは弁護のしようのない行為だが、それでも今の
マスコミ、学者や評論家連中、与野党の政治家連中が
「議員辞職するべし」の一枚岩で固まっていたのには
常識が欠けているとしか思えない。

税金を不正に使ったのなら、辻元の1500万よりも
ムネオや加藤(と秘書)のほうが億単位で使い込んでいて
遥かに重罪ではないか。それなのにたかが法律的に
分かりやすいという理由だけで、辻元だけが辞めて
ムネオと加藤はのうのうと議員をやっているのが
全く解せない。ムネオや加藤が議員を辞めていたのなら
辻元も辞めるべきだが、実際は奴らは辞めていないのだから
今回は辞める必要はなし。物事の筋が通らない。

「辞めるならムネオと加藤を道ずれに」みたいなことを
言ったらしいが、ある意味正論だ。また今回のような
筋違いのことがまかり通っている現状をみれば
こんなことの一つも言いたくなるのは理解できる。

一応辞職ということになっているが、報道や報道が作り出した
世論やその他の外圧に「辞めさせられた」のは明白だ。
あの引きつった不気味な笑顔は見ていて気の毒になった。
こうなってくると、どの連中も
「辻元は気に入らないからいい機会だから辞めさせてしまおう」
という考えが真っ先に思い浮かんでいたとしか思えない。
イデオロギー優先で朝日的手法と全く一緒だ。

ネタですか?  -投稿者:ダーヴェル  2002-03-27 07:50:23

もしくは今週の「ゴー宣」で「よしりん」がなんか言ってたとか?

「みんな停めてるじゃないの〜!!(怒)」
って、大阪の迷惑駐車のオバハンじゃあるまいし。
自民党議員だったらこの程度は済まされなかったでしょう。
宗男の時の叩き方と比べりゃまだまだ遙かに手ぬるいわな。
「フェアじゃない」全然。

辞職もしたことですし、次は逮捕・訴追を希望。

辻元問題  -投稿者:MK(初代)  2002-03-27 22:32:39


ダーヴェルさんに一票!

復活!  -投稿者:SOGA  2002-03-27 23:16:12

いや〜、たった3週間で目まぐるしく世の中が動いたような、でも実際はそう
でないような・・・
辻元さん、辞任ですね。お疲れ様でした。私は当初、歯に着せぬ物言いに、これ
は政治が面白くなるかもと、
思ったものですが、蓋を開ければただの平和主義者でした。発言も最終的には個
人攻撃で内容無し。
犯罪に大きいも小さいも無い!(ドラマのセリフですが・・・)
政治家である以上、足元はしっかり固めるべきでした。他の人もやっている!は
言い訳にはなりません。
が、これ以上の他議員の追求もありえないでしょう。(芋蔓式に追求したら議員
がいなくなってしまう)
申し訳ありませんが、踏み台にならざるを得ないでしょう。顔を洗って出直して
下さい。

こうなると宗男ちゃん&加藤さんも辞任すべきですね。忘れてもらっちゃ困ります。
きっちり、けじめは付けていただきたいものです。
しかし腹が立つのは、裏番野中さんですね。宗男ちゃんが居なくなって困るの
は、野中さん本人ですから、
じゃまな辻元さんを標的にして、宗男ちゃんへの国民の目を見事逸らしてしまい
ました。
証人喚問も刑事裁判レベルまで行っていれば、野中さんの悪行三昧も表に出てき
たのではないでしょうか?
あ〜、悔しい。
ところで、福田官房長官のひょうひょうぶりが、さらに磨きがかかって笑えます
ね。
とにかく、肝心の政治改革を進めて下さい。小泉総理!

P.S.
MK(初代)さん、関西は桜まだなんですね。桜満開の京都に行きたい〜。
満開の桜の下で、抹茶を戴きながら、まったりしたい。

ごくろうさまでした。  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-03-28 00:39:44

しかし、こんなに早く辻元氏がやめるとは思いませんでした。でも党には残る
し、再選も狙ってるようなことを言ってたから、本当に辞めたわけではないかも。
一つ思ったことがあるのですが、あの人はなんでいつもへらへらと笑っていたの
でしょうか?

NTTドコモ1兆円も株式損!  -投稿者:MK(初代)  2002-03-30 09:07:39

 NTTグループ全体で2兆円以上の株式損を出していたことが
NHKTVでも報道されましたね。私の知っている若い子も下手すると
4〜5万も月に携帯代を払っていました。これでは消費が伸びるはずが
ありません。どこか絶対におかしいと思っていましたが、海外への株式投資の
失敗だったのですね、

まるで、ねずみ講かサギです。国民の多くから携帯代として金を巻き上げ
利益を還元するどころか、税金も払わず、全部すってしまったのですから。
誰か責任をとったのでしょうか。本当に、この消費不況を作った国賊ものです。

では、また。

NTTドコモ 続き  -投稿者:MK(初代)  2002-03-30 09:56:42

おっと、忘れた。ソースです。

NHKニュース〜経済

NTTグループは、今年3月期の決算で、NTTドコモが海外の携帯電話会社に
行った投資による損失など合わせて2兆円を超える特別損失を計上する方針を固
めました。これにより最終赤字が1兆円近くにのぼる見通しになりました。
03/30 05:05  
http://www.nhk.or.jp/news/2002/03/30/grri84000000b7t7.html

何度読んでも、腹が立ちます。

では、また。

長々と失礼します  -投稿者:イヴの末裔  2002-03-31 21:12:33

SAPIO誌を初めて読み(元々私はオピニオン誌の類を殆ど読んでこ
なかった者で)、小林よしのりさんの「ゴー宣」おそらく初めて読
みました。目にしたことは以前もあったと思いますが。「戦争論」が
物足りなさすぎて(”戦争論”となれば、これは政治、歴史、文化
と多角的に考えていく必要がある気がします)「ゴー宣」にしても正
直、少しそれ以後先入観を抱いておりましたので、この雑誌にこの
漫画が掲載されていることすらもここ数ヶ月で知った程度の者です。
でも、私は小林さん好きです。知り合いがボストン周辺(笑)の日本人
政治勉強会に最近足を突っ込み始めたらしく(この人はでも純理科学
系)、あの辺の方達も小林さんの本を読んでいる、とこっちはNews-
week日本版のコラムに。何よりも、それだけ読まれるということ自
体に敬意を表すなり何なりしないとと思います。そして、私の勝手
な想像では、小林さんは直感(あるいは結論)は信頼できる、と言
いますか、間違われていないような気もしました。論理、政治手法
など難しいことは置いておき、私がこの前の「ゴー宣」で「分かる分
かる」と思ったのは、「アメリカと中国は似ている」という指摘など
などです。「戦争に行くのは庶民、若者であり知識人ではない」とい
うのも、荒地時代の詩人(オーデンではナイ)を思わず思い出し学生時
代を彷彿、と。その他、「自分は女性的なのか?」という問なども面白
く笑ってしまい。「戦争論」書いておいて(笑)(?!)。正直に問い続
ける柔軟さって、でも好き、と言いますか、そのスピード感、正直さ
のようなものに若い人もある意味関心持つのかもしれないのですか?
(ゴメンナサイ、たった一話しか読んでない者のい〜加減な感想)。昨
日、「週刊新潮」もおそらく初めて個人購入。いまや新聞以上に勤勉、
良識的な雑誌も多そう?一方、加納典明さんのグラビア寄稿も面白く。
「ニセモノのセイギ」と過激なタイトルなのですが…。ワイドショーネ
タになっている人々の質などは自明のことなのでしょうが、それで食べ
ている(を見ている)人々の質、甘さに疑問を感じる人がいることも事実
でしょうし、その意識、疑問を出さずにおれない人に未熟な私は人間と
しての愛着、信頼も感じるような…。

今週の疲れがまだ取れない(トシ?)  -投稿者:イヴの末裔  2002-03-31 21:14:54

それと、一つ面白いエピソードを。よくあったらしい三流学者の突込
みよりも「日本人とユダヤ人」を最初に書いた山本七平さん、私大好
きですし価値あると個人的に思っているのですが、その中で面白いな
って思ったのがユダヤ人の発想の「全員一致の審決は無効」というも
のです。
「12人の怒れる男たち」という映画(これも好きなんですが。DVD
も出ました)と、しかしまさに正反対の主旨、原則。この原則の基
にある哲理は、「全員一致は偏見か興奮の結果」というものらしく、イ
エスの処刑が全員一致で行われたことより出来たらしいです。アメリ
カでテロの後一人勇気をもって報復攻撃反対意見を唱えたバーバラ議
員の人間としての“存在感”は日本の野党議員とは違う気がしました
(私の贔屓目かな)。この法則が面白いと思うのは、その人間解釈もです
けど、もしもこう決まっていれば明らかに今回はこれ以外にない、と
いう審判を下す時に必ず誰かが反対意見を唱えなくてはならなくなる
ことです。だって全員一致だったら採決されないのですから。ある意
味、反対意見を唱える方が常識、正義、などに適った意見を述べるよ
りも困難で勇気と準備がいりますし、こういう風に最初から決まって
いると気が楽かな、ってものをじっくり考える人には思える気もしま
した。勿論、その前に理に適った採決が行われるという目標、信頼感
があってこそ、この法則がいきてくる気もしますが。
あ、SOGAさん。お隣の徴医制度の提案も含め、いつも現代批評の
バランスの良さににただ感心、尊敬しております。かゆいところに
手が届きつつも前向きで安心でき、とこれ以上書くと次回以降投稿
しづらくなられると思いますので止めます(笑)!!皆様おやすみな
さい。

新規参入のご挨拶と小林よしのりについて  -投稿者:ナベ  2002-03-31 22:22:25

 この度この止まり木に再度投稿できることを嬉しく感じている、私ナベと申
します。
 以前のこの欄は便所の落書屋が跋扈して、始末の付かない状態で憂慮しており
ました。それが最近正常になったことを知り、大慶至極に存じます。と同時によ
ろしく交ぜていただきたくお願いいたします。
 
 さて、イブの末裔さんの投稿を読ませていただき、大変嬉しく感じています。
名にし負う、小林ファンの私には大変有難い投稿でした。
 世に過激なナショナリストと言われている小林氏ですが、彼は随分近現代史を
勉強しています。彼は近現代史を調べていくうちに、どうしてもアメリカの傲慢
さを摘発しないではいられない、という状況に至ったのだと考えられます。
 「小林よしのりを肯定的に読む会」と言うMLを持っている私としましては、
彼の過激な発言に至らざるを得ない状況を理解していただくべく、近々私なりに
説明したいと考えています。
 どうかよろしく。



| 戻る | 次の頁へ>>