TOP >> とまり木

馴染みの酒場やカフェに寄ったつもりで、気軽な会話を楽しむ場

田中親娘に蹂躙された・・・  -投稿者:いあつま  2002-02-01 01:01:57

ある世論調査では、80%以上の人々が「田中外相更迭反対」だそ
うで、逆に小泉首相支持率は35%前後?に急落したそうです。更
迭のタイミングが悪い、もっと早く更迭させておくべきだった、と
いう声も関係者から聞こえてきます。

悪役の鈴木宗男議員と外務官僚、そして人気者の田中前外相とのバ
トルは、私にいわせれば、そして品を欠いた表現を許していただけ
るなら、「目くそ、鼻くそ、耳くそ」たちによる税金の無駄遣いバ
トル、内容のない醜悪バトルであり、どうでもいい次元の問題のよ
うにも映ります。

結果的には最終ラウンドになった今回の醜悪バトルの醜悪度は、珍
しく?(初めて?)田中前外相が最も低かった、つまり、外相を更
迭される理由がこの件に関して希薄だったはずの真紀子前外相が、
小泉首相によって更迭させられてしまった、そのタイミングの悪さ
が、真紀子支持者たちにとっては逆に、真紀子前外相を悲劇のヒロ
イン化視し、ますます人気者に押し上げて、今後の政局にも重大な
影響が与えかねない、そのような懸念が生じてしまった、という点
でもっと早く更迭すべきだった、という意見もあるのでしょう。

そもそも真紀子議員を外相にしてしまった小泉首相の任命責任も免
れないところなのでしょうが、だからといって、どう責任をとるの
か?、誰も明快な答えは用意していないようにも感じられます。

論理?をあえて飛躍させて云わせてもらえれば、過去30数年、日
本国中が、1億3千万国民が、故田中角栄元首相、田中真紀子前外
相、この二人の親娘に、何らかのものを吸い取られてしまった、そ
れは公という概念なのか、日本人の精神性なのか、政治家や公務員
の使命感なのか、今のところ何か判然とはしませんが、とにかく階
級闘争史観には無縁のはずのこの親娘による、戦後民主主義的手法
による得体の知れない「なにか」に蹂躙され続けてしまった、とい
う深い感慨が、私にはあります。

初めて投稿させて頂きます  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-01 01:29:44

井沢さんの「逆説の日本史」などを面白く読み始めた皆様から
すれば素人で初心者(?)の若輩者です。しかし、井沢さんが
よく引用されます山本七平さんは以前からファンで尊敬しており
まして、歴史もですが、井沢さんの政治や日本社会・文化に対する
切り口に共感を覚え、そこでこのホームページなども覗いてみま
した。このように知的で真面目な方がたくさん投稿されている
BBSも珍しいのではないですか?あまりネットをしないので分かりま
せんが、私でも加われそうなトピックなどがあった折に時々
お邪魔させていただければ嬉しいです。
ところで、今回の更迭劇に象徴される日本の政界などのありようで
すが、私にはちょっとうやむやすぎて国家としての理念も何も見え
てこず呆れるのを通り越してただ無感覚にニュースを見てしまった
のですが・・。田中真紀子さんの外相としての資質以前に、そちらの
日本的体質の方が私には実は根が深い重大な問題点だと思われるので
すが。国会中継を観ていると、未だに時々小学生の議論
というかケンカを思い出す場面も多くて・・・。

例えば昨年のテロが起こった後に小泉内閣が発足していたとしたら、
果たして小泉さんは田中さんを大臣に選んでいたでしょうか?
我が国の政治は常にこういう感じで付け焼刃な気がします。元来。
世界で活躍されもう有終の美を飾られてもいいのでは?とすら思わ
れる緒方貞子さんにすがらないと政権延命できないような、また
他に人材もいないようなそんな内閣(国会)や外務省に多額の税金を
預けて国家の運営を任せて暢気にこられたのも日本が島国だからで
しょうか?働き者で経済さえ回ればよしという国民性だからでし
ょうか?
大きな長い目で見て、日本に、世界に必要なのは愛国心もですが
やはり広い視野と理性のような気がどうしてもします。そして、
言語化や意識化は出来ていなくても、そのことを感じているので
一般大衆も今回の更迭劇に怒っているのだと私は思うんですが。田
中真紀子さんの言葉は、責任の所在や事の真相究明を狡猾にはぐら
かして翻?%

初めて投稿させて頂きます  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-01 01:30:58

井沢さんの「逆説の日本史」などを面白く読み始めた皆様から
すれば素人で初心者(?)の若輩者です。しかし、井沢さんが
よく引用されます山本七平さんは以前からファンで尊敬しており
まして、歴史もですが、井沢さんの政治や日本社会・文化に対する
切り口に共感を覚え、そこでこのホームページなども覗いてみま
した。このように知的で真面目な方がたくさん投稿されている
BBSも珍しいのではないですか?あまりネットをしないので分かりま
せんが、私でも加われそうなトピックなどがあった折に時々
お邪魔させていただければ嬉しいです。
ところで、今回の更迭劇に象徴される日本の政界などのありようで
すが、私にはちょっとうやむやすぎて国家としての理念も何も見え
てこず呆れるのを通り越してただ無感覚にニュースを見てしまった
のですが・・。田中真紀子さんの外相としての資質以前に、そちらの
日本的体質の方が私には実は根が深い重大な問題点だと思われるので
すが。
例えば昨年のテロが起こった後に小泉内閣が発足していたとしたら、
果たして小泉さんは田中さんを大臣に選んでいたでしょうか?
我が国の政治は常にこういう感じで付け焼刃な気がします。元来。
世界で活躍されもう有終の美を飾られてもいいのでは?とすら思わ
れる緒方貞子さんにすがらないと政権延命できないような、また
他に人材もいないようなそんな内閣(国会)や外務省に多額の税金を
預けて国家の運営を任せて暢気にこられたのも日本が島国だからで
しょうか?働き者で経済さえ回ればよしという国民性だからでし
ょうか?
大きな長い目で見て、日本に、世界に必要なのは愛国心もですが
やはり広い視野と理性のような気がどうしてもします。そして、
言語化や意識化は出来ていなくても、そのことを感じているので
一般大衆も今回の更迭劇に怒っているのだと私は思うんですが。田
中真紀子さんの言葉は、責任の所在や事の真相究明を狡猾にはぐら
かして翻訳不可能な答弁をしている他の官僚より実は分かり
やすいですから。

初歩的なミスをすみません  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-01 01:51:59

二つも投稿してしまいました↓。
文章が長すぎたようです。初心者なのでお許しを・・。
ページが重くなってすみません。

初めての投稿です  -投稿者:ネム介  2002-02-01 11:59:10

宜しくお願いします。
ふらっと書店に立ち寄ったら、「月刊 石原慎太郎」という本が
目につき、面白そうなので買ってきました。
まだ、よく読んではいませんけど、
その中の”害鳥図鑑(あかいからすずかん)”の諸カラスにシンパシー
を覚える人たちにとっては、多分イヤな雑誌でしょうけどね。

やったね、小泉首相!支持は変わりません  -投稿者:MK(初代)  2002-02-01 13:48:21

田中外相、やっと更迭されましたね。
外務省の体質も、やはりどこかおかしいのでしょう。髭を生やしたのがノサバッテ
馬や女に金は使い込まれ、ODAは単に利権になってしまって。
私は、どっちもどっちだと思っていますが、とにかく、これからの外相には、国
益第一の
外交をしてほしいと思います。外務省は官僚のJTBなんて言われて、情けない。

いあつまさん、あの本いいですよ。日本を知るいいガイドブックになると思いま
す。
イヴの末裔さん、ネム介さん、初めまして、どうぞよろしく。
では、また。

外相更迭に反対  -投稿者:Y・S  2002-02-01 17:07:25

タイトルの通りです。
小泉内閣自体、私は不支持で田中外相にも反対でした。
そして確かに外交は不始末が多すぎた。だからその時に更迭するな
ら賛成だがこんな理由で更迭なんて全くわけがわからない。
NGO問題自体はみなさんわかっているとおもうので触れませんが
官僚側(鈴木宗男も)が嘘をついているのは予算委員会での
重家(だったっけ?)の答弁を見れば一目瞭然。
官僚だろうが政治家だろうが国民の税金をもらっている公僕だ。
それが国民の前で堂々と嘘を言うなんて
いくら田中外相を更迭したいからだってそんな奴らと田中外相を
同列に扱うなんておかしいとしかいいようがない。予算をすみやかに
成立させなきゃならないのはわかるが、予算も成立させて
同時にこの問題も解決させるのが政治家の手腕だ。
田中氏の外相としての資質とこのNGOの問題は全く別物。
国益のためにはさっさとやめてもらったほうがいいと思うが
じゃあ国益のためには何をしてもとりあえず止めさせるなんて
そんな体質は全く国益にはならない。国民が国に対して信頼
しなくなるからだ。構造改革だろうが信頼をなくすような
改革だったらしないほうがましだ。
ちなみにこれを機に田中真紀子支持にまわるなんてことはない。
歴史認識や政策など私は支持できないからだ。

イヴの末裔・ネム介さんへ。  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-02-01 21:55:39

始めまして。よろしくお願いします。
後任の外相は川口順子氏ですね。あの「女性の涙は〜」での女性閣僚のなかでも
一番シャレたこと言った人ですよね。
ああいうことを言えるってことは頭の回転も速いということでは?と思ったので
すが、どうでしょう?

オーベルシュタイン様  -投稿者:ネム介  2002-02-01 22:41:30

川口順子新外相就任についてですけど。
情報をマスコミ報道でしか知りえないような私の感想・印象を
言いますと、
 ・川口大臣は、水の流れのごとくすんなりと外相就任承諾をした。
 ・頭の回転はとても良いと思います(欧米的?)。
 ・京都議定書がらみのCOP(かな?忘れたけど)で手腕を発揮
  したと報道されていたっけ?
 ・官僚出身ですがサントリーという民間企業の経営に携わった。
 ・国会での様様なやりとりを短期間だが、見聞している
  (その中での、女性の涙発言へのコメント)。
そんなところですか。私個人の印象はどうでもいいですけど、

田中前外相とは異なって、マスメディアがどれだけ我々国民に向かって
大臣の言動に関して情報発信(量、質とも)するかによるんでは?

管理者様  -投稿者:ネム介  2002-02-01 22:45:43

連続投稿ご容赦してください。
投稿の時刻が変ではありませんか?
30分ほど先行しているようですけど、私の感違い?

ネム介様。  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-02-01 22:58:17

たしかに田中前外相のようにマスメディアが国民に情報発進をきちんとしてく
れるかにもよるでしょうね。でもまあ、田中前外相のときはマスコミの田中前外
相に対する期待度が異常に高かった気がするのですが。
なにはともかく、川口新外相の手腕に期待したいものです。

世論調査楽しみですね  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-01 23:42:50

川口大臣に決まったと聞いた瞬間「やったなぁ、上手いなぁ」と思い
ました。小泉さんは、政治家としてのパフォーマンスの才能はあると
思います。生き残りが上手い。今日の国会の様子を見ててもそれを感
じました。いち早く鈴木代議士を批判する発言をしたり、ある意味、
これは今までの首相にはないリーダーシップと言いますか、身軽さで
はありますが、ただ、重み、思想、そして百戦錬磨の経験はない・・。石原都知
事も日本国内にいる限りは頼もしいのですが、傍から見ていて危うい面もありま
す。小泉首相に関しては、化けの皮が剥がれた、と思っている一般国民、そして
真の知識人も多い気が致します。”どこまで信頼していいのか”。
そしてそのような懐疑心を国民が持つことは重要だと思います。
カリスマに踊らされてタイタニックのように一億沈んでいくのを
防ぐには、少々耳に痛くとも面白くなくとも、感情ではなくシビア
で冷静な理性で政治を見つめる必要があると思います。
また長くなりますので、小泉内閣に関しての個人的な意見は今日はこ
の辺にいたしまして、川口さんは現在において安全な人事であったと
感じます。そつのない仕事をされるのでは?と思うのですが。与えら
れた、必要とされている仕事を上手くこなすという面では安心できる
方だと、そう感じさせる人だと思います。官僚の仕事とは元来そうい
うものではないでしょうか?ですから権力や利害が絡んだり集中する
のは本来はおかしい。ただ、彼女のあの涙に関する発言は失言だと思
います。ことの本質を意識されてない保身、と言いますか生ぬるい発
言でした。あれは身内に向けてプライベートに発せられた言葉であり
決して国民に向かって公人として発せられた言葉ではありません。彼
女は真の民主主義を理解されてないと思います。その意味では政治家
ではなくて、事務屋なのです。ですから彼女を必要以上に持ち上げて
信頼回復を狙っている男性人も又情けないといえば情けないです。涙
発言に関しては熊本県知事のコメントが一番中身があったと個人的に
思います。受け取り方にその人の人間性、仕事に対する本当の意味で
の信念が表れていると思いました。

川口新外相  -投稿者:Y・S  2002-02-02 00:27:53

外交に関しては田中真紀子氏よりしっかりやってくれると思います。
しかし外務省改革は間違い無くやらないでしょう。
せっかく外務省の体質がちらほら見えてきたのにまた
旧態依然の体質に戻ってしまうと思うと残念でなりません。
それにしても「女の涙〜」発言ってそんなにからむような
ことなのかな?私にはさっぱり理解できません。

意外に古い体質のメロドラマ的小泉首相  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-02 12:08:03

ちょっと出かける前にささっと返信を。
常連の皆さん改めてよろしくお願い致します。挨拶を頂いていて返事もしており
ませんでした。すみません。
Y.S.さん。あはは。御免なさい「民主主義というものを〜」なんて書いていまし
たので、ちょっと勿体らしかったですか?私はそんな偉い人ではない一庶民なの
ですが(笑)。仕事柄外国の人と接することも多く、又割と頭が欧米的だと昔から
人から言われはしますが。しかし、気持ち的には日本を愛する大和撫子(?!)
です。
私は、田中前大臣は例のNGO問題に関しては何も悪くないと思っているのです
が。鈴木代議士が言ったとか言わないとか、誰が圧力をかけたとかかけないと
か、この闇の政治権力の行使、伏魔殿のナゾを暴こうとされて、そして事を知っ
て慌てて「すぐ会議に出しなさい」と例のNGOの出席も認め(そのやり方,暴き方
が日本の男性人にはカチンときたのでしょうけれど)、この点に関しては、あく
まで問題点は外務官僚と彼らと癒着している政治家の方にあるのです。蚊帳の外
に置かれ仕事の出来ない大臣の資質を問い更迭するにしても時期としておかしい
ですし、「臭いものにフタ」的な、国民に対して何の明快な説明もない乱暴な独
裁的(?)日本的後始末がおかしいということは皆同感だと思います。何とかと
いう運営委員長に呼ばれた後の彼女の涙は、日本的癒着とうやむやの「論理」に
まるめこまれられようとする者の悔し涙だと思いますので、これは、「田中さん
の涙は女性の涙というより人間としての涙だったのだと思っております」という
熊本県知事の言葉に私は重みを感じたのですが。川口さんは首相のジョーク
(?)にあわせたことしかおっしゃってなかったので、実はその時は一番失望し
ていた私です。女性大臣達も保身だなぁ〜、”賢い”なぁ〜と。何億という無駄使
い金が官にまだまだあるならば(ありそう)、いっそのこと官僚体質破壊省を
作って予算を出して田中さんを大臣に据えたらいいかもしれません(笑)。無駄
使い金の何割かをその予算に回せば国民も納得しはしないでしょうか(笑)?

イブの末裔さん、はじめまして。  -投稿者:Y・S  2002-02-02 16:00:29

どうぞよろしくお願いします。ちなみに私はそんなに
常連でもないですよ(^^)
「民主主義〜」はわたしも詳しくないので正直あまり分かりません、
でもいずれはしっかり勉強したいですね。
小泉首相の「女の涙〜」発言を聞いての女性閣僚の意見は
確かにあまりにそろっていて気味悪かったです。私はあれが
女性蔑視だとかいうふうには捉えられませんが、多分何故泣いたか
なんてまともに考えようともしなかったと思いますよ。橋本派の
圧力にいっぱいいっぱいだったんじゃないですか?
イブの末裔さんが書いていた熊本県知事の発言は、私は今まで
知りませんでしたがそのとおりだと思います。

街に出て、酒を飲み、立ち寄った職場・・・  -投稿者:いあつま  2002-02-03 21:15:49

週休2日ですが、土曜、日曜も職場に来ることが多いです。いま、
掲示板を見てみましたら、「とまり木」も「ふぉーらむ」のMK(初代)
さんのところも活況(主張すべきこと多し)?ですね。MK(初代)
さんのご紹介の書籍、ネットのクロネコヤマト便で発注しました。

オーベルシュタインさん、Y・Sさん、こんにちは。イヴの末裔さん
、ネム介さん、はじめまして。また、いろいろ意見を書き込んでく
ださい。とても参考になります。

そういえば、ウミユリさんや桜花さんは、どうされてしまったのだ
ろうか?。この頃というか、全く姿?がみえなくなってしまわれた
が・・・。GOALさんや、SOGAさんはそれぞれの場でご活躍
でしょうしから、またの投稿を楽しみにしていますが・・・。

メタロチオネインさんも、確か2月は旭川へ出張とおっしゃってい
らしたし・・・。

それにしても、ウサチュウさんと、Bacchusさんはどうされ
てしまったのでしょうか?。知的レベルの高いお二人が、互いのキ
ャラクターを尊重しながら、丁々発止と議論されていたはずなのだ
が・・・。

今回の議論を拝見した私の感覚では、Bacchusさんの主張の
方が説得力があったと思いますが、ウサチュウさんの個性的なキャ
ラクターからの主張も楽しみにしていたので、議論が中断状態とな
ってしまい、何かとても残念です。視点を変えて、議論を継続して
いただければ、と思っていますが・・・。

少し酒が入っているので、おじさんっぽい話になってしまい恐縮
です。それでは、みなさま、また・・・。

Y.Sさん、いあつまさん、その他の皆様  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-03 21:55:00

「国益のためには何をしてもとりあえず辞めさせるなんて
そんな体質は全く国益にはならない。国民が国に対して信頼
しなくなるからだ。構造改革だろうが信頼をなくすような
改革だったらしないほうがましだ」
全く私も同感です。政治手法としては封建的、いやヤクザ的。
今回の更迭事件と自衛隊派遣、どちらも政治家から国民に対して
何の明快な説明もありませんでした。まぁ、国民の意識もまだまだ
全般的には未成熟なのでしょうけれど・・・。教育が悪いんでしょう
かね?平和憲法を謳っている国は何も日本だけではありません。重要
なのは理念と現実の間に橋渡しをする努力、議論を構築していくこと
でしょうが(私は現実を見ないで偽善的なことを言う人もどうかと思
いますが、理念なんていうものを忘れ去っているか、そういうものの
模索は他人任せにして(緒方さん辺りに任せて?)薄っぺらい言葉だ
けを吐く人も、危険なのでせめて権力は握って欲しくないです)。
日本の政治、外交は全く付け焼刃で封建主義的で論理的・理念的裏づ
けがありません。国が憲法を”いい加減に”扱っているのに(憲法違
反をしているのに?)どうして国民が法律を守り、刑法に服さなけれ
ばならないのか?と、国民は言ってもいいくらいかもしれません。
しかしその国の政治家、政治形態はその国の国民性を表しているらし
いのですが。イギリスの作家か政治家が言っていたような気がします。
本当に、賢く、勉強していきたいと私も思っています(^_^)。こういうサイトで
も智恵や情報が徐々に深まっていって、意見交換・参照など
が出来るのは民主的でいい気がしますね。それにしても、ニュースで
取り上げられてましたのでロサンゼルス・タイムズのサイトを今日見
て苦笑。今回の事件を"Japanese soap opera"と報じていました。
あ、それとウサチュウさんの書き込みを少し見まして、面白かったです。日本人
にないユニーク且論理的思考をされる方のようですね?!
それと以前はあまり関心を持っていませんでしたでした(御免なさい!)巨泉さ
んの今日の朝日新聞への投稿を読みまして理性的に納得。信頼感と同情心を覚え
ました(笑)

田中外相更迭騒動について  -投稿者:MK(初代)  2002-02-03 23:51:39

イヴの末裔さん
「Japanese soap opera (お茶の間茶番劇)のような
言った言わないで揉めるような国会をもう見たくない
もう見せたくない」という理由で、あの3人組は辞めさせられたと
私は理解していますが、違う見方の人もいるのですね。

それに、A新聞を読んで血圧は上がりませんか。
他紙に替えてから、私は新聞を読む時間が楽しみになり、隅々まで読むように
なりました。以前は、天気とテレビ欄位でした。一度、S紙やY紙も読んでみる
ことをお勧めします。

いあつまさん
あれら本を読まれたら、ぜひ感想もお聞かせください。
では、また。

MKさん  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-04 02:18:33

また容量オーバーしそうになりましたので要約して書きます(笑)。
私は人事と防衛に関する雑な政治手法に危うさを感じ、改革を標榜
しながら改革派の田中大臣を斬った小泉さんに、もう少し説明責任
を感じて欲しいと思っています。けれども、もともとは小泉さんは
今までの首相と違うものを感じていましたので(信念らしきものは
感じましたので)、温かく見守っていた方です。しかし小泉内閣より
も日本国、そして日本国よりももしかすると宇宙の平安の方が大事
かもしれません(笑)?!このような時代の変換期には大きな構想
を様々な角度から考えてみることは重要だと思います。歴史は
どこかジョークのように反転してそれが小国の平和に繋がることも
ある気がしてきました。
朝日新聞は私はとっていません。但し、親が最近とっていますので
休日には結構まとめ読みします。が、社説はつまらないので読んだ
ことないです。職場で早朝Daily Yomiuriや毎日、経済、地方紙を
ざっと流し読みしますが、元々新聞よりも書籍や雑誌の方が面白
いと思っています。小林さんと井沢さんの「朝日新聞の正義」は読
んだ覚えがありますが、それ以上に年配の方(私の周りの人は日本
のメディアはあまり信用しない人が多いです)から朝日の過去の大
罪については聞き知っております。但し、朝日と読売、毎日は結構
似ている部分も多いのと(組織なんて大きくなれば結構似てくるもの
ですね)、記名式にして欲しいとは思い%

MKさん  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-04 02:18:34

また容量オーバーしそうになりましたので要約して書きます(笑)。
私は人事と防衛に関する雑な政治手法に危うさを感じ、改革を標榜
しながら改革派の田中大臣を斬った小泉さんに、もう少し説明責任
を感じて欲しいと思っています。けれども、もともとは小泉さんは
今までの首相と違うものを感じていましたので(信念らしきものは
感じましたので)、温かく見守っていた方です。しかし小泉内閣より
も日本国、そして日本国よりももしかすると宇宙の平安の方が大事
かもしれません(笑)?!このような時代の変換期には大きな構想
を様々な角度から考えてみることは重要だと思います。歴史は
どこかジョークのように反転してそれが小国の平和に繋がることも
ある気がしてきました。
朝日新聞は私はとっていません。但し、親が最近とっていますので
休日には結構まとめ読みします。が、社説はつまらないので読んだ
ことないです。職場で早朝Daily Yomiuriや毎日、経済、地方紙を
ざっと流し読みしますが、元々新聞よりも書籍や雑誌の方が面白
いと思っています。小林さんと井沢さんの「朝日新聞の正義」は読
んだ覚えがありますが、それ以上に年配の方(私の周りの人は日本
のメディアはあまり信用しない人が多いです)から朝日の過去の大
罪については聞き知っております。但し、朝日と読売、毎日は結構
似ている部分も多いのと(組織なんて大きくなれば結構似てくるもの
ですね)、記名式にして欲しいとは思いつつも、朝日のコラムは10
スパン位で見ますと変わって来ているようですね。但し、私は70年
代生まれですが(笑)。
S紙はアジアに強いという産経でしょうか?
血圧に関しては、雑な「戦争論」読んだ時の方が上がりました(笑)。

イヴの末裔さん失礼しました  -投稿者:Y・S  2002-02-04 02:44:48

×イブ→○イヴ、打ち間違えでした。
私もしばらくご無沙汰してたし、新規参入の方もいらっしゃるので
あらためまして、みなさんよろしくお願いします。

いよいよソルトレイクオリンピックが開幕しますが、
ナショナリズムなどなくなりゃいいと思っている(そう
報道している)マスコミが一斉に手のひら返したように
ナショナリズムを爆発させるおかしな時期の到来でもありますね。
私が井沢先生や小林先生の本を読むきっかけになった疑問です。
商売でやっているのか、実は隠れナショナリストなのか、
いまだにこの矛盾は不可解です。

追伸  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-04 03:07:54

結局投稿ミスしております。しかも打ち間違えも。
すみません(^_~;)。
さて、自由の国にせっかく住んでいるのですから、
何を言ってもいいはず。大いに何でも言っていいと思
いますし10人人がいれば10人違う意見があって当たり
前ですが、しかし、物事を決定する際には何らかの”法則”が
いるはず。しかも重大な決議をする際には、常に理性と
法に照らし合わせる習慣がないと、世は無秩序になりは
すまいか?国とは言語と法律だと私は思っているのですけど。
通貨だって統合される時代ですし歴史は入り乱れているもの
ですし。政治家達は国益とか聖域無き構造改革なんて自分達の
ことは棚に上げておっしゃいますが、市民が望んでいるのはも
っと具体的で丁寧な言葉であり政策ではないのでしょうか。
国益とは何か?最も改革されるべき日本的構造とは何か?
それを妨げているものに有効な手は速やかに打っているのか?
それでは皆さんお元気で活躍されて下さい。また。

田中外相更迭で小泉首相の反対勢力は大喜び  -投稿者:MK(初代)  2002-02-04 08:39:50

マスコミは、嬉々として、支持率が下がったって報道していますね。
じゃ、アンタならどうすんのよ と凄んでみたい気がします。

日本的やり方には、年功序列、終身雇用、護送船団方式、企業別組合
などの制度があると思います。この前TVでキャノンの社長さんが、
これからは、能力主義の終身雇用でいきますと仰っていました。
マスコミが吹き込む悲観的観測ほどには、日本の未来は暗くない
と思っています。

では、また。

小泉内閣の支持率  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-02-04 22:06:30

各マスコミが発表した内閣支持率をみるとだいたい50%くらいですね。
今までの80%とかがちょっと異常すぎるかなとも思ってましたので、これぐら
いが調度良いのでは?と思いました。
私は田中真紀子氏が更迭されてから、小泉総理を支持し始めました。
自分でもかなり変わってるかなあとは思います(笑)

世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)  -投稿者:MK(初代)  2002-02-05 00:59:02

ダボス会議(この会議のことをもっと報道してほしいのですが)
外国勢力が、早く不良債権処理をしろと迫っている映像をみると
私は、何だか自分たちにもっと儲けさせよと、言っているように
思えてなりません。何がいけないのか、、、

今の日本に何が足りないのか。
電化製品も、携帯も、車も、着る物も、食べ物も有り余るほどある。
お金さえも余っているよう。衣食住で唯一、残っているのは、住。
ほしいものが(魅力的な)ない人も、広い住宅ならほしいのではないかと
思っています。

え〜〜い!土地の価格よもっと下がれ。
相続税なんか無くせ。
寄付に税金なんかかけんな。
ウサギ小屋の解消と、通勤地獄の解消を次の目標にせよ。
物品税を復活させ、金持ちを尊敬するような体制をつくれ!

うわ〜〜ん!
どっかの掲示板ばかり見てたら、声が大きくなってしまいましたよ〜〜ん。
では、また。

「H2A」2号機 打ち上げ成功!まずはおめでとう。

Y・Sさん  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-05 01:31:32

「商売でやっているのか隠れナショナリストなのか?」
私はマスコミは(新聞もですが)、昔から社会の木鐸とも普遍的な声
とも思っておらず、一企業として観察し利用しています。下手に正義
を売るよりはもしかするとマシかもしれない。正義は時に国を滅ぼし
ますから。中国やソ連を思い出してみてください。但し、メディアの
中にもほんもの、信念の、美しい声はまぎれるものですし、大事なの
は受け取り手かな、と。ですから、これからもこの日本社会のナゾを
見つめて、楽しく解明していきましょう。本当に、理性や良心なるも
のに照らせば不思議なことが多い国ですよね。そして、これはいずこ
の国でもだとも思います。ただ海外から帰国すると(ちなみに私は純
粋観光では海外に行ったことはありません。仕事でもないですけど。
日本が好きなので外貨落とすより稼ぐ方に周りたいかも(笑)?小林さ
んなんかよりも余程生活も日本的なものです(笑))、私達の国は、結
構ボキャ貧が酷いと最近思う私です。単純と言いますか・・・。安心
して何も言えない。この点は欧米人と話すほうがジョーク交えて且つ
理性で話せて楽です。例えば、ま、いいです。皆さんのご想像に任せ
ます。井沢さんがそう言えば「言霊」ということよく指摘されてるよう
ですね。先ほど、受け取り手次第と言いましたが、日本は、経済面では銀行など
のサービスの貸し手の方の責任の追求も曖昧で、これがそう
言えば経済停滞の原因になったりもしてましたか。サービスの供給者
と受給者、どちらも賢くなってこそいい社会になるんでしょうか?実
は政治・経済よりも文化に関心がある私ですが(経済は私なんかが放っておいて
も皆必死になる気もしますので)、しかし、社会システムということで今後も色
々考えていき、行動にも臨機応変に移していきたい
と思っています。そういえば、内閣の施政方針演説、私にはかなり物
足りないものでした。作り直してあげたいくらいですが、これが日本
の現実なんでしょうか。ならば私は今週は映画でも観てフィクション
の世界を楽しみ鋭気を養おう(笑)。ではまた。

寝不足ですみません  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-05 15:51:11

ちょっと仕事中ですが…。
打ち間違えました。周りたい→回りたい。
鋭気を養う→英気を養う(他にもあるかも)。
あ、それとM・Sさん。私もしょっちゅう間違え
ますし(笑)、ハンドル名は慌てて一瞬で打ったもの
で深い意味もないですので、テキトーにお取り扱い
下さいませ(^ゝ^)。   ではでは。

M・S→Y・S  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-05 15:53:10

急ぐとロクなことありません。全く。

ダボス会議の続き  -投稿者:MK(初代)  2002-02-05 16:54:16

グローバル化の反省が出ているそうです。

“グローバル化 修正模様
―対途上国「思いやり」キーワード
―もはやここの企業や国家が自社や自国の繁栄のみを追及できる
―時代ではない。・・・“ そうです。(読売新聞2/5日朝刊より)

幾らなんでも、全世界に欧米流の共通のやり方を
押し付けようとしたら、だめになりますよね。

でも、これみて思うのは、彼らは原理主義者だということ
自分たちの理論が良いと思ったら、迷わずに一直線
異論を唱えるものは、排除。
ただし、だめだと分かると、コロッと変えるしたたかさがある。

日本が悪いたって、資本主義のグローバル化を押し付けて
日本つぶしをしたのは、彼らでしょうに。
あ〜〜あ!小泉首相が出席していたら、もっと苛められた
のでしょうか。

雑感なんて言っては皆様に失礼ですが?  -投稿者:ネム介  2002-02-05 22:10:44

ほとんど1年ぶりに当サイトを見るようになりました。
たま〜にしか投稿しないネム介ですのでご容赦のほど。
最近については新参者同様の私です。
 MK(初代)様、イヴの末裔様、オーベルシュタイン様、YS様、
 いあつま様の、ご意見すんご〜く面白いなと、感じております。

「あんたは評論家か!」等とお叱りをなさらないで下さい。

それでは、いつになるか、わかりませんけど、何かの折に投稿させて
頂きます。その折には宜しくお願い申し上げます。

「日本海」の名称の永遠性?  -投稿者:いあつま  2002-02-05 23:49:41

読売新聞によれば、海図作成の国際組織「国際水路機関」(IHO)
が約半世紀ぶりに行う世界の海図のガイドライン改訂作業について、
日本と韓国との間で、日本海の名称をめぐり論争が起こっているそ
うです。

韓国側は、「・・・戦前の植民地主義により日本海が定着した」と
いう理由をあげて、「日本海」を韓国側の名称である「東海」に名
称変更せよ、と主張している。韓国は1992年に国連の専門会議
で「東海」への変更を正式表明したらしい。

これに対し日本側は「日本海の名称は、19世紀初頭には全世界の
海図の約8割に採用されており、植民地支配により定着したもので
はない」「一カ国の主張で簡単に名称を変更したり併記したりする
のは、名称の統一を目指すIHO本来の目的に反する」と主張をし
ている、ということです。

IHOは航行の安全を図るため各国でバラバラに使われている地名
や記号などの統一を目指し、1929年から海図作成のガイドライ
ンを刊行しているそうですが、仮に19世紀初頭に全世界の海図の
約8割が「日本海」という名称を採用していた、ということが事実
だとすれば、韓国側の言い分は「主張」というよりは、何の根拠も
ない「いいがかり」でしょう。

こんな「いいがかりのような主張」はきっぱりと拒絶すべきです。
それにしても現在の日本側が、細川内閣や村山内閣などのような自
虐内閣ではない?のが、せめてもの救い?ですが・・・。

ところでダボス会議、今年はニューヨークで開催されましたが、出
席者は誰だったのか、確かにあまりニュースになりませんでした。
石原都知事や森前首相、鳩山民主党代表等が参加した昨年の会議の
ように話題性がないと、日本のメディアはあまり熱心に報道しない
ようですね。というか、そういえば、昨年もそれほど詳細な報道は
なかったのでしょうか?。何故かダボス会議は印象が薄いような気
がします。

しかし、いずれにしろ、日本も、こういう場所で堂々と自説を主張
できる人材を、早急に、かつ、大量につくる必要はあると思います。
もういいかげんに、諸外国に翻弄されたり、説教されたりする国家
から脱皮したいものです。

いろいろ  -投稿者:Y・S  2002-02-06 01:46:04

日本海のことはYAHOOニュースで知りました。
日本側の主張が正しいとすれば、韓国側の主張はまさに
やくざの脅しまがいのいいがかりですね。
それに仮に(あくまで仮にですが)韓国側の言うとおり
日本の植民地時代に定着したからとしても、全然変える必要など
無いと思います。
当時は帝国主義が悪という概念がない時代であり、そういう
歴史の流れの中で生まれた言葉を消し去ろうとすることは
結局韓国は歴史を自分たちの都合のいいように作りかえようと
していることになり、こんなことを許したとするとどんどん
エスカレートするのは必死です。私は中国の「支那」という
名称も残すべきだと思ってます。
もちろん今現在の価値観で言えば、帝国主義など嫌いだし
あってはいけないと思っていますが。
しかし韓国には「歴史をたてなおす」という言葉があるらしいから
きっと歴史を都合のいいように作りかえることなどへーとも
おもってないのだろうか?

お昼休みが取れました  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-06 12:43:13

日本海についてそんな論争があってるんですか?
へ?何をいまさら、他にももっと議論すべきこと、
勉強すべきこと、自助努力で世界に貢献すること
ないのでしょうか???私は何も詳しくないので
また面白い(?)ことがあれば教えてください。
Y・Sさんと何だか感覚が似ている気が…と勝手に最
初から思ってまして嬉しく思ってますが(笑)、支
那って漢字変換も出ませんね。これって言葉狩りか?
高嶋俊男さんの支那に関する論考読まれました?

ひまです・・・  -投稿者:Y・S  2002-02-06 14:57:40

今日は仕事が暇なのでこんな時間から失礼します。
私がいうのも生意気で恐縮してしまいますが、
最近この掲示板の書きこみが活発でとても面白いです。
物事を深く考えるということも娯楽になるんだなと思います。

「支那」…漢字変換で出ません。最初当然出るものだと
思って普通に打ったら「あれ!?」って少し驚きました。
私の日本語入力システムはマイクロソフトのIME98ですが
他のでも同じなのでしょうか?言葉狩りもこんなところまで
進んでいるんですね。
イヴの末裔さん、高嶋俊男さんの論考は読んでません、
というか高嶋さんを知りませんでした(笑)
「感覚が似ている」…素直に嬉しいです。これからも
いろいろ書きこんでください。読むのがすごく楽しみです。

私も知りませんでした。  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-02-06 21:18:48

韓国が日本海にそんなこと言ってたとは・・・・・・。
やはり、「弟」である日本の名前がついてるのは気に入らない!!とでも思って
るのか?と思いました。
今度は太古の昔は日本も陸続きだったんだから、日本そのものもよこせ!!とで
も言うのでしょうか?(冗談です、一応・・・・・)

他の掲示板  -投稿者:Y・S  2002-02-07 00:01:14

この掲示板みたいに政治のことなどについて書きこめる
ところをここしか知らなかったので試しにYAHOOの
掲示板をのぞきにいったら驚きました。
真面目に書いている人も一部はいましたが、ほとんどは
罵詈雑言の類で小林先生の言葉を借りるなら「便所の落書き」
状態でした。見ていて気分が悪くなりました。
ここのように登録制にしないと荒れ放題の状態になって
手がつけられなくなるんですね。

大分夫婦殺傷事件について  -投稿者:MK(初代)  2002-02-08 00:01:24

韓国人と中国人留学生らが、中国との交流に力を入れていた
「日本のお父さん」と言われていたYさん夫婦を殺傷。

もし、これが中国や南北朝鮮の反日教育の結果だったとしたら、、、。
国益という言葉を聞くと、この頃は日本国内の外国人による犯罪のこと
ばかり思います。何故日本はそれらの国の、日本人の残虐行為ばかりを
教える様な教育を許すのか。
うそを許すことは、それこそ国益に反すると思うのですが。
これからの、外務省に期待したいところですが、無理かな???

では、また。

@  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-08 00:16:25

政治などに関しては、「私達若者は年金ではなく税金と思って
納めてる感じですよ〜。財政赤字どうしてくれます?!だから、
きちんと仕事をして下され」と思いつつも(しかし、税金未納で
高級車なんか乗りまわしている若者も多い我が国のようですが)、
ある程度客観的に観察・参加(投票)している感じなのですが、今
回の大分での痛ましい夫婦殺害事件に関しては、久しぶりにやり場
のない感情をどこに向けてよいのか、しばらくショックを受けて
いた私です。昔は、「罪と罰」などの重厚な世界文学などもありま
した。現在、経済発展などの裏で犯罪、社会矛盾、戦争にまみれても
いる中国、韓国、アメリカ、そして我が国などの民に、そんな文学を
生み出す精神性などあるんだろうか・・・・と思うと、ますますやり
場ない感じです。ただただご夫婦のご冥福をお祈りするだけです。
「このことは忘れまい」とテロの時も思いましたが、私にとっては同
じくらい重苦しい衝撃でした。
さて、支那、出ませんねぇ。我が家のパソコンでも。高島俊男さん
(前回は漢字を間違えていました。高”島”です)は、確か週刊文春
にも連載を持たれていた気が致しますが、「本は好き、悪口言うの
はもっと好き」という大和書房出版の本に「支那はそんなにわるい
ことばだろうか」という論が収められており、とても面白いです。
私はこの方のご本にて、「中国」というのが、特定の地域や特定の
人種の固有名詞ではなく「中央なる我が国」という普通名詞なのだ
ということを知りました。つまり誰がどこで使ってもいいのです(笑)。
しかも、この言葉は、中の者が「中国」と言えば自尊の意の「我が
国」、外の者が中に向かって「中国」と言えば、自卑と強い敬意をこ
めた中央を仰ぎ見る感じの「貴国」ということであり、この「中国」
をかの地の人が各時代各王朝を通じての客観的国家の名称として、す
なわちChinaの意で用い出したのは20世紀になってかららしいので
すが、それすらも実は曖昧らしいです。高島さんのこの学術エッセイは、その論
理的、事実検証に基づいた学者的頭脳とまっとうな知性が隅々まで行き渡ってい
て且つユーモラスでとぉっても楽しい読み物です。ので、もう少しご紹介をば。

A  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-08 00:17:56


”もともと「支那人」という語自体にはなんら価値判断は含まれて
いなかった。戦前、それよりかの地の人を呼びようがなかった。
日本が中国に対する蔑称として作ったなどということは無論談じて
ない。支那という言葉は1500年以上も前のインドで、現在の中国の
辺りを「シナスタン」、あるいは「シナ」と呼んでいたのが起源で、
「スタン」は土地、地域という意味である。支那はおそらく、中国
最初の統一国である秦帝国の秦に由来するのではと多くの学者は
考えている。もともと中国には自らの民族、土地、国を全体として
呼ぶ語がない。それは不備ではなく必要がなかったのである。しか
しそういう中国側のお家事情とは別に、外の者にとっては全部ひっく
るめての呼び名がいる。それが「シナ」であり「シーヌ」や「チャイナ」なので
ある。そして、4世紀以後インドまで行って仏典を持ち帰った熱心な中国仏教者
達は「シナ」という言葉を前にして困り(何せ
秦はとっくに滅びていたから)、それに支那や、至那、脂那などの
いずれも美字を用いた。これらの字は当時の人にとってはよいイメー
ジを喚起する字であった。我が国に支那の語が入ってきたのは平安
時代である・・・・・・。”と続きまして、1930年中国政府が日本国
政府に対して強硬に「中華民国」という国号を用いることを認めさせ
たいきさつ(背景として日本にいた中国人留学生達の支那という言葉
に対する強い反発もあったらしい)、しかし留学生にせよ政府にせよ
「支那」という言葉に対して反発するのは見当違い、誤解であり、寧
ろこの語は誇り高い言葉であることなどなどを多くの文献と、歴史的
事実を引いて書かれています。「私は中国をやめて支那に戻せと言って
いるのではない。それは不可能である。・・だが、当地の書物を長く読み
親しんで来た私の全く個人的な感覚なのだが、私は支那という言葉が好
きである。大きく、豊かで、奥行きがあり、詩情がある。・・言うまでも
ないが私の支那に蔑意などあろう筈がない。にも関わらず常に中国と
言わなければならない。目に見えぬ圧力によって常に言わされている
という不快感が付きまとうことになる(続く)

B  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-08 00:19:57


[お前がなんと言おうと支那なんてことばは絶対使いたくないよと
言う人が多いであろう。ご安心ください。だれもあなたに中国をやめ
て支那を使えと言いはしない。支那に不快を感じ中国に愛着を覚える
あなたの選択を私は尊重する。それなのになぜあなたは支那に愛着を
持ち、もしくはこの語の使用に合理的理由があると考える者に対して
やめろ、中国と言え、と要求するのか。どこからそんな権限を授かっ
たのか。・・・今日本でアメリカ人やイギリス人の悪口を言っても
アメリカ差別だイギリス差別だと言う者はいない。それが中国だと差
別だ蔑視だと金切り声を上げる人がいる。・・・なぜか。彼らの心中
には日本は中国よりも上だ、という思い上がりがあるからだ。その思
い上がりは戦前支那人を軽侮した日本人と紙一重、なまじ良心面して
いるだけに気色が悪い。・・・日本とその周辺ではうっかり冗談も言
えない。冗談どころか本当のことも言えない。国語辞典にまで手を伸
ばして卑語としてしまう。あまりにもけち臭くて低次元ではないか」
というような結びになってます(相当はしょっており本文とは違う文章になって
おりますが(高島さん申し訳ありません!!)。

さて、明日に備えて眠ろう。あ、私と同じ頃に新規参入(?)された
ネム助さん、ハンドル名が素敵です(笑)。私も「ぐうたら姫」くらい
にしておけばよかったと後悔してます(願望入ってるか・・・)
遠慮(?)なさらずに、和む雑感なりたま〜に書き込んでくださ
い(^-^)/

イヴの末裔さんへ  -投稿者:MK(初代)  2002-02-08 09:47:21

長い論文は、隣のコーナーにどうぞ。
、、、なんていうと、まるで日本茶掲示板みたいですね!!?

ところで、「日本」の国名の英語表示ですが、渡部昇一氏の「日本史から見た日
本人」
の古代編の中に、以下の一文があります。この前にNipponn か Nihonnかと迷って
おられたので、少し引用します。

“・・・
日本が武力に置いて三大海軍国、五大陸軍国の一つであったころでさえ、
Japan
と言って平気であった。しかもNipponもJapanも語源は同じなのであ
る。
・・・
そして、Nipponがよくないというのは、この名称にこだわることによって、
日本人は妙に国家意識が強いという、まことに無用な印象を諸外国に与えるほか
に、
それを省略した Nip という形が、救いがたく悪い意味を持っているからで
ある。
それは「ひったくる」とか「盗む」という、まことに卑しい意味になるのだ。
この点 Jap は日本人以外の意味はない。・・・“ ということです。

では、また。

イヴの末裔様  -投稿者:ネム介  2002-02-08 22:01:26

ちょっと眠っていたネム介です。今起きました。少しボ〜としていますけど
...。「イヴの末裔」様のハンドル名もミステリアスな雰囲気が
あって良いと思います。

「イヴの末裔」様の投稿を読み、どっかで同じものを読んだ記憶がある
なと思い、探したところ、月刊誌『諸君』(2001年11月号)に高島氏の
記事がありました(ご指摘の書籍からの再録版)。

日中国交正常化以来、良きにつけ悪しきにつけ、日中は密接な関係に
あると感じております(特に、「日中友好」なんとかという、主に
経済・財界業界の団体、及び関連する我々国民)。
でも、今後はその関係も質的な変化が生じてきているんではないでしょうか? 
中国とは、「距離感」?を保つ必要があるように以前から
思っています。たとえば、
 ”今後、日中の様様な面での関係を持つことは不可欠です。しかし
  領海侵犯、犯罪者の日本での横行等は絶対に許せない、そのため
  には、日本として当たり前の処置はとる”
と、政府・財界等の要人が意志表明してくれることを願います。

「戦争論2」シンポジウムから  -投稿者:いあつま  2002-02-08 22:43:53

「第18回つくる会シンポジウム−戦争論2をめぐって−」に行っ
てきました。会場の文京シビックホールに着いてみると、平日の夕
方にしては意外な長蛇の列で、大盛況でした。

パネリストは、田中英道教授、小林よしのりさん、田久保忠衛教授
、長谷川三千子教授、八木秀次助教授、の面々でした。「戦争論」
が73万部、「戦争論2」が41万部のベストセラーになっている
という報告が、主催者側からありました。

約3時間行われたシンポジウムの印象を、私なりに要約すれば、途
中で飛び入りして挨拶した西尾幹二前会長を含め、ほとんどのパネ
リストが「戦争論2」を賞賛し、小林よしのりさんを何かと盛りた
てようと配慮しながらも、各自が自説を主張し、「いまさらの反米
論、テロ容認論の小林さん」との考え方の相違を明確にしていました。

それでも、小林よしのりさんのこれまでの多大な実績、国民的な潮
流を起こすための貴重な人材的側面等々をふまえ、その「純粋まっ
すぐ君的?資質」を、どうこれからの日本再生運動に取り込んで、
ますます複雑になる人間(国際)社会における日本の主体性確立に
向け、どう対処すべきか、というような視点から、小林さんをなが
めていたのではないかと思われます。

そのような配慮、思惑等々をどの程度小林よしのりさんが理解した
のかは、今のところ不明ですが、おそらく、いまの小林よしのりさ
んは、他のパネリスト、というか一部の「小林教信者?」を除いて
、多くの人々から理解をされていない、つまり説得力のない主張を
している、という自覚は持っているはずです。

小林よしのりさんは、ある若手保守派言論人の対米認識との比較で
「社民党の原陽子議員の『ざまぁみろと思う国だってあるはずだ』
の方が、よほど(日本)民族主義的である」という趣旨の発言もし
ていました。

「暴論極まれり」の発言ですが、それでもまだ、今後の小林よしの
りさんの言論活動に期待していることに変わりはありませんが、一
刻も早く本来の小林よしのりさんの主体性を確立してもらいたい、と
は思っています。私から見れば、明らかな勘違いと思われる主張で
も、それでも切々と訴えようとする小林よしのりさんの姿勢には、
少なからず好感は持てました。

よい週末を  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-08 23:59:53

MK(初代)さん
 情報有難うございます。渡部さんのその本は確か本箱にあったような
 気が致します。しかし、まだ積読状態です・・・。よく思っていたの です
が、渡部さんなど国立大学の名誉教授になられてもいいような  (種類の)業績
の方が私大で活躍されてて(しかし、クリスチャンでら っしゃるので上智の方
がいいのでしょうか)、公僕どころか、昼行灯 で且、日本の悪口ばかり言って
る研究能力も教育能力も(事務能力も) ない(且つ威張っている)方が大勢、今思
えば(国立)大学に残って、 公金で海外にあたり前のように自分の(趣味の)研
究の為行って いる のも税金の無駄使いのような気が。
 しかし、偏らない研究、ということでいいのでしょうか?!けれど、 私など
も、例えば井沢さんなどが東大なんかの歴史学科で教えられ
 たり、いや、教えられなくていい、研究されたりするなら、もっと面 白い、
覇気を持った学生が育つんではないかと(しかし、井沢さん  は嫌がられるか
な)、人材育成と活用が一番国にとって大事なのでは とよく思います。この点
においては、欧米文化は正直に凄いな、と。
 一朝一夕で人材は育たないでしょうから・・・・。
 あ、それと長々書いてすみません。お隣の皆さんのフォーラム、面白 そうで
す。後で読ませて頂きます。
ネム助さん
 「諸君」、読んだことないです・・・。そうですか。高島のおじいち  ゃ
ん、まだまだ気を吐いて(?)頑張られてるんですね。

今日、少しつけたニュースで、外務省のことがまた色々言ってあり、福田官房長
官が「うんざり」という顔で突っぱねてました。最初の頃、ちょっと情報通と”
自称”されている(笑)方と話していたのですが、なぜ外務省ばかり、こうも次々
といろいろ出てくるのか。それは検察にゴーサインが行っているからだ。外務省
は氷山の一角というか、一種の生贄のようなものじゃないか、と。三権分立が良
いか悪いかは単純には言えないかもしれませんが、政治改革などは、どうしたら
進んでいくので
しょうか(笑)・・・・

イヴの末裔さんありがとうございます  -投稿者:Y・S  2002-02-09 00:24:41

私が知らなかったばかりにお手数かけまして…(と勝手にそうおもって
いるだけですが)たいへん興味深く読ませてもらいました。
つまり「支那」はもともと差別的な意味などは含んでいない
普通の固有名刺だったのですね。それが1930年から「中国」
と呼べと言ってきたというわけですね。
確かに今の中国人が「支那」と呼ばれるのを嫌がっているなら
別に無理してそう呼ぶことも無いけど、ただ言葉そのものを
葬りさろうとするのは歴史の歪曲ですね。今の若い人で「支那」
が中国のことだったということを知らない人も結構いるでしょう。
日教組の企みでしょうか?

戦争論シンポなんてものがあったんですか?
またもや知りませんでした。自分の無知が嫌になるなぁ(笑)
私はテロに関してはかなりの部分で小林先生と同じ意見です。
小林教信者!?ではありませんが(常に疑いながら読んでますから)。
私は安藤優子さんが好きなのでフジのニュースをよく見ますが、
木村太郎のアメリカ原理主義のような発言には気持ち悪くなります。
アメリカがイスラエルに肩入れするのを止め、サウジから軍を
引き上げてパレスチナ問題を解決しイスラム諸国の反米感情の
根本を理解し取り去ってあげないと反米テロは何の解決も
見出せないと思う。いくら空爆し武力で片付けようとしても
一時的にはおとなしくなると思うが、しょせんはその場かぎりで
まるで今の日本の政治みたいな問題先送り的解決法でしかない。

追伸  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-09 00:56:22

いあつまさん他の皆様
 この項で時折小林よしのりさんのことぞんざいに書いた気が
 しますが、それは、「戦争論」の第一印象が、非常に「なんだ
 これは?」だったからなのです(笑)。タイミング悪くムリヤリ
 友人に勧められて読み、いても立ってもいられず欠点を指摘し、
 しかもその友人も反論できなかった・・・様な思い出がありまし   て
(笑)。その後どうも苦手意識を持っている(た)のですが、け
 れども、いあつまさんその他の知的な皆様の投稿を読ませて頂き、
 小林さんに対する私の距離感を認識すること(し直すこと)が出来
 た気がします。小林さんの(一般人・言論界に対する)業績もまた。
 議論を深める際に、推敲する知性と言いますか、謙虚さと言います  か、人
柄と言いますか、そういうのってとてもパワーがあるんだな
 と思う最近です。有難うございました。

ネム助さん
 先ほど書き忘れましたが、公安委員会、政府、あのくらいびしっと
 対中政策を表明して欲しいです。国際犯罪の時代を感じますね…。
 それと、以前書かれてました「月刊・石原慎太郎」でしたっけ、
 書店で見ました、赤い表紙が目に飛び込んできました。迷って
 購入はしませんでしたが(笑)、笑いました。ざっとしか見てないの
 ですが、面白かったです(笑)。笑えるということは私にとっては
 いいことなのでありますが(取敢えず知性ないと笑えるもの創れな 
 い気もしますので)、しかし、あまり文章は読まず、ただ、あの内閣
 相関図のようなものと害鳥図鑑だけ見て、笑いました。少なくとも

『もったいないお化け』が飛ぶ  -投稿者:SOGA  2002-02-09 15:26:04

久しぶりに来ましたら投稿が活発で読むだけでも大変でした。ははは・・・
イヴの末裔さん・ネム介さん、はじめまして!どうぞ宜しく!

田中外相更迭は、なるべくしてなったのではなかろうか?
今まで外務省改革と言いながらも、殆ど手に付かず内輪もめばかりが目に入り、
外交自体も腑に落ちない傾向が多く、小泉さんも今回のことでようやっと重い腰
をあげたのでは?
これまでの外務省調査も田中さんでなくても出来たことです。
本来はもっと切り込んで欲しいと思ったのは事実ですが、田中さんの資質にも問
題があるも事実でしょう。
新外相川口さんには鋭く突っ込んで欲しいと思います。
(外務省には、まだ野上さんはいますからね。他にも大勢・・・)

支持率、確かに下がりました。
田中さんの影響は否定できません。それだけ『おばちゃん』達のアイドルだった
わけですから・・・
宗男ちゃん(←なぜここだけ???)にしても、殆どの国民は、何故この人が?と思っ
ているのに、
地元に行くと、とても人気があるらしい。国民も冷静に彼らの行いを見極める力
が求められています。

今後、雪印食品の事件で、関連業者にリストラ・倒産etc.が相次げば、景気にも
影響するでしょう。
更に小泉さんにとって、厳しい状況になるのは必至です。
雪印食品の事件は、狂牛病の影響を理由にしていますが、儲け主義から始まった
ことでしょう?
狂牛病にしても本来、食料である牛を大切に育てる、のではなく、
工場のように作り出すという儲け主義から来たものであると、私は思っています。
農家でもない奴が、甘い事言うな!と叱られそうですが、小規模でも企業努力は
必要です。
今まで、のらりくらりと平和な世の中で生きてきた私達にも、多少なりとも責任
があるはずです。

小泉内閣の支持率はもしかしたら、↑のようなことで更に下がるかもしれませんが、
これからが、小泉さんも我々国民も踏ん張り所なのではないでしょうか?

Wemen be productive?!  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-11 00:36:40

前回又容量オーバーで途中切れしていたようです。「少なくとも・・・?」何
と書くつもりだったのか(笑)。週刊誌よりはいい
気がした、くらいでしょうか(笑)。
SOGAさん、始めまして!とても分かりやすい外務省問題などの総括文
で安心して面白く(←宗男ちゃん(笑))読ませて頂きました。今の段
階では、こんな感じの気が私もしてきました…。終わったことを言っ
ても今はしかたないかな、と最近の真紀子大臣をニュースで見て思い
ました(笑)。ただ、小泉さんの後始末も外務省の内輪もめ同様内向きだったと
私は思いますので(あのバタバタ更迭劇(笑))、これをいい
教訓に国民も政治家も襟を正して意識改革していきたいですね…。
週末、(普段避けている)経済についてのニュースなどを見て、町に出
てもつい観察したりするのですが(私自身はあまり不景気感じない職
に今のところ携わっておりますので)、やはり外務省問題より、哲学
(生き方)も含む経済対策が最重要課題なのでしょうね。これに関して
は私は昔から内橋克人さん(だったと思います)がおっしゃられてい
る「消費なき経済成長」というのが個人的にはしっくりきているので
すが、ただ、そんな(悠長な?)ことを言っていては追いつかない程
の不良債権や失業者なのでしょうから、社会に対して申し上げたいのは、経済活
動は心理の影響を受けますので、健全な、とりわけ、弱者(敢えてこの語を使わ
せて頂きます)が希望と安心感を持つルール
(秩序・法)を早急、且つ超強力に作っていって欲しいかな、と。上
層部が責任と倫理観を示し、バブルの二の舞を今度は通貨・株で決し
て踏まないよう(官僚主導の経済対策(だけ)ではだめでしょうが、
この点に関しては、”構え”としては小泉内閣は民間から専門家など
を招き最初から本気でしたね)、そして、国民も踏ん張って、スロー
ダウンして健全な生産・経営体質に戻すようするしかないのでしょうが…。安易
な悲観論や意味のない楽観論が一番国民を、無感覚、ある
いは安易な不安感・憤りに駆り立てるのでしょうから、やはり、様々
な分野で智恵が必要となるのでしょうが。では、また。

あっという間に送信されてしまい・・・  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-11 00:40:30

打ち間違えです。wemen→women

テロなど  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-11 14:28:40

自分で書いた日本語が気持ち悪いので訂正させて下さい。二の舞を踏
む→二の舞を演じる。寝ぼけていました?!
あ、Y・Sさん。安藤さんは夜のニュースに出られてますか?あまり最近
テレビを観ていないのでよく分かりません。気をつけておこう。
ふぉーらむの「天皇制の必要性について」の皆様のご意見、とても
興味深く読ませて頂きました。こういう議論が出来るというだけで日
本は自由な国だ、と最近冷戦下のロシア、ヨーロッパの映画を観ていた私は感じ
ました。皆様、凄いです。以前「Hirohito」という本が英語で出されたんだと思
いますが、日本で出せなかった背景(言霊?)を考えて、日本独自の秩序を考え
次世代にもその議論を引き継いでいくことが大事なのだろうと私は思います。し
かし、このトピックは聖書学にも匹敵する(すべき)粘り強さがいるのかもしれ
ませんし…、ここではちょっと恐ろしく深まりそうですので辞退させて頂きます
(笑)。あ〜生涯勉強ですね。
テロ・アフガン空爆に関しては、いまだもやもやしています。
基本的に私は全ての暴力・戦争に反対です(笑)。この点に関しまし
ては芯の芯の部分で、少なくとも思想の面では抵抗者でありたいと自
らを省み続けていきたいです。
小林さんはアメリカ原理主義に反対されているのですか?私はまだそ
れでも足りないのです。なぜならアメリカ原理主義、イスラム原理主義、そして
アメリカと日本の同盟関係、(西洋的)近代化、これらを
論理的に現実的に日本的発想のみでは説明できないからです。男(女も)の方達
がアメリカ的力の追及、現実的行使を支持するのは、それ
がサヴァイヴすることだと意識的にも無意識的にも思っているからな
のではないか。しかし、では、アメリカ原理主義に反対する者の声は
少しも強権者の声に似てはいないのか。その点で、まだ論理としては、言葉とし
ては一貫したもの、少なくとも真実はないと思いますし力不
足のような気がします。しかし現実として、まず日本としては、アメ
リカと完全な同盟国となるより、ユニークな世界貢献の道を今後模索
して行く方がやはりいいと、この点は踏ん張りたしと願いもします。
アフガン復興に関しては、ニューズウイーク紙に日本のやり方はフラ
ンスに最も似ているとコメントされてました。ここを論理的に意識し
ていきたい気がします。ではちょっと堅い内容でしたが(笑)。

>いあつま様  -投稿者:マルメロ  2002-02-12 00:28:39

 小林先生がそんな「暴言極まれり」な発言をしていたのですか。
それは少なからずショックですね。
 小林先生は「日本の国柄を守る」ことを謳っていましたが、そ
れではまるで「死者に鞭打つ」シナ・コリアの価値観ではありま
せんか。日本は「死んだら皆神仏(かみほとけ)」の国です。
昭和19年にF・D・ルーズベルトが死んだ時、ときの鈴木貫太郎
首相がアメリカに弔辞を述べたのを忘れたのでしょうか。
 そんな“惻隠の情”を無くし、シナ・コリアを心の故郷と仰ぐ
“おたかさんチルドレン”の意見に共感を示すなど、最早小林先
生の方が「日本列島に生きるヒト科」に成り下がってしまったかと
の皮肉の一つでも叩いてやりたくなります。
 小林先生に多くのことを“啓蒙”して頂いた私としては、今の
小林先生は間違っているなどと安易にいいたくは無いのですが、
同時多発テロ以前の路線に早く戻って頂きたいと願う次第です。

>SOGA様
 私も北海道で生まれ育った者として、郷土への愛着と道民と
しての矜持を有していますので、断言しますが、鈴木大先生は北
海道でも人気はありません。特に女性には頗る不人気です。
 ただ、ホントの地元も地元では公共工事のバラマキなどで業界
団体などを中心に支持者もいるようですが。
 この油すましチャンが何故今まで当選してしていたかと言うと、
比例の北海道ブロックで順位一位だからなのです。あれは究極の
選択のようなものですよ。
 今度の衆院選挙でも比例の候補者記名方式が採用されるのでし
ょうか。私はあのヒトには絶対投票しませんよ。

『地獄の黙示録』見てきました  -投稿者:Y・S  2002-02-12 01:04:31

イヴの末裔さん>
 安藤さんは夕方5時からのニュースに出てます。
 雰囲気や外見がタイプなんです(笑)

ちょっと古いかもしれませんが大事だと思うのでテロに関してです。
私は日本は今やアメリカの属国だし、日米同盟の観点からも
参戦はやむをえない。しかしそうなると今後日本もテロの
標的になる可能性が非常に高くなるから、十分すぎるくらいの
危機管理体勢を整えてからやらなければまさに丸腰で戦場に
突っ込んでいくようなもので、今の日本の現状がそうであり、
つまり主体的にやるとか言っておきながら実は自国の主張も
明言せずに無批判でただアメリカに迎合しているに過ぎないのが
現状で、まったくの無対策と一緒だと思ってます。
そしてその対策とは
 ・集団的自衛権を行使すると明確に示すこと。
 ・テロに対する最大の防御策は「情報」で
  日本にもCIAのような諜報機関を設立すること。
であり、前者は今のテロ対策法は中途半端ではっきりいって
不充分であり実際に任務にあたる自衛隊の方も危なくて不安
だという声もありますし、私も政府は自衛隊の方の名誉を守る気など
無いのではと疑ってしまいます。憲法が足かせになっているなら
変えてしまえばいいし、憲法を守るために国民がいるのではなく
国民を守るために憲法があるので、国民を危機に落とし入れる
ような憲法はいらないと思います。
後者は、井沢先生の本を読んでいるみなさんなら日本がいかに情報
戦が下手かは周知の事実だと思います。いかにはやくテロ計画を
掴めるかが重要で早いほど未然に防げる確率大なのは当然です。
原発に自衛隊を配備するかですら迷っている今の政府に危機意識
なんか無いんじゃないかと思ってしまいます。

ソルトレイク五輪!  -投稿者:GOAL  2002-02-12 14:35:13

ソルトレイク冬期オリンピック開幕。
女子モーグル 里谷多英は銅メダルGET!!
上村、4年後はメダルきっと取れるような気がします。
スピードスケートもジャンプもフィギュアも、選手のみなさん目標が達成される
といいですね。

海外に見られる高額な賞金や年金等の見返りもなく(最近になって賞金は出るよ
うになったが)、
遠征も自腹を切らなければならない中で、選手達は本当によくやっていますね。
やりたいというだけであれほどがんばれる彼らを、日本人として誇りに思わずに
はいられません。

新聞休刊日の本日、駅で産経を買ったのですが、その中の記事で、
ジャンプ(ノーマルヒル)惨敗の原因はルール改正ではなく、科学的サポート不
足が原因とのことでした。
大量の機材を持ち込んでデータ収集する外国に比べ、日本は選手と一緒に見てい
るだけ。
「経験と勘だけでは指導もできない。ライセンス制を含めたコーチの養成、有給
化が急務です」と小野統括コーチ。
いままで無給でコーチされていたんですね。本当にご苦労さまです。なんとかし
てあげたいなー

→思いつきません(笑)  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-02-12 19:32:02

たしかに最近の小林氏の発言はちょっと?と思うところもあるかもしれません
ね。
私の勝手な解釈ですが、歴史上におけるアメリカのやりかたに怒りを覚え、その
さなかあのテロがあったわけですから、小林氏も少々興奮状態だったのでしょう。
まあ、ある意味世界中が興奮状態なので無理もないかなあとこれまた勝手に解釈
しています。
ところで日本人はオリンピックのときには愛国心にめざめるのですね。
でもオリンピックが終われば「ぐろーばる すたんだーど」となるんでしょうね
(笑)

2月12日  -投稿者:マルメロ  2002-02-12 23:36:17

 本日は故・司馬遼太郎氏の命日で『菜の花忌』だ
そうですね。私は恥ずかしながら「大勢の人が読んで
いるから」と言うチンケな理由で避けていたのですが、
『坂の上の雲』を読んで、衝撃を受け、今までの人生
を後悔したこともありました。
 今は司馬作品の完全踏破を目指しています。著作品
だけでなく映像の方も網羅したいです。映画『梟の城』
はイマイチでしたが(笑)。 『坂の上の雲』も(長いけ
ど)今一度読み直しています。
 ところでオーベルシュタインさん、ヤン=ウェンリー
は秋山好古と真之の兄弟の良い所どりのような気がする
のですが、違いますか。

2月12日  -投稿者:マルメロ  2002-02-12 23:37:21

 本日は故・司馬遼太郎氏の命日で『菜の花忌』だ
そうですね。私は恥ずかしながら「大勢の人が読んで
いるから」と言うチンケな理由で避けていたのですが、
『坂の上の雲』を読んで、衝撃を受け、今までの人生
を後悔したこともありました。
 今は司馬作品の完全踏破を目指しています。著作品
だけでなく映像の方も網羅したいです。映画『梟の城』
はイマイチでしたが(笑)。 『坂の上の雲』も(長いけ
ど)今一度読み直しています。
 ところでオーベルシュタインさん、ヤン=ウェンリー
は秋山好古と真之の兄弟の良い所どりのような気がする
のですが、違いますか?それとも、ファンには自明のこ
とでしょうか。

マルメロさんへ。  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-02-13 00:24:27

たしかにそのふたりの要素もありますね。というか歴史上の名だたる「軍師」
と呼ばれた人のいいとこどりのような気がします。ちなみに漫画「日露戦争物
語」知ってますか?
しかしなんといっても私が好きなのはオーベルシュタインです。あの「ヴェス
ターランドの虐殺事件」の対応は人道的には間違ってるでしょうが、政治的には
みごとと思いました。
日本の政界にあのような判断の出来る政治家はいるでしょうか?

清水選手 銀メダルおめでとう!  -投稿者:MK(初代)  2002-02-13 08:54:50

里谷選手 銅メダルおめでとう!
清水選手 銀メダルおめでとう!

でも、清水選手の銀は、メチャくやしい!!!
日本選手が活躍しだしたら、ルールを変えたり、意地悪したりする。
それだけ、向こうにも余裕がなくなってるとも考えられるけど、、、
これに懲りて、日本勢も大いに目覚めて、海外では黙ってると何をされるか分か
らない
とにかくはっきりものを言った方が尊敬される(黙っていると無視される)
ことを悟ってほしいものです。(柔道の銀もあったな〜〜)

清水選手!感動をありがとう。心の中では、金メダルです。

とりいそぎ、気がついたことを・・・。  -投稿者:いあつま  2002-02-13 17:48:44

公私ともに思いがけないことが起こってしまい、いまは時間の余裕
があまりない状況です。イヴの末裔さん、私の書き込みも参考にし
てくださって、ありがとうございます。

マルメロさん、ご指摘のとおりですね。それに日本人の民族性は、
正々堂々と戦う者には「敵ながらあっぱれ」と賞賛する心情はあっ
ても、非戦闘員に対する無差別殺人に近い「同時テロ」を賞賛ある
いは条件付きでも容認するような心情はなく、小林さんのように
「この手があったか!」という感覚は、日本人でもやはり少数なの
ではないのでしょうか。小林さんのような感覚がないからといって
日本人としてのDNAを持っていないともいえませんし・・・。

長谷川三千子教授は「アメリカを処罰する」という感覚があるそう
ですが、その長谷川教授でさえ、小林さんの「社民党の原議員の
『ざまあみろと思う国だってあるはずだ』発言のほうが民族的であ
る」という趣旨の主張を、遠回しにですが、たしなめるような発言
をされていたような気もしました。

Y・Sさんが書き込まれた内容は、心ある日本人が憂慮しているこ
とであり、早急に対処すべきことでしょう。ただ、日本国政府と日
本国民の「意思」の問題、つまり国内問題であり、小林さんが主張
するような「唐突な反米論」とは区別すべき次元の問題と考えられ
ます。

また堅い話題で・・・  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-13 22:26:56

日本に最も欠落しているのはあらゆる面における危機意識、あと想像
力だと私も自戒を込め思ってました。防衛に関することではY・Sさん
と同感です。とても参考になりました。ただアメリカに頼っている面
もあるのでしょうが…。その他の政策も後ろ手ですね。例えば、高齢化、少子化
対策などでも言っては悪いけど(笑)、私などでも10年
以上前から予測して友達とも話題にしていたし、和の国と言いつつワ
ークシェアリングなどの導入はヨーロッパなどよりもうんと遅い。また、歴史に
残る優れた政治家って、実はかなり「悲観的」だと思います。小泉さんとは
ちょっと残念ながら器が違うような(申し訳ないですが…)。最悪の事態を常に
予測して、又よいか悪いかは置いておいて「グローバル」な世界(宇宙)観があ
るので大局を見、未来の方向性を示唆することも出来る。日本の場合「暗い」こ
と言うと嫌われる(笑)ブラックユーモア、ジョークも嫌われる(でも、そうい
うところがいいなとも思うのですが(笑))。でも私が時にボキャ貧だと思うの
もその辺でした(笑)。もっと日本の個人は強いはずなのでしょうが。とりわけ
組織の上に立つ者は「暗い」事態を具体的に想定して言語化せよって思います。
石原慎太郎さんのようなタイプの人は危機の時代には頼られますが、そうでない
時は不遇。でもこれは政府だけではなく私の職場にも言えます。明るく、場を乱
さないことしか言えない“空気”のことが多々あります。学校などもまさにそうで
はなかったでしょうか?瑣末なことで忙しすぎたり。で、結局自分の首を締め後
で誰か、何かに依存したり、下の者から(だけ)泣きを見ることになる。バラン
ス感のある優れた人材って、社会的にいいとされている場にも(場にこそ)案外
少ないような。トヨタなど(勿論他の企業も個人も知らないだけでたくさん)そ
の点凄いなって傍から見ていて思います。上層部が「悲観的」で堅実なほど、実
は下は安心して「楽」できるんですが。世のバランスってそういうものの気が私
はします。皆で一緒に暗くなったり馬鹿騒ぎ(バブル?)じゃなくて、現実を幻
想に曇らない目で見て、個人の能力をそれぞれがのびのび発揮できてこそ真の共
同体になるんじゃないかと。あ、内橋さんのは「浪費なき経済成長」でした。本
もあるようですが私はテレビのコメントで聞き知っているだけでしたのでそこま
で詳しくは知らないのですが。

追伸  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-13 22:28:29

私もしばらく勉強や生活に専念します。またたまに宜しくお願いします。いあ
つまさん、お元気で平安をお祈りしてます。

マルメロさんへ  -投稿者:SOGA  2002-02-14 14:51:07

随分前になりますが、マルメロさんのレスを読んで安堵しました。(油すまし
チャンには爆笑)
昨日の国会でも話題になっていましたが、宗男ハウス・宗男号・・・素晴らしすぎ
ます。
もういい加減、選挙制度改正し、比例代表は廃止すべきですね。
民主・社民etc.の客寄せパンダ的、芸能人も必要ありません。
そんなに、議員になりたいのなら正々堂々、出馬すればいいのですから・・・
それで当選したのなら、私は文句を言いません。義務を果たしてもらうのみです。

抽象的なことですけど  -投稿者:ネム介  2002-02-14 22:41:19

イヴの末裔さんの
 ・想像力が現在の日本に、欠落している
 ・上にたつ者、「言語化」する器量?が必要
といったような発言には、とても共感を覚えます()。
私の想いとして想像力は、知的活動ひいては現実への
問題解決する力の源泉になるのではないかな。
我々国民にも、特にキーとなる人たちに必要ですね。
(私の場合、寝ぼけて妄想になる可能性もありますけどね)
良い意味でのフレキシビリティを喚起すべくバランスする努力を
知らずにできればな、と・・・。

また、投稿して下さい。私も、たま〜に投稿させて頂きます。
皆さん、宜しくお願いします。

一時復活させて下さい(笑)  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-14 23:54:09

民営化の話が出て以来郵便局員の愛想が良くなったとは思っていま
したが(笑)、遠方のお世話になった方にシャレで昨日送ったチョコ
が今日ちゃんと届いているので感謝していました。う〜ん、ビジー
シーズンでしょうに優秀です。サービスで日本に敵う所はないでしょ
うね。しかし、郵貯からアフリカや北方領土にお金がひらひら、い
やどさっと落ちて宗男診療所やら宗男ハウスやら…。ODAは政治戦
略でもありましょうから、素人が野暮なことは言いたくないけれど
(いや、私達は素人ではなく、本来は日本国企業の株主であるべきな
のだ。勉強しなくては)、しかし、政治戦略である一方で、経済的戦
略も必要でしょうし、大体、そもそもどんな政治戦略があるのかとい
うと、アメリカに言われる通りにお金出してるだけじゃ…とまたして
も思ってしまう(我々はかの国の金庫にいつからなったんだ?!)。
戦略ないならせめて世界に通じる人格でもあればまだいいけれど、あ
るのはどうも個人の私利私欲だけのようで…。う〜、本当に、まだま
だ、いや今からこそ政治ウォッチングは必要ですね、と思っている日本
国民と、SOGAさんのおっしゃるように「いい加減選挙法改正を」と
思い出している国民が多いことを祈り、私も同志を増やすべく身近な
ところからでも行動したいな…。
そして、野党の方も、この個人攻撃(は勿論して欲しいですが(笑))
で満足せず、政治システムの本質を見つめましょう。批判だけなら誰
だって出来ますしへらへらしている国内、国際情勢ではない。今、超
久しぶりにちょっとつけた「ここがヘンだよ日本人」で叫んでいるア
メリカ人見て“ムカツイて”テレビ消しました。ヘミングウエイのご
とく志願兵になってから威張るように。我々も悪いが、アンタにゃ言
われたくない。母国へ帰ってブッシュのボキャ貧直してきなさい。ア
メリカただいま暴走中なり。しばらく目が離せない。
しかし、オリンピックは、観だすとやはりいいですね。ようやく皆さ
んのテンションに追いついてきました。本田君の明日の演技楽しみだ
なぁ。ところで、しばらく読書などに時間を割く、その他でも忙しい
はずでしたが、ちょっと知り合いの某中小企業の社長さんから手紙を
もらい、この方にこんな思いさせたくないと思い、これのみ転写させ
て下さい。

ネム助さん、どうも有難うございます  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-14 23:58:55

この社長さんはもう十分引退されてもいいお年頃ですが、海外と日本
を毎年往復され、何よりも工場が一番好きだという現場主義の、心ある、儲け主
義とは無縁の、仕事を愛される方でした。
しかし、体調を崩され、最近はずっと療養されていて、いやがおう
にも世の中の出来事がニュースを通じて耳に入ってくる。社長のよう
な堅実に、しかし気骨を持って生きてこられた方が「坂道を転がり落
ちるような様」とおっしゃられるならやはり日本の現状はそうなので
しょう、と身を引き締める若輩の私。
 ・小泉内閣のパフォーマンス的政権
 ・タレント的人気の政治屋の林立・乱立
 ・二世化時代の新封建社会 
 ・聖域内の官僚官吏・公務員、規制(寄生?)産業の犯罪
 ・若者達の逸脱
 ・毎年三万人以上の中高年の自殺者、これに伴う高校生の中退は
  やむをえない惨状と挫折。海外よりも国民を救うべし。
 ・対中国体制の欠如。
 ・TVに出場する”クダラナイ”タレントで溢れる毎日。
 ・とめどもない少子化。
 ・乱れに乱れる日本語。・・・・・
ご自分で「新しい時代に追随できない偏屈老人のぼやき」と断った上
で箇条書きにされてらっしゃるのですが、時代の変化、で流していて
は何も残らない、残せない。最悪の事態と最良の事態を同時に構想で
きる人間がリーダーとして現れないか、システムとしてそういう機能
が構築できないかと、そんなことをぼんやり考えている最近ですが。
しかし、時代の流れ、と現在進行中のことを大きな目で楽観し、我が
身を楽しむこともまた時には大事な智恵なのかもしれませんね。
ここにいる良識あられる皆さんが、そんな良い日々を過ごされます
ように。

カナダのフィギュアスケートペアも金に!  -投稿者:MK(初代)  2002-02-17 17:20:46

今年のオリンピックは、判定で何だか不満が残ることが多いですね。
日本選手団の政治力のなさといい。

フェアプレイの見れないスポーツなんて面白くない。

ブッシュ米大統領来日!  -投稿者:MK(初代)  2002-02-18 21:38:07

 明治神宮参拝後、流鏑馬見物、いいな〜〜。
折角、ブッシュさんも気を使ってくれているのだから、
 フレーフレー小泉首相!
国内の反日抵抗勢力に負けないで、ガンバッテほしいな。

日本は空気が変わると、コロッと変われるんだけど、
こうしたらうまくいく というビジネスモデルみたいなのが
まだ、出ないんだね。一つ出たら、ダァーっと変わるような気がする。
どっかに完全週休五日制で9時から5時で優雅に温泉(プール)付きの生活
将来の不安なし、やっかみもなしという人いない?
案外、地方の公務員さんに近い人がいる感じ?
全然貯金がなかったら、怖いとか、老人のマル優とかの優遇税制があると
お金は動かないよね。やっぱ、贈与税や相続税を緩和して、子や孫の代に
資産をスムーズに移せるようにすることが大切だと考えています。

宮崎監督アッパレ!  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-20 12:40:05

何事もなかった米大統領訪日でしたね。日本に来れば外交も社交。
恐るべき日本教(笑)。英国、ブレア首相の国際戦略の意図をよう
やく理解(想像)できて、ほっと落ち着いていたのですが(あの国
は、大人なので、放っておいても大丈夫か)、日米は(最近は)実
は理念的にはバランスないかなぁ。
日本は相変わらず戦略・危機意識、一見するところなし。アメリカ
は、国益あるのみ。本当に。しかし、日本の場合、戦略なんてちら
つかせずアメリカの弟分として分を弁えている方が国民は幸せなの
か、ここは今のところ私にはまだなんとも。馬鹿な子ほど可愛いと
いうことがあるか、と日、米、英首相のキャラ、パフォーマンスを
見ていると感じ。歴史はそれでも動いていく。経済は、日本は潜在
能力はあるようなので、一般的、全般的にはいずれ盛り返すのでは?
外国の投資家がオーケー印を与えれば、株価が上がり(ブッシュが
来た位では株価は上がらない。戦争になればはたして上がるのか?
石油価格もついでに上がるか?嫌な世だ)、それは何となくいつも
景気浮揚になってきたような…。国民がお金を使わないのはひとえ
に、不安感・幻想があるからでは。この不安の質をそれぞれが見極
めることさえ出来れば、お金だって国だって本来は幻想のようなも
の(人間が作ったもの)なんですから、自分の幸せの為に投資する
ようにならないか?私個人としては“外圧”というか、新しい発想、
これがいつも必要だと思うだけです。例えば、年度末ですが、とあ
る組織の上の方々、無理やり予算消化などせずに治安強化とここに
お金を回した方がよくはないのか?ま、あてにしなくてもいいので
すが、創造性ある若者で「あほらし」って思っている者もいるらし
いですよ(笑)。
ところで、「日本村100人の仲間達」という本読まれました?なか
なか面白く読みました。「世界がもしも…」の日本版とも言えそう
ですが、元歌より面白い!

私も電波?  -投稿者:MK(初代)  2002-02-20 22:31:34

「ぅわ〜〜ん。みなさん、どこに消えちゃったんですか〜〜〜?
いあつまさんも、大変そうだし、どうしておられますか。大丈夫ですか。
みなさん、戻ってきてくださいよ〜〜」
と、書き込もうとしたら、イヴの末裔さんの書き込みあり!
よかった〜〜〜。
 掲示板では、煽りと言うか、電波というか、立場が違う人の意見も大切だと
思い始めた、今日この頃です。

では、また。
どうぞ、よろしく。

お久しぶりです。  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-02-21 00:34:54

私もいろいろといそがしくてなかなか書き込み出来ませんでした。
ところで今日(もう昨日かな?)宗男VS真紀子やってましたが、宗男はもう
すっかり悪役になってますが、なぜ真紀子は「正義の味方」なのかホントにわか
りません。
誰かなぜ真紀子が「正義の味方」なのか教えて下さい(笑)
馬鹿な話をしてすいませんでした。

ソルトレイク五輪!  -投稿者:GOAL  2002-02-21 15:02:47

スケルトンの越選手は結局8位入賞でした。
あえて if を言うなら …
もし金メダルをとっていたなら、あの和歌山の町工場でつくったというハイテク
(?)そりがやり玉にあがっていたかも。IF …

越選手が実力をつける → 欧州のメーカーがそりを売らなくなる → 日本国内でそ
りを調達する必要がある → 町工場の職人が工夫を凝らしていいそりをつくる →
オリンピックで金メダルを取る → else … ルール変更かぁ?

今までスキージャンプやノルディック複合なんかでも日本の金メダル後ルール変
更がされてきました。
日本が金メダルを取ると、何か腑に落ちないことでもあるんでしょうか?

先日の朝日新聞の記事では(私は朝日も見る!)
日本選手は記者会見の場でも言葉が少なく、海外のメディアにも不評だとか。
日本人のひかえめな性格は国内だけにしておきませんか? と言っても急には無
理か。
でもディベートとか、戦略とかにそろそろ目覚めないと、国際的な舞台では難し
そうですね。

教育の影響か?  -投稿者:Y・S  2002-02-21 20:44:20

私も日々オリンピック漬けになっております(笑)
選手の国にかかわらず一流のパフォーマンスをみるのは
やはり楽しい!が、それでも日本選手が出ているとつい熱く
なってしまいます。
採点競技にはいろいろ不満がありますがそれはひとまず
置いておいて、一つ思ったことがあり、それは日本選手は肝心な
ところでミスをすることが多いような気がしました。
事実記録的には十分メダル候補の選手が次々と
メダルを逃しています。こうなると少々かんぐりたくなります。
一言でいうと日本人は競争に慣れていないのではということです。
そしてそれは何故かなと思って考えたら、教育の影響ではと
思いました。日本の教育はおかしな平等主義が蔓延っています。
徒競争で順位をつけなかったり、偏差値を無くしたりと、さらに
平均より上の人と下の人を全部ひっくるめて同じ教え方をしたりと
とにかくみんな「平等」というような傾向があります。
能力差があってはならないということです。実社会では能力差が
あって当たり前が前提なのに…。
こういう教育下で育つと競争意識が身につかず、
世の中にでていざそういう舞台に立った時にいわゆる「練習」を
していないからどうしようもなくなる。
そういう教育下で育った世代が今の日本選手にかなりいます。
私の勝手な推理ですので…

「楽しみました」  -投稿者:Y・S  2002-02-21 20:46:16

しつこいようですがオリンピック関連でもう一つ。
よく日本選手の試合後のインタビューで「楽しみました」
「楽しかった」というようなセリフが目立つのですが
これは冗談じゃないなと思いました。
楽しませるためにわざわざ税金使って参加させているんじゃなくて
それこそ死に物狂いで一生懸命その競技に如何なる挑戦をするか
であり、こっちもそう思うからこそ精一杯応援するのに、
最後にそんなセリフを吐かれると何のために応援したんだろうと
虚しくなります。
「楽しみました」は単なる言い訳にしか聞こえないです。
スケートの清水選手、スケルトンの越選手、彼らは(他にもいたら
ごめんなさい)結果に関わらず「悔しい」「満足した」とは
言ったが「楽しんだ」とは言わなかった。
選手の能力には差があり金メダル候補もいれば、予選通過が
やっとという選手もいます。しかし能力差にかかわらず
自身の内なる境地を目指してぎりぎりまでその精神を追い込んで
尽くし、どれだけ自分の心を表現したかで観ている私達には感動
となって伝わるのではないだろうか。そういう選手からは
「楽しみました」なんていう言い訳は出てこないはずです。
自分の心をよりさらけだすには、自分に自信がなければ出来ない
からです。だからこそ競技を通して表現した心の内を全て
相対化してしまうような言い訳はしないのです。
これから若い選手に清水選手や越選手のような真のアスリートが
出てくることを期待しながら、そろそろこの辺で失礼しました。

井沢さんがTVに出ていますね  -投稿者:ネム介  2002-02-21 23:26:46

今、たまたまTVをつけたら、TBSの「ここがヘンだよ日本人」
でゲイとか外国人とかで、ギャーギャー、「安全地帯」に浸りながら
わけわかんない騒音をまきちらしているね。

ところで、準レギュラーなんでしょうが、どうして井沢さんが
出ているんでしょう?番組の最初に発言があったのかもしれませんけど、なんか
ヘンだよ井沢さん(批判しているんじゃないですよ)。
笑っているだけでもストレス解消にいいかも。
でも、なんか井沢さん、久しぶりに見たら、若いですね。
ヒョットして、イメージチェンジかな?

どうでもいい雑感でした。

それぞれの如月?  -投稿者:いあつま  2002-02-22 02:41:12

公私ともに思いもかけないことが起こってしまいましたが、「公」の
ほうは、まもなく解決しますし、「私」のほうも解決の見通しがたち
ました。余計な書き込みをしてしまった結果、MK(初代)さんや、
イヴの末裔さんにまで、ご配慮をしていただきまして、ありがとう
ございました。

話は変わりますが、確定申告が始まっています。私のところは個人
企業なので毎年この時期に確定申告をしていますが、先日、「売上」
と「必要経費」を調べ、所得を算出したところ、「売上」は開業以来
の最高売上金額をわずかに更新し、「必要経費」は開業以来最低水準
(別にリストラをしたわけでもなく、投資を控えただけですが)を
記録しました。

その結果所得金額は当然ながら、開業以来の最高額となり、なんと
なく頬もゆるみがちでいましたが、所得税額、住民税額を計算して
みると、その多額な納税額に、喜びも一転、いや一転どころか暗転
とも呼ぶべき瞬間?なのでしょうか。

視点を変えてみれば、ぜいたくな悩みかもしれませんが、「我が身」
が税の負担を、それも分不相応に多額に課されると、「我が身」は
不満をもらしがちである。日本の財政再建に対する「億分の一」の
貢献という面もあるはずなのだが・・・。

それにしても人間は不条理な存在です。(何のことか???)

ソルトレイク五輪!  -投稿者:GOAL  2002-02-22 12:18:37

ショートトラックで韓国の金東聖が失格になったことで、
全明奎監督は「こんなオリンピック要りますか?」と流暢な日本語で日本のメ
ディアに答えていましたね。
実は今回私もそう思っていたんです。

ショートトラックという競技は駆け引きがおもしろいとよく言われますが、では
どこまでが駆け引きでどこからが妨害なのか。
しかもそれを判断するジャッジも「私にはそう見えた」で終わり、何の改善策も
ないのであれば、もうこれは競技と言えるのでしょうか?
日本はスポーツ仲裁裁判所への提訴を見送りましたが、韓国は早々と提訴を決定
しています。
ルールを守って戦うからこそスポーツは世界平和にも大いに貢献できる。スポー
ツの存在意義の一つでしょう。
今大会のジャッジのようなことで、選手のモチベーションの低下を招くようなこ
とになれば、スポーツの存在意義も薄れてくるのでは?
日本が平和を望む国なら、寺尾問題も選手を慰めることで終わらせるべきではな
い。
寺尾の潔白を認めさせ、
ジャッジも含めてルールの確立とそれを守って戦うようにあらゆる方法で働きか
けることで、世界平和に貢献しましょうよ。

Y・Sさん。税金を使って参加させているというのは初めて聞きましたが、最近
はそうなんですか?
古くは体操金メダルの森末なんかもどこからもサポートなく自腹でオリンピック
参加してましたよね。
スポーツのために国・自治体が選手を積極的にサポートしていくことには賛成し
ます。

”オーベルシュタイン”って誰ですか?  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-23 17:48:57

田中さんは、所詮”女”、と私も思います(怖いけど…)。口でだけ
なら誰だって言えますし(いや、しかしあの方の父親譲り(?)の演
説力は凄い…)、人格・能力面でも問題とムラがある。一言で言えば
自分に甘い(笑)、フェア、ではない、と感じます。灰色部分を無視し
て白黒ハッキリ。しかし、自分に厳しい人なら知っている。人生はい
ろんな色が混じった「灰色」なんだ。でも!彼女は男の方に出来ない
ことをされた。所謂利権や保身のない言葉で、一見我が身、上層部も
斬って見せた。その言葉に嘘はないようだ。「潔癖」なようだ。彼女
は利権がらみのずるいことはしないような気がする。それは、もしか
すると捨てるもの、かばうものがない、現場の難しさをあまり知らな
いお嬢さんだからかもしれないが、ただ国民は思っている。痛みって、民間、国
民だけ?中小企業、自営だけ?自分達は痛まないの?それって、よく考えると変
じゃなぁい?参議院議員って“今の政界”であん
なにいるの?政治家って誰の為にいるの?みんな、義務果たしていの?!言って
いる言葉分からないよ。そこで、真紀子さんの言う「構
造改革よりもまず政治改革を」というのに拍手喝采するのでは。それ
こそが求められていること、皆が思っていること(彼女に政治手腕が
あるかどうかは置いておき)。
 アングロサクソン民族にあるノブレス・オブリージェ(高貴な者の
責務)という感覚が日本にはあまりないよう?(二世型)封建社会と
言われる所以か。パブリック・サーバントの意味って皆さん分かって
いるの?その辺を、今まで政治家で国会で具体的に徹底的に衝いた人
はいなかった。いなかった方がおかしい。それに、何だか、お金の流
れや決してスマートとは言えない圧力関係も見えてきた。それは真紀
子さんの存在故に。その辺で、正義の味方って、言われてあるのか?
 私も週刊誌読まないしあまり分かりませんが(笑)。ただ、彼女の言葉、外国語
に翻訳しやすいかも。鈴木氏との茶番に留まらない本質を
衝いている。勿論、私は川口さんにも同情する。有能な方なのに。人
間のやれることには限界があるので、彼女には本来の仕事を思い切り
やって頂いて改革などは適材適所でできないのか?システムの問題で
すよ!チェック機能などの構築と真の指導力を早急に作らないと。あと、マスコ
ミの情けなさ都合の良さ…。

長くなりすみません  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-23 17:54:27

しかし、私は、外務省問題の国会答弁は、ニュースは観ましたが新聞
はもう、ちょっと最近読む気がしなくて(いけないと思いつつ)、そ
れよりも、私は、マネー戦略と武力行使を繰り返して国益追求をひた
すら邁進する現代アメリカが気になる。公平に見て、やはりあの国は、
最近、ちょっと横暴というか、無理なことしていないか?ブレア首相は、まだも
う少しグローバルで“バランス”ある視点から行動されて
いると思う。超大国は、自らを反省する視点、また人間中心に過ぎな
い理念をどこかに持っているべきなのだが、理性の声はかき消されて
いてちょっと恐い。今、アメリカに匹敵する大国はない(しかもやん
ちゃボキャ貧)。
これは考えようによっては、なかなかアンバランス。だからこそ、か
の国はしたい放題、テロも生まれる。起きた。以前、Y・Sさんが書か
れていたような中東問題に対する真摯な解決策(しかし、これも、実
は井沢さんがおっしゃっているようなこともかなり理想的に響くよう…。とりわ
け“絶対神”を信奉しない日本人が言うと…)などをか
の国が聞き入れないのは、現共和党政権にとっては戦争こそが国益だ
からだと思います…。クリントン大統領の時は、リベラル政策こそが
国益で、バブルを生んだ。ということは、これは個人の問題というよ
りも、何だろう…。政治、国民性のあり方というか、あぁ…。小泉さん、国内が大
変なのは分かりますが、もうちょっと国際感覚を表に慎
重に出して頂かないと、侮られるのでは?ブッシュにとっては、嬉し
い限りでしょうけど…。日本国民を危険に陥れる可能性もあるのでは!!勿論、
小泉さん一人でも問題山積みの国内、国際情勢に対処で
きないでしょうが。日本は、島国で苦手ですしね、こういうの。しかし、今年は
戦争、イラク攻撃…。安保はそろそろ
日本にとっては、デメリットになってきているような気もします…。
でも、ほけっとしている我らが政治家と一般国民なのかしら?しかし、政治家は
例えのんきな国民に選ばれようとも(笑)、プロの仕事、最も
必要な仕事、真剣に試行錯誤して欲しいですね〜。それこそが公務に
携わる者の、政治家の存在意義の筈なのですが…。でないと、刹那的
な若者が多いらしいです(しかし、私は最近の若者もまた感心しない
のだけど。あ、いかんこれは年取った証拠…)
大人は未来へ何を残せるかも考えていきたし。

家事に追われるも嬉しい週末  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-23 18:03:29

いあつまさん、景気いいお話素晴らしいです!!努力の賜物ですね。
なんて私がおこがましいですが、私も確定申告行って参りました。
2箇所以上から給料を頂いていますので。最初の頃は、所得税の還付
や控除などに大喜びでしたが(^_^)、その後に来る、住民税、年々上がる保険料
などに何だかブル(^^;)。この先、どんどん保険料など上がるのか…と思うと、
やはり真面目な私でも(笑)、ずるいこと考えたくなるかも?!、というか出稼
ぎに行かなくてはいけなかったりして?!でも、それより、安心して働ける国に
なって欲しいですし、未来を見
据えて国の骨格整備、本気でやって頂きたい。日本の高額納税者の方、あるいは
納税などに関係なく良い見識を持って誠実勤勉に暮されている方は、本当にあま
り政治、納税や税金の使われ方に批判精神なくて有難い(?)なと私が官僚、政
治家だったら思ってたかも(笑)?!
 実は、私は、日本は経済一流、政治、文化三流と思っていました
(文化はいいもの一杯あるのに、一般の生活に根付いていない気がし
たのでこんな言い方をしてお許しください)。アメリカの軍事力の傘
下で勤勉な労働者に助けられ、政治家たちは山本七平さんの言葉を借
りれば、実体語(自民党)と空体語(社民、共産党)を交換し合って
いればよかった訳で、その背後で、実際は官僚集団がお金を動かし、
責任の所在も雲散夢中。論理的で意地悪な言い方をすれば、そんな風
に今までの政治は斬れませんか??しかし、結果として平和を享受し
世界でもまれに見る奇跡的な一億総中流平等社会。ということは、日
本の政治は天才的なのか(笑)??島国というメリットがあるからな
のか?分かりませんが、経済なども厳しい状況の今、国民が文化(教養)と政治
のあり方に関心を持つことは必要では。でないと、経済な
くなれば…。勿論、国ということに関わらず、人間がしっかり生き残
ればいいのでしょうが、しかし、井沢さんの著作などを読み始め、ハ
マッテいる私でもあり(笑)。しかし、井沢さんもフリーの身なので気
分転換(?)やら、お金の為にテレビ出演もされているのかにゃ?でも、確か
に、何だかイメージチェンジされたような気もする(しかし、若いということは
いいこと?)。これもひとえに、教授に招かない大
学歴史学科が悪い(?)のである??!!

ぅわっ!私もTVで井沢さん見っけ。  -投稿者:MK(初代)  2002-02-23 18:11:28

久しぶりに土曜日のウェークアップ(読売TV)で、お顔を拝見、うれしい。
でも、おかぜですか、お声がかすれて、かわいそう。
どうぞご自愛ください。

ご活躍、期待していま〜〜す。

慌てんぼか実はボキャ貧か。  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-23 21:11:35

雲散霧消と五里霧中が一緒になって変な言葉に(笑)。

臨機応変にガンバリましょう。では、また。  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-26 13:18:26

目次に惹かれて「諸君!」を初めて買いました。日本は優秀な男の人が多い
なぁ。良かった。まず京大の中西輝政さんの「わかり易い政治の危険」を読み、
中西さんに「惚れ」ました(笑)。言葉にして下さいました。もう小泉氏は立つ
瀬ないです。引導渡されたようなものでしょう。実は、以前からこの方は気に
なっていたのですが、1割ほど私と感覚が違うところが前に別の週刊誌に載せら
れた論考ではあったので(私はやはり坂本龍一さんなどが訴えたい平和のメッ
セージを“寝言“と片付けたくはない。ナショナリズムだけで安寧を感じることも
できない、そういう時代に育ったのです。しかし私が中西さんの域に達していな
いだけかも)、けれども、とても中身とモラルのある立派な文章で。話は変わり
ますが、私はここ数年自由党の小沢氏などを支持してきました。彼と、薬害エイ
ズの頃の管さんくらいしか、私には日本の政治家の言葉が理解できなかった。言
葉というのをもっと具体的に、中西さんの言葉をお借りして言えば、精神(ソウ
ルではなくスピリット)と戦略の両方を供えた言葉、政治家の場合ならば行動も
伴った言動でしょう。こんな男性がたくさん周囲にいれば楽に生きられるんだ
が、内需拡大にもなりますよと思います(笑)。が、ニュースステーションの世
論調査で紹介されていた「田中真紀子を総理大臣に」というような受け身で都合
のいい意見にまた「ん〜」唸っていました。思考停止だな、この国の若者・おば
ちゃんは。例えば芸術などの世界においても破壊、批判、風刺、ついでに依存、
賞賛、これは誰にでも出来るとは言いませんが、やはり一級ではない。一級のも
のには、真剣なヴィジョン、創造、そしておそらく思慮深さが必要です。田中さ
んには、そのようなコア・キャリアが果たしてあるのか。あと、やはり経済政策
に関しては、海外のエコノミストの評価を聞いている方が、まともだと思う時が
多い。日本の場合、机上の理論か(それに私はマックの株は買わないぞ、今のと
ころ哲学に反する(笑))、正義・感情の権力圧力(総量規制)なんか、もう、
国民の資産を英知抜きに弄ばないで、と思います。が、それを許すも引き出すも
国民。国あっての国民ではなくて、国民あっての国。「諸君!」など読んで私も
投げ出さず政治・経済これから勉強します(笑)。世界は変えられなくとも、身
近な共同体くらい変えてみたいですね!

「小泉首相はカオス期に咲いた徒花」?  -投稿者:ネム介  2002-02-26 23:09:03

イヴの末裔さんの投稿を見て、さぼって読んでいなかった中西輝政さん
の記事にざ〜っと眼を通しました。中西さんは、良い意味での「安心感」(この
「安心感」というか「信頼感」は結構大切!)を与えて
くれる発言をメディアを通じて行っていてますね(個人的感想)。

当記事より、特に小泉首相本人の質(?)に関する記述をば。
(一部、はしょりますけど)
 ”・・・もともと、小泉という人は多分、律儀で生真面目な人・・・
  趣味人であるけれど、政治を勉強している形跡が?・・・”
 ”・・・彼は、哲学、理念、国家観、歴史観等、国家の根幹に触れる
  ようなものときちんと向き合ってこなかった”
 ”・・・パフォーマンスを除くと国民へのコミュニケーション能力
  が低いため、問題点の正確な指摘ができなかった”
 ”「わかり易さ」という危うい陥し穴の淵に咲いている徒花”
 ”小泉氏は未来を語らない。国民と対話しない、そんな彼がなぜ
  民意に支えられる政治家なのか・・・”(英国人の言だそうで)

イヴの末裔さんの言われる通り、小泉さん、かたなしですね。
私としても、かなりの部分で中西さんの言い分に賛成です。
というか、「よくわかる」な〜、といった感じ。

私が一番、小泉首相に感じていることは、いくら「米百俵」とか
「万機公論に決すへし」(五箇条の御誓文から?)とかの昔の言葉
を多く引用しても、その小泉首相のなんというか、彼の基盤が脆弱で
本当に「信頼」し「安心」できないと、就任以来感じています。
アメリカのテロに断固とした表明をしていても、私にとっては
どうもね?(その前に自前で対処すべき近隣諸国との問題にもっと
意志を表明し国益に沿った実績をあげてほしいよ)。
田中前外相は「徒花」の上に巣食って(飛び去って、振り落とされて?)、この
後は、露と消え去るのか、もしくはTV中心のマスメディアの話題提供役を引き
受けるのか?(どうでもいいけど)

日本共産党大人気だそうです。  -投稿者:オーベルシュタイン  2002-02-27 01:19:29

さっき、ヤフーのニュース欄みたいなものを見たんですが、一連の「ムネオハ
ウス」騒動で一躍注目されてるようです。
今度選挙があったとき、もしかしたら、もしかするかもしれませんね。

エッ???!!!!!???  -投稿者:MK(初代)  2002-02-27 14:53:27

下記を読んで。
なんか、どっとお疲れさんになってしまった。

では、また。

はぁ・・・・・・・・・・・・・・  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-28 01:06:32

下記に同じリアクション(笑)。思うのですが、日本に限らず世界
の文明都市は“日和”が蔓延してきているような。フランス映画を
観ていてふと思いました(今年は当たり年ではあるのですが。あ、
フランスではないけど「地獄の黙示録」も早く観たいです)。いわ
ゆる、平和ボケ?どうも、このあたりで芯を立て直すなり、新たな
創造を色んな分野でえいやっとスピリットを秘めつつしていかない
限り、愚者の楽園、親の“財産”を食いつぶして、今後日和ってい
くことになるような、そんな気もするなぁ。しかし、この頃、世界
で気焔を上げてきたのは、アルカイダに北朝鮮にフセインにフーリ
ガンら蒙昧な輩だけ…?!あ、ブッシュも(一応文明圏の人だけど
好みではないので入れておきたい)。宗教のようなもの、って色ん
な意味で凄いものだ…。これに似たものがないと、人間は日和るの
かも?!あ、フーリガンは違うけれど。W杯なんて狙わず、どうせ
ならオリンピックの閉会式(の○○○席)あたりに突入したら?っ
て知人が言っておりました(私ではないです(笑))。

○○主義者のカミングアウト?  -投稿者:MK(初代)  2002-02-28 08:29:27

前略
イヴの末裔さんのHNの由縁は、パンドラの箱を開けさせてしまったイヴからで
すか。
しかし、私は最後に残った「希望」にかけたい。

「青少年に対し祖国の前途に対する希望の灯を奪い、
祖国蔑視・祖国呪詛の精神を扶植することが、
革命への近道だ」−マルクス

某2chを見ていたらこんなのが出てきました。
はっきりいって、こんなのを許すわけにはいかない。
甘い言葉で、人殺しを認めるような(原理)主義を認めることはできない。

抽象的過ぎかな(自分で書いた癖に…)  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-28 13:34:47

>イヴの末裔さんのHNの由縁は、パンドラの箱を開けさせてしまった イヴ
からですか。
いえいえ(笑)。旧約聖書によれば、最初の人類はアダムで、で
人間は一人ではいけない、寂しかろうということでイヴを神が
創られた、ってなってませんでしたっけ?だから、そのイヴの
末裔の末裔というくらいの意味です。でも、アダムの末裔とも言え
るのかな。それともただのサルの末裔かな。本当に深い意味はない
のです(^_^)。

>しかし、私は最後に残った「希望」にかけたい。
坂本龍一さんも全く同じ事を同じ言葉で朝日新聞に投稿されてました。

「青少年に対し祖国の前途に対する希望の灯を奪い、 祖国蔑視・
祖国呪詛の精神を扶植することが、 革命への近道だ」−マルクス

青少年は、思想的には”祖国”とか、今思っているのでしょうか?
寧ろ、白けているような…。右も左もいませんよ、普通の青少年に
は。少なくとも私の周りの「青少年」は(私も)、自分の未来のこ
としか考えてないです(というくらいの正直さがあります)。意外に
公平にアメリカの大学が魅力的だからアメリカに行く(別に日本が
嫌いだからな訳ではない)、大分の夫婦殺人事件の家族の供述を聞
いていても、「日本は素晴らしい国だ」と常に容疑者は言っていた
とか。お金に困って、もろもろの薄っぺらい感情で人を殺めてしま
ったのだと思います。マルクスなどに関しては、私は、マルクス自
身はあれは天才だと思います(一部しか読んだことないので詳しくは
知りませんけど(笑))。あのような発想はやはりユダヤ人くらいか
らしか出ないかもしれませんね?!しかし、それを応用したのが東
ドイツやソ連、東欧など才能のない人種だったのかなという気が私
はしてますけど。他人のふんどしを一部の権力者が社会に勝手に応
用したのでしょう。想像するのをやめろということはこれは神様に
しか出来ないんですね。困ったことに。井沢さんが、「20世紀最
大の課題はなぜマルクス主義が失敗したのかを解明すること」と前
書かれてましたが、これは、科学技術の発明・発想と、それの政治
応用などの線引きをどこでするか、などと同様に大きな課題かなと
私は思いもします。自由って考えると難しいものですね。

追伸  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-28 14:02:40

>はっきりいって、こんなのを許すわけにはいかない。
と言うことは誰にでもできるんです…。

>甘い言葉で、人殺しを認めるような(原理)主義を認めることは
できない。
 だからこそ、原理主義を上回る、くるむ法(秩序)がいるんだと
 思いますよ。原理主義やテロを定義できないものがどうしてそれ
 らに対して有効な手段を講じることが出来るのですか?私がブッ
 シュの戦争をいまや「国益追求」と思うのはそれです。いえ、私
 だけではなく多くの人が思っているでしょう。
 誤解なきように申し上げたいのは、私は、ほんと〜に普通の
 平凡な民間日本人女性です。私以上に毒舌(?)な外人、日本人
 男女が周囲に年齢を超えてわんさかおりますが、皆さん、優しすぎ
 るくらい穏やかで有能で面白い努力家のよき国民、市民で
 すよ。彼らの知性にドキドキ律儀に対応していっているうちに、私
 まで何だか煽情(?)的になってたら、私の言葉使いが悪かったので
 しょう。申し訳ありません。でも、世界は甘くないと思いつつ、案  外、最
近の世界は甘くなっている気が私個人としてはしてます(と 
 ころで日本はもう(精神的に)”ちょろい”と男友達は昔から言っ
 てます…。役人です(笑)。知性なくなると社会は愚者の楽園になる  といつ
も言ってます。甘んじるんですね。でも「階級」の上にいけ  るものにとって
は楽な世かも)。あのイスラエル兵が反戦デモをし
 たなんて、これは結構希望かもしれません。”内”からしか変革っ
 て出来ないものかもしれないですね。ああいうところは。
 では、私も本当に仕事に集中しないと!不景気はもうしばらく続き
 そうですねぇ。

訂正  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-28 14:29:44

井沢さんは「20世紀最大〜」ではなく、「21世紀最大」
とおっしゃってたんだわ。たぶん。ゴメンナサイ!井沢さん。
それと、理性以外で原理主義に対抗するには、悲しいかな、もは
や核武装しかない現実では?だからこそ、地道な行動をしていく者
と、敢えて思考停止して、生活や幻想や恋愛に埋没する人に分かれ
ている様な…。個人的な感想です。

○○主義者のカミングアウト?の続き  -投稿者:MK(初代)  2002-02-28 14:47:01

イヴの末裔さんへ

 はっきり言って主旨が分かりません。文章長くて意味不明瞭。
こころに響かない。(ゴメン、私頭悪いんでしょうか)
それよりもイヴの末裔さんのまわりの人たちの事を、
想像するほうが、10倍面白そうです。

私は推理小説もSF小説も大好きなもので。
では、また。

往復書簡のようになりましたね(笑)。残業?  -投稿者:イヴの末裔  2002-02-28 20:29:17

私は政治・経済は素人です。ただ、経済は計画経済、半官・
半民のようなもので、市場は心理も含めたミクロの民力と、
あと、マクロの部分で動いていくのだと思いますよね。で、
今のバブル後の構造不況、そしてその後の対応というよう
なものはマクロの、政府主導の戦略とタイミングに左右さ
れるもので、これに関して私は感情で捕らえることはない
気がするのですが…。政治に関しても、実家、親戚が農家
や商売で逆に選挙などに対して距離を置く癖が昔からある
のと、国際政治のしたたかさを思い知らされたので、これ
も感情で考えることはないのです。小泉さんを支持したり
批判したりするのも、彼を個人攻撃したり人格を貶めるつ
もりなど毛頭ありませんし、私自身、もしも首相だったら
批判を冷静に受けるでしょう。おそらく、私は本来は非政治
的な人間なので(中西さんのお言葉を借りれば)、革命を起こ
すなんてタイプでもないですね(マルクスが出てきたので驚
きました(笑))。ただ、日本は潰れて欲しくないですし(大丈
夫だと思ってますけど)、世界から信頼される国にしたいなと
は思います。芸術やスポーツは自分もしますし大好きでそれ
らには心を揺さぶるものを求めますが、マクロの政治、経済に
関しては、ただ仕事の出来不出来を判断するような感じです。
でないと、他のプロの仕事を(命がけで)されている方に失礼で
はありませんか。でも、ちょっとこの掲示板にはふさわしくな
い話題もありましたね(笑)。ゴメンナサイ。

幸せになる方法教えます!(石山寺編)  -投稿者:MK(初代)  2002-02-28 22:12:20

「明治日本印象記」-オーストリア人の見た百年前の日本―より、引用します。

 琵琶湖の(滋賀県の)石山寺
“―なかでも美しい場所として、わたしは小高い山の上に立つ古い寺、石山寺を訪
れた。・・・”
そこでは、参拝者はおみくじを引くみたいに、1から12の番号を引いてその箴
言を
読んでいたそうです。

 その“12の箴言”
1、純粋で正しい心をもって神に祈れば、神が守ってくれます。
2、朝夕に祈れば、いつか願いがかなえられます。
3、誰に対しても誠実でありなさい。そうすれば、幸せの光が輝きます。
4、今日よりも明日に心を配りなさい。今日始めたことを、明日まで延ばさない
ようにしなさい。
5、何か願いごとがあれば、一生懸命祈りなさい。そうすればいつかきっと、か
なえられます。
6、困ったことがあれば、人に頼みなさい。幸せがやってくるでしょう。
7、祈れば、すぐに神が守ってくれます。
8、焦らないようにしなさい。春が来れば、幸せも来るでしょう。
9、不幸なときは、祈りなさい。祈っていれば幸せです。
10、すべてが満ち足りていても、年をとれば若さを失わなければなりません。
11、今日やっと芽が出たとしたら、明日は花が咲くでしょう。
12、空は青く、神はそこにお住まいなっています。
   安心しなさい。神のもとに達する道は開かれています。

どれが今の自分にピッタリかな〜〜。
こんなのキライだったんだけど、もう年ですかしら。
(わけの分からん原理主義者にやられそうで、弱気になっているのかもしれませ
ん )

では、また。
(引用先は隣りの「100年前の日本を見てみたい!」スレを見てください)



| 戻る | 次の頁へ>>