TOP >> ふぉーらむ >> 投稿内容

日本再生のシナリオは?(その2) -投稿者: MK(初代)  2002-04-04 10:16:55
「日本を変えよう」<21世紀の日本の戦略・戦術>渡部昇一著(致知出版社発
行)
 が、面白かったです。

 その中で、比喩的にいえば、いまの世界情勢は、四百年前の日本の近世の構図
そのままで、
アメリカは徳川幕府であり、その他の各国は諸藩である、とされています。徳川
幕府の覇権が
確立してしまった以上、生き延びていくには徳川にすり寄る以外ないのである。
そして、あの
テロはどうやら、由井正雪かキリシタンの叛乱程度だったと評価するのが正しい
ようである、と。

“日本を再生させるのに、今年、平成十四年にやらなければならないことは、
明快すぎるほど明快である。税制改革。これ以外に残された施策はない。日本の
税制
の思想は、シナ事変が始まって間もなく、昭和十三年以来一貫している。それは
私有
財産を悪とし、敵とする思想である。
・・・
 ところがここにきて、海の向こうのアメリカではあと十年くらいすると、相続
税がゼロ
になる方向が見えてきた。そうなったらどうなるか。
・・・
 これを機に(日本も)私有財産はいいことだという思想に基づいて、税制を抜
本的に
改革しなければならない。そうすれば家庭内に富が蓄積されて、家庭にある文化
が盛
んになり、力を持つようになる。博物館に入っている文化は死んだ文化で、生き
ている
本物の文化は家庭にあるものなのだ。その家庭の文化が真の経済力となり、国力
となる
のである。
・・・
 税制の抜本的改革によって平成十四年は「私有財産はいいことだ」元年とする。
そうなれば、日本の未来はますます明るい。
・・・
 ここで私の主張を改めて繰り返させていただきたい。
それは次の三つである。
 ? 所得税は上限で年収の10%
 ? 相続税はゼロ。
 ? 相続は遺留分をなくし、遺言状一本にする。“

徳川の御世でも、Pax Romanaでも -投稿者: イヴの末裔  2002-04-05 21:10:56
渡部先生流石ぁ、ますますのお仕事振りですね。読んでませんがき
っと読み応えのある内容だと想像致します。面白そうですね。「私
有財産はいいことだ元年」というネーミングが何よりも斬新!以前、
小沢一郎さんだったか、日本は間接税一本で10%くらい頂ければ
国策OKと言われていた気がして、これも分かりやすくて良さそうだ
と思ってましたが(私もO型です)分かりいいのにして、とにかく
有意義に税金使って欲しいですね、、MK(初代)さんが現実的で比
喩もまた面白いお話を引用して下さったので、私は暗い、というか辛
口の危機管理についての意見を引用してみます。
「週刊新潮」に櫻井よしこさんが「日本ルネッサンス」という連載を
されているようで、おそらくポピュラーそうなので読まれておられる
方も多いでしょうが、そこにて、世界で最も安全で優れた天然痘ワク
チンを持つ千葉県の血清研究所が閉鎖されるということで、この「時
代錯誤振り、世界の常識から外れた措置」に櫻井氏はいつもながら真
摯に疑問を提示されておられます。何故なら今や生物兵器、バイオテロ
が世界を脅かしているからです。「世界で最も優れたワクチン技術を有
していても、国民を守れそうにはない日本。日本国民の生命を新たな
時代の危険からどう守っていくか、という国家としての戦略と責任が
欠落しているからだ。何故こんなことになるのか。性善説に立つあま
り、人間に対する理解能力を欠き、平和と安全は向こうから来ると思い
込んできたからだ。人間の科学技術は天然痘ウイルスを撲滅し、ウイ
ルスに勝った。しかし、人間の心はウイルスに敗れた。…そうした人
間と人間の作る国家の“悪”を踏まえなければ国民を守ることなど不
可能だ。日本人よ、日本政府よ、もっと大人になって危機管理せよ」。
そんなワクチンのことなど知りもしなかった私は「流石日本だ」とま
ずは嬉しくなり。足りないのは戦略、危機意識、あと使命感のような
ものかと思ってると、もう一つ井尻千男さんの連載で「憲法改正が景
気対策の妙とエコノミストの方が言っておられる」と。主権国家の気
概を高揚させないと改革も駄目だと。地道に勉強したいですね。

事実に基づいた歴史認識も -投稿者: MK(初代)  2002-04-06 21:04:12
イヴの末裔さん レスありがとうございます。

 早速ですが、渡部さんはそのご本の中で、小泉首相への応援歌として
“例えば、外相には櫻井よしこさんはどうだろう。彼女なら大人だし、政治認識
も国際
認識もしっかりしている。人気も田中外相に引けをとらないと思う。“と述べられ、
“・・・川口順子外相が誕生した。川口環境相、櫻井外相の方が小泉首相の構造
改革には
よかったのではないか、といまでも思っている“と書いておられます。

 以前、私は林真理子さんの講演会に行ったことがありますが、彼女の次が櫻井
さんでした。
でも、例の従軍慰安婦問題で櫻井さんの講演会はなくなってしまいました。
その頃に比べると、今はだいぶん、ましになってきていると思います。

 再度、引用します。
“明るいニュースはまだある。今年、平成十四年からは歴史が事実に基づいて認
識され、
語られるようになるだろう、というのもその一つである。例えば、いわゆる南京
大虐殺と
いわれる事件について、しっかりと事実を示す証拠と視点が新しく提出されてい
るのが
それである。・・・“

では、また。

はじめまして -投稿者: かばちぃ  2002-04-07 04:31:42
 始めましてかばちぃと申します。以後よろしくおねがいします。
 所得税は全国民が青色申告をすればいいと思います。日本人は税金を
払っているという感覚を持つ人が少なく、取られていると思っている人
が多いと思います。自分の財布からお金を取られてると全員が思えば、
たとえば外務省のプール金問題など内部調査というチャンチャラおかし
いやり方ではなく、警察が調査をし法を犯してれば首にしろと思うでし
ょう。税金をちょろまかす公務員はいりません。
 相続税は住んでいる土地と建物、自作している田畑、ある程度の現金
又は預金以外の相続を認めない。その代わり相続税は安くする。という
のはどうでしょう。人間自分で働いてそれで暮らすのが一番だと思いま
す。
 遺言状一本にするは配偶者の生活と未成年の子供の養育費に配慮して
いただければ異存はありません。
 400年前の日本と同じだという話はマスコミと選挙権を持った国民
の存在を忘れておられると思います。

Re:日本再生のシナリオは?(その2) -投稿者: イヴの末裔  2002-04-08 01:54:11
かばちぃさん、初めまして。私も20歳になって選挙権を
得て政治に関心をようやく持つようになりました。そして、
「投票したい政治家、政党がない」、と。消去法という元々
は数学の解答方法を現実社会で最も使ったのは、それは投票
かも(笑)。国民年金も私達頃から学生も払わなくてはならな
くなりまして当初は親に払ってもらっていたのですが、やは
り、働くようになり、そして最近確定申告をするようになり、
納税意識が芽生えたかもしれません。今、政府もサラリーマ
ンも確定申告するように、という方向性を打ち出しているよ
うですので、昨今の事情と合わせて、国民の納税意識は高ま
っていくのではないでしょうか。本来は国民の厳しいチェッ
クなどなくても(何せ、私の兄弟などもそうですが、同世代の
普通の日本男性は責任持って(しょいこんで)仕事すること
で精一杯で政治批判を具体的にする人はまだあまりいません。
そこまで頭が回ってないと言いますか(笑)。金のことはまぁ言
わないぜって感じのにっぽん男児、割と多いです)おそらく、
女性やもう少し上の世代の方の方が目が開かれているのでは?)
使命感持って国の運営して欲しいですけど、そんな善意に頼っ
ていても駄目だということは分かってますので、マスコミ、
テレビなども正確で公平で冷静な報道を心がけて欲しいと私
も思います。私が個人的に公務員の税金無駄使いではと思ったの
は国家一種の方達が全員2年間好きな所へ留学されたりします
よね(ボーナス貰って)。あれ、甘すぎるような。大手民間なら
同期の中で優秀な人一人、とかそんなものだと思いますし、学
生だと必死に清貧生活で学位取ります。又、アメリカ東海岸な
どそれなりに鍛われる所へ行ってくれるならいいですけど、イ
ギリスの片田舎のぱっとしない大学なんて行かれても、何だか
使命感疑ってしまい(笑)。公務員試験、人材育成のシステムなど
も大学受験システム同様問題点あり、のような気もしないでも…。
では、オーバーしそうです。

Re:日本再生のシナリオは?(その2) -投稿者: お茶好き次郎  2002-04-08 08:03:25
はじめまして。お茶好き次郎と申します。以後よろしくお願い申し上げます。

 さてさて、「相続税はゼロ」は良いことなのでしょうか。
相続税をゼロにする。とすれば、家庭内に富が蓄積される。とすれば、金が世の
中に出まわらなくなる。とすれば経済が停滞してしまう、とも思われるのですが。
というわけで、相続税は高いままで(もっと高くしても)良いと思います。
なぜなら、相続税を高くして、人に、生きている内に金を使っておこうと思わせ
ることが、お金を世の中に出回らせ経済の停滞を防ぐために必要だからです。
 そして、相続税を高くする代わりに、人に生きている内に自由にお金を使って
もらうために、贈与税を下げるべきだと思います。
たとえば、息子に家を建ててやる、○○研究センターに寄付をする、○○財団に寄付
をするなどにかかる贈与税をゼロにする。
 というのはどうでしょう。


 あと、「相続は遺留分をなくし、遺言状一本にする」は良いかもしれません。
 私も遺留分は大嫌いです。遺留分は葬式に出るための交通費代程度で良いで
しょう。
 ただ、寄与分制度は必要でしょうけどね。

Re:日本再生のシナリオは?(その2) -投稿者: MK(初代)  2002-04-08 19:52:44
 かばちぃさん、お茶好き次郎さん、はじめまして。
みなさま、レスありがとうございます。

 ただ、私は税の専門家でもなく、その他大勢のミーハーを自認しておりますの
で、
詳しい税のことなどは、以前のスレッドを読んでみられることをお勧めします。
また、某2chでも散々構造改革や税制のことは議論されており、それも参照される
ことをお勧めします。

 私がここで言いたいのは、このままでいいのか、ということです。
私有財産を否定し、利益を憎み、自分より良い暮らしをする人に嫉妬する。
一生懸命働いていても、親がもしバタッと倒れて死んだらその子に相続税が
かかってくる。そのような社会主義的税制は、もうやめにしませんか。

 そして、感じるのは危機感のなさで、このような税制のままだと、日本の所謂
お金持ちはどんどん相続税のない海外へ行ってします。(私も行きたい、、?)
ということです。トップダウン式が絶対的に素晴らしいとは思いませんが、今の
日本
の様だと、みんながアレコレ言っているうちに、危険回避ができず、ずるずると
負け
がこんで、「そして誰もいなくなった」になるのではないかと恐れています。

 「ふぉーらむ」の参照スレッド
No29日本再生のシナリオは?(財政編)投稿者:哲生
No34  相続税、是か非か  投稿者:さこん

  2ちゃんねるの参照スレッド
【教えて】何やれば景気回復?【ほんとに】第3章
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/news2/1015119892/l50
【驚愕】4人に1人が所得税を払ってない
http://kaba.2ch.net/test/read.cgi/news2/1017408241/l50

 また、こちらが身の危険を感じるような議論をするつもりはありませんので
どうぞ、よろしく。(日本茶掲示板が休止中?!!)

Re:本題とは、少し、はずれますが・・・ -投稿者: いあつま  2002-04-09 11:48:52
かばちぃさん、お茶好き次郎さん、はじめまして。
MK(初代)さん、イヴの末裔さん、よろしくお願いします。

私も渡部昇一氏と同様に「相続税は課さない方がよい」と考えてい
ます。社会主義が絶対善(?)である、と考えられていた時代なら
ば、政治的な判断で、社会主義的な政策を導入する意味でも、累進
性の高い、つまり税率70%を超えるような相続税制の導入は必要
だったかもしれませんが、現在はその役目を終えたような気がしま
す。

相続税を廃止しても、お茶好き次郎さんがおっしゃるような意味で
は「家庭内に富が蓄積される」ことは、ほとんどない、と考えられ
ます。一般的に相続財産といえば、土地建物及び現預金が圧倒的で
しょう。その次くらいに、株式などの有価証券が続くと思います。

ご存じのように土地建物は、ただ単に放置(蓄積)しているだけ
では、何の財産的価値も産み出さず、かえって固定資産税の支払等
を通じて、自己財産の減少要因にもなりかねず、特に土地が値下が
りしている状況、放置建物の傷み具合を考慮すると、何らかの形
で運用(駐車場経営、貸家経営、賃貸マンションの建設、不要不動
産の売却等々、生活の本拠としての自宅部分を除く)、つまり経済
活動をしなければ資産価値の維持もおぼつかない代物と一般的には
考えられています。

現預金に関しても、タンス預金として家庭内に凍結される可能性は
著しく低く、ほとんどの現預金は銀行預金ないしその他の投資を通
じて、間接的にではありますが「世の中に出回り」ます。

Re:続・本題とは、少し、はずれますが -投稿者: いあつま  2002-04-09 16:34:07
知人の税理士から聞いた話では、相続税は、社会主義的な政策の導
入という政治的な配慮から超過累進課税をするという一面と、合わ
せて税務行政上ないし課税技術上からの観点から、所得税の補完税
としての位置づけがされている、ということでした。つまり、所得
課税を逃れても、その個人が死亡したときに、最終的に相続税とし
て課税すれば、結果的には所得税の補完税としての機能を付加でき
る、という考え方のようです。

補完税といえば、贈与税は相続税の完全な補完税としての位置づけ
のようで(そのため、贈与税の規定は、相続税法の中にある)課税
当局は、贈与税の税率を相続税よりもはるかに高めに設定すること
により、生前の贈与を減少させて、相続財産の実質的目減りを減少
させる効果を期待している、とのことでした。

従って、本来の立法趣旨からすれば、相続税が廃止となれば贈与税
も廃止となる、というか相続税がなくなれば、贈与税の存在意義も
なくなり、かえって課税することにより自由な経済活動の阻害要因
となるだけの税法になってしまうでしょう。

夫婦別姓問題 -投稿者: MK(初代)  2002-04-10 09:20:40
 いあつまさん、レスありがとうございます。この本、読んでおられるのです
ね、感激!
 
上記の本の内容を再掲します。(よかったら読んでみてください)

 「日本を変えよう」<21世紀の日本の戦略・戦術>渡部昇一著(致知出版社
発行)
第1章 日本再生元年
第2章 これでいいのか、日本の外交
第3章 軍事力が世界を動かす
第4章 普通の国になるために
第5章 新しい政治システムの可能性
第6章 小泉首相への応援歌
第7章 デフレは悪くない
第8章 ホロコーストされた国・日本
第9章 エリートよ古典を読め
第10章 夫婦別姓をつぶせ
第11章  二十一世紀の日本の繁栄のために

 夫婦別姓はよくないですよ。
半島では、女性の地位が低いために、結婚しても名前が変わらない、
結婚しただけでは男性側の家に入れてもらえないためらしいです。
それを真似してどうするのでしょう。

 子供の数が減って家を継ぐ人がいなくて困る、長男長女ばかりで結婚するとき
の支障になる
というなら、私や私の友達はもっと柔軟に対応していますよ。
結婚してから、女性側に名前が変わった人もいるし、家を継がせる為にたくさん
子供を生んで
孫の代で母方に名前を変えたり、いろいろです。それに、戦前は長男のみが家督
を継ぎ、次男
以下は家来と一緒だったため、今よりももっとたくさんの養子があったようです。

 法務省かどこかは知りませんが、もっと日本の歴史を勉強してほしいですね。
何も知らない反日日本人ばかり目立ってうんざりです。それに、今回の検定教科
書もうっそー!
という内容がありますね。文部省も歴史を知らないなんて信じられません。

Re:日本再生のシナリオは?(その2) -投稿者: MK(初代)  2002-04-10 21:23:49
 このコピー好きです。引用することを、某2chからなので、どうぞお許しく
ださい。

 日本は、封建時代から実力主義なのですよ。
戦国時代は当然として、大阪の商家の養子制度は、馬鹿な息子の追放制度でも
あったのです。
中国人は考えられないと言っていました、そして、韓国人には全く考えられない
実力主義制度です。
血よりも、事業の継続を願う制度なのです。
米国のニクソン元大統領が、何かのスキャンダルの際、弟の為なら大統領を辞め
ると
言っていました。中国社会や白人社会は、我々が思っている以上に血族の結束が
高いのです。
日本は、家族や血族を大切にする考えを国際常識として導入すべきです。
少子化防止の最大の対策が、相続税軽減と思います。
相続税をゼロ近くまで下げれば、家族制度・血族制度がまともになり、少子化は
止まると思う。
家族制度・血族制度・家制度破壊は、GHQの日本社会の誤解から生じているの
です。
日本が、中国等の様に血族で強く結束している社会との誤解出発点なのです。
日本の社会に薄い要素を、GHQがさらに薄めたから、破壊的な少子化や、
社会主義的な無機的な社会状況に落ち込んだのです。
日本人は人工ではなく、自然な人間感情を復活させる時です。親が子供に財産を
残すのは当たり前、
「当たり前」を担保(保障)する為には、相続税は少なくする必要がある。
人間の自然の心の復活で、子供も沢山持つようになるでしょう。

Re:相続税廃止にちょっと懸念 -投稿者: やまかわ  2002-04-13 22:56:27
渡辺昇一は私も愛読者ですが--基本的賛成ながら或る懸念について
です。敗戦の焼け跡で食えるものも無く、国力の担い手であった
大企業も軍需産業の脱落で解体同様、住む事も 収入も途絶えた
多くの国民が遮二無二国の復興へ血みどろな努力。卒直に言って
今のこの国の安泰と庶民生活の安定の要因の1つに相続税の果たしたことは事実
です。「金は集まる所に集まる」ことから生じる貧富
の落差を極力抑えられたのはこの国策の効果でしょう。
無から努力一致した国民への国のメッセージでした。
国民全体の生活安定はとりあえずは、「搾取と分配」の資本主義
社会の差別を避け、労働組合の台頭もあって、経済的平等 機会均当の平等は新
しい産業の発展を生み出した経過も事実です。
戦後の財閥解体から始まったこの国の経済は今や、社会主義的自由
国家となりました。それは安全 福祉に於いてこんなバランスの
とれた国が他にあるでしょうか。しかし金属疲労で今弊害も数々
生まれ、民衆の無気力の増長もあり確かに曲がり角に来ている事も
事実です。そう言う意味で相続税の廃止も1案ですが。
もともとは富の集中を嫌い、先人の功と後人の功とを一連しない
事からの苦肉のバランス策でした。
何の苦労も功もないボンクラ二世が雨後の筍みたいにザワザワ現れ
、こんな奴にミスリードされる人間 社会などは衰退しか見込め
ません。政治家も同様です。
蓄積された家庭内文化など 彼らは見栄 権力のキンピカの取るに
足らないがらくたの収集に終わるでしょう。
到底国の文化などに昇華するものではないでしょう。
バブル時に荒れ果てた農地売却で大金持ちになって再生産の手だて
もない者からは 多額の税を取ったらいい。
代わりに 税を払うのに家 田畑さえ手放さねばならない人達には
税率を変えればいいでしょう。
与えられることのみ待ち続けることにのみの人達に、それこそ
日本再生なんて求めることなど徒労でしょう。
どうも仰られたように、愚民のくだらぬ焼き餅の弁に成った様です
ちょっとまだいい足りませんが、次の機会にいたします。

Re:Re:相続税廃止にちょっと懸念 -投稿者: MK(初代)  2002-04-14 10:06:17
やまかわさん こちらでも、どうぞよろしく。

 早速ですが、どうも、相続税の存続に賛成されている方は、理想のみを信じて
現実が見えていないと
思うのです。

1つはもう相続税は取り尽くした感があり、今あるのは、再分化されたり、物納
された細切れの
   土地のみ、ということ。
2つめは、今は高齢化で相続するといっても、85歳以上の父母の財産を、50
歳以上の子が相続とかで、
   ボンクラ二世が突然相続するのではない、ということ。
三つめは、日本は他の国に比べて、土地の価格が高いために、相続がほとんど土
地にかかってくる
    ということです。木々が美しい日本庭園のあるような旧家は全滅状態で
はありませんか。

 また、米国が今後何年かで、相続税を廃止すると言っているのは大きいと思い
ます。
鈴木その子さんの遺産80億円に対する相続税額は50億円!
海外では取られないのに、日本では50億円もとられるとなると、金持ちは全部
海外へ移住してしまう
のではありませんか。

では、また。

Re日本再生と相続税 -投稿者: やまかわ  2002-04-14 19:25:51
初代さん有難う。正直なところ貴女の説が正論でしょう。
実は 私も親父の遺産相続税の為に物納したものです。残余は
倒産で債権放棄して頂いた方達に誠意分返却した結果、それでも
今の家は残してくれました。父母の部屋の原型を残して住んでいま
す。
ところで、@細分化されたこま切れの土地 A高齢化に伴い相続者
に若いボンクラ2世はいない?等こんな先細りな税の廃止だけでは
経済再生に効果が期待できるのでしょうか。ちょっと疑問です。
諸外国との比較で、血族 血縁の希薄で家族主義の崩壊を憂いて
おられますが、私の考えでは 日本の国は 四方海に囲まれ容易に
他民族の移入が閉ざされていて、単民族の集合体となっていた事が
先祖を辿れば親族縁者。従って同胞意識が強く、民族闘争など
無い国民と言えるでしょう。
「何の前に於いて万人が平等か」
ユダヤ・キリスト教圏では「神の前において平等」
ローマは「法の前において平等」これは多くの異民族を含んでいた
ので忠誠な市民にする為公平な基準を「法」とした訳でしょう。
では日本は、何なのでしょう、「皆一諸」の潜在同一感があるから
と言えませんか。この国の本来の家族意識は簡単には壊れないと
思います。大丈夫です。
鈴木その子の遺産相続税など、語るに落ちます。
文化の価値など見当たりません。(ちょっと乱暴な言い方ですが)
寧ろ バブル時に人為的に流れをせき止めた土地税制の枠を早く
はづして土地の価値を取り戻すことでしょう。
自由に売買をさせる事です。不良債権が一機に短縮できるんです。
他に もっとワークシェリングの実行、一割の給料カットで
リストラ防止などやることは沢山あります。
何時もながら 初代さんの明快なお説に敬服します
やたらに評論家じみた、八方当り散らすような論が多い中で。
又の ご意見待っています。

Re:Re日本再生と相続税 -投稿者: MK(初代)  2002-04-14 23:52:15
やまかわさん レスありがとうございます。私はうまくのせられそうです
(?!!)

 今の年配の方々は、というか私たち日本人は、将来の不安の為に、何かあった
時の為に貯金して
いると思います。年金もたよりにならないようだし、子供たちは出てゆくだろう
し、ましてや一緒
に住むのは大変そうだし。それでも、昔は金利を考えて、○○円あればその利息
で、元本を崩さずに、
少しは、余裕で暮らせる、というような老後の生活設計が立てられたと思います。

 ところが、今は、金利はゼロに等しくなって、年金は増えない(物価スライド
しなくなった?)
おまけに先祖伝来の土地を残そうと思ったら相続税がかかり、下手すると普通の
サラリーマンの
子供たちでは払えないか、何人かの子供たちで平等に分けようとするとお金では
ないので、売るか
分割するしかないが、売らないでおこうとするとお金が絡んできて相続争いの基
になる。
私の知り合いにも、何人か相続争いの揚句、相続放棄させられたり、親戚中が仲
が悪くなったり
している人がいます。
 何か、書き出すと止まらない位、色々不安材料があります。

 しかし、井沢さんが書いておられるように、日本人は一所懸命なのですよね。

 前のスレで、勝又智詩さんがとてもよいことを、投稿しておられます。
“鎌倉武士が「いざ鎌倉」となったのは、幕府が土地の私有と相続を 認めたから
なんです。
自分が死んでも、全体が戦で勝ったならば、 褒美として子供達に財産(土地)
を残せるようになった
から、安心して戦場に出向いたのです。そうした史実を知ってください。”

 今のままでは、死んだら、決められた限度以上は取り上げでしょう。やる気が
なくなってしまいます。
今の不況は、バブルの時などに相続税のために土地を取り上げられた人たちの、
怨念のせいだと言い
たい位です。だから、その失敗を繰り返さないためにも、そして、不安材料を一
つでも無くすために、
相続くらい誰に遠慮することなくさせてあげたいと思うのです。すると、日本人
全体の気分がよくなって、
消費も上向くのではないでしょうか。

 納得のいく税率の税にし稼いだ分だけ使えるようにすること、と、相続税をな
くし、税金を払った上で
の財産は、自分の子孫に残せるようにすること。
 私はこれらの事が、今後は大切になってくると思っていますが、どうでしょう
か。

Re:日本再生と相続税の周辺 -投稿者: やまかわ  2002-04-16 13:09:39
初代さんと議論?していると楽しくなります(失礼---)
つい調子に乗って又やらかしました。
所で、ジェンダーフリーが発表した「男らしさ」「女らしさ」の使用禁句
、夫婦別姓とか最近の女性どうなっているんでしょうか。
初代さんの爪の垢でも---と思うこの頃です。
さて「いざ鎌倉」で一言、群雄割拠の中での豪族、藩一属達は
下付された領地等も、負けたら一族郎党皆殺し、財産没収ですから
いかなる策を弄しても ひたすら勝ち進むしかない、それが主君に
対する忠節の証し、つまりは藩民の安泰は忠節を担保にしたもの
だったのです。一家族の単位での視点とは少し違う様に思います。
一家の存続は純血を維持しようとします が企業の永遠の継続は
純血にこだわって没落した多くの例があります。「2代3代で身上
潰した」なんて事になります。経営スタップにはハイブリッド
(混血)の注入で今日ある(ホンダ)があります。
残念だが今の経営トップはサラリーマン化して任期中の無難なヤリクリしているに過ぎず企業
の社会的ポリシーが窺えません。
私は相続税の廃止そのものに反対はしませんが(働かざるもの食うべからず)で不
労による相続者には相応な税は必要ということです。 単にテレビタレントが如
何に莫大な資産を築いても、馬鹿げた見栄の塊に何の文化的 社会的意味があり
ますか。
(なんかヒガミっぽいことばかり言ってるようで、気恥ずかしくって)
揚げ足とっているようですが ただその時々に思うことを述べさ
せて貰っているだけです。
初代さん 兎に角「強く」「賢い」「女らしい」を演じ続けて
ください。

『 「泣き寝入り民族」よ、目覚めよ』  -投稿者: MK(初代)  2002-04-16 17:34:32
 大阪産業大学院講師 佐伯秀穂氏が「新・日本学講座 関西発」―産経新聞
社・関西2001委員会主催
で、日本が国際社会で名誉ある地位を保ち、リーダーシップを発揮するための七
原則を示した。
(産経新聞2002/4/14朝刊より)

一、 恐れずにはっきり発言せよ。沈黙は敗北自認。迎合をやめよ。
二、 理論武装は頑丈に。簡単明瞭に。「情に訴えたら馬鹿にされる」と知れ。
三、 一度言ったことは押し通す。
四、 訥弁でも相手をゆさぶる英語を身につけよう。
五、 公平の原理を盾にせよ。自虐は日本だけのもの。
六、 脅しに負けない。
七、 気概を持って世界に対し、日本の信念を述べよう。

“実業界から転じ教壇に立って十年。「自虐史観」の植え込みがこの国を危うく
している、
と痛感する。他国の策略にまんまと乗せられて、何か言われる度に国益を奪われ
る。
まさに日本は「世界の珍種」である。日本の伝統哲学による国際社会の在り方、
自然への
畏敬と環境への配慮を説き、地球の将来のため、日本のリーダーシップを高めよ
うでは
ないか。“

 とされています。いいでしょ。

 やまかわさん いつもありがとうございます。やまかわさんのレスはとてもよ
い刺激になります。

 ところで、お父様の遺産相続で物納されたそうですが、腹が立ちませんか。
私なら生霊になって呪ってやる?!!です。六条御息所のように“妾をコケにす
るものは許さぬ!“
ですが、、、実際は難しいのでしょうね。
でも、羊のように大人しく、物言わぬ日本人はもう終わりにしませんか。

『「泣き寝入り民族」よ、目覚めよ』 続き -投稿者: MK(初代)  2002-05-19 12:41:43
 MK(初代)、ちょっと政府系の公聴会にみてきました。

 なんか、背広姿のお役人さんたちに圧倒される感じだったのですが、面白かっ
たです。
お役人のみなさんは一般の人の意見も聞きたいという熱意もあり、よかったので
すが、
どうも省庁の中枢にいらっしゃる御用学者の先生方が古い、というか変わらない
のですよね。

問題の先送りとか、急に理想論を言ってみたり、

 日本が第二次大戦を終わらせる事ができたのは、天皇陛下がポツダム宣言を受
理すると
決まられたからではないでしょうか。陛下が決められなかったら、ずるずると負
け試合を
もっと長く続けていたかもしれない。

 どうも、今もそんな感じがしています。やってしまったこと(バブルとバブル
の崩壊)は
しかたがない。でも、666兆円にものぼる財政赤字をつくってしまったこと、
そしてこの
10年いろいろやっても事態は好転しなかったこと。これらのことを鑑みると、
スパッと
今までのやりかたを改めることが必要なのではないでしょうか。

 ところが、政府の中枢には、今までどおりの負け試合を続けることしかできな
い御用学者さん
たちが、少なからずいる。現在は、誰がそれをやめさせることができるのでしょ
うか。

私が思うところの負け試合のやり方とは、社会主義的政策です。

訂正 -投稿者: MK(初代)  2002-05-19 14:56:17
 てへへ、すみません。
また、「てにをは」がおかしい。
1行目正しくは、「MK(初代)、ちょっと政府系の公聴会をみてきました。」で
す。
「〜に行ってきました」にするかどうか、迷いつつ書いていたら、おかしくなって
しまいました。すみません。

 ところで、哲生さんとか、勝俣さん、TUJIさん、どうしておられるのかな〜〜?
ご機嫌いかがですか。

では、また。

税制改革がどうしてできないのか。 -投稿者: MK(初代)  2002-05-29 21:26:37
 相続税、贈与税を廃止させよう!

 W杯直前ということもあるのでしょうが、今は何か政治的に空白状態みたいで
すね。
あの北からの亡命者騒ぎで、不審船の引き上げが遅れているらしいですし、なん
だか日本は
踏んだり蹴ったりですね。やっぱり、小泉首相では限度があるのでしょうか。
抵抗勢力が強すぎるというか。支持率が低下していると、一部のマスコミは大喜
びしていますが。

この際、有事法案も郵政民営化も全部強行採決してしまえば、いいと思います。
誰が真の抵抗勢力で
今の日本の低迷を作り出しているのか、はっきりするでしょう。
不審船も早く引き上げて、白黒決着をつけた方がいい。

 小泉首相がやることはやって、外国に対しても毅然とした態度をとれば、支持
率は一気に
回復すると思っています。もちろん、8月15日の靖国参拝もきちんとすること。

では、また。
(うふふ、ツッコミどころ満載でしょ。過激なレスお待ちしています)

レスがない!けど、続けます。 -投稿者: MK(初代)  2002-05-31 10:16:14
 石原東京都知事がどうして人気があるのか。
石原都知事が中国にも正論を述べたら、相手はそれ以後そんなにメチャ言ってこ
なくなった
らしいです。このことはとても参考になると思います。

 また、少し話は変わりますが、小泉首相といい政府首脳はもっと健康に注意す
る必要があると
思います。なぁなぁで何でも相談できて、電話一本ですぐ駆けつけてきてくれる
程の主治医
の先生を持っている必要がある。お友達みたいに、というと失礼に当たるかもし
れませんが、
家族的に親身になって診てくださる先生は必ずいると思う。そういうお友達的な
先生を大切に
つくって持ってほしい。

 石原都知事が以前、大平さんを救えなかった。夜に診てもらえる先生がいな
かったと発言され
ています。また、どうして小渕さんは救えなかったのか。これだけ高度に医療が
発達している
のに。最近、小泉首相が言葉が少なくなり、一時の精彩を欠いているのが、やは
り少し気になっ
ています。

では、また。

日本サッカー、負けた! -投稿者: MK(初代)  2002-06-19 17:57:55
 しかし、ドサクサ紛れにこれ↓はひどい!!!

「北朝鮮系の国内在住者を主な取引対象とする朝銀信用組合の破綻(はたん)処理
問題で、
政府は十七日までに、受け皿となる四信用組合に対し理事長や常務理事に
日本の銀行、信用組合などで勤務した日本人らを据えることを条件に、
不良債権の処理などのため約七千八百億円の公的資金を新たに投入する方針を固
めた」

http://www.sankei.co.jp/news/morning/18iti003.htm
全文は↑で


●●●某2cよりコピー●●●
<朝銀>
・既に投入済み:9200億円
・今回追加:7800億円       
<興銀>
・既に投入済み:9000億円

なんと!合計:約2兆6000億円の血税投入!!
(因みに日本人の失業対策費は1600億円です)


<<<これに対する皆様のご意見をお聞きしたい>>>