TOP >> とまり木

馴染みの酒場やカフェに寄ったつもりで、気軽な会話を楽しむ場

私も「戦争論2」を買いました  -投稿者:MK(初代)  2001-11-01 08:33:19

 読むのは、少し時間がかかりそうです。

 本でも漫画でもお芝居でも音楽でも絵でも、そして政治でも、ある程度、目が
肥えてくると
だいたい評価は決まってくるのですよね。いいものは、いいし、悪いものは悪い。
嘘はいつかは、ばれるでしょうし。その点、この漫画で、戦後教育のマインドコ
ントロールが
とけて、普通にものが言える世の中になることは、とても喜ばしいことだと思っ
ています。

戦争論2を読んで  -投稿者:いあつま  2001-11-01 20:41:37

昨日大手の書店で購入し、夜半に2/3ほど読み、二日ががりで、今、読了し
ました。秀逸な作品に仕上がっています。

すべての表現に、違和感が全くなく、読み進めていくうちに、「これは、当時
の歴史の実相に迫る超大作であり、“真の反軍国主義者小林よしのり”による
戦略的平和論か?」と思い、赤いオビに記載されている、「戦争は悪ではない」
の、やや露悪趣味的なキャプションよりは
「小林よしのり、真の戦略的平和論、ここに誕生!」的なキャプションのほう
が、この書の実相に迫るのではないか、と思っていましたら、最終章で、小林
さん自らが、キャプションのことではありませんが、そのことをおっしゃって
いました。

日本無罪論の著者、東京裁判の判事の中で、唯一の「国際法」の学者であるイ
ンドのパール判事。「パール判事の日本無罪論」を読んだだけでも戦後歴史教育
の呪縛から、かなりの部分、解放されると思いますが・・・。

小林さんは、このパール判事の「こんな裁判を認めたら『弱肉強食』の世界を超
えられない」という嘆きを引用して、次のように表現しています。

「パール判事は、日本に同情したのではない。同情して東条英機ら全員無罪の
判決を出したのではない。パール判事こそは、国際社会を、普遍的な法の下に
置いて、秩序づけたいと願った、真の平和主義者、理想主義者だったのだ!」
とし、「本物の平和主義者ならば、まず『東京裁判』を否定しなければならない
はずだ!」「あの『東京裁判』史観から脱けられない者たちは平和主義者ではな
い!」
といい「そいつらこそが勝者が敗者を裁き、見せしめの刑に処する野蛮な弱肉
強食の国際社会を肯定する『軍国主義者』なのである!」と結論づけています。
全く同感です。

中学、高校の歴史教科書の「副読本」として、読ませたい書です。
そして、自分の政治生命の温存こそが、政治活動の目的であり、第一義的価値
がある、と思い込んでいる、日本の多数の政治家の方々にも読んでいただきたい、
と思う、良書です。

はじめまして  -投稿者:ウミユリ  2001-11-02 14:40:42



こんにちは、
今から10年ぐらい前のことです。
何気なくテレビをつけてみると、「邪馬台国、卑弥呼」などという言葉
が聞こえてくるではありませんか、古代史ファンの私は、1時間のその
番組を興味深く見ました。
その番組のタイトルは忘れましたが、井沢先生の「卑弥呼伝説」を基に
した、番組だったのです。(先生も出演されていました)
今まで「卑弥呼」「邪馬台国」に対して、こんなアプローチの方法をと
った人がいたでしょうか?
私はっすっかりファンになり翌日図書館に行って(失礼、今は全部買っ
ています)そこにあった先生の本を全部借りました。
それから、井沢先生にすっかりはまり、今に至っています。
先生の作品ですきなものは、「卑弥呼伝説」「忠臣蔵元禄十五年の反逆
」「隠された帝」「義経はここにいる」「逆説の日本史」です、もちろ
ん他の作品もすきですが大好きなものを挙げました。

時々しかこれませんが、皆様の仲間に入れてください。

「戦争論2」を読んで  -投稿者:MK(初代)  2001-11-02 17:38:48

 私が大学の図書館で、はじめて「きけわだつみのこえ」を読んだ時のことを
思い出しました。
お国のために死んでいった若者たちの遺書が載っていてとても感動しました。
今じゃ考えられないほど大人で、いい悪いを超えて崇高でした。

 それが、今「きけわだつみのこえ」が、改訂されてしまって前のものと全く
違っているのですよね。
これが情報戦というのか。振り払っても振り払っても悪魔はついて来るのでしょ
か。
桃から生まれた桃太郎のように、ある日パックリ殻がむけて中から美しい日本が
再生されることを
切に望んでいます。

>ウミユリさん
初めまして、こちらこそどうぞよろしく。

「戦争論2」を読み終えて。  -投稿者:オーベルシュタイン  2001-11-02 18:46:47

ようやく読み終えました。
そしていろいろと考えさせられました。
 ウミユリさん、こちらこそよろしくお願いします。
ちなみに今日、「逆説の日本史」買いました。お金ないのに・・・・・・(笑)

私も買いました>逆説の日本史9巻  -投稿者:ハッチ  2001-11-03 23:41:35

週刊ポストは読んでいないので、新刊出るのがいつも待ち遠しいです。

私の専攻(?)は明治以降なので、今から楽しみ、って気が早いか。

日曜日の夜に  -投稿者:いあつま  2001-11-05 00:01:51

今日、映画を見に行く途中で、駅ビルの中にある本屋で「逆説の日本
史」と「国民の教育」を購入しました。「戦争論2」が置いてなかった
ので、店員にそれとなく聞くと「2日前に20部入れたのに・・・。売
り切れたようですね!」ということでした。

「陰陽師」、予想していたより、かなり良かったです。原作の雰囲気は
こわれていませんでした。安倍晴明役の野村萬斉はいいですね。原作者
の夢枕獏さんが「だいたい普通の役者さんが晴明を演じたら、まずあの
衣裳に負けてしまう」と、狂言師として鍛えている、野村萬斉を評価して
いますが、それもよくわかるほど、「平安神宮」の場面での、キリッと
した立ち姿は、迫力がありました。

ウミユリさん、はじめまして。私も井沢さんの著書はすべて読んでいる
と思いますが、ご指摘の書は、本当にいいですね。信長の探偵物、クロ
ーン人間が登場するSF物も面白いし、信濃戦雲録の続きも、いつかの
んびりと読んでみたいと思っています。

質問  -投稿者:マサヒコ  2001-11-05 22:16:11

 先日、逆説の日本史Hと戦争論Aが書店で山積みにjなっているのを
見かけ、早速購入・・・とはいかず、少ないおこずかいでは
無理・・・はやく小学館文庫になるのを楽しみにしています。
(実は文庫化されていない6巻から9巻まで読んでいないのです)

 さて、いつも質問で申し訳ないのですが、昨日広島県知事
選挙が行われ、投票率30%という過去最低の投票率を
更新しました。現職と共産党候補の一騎打ち。選挙前より
結果は見えていたのですが・・・残念。
そこで「右派」と「左派」の違いを教えていただきたいのです。
共産党は「右派」なのでしょうが、自民党や民主党はどちらに
属するのでしょうか。また、共産党の候補は毎回、出馬するような
気がするのですが・・・何故、お金をかけてまで「共産党」の
名を広めたいのですか?

PS 共産主義という考え方の、どこがまちがっているのでしょう・
   それとも、やはり理想的な国家体制なのでしょうか?
   愚問なら無視してください。

連休明け  -投稿者:MK(初代)  2001-11-05 23:05:52

 渡辺昇一氏の「国民の教育」も読み始めました。
いろいろ考えさせられます。(相続についてもかなり言及されていてふむふむ納
得!)
マサヒコさんも、読んでみたらいかがですか、悪魔の思想についても書かれてい
ます。

 さて、真紀子大臣のこと、小泉首相も大変だと思います。
これも今まで外交をあまり大切にしてこなかったせいかもしれないと思います。
外務大臣を交代させても支持率が下がるとは思いませんが。それより、いっそ
支持率が高いうちに総理大臣の任期を4年とかに決めた方がいいと思いますが、
どうでしょうか。ころころ変わって自民党内の勢力争いばかり見せられるのは
もうたくさんだからです。

 いあつまさん、どうぞよろしく。
映画 「陰陽師」 まぁまぁだったでしょ。よかった、よかった(?!!)

では、また。

公文書偽造&詐欺  -投稿者:SOGA  2001-11-06 01:31:18

『戦争論2』旦那様が読み終わったのでこれから読みます。なので、コメント
はまだ出来ません。
今日の考えさせられた一言『やさしいだけじゃ、人は救えない』。うぅ、重いで
す。

ところで全く関係ない話題ですみません・・・
実家での事なんですが、マイラインの申し込みをしたところ、『既に登録されて
います』とのこと。
何処にも申し込みをしていないはずなので、登録の会社名を聞くと、
前々から電話等で勧誘をしていた某電話会社でした。
某電話会社に抗議の電話をしたのですが、『お客様が登録されました』の一点張
りで話にならず、
登録された申し込み用紙をFAXで送ってもらい確認しました。
やはり、文字は両親のものではなく、捺印もされていました。
どうやら、勧誘時に住所などの確認までしていたらしいのです。(勿論、その都
度断っていた)
当然、解約して当初の電話会社に再登録しました。(10月で間に合ってよかった)

しかし、これって公文書偽造&詐欺じゃないか!

しっかり、請求書も来たそうで、私は『払う必要ない』と言ったのですが、
低額だったのでもう既に払ってしまったそうです。むむむ・・・腹立たしい。
皆さんは、大丈夫ですか?

マサヒコさんへ  -投稿者:一  2001-11-06 14:07:51

 右派、左派というのに関してはふぉーらむにありますよ。
 
 あと、共産党は、「左派」ですよ。それに対し、自民や民主は右よりといわれ
ますが、そんな単純ではありません。僕自身はそんなに左、右とか気にしても
しょうがないと思うのですが。

 共産主義がなぜ駄目かといいますと、理想的には美しいけれど、やはり、空想
だからだと思います。その理想に引きつけられて支持している人もいるのでしょ
うけど。
 なぜ成り立たないのか、簡単に書きます。

 1、経済で、競争原理を無視している。 
 2、1部の人が特権を持ち結局は不平等になってしまう。(例、北朝鮮など)
 3、人間の業(欲望)みたいなものを無視している。
 4、役人が計画して経済をするが、彼らも神さまではないので、きちんと計画
できない。

などなど、書いたらきりがないのですが。
 まちがった思想であるにせよ、この思想の影響でものすごい人が死にました。
理想というものはやっかいで難しいものだと思います。

 反論があれば、どうぞ・・・。

無題  -投稿者:メタロチオネイン  2001-11-06 17:34:13

「勝者敗因を秘め、敗者勝因を蔵す。
勝った戦争にも敗けたかもしれない敗因が秘められている。
敗けた戦争にも再思三考すれば勝てたとの可能性もある。
 これを探求して発見することにこそ勝利の秘訣がある。
成功の鍵がある。行き詰まり打開の解答がある。これが歴史の要諦である。」小
室直樹さんの「日本の敗因 歴史は勝つために学ぶ」の
まえがきです。(講談社2000年1月25日第一刷より)
 祖父母は明治生まれ、父母は大正、私は昭和29年生まれです。
時代背景は、井沢さん、小林よしのりさんと一致しています。
 父は陸軍軍医として戦地に赴き、生きて還ったことに感謝し、そして
任地で起きた様々な事を、子供だった私に話してくれました。
意味もわからずただ聞いていました。戦後はずっと開業医として地域医療にたず
さわり、亡くなった時に、軍人恩給をいただける事を知りました。正確には、母
が遺族として、遺族恩給をいただいたのです。
任地、軍人の階級により、算定基準があることを初めてきき、一気に
私の心の中に、「戦争」という概念が具体化されました。
 戦争論2のエピローグに共感します。次回作に期待します。そして、引用・参
考文献として、自然科学領域の成書を採用していただけたらと願います。
 これから逆説9にはいります。続けて、「重い」本です。

共産主義は・・・・  -投稿者:オーベルシュタイン  2001-11-06 19:37:17

あと「宗教」も認めてませんよね。だから、欧米やそれに今話題?のアフガニ
スタンでも共産主義をとってたソ連とも喧嘩しましたよね。
ちなみに日本の共産主義者達は日本という国のすべてを壊したいってのもありま
すよね。
だから、北島三郎の記念のパーティーに土井たか子が出席してたのはおかしいの
では?と思ってしまいました。だって演歌は「日本の心」でしょ?これは彼らの
イデオロギーにとっては大変な背任行為だと思うのですが(笑)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 大阪  -投稿者:MK(初代)  2001-11-07 10:50:30

友達とUSJに行ってきました。面白かったですよん。
ジュラシックパークやJAWSなどの乗り物もよかったですが、ちゃんと座って見れ
るショーが
素晴らしかったです、見ごたえあり。水をかけられたりしてキャーキャー言いな
がら見ました。

平日だったので、朝は少し空いていましたが、暫くすると団体客がドワァーと現
れて。
このところ大阪では、鶴見花博、淡路花博と続いてありましたが、近場でいろい
ろあるのは、
やはりうれしい。ホテルの稼動率も上がっているそうで、いい傾向です。
夜の8時や9時10時までやっているのだから、5時からのトワイライトパスでも
作ってくれたら、
大阪近隣の地元民が、夕方からもっとやって来ると思いました。
大阪市内から電車で10分!車でも15分かからないのじゃないのかな。
天神さまの美術展も大阪市立美術館で開催中(12/9まで)

ええとこやで大阪。ぜひ、おいでください

松田優作さんの十三回忌法要  -投稿者:正岡  2001-11-07 11:22:33

ファンもお焼香に来て下さいとのことだったので、お友達と待ちあわせて
行ってきました。
でもごめんなさい、実は息子の龍平くんの方が目当てだったの(^_^;)
お経は1時からなのに、午前中から来てるファンの人たちなんか
夕方6時過ぎまで粛々と境内にいるの。それで私も最後までいたの。
4時ぐらいからは寒かった〜〜。
もちろん目的の龍平くんは見れたし、浅野忠信さんまで見れたけど、
でも数時間ねばってほんの数分(^_^;) 何やってるんだか……
人間とは、かように惑いやすき生き物なのである。

紅葉シーズン!ですが・・・  -投稿者:いあつま  2001-11-07 19:25:43

MK(初代)さん、こちらこそ、よろしく。
それにしても、MK(初代)さんは、毎日楽しそうですね。(笑)
充実した暮らしぶりを、私も、少し見習わなくては。

今年の夏は、世間様とは逆?に、多忙というか、繁忙のため、夏休
みが、思うように取れず、旅行が、あまり出来ませんでした。
そのため、というわけでもありませんが、今月の13日から、京都に
旅行します。まあ、妻と二人での、紅葉を求めての、気楽な旅となり
ますが、平安神宮も、また、新たな気持ちで見てみたい、と今から楽
しみに、しているところです。

今回は、大阪には、立ち寄らない予定ですが、ユニバーサル・スタ
ジオ・ジャパンは、まだ行ったことがないので、来年は行ってみた
いと思っています。

唐突ですが、石原総理?について  -投稿者:いあつま  2001-11-08 21:26:31

石原都知事が今月28日午後6時10分から、文京シビックホール
で、教育をテーマに、講演されるそうです。都知事の任期4年を
かなりの実績とともに、無事終了され、一刻も早く、国政に戻って
来ていただきたい。そう思っている国民は、多数いると思いますが、
私もその一人です。石原さんは、来年70歳。72歳になる平成16
年くらいまでには、是非、日本国総理大臣に、なっていただきたい。

石原都知事が、日本国総理大臣になるプロセスは、今のところ、全
く見通しが立っていない、という意味で「ブラックボックス」でし
ょうが、石原さんの総理大臣就任が、一日も早く、実現しなければ
おそらく日本の再生は、ほとんど無理、ともいえる今日この頃の、
状況ではないのか、と私は思っています。しかし、その一方で、私
の考えや、思いは、杞憂であってほしい、とも願っていますが・・。

世界第二位の経済大国にして、ODA中国援助国の日本、自由抑圧
の共産党支配の国で、ODA被援助国の中国、その中国による「A
SEANとの自由貿易圏構想」等に対して、何ら有効な政策を打ち
出せない小泉内閣、北朝鮮による、日本海における急増する不審船
活動、韓国による「日本の領土竹島に対する国立公園化政策」、中
国による尖閣列島周辺での領海侵犯、不法情報活動等々に、完全に
沈黙する外務省。

もはや、主権国家として、機能しているのかどうかも疑わしい。こ
のような状況がわかっていながら、ガス抜きのように断片的にもれ
てくる週刊誌の情報以外には、小泉内閣、各政党関係者及び国会議
員等、その他マスコミ関係者等を含む日本国の、いわば総体制が、
沈黙し、放置しているこの状況が、なんともいえず不気味です。

この状況を打破し、景気の動向を見ながら、国民の生命及び財産を
守る、拉致等されないよう基本的人権を守る、そのための国家主権
を機能あるものに再確立する、というような複雑で、困難な仕事が
できる人材は、石原慎太郎さんのほかには、この日本には、存在し
ない、と思います。

同感。  -投稿者:オーベルシュタイン  2001-11-08 22:08:44

いあつまさんに同感です。
72才なら、あと最低4〜5年は出来るでしょう。そのうちに後世のため、最低
限の国の基礎固めをしてもらいたいものです。
私の勝手な予想では、防衛庁(もしかしたら、防衛省かも)長官は志方俊之、国
家公安委員長は佐々淳行、財務大臣は大塚氏(下の名前がちょっとわかりませ
ん。すいません)なのでは?

私も同感です  -投稿者:MK(初代)  2001-11-08 23:57:51

石原総理大臣、面白そうですね〜〜。

 ところで、わっ!いあつまさん、いいですね。京都ですか。
紅葉の見所は11月中ごろだそうです。
平安神宮の近くでは、永観堂や南禅寺の紅葉がきれいでしょうね〜〜。
後、高雄神護寺、嵯峨野とか、それとも井沢ファンとしては、神泉苑や船岡山で
すか。
この頃は夜にライトアップをしているお寺もあります。きれいだと思います。
(永観堂、高台寺、知恩院、清水寺など定期観光バスも出ています)

地図やガイドブックを見ているだけで、楽しくなってしまう元アンノン族のMK
(初代)でした。

では、また。

科学史のススメ  -投稿者:ウサチュウ  2001-11-09 00:58:17

 人間である以上、言うこと為すこと、全て正しい、というお人はいな
い訳でして、「そんなことは当たり前」、かもしれませんが、実際にそ
う思っている人は少ないんじゃないか?と思わざるを得ない時が結構あ
るんですな、実生活において。皆さんもそういう経験をお持ちの筈。
 故に、私は知的能力において衆に優れた科学者達(中には、必ずしも
そうとは言えない人物もいますが)が、いかなる経過を辿って正しい・
間違った結論を持つに至ったのか?、またそれを広める為にいかなる行
いを為したのか?つまり、科学史を義務教育において必須科目にすべき
である、という持論をもっています。それは何故か?科学と政治、って
のは愚かしい人間がその愚かしさを克服する為につくりだしたアルテ
(技術)であって、人間の営み、そのものであると私は思ってます。特に科学は
事の是非が分かりやすい(その判断に政治信条や思想が入りに
くい)ですからな、これほど人間の本質に迫れる素材はない、と思って
いる訳です。それに科学史ってのは、知れば知るほど面白い。井沢先生
ではありませんが正に「逆説」の世界です。例えばガリレオ。一般にガ
リレオはコペルニクス擁護によって教会の無知と全体主義に対抗した良
心的な科学者、と思われていますが事実は全く異なっていて、彼のコペ
ルニクス擁護は、今で言うところのトンデモです。彼の主張は「地球、
その他の惑星は不動の太陽を周りを円軌道で回転している」というもの
でしたが、まさかこれが正しい、なんていう人は今のご時世、いないで
しょうね?

本当は前回の投稿は  -投稿者:ウサチュウ  2001-11-09 01:10:29

 本当は小室直樹氏は社会学や宗教学、政治学、経済学において優れた
能力をお持ちの方なんですけど、大東亜戦争ものは眉唾、ってのを、言
うつもりだったんですけど、何か話が脱線してしまいましたな、その件
はまた次回に、ということで。
 あ、あと例の韓国では歴史教科書を訂正する方向で、と報道された、
という件は調査中です。ただ韓国の主要新聞の日本語HPにはそれに
該当する記事はなかった、という点は一応ご報告しときますです。
 それとガリレオの主張が間違っている点が分からない方。調べてもダ
メだったらお聞きくださいな。無知は決して恥じることではありません
ぞ。真に恥じるべきは真の「無知」、つまり知ろうしないことですから
な。

ウサチュウさんへ  -投稿者:GOAL  2001-11-09 10:16:18

その件でその後私が知ったことですが、
10/17日付の読売新聞でやはり「修正を前提に共同研究機構」と報道しており、
日付は忘れましたが、やはり読売新聞で、
韓国側が「修正を前提に共同研究機構を」としていることは、日本の見解と微妙
なずれがあるとの記事がありました。
あと韓国・中央日報の日本語HPでは「直すことを前提に共同研究機構」となって
いましたが・・・

ウサチュウさんへ  -投稿者:一(はじめ)  2001-11-09 13:34:13

 ガリレオの件については、惑星が完全な円軌道でまわっているというところ
が間違いなのですか?正確には楕円ですよね。あと、万有引力などの影響で太陽
が完全には静止していないというところですか?

 小室直樹氏について大東亜戦争ものは眉唾というのを、以前から少し気になっ
ていたのですが、どの辺りでしょう?小室氏の本は何冊か読んだことはあるので
すが。軍事的な知識で「フリート イン ビーイング」の使い方が間違っていた
のは知っているのですけど。

雨が降り続いている夜に  -投稿者:いあつま  2001-11-09 19:58:31

オーベルシュタインさん、MK(初代)さん、早速、「同感」の書き
込みを、ありがとうございます。石原さんは、国外、国内にかなりの
人脈がありますので、そうなったら、本当に面白くなると、思いま
すが・・・。これから、日本は、いったいどうなるのか。人知を尽
くしたあとに、いったいどんな天命が、日本及び日本人を、待って
いるのでしょうか。

ウサチュウさん、「科学史のススメ」同感です。井沢さんの科学者
との対談本も、やはり、面白い。東大教授の松井さんの「人間圏」
という視点も、考えさせられる「視点」です。いまや、有名な考え
方ではありますが。それから、小室直樹さんの著書も、いろいろ面
白いものがありますが、「痛快!憲法学」も、味のある本でした。

MK(初代)さん、京都観光案内、ありがとうございます(笑)。
京都の紅葉については、旅行から戻りましたら、また、ご報告します。
それにしても、紅葉のライトアップは、情緒があるでしょうね。

前回の投稿を、いま、見て  -投稿者:いあつま  2001-11-10 00:13:48

「人知を尽くしたあとに」と表現してありますが、
「人事を尽くしたあとに」の誤りですので、訂正
いたします。失礼いたしました。

『戦争論2』読み終えて  -投稿者:SOGA  2001-11-10 01:31:14

泣いた・・・当時日本人の勇ましさ・辛さ・思いやりetc.・・・
じっちゃん達は凄かった。この人達がいたからこそ今我々は生きているのだ。
今心の中にいろいろな気持ち・思いが渦巻いて言葉にならない。ただひたすら感
謝するのみ。

ところで、気になったことが1つある。(戦争論とは無関係)
文中で鯨が食べたのは貧しかったから仕方がなかった、ということだ。
現在でも日本人は、鯨だけでなくイルカもマンボウも熊も鹿も勿論牛豚鶏、様々
な動物達を食す。
これは貧しかったから(一理はあるが)ではなく、日本の食文化だと思う。

動物(+植物)達の命を取って自らの血肉にすることは、人間(生物)にとって必要
不可欠。
だからこそ、食事の前に必ず『(命を)いただきます』と言うのだと思う。
これは他国には無い(多分)素晴らしい言葉である。

いあつまさんの石原総理案はもちろん賛成。
オーベルシュタインさんの国家公安委員長佐々淳行案も、頷ける。
最近、小泉さんが弱腰なのが不満というか、不安になってきた。

私も『未来講座』読んだのだが、2つ、ちんぷんかんぷんだった。
他のは詳しくないなりにも想像がついて面白かったのに、
どうしても2つだけは私の想像を越えすぎて理解不能。何度読んでも頭の中は
真っ白。
一度、この人達の頭の中を覗いてみたい。

アメリカ同時多発テロがあった日のこと  -投稿者:ウミユリ  2001-11-10 10:25:33

もう2ヶ月も前の事で、書き込みをするのは少しためらったのですが
やっぱり、書いておこうと思いました。
テレビのチャンネルを換えていると、貿易センタービルに飛行機が激突
「え、これは?」と思い続けて見ているともう一機の飛行機が、その後
ビルの倒壊、ペンタゴン、リアルタイムで二人の娘たちと見ていました
まだ、報道では、テロには違いないけれど、どこがやったのか結論が出
ていませんでした。
娘たちが、「人間て、なんであんなにひどいことができるの?」「なんで
あんな事がおきたの?」と聞きますので、はたと、考えやっぱりイスラ
エル、パレスチナ問題が絡んでいるのではないかと思いこの話をするには
3千年以上前から説明しなければ説明できない、そこで『逆説の日本史』
をとりだし、「出 エジプト記」「約束の地」から始まって「イスラエル
建国」までを話しました。
後日、ビン・ラディン、アルカイダのことが報道され娘たちにもそのたび
に話をしてきました。
けれども、わたしはテロが起きた遠因は「約束の地」にあると思うのです
が・・・・

下の娘(小6)は私の話がおもしろかったらしく、翌日学校で「テロが起
きたのは3千年前のことが原因なんだって」と言い『逆説の日本史』を担
任に貸していました。
本は返してもらったのですが、先生はどう思ったのでしょう。
先生からのコメントはありませんでした。

石原慎太郎総理いいですね  -投稿者:ウミユリ  2001-11-10 10:49:37

石原慎太郎が総理になったらいいですね
この国を救えるのは彼ぐらいしかいないんじゃないでしょうか?
11月15日号の「週刊文春」に石原慎太郎のインタビューが載っていますよ
ニューヨークのテロ事件が起きたときアメリカにいて、ペンタゴンが燃えてい
るのを部屋からみていたとか、危機管理が行き届いていて、何千機か飛んでい
る飛行機も瞬間的に強制着陸させてこれ以上飛んでいる飛行機は撃ち落とすぞ
って4番目の飛行機は撃ち落されたんだろうね。
とか、語っていておもしろかったですよ。

遅くなりましたが、レスをくれた皆さんありがとうございます

私も「陰陽師」見に行きたーい
でも、子供といっしょだと、ほら、あの、原作どうりだとね、ね

ひそかに「ハリー・ポッター」を期待している私たちです

紅葉の京都か・・・いいですね

ガリレオについて  -投稿者:Bacchus  2001-11-10 14:22:48

ウサチュウさまがおっしゃっているコペルニクス擁護とは、1632年の「天文対
話」(正確には「プトレマイオスとコペルニクスの二大世界体系についての対
話」)だと推察されますが、これは、コペルニクス擁護の書というわけではな
く、1624年に法王ウルバヌス八世と会見した際に、プトレマイオス体系ととコペ
ルニクス体系を公平に中立の立場から記述する本を書くと約束したものを履行し
たものです。1632年の裁判で有罪となり、「天文対話」は発禁、ガリレオ自身は
異端誓絶となり、その判決理由は、長くなるので割愛します。
書いておきたいのは、ガリレオ晩年の「新科学対話」(新教国のオランダで出
版)で、ガリレオと法王の思想的争点となった真理概念です。
救霊の道を示す神学(イデオロギー)から、経験と証明により実在のあり方を示
す科学の分離、独立を
と叫ぶガリレオにわたしは、共感を覚えます。
「天文対話」をめぐる裁判で有罪となったというだけで、その他の功績(望遠鏡
の原理の発見、太陽黒点の発見など)も一切合切否定(あるいは無視)されるよ
うな科学史教育であるなら、わたしは断固反対したいです。
この辺わたしの誤解であるなら、反対は撤回しますけど。

私も文春読みました。  -投稿者:オーベルシュタイン  2001-11-10 14:41:16

私も読みました。社民党・共産党・久米、筑紫両氏のような、神に認められた
(と思いこんでる)善人にとってはまさしく「悪魔の言葉」でしょうね(爆笑)
そういえば、ニュースで警察官の拳銃の使用範囲が広がったという報道がありま
したね。
『善人』な方々にとっては「どんな手段を用いても」反対するのではないでしょ
うか?

NHK「聖徳太子」を見ながら  -投稿者:MK(初代)  2001-11-10 20:20:23

あ〜〜あ!最初から訳の分からん言葉が!
日本は百済の属国ではないぞ。期待していたのにペケ。
NHK見る気がなくなりました。今の大河ドラマもペケで見ていません。

仏教は百済から来たのではなく、西方の天竺から来たのではないの?
お釈迦様はどこの王子だったのよ、NHK。
あ〜〜あ!本当にがっかり。

いやいやよかったよ〜「聖徳太子」  -投稿者:正岡  2001-11-11 12:59:24

 正直言って、制作発表とかの映像見たときは「もっくん、みずら似合わね〜」
とか思っていたんですが、衣装とかセットとかロケとか、音楽とか、けっこう
しっかり作ってあって、おお、なかなかやるじゃないか、NHK!
 キャストもなかなか豪華でよかったし。
 特に印象に残ったのは、馬子の描かれ方で、なんともいえない複雑な
キャラクターになってて、そこがとてもよかった。厩戸を見るちょっと
複雑な表情がね、ただの悪役ではない深い人物になっていた。
 それと 韓国語をしゃべる、永瀬正敏と浅野忠信を足して二で割ったような
俳優さんも男前でよかったな。(名前知らない、ごめん)
 ストーリーは遣隋使のあたりで終ってるので、なんともロマンチックな
幕切れになっていて、ぐっとくるものがありました。厩戸役はもっと
若い俳優がやるべき役ではあったけど、でもまあ本木さんはよかった。

祝・アレックス帰化申請許可  -投稿者:GOAL  2001-11-12 12:49:35

Jリーグ清水エスパルスのアレックス氏が申請していた帰化が許可されました。
日本人の仲間入りです。暖かく迎えてあげましょう。
来年は日本代表のユニフォームを着て大きな仕事をしてくれると確信しています。
おめでとう!!

とりあえずの返信です  -投稿者:ウサチュウ  2001-11-13 00:26:25

なんだか忙しいウサチュウです、ハイ。
 GOALさんへ
 いやはや大変失礼致しました。10/18付中央日報の記事、「戦略
不在で損だけした対日外交」の文中に「修正を前提に」とありますな。
 題名だけ読んで内容をチェックしていなかった様で誠に申し訳ない。
前言を撤回させていただきます。あと読売新聞の件、情報ありがとう
ございます。早速、図書館で確認……、といきたいところなんですが、
最近、忙しいんでいつになることやら。
 一(はじめ)さんへ
 その通り惑星の軌道は楕円軌道ではないんですな。先日の「地球その
他の惑星は不動の太陽の周りを円軌道で回転している」ってのはコペル
ニクスの初期理論で、そもそもコペルニクスは「天体の軌道は円であ
る」という古代ギリシャからの呪縛を信じ込んでいて、天動説を否定、
地動説を唱えた訳ですが、実際の観測データと異なるので、彼はこの仮
説を放棄(修正)しています。が、ガリレオも円軌道信者でして、コペ
ルニクス本人ですら放棄した説を擁護していたんですな、しかも彼がコ
ペルニクス擁護を始める(1613年「太陽の黒点の沿革および証明」
で公式に初めてコペルニクス体系を好意的に言及。その後「カステッリ
神父への手紙」、「クリスチーナ大公妃への手紙」を手書きコピーで回
覧、本格的に擁護し始める)前にケプラーが楕円軌道を発見、発表して
いたにも関わらず。天文学分野で数々の発見を行い、物理学の基礎を築
いた天才ガリレオでさえ(天才なるが故に、か?)ドグマや自らの思い
込みから回避できなかった、という訳ですな。
 小室直樹氏は大東亜戦争の敗因を物量や技術力ではなく、軍事官僚の
腐朽化である、とされていますな。確かにそれは首肯できるものの、そ
れを強調する余り、用兵者や設計技師等の証言(というかホラ話)を鵜
呑みにして当時の日本の技術や兵器を過大評価し過ぎ。恐らく確信犯的にやって
おられるんでしょうが、ちょいとやり過ぎで目のやり場に困り
ますな、実際(九一式徹甲弾信仰や九三式航空魚雷数発で空母は撃沈
等)。

なんてこったい  -投稿者:ウサチュウ  2001-11-13 02:38:34

 寝入りばなに気付いたんですが、前記の「九三式航空魚雷」ってのは
「九一式航空魚雷」の間違いです。ついでといっては何ですが、より具
体的に指摘しときます。小室直樹氏は「日本の敗因」(講談社)におい
て九一式航空魚雷は「破天荒の威力のある」魚雷であるとし、「相手が
敵空母ならば、一発命中すれば、まずあまり動けなくなる。ま、数発で
撃沈」(P97)と書かれていますが、事実は如何?
 南太平洋海戦で撃沈された「ホーネット」は日本の航空魚雷×7、拿
捕を恐れたアメリカ軍の駆逐艦2隻分の魚雷と砲弾400発を喰らうが
浮んでいた(その後、日本の駆逐艦から放たれた4本の魚雷で、ようや
く沈没)。また珊瑚海海戦では「レキシントン」は日本の航空魚雷と2
50キロ爆弾をそれぞれ2発、潜水艦「伊168」からの雷撃(何発当
たったかは不明。情報乞う)を受けても沈まず、最終的にはアメリカ軍
の駆逐艦から魚雷×5で処分される。
 以上の事実と食い違いすぎるんですな、恐ろしいことに。

仏教伝来について  -投稿者:Bacchus  2001-11-13 13:10:10

MK(初代) さま
わたしは、そのNHKのドラマを観ていません(世界ふしぎ発見を観ていまし
た)ので、詳しいことはわかりませんが、
仏教伝来については、日本書紀巻第十九に、(欽明天皇十三年)冬十月に、百済
の聖明王は、西部姫氏達率怒●(斯致契(ぬりしちけい)等を派遣して、釈迦仏
の金銅像一躯・幡蓋若干・経論若干巻を奉った旨の記述がありますので、百済の
人が仏像と経典を持って日本にやって来て朝廷に献上したのは間違いなさそうで
す。

注 人名中の●は(口へんに利益の利)という漢字です。

追伸 アレックス選手の「今日から三都主アレサンドロです。」という談話を聞
いていて不覚にも涙がこみ上げてきました。一ファンとして心から祝福したいで
す。

NHKドラマ「聖徳太子」について  -投稿者:上野  2001-11-13 16:38:41

Bacchus様
MK(初代)さんは、「運送屋」を「生産者」と
間違えるような言い方はするな、
と言っているのです。

正岡様
http://kaba.2ch.net/asia/の
「また韓国の陰謀か?NHKドラマ『聖徳太子』にて」の
No.181〜185をご覧下さい。
私はナットクしてしまいました。

Re 仏教伝来について  -投稿者:MK(初代)  2001-11-13 17:15:21

Bacchus さま
まさにそのとおりなのですが、NHKのTVドラマの中で雰囲気は
「百済からきた仏教はすばらしい」で止まっていて、
「西方のはるかかなたの天竺のお釈迦様というすばらしいお方がおこされた仏教」
という視点が全くなかったので、なんかもう見る気がなくなってしまったのです。

それに百済の聖明王は殺されて、仏教はほとんど根付かなかったのではありませ
んか。

ともかく、日本のTVなのに観点がどうも朝鮮よりすぎてこんな所にも「近隣条
項」が
いきてるのかと思い悲しくなっていました。

上野さま 援軍ありがとうございます。

やっぱりそうですか・・・・・・・  -投稿者:オーベルシュタイン  2001-11-14 00:14:06

北条時宗もかなりヒドイらしい(ほとんど見てないです)ですが、聖徳太子も
ですか・・・・・・・
やっぱり国営放送だけに、そのときの内閣と同じような感じになってしまうんで
しょうかねえ。

ウサチュウさまへ  -投稿者:Bacchus  2001-11-14 09:11:45

プトレマイオスが、ヒッパルコスらのギリシア天文学を踏襲して、古代天文学
の知識を天動説の立場から集大成した「アルマゲスト」全13巻は、後千数百年の
間、アリストテレス自然学やキリスト教神学と結びついて圧倒的なパラダイムを
形成しました(これを便宜上P説とします)。わたしたちが「天動説」として認
識しているものはこのP説です。
したがってコペルニクスもガリレオもまずP説を学んだのは当然の話で、初期理
論でもなんでもなく、単なるスタート地点にすぎないわけで。コペルニクスが考
え出した説ですらありません。
コペルニクスの1543年の「天球の回転について」の骨子は、簡単にいうと「P説
における水星の導円の半径を太陽の軌道半径と同じにとってみると水星の周天円
の中心は太陽に重なる。ここで太陽を停めてみると、同じ効果は地球が動くこと
で再現される。」というもので(これを便宜上C説とします)わたしたちが、
「コペルニクスの地動説」として認識しているのはこのC説です。
今までの書きこみを拝見する限り、貴殿はP説までもコペルニクスの説であると
誤解しておられるように見受けられるのですが。
ケプラー説との関わりについてはまた別の機会に
ということで。

MK(初代) さまhe  -投稿者:Bacchus  2001-11-14 12:03:33

あれは、そういうドラマだったのですか。
知らぬこととはいえ、失礼なことを申し上げました。忘れていただければ幸いで
す。
そうもいかないか。
「北条時宗」もヤバイのでしょうか。期待していたのですが、なぜか「特命リ
サーチ200X」を観ていますので。よくわからないのです。

MK(初代) さまへ  -投稿者:Bacchus  2001-11-14 12:07:33

あれは、そういうドラマだったのですか。
知らぬこととはいえ、失礼なことを申し上げました。忘れていただければ幸いで
す。
そうもいかないか。
「北条時宗」もヤバイのでしょうか。期待していたのですが、なぜか「特命リ
サーチ200X」を観ていますので。よくわからないのです。
下の(すぐ前の)発言は単なる操作ミスです。笑ってやってください。

ガリレオについて  -投稿者:一(はじめ)  2001-11-14 16:21:00

 詳しいことは忘れたんですけど、惑星の軌道について円で間違いだから
まったく意味がないのではなくて、その円という考え方が後の科学に生きた
というのを覚えているんですけど、忘れたので、物理に詳しいかた教えて
くれませんか。
 井沢さんのホームページなので、文系の人が多そうだけど。

???  -投稿者:ウサチュウ  2001-11-15 02:57:56

 Bacchusさんへ
 正直言って本当に???なので敢えてお尋ねしますが。
 「地球その他の惑星は不動の太陽の周りを円軌道で回転している」
 これをどう読めばプトレマイオスの天体運行モデルになるんでしょうか?コペ
ルニクスの天体運行モデル、地動説(初期型)だと思うんですが?

え〜でも〜(聖徳太子)  -投稿者:正岡  2001-11-15 05:23:09

え〜?(^_^;) 面白くなかったですか? 
みなさんは厩戸がちがうとか、馬子がイメージじゃないとか
そういうことをおっしゃってるわけではないのね?
(みなさんと私、ちょっと見てるとこちがうみたいだけど)
 この時代というのは、あまり服装とか髪形とかよくわかってないと
思うんですよね。だからどんな風になるのかなあ、と私はそれが
一番気になっていたところで、意外と見栄えよく仕上がっていた
じゃないですか。
 それに人物描写も短い時間の放送なのに、セリフで説明する
ような安直さもなくて、よくできていた、と思います。
 厩戸よりも馬子がおもしろく描けていた。厩戸は誰が描いても
こんな人物になるのかな、と思いましたが、馬子をどう描くかは
ライターさんの腕の見せ所だと思います。
 でもやっぱり、皇族役を二枚目で固めたのは、なんだかとっても
でした。
 蒸し返すような投稿でごめんなさい。フィクションで大事なのは
人物描写や物語の流れだと私は思ってるんです。

コミケット抽選の泣き笑い  -投稿者:正岡  2001-11-15 06:03:27

 今年もコミケットの季節になりましたのです。
 年末の二日間開催なのですが、申し込みサークル数に対して
参加できるのは抽選なんですが、その当選率がこの冬は半数以下
なんだそうです。(そのくらい申し込み数が多いということ)
 すいません、私、今年もサークル参加です。
 知りあいのサークルなど、軒並み全滅で、
「コミケどうだった? 落ちた」という友人のBBSの書き込みに、
「ごめん、うちは今年も当選です」とレスするのが、なんか
申し訳ない、でも嬉しい、でもごめん、て感じなのです。
 コミケットというシステムも、物理的になんか限界なのかも。
でももし明日コミケットがなくなっても、私はやっぱり同人誌を
やってると思います。だってコミケがなかった頃からやっている
んだから。
 みなさんには関係ない話題で申し訳ないですけど、年末に向けて
気合い入れてるところなんです。よし原稿やるぞ、みたいな。
 
 同人の最小単位を「サークル」というのは(一人で運営して
いてもサークルといいます)もしかして和の国だから?
(それは井沢本の読みすぎ........(^_^;))

NHKドラマ「聖徳太子」について、続き  -投稿者:MK(初代)  2001-11-15 08:02:33

Bacchus さま みなさま

分かっていただけたのなら嬉しいです。
とにかく、不満はいろいろあって、どうしてキチンと日本の立場をつらぬけられ
ないのかイライラします。
まさか、日本が任那の日本府があったはずだとか神功皇后の朝鮮征伐があったと
主張したら
NHKは韓国が攻めてくるとでも考えているのでしょうか。
友好とは相手のいうことにへぇへぇ頭を下げることではなく、お互いに認め合う
ことで、
立場が違うことでは、はっきりと自分の意見を主張することだと思いますが。
日本人の美徳である謙虚さや和の精神が、どうしてもじゃまするのでしょうか。

正岡さま
私も絵で見る限りは、聖徳太子役のもっくんは素敵だったと思っています。

NHK「聖徳太子」  -投稿者:雪上加霜  2001-11-15 13:24:36

NHKの「聖徳太子」を何も知らずに見た人は韓国に対する親近感は増すでしょ
うね。
私も何らかの意図は感じました。日本国内の陰謀では?
だって日本語は昔風の言い回しだったのに対して、韓国語は現代の韓国語だっ
た!?(笑)

ウサチュウさんが「トンデモ」とおっしゃっているガリレオですが、
宗教家にワイワイ言われる当時の状況下で(ケプラーはそんな苦労はしていませ
ん)、彼の気持ちは十分理解でき、私は「トンデモ」などと言えないと思います。
楕円軌道と言えば、円軌道に近いものではなく、もっと極端な形が想像されます。
ケプラーもコペルニクスの地動説に感動して熱心に研究したので新しい発見がで
きました。
先人の優れた研究結果を後世の人間が発展させるという自然科学の特徴が現れて
いる良い例ではないですか。

ウサチュウさまへ  -投稿者:Bacchus  2001-11-15 13:33:17

「地球その他の惑星は不動の太陽の周りを円軌道で回転している」
ですか。

おっしゃる通り、地動説そのものは、古代ギリシアの時代から存在しており、
ピタゴラス学派のピロラウスは宇宙の中心に火(ゼウスの監視塔)があり、その
中心をはさんで地球と対地球(地球からは見えない)が回転し、さらにその周り
を諸惑星(太陽、月を含む)、恒星天球が回るという説を打ち立てました。対地
球を考えたのは、ピタゴラス学派が尊重する完全数10にするためで(地球1、
惑星7、恒星天1の計9プラス1で10)、ピタゴラス学派ではやがて、ゼウス
の監視塔は太陽であると解釈されるようになりました。
地球の自転を考えたヘラクレイデス、
太陽中心の地動説を初めて唱えたアリスタルコスなどがそうです。
アリスタルコスの説は、おっしゃる通り、コペルニクス説(C説)のプロトタイ
プといえるでしょう。コペルニクス自身も1543年「天球の回転について」の序文
でその旨記しています。
その後、この太陽中心思想はフィレンツェのメディチ家の庇護を受け新プラトン
主義に受け継がれ、ルネサンスの人文主義者がアリストテレス主義とスコラ哲学
を攻撃する根拠となりました。
新プラトン主義はその後、神秘主義に走るので、わたしは、これ以上触れたくあ
りません。話がこっちにくるのがいやだったのです。
ガリレオ自身がアリスタルコス説もしくは新プラトン主義について公式に言及し
たものは、わたしは見たことがありません。勉強不足だといわれれば、その通り
なのですが。

NHK「聖徳太子」続きの続き  -投稿者:MK(初代)  2001-11-15 18:01:51

雪上加霜さま
ここは日本です。どこの言葉か分かりません、ましてや現代語かどうかなど?
普通は、はなから日本語でなかったら、
「なんやこれ?日本語のTVちゃううんか!」で、パチ(チャンネルを変える)。
ですね。大阪人はいらち(せっかち)なので。

ちなみに、標準語訳(?)
「なんだこれ?日本語のTVではないのか!」

成る程、成る程  -投稿者:ウサチュウ  2001-11-16 02:54:12

 成る程、成る程。つまりガリレオをトンデモ扱いしたので反発されて
おられる訳ですな。しかしながら彼は天文学分野(特にコペルニクス擁
護)においてトンデモの名に相応しい所業を行った、少なくとも学者と
してはあるまじき行為をしたのは確かですよ。学者であるならば、

@如何にお気に入りの仮説、自説と言えども客観的な証拠の提示、論証
 なくして正当、事実であると主張してはならない。
A如何にお気に入りの仮説、自説といえども嘘、虚構を用いて守っては
 ならない。
B如何にお気に入りの仮説、自説と言えども事実(観測・計測・実験デ
 ータ)と食い違うならば即座に修正、若しくは放棄せねばならない。
C論争とはあくまでも論理とデータと理性とを駆使して為される「理論
 と理論の白兵戦」であり罵詈雑言、誹謗中傷等はしてはならない。

 といった責務をどんな状況下においても守らねばならないことはお分
かりいただけるでしょうな。また、逆にこれらの責務を放棄した者は、
トンデモである、とする私の主張もご理解していただきたい(無論、強
制は致しませんが)。ケプラーは確かに法王庁筋への配慮を欠かさなか
ったものの、それ以上に上記の点でしっかりしていて宗教家や同業者か
らの反発が少なかった(無論、狂信的な輩は別として、ですが)。ガリ
レオは残念ながら、これら守るべき責務を放棄しているんですな。故に
私はガリレオをトンデモである、と断言したんですが。

つかず離れず放置が一番?  -投稿者:MK(初代)  2001-11-16 08:37:39

上野様
某2chの極東版,紹介ありがとうございました。
以下の書き込みを読んで、ここ一日笑ってばかりいました?!!

“やっぱさぁ、すぐお隣の国だよ韓国は。日本にも住んでる方が大勢
いらっしゃるよ。
ワールドカップだって共催するし。焼き肉やキムチも流行ってるし。
最近はテレビでもよく特集するし、ドラマにもなってるし。
今までちょっと韓国のこと、知らなさすぎたと思うんだ。
軽視してたっていうか。失礼だよねそんなこと。
従軍慰安婦の人だって泣いておられた。
ちゃんと調べないとかわいそうだよ。
注目しなきゃ、韓国に!

と真摯な気持ちになった結果、真実を知るほど前にも増して
韓国嫌いになってしまった。
そして怖いモノ見たさでつい極東板を見てしまうようになった”

上記など普通の日本人の正直な感想に近いのではありませんか。「同意」という
か。
隣国については、つかず離れず放置というのが一番だと思っています。

や〜めた  -投稿者:Bacchus  2001-11-16 08:58:36

ガリレオ以前の△説について、後世の目から見ると明らかな欠点をガリレオは
指摘していない。
ゆえにガリレオは、△説の擁護者である。

ガリレオ以前の▲説について、後世の目から見ると明らかに誤りであるにも拘わ
らず、ガリレオは公式に否定していない。
ゆえにガリレオは▲説の信奉者である。

ガリレオの在世中にガリレオ以外の者によって発表された■説について、後世の
目から見ると明らかに以前の説より優れているにも拘わらず、ガリレオは、公式
に言及していない。
ゆえにガリレオは、自説のために■説を黙殺している。
したがって、ガリレオは否定されるべきである。

この手の議論が堂々とまかり通る世界で論争を行ってはならない。
この基本を不覚にもわたしは失念していました。馬鹿だよね。
今日は疲れたから、昨日購入した
「逆説の日本史9」
「葬られた遺書」
「言霊U」
「パール判事の日本無罪論」
を読んで、京都伏見の吟醸「玉乃光」でも呑んで寝てしまお。

私が拾います  -投稿者:雪上加霜  2001-11-16 12:24:44

Bacchusさん。
同感ですが先人の優れた業績を否定されるのは忍びないので、私にもう一言だけ
書かせてください。
宗教家を相手にして争点がどうなっていったのか、を考えてみましょう。ウサ
チュウさんのおっしゃるような、
論理とデータと理性とを駆使して為される「理論と理論の白兵戦」ではないで
しょう?
あの時のコペルニクス擁護の意義は、地動です。
一(はじめ)さんのおっしゃるとおり、円軌道という考えは後のケプラーの新発見
(楕円軌道)にも貢献しているのです。
私がコンパスで円を描いても、精密に測定すると、もしかしたら軸がずれていた
りして楕円かもしれませんね。
ま、その検証は私の孫にまかせようと思います(笑)

昨日の物理の授業  -投稿者:PhantomU  2001-11-16 17:27:53

お久しぶりです。11/2〜5の高専祭はなんとか終わりました(天気は散々でし
たが・・・文化祭も体育祭も雨天決行でした)。

この前書いていた学校のことですが、 昨日開かれる予定だった学生大会は、学
校への要望・質問を承認したり、学生会の役員を決める大事なものだったのですが、
定足数に足りず流会してしまいました(次の予定は未定です)。

昨日の物理の授業で、万有引力をやったのですが、その時ニュートンが惑星のだ
円軌道を円軌道として近似して(半長軸と半短軸の比がほぼ1だからそうです)、
惑星の運動を等速円運動とみなしてその時の向心力の働きをするものが万有引
力・・・。ということを物理の先生がいってたのですが一(はじめ)さんいってたのは
これのことなんでしょうか?(その授業でティコ・ブラーエ、ケプラーの名前も
出ました)
その先生は、データから法則を見つけたケプラーはニュートンより天才かもしれ
ないともいってました(公転している地球からの観測で、惑星の運動の法則を発
見できたからだそうです。)

とりあえずの感想?  -投稿者:いあつま  2001-11-16 17:34:21

ガリレオの話は、興味深く拝見していますが、とりあえず、その話
は・・・として、NHKの歴史物番組について。

聖徳太子は、見ていないので、なんとも言えませんが・・・。とい
うより、NHKの番組は、いつのころからか、ニュースとスポーツ
中継以外は、ほとんど見なくなりました。やはり、一部のテレビ番
組を見なくなるという傾向は、あまり、よくない、と自分では思っ
ていますが・・・。

それにしても、以前はNHKの歴史物は、よく見ていましたし、とて
も面白かったような気がしますが・・・。見る方が見れば、今でも
面白いのでしょうが・・・。

父の書斎  -投稿者:メタロチオネイン  2001-11-16 18:11:39

父なきあと20年も母一人で管理していたというより放置していた父の書斎を
片づける時がきてしまった。親不孝の私達兄妹は、とうの昔に実家を離れ、母は
母で結構独居を楽しんでいたようだが、加齢に伴う数々の不都合が生じ始め、兄
もようやく親の家の維持、管理に責任を感じたらしい。
 冠婚葬祭や気がむいた時実家に寄る程度で、父の書斎には用もなかった。古い
内科学体系(分冊判で100冊位)は邪魔なだけ。すでに納戸化している黴くさ
い部屋の隅に、見覚えのあるダンボール箱を見つけた
。「こんなところにあったんだぁ」私の宝物、見つければ買っていた
大好きな作家の本が、遺跡発掘のごとく次々と。 
 高木彬光の「成吉思汗の秘密」「邪馬台国の秘密」「古代天皇の秘密」はもち
ろん、「白昼の死角」「破壊裁判」「黒白の囮」などなど「高木」とみたら何で
も買っていた若き日を思い出した。新書判、文庫判問わず、全部で数十冊いや
もっとか。あの頃私は真面目に考えた。「検事になりたい」「女相場師になりた
い」 
「井沢」とみたら何でも買う現在にいたるまで、何冊の本と出会っただろう。
「バトル オブ エキスパート」の為でもなく、仕事の必要でもなく「魂の硬
度、心の軟度」を自分なりに確認する為に、いろいろなジャンルの本と出会い続
けたい。土屋賢二の哲学話と、浅田次郎の極道話に笑い、ダニとともに返ってき
た高木本をまた読もう。(敬称略)

DmEKDc157Fc  -投稿者:いあつま  2001-11-16 22:14:06

13日(火)から、2泊3日で、妻と二人で京都へ行って来ました。
「紅葉の見頃」には、少し早かったようですが、タクシーの運転手
さんにも助けられて、紅葉が見頃のポイントを、ほどよく案内して
もらい、紅葉の京都を、充分に満喫させてもらいました。

高雄方面の寺に行った後、嵯峨野を経由して、トロッコ電車に乗っ
て往復し、紅葉は半ばの、それでいて美しくもあった天龍寺を散策
し、しゃれた小店で、京都の香りのする「うさぎ仕様の香り袋」を
購入し、その後、訪れた宝筐院は、紅葉はまだでしたが、静寂とし
た庭園は、紅葉の見頃の時期はいかばかりかと、思わせるものがあ
りました。

翌日、茶室のたたずまいが風情のある光悦寺、伏見で自刃した方々
の、供養のための足型等の血天井が、やはり壮絶な印象がある源光
庵、源光庵は庭園もすばらしい、御霊神社、下御霊神社でご冥福を
お祈りし、晴明神社では、平成15年に千年祭?があるためか、神
社は改築?工事中でしたが、「陰陽師」の野村萬斉、伊藤英明、夢
枕獏らの「映画のヒット祈願」が、飾られており、陰陽師パートU
も平成15年に上映決定の張り紙がしてありました。

朱と白と青?のイメージの平安神宮、以前来たときは改修工事中の
ため、よく見られなかった分、今回はじっくり拝観しました。南禅
寺の三門は、石川五右衛門でなくとも「絶景かな」と叫びたいとこ
ろですが、登門受付終了間際に、ぎりぎり参拝できたのは、ラッキ
ーでした。

それと、やはり、きれいだったのは、ライトアップされた永観堂の
紅葉、ライトアップされている場所は、ほかにも、いろいろあるそ
うですが、いずれにしろ、夜と光と紅葉は、よく似合いました。

帰りの日に訪れた、醍醐寺と東福寺(通天橋)は、京都の奥深さを、
さらにいえば日本の文化の奥深さを、後世に伝えている風情があり
ました。ただ、「木と紙の文化」をどのように保存し、どのように
後世に伝えていくのか、難しい課題も・・・。

それにしても10年ぶりに訪れた京都は、10年前と比較して、観
光客に対するサービスが格段に良くなったような気がしました。危
機感をもって観光客に接している、ある種の健気さのようなものを
いたるところで感じました。

タイトル名訂正  -投稿者:いあつま  2001-11-16 22:18:31

前回の投稿のタイトル名訂正
→紅葉の京都、のんびり旅行

失業率UPか?  -投稿者:SOGA  2001-11-17 00:57:33

11月で旦那様が退職することになりました。年内はお休みして来年からフリー
で仕事をする予定です。
しかし、未だに本当に辞められるのか判かりません。(私と友人は年内で辞めら
れない方に賭けている。)
辞表を出してから、半年経っていますし、そもそも『辞めてやる!』と誓ってか
ら既に2年・・・
東北人って辛抱強いと言うか、精神的神経は恐竜並なんでしょうか?(東北出身
の方ゴメンなさい)

京都いいなぁ。今『天皇になろうとした将軍』読んでいるので、ますます行きたい!
が、今回は見送りで、来週、旦那様ほったらかしで友人と広島に行ってきます。
宮島で紅葉を堪能しよう!

でもその前に、しし座流星群頑張って見よっと!

つかず離れず、和して同ぜずが一番!  -投稿者:上野  2001-11-17 02:02:50

MK(初代)様
私は5〜6年来、韓国Watcherをやって来ましたが、
この夏、黒田勝弘.1999.韓国人の歴史観.文春新書.を読んで、
韓国を見切る事にしました。
某2ch.の極東板のレスには、下品ですがなかなか秀逸だったり
笑わせるものがありますね。専門家や韓国に詳しいGOAL氏は
何と言うか分かりませんが、一般人の感覚は「ご紹介の意見」に
尽きますね。なお、ご興味あれば「対韓三原則『行かない買わない関わらない』」
「知れば知るほど嫌いになる『韓国と韓国人』」のスレもご覧下さい。
極東板の「スレッド一覧はこちら」に隠れていると思います。

私は東京住まいですが、学生時代に京都に居たことがあります。
15日は滋賀県伊吹山に植物調査に行きました。
白山・立山・槍穂高・乗鞍・御岳は冠雪し、
関ヶ原は紅葉していたことをご報告いたします。

人すまぬ
不破の関屋の板廂
荒れにしあとはただ秋の風(藤原良経・新古今)

秋深し隣は何をする人ぞ 芭蕉  -投稿者:MK(初代)  2001-11-17 09:44:07

いあつまさま
わっ! 晴明神社も行かれたのですか、すごい!
ぐるっと京都満喫ですね。私も行きたい。

でも、紅葉といい桜といい美しい盛りは短くて、毎年、今年こそと思っていますが
京都には行きやすい割と近くに住んでいても、なかなかいい時にあたりません。
また、来年と思うのは、私にとって生きる楽しみの一つです。

上野様
重ね重ねありがとうございます。
近頃のTVや新聞が時々わけの分からない時があって、そんな時に
某2chなどをみるとほっとすることがあります。
分かりやすさや、面白さはとても大切だと思っています。

では、また。

感情剥き出しが怖い  -投稿者:SOGA  2001-11-18 01:18:30

韓国国民はどうしても日本人には負けたくないという意識が強いですよね。
ワールドカップ野球を見ていても、その辺の感情が滲み出ているのが解かります
ね。
反日感情が高ければ高いほど、我々も韓国には勝って欲しいと思ってしまう。
キューバには負けてしまったけれど、昨日韓国に勝ったからいいや!
明日は、対チャイニーズタイペイ。がんばれ日本。←こっちは純粋にスポーツと
して応援します。
バレーボール女子も韓国に勝ったし、あ、中国に負けたのは悔しいなぁ。

やれやれ、だぜ  -投稿者:Bacchus  2001-11-18 15:19:03

はじめに戻って考えてみましょう。
そもそもの発端である、 ウサチュウさまの「科学史のススメ」と題された投稿には
「科学と政治、って
のは愚かしい人間がその愚かしさを克服する為につくりだしたアルテ
(技術)であって、人間の営み、そのものであると私は思ってます。特に科学は
事の是非が分かりやすい(その判断に政治信条や思想が入りにくい)ですから
な、これほど人間の本質に迫れる素材はない、と思って
いる訳です。」とあります。
特に科学は事の是非が分かりやすい(その判断に政治信条や思想が入りにくい)
とお考えのようですが、

井沢先生が「逆説の日本史9」でいみじくも指摘しておられるように、人は誰し
も「時代の子」ですから、
(いついかなる時代においても)科学は事の是非の判断に政治信条や思想が入り
にくいとは必ずしも言えません。

誤った前提から導かれる結論は常に偽(真でない)ですから、「科学史のスス
メ」それ自体が議論としては無効ですね。
後世の目から見たひとりよがりの「言いがかりの論理」に悪意で味付けをした
「妄説の科学史」はもう止めにしましょう。

旅とスポーツ?の秋  -投稿者:いあつま  2001-11-18 17:10:07

キューバ戦は、先制して、藤井が頑張っていたので、とても残念。
意気消沈か?台湾にも完敗して4位で終わってしまった。プロで
もメダルに届かず。日本の野球も過渡期か?

安芸の宮島、去年の今頃行って来てましたが、よかった。歩いてい
て通りかかった途中の小店で食べた焼きガキが、とても、うまかった。

旅とストレンジャー(見知らぬ人)  -投稿者:いあつま  2001-11-18 17:21:58

旅行が好きな人は、日本人に限らず、世界中にいると思います。歴
史文化的なものに触れたい、風光明媚な所に行きたい、現地のおい
しいものを食べたい、面白い体験をしたい、日常生活をしばらく休
みたい等々のために、人々は旅行をするのでしょうか。

その他に、といっても、日常生活をしばらく休みたい、の範疇に入
るのでしょうが、旅の楽しみの一つに、ストレンジャー(旅先では
誰も自分のことを知らない、見知らぬ人)になれる、ストレンジャ
ーとして、訪れた町にとけ込み、いろいろなことを、ストレンジャ
ーとしてながめられる、というものがあると思います。

ストレンジャーはとても気楽です。ストレンジャーが常軌を逸する
と、旅の恥は・・・となるそうですが・・・。

アクセスに便利な京都グランヴィアが満室のため、日航プリンセス
ホテルに2泊しました。コーヒーでも飲もうと思い、ホテルの付近
を散策すると、スターバックスがあったので、入りましたが、空い
ていたので、京都の人々の、ナマの声を聞く機会はありませんでし
た。ちなみに東京ではよく見かけるドトールコーヒーは、あまり見
かけませんでした。

東京に住んでいるものにとって、ナマで聞く大阪弁や京都弁は、新
鮮で耳に心地よいものがありますが、駅ビルが一新した京都駅のコ
ンコースを、さっそうと歩いてくる、超ミニスカートの女子高生が、
隣の女子高生と、のんびりと優雅に京都弁で会話をしている、ただ
それだけのことで不思議なアンバランスの魅力のようなものが感じ
られ、京都の旅を実感することがありました。もっとも妻は、いさ
さか顰蹙気味ではありましたが・・・。

初日にホテルの近くの居酒屋風の店に繰り出し、ストレンジャー気
分を満喫しました。細い路地風の所をすり抜けた奥にあるその店は
、小さな店ですが、サラーリーマン風の常連が、京都弁で会話をし
ていました。聞くともなしに聞こえてくる、その会話をBGMにし
て、酒も食もかなり進んで、満喫した京都の夜が暮れていきました。

難しい問題です  -投稿者:GOAL  2001-11-19 13:24:53

上野さま。
気にかけていただいて光栄です。
「ご紹介の意見」の心情はよく理解できます。
私の感触としては80年代から韓国を知る層の間に嫌韓感情が強くなっていたと思
います。
しかし、日本列島が引越しできないというのも現実で、そこが難しい問題だと思
うのです。
今まで韓国に対して見て見ぬふりをしてきた結果、どういう状態になったかとい
うことです。
国際社会では相手の主張に反論しなければ、相手の主張を認めてしまうことにな
る時がよくあります。
個人でがんばっている人も多いのに、国が声を大にして反論しないのが残念で
す。あきらめるのはまだ早いのに。
ただ、韓国人はすぐれた声帯を遺伝的に備えているので、大声大会になってはな
らないというのが私の見方です。
(例えば韓国人の発声に対し、よく知って敬意を持っておかなければ対策を立て
られません。)
石原慎太郎総理大臣がここで最近話題になっていたみたいですが、韓国では鄭夢
準氏が大統領になる可能性があるそうです。
この二人が首脳になったら・・・想像するだけでドキドキしてしまいます。
私は韓国を知ったことを後悔しておりません。
【おすすめの書】北原俊明「韓国とディベートする」総合法令出版

ガリレオと円のことについて  -投稿者:一(はじめ)  2001-11-19 15:05:50

 以前、ガリレオと円の話をしたのですが、思い出したので書きます。

 円という視点がまず、重要です。円というのは特殊な形です。そこに
目をつけたのが重要なのです。惑星の軌道はほぼ円なのですが、正確に
は楕円です。しかし、その円という対象性をもった形が素粒子論など
にも生きています。(たとえば、正確に言うと違うのですが、原子はプラス
の原子核の周りをマイナスの電子が円のようにまわっています。)

 なぜ、円という考えが生まれたのかといいますと、当時、西洋ではこ
の世は神(GOD)が創ったものだと、みなさんご存じのように考えられて
いました。その神が創ったのだから、美しく特殊な型にちがいないと思われて
いたようです。そこから、美しく特殊な型である円という考えがでてきた
みたいです。

 最後に、ケプラーのほうがガリレオより功績が大きいと書いていた人
がいたと思うのですが、やはり、物理全体ではガリレオのほうが功績が大きい
と思います。それは、位置や速度といったものを時間の関数で表したからです。
これは、物理においてかかすことのできないものです。

 以上、井沢さんのホームページには似合わない話でしたけど・・・。

↓↓の訂正  -投稿者:GOAL  2001-11-19 15:32:29

よく見たらお名前を間違えていましたね。たいへん失礼しました。

【おすすめの書】 北岡俊明 韓国を徹底的に論破する──「韓国とディベートす
る」 総合法令出版

「科学史のススメ」論争について  -投稿者:いあつま  2001-11-19 18:20:56

「科学史のススメ」でいう科学とは、狭義でいえば自然科学のこと
でしょうが、私は自然科学は不得手です。といって他の分野が、得
手である、というわけでは、もちろんありませんが・・。

不得手なりに、ウサチュウさんと、Bacchusさんの論争を興味深く
拝見しておりました。これまでの論争についての私の印象を言えば
考え方は、Bacchusさんに近いと思います。ただ、ウサチュウさん
がいうところの「・・・。特に科学はことの是非が分かりやすい
(その判断に政治信条が入りにくい)・・・」は、特に違和感はあ
りませんでした。

井沢(Bacchus)さんが、おしゃっるように、「人は誰しも『時代の
子』ですから、(いついかなる時代においても)科学は事の是非の
判断に政治信条や思想が入りにくいとは必ずしも言えません」と、
は、私もわかります。しかし、ウサチュウさんが、おっしゃってい
るのは、あくまで、政治学や経済学や歴史認識等に比較すれば、自
然科学は「事の是非の判断に政治信条や思想が入りにくい」という
面がある、という意味でおっしゃった、と思います。私はその意味に
とりましたが・・・。

いずれにしろ「後世の目から見たらひとりよがりの『言いがかり
の論理』に悪意で味付けした『妄想の科学史』はもう止めにしまし
ょう。」という結論は、少し早すぎると思います。今まで書き込み
を拝見して得た印象からいえば、Bacchusさん、らしくない、とも
思えます。

Bacchusさん、ウサチュウさんに、一(はじめ)さん等、そのほか
興味のある方々を加えて、「科学史のススメ」論争を、盛り上げて
何らかの展望のある、結論めいたものを導き出していただければ、
と私個人は思っていますが・・・。

大阪歴史博物館が オープンしました。  -投稿者:MK(初代)  2001-11-19 18:21:17

やっほ〜!みなさま ご機嫌いかがですか。
またもやミーハーMK(初代)は、行ってまいりました。
NHK大阪の新しいビル(新放送会館)と、隣の大阪歴史博物館(11/3〜開館)
(NHKきらいきらいも好きのうち???)

大阪歴史博物館は大阪城のお堀端、難波宮(なにわのみや)の遺構の上にたち、
とにかく場所がいい。
大阪城や法円坂の難波の宮遺跡がものすごくきれいに見渡せる位置にあってGOOD。
ただし、NHKにしろ高いビルで、こんなに難波の宮の大極殿跡を、上から見下ろ
してもいいのかという、
危惧はあり。井沢さんが書かれていましたが、京都御所の北で御所を見下ろせる
位置にある
相国寺の七重の塔は何回も焼けて、今はないみたい。
横を走る阪神高速道路も景観保存のために、その部分だけは高架線ではありませ
ん。

展示物は常設展の「体感!大極殿」とかが、面白くて。
特に江戸や明治時代くらいの街並みを再現してある所があって、うわ〜〜っと私
の祖母の時代
くらいの記憶が戻ってきました。縁側のある座敷で一日火鉢の前でお針箱を置い
て縫い物などを
していた祖母、お餅を薄く切って干してつくったおかきを焼いてもらって食べた
り、昔話を聞きました。
こわい話では絞首刑を見たこととか(ーわりと町中のみんなが集まるところで
あったみたいで、、、)
お手玉とかおじゃみとか組みひもの遊び方とかも教えてもらった、もっといろい
ろ聞いとけばよかったと
思っています。

「ここより入る者、全て希望を捨てよ」  -投稿者:ウサチュウ  2001-11-19 19:39:33

とは、地獄の門に掲げられている文句だそうですが、こいつは何か科
学や学問に通ずるものがあるな?と思っているウサチュウです。
 科学史は思想・政治信条が極めて介入しにくい歴史分野です。何故な
らば、いかなる思想・政治信条といえども自然を支配する物理法則を変
えることは出来ませんから、学者Aが提唱した正しい理論を間違ったも
のに、学者Bが提唱した間違った理論を正しいものにすることは出来ま
せん。もっともヒトラー、スターリン級の独裁者が現れると話は別です
が(実際、このご両人は擬似科学を推進していましたな)この場合は、
科学史に限らず、全ての学問分野において事実ではなく虚構に基づく主
張が正とされてしまう可能性がありますから、科学史の無効性の論拠に
なり得ないでしょう。
 偉大なる先人達も、完全無欠、全知全能、無謬の存在などではなく、
我らと同じく人間であり、当然のことながら間違い・誤りを犯したのだ
し、また成し遂げた功績もそれに至る道は決して平坦な一本道などでは
なく、試行錯誤の末、ようやく真実にたどり着いた訳です(中にはそれ
に気付かない人もいる。例.クリストファー・コロンブス)。が、現在
の教育制度では研究・実験の成果は教えるが、それに至る経緯や間違
い、誤りは教えない。これでは科学的手法が何たるか?人間とはいかな
る存在か?を知ること、教えることは難しい、と私は思っています。偉
大なる先人達の光と影、この双方共に経緯も含めて知ること、教えるこ
とのみが真に偉大なる先人たちを知ること、教えることであり、科学的
手法や人間を知る・教える最良の手段だと私は思っています。
 ガリレオに関して述べれば、天文学分野でトンデモをしつつ(コペル
ニクス論争以外にも太陽黒点論争、彗星論争がある。特に彗星論争はひ
どい)、運動学の研究・実験を行い、第一次、第二次ガリレオ裁判で、
天文学分野の乱行が絶えた後、運動学の研究や実験に没頭、そして、そ
れらを纏め上げて「ふたつの新しい科学に関する理論」を発表し、近代
物理学の基礎と近代科学の手法を確立した訳です。これらを知って初め
てガリレオを知るのであって、影を知らず、または知ろうともせずに、
 「こんなの(私の)ガリレオじゃない!!!」
 と言われても、
 「そんなモン、俺の知ったことかよ」
 と言わざるを得ませんな、本当に。

訂正です  -投稿者:一(はじめ)  2001-11-19 19:49:24

 下の方に、「ケプラーのほうがガリレオより功績が大きい」と書いた
のですが、「ケプラーはニュートンより天才かもしれない」でしたね。

 人の評価は歴史でもそうですけど、人によって大きく分かれますけど、
一般的にはニュートンの方が有名ですね。特に微積分という数学と物理
を結びつけたのが大きい。PhantomU さんは高校生みたいだけど、将来
本格的に物理やるなら、微積分をしっかり身につけといた方がいいよ。
(あまり、きちんと勉強していなかった僕が言うのもなんだけど)

 あと、高校の物理はあまり微積分が使えなくて、手足を縛られたまま
泳がされてる状態なので、大変かもしれません。逆にいえばそれだけ、
微積分が重要ということで。

「科学史」と「自然科学」  -投稿者:一(はじめ)  2001-11-19 20:18:28

 ウサチュウ さんのおっしゃっていることは「科学史」ということで
すね。自然科学を学ぶ時はどうしても、過去に積み上げられたものを暗
記する作業が中心です。その量が膨大なので、暗記する作業だけでも
大変で、いちいち失敗したことまで気を配っていられません。だから、
単調に暗記する作業で、自然科学というのがつまらなくなっているのか
もしれません。最近の理系離れの原因の1つもここにあるかもしれません。

 「科学史」をやって先人の失敗や試行錯誤を学ぶのは有意義だと思い
ます。試行錯誤をやるところに、本当は自然科学の醍醐味やおもしろさが
あると思うのですが、試行錯誤をやっている余裕が今の教育にはないの
でしょう。それに、歴史もそうだと思うのですが、受験のためにひたすら
覚えなくてはなりませんから。

 どんな天才でも、失敗はありますよ。失敗は成功のもととか言いますし。
そういえば、ニュートンも錬金術に凝っていたとか、株で失敗したとか
いろいろあったような気がするなあ・・・。

 
 余談ですが、ウサチュウ さんは小室直樹氏と口調が似ていますが偶然
ですか?くだらない質問ですけど、気になったもので・・・。

MK(初代)さんへ  -投稿者:いあつま  2001-11-19 20:44:35

私の従兄弟がNHKにおりますので、渋谷の神南にあるNHKの施
設も見学をしたことがありますが、まあ、よかったですが、それに
しても、面白そうなものが出来ましたね。大阪に行ったら是非、行
ったみたいと思います。

施設のようなハード面は、日本のテレビ放送の技術体系を向上させ
てもらう意味でもNHKには、頑張ってもらいたいと思っています
が、ソフト面というか、番組内容の方も、なんとか・・・と思って
います。

ウサチュウさんの意見  -投稿者:雪上加霜  2001-11-19 22:00:19

それはまるでどこかの国がつけるような言いがかりに聞こえます。
元研究者(理工)としては見過ごせないですね。
つまりガリレオが悪意を持ってコペルニクスを擁護したと言うんですね。
それを教育したいと。
それがあなたが提唱する科学教育ですね。私は反対します。

天文学?  -投稿者:SOGA  2001-11-20 01:31:01

昨日、しし座流星群見ました。一部うす曇ではありましたが、観測には問題あ
りませんでした。
1:30〜2:50の間、建物の関係で全天の3分の1は見えませんが、目視で約120個を
観測できました。
観測といっても東京ではこんなものですね!しかし、0.5等級の流星も見れたので
満足しました。

『科学史』論、興味深く読んでいます。
ところで、大学で専門の史学は必須科目ではないのでしょうか?
美大(正確には大学ではない)では、『美術史』は必須科目でしたが、他はどうな
んでしょう?
史学は、先人の功績・失敗等々を知ることで、現在勉強していることや、
これからを想像(創造)していく上で、重要なことですよね?
科学の進歩が目を見張るこの時代で、これ以上の進歩は考え難いという人もいる
けれど、
やっぱりアイディアを見つけられた人が、未来を創っていくと思うのです。
そのアイディアになる発想の転換などが、科学史には沢山詰っていると思います。
そういう意味で、科学史の必要性は重要だと私も思います。
試験をするためだけだったら、ちょっと辛いですけど・・・。大学のあり方という
のも考え物ですね。

難問への回答  -投稿者:上野  2001-11-20 04:12:01

GOALさま
先のお手紙は
言挙げするに足る、
公開されるにふさわしい、
難問への回答だったと思います。
まったくGOALさんには、在韓日本大使館員でも
やってもらいたいです。それに類する活動は
やっておられると思いますが…
私は韓国人と付き合いはなく、また強いて求める
訳ではないので、どうも趣味的になりがちです。
お薦めの本は入手しておこうと思います。
ありがとうございました。

科学は歴史に有効か?  -投稿者:上野  2001-11-20 05:35:10

もちろん、有効である。では、科学史は歴史に有効か?
有効である。科学史は既に歴史である。政治思想史などよりは、
早く決着がつく。
最近の科学史論議に対して科学論から二言三言。

そこで、
四谷ラウンド(編)「中学生の教科書―今ここにいるということ」
四谷ラウンド,東京.(1400円)の中から
板倉聖宣.2001.理科.の
科学論を紹介いたします。
論議の参考になれば幸いです。

板倉聖宣の科学論  -投稿者:上野  2001-11-20 05:51:50

理科=自然科学の勉強は、科学技術関係に進む人だけでなく、
どんな分野に進む人にも、正しいものの考え方を身に着けるために
どうしても必要だ。
理科とは、「科学や技術を理解したり、発展させるために学ぶものだ」
とだけ考える人は多い。しかし、そうではないとはっきり断って
おきたい。なぜなら、理科は「本当のことを知るための勉強」だからだ。
もちろんほかの教科だって、「本当鋸とを知るための勉強」だ。
しかし、例えば「社会科学」や「人文科学」は、まだ誕生してから年月
を経ていないこともあって、怪しげな部分が少なくないのだ。
だから、「本当のことを知る」という点では、自然科学=理科の勉強
ほど確かなものはない。
今日の科学・学問・芸術はみな、昔は「究理学」とか「実験哲学」とか
「粒子哲学」と呼ばれた学問、つまり「自然科学」を模範にして作られた
ものである。
科学が誰にでも信頼できるのは、
「一つの問題についても、いろいろな予想・仮説を出しあって、
討論を重ねた上で、多数決ではなく、
実験で真理を決めていくという論理に従ってできているからだ」。

板倉聖宣の歴史論  -投稿者:上野  2001-11-20 06:18:40

板倉氏が歴史を物理学的手法で扱っていることは、
ご存じの方も多いでしょう。一応ご紹介しておきます。

板倉聖宣.1986.歴史の見方考え方―いたずら博士の科学教室.
仮説社,東京.(1545円)
「物質不滅の原理」をもとに江戸時代の石高史料を読み解き、
江戸時代の農民も、かなり米を食べていたことを証明した。
「江戸時代の農民は悲惨だった」という伝説を信じていた
右や左の人の中には、怒り出すのも居たらしい。
私見では、明治政府の宣伝に乗った右と左が
自分に都合の良い史観作り上げていたと思われる。

ほかに、『日本史再発見』(朝日新聞社)がありますが、
私は読んでいません。どなたかご存じの方は、発行年・値段
を教えて下さい。簡単な書評があれば大いに助かります。

科学史教育  -投稿者:雪上加霜改めCOSMOS  2001-11-20 13:12:08

うやむやにしたくないのでちょっとキツイ書き込みになります。
ウサチュウさんの書き込みを見る限り、研究の現場を全く無視しているようです
ね。
あなたは科学が何世代にも渡る共同作業であるという科学の本質をわかっていな
い。
先日、しし座流星群を見た方もいらっしゃると思いますが、
何千年も前の先人たちはどのような星空を見、どんな思いを馳せていたのでしょ
うか?
ウサチュウさんは考えたことがありますか。インターネットもテレビも本も学校
も望遠鏡も腕時計もない時代を。彼らはそんな中で何を思いついたのか。
優れた研究者はみな彼らの思いに共感しています。
ウサチュウさんの「歴史認識」は科学とかけ離れています。
科学史教育には賛成ですが、ウサチュウさんの提唱する科学史教育には反対です。
反論があるならかかってきなさい。(ワァオ言っちゃった!!)

無理は禁物  -投稿者:Bacchus  2001-11-20 13:19:47

自然現象そのものは、宗教的、で政治的な信条とは無関係に発生するのは、現
在では常識でしょうが、ガリレオが生きた時代のイタリアは、「神学こそ全ての
学問の上位に君臨する学問の女王であり、
ゆえに神学により全ての知が有機的に再統一されるべきである」、
「この世には。神の記したもうた二つの偉大なる書物がある。
ひとつは聖書であり、
もうひとつは自然そのものである。
人間が、客観的で確実と思っているだけで、神は、人間にははうかがいしれぬや
り方で、いかような結果をももたらす」との認識が社会の大勢を占めていた時代
です。
自然現象の中にこそ神の意志を読み取らねばならない。
のですよ。

ケプラーも同時代の人ですが、生地シュトゥットガルトを含むドイツ語圏はル
ターの宗教改革が進み、ルター派プロテスタントが社会の大勢を占めていまし
た。ケプラー自身もプロテスタントとして生まれ育ちました。
こうした背景を見るだけでも、ガリレオとケプラーを単純比較すのは無理がある
ことがわかります。

時代背景を無視して科学史のみを単独でとりあげるのは無理があります。
それに、歴史というものは、ことさらに先人のあら捜しをして嘲笑するといった
趣旨の学問であってはならないとわたしは個人的に考えています。

最後になりましたが、拙い文章の中からわたしの言わんと欲するところをご理解
くださった
雪上加霜さまならびにいあつまさまありがとうございました。

蛇足ですが、書籍の基本的なデータなら
日本書籍出版協会作成のデータベース
http://www.books.or.jp/
で検索可能です。

議論はふぉーらむに移ったほうが。  -投稿者:さこん  2001-11-21 23:49:27

久しぶりにやってきましたら、活発な議論が交わされているようで。
科学史、ですかー。面白そうな議題ですね。
でも、ここまで議論が白熱してきたら、そろそろふぉーらむに移った
ほうが良かろうかと思いますが、いかに。
そのために3つの板があるわけだし。

がんばれ!高市早苗応援します  -投稿者:MK(初代)  2001-11-22 09:21:00

夫婦別姓法案 今国会提出見送り
よかった〜〜〜!!!
こんな、なんかおかしい法案を通そうとするなどメチャクチャ。

がんばれ反対派の高市早苗!
田中大臣など見限って応援します。

責任とって一本締め  -投稿者:COSMOS  2001-11-22 11:40:27

みなさまにショックを与えてしまったようで、責任を感じています。でもこれ
は重大事だと思ったもので・・・(たぶんBacchusさまも感じたのだと思います)
SOGAさま。しし座流星群をご覧になったそうですね。ロマンは感じられたでしょ
うか。
ところで、私たちは流星の正体が何であるかという科学的情報を、
インターネットや図書館などでいとも簡単に入手できるという、たいへん幸せな
時代に生きています。
ところが、何千年も前の先人は現実に目の前に広がる星空を眺めながら、
あるいは流星を目にして、
その正体が何であるかという情報を知る術を知りませんでした。
彼らは悩み、苦しみながら、自分なりに答えを出すしかなかったのです。

私たちはギリシャ神話が現実のものではないことを知っています。
しかし、彼らが驚くほどよく星を観察していたことはわかります。
それは彼らが出した答えの一つであり、
仮にそれが明白な誤り、また宗教的なものであったとしてもそのような先人たち
の業績は軽視できません。
そのような事実をふまえての科学史教育なら私は大いに賛成するのです。

これでまとめてもいいですか? よ〜お シャン!(一本締め)スレッドはありま
せんが二次会行く人はふぉーらむへ。

二次会へのお誘い  -投稿者:Bacchus  2001-11-22 13:03:15

COSMOSさま
仕切り直しありがとうございます。
自分で火を広げておいて、あとは他人まかせというのは、無責任のそしりを免れ
ませんが、
(元)研究者としての立場からのご発言は、わたしのような軽薄なだけの浅学の
門外漢の戯言とは異なり、千鈞の重みをもつものです。
というわけで、
COSMOSさま
あとはよろしくお願いいたします。
場外乱闘は、こちらで引き受けます。
と断言できないところが、小心者なのだよなぁ。
今日は、東京青梅の「澤乃井」にしよおっと。

昼休みの職場から  -投稿者:いあつま  2001-11-22 14:32:42

今日は、午前中、予定外の来客もあり、1時間遅れの昼休みになっ
てしまいました。

Bacchusさん、おそくなりましたが、御礼のご挨拶、ありがとうご
ざいました。

さこんさんのおっしゃるように、ふぉーらむに移るような状況なの
かな、と思っていたら、すでに、COSMOSさんが「責任とって
一本締め」されて、うまくまとめられた由。よかった、よかった。

MK(初代)さん、私も高市早苗衆議院議員を応援しています。
教科書問題のときも、超党派の議員連盟に参加されて、活躍されて
いらっしゃったし、8月8日、憲政記念館で行われた、小泉首相の
15日靖国参拝支援集会でも、演壇に登場され、積極的な発言をさ
れていました。

ちなみに、このときの演壇のトップバッターは、ジャーナリストの
工藤雪枝さんでした。この方も、私が応援しているジャーナリスト
のひとりですが、薄い青緑のスーツの工藤雪枝さん、映えるイエロー
のスーツの高市早苗議員、お二人とも、演壇の上で、スーツ姿が似
合っていました。

科学の研究家と歴史の研究家って(#1)  -投稿者:蕎麦食い馬鹿一代  2001-11-22 19:24:36

必要とされる学問の分野が違うので余り理解し合う
には互いの学問に必要とされる要素の中で違う要素
と同じ要素を互いに認識しとかないと議論も空回り
になってしまうのでは無いかなーと思いました。

私、ハンドル名が物語っているように只の蕎麦食い
馬鹿なのですが馬鹿は馬鹿なりに違いというものを
考えたのです。

科学を研究・開発するに当たって、人は持っている
頭脳の働きを科学式の解法・組み立てに費やす事
でしょう。

そしてそれは新しい科学式を生み出す事で進化して
行く。時にはその科学式が数百年年先まで生かされ
る事もある。それは科学という学問が生み出した
歴史である。

もちろん過去の科学式にも間違いはあるだろうから
それは現在の科学者がその根拠を示して改めていか
ねばならないだろう。

これに対して歴史の研究家は持っている脳の働き
をデータ収集・そのデータの総合評価・最終判断
に費やします。

歴史学が現代社会に対して寄与出来るところは
現在、発生している諸問題に対しての原因究明
・推察・そして判断を行う際の助けとなる事で
ある。又、それは時として先を読める時もある
。これは歴史というが生み出される過程という
ものが、人の心理というものに左右されている
からだ。

この歴史における先の読み方は科学の分野と
は違った形態であろう。科学は作り出した式が
その後何百年も生かされたのであらばその式は
結果的に一歩先を読んだ式だといえるかもしれ
ない。

しかしそれは結果としてそうなっただけであり
、その数式を生み出した人は先を読んで式を考え
てるという気はなく、あくまでも今までに無い
画期的な式を発見したかったという思いだけで
あろう。

(#2に続く)

科学の研究家と歴史の研究家って(#2)  -投稿者:蕎麦食い馬鹿一代  2001-11-22 19:26:41

(#1からの続き)

科学においてはそれを発見・考察・判断
を下すのはあくまでも目だけで認識出来るもので
無い科学式の解読力が無いと出来ませんし、
歴史は目にみえる過去のデータの読解力とデータ
を収集出来る許容の幅が無いといけません。

これをタイプしながら私が感じるのは、科学は
解いてから読む学問であり、歴史は読んでから
解く学問であるという事です。

現在、科学者を志す者が減少している原因を蕎麦食い
馬鹿的に考察すると、科学式の解法が楽しくないと思っ
ている学生が多くなっているからでしょう。

数学の事柄になってしまうのですがインドでは数学の
因数分解の答えの式も日本よりも徹底的に展開しまって
から答えの式を出しているみたいです。(式は忘れまし
た。1月か2月前位のニューズウィーク日本版に載って
いましたので時間を興味がある人は捜してみて下さい。)

もっと科学を学ぶ事が楽しいと思う学生達を作り出す
土壌作りが望まれます。

解いてから読むのが好きになるか、読んでから解くのが
好きになるかは子供の頃に決まってしまうのが普通
じゃ無いかとも思いますが今のところは後者が多く
なってしまうのは道理かとも蕎麦食い馬鹿的には
思います。

科学の研究家と歴史の研究家って(#2)  -投稿者:蕎麦食い馬鹿一代  2001-11-22 19:39:08

(#1からの続き)

科学においてはそれを発見・考察・判断
を下すのはあくまでも目だけで認識出来るもので
無い科学式の解読力が無いと出来ませんし、
歴史は目にみえる過去のデータの読解力とデータ
を収集出来る許容の幅が無いといけません。

これをタイプしながら私が感じるのは、科学は
解いてから読む学問であり、歴史は読んでから
解く学問であるという事です。

現在、科学者を志す者が減少している原因を蕎麦食い
馬鹿的に考察すると、科学式の解法が楽しくないと思っ
ている学生が多くなっているからでしょう。

数学の事柄になってしまうのですがインドでは数学の
因数分解の答えの式も日本よりも徹底的に展開しまって
から答えの式を出しているみたいです。(式は忘れまし
た。1月か2月前位のニューズウィーク日本版に載って
いましたので時間を興味がある人は捜してみて下さい。)

もっと科学を学ぶ事が楽しいと思う学生達を作り出す
土壌作りが望まれます。

解いてから読むのが好きになるか、読んでから解くのが
好きになるかは子供の頃に決まってしまうのが普通
じゃ無いかとも思いますが今のところは後者が多く
なってしまうのは道理かとも蕎麦食い馬鹿的には
思います。

どうも  -投稿者:マサヒコ  2001-11-22 20:27:25

 最近、足の遠のいていた、マサヒコです。

 しし座流星群。絶景でした。朝5:00に起きて、空を眺めると
天空を飛び交う★★。広島ではピークで1000個/時 だったそ
うです。文献によると、ギネス記録は15000個/時。
40個/second。見たかったな・・・・
 
 先日、アフガン空爆を倫理の授業で取り扱ったため、戦時の
日本軍の様子をアメリカ軍のフィルムで見ました。まず、むごい。
壮絶。悲惨。惨殺。阿鼻叫喚・・・現在、我々はヌクヌクと過ごしているのが嘘み
たい。現在のアフガンの住民を、心底かわいそう。

 けど、一方。感心した。現在の日本は、優柔不断で国は官僚
など公権力に蝕まれ、人々は「平和」のもとに暮らす。アメリカ・
ロシアなどの大国にペコペコと、腰が低い。
けれども、たった半世紀近く前、日本は「東南アジア諸国の植民地
からの脱出」を大義名分に、列強、アメリカ・イギリスを相手に
無謀な戦いを仕掛けた。文明開化から1世紀経っていない頃。国民
が一丸となって・・・

 決して、人間として、戦争で叔父・祖父の弟・曾祖母
などを亡くした被害者として、国際平和都市「ひろしま」
市民として、太平洋戦争を美化しない。けれども、あの頃の
ニッポンには、パワーがあった。優れた人材がいた。国民一人一人
に元気があった。彼らの犠牲の結果、生まれた日本。世界最高の
国にまで発展したのは彼らの犠牲の上に成り立っている。本当に
彼らに申し訳が無い。

 長いレスで申し訳がありません。けど、僕には相当のショックでした。

広島・長崎  -投稿者:メタロチオネイン  2001-11-22 21:41:59

マサヒコさんは、広島の方だったのですね。
私は放射線関連の仕事に従事しています。
地球上で最初に人間集団に対する原爆の放射線影響に関するテ゜ータを
みずから提供する結果となったのが、私達日本の広島、長崎の被爆者の方たちで
した。
命の重みを持つその貴重なデータは、主として欧米の科学者によつて発表され、
導き出される推論により、現代の放射線防護に関する基準作りがなされました。
そして、後年のチェルノブイリ事故などの人体影響の予測値が左右されるという
現実です。 
これからも興味をもって学問に取り組んでください。
 ついでに宣伝を一つ。
12月18日(火)東京国際フォーラムにて、第2回慶應科学技術展が
開催されます。様々な研究成果に直接触れていただきたく、ご案内いたします。

ほっ・・・  -投稿者:SOGA  2001-11-22 23:55:46

COSMOS様
見事な切り替えありがとうございます。
なんだか頓珍漢なこと書いたことを後悔していたので、ほっとしています。
うぅ、これで安心して旅行に行けます・・・

しし座流星綺麗でしたよ〜。
東京でここまで見えると思っていなかったので、
少々興奮気味ですっかり願い事するのを忘れてしまいました。
流石に1時間半ほどで、寒さに負けてましたが・・・

W杯共催で・・・  -投稿者:Y・S  2001-11-24 01:06:44

今ニュースで見たんですがW杯開催にあたり欧米諸国が韓国の
犬食が野蛮だと非難をしているようです。FIFAの会長も韓国
サッカー協会に犬食を禁止しろと言っていました。
僕は歴史問題などのこともあって韓国のことはあまり好きではないの
ですがこれに関しては韓国を支持します。
他国の食文化を自分たちの食文化と異なるからといって野蛮だと
決め付けることのほうがよほど野蛮な行為だと思います。
非難している人の意見がテレビで流れていたので聞いてみると、犬は
ペットでかわいいからとか、犬は賢いからとかそんな意見が大半でした。犬は
ペットで賢くてかわいいから殺してはいけない、牛や豚は
家畜でペットじゃなく賢くないから殺して食べてもいいなどという
意見こそ人種偏見や差別とまったく同じ考え方です。
日本の鯨に関してもこれと全く同じことが言えるのではないでしょう
か?鯨や犬も牛や豚や鶏も同じ獣であることに変わりはないはずです。
みなさんはどうでしょうか?ご意見聞かせてもらえれば幸いです。

同意見です。  -投稿者:オーベルシュタイン  2001-11-24 02:54:55

私もY.Sさんに賛同します。
たしかに韓国は井沢先生もおっしゃるとおり、逆恨み的な反日感情をもってお
り、私は嫌いです。
でも今回のケースはそれこそ「内政干渉」的な要素がある問題だと思います。
でも韓国も他国から、自国(文化など)のことをあれこれ言われることの不快さ
というものが少しでもわかれば、多少は他の国への異常なまでの苦情も減ればい
いかなとは思いますが、無理でしょうね。

政界大再編を!  -投稿者:いあつま  2001-11-24 14:23:58

昨日(23日)、銀座ガスホールで行われた、「発言者」塾のシンポ
ジウムに行って来ました。11月下旬にしては温暖な気候のせいも
あり、勤労感謝の日、歩行者天国の銀座通りを、会場の銀座ガスホ
ールまで、外国人の大道芸人を見ながら、のんびり歩くのは、すが
すがしく心地よいものでした。

第1部は西部邁さんと小林よしのりさんの基調対談、第2部は西部
さんと保阪正康さん、里見脩さん、佐藤洋二郎さんの4人によるパ
ネルディスカッションという形式で行われました。

「戦争論2」の売れ行きはどうなのだろうか。今日の紀伊国屋書店
新宿店(12日〜18日調べ)のランキングを見ると、ベストテン
から消えてしまっているが。そのせいではないでしょうが、小林さ
んは、少し元気がないような印象がありました。張りのある大きな
声で、いろいろおっしゃってはいましたが・・・。

時事通信社政治部記者出身で、現在評論家の里見脩さんが、小泉首
相の政務担当の秘書である飯島秘書官の話を紹介していました。そ
の話によると、飯島秘書官が、小泉人気の維持のための情報戦略と
して選んだメディアは、テレビのワイドショウ、スポーツ新聞の政
治社会面、それと女性誌という3つのメディアだそうです。

この3つのメディアの記者達は優遇し、その他のメディア、例えば
一般紙や、テレビでもワイドショウ以外の記者達は、あまり重要視
しない戦略を採っているらしい。この戦略により、小泉人気は見事
なまでに維持され、その結果、小泉内閣の大衆迎合路線は、巧妙に
なることはあっても、軌道修正されることはない、ということらしい。

今回のパネリストの方々を含めて、日本の現状を憂い、日本再生のた
めに発言されている方は、多数いらっしゃると思いますが、もう一つ
大きな潮流となって、日本を現実的に動かす、というところまでは、
いっていないような気がする。やはり、言論活動だけでは限界があ
るのだろうか。

日本の政党は、ねじれ現象というか、思想信条の異なる人たちが同
じ政党に混在し、思想信条を同じくするものが他党にもいる、とい
うような状況だと思います。このような状況の打破、つまり、政界
大再編こそが、遠回りのようで、実は日本再生のためには、もっと
も近道なのではないか、そう思える、今日この頃の日本の状況です。

Y・Sさん  -投稿者:いあつま  2001-11-24 15:32:41

投稿の順序が逆になってしまいましたが、Y・Sさんの考え方に賛
成です。しかし、この件に関して、たとえ韓国を擁護しても、韓国
人は、ありがたいと思うものなのでしょうか。

といってみても、韓国人の反応がどうであれ、Y・Sさんの意見は、
普遍性をもたせるべき、価値のあるご意見だと思います。

いあつまさん、オーベルシュタインさんへ  -投稿者:Y・S  2001-11-25 03:25:49

ご意見ありがとうございます。こんなに早くにお二人の方々から
賛同してもらえるとは嬉しい限りです。
正直この件で韓国を擁護して韓国人が喜ぶかどうかまでは頭に
ありませんでした。
そうですね、もし日韓間の今の緊張状態をどうにかしたいのだった
ら、日本人の中には韓国の食文化をちゃんと理解している人も
いるみたいな報道を逆に向こうに流してやって(それこそ朝日
お得意のご注進報道みたいに)今のギクシャクの大きさからみれば
本当に小さい事かもしれないけどこれを利用して韓国人の妙な
反日感情を改めさせてやろうと企むくらいのことをしてもいいのでは
ないでしょうか。要するにサヨク(よしりん風に言うと)がやった
韓国と仲違いさせた様々な画策の逆のことをやってみてはということ
です。
僕は今の韓国とはたしかに仲良くはなれないと思いますが、国同士は
極めて近いし将来なにかと接する機会もあると思うので出来るなら
仲良くなった方が良いと考えてます。国益上隣国に敵は少ないほうが
得策だと思うので。もっとも韓国人があの病的な反日感情を捨て去る
ことが出来たらですが…。

話は変わりますが、戦争論2ってあまり売れていないのですか?
今週のSAPIOのゴー宣でよしりんは、戦争論2が「どえらい
勢いで売れている」と堂々と書いてましたけど、いったいどうなの?
僕もあれは良書だと思うので一人でも多くの人に読んでもらいたいと
思っている一人です。自分の周りでも薦めたりしているのですが
宣伝が下手なのかなかなか成果は思わしくないです。言うまでも
無いことと思いますが井沢先生の本も宣伝支部長になったつもりで
会話で本の話題になったときにさりげなく薦めていますが。

私も同意見です。  -投稿者:haruo-ie  2001-11-25 07:50:58

Y・Sさん、私も同意見です。

戦前沖縄の人が内地で野犬を焼いて食ったところ、沖縄の人は野蛮人
だと非難されて差別されたそうです。
何故、他人の食べ物にたいしていちゃもんをつけるのか、理解できません。嫌い
なら自分は食べなければすむことなのに・・・。

犬はペットでかわいいし、賢いから食べてはいけないと言う人たちは
犬が人類最初の家畜だった事実をしらないのでしょうか?

雑談ですが  -投稿者:GOAL  2001-11-25 13:24:51

私は今まで2回ほど犬を食べたことがあります。(誘われてしかたなく・・・)
1回は韓国に住んでいた頃。もう一度は日本国内の韓国料理屋で。(日本国内で
も犬を出す店は結構あるみたいです)
犬は臭みが多いので薬味や唐辛子をたっぷり使って煮込むと、臭みが消えて食べ
やすくなります。
おいしいものだとは思いませんが、韓国では夏バテ防止の切り札として食べられ
ています。

ところで韓国人の犬食ですが、韓国人の間でも抵抗を持つ人は少なくありません。
韓国人自身もこの犬食に関してはかなりコンプレックスを持っているようです。
ソウルオリンピックの前後にこのテの店が看板をおろしていたことを見てもそれ
がわかります。(営業はしていたんじゃないかな)
私はこのニュースを聞いた時、
FIFAに言われるまでもなく、オリンピックの時のように韓国が自分自身で看板を
おろすんじゃないかと思ったんですが。
気になるので韓国の新聞HPでチェックしてみました。京郷新聞でみると・・・
やはり外国人にあれこれ言われるのは気分悪いそうです。
でも主催国としてお客さんの意見も無視できないし・・・
「ソロモンの知恵」でも借りてこなきゃならなんじゃないか?(論説委員)
とのことです。
井沢元彦 「恨の法廷」 の登場人物(日本側)が韓国の犬食に関して言っていま
したね。
「人でもとって食わない限りはとやかく言われる筋合いはない」(私の記憶どお
りなら)というのが本筋だとは思うんですがねえ。

「戦争論2」の売れ行き  -投稿者:いあつま  2001-11-25 13:38:32

Y・Sさん、「戦争論2」の売れ行きのことですが、確かに私の書
き込みした文章では、売れていない印象になってしまいますね。
誤解を与えかねないので、訂正いたします。

「待ちに待っていた、よしりんファン」の当初の爆発的な購入時期
を経過して、売れ行きが、安定期に入っているのでは、と考えてい
ます。

書店のランキングは、書店の大きさや地域差が、他の書籍との関連
で順位に微妙な影響を与えますので、一書店のランキングだけでは、
売れ行きの絶対数は把握できないと思いますが、オーバーにいえば
私自身の心象風景として、もう少し上位のランキングで売れ続けて
ほしいという願望がありましたので、ランキングしていな事実に少
し落胆気味のところもあり、あのような表現になってしまいました。

ちなみに、今日は日曜出勤で職場にいるのですが、いつも立ち寄る
本屋をのぞいたところ、4,5日前まであった「戦争論2」は第3
回目?の売り切れでした。「戦争論1」も売り切れていました。

銀座ガスホールの「発言者塾シンポジウム」会場でも、もうみなさ
ん「戦争論2」は購入済みかと思っていましたら、結構購入されて
いる方がいらっしゃいました。

「ビンラディンに共感する」と、あえて表現した小林さんの、かな
り微妙なスタンスが、どれくらいの読者層に理解されるかどうかに
もよると思いますが、幅広い国民層に、少しずつ購入され、100
万部くらいは売り上げてほしい、と思っていますが・・・。

恨の法廷  -投稿者:GOAL  2001-11-26 10:24:58

改めてよく見直して見たら記憶違いで、ちょっとニュアンスが違ってたようで
す。
正確には、

「それにもう一つ例を挙げれば、あなたたちはよく犬の肉を食べるでしょう」
「だから野蛮だと言うのか?」
早速林が目をむいた。
和田は首を振って、
「そうじゃない。それを言うならわれわれだって鯨の肉を食べます。ただ、それ
はわれわれの食文化の個性であって、人肉でも食わない限り、他国から非難され
るいわれはないということです。・・・(略)」(井沢元彦 / 恨の法廷から)

いい機会なので「恨の法廷」を読み返してみました。
ミステリーという切り口で韓国の言いがかりに挑んだのはさすが。
私も勇気をいただいた一人です。
そう言えば韓国に住んでいた在日韓国人も「スカッとした」と言ってたなあ(笑)

お久しぶりです  -投稿者:一(はじめ)  2001-11-26 19:08:58

 一週間ぶりにきたら、ウサチュウさんが集中砲火を浴びている。
ウサチュウさんも先人の光と陰の面、両方見るのが大切だと言っているので
そこまで、責めなくてもいいじゃないですか。

 歴史もことさら美化するのも危険だし、きたなく罵るのもどうかと思うし。


 「和」を保とうとして、やはり、自分も日本人かな(笑)

ファントム・メナスDVD絶賛発売中  -投稿者:ダーヴェル  2001-11-26 23:10:15

今、自分の部署に台湾からの留学生がバイトに来てます。
色々と話しを聞けて面白いのですが、それはさておき。
「日本語学校で韓国人の友達がいて、
犬はオイシイ!!
とよく言っていた」
と言う話をつい先日聞いたばかり。なかなかタイムリーな(?)
中国や台湾でも喰うだろ?とイジワルく振ってみると
「自分は喰わない」との返事。
どうも裕福なウチで好んで喰うようなものではないそうで。

いやモチロン、他国の食文化にケチをつけるつもりは毛頭ございません。
鯨ベーコンとかよく喰ったもんなぁ。

(タイトルと本文に関係はございません)

雑談の続き  -投稿者:GOAL  2001-11-27 12:24:45

うーん。犬はオイシイですか。
正直言って、あれは薬味なしでは食べられないシロモノです。
その韓国の方はよっぽど好きなのかな。
確かにくさい物ほどオイシイの感覚は、韓国で顕著な傾向とは思うんですが。
韓国の女性が言っていました。
お父さんが家で作って食べたが、その臭いで家族は食事できなかったそうです。
ちなみに外で食べてくるのは許す、とのこと。
そろそろみなさんにこわいもの食いたさが出てきたんじゃないですか? 心配・・・

みなさん ごきげんいかがですか。  -投稿者:MK(初代)  2001-11-27 17:06:32

行ってまいりました、大阪梅田に新しくできた巨大な建物、ヨドバシカメラへ。
平日の午前中に上の階から見てきましたが、梅田にダイエー(?)とコムサが
やってきた!
という感じでした。でも、さすがカメラのコーナーはデジカメはじめ色々揃って
いました。
大阪駅の上には、三越が出来るそうですし、他のスーパー百貨店電機屋さん共
々、共倒れに
ならないように頑張ってほしいと思いました。
ちなみに私が買ったのは、ゲームソフトとカメラのフィルムー安かったです。

でも、平日にもかかわらず、すごい人でどこが不況なのでしょう。
いいものが少しでも、安ければ買いたいという人がたくさん見に来た。バブル期
に異常に上がった物価が
元にもどりつつある感じ。この不況は、ただ特別に目新らしいほしい物がないか
らかな〜〜〜と
思ったりしています。

では、また。

現在の不況は不況ではない!?  -投稿者:yuu  2001-11-27 23:31:37

皆さんお久しぶりです(といっても知らないか)。
現在の状況を不況とはいわない、これは大前研一氏
の著書でありました。
確かに一理ありますね。携帯電話、ミネラルウォーター
など、不要不急のものが売れている現状を不況とは
言わないのかもしれません。
戦争論2、周りで誰も読んでないのが悲しい。

Re;現在の不況は不況ではない!?  -投稿者:MK(初代)  2001-11-28 10:02:12

わっ! Yuuさん、お久しぶりです。お元気でしたか。同感です。
この頃、なかのさんもCitraさんもいらっしゃらないし、さみしく思っていました。
ぜひとも、仲間に入ってください。

「戦争論2」を読んでいるという人は、私の周りにもあまりいません。
第一、 何を読んでいるのかなんてあまり聞きませんし。ただ、遊びに行った家に
カバーがかかっているけど、何やら見たことのある厚みと材質の本があったことは
あります。普通に生活をしている限り、狂牛病のことや学校の話、小泉首相や
田中大臣の話はでても、戦争論では堅すぎるのではないでしょうか。
タリバンのことはでても。

では、また。

わっ!yuuさんのHN間違えてる。  -投稿者:MK(初代)  2001-11-28 10:28:39

相変わらず、そそっかしくてすいません。
Enter を押すと自動的に最初の文字が大文字になってしまうみたいで。

ちょっとタイミングが遅いけど  -投稿者:SOGA  2001-11-29 02:09:44

私も犬食の件に関しては、ぜひとも韓国に頑張って欲しかった。これは我々の
食文化であると...
欧米人(だけじゃないけど)の食物に対する区別は、宗教に基づくものだから仕方
がないと友人は言っていたが、
本来食べると言うことは、全て(勿論植物も)の命を取り込むことだと私は常々
思っている。
(当然、宗教上神にあたる動物を食べることは論外)
食物全ての命に敬意を表すべきだと思うのは、やはり多神教の日本人だからなのか?

余談だが、15世紀末頃、ヴァスコ・ダ・ガマ航海中の話を思い出して腹が立ってき
た。
(本からの引用なので正しくないと思った方は訂正して下さい)
キリスト教では金曜日は肉は食べてはならないという教えがあるにもかかわらず、
ペンギンを魚と称して食した。(魚は肉ではないので教えには触れないという)
何故欧米人は、自分勝手で都合の良い論理ばかりを並べ立てるのだろう?

GOALさんも犬食が韓国人の間でも抵抗を持つ人は少なくないと、仰っていたが、
日本人も鯨を食べたいと思う人は少なくなっていると思う。
私も半年前位に鯨を食したが、調理法が悪かったのかあまり美味しくなかった。
多分、牛と鯨を食べ比べたら、牛の方が美味いと思う。
今後は珍重さ・珍味という形で、犬も鯨も食されていくのだろう。

日本の秋(安芸)  -投稿者:SOGA  2001-11-29 02:12:55

連休中に広島(主に宮島・岩国)へ行って来ました。
どちらも、紅葉谷公園があり舞い散る紅葉がとても優美でした。
先日の地震の影響なのか、広島城・岩国城は修復中でしたが、
厳島神社(屋根のみ修復中)の回廊は通れたので参拝致しました。

厳島神社や錦帯橋などを見ると、日本人の美的センスの良さと
匠の技術の素晴らしさを痛感してしまいますね。
錦帯橋は12月から橋の掛け直しが始まり、間近で組み木の技術が見れるそうです
よ。

ところで、厳島神社と大鳥居の延長上(対岸中腹)に巨大な建物があるのをご存知
でしょうか?
あまりにも気になったので、帰ってから調べると美術館であることが判明しまし
た。
が、私には別の意図が隠されているようで不快になったことは言うまでもないで
しょう。

しかし、旅は良いですね。今回も、いろいろな人にお世話になりました。
日本の秋を堪能できたし、美味い物(穴子弁当・焼牡蠣etc.)も食べたし、幸せを
噛締めております。
今度は、何処に行こうかなぁ。平泉も良いなぁ。

好きな食べ物はくさくないです  -投稿者:haruo-ie  2001-11-29 02:13:26

>GOALさん
>確かにくさい物ほどオイシイ感覚は・・・

くさいからオイシイのではなくオイシイからくさく感じないのです。
うちなーんちゅ(沖縄人)はヤギが大好きな県民ですが、嫌いな人は
においを嗅ぐだけで気分が悪くなります。逆に好きなひとはヨダレが
出そうになるほどにおいがすきです。(私はヨダレのクチだが)
ちなみに母はヤギはこのんでたべるが、牛肉はにおいだけでアウト。
よく肉屋を30年もやっていたもんだ。(母に感謝!)

平泉の秋  -投稿者:上野  2001-11-29 04:07:00

平泉の秋も悪くありません。
私は紅葉前の9月上旬に行ったことがあります。
金色堂を見て高館山にのぼりました。高館山は
ただの小山ですが、東面は急崖となって眺望
がききます。

先ず高館にのぼれば、
北上川南部より流るる大河なり。
衣川は和泉ヶ城をめぐりて、
高館の下にて大河におちいる。
康衡等が旧跡は、
衣ヶ関を隔てて南部口をさし堅め、
夷をふせぐとみえたり。
さても義臣すぐって此の城にこもり、
功名一時の叢となる。

とはここであったのかアと、写真を撮りました。

時節柄と言うか、時事問題がら、
羊頭狗肉のタイトルではありました。

朝銀問題  -投稿者:オーベルシュタイン  2001-11-29 20:39:03

今、世間をにぎわせてますね。
これは私の勝手な思いこみかもしれませんが、日テレ・フジは大きく扱ってるの
に、TBS・テレ朝は、意図的に小さく扱ってるような気がします。

“いいオヤジになろうぜ”トータス素敵  -投稿者:MK(初代)  2001-11-30 22:01:54

うわっ!いあつまさん ご親戚がNHKですか。( 少し遅いレスですが )
あんまり悪口言えないなと思いつつ、、、、
ついでに?お聞きしようっと
「大舞台」と言う時に、NHKはどうして「おおぶたい」と言い、「だいぶたい」
ではないのでしょうか。
スポーツ選手なんかも「こんなだいぶたいで・・・」とか言う人も多いのに、ア
ナウンサーさんはみな「おおぶたい」
な〜〜んか変。昔は普通に「だいぶたい」と言っていた気がしていますが、どう
してでしょう。
時々ひっかかります。

ウルフルズ紅白出場決定おめでとう! 噛り付いて見ちゃう。



| 戻る | 次の頁へ>>