TOP >> ふぉーらむ >> 投稿内容

保守派という言葉について -投稿者: モット  2001-07-16 20:59:29
私は政治的にはいわゆる保守派の人間だと思いますが、どうも「保守
派」という言葉に抵抗を感じてしまいます。保守的な人間などという
場合普通ほめ言葉とは言えないと思います。
外国語の直訳だからこうなったのだといわれればそれまでですが、
どうにも納得できません。憲法については英語の直訳だから改正しろ
というような議論があるように聞いていますがこっちもどうにか
してほしいと思います。
皆さんどうお考えですか?

Re:保守派という言葉について -投稿者: さこん  2001-07-16 22:45:43
そうですよね。「保守的」って、日本ではどう考えても
ネガティブなイメージで使われていますよね。
保守の反対は「革新」ですか。革新的な人間、ってプラスイメージ
だなあ・・。
でも、本来政治的な意味での「保守」「革新」って、どっちが良い
とか悪いとか言う概念ではないはず。確かになんかおかしいよなあ。

それに政治的に言えばいわゆる「革新」とされる勢力って、むしろ
守旧派といっていいような気がします。この辺も言葉の意味と実相
がねじれてしまっていますね。

そもそも、欧米の議会政治用語としての「保守」「革新」ってどういう
意味で使われているのでしょう?日本での使われ方とは違うのかな?

Re:保守派という言葉について -投稿者: TUJI  2001-07-16 23:32:19
安直な意見かもしれませんが、
結局、保守と言う言葉が革新という言葉のアンチテーゼとして
作られた言葉だからじゃないのでしょうか。
そして「無意識?」のうちに人間は常に進歩するものであると言うよう
な「唯物論」的な思考回路がインプットされてしまっている、、、、

そんなことってありえませんか?

参考になるかな? -投稿者: ウサチュウ  2001-07-17 01:02:00
 「保守は、過去のいいものは残しつつ同時に新しいものの中から、いいものは
取り入れ、その上で常に未来に向かって歩く。革新は今日より、よりよい未来を
信じるギャンブラーであって、双方共に未来を見る
ことは何ら変わりなく、ただテンポが違うだけである」
 ってことを、エドマンド・バークが言っていた、という文を読んだ記
憶がありますな(但し、未確認)。あと、塩野七生女史の「サイレント・マイノ
リティ」に「真の保守とは……」にあるジュゼッペ・プレッツオリーニの定義から
すると、欧米においては「保守」という言葉自体
にはマイナスのイメージはない、と思われます。問題は、何故、日本で
「保守」という言葉がマイナスに思われるのか?ということになります
けど、みなさん、その答えはもうお気づきではないですかい?

Re:保守派という言葉について -投稿者: MK(初代)  2001-07-17 12:47:08
少しだけお邪魔します。
ファッションにおけるコンサバティブ(保守的)とアヴァンギャルド(前衛
的)。―私には、その方がわかり易い。
流行の先端を行く奇妙奇天烈な伝統を破壊するファッションは一部の人たちだけ。
一般人はそれを見て楽しんでもそのまま取り入れることは少ない。
基本的にはいつもと同じ保守的で控えめなものを好むが、そこに少し前は違う流
行のものを取り入れると売れる。
 そんな感じかな?
TPOを知り、その場その場に相応しい装い(行い)をする。それが、一番。
伝統を守り右でも左でもないよ が、コンサバだと思います。

ウサチュウさんへの答えわかるような気がしますが、怖くて言えない

訂正します。 -投稿者: MK(初代)  2001-07-17 13:22:18
「前は違う」→「前とは違う」でした。
重ね重ねすみません。

Re:保守派という言葉について -投稿者: モット  2001-07-18 08:09:13
さこんさん、TUJIさん、ウサチュウさん,MK(初代)さんご意見ありがと
うございます。

私はやっぱり最悪の外国語訳だと思います。確かに英語でも古臭い、旧弊な、な
どという意味もあるようですし、日本語に訳した当時の
状況などもあるのでしょうが・・・

たとえていえばウインドウズ使っていて
「このプログラムは不正な処理をおこなったので強制終了されます・・・」
と出てきて俺は一体どんな悪いことをしてしまったんだ?とびっくりしたことが
ある人は結構いると思いますが、これも日本語訳の最悪例
です。(最終版から修正されたと聞いています)

もちろん保守派の人の中には文字どおりの人もいますが革新的(政治用語として
ではなく・・・本当にややこしい)な人もたくさんいます。

もっとふさわしい言葉を考えるべきでは?(でも一体どうやって?大新聞に投書
でもしてみればいいのか?)

Re:保守派という言葉について -投稿者: MK(初代)  2001-07-18 14:43:10
ついでに、教えてください。
革新のもとの英語は何ですか。Reform? Innovation?
Progressiveは、進歩派?
革新の革って何?ずっと分からないままです。

「革」の意味について -投稿者: PhantomU  2001-07-18 15:48:10
MK(初代)さんはじめまして

この前の国語の時間に先生が言っていたのですが、「革」という漢字の意味は
「あらたまる」
と言う事だったと思います。

先生の専門が漢文なので小説の授業の時には、「『小説』の反対語は何だ?」
(大説だそうです。)
と聞いてみたり、「革」の字も教科書の中の文章が環境問題の事でその時に「産
業革命」という言葉が
出てきたので「革命」という言葉の本来の意味は「天命が革まる。」という事だ
と言ってました。

この「革命」と言う言葉については、「逆説の日本史」の中でも扱っていたと思
います。

Re:保守派という言葉について -投稿者: モット  2001-07-18 22:34:02
MK(初代)さん
英和辞典を見ると全部革新と訳されていますね。語学苦手なので全然気がつきま
せんでした。
一体どのように使い分けするのでしょうか?誰か教えてください。

それと「保守派」って自分は自由主義経済を支持する人とか、小さな政府を指向
する人みたいに漠然と思っていたのだけれどどうも違う
みたいですね。訳わからなくなってきました。

保守と革新 -投稿者: なかの  2001-07-18 23:02:02
こんばんは、なかのです。
MK(初代)さんの提示した内容ですが・・、
政治思想に限って言えば、保守はconservativeを、
そして革新はreformを用いるのが一般的ではないかと思います。

「革」字については、元来は獣の皮の意味です。
『字通』に「[象形]獣の革をひらいた形、皮革をいう」とあります。
それからどう転じたのかが少し分かりませんが、
改めるというような意味もあります。
また、PhantomUさんの言われるように、中国の歴史では
「天命が革まる」の語義で「革命」という言葉がしばしば使われています。
「天命が革まる」とは、天意により命を授かった「天子」
つまり中華の最高責任者の姓が変わるという意味で、
新たな王朝が樹立されることを「革命」といいます。
日本の「万世一系」との対比で「逆説」で出ていたと思います。
戦国時代の思想家として有名な孟子が革命思想を唱えたことは
よく知られています。

ウサチュウさんの謎かけは・・・、私もパスします。

モットさんへ -投稿者: ウサチュウ  2001-07-19 01:07:59
 おい、おい。それっていわゆる言葉狩りと同じ発想だろう?「乞食」
を「ホームレス」と言おうが、「めくら」を「目の不自由な人」と言お
うが差別がなくならないのと同じで、仮に「保守」を他の語で言い表し
ても、意味は変わらないと思うのだが?

 ちなみに、「保守」の訳し方が最悪、とのことだが、ウチにある辞典
(大辞林)では「保守」の意味として、
「正常な状態を「保」ち「守」る」
とあり、その使用例として中村正直が訳した「西国立志編」の
「人の品行を保守し〜」
というフレーズが紹介されていたが(これが初出かどうかは不明。現在調査中。
情報求む)、この訳はそんなに変かね?

Re:保守派という言葉について -投稿者: MK(初代)  2001-07-19 09:18:39
みなさん、おはようございます。

なかのさん PhantomUさんへ
革とは、やはり皮革ですよね。それが何故「あらたまる」になるのか。
羊も狼も皮をむいたら、同じ?
皮をかぶり直したら、違うものになる?
羊の皮をかぶった狼、、など
革命、革新、改革とか意味は分かりますが、字面からは?

The Reformation は、宗教改革(16〜17世紀.の)の事。
英語の方が分かり易いですね。

でも、ファッション用語としても使用可
「今日の私はコンサバ
  シンプルなワンピースに、アクセントに真珠のネックレスをつけました。
明日は、祖母の着物をリフォームしたドレスを着ていくつもりです。」
な〜〜んてね。

私もウサチュウさん同様、特に保守という訳(言葉)は悪くないと思いますが。

Re:保守派という言葉について -投稿者: モット  2001-07-20 01:25:03
言葉狩りとは元々その言葉自体には何の問題もないのに呼び方を変えることで差
別や偏見がなくなると思い込むことだと理解しています。
前にも書いたように私は保守派とは自由経済、革新とは計画経済を支持すること
だと思っていたので保守という言葉はふさわしくないと考えたのです。
でも保守とは何か本当のところよく分かっていなかったみたいです。
保守主義についてちょっと調べて見て自分なりに解釈すると保守とはフランス革
命以前のヨーロッパ中世の社会制度つまり封建主義的価値観
を重視すること、つまり革命家が人間を個人の単位に細分化し国家と個人の二元
化を目指したのに対し、個人と国家の間に家族とか教会、ギル
ドなどの人々が長い間慣れ親しんできた社会秩序を仲介させ国家はその権利に介
入しないことを重視するのであり、個人主義は直接に国家が
個人を支配することになり全体主義へ容易に変換することになるので
反対するという主張になるかと思います。
確かにレーガン、サッチャーの政策は小さな政府を目指して政府の民間への介入
を減らしたり、市場原理を導入することだったので納得
できるのですがそれと保守主義との関係に全然気づいていませんでした。
でもみなさんが考えている保守ともニュアンスが違うようですね。
保守の定義が私はわからなくなりました。

Re:保守派という言葉について -投稿者: TUJI  2001-07-21 23:47:58
モットーさん、
スタンスを固定してしまうとこの様な状態に陥りやすいですね。
隣の教科書問題にも通じるんですけど、結局韓国のスタンスと
日本のスタンスではこれだけ違うのですよね、
これと一緒で経済だけにスタンスを置いて「保守」と言う言葉を
捉えてしまうと一つの固定観念みたいのができてしまう、

日本は言霊の国なのですから状況の応じて言葉の意味も変わるのです。

ちなみにファッション業界に身を置く私としては「コンサバ」は
あくまで「コンサバ」であって「保守」とはちょつとニュアンス
が違うと思っています。
「コンサバ」って、お得意の「和製英語」で少なくともファッション
の業界では日本語として充分通じるものであるとおもいます。