TOP >> ふぉーらむ >> 投稿内容

古事記をドラマにする -投稿者: GARU  2002-12-06 14:40:29
みなさんこんにちは。GARUと申します。
ちと前から、神話を現実にあり得そうな話にできないかと
たくらんでいたんですが、皆さんの神話のエピソードを
それらしく、ドラマにしてみませんか?

GARUが考えた設定

(題一章:イサナキ・イサナミ海を渡る)
場所:朝鮮半島のとある国、中央では中国からの武力圧力を
   受けていて、この国にも戦火が飛び火しそう

キャスト
アメノミナカヌシ・・・国の長老
タカミムスヒ・・・・・国王・イサナキ、イサナミの父
カミムスヒ・・・・・・イサナキ、イサナミの母

ウマシアシカヒヒコ・・長兄、中央の情勢を偵察に行くも行方不明
アメノコトタチ・・・・次兄、このままだと国がもたないこと、
           若者を未開の地へ向かわせることを
           国王へ上層

イサナキ・・・・・・・三男 主役
イサナミ・・・・・・・イサナキの妹に当たるが、一家のしきた  
           りのため、まだ、城外に出たことも、男
           性に会ったこともない
           (でないと、イサナキに一目ぼれしない
           し)

神代七代・・・・・・・イサナキ・イサナミとともに日本を目指
           した若者

オノゴロ島・・・・・・日本を目指すために作られた船
大きな柱・・・・・・・船のマスト

こんな感じで、あなたが監督した神話ドラマを聞かせて下さい。

:古事記をドラマにするのも一興 -投稿者: okajoe-t  2002-12-06 18:53:17
その設定のドラマがあれば、おもしろそうですね。
最近の若い人は古事記もろくに習っていないですから、そういうドラマか、
アニメでおもしろく描いてくれれば、認識も高まるでしょう。
私は性格がひねくれているので、古事記を読んでも特異なキャラクターに注目し
てしまいます。
天宇受売命
事代主命
八咫烏
竹内宿禰
などです。
特に、今年サッカーのワールドカップでは、日本代表の胸に宿る八咫烏が選手達
を導いて、
優勝するストーリーを考えたことがあります。

ヤマタイカ -投稿者: 騎士のテツ  2002-12-06 19:00:10
神話の話とは少しちがうけど星野之宣さんのヤマタイカという劇画が
あります。これを、映画か、できたら、いいだろうなと思います。
本当に、やるとなると、相当金がかかり、実現は、むりだろうけど。

Re:古事記をドラマにする -投稿者: 大山健一  2002-12-08 00:14:56
 神話をドラマにしたらおもしろいと私も思います。できたら「記紀」神話ばか
りでなく「竹内文書」「東日流外三郡誌」などの偽書とされるものも取り込み埋
もれた神々を発掘したらおもしろいのではないか。
 どうせ描くならば逆転の発想で天津神を全くの悪役(侵略者)のような形にし
て、といっても単純な善悪二元論ではなく、「海のトリトン」のようにしてみた
い。
ウガヤフキアエズノミコト・・・スメラミコト。民に信頼あつい現統治者。
神武(カムヤマトイワレヒコノミコト)・・・しい逆者。
ヤタガラス・・・神武の隠密。汚れ役に徹する。
長スネ彦・・・神武の野心を察知してスメラミコトに排除することを進言する。
神武反逆後は亡き「大王」の意志を受け継ぎ、王朝を再興し、神武に対抗する。

 イメージとしては記紀神話に捉われるのではなく、新しい神話解釈も取り込
み、こんな神話もあったかもしれないというようなものをドラマとしてみてみた
い。

ドラマにする面白さと難しさ -投稿者: okajoe-t  2002-12-14 02:05:02
古事記全体をドラマにしようと思うと、話が壮大すぎて、登場人物(神)が多彩
すぎて、
どうしても自分の好みや、思い込みが入ってしまいますね。
しかし逆に言えば、それと割り切って想像を膨らませる楽しみがあるでしょう。
中途半端に資料が残っている時代だと、文献倉庫的な歴史学者からイチャモンが
ついたりして、興ざめしたりします。
あまり広く扱うより、たとえば「『天の岩戸』事件の真相」とか、「『素戔鳴
尊』の生き方」とか、
「出雲の『国譲り』の事情」とか、エピソードに分けてドラマにして、シリーズ
化するしかないでしょう。

Re:古事記をドラマにする -投稿者: GARU  2002-12-15 14:51:40
みなさん、いろいろなご意見ありがとうございます。
この記事を書いた時に、物書きになったつもりで
いろいろ書こうとしたんですが、okajoe-tさんの言う通り
話が壮大すぎて、思い込みの前に、この人(神)たちを
どのように設定するのかと、自分でもわからなくなっておりました。

今日は第二幕です。
〜イザナミ死す!!〜
<キャスト>
イザナキ
イザナミ
ヒノヤキハヤヲ・・・・イザナキ・イザナミの息子

<ストーリー>
時代は、イザナキ・イザナミ一行が新天地を求めて
旅立ってから十数年後のこと、場所は九州北部(諸説はいろいろありますが)の
話です。
イザナキ一行は海を渡った仲間たちと村を作り、また、海向こう
の技術を用いて領土の拡大をしておりました。
ヒノヤキハヤヲはイザナキとイザナミの間に生まれた子供の中の
一人です。彼は、武力に秀でていて、近隣の群落を攻略するため
戦にでていました。その戦で、うかつにも怪我をしてしまい。
本隊とはぐれてしまいました。そのとき、彼の命を救ったのが、
攻略しようとしていた村の娘でした。二人はいつしか恋に落ち、
ヒノヤキハヤヲは苦悩の末、イザナキに刀を向けることを決意したのです。
イザナキ軍のすべてを知るヒノヤキハヤヲにとって、イザナキ軍
を蹴散らすことは造作もないことでした。一時はイザナキ軍を
壊滅状態まで追い込み、我が母イザナミを手にかけるまでに
至りましたが、最愛の妻を殺されたことに激怒したイザナキは
ヒノヤキハヤヲを罠にかけ、我が手で息子の首を刎ねることと
なるのでした。