TOP >> ふぉーらむ >> 投稿内容

ダブルスタンダード -投稿者: いし  2002-06-20 08:38:40
入国するときは成人と偽り、いざ捕まったら未成年扱いしてくれとは
都合が良すぎると思うのですが、法律上は妥当な判決なのでしょうか?

以下引用:2002年6月20日(www.asahi.comから)

「未成年の可能性」と公訴棄却 山形の母娘殺傷事件

 山形県羽黒町で昨年4月に発生した母娘殺傷事件で、事件当時20歳
として強盗殺人罪などで起訴された実行グループの中国人男性に対して、
山形地裁(木下徹信裁判長)は19日、「未成年であることを否定でき
ない。被告に有利に判断して少年法を適用する」として公訴棄却の判決
を言い渡した。山形地検は同日、少年事件としてこの男性を山形家裁に
送致した。家裁が「刑事処分が相当」と逆送致すれば、改めて成人と同
様に起訴する方針。

 この男性は「1981年1月18日生まれ」と記載されたパスポート
で入国。同地検はこの記載などをもとに起訴した。しかし弁護側は、留
学資格を満たすため、男性の母親が戸籍調査で虚偽申請しており、男性
は事件当時、83年10月生まれの17歳だったと主張。弁護側は男性
の中学校の学生証などを同地裁に提出していた。(23:19)

Re:ダブルスタンダード -投稿者: 上野  2002-06-27 05:40:26
中国人社会は生存競争が激しく、
ウソをついて言い逃れることに何ら痛痒を感じない
のが彼ら(8割以上?)の感性と聞きます。
自動販売機は彼らにとって「道ばたに金庫」であり、
他人を疑うことが少ない日本人は「好いカモ」です。

法律は基本的には「その社会の公序良俗」を保つために
成文化されたものですから、異質社会から大量の人間が
入り込むと、法律では追いつきません。
日本では二・三年の禁固で済む犯罪も、中国では死刑です。
そのため、中国人は日本の社会と法律をなめています。
中国人出稼ぎ労働者の仕事の一つに、日本での犯罪による
稼ぎがあります。また、彼らは自己の犯罪を正当化するために
中国共産党のデマ「南京大虐殺」を持ち出しています。

今回の問題は、法律上の妥当性を問題とするより、
中国人と日本人の、社会・価値観・文化の違いを
先ず問題とすべきと思います。

Re:ダブルスタンダード -投稿者: Ponya  2002-06-28 21:01:32
現行の法律上、判決としては妥当なのでしょう。
上野さんの「社会・価値観・文化の違いを先ず問題とすべき」というご意見に賛成
です。
しかし、現行法を適用する際の微妙な違和感もあります。

まず少年法というのは日本の国内法であり、本来その精神は「日本の教育」との
密接な関係があると思うのです。少年法の第1条には、

 「少年の健全な育成を期し、非行のある少年に対して性格の矯正及び環境の調
整に
  関する保護処分を行う」

とあるように「罰則・贖罪」としての意味よりも「保護矯正」を目的とした法律
である
ことは明らかです。当然「保護矯正」の為の費用は日本国の税金で賄われるので
すが、
このとき「保護矯正」を受ける権利は、他国の(著しく異なった)教育を受けて
きた、
不法入国のすえ刑事事件を起こした未成年者にもあるのでしょうか?
もしあるとすれば、永住している在日外国人の少年に対する配慮も含めて、何ら
かの
見なおしが必要なのではないかと思います。