TOP >> ふぉーらむ >> 投稿内容

テロっていいとも! -投稿者: MONSTER2  2002-09-05 13:00:38
ようこそこのタイトルにつられてやってきた御人♪
とくに深い意味はないのであまり考え過ぎないように。
そろそろ同時テロ1周年ということであの当時の
MONSTER2の心情を「正直」に話してみよう。
それでは……

突然テレビの画面が切り替わった。
「何だこれは?」
そこには今まで映画の中でしかみたこともないような
光景が映し出されていた。
超高層ビルに旅客機が突き刺さっているではないか。
その時妙にワクワクした。「ダイハード」を観ているようだ。
「おお!すげえなこれは」ってね。
などとワクワクドキドキの最中、なんともう一機の旅客機が
さらに突っ込んできたではないか。
「こりゃテロだな」と思った。もちろん当時はアルカイダだの
ビンラディンだのそんなことは知らない。
「誰だこんなこと考えたのは?相当な悪党だな」
とど同時に「しかし大した奴だな〜」とも感じた。
そう思ったものはしょうがない。
よく観ると細かい点のようなものがビルからポタポタ
落ちてくる。どうやら人らしい。しばらく画面に見惚れた。
しばらくすると突然ビルが上から押しつぶされる様に崩れた。
これは完全に予想外。まるでビル解体のようだ。
「美しい…」。これが観ている時の心情。小林よしのりと一緒だ。
違うのはボクには反米とか親中とかそんな感情は一切なかった
ことだね。例えていえば花火を観ている時に近いかな。
(続く)

Re:テロっていいとも! -投稿者: MONSTER2  2002-09-05 13:09:45
(続き)
そして泣き叫ぶアメリカ人と何故か(当時は事情も知らない)
喜ぶパレスチナ人が映った。アメリカ人が泣き叫ぶのは
まあしゃあねえかと思ったが、あれをみて喜ぶ連中がいたとは
正直驚いた。よろこぶってことはようするに
「ざまあみろ!」ってことだろう。ということはアメリカってのは
パレスチナ人によっぽど恨みを買うような悪どい事したん
だろうって思ったね。その少し後よろこんだのはパレスチナ人
だけじゃなくアラブ諸国の人々だというのを知った。

とまあこんな感じだね。
まだまだあるぜ!(以下続く)

Re:テロっていいとも! -投稿者: MONSTER2  2002-09-06 16:22:40
ボクはとくに反米でもなければ親中でもない。とくに
国についてどうこう思ってない。
しかし多くの日本人のバカさかげんには思わず
笑ってしまうというかお人好しというかノーテンキというか
「頭のなかはからっぽ?」と思わずにはいられない。
例えばアメリカは言う
「今回のテロは文明社会への挑戦であり、自由の敵である」
「アメリカにつかない奴は全て敵であり、容赦しない」
そしてコイズミちゃんはこれを無批判でうけいれ
「テロはいかなるテロだろうと許さん!絶対悪である」
「アメリカを全面支援する!ともにがんばろう!」
「主体的にテロ報復戦争に参加する」

まあ文は適当だが意味はこんな感じだ。北朝鮮と戦争もできない
国の首相が「主体的」とはね〜、それ以前に自分の国が攻撃
されてもへっぴり腰なのに何故他国が攻撃されてこうも
肩入れできるのか不思議でしょうがない。

「自由の敵」「文明社会への挑戦」「文明国VS野蛮人」
とまあこれがアメリカの言ってることだが、これってかつての
例の戦争で日本が全く同じこと言われていたんじゃないか?
つまりアメリカは
「かつての日本のような野蛮人の蛮行である」と言ってるのだ。
かつて戦ったじいさん達を侮蔑されてそれを無批判で受け入れる
とは日本国の首相はプライドも何もないのかな?
それともただのバカなのかな?そしてこの後コイズミ支持率が上がる。
ということは多くの日本人は「はい、そうでございます。かつて
戦った祖父たちのような野蛮人どもは徹底的に叩きつぶして
やりましょう!」と思っていたようだ。これではアメリカの
飼い犬と思われてもしかたないね。
(以下続く)

Re:テロっていいとも! 小泉首相の言動1 -投稿者: コロリン@ROM  2002-09-10 06:32:47
 (以下続く)とありましたので、続きを待っていましたがしばらく書き込みが
ないので、
ここでちょっとおじゃまします。

 話しがずれますが、小泉首相は昨年の靖国神社参拝の数ヶ月前にも確か国会で、
「何を言われようとも絶対8月15日に靖国神社へ参拝いたします!!」といっ
た感じのことを
きっぱり断言していました。結局2日ずらしての参拝でしたが、それだったら最
初からそんなに断言
しなくてもいいのにと思いました。だって中国や韓国の反発をはじめから覚悟し
た上での「15日参拝宣言」
したはずなのに、結局周囲の説得(?)によってああなったということは、
小泉さんは意外と深く考えないで、その場の思いつきや感情の流れにまかせて、
かっこいいことを
発言する傾向があるんじゃないかな、と思ってしまいました。
 15日の参拝ってそんなに難儀なことなのでしょうか。構造改革よりも簡単に
できるはずなのに、
出来ませんでした。13日だってあれだけ反発を食らったのですから、どうせ参
拝するなら
明言していた15日にしておけばよかったのにと思いました。
 人はいいのでしょうが、一国の首相としてはどうなんだか……とそのときに感じ
ました。
 それなりに期待していたのですが。

Re:テロっていいとも! 小泉首相の言動2 -投稿者: コロリン@ROM  2002-09-10 06:33:31
 テロのときにも「いかなるテロも認めない!」と、きっぱり断言されていまし
たが、
これはまぁ、日本国の首相としては当然の発言だったのかもしれませんが(一
応、日米同盟を結んでいるし)、
それにしても本当に深く考えて発言しているのかな? という疑念は禁じえませ
ん。
 本当に「いかなるテロ」も断じて許さないと思っているんですかね? だとし
たら考えが浅すぎます。
 人はいいのでしょうが、一国の政治家としてはいかがなものかと再び思ってし
まいました。
 自分が言うのもなんですが、もう少し歴史(特に近現代史)の勉強をしたほう
がいいと思います。

テロっていいのか?! -投稿者: Ponya  2002-09-11 02:04:27
>「いかなるテロも認めない!」
ということは、イスラエルや米国も国家として認めないってことですね^^

>小泉さんは意外と深く考えないで、その場の思いつきや感情の流れにまかせて、
>かっこいいことを発言する傾向があるんじゃないかな、と思ってしまいました。

これは、事実そのとおりだと思いますよ。その他の演説なんかでも、
なんとなくその場に合ったカッコイイ言葉を時代小説の教訓から引き出して、
言葉の通りが良いからすんなり耳に入るけど、あとでじっくり聞くとどうも
前後の脈絡はほとんど無いことがありますし。

今までのリーダーが歯切れの悪い口調の人が多かったところへ
ハッキリ断言して内容もなんとなくカッコイイことを言う。
森 前首相の趣味が赤坂通いやゴルフだったのに比べて、小泉首相は
読書やオペラ、映画鑑賞…好きなミュージシャンはX‐Japanとか
若い層にウケが良さそうなところにある。そこに政治目標が「首相公選制」
と来たら、そら〜人気出ますわな、深く者を考えない一般国民の間ではね。

テロとは関係無いですけど、「構造改革が経済復興への唯一の道」というのも
米国主導のグローバルスタンダード的発想しかないと思うし、特殊法人や郵政省の
解体が日本経済全体の経済改革になるとも思えないです。結局、一つ一つは良い
こと
かもしれませんが、全体を通してどうなるか?という視点が抜けてる気がします
ね。

同時多発テロと「タマちゃん騒動」の類似性 -投稿者: MONSTER2  2002-09-11 03:23:39
全然おじゃまではないので適当にどうぞ♪
続きを書くつもりだったけど、自分が忙しいのと最近アメリカ
を中心とする状況がめまぐるしく変化しているので予定を
変更しているところさ。

「米国同時多発テロ」それと「多摩川のタマちゃん騒動」がダブる。
共にそのことの本質よりも「非日常」という上っ面の部分に
人々の関心が集まっているってところがだ。
アメリカ本土、ましてや世界経済の中心、貿易センタービルに
旅客機が突っ込み何千もの人々が死ぬという「非日常」
かたや北極圏に生息するはずのアザラシが、温暖湿潤気候の
日本の首都である多摩川に突然現れるという「非日常」
パレスチナで自爆テロが起ころうが、ジェニンで大虐殺が
起ころうが日本人は対して感心を示さない、人が死んだ数なら
こちらのほうが遥かに多く悲惨であるのに。それはそれらが
「日常」だからだ。つまり日本人にとって中東では「戦時中」
が日常という感覚があるからである。
かたやアザラシが観たいだけだったら水族館にでも
いけばいいし、北極にいるアザラシをテレビで映しても何の
関心も示さない、それらはあたりまえ、つまり「日常」だからだ。
(以下続く)

同時多発テロとタマちゃん騒動の類似性2 -投稿者: MONSTER2  2002-09-11 03:30:43
アザラシ騒動だって、えさも食えずに日々やせ細っていくアザラシを
さらし者のように笑いながら眺めるなんて残酷なことをするもんだな
と思ったけどね。冷静に考えればそれくらいのことは考えられる
はずだね、実際いわゆる専門家はみんなボクと同じようなことを
言ってたのがまだ救いか?ところが多くの日本人はただ
「非日常」の出来事を楽しむだけ、それがどういうことかなどは
考えもせずにね。テロだって同じで、中東で数百万死ぬより
アメリカ本土で約五千人死ぬことのほうが「非日常」であるから
そちらのほうに関心がいくだけいき気が付けば「いかなるテロも
絶対悪」という世論の出来あがりというわけさ。
「非日常」に関心を持つのはいいしある意味当然だね。
だがそれがどういうことかをじっくり考える必要が日本人にはある。
そしてそれと同時に「日常」をも疑い比較し考えることを憶えなけ
ればならないね。
「タマちゃん騒動」そして「テロ」、この二つを見る限りでは
今の多くの日本人は「子供」というしかないね。
「子供」は何が残酷かなどはあまり考えない、ただ珍しいこと
面白いことに集まるだけ。

ちなみに今回の投稿は予定変更で思いつきである。
(以下続く)

Re:テロっていいとも! 小泉首相の趣味 -投稿者: コロリン@ROM  2002-09-12 01:07:53
>ということは、イスラエルや米国も国家として認めないってことですね^^

 確かに。これらの国家がほとんどテロで成り立ったのは否定しようがないです
しね。

 なんだかもう、テロの話とは全然関係ありませんが、小泉首相の趣味が読書や
オペラ、
映画鑑賞なのは全然構わないし、好きなミュージシャンがX-Japanなのも
別にいいのです(“Endress Rain”は名バラードだと思う)。個人的には森前首相の
赤坂通いやゴルフよりも現首相の趣味のほうが、理解と共感ができます。
 ただ、趣味の問題と政治家としてどうかというのもまた別の話ですね。
私は今の日本における「首相公選制」導入には絶対に反対です。ついこの間まで
「総理大臣になってほしい政治家アンケート・ランキング」の第2位に田中真紀
子が
選ばれていた国です。はっきりいって今の日本国民の何割かはまともな目で首相
を選ぶことは
不可能でしょう。

 小泉首相の趣味といえば、ちょうど昨年の今頃に、首相自らが選曲、ライナー
ノーツ
も手がけた(と思ったが)エルヴィス・プレスリーのベスト・アルバムが出て、
ヒットしました。
これもいいタイミングで出たと思います。もしもいまの時期に出たのならば、
あれほどのヒットにつながったかどうか、ちょっとわからないです。
これは首相の人気が最高に盛り上がっているあの時期にこそリリースを決断した
レコード会社の商売魂の勝利でしょう。そのあたりはさすがだと思います。
 それにしても首相選曲という触れ込みでCD買ったり、写真集を買ったりしていた
支持者の人達の何パーセントが、いまでも小泉さんを支持している
のか知りたいです。

 結構そういうものにつられてしまって、いまではもう支持しない……っていうの
では、
なんだかなぁという気もします。構造改革もうまくいくのかな。経済関係には疎
いのであまり
詳しいことはわかりませんが、道路公団問題は紛糾していますね。 他国のまね
をすればいいものではない、というのはわかる気がします。

「テロ」「タマちゃん騒動」と「非日常」 -投稿者: コロリン@ROM  2002-09-12 01:10:17
 「タマちゃん騒動」のアザラシが騒ぎになっているニュース、知ってはいまし
たが、
正直言って詳しい事情はx_曚鵑任い泙擦鵑任靴拭
 最近一部の番組を除けば、テレビをあんまり真剣に見ることも少ないし。
 言われてみれば、笑いながら眺めていたようなところもあったような気もしま
す。確かに残酷ですね。
子供だけではなくて大人も混じって見ていたのですか?

>「非日常」に関心を持つのはいいしある意味当然だね。
>だがそれがどういうことかをじっくり考える必要が日本人にはある。
>そしてそれと同時に「日常」をも疑い比較し考えることを憶えなけ
>ればならないね。

 その「非日常」のひとつ、「タマちゃん騒動」に大して関心を持たなかった
私が言うのもなんですが、それはそうですね。
 ところで、いまでも日本では「いかなるテロも絶対悪」という世論が多くの
国民の支持を受けているのでしょうか?

スペルミスの訂正 -投稿者: コロリン@ROM  2002-09-13 05:43:43
 X-Japanの曲名は正しくは“Endless Rain”です。