Name    : 阪神どうなるの?
E-mail  : 
Title   : つくる会につながらないよ〜
Comments:
 パソコンの調子が悪いの?それともサイバーテロ?
 扶桑社にもつながらないし。扶桑社はまだのぞいたことないけど、そんなにすご
いこと書いてたのかな?すぐに見られるようになるとは思うけど、迷惑だよねぇ、
韓国人って。だいたい国定教科書しか知らないで、日本人とまともな議論なんかで
きないんだよね。どうして、自分たちが情報操作されているって気づかないのかな
?それとも薄々気づいていて、それでも日本へのコンプレックスから迎合してしま
うのかな。自分の国で真相が分からないなら、日本に来て、まともな歴史を勉強し
直せばいいのに。
 でも、こんなつまんないことしてたら、かえって日本の国内にどんどん反韓国感
情が増長されていくようで、ちょっと両国の将来が不安ですな。かといって、自虐
史観を鵜呑みにするのは間違いだし。日本の中で、もう韓国は見限ろうという声が
大きくなることの方が、韓国にはよっぽど怖いことのはずなんだけどな。

Time    : 2001/ 4/ 1(日) 07:27:46

Name : サクラ E-mail : Title : いい加減にしろ!韓国 Comments: と、いきなり豊田有恒さんのように叫んでしまいましたが、最近の韓国の 侮日感情は激烈さを増すばかりですな。 そもそも韓国人は、自らのアイデンティティーを確認したいとき、常に 日本を語ることによってしか、自らを語ることができないわけだから、 哀れと言えば哀れなんだけどね・・・。 それにしても、サイバーテロとは卑怯そのもの。つくる会から産経新聞、 文部科学省まで行ったとのこと。やり方が汚えよ。朝日新聞みたい(笑) Time : 2001/ 4/ 1(日) 08:38:39
Name : YES I DO E-mail : ido@nikkeimail.ne.jp Title : やっぱりもうだめだな韓国は! Comments: あまりの卑劣さに腸が煮えくり返るというのはこーゆーことを言うんでしょうか。 ついに本性を現したかという感じです。韓国という国としての対応がここで見もの だと思いますよ。どうせ、民間人の間のことだから何も出ませんっていうに決まっ てんだけどね。ホント、サイバーテロしてる暇があったらもっと真剣に働いて自国 の経済の建て直しを図りなさいっての。(あ、これは俺たちもだな、、) Time : 2001/ 4/ 1(日) 09:43:38
Name : Citra E-mail : Title : なんか、もう始まってるみたい・・・ Comments:  きのう(土曜)の産経に、ホームページをハッキングされた形跡があるとか書い てありましたよ。 Time : 2001/ 4/ 1(日) 10:02:10
Name : manabe-yo E-mail : manabe-yo@jcom.home.ne.jp Title : 韓国は気の毒な国です Comments:  皆さん韓国は可哀想で気の毒な国なのです。同情を持って見守ってあげてくださ い。と言うのも90年前日本に併合された時の朝鮮の前近代的な身内同士のゴタゴ タ、世界の列強もロシアよりも日本が好いだろうと認めて日本に併合させたのです 。その後日本に学校、病院、道路、鉄道、港湾の整備など全てやってもらって、や っと近代国家らしくなってきたのです。日本の敗戦により独立出来たかと言うと、 そうではなく、日本の立場をアメリカが引き継いだのです。その後朝鮮戦争の後に なってやっと独立です。それも朝鮮独特の身内のゴタゴタの挙句だったのです。当 時李承晩大統領が日本海に勝手に李ラインと言う線引きをして現在の竹島の帰属問 題を作りました。  朝鮮は過去中国の文化を日本に伝えたと言う以外あまり自慢できるものはありま せん。ましてやこの150年間はいつも日本の後塵を拝してきたのです。今まで日 本を弟分と思っていたのですから、あの誇り高い国民性が納得するはずがありませ ん。今韓国は日本の技術協力無くしてはやっていけません。でも日本は韓国がなく ても何ということもないでしょう。ですから日本としては、ここはひとつ大きく構 えて、「早く日本並になって出直しておいで」と言いたいのを我慢して黙って見守 るのが良いかと思いますが、皆さんいかがですか? Time : 2001/ 4/ 1(日) 16:49:18
Name : 朝比奈ネム介 E-mail : Title : 「やがて哀しい韓国人」 Comments: サイバーテロが現実となりました。外務省の対応はどのようになるのでしょう。 産経新聞3.30によると、  ”服部則夫外務報道官は「事前の対応困難、実害が起きた場合は必要かつ適切   な協力はする」” という趣旨の発言をしています。”必要かつ適切な協力”とは具体的に何? ”協力”とは、日本国内の被害に対しては、それなりに協力するが、外部からの 犯罪行為には何も言わない、目をつぶるということなのか。 同新聞4.1に、  ”韓国マスコミは31日、「韓国国内のネット利用者がサイバー攻撃を大規模に   展開した」と報じ、〜” とあります。これだけでは韓国マスコミのスタンスがどのようなものなのかは 判断しがたいですが、韓国マスコミはかなり眉唾な報道をしてきたのではないかと 感じます。 『私はいかにして<日本信徒>となったか(呉善花著,PHP研究所1999年)』 の目次から以下に抜粋(著者に対する韓国国内側からの言われなきバッシング)。 チョット前の状況ですが。   「独善でやがて哀しい韓国人」「取材に来てボロを出した韓国テレビクルー」   「ジャーナリスト失格の韓国テレビマン」「安企部の暗躍」   「韓国人の意識の深層を形づくる中華主義」等々 韓国の深層に横たわる「衛正斥邪(中華文明を正とし中華文明に従属しない民族 を邪とする)」に基づく(?)、「事大主義」の韓国マスコミ・知識人(?)の今後 の動きがどんなものになっていくのか。 Time : 2001/ 4/ 1(日) 16:55:28
Name : サクラ E-mail : Title : 哀れと思うが同情はしない Comments: manabe-yoさんへ  大きく構えることが、問題解決になるとは到底思えないのです。 IMF管理下に入り、日本より多額の経済援助を受けても、彼らは 感謝することは金輪際無いことでしょう。日本への優位性のみが 彼らのアイデンティティーであるから、その優位性を維持するため には、どんな愚劣で卑怯なことでも行うのです。今回の件がいい例 ですね。むしろIMF管理下に入ってからのほうが、手段を選ばな くなってますな。国の大本が倒れそうだからね(笑)  「早く日本並になって出直しておいで」というのは、非常に麗し い日本的表現ですが、残念ながら韓国民には通用しないでしょうな。 もっとも日本並みになることも、ありえないことでしょうけど。 Time : 2001/ 4/ 1(日) 19:25:58
Name : rei E-mail : Title : 僕もサクラさんの意見に賛成です。 Comments: 言葉は悪いかもしれませんが、木刀を持って襲いかかってくる相手に、「この人は こんなことでしか自分を表現できないなんて、なんて可哀想な人なんだ」とは僕は 思えません。なにかしらの自衛手段をとるでしょう(とはいっても「戦争をする」 なんてことはこれっぽっちも思ってはいませんよ) でも何らかの対策はしなければとは思います。 Time : 2001/ 4/ 1(日) 19:50:48
Name : シガツバカ E-mail : Title : ○△ケイホウハツレイチュウ Comments: トナリノ「ふぉーらむ」デ、ホンカクテキナ「2m」クジョガハジマッタ。 コチラニモエイキョウガオヨブカノウセイアリ、チュウイセヨ Time : 2001/ 4/ 1(日) 22:36:47
Name : なかの E-mail : Title : 韓国には「表現の自由」という精神が無いのでしょうか・・? Comments: おはようございます、なかのです。 こちらにもご無沙汰してしまいました。 韓国のサイバーテロですか・・。 まだこのHPは大丈夫そうで良かったです。 これが心配なのは、 産経新聞社や文部科学省だけでなく、 こういった一般のHPまで狙われることです。 これは立派な「テロ」なのだから、 (しかも犯行宣言らしきこともしているし・・) 産経新聞社はともかく文部科学省、つまり国は それなりの対応をとるべきです。 逆に「サイバーテロ」を訴えているHPに 集中的「サイバーテロ」を仕掛けるとか、 ウイルスを流すとか・・。 隣では大変なことになっています。 今、私が止めに入ると逆効果になりそうであり、 犬公方さんが止めに入っていますので少し様子を見ています。 Time : 2001/ 4/ 2(月) 07:52:06
Name : DCM E-mail : Title : 日本人なら日本の外務省と文部科学省に正式抗議をしよう Comments: こんにちは、DCM です。 今回の韓国からのHP攻撃は、民間人が直接韓国に何を言っても無駄でしょう。 なかのさんの仰る通り、国として対応して頂かないと、いけませんね。 只、日本としてもシドニー五輪騒動を持ち出されてうやむやにされそうな 気がします。勿論、あの時はマスコミによる呼びかけは無かったですが。 何れにせよ、自分の意見に従わない者は暴力を以って恫喝するという 人間の暗黒面は二十一世紀になったから直ると云うものでは無いということです。 そしてこの特性は日本人に限った事でもなかったと云う事ですね。 「サイバーテロ」撃退に関してはなかのさんの意見はチョット・・・・ 故意に過激に仰っているのだと思いますが「ウイルスを流す」はまずいですよ。 今回の件も韓国司法当局はテロ(韓国の見解ではデモ)行為は黙認するようでが、 (これだけでもおかしいですが) クラッキングやウイルス流出は取り締まるとは言っていますし、逆に攻撃してきた コンピュータからウイルスが世界中に広まりますよ。(被害金額計算が恐ろしい) 冗談で仰っていられるとは思いますが、相手国に言質を取られるような発言は 如何とは思います。なかのさんの発言を故意に真に受けて「ウイルスによって 言論弾圧を主張する醜い日本人」とか書かれたら困りますし。 日本人としては日本政府の尻を叩く事と、憎む事は無いですが韓国はこの様な 対応をする国家であると云う認識を持つ必要が有ると思います。 それでも「いつまでも謝罪しないからこんな事態になった」と牽強付会て 正当化する某党と議員と新聞社がいるでしょうが。←こんな人が公僕とか 社会の木鐸を気取れるなんて本当に日本は平和?ですね。 Time : 2001/ 4/ 2(月) 09:32:24
Name : DCM E-mail : Title : 訂正 Comments: タイトル 正式抗議→正式要請 です。 連続書き込み失礼しました。 Time : 2001/ 4/ 2(月) 09:41:36
Name : なかの E-mail : Title : 面白うて、やがて悲しき・・ Comments: こんばんは、なかのです。 DCMさま> すみません、根が過激派なもので・・ジョークです。(笑) 改めまして、よろしくお願いします。 DCMさんに言われて思ったことですが、 韓国のことを云々言うよりも前に、 国内に数多のどうしようもない連中がいましたね・・。 そっちを先にどうにかしないといけませんね。 まあ、緊急のテロ対策は別にしてですが。 Time : 2001/ 4/ 2(月) 21:09:33
Name : ダーヴェル E-mail : Title : なぜ、日本では誰でも総理になれるのか!? Comments: 買いました。すぐ読み終わってしまうのが難点ですな(笑) 特に真新しいことは書いていないような印象を受けましたが、 井沢初心者の入門用?には最適ではないでしょうか? さて一応、「井沢元彦の頁」なのですから、 新刊が出たときくらい話題に載せましょうや。 できれば管理人さんも早めにインフォメーション出して下さい。 さて「テロ国家韓国」ですが、先日その件で知人と大喧嘩になりました。 彼は思想的には完全にノンポリで、取り立てて政治に関心はありません。 家庭では朝日新聞の固定読者。共産党のアジビラを見ては 「なかなか良いこといってるよなぁ」と無邪気に感想を漏らします。 当然「悪いことしたらやっぱ誤らないとねぇ」程度の「謝罪派」 少し意地悪して広島高裁の判決の話題と、 今回のサイバーテロの話題を振ってみると 「やり方はマズいけど、黙っていられなかい問題だったんだろう」 これには腹が立ったので、 「君みたいに判ったような人間がぺこぺこ頭さげつづけてきたのがこの結果だぞ! どうするつもりだ?!」と語気を荒らげて聞いたところ、 「そんなことは知らん」 ・・・ 「世論」とはこういうヒトによって形成されています。 活字を読むヒトが「朝日なんて!(笑)」と気取ったところで、 大半の人は新聞の見出しとTVのニュースくらいしか目にしません・・・ 少々、グチモードでした。では失礼。 Time : 2001/ 4/ 2(月) 23:13:04
Name : なかの E-mail : Title : 一息 Comments: おはようございます、なかのです。 一時期どうなるかと思ったお隣も、やっと静か(というより休戦状態・・?) になりましたが、時間帯のせいかもしれませんので、まだ要注意です。 非力ゆえ私では何とかできませんでしたが、 代わりにめもりさんが入っていただいたので・・。 ダーヴェルさま> 同情します。気持ちは非常によく分かります。 私も似たような経験をしていますので。 Time : 2001/ 4/ 3(火) 08:13:18
Name : なかの E-mail : Title : 知りませんでした Comments: 井沢先生の新刊が出たのですか・・? 知りませんでした。このHPでも紹介していましたっけ・・? 最近は忙しくて書店にも寄ることができませんでしたので・・。 せめてこのBBSで井沢先生か管理人さんに紹介してもらえば・・って、 ちょっと横着でしたか。 いずれにしてもダーヴェルさん、教えて頂き、ありがとうございました。 私が最近読んだ本で印象に残っているのは、 イザヤ・・じゃなかった、山本七平さんの「空気の研究」という本です。 井沢ファンならば山本七平氏の名はご存じと思いますが・・、 これまで本の存在は知っていましたが入手できませんでした。 「空気」といってもairの意味ではなく、「雰囲気」などの意味合いです。 まだ読まれていない方は、ご一読をお勧めします。 Time : 2001/ 4/ 3(火) 12:50:14
Name : rei E-mail : Title : ダーヴェルorなかのさまへ Comments: 僕も同じような体験をしていますし、一部の友人(とは言えないかも)からは、「 右翼の軍国主義」と思われています。なにせ、小林よしのり・井沢元彦両氏のファ ンですし、最近は「ミスター危機管理」佐々淳行氏の本も好きですから。 Time : 2001/ 4/ 3(火) 20:39:36
Name : manabe-yo E-mail : manabe-yo@jcom.home.ne.jp Title : 空気の研究 Comments:  「空気の研究」私も15年程前に読みました。日本人は会議の時などにその場の 空気(雰囲気)に流されて自分のはっきりとした意見を言えない、また言ってはい けない雰囲気を作り出すと言うような内容だったと記憶しております。  大東亜戦争に突っ込んで行ったのも御前会議でとても開戦に反対できる空気では なかったと言うような、当時の人達の述懐を書いていますが、これは今でも私が営 業会議で経験することです。あえて異論を唱えれば皆から弾き飛ばされそうな雰囲 気の中に置かれます。聖徳太子の昔から日本人は「和」をもって尊ぶことになって います。あえて異論を差し挟むのを嫌ったのです。  現代社会において日本人のこういった状況が好い事なのか、悪い事なのか、すぐ には結論ずけることは出来ませんが、少なくとも西洋白人社会にとっては異質な社 会と見えるでしょう。でも私にはデベイトによるやり方と日本式の空気による談合 方式が良いのか、断定する自信はありません。散々議論した挙句の結論がいつも正 しいとは限らないし、空気に押し流された結論がいつも間違っているとも言えない し、悩むところです。なにせ人間は矛盾に満ちた生き物ですから。 Time : 2001/ 4/ 3(火) 21:02:25
Name : サクラ E-mail : Title : 祝「つくる会」教科書検定合格 Comments:  紆余曲折ありましたが、「つくる会」教科書検定合格しましたね。  外圧に屈しないのは当然の事とはいえ、きちんと文部科学省が検定合格させたこ と、またこの件について少しもブレることがなかった森首相には、しかるべき評価 をしたいですね。「つくる会」のHPも復活したようですし、何はともあれ一段落 です。  しかしながら、韓国からの愉快犯的なサイバーテロに関しては、日本政府より正 式に抗議して欲しいと思います。今回の検定合格で、さらなる外圧、さらなるテロ 行為があるやもしれませんから、その芽を摘む意味でも早めの対応を願いたいもの です。  毎度の事とはいえ、笑っちゃうのが、思想・表現の自由を認めない非民主的な国 からの内政干渉を、自称「民主的」な文化人や朝○新聞がうまうまとのっかってし まうのはどういうことなのでしょうかね・・・?  今回の件に絡んで私からもお薦め本を一つご紹介します。谷沢永一さんの「こん な日本に誰がした」です。この本は、自称「民主的」、客観的には「自虐的」な日 本人(特に大江健三郎氏)の精神構造等について記してあります。井沢ファンの皆 さんであれば非常に読みやすいと思いますので、ご興味のある方はご一読を。 Time : 2001/ 4/ 3(火) 22:53:57
Name : 空転 E-mail : Title : 久しぶりに来て Comments: ちょっと怒られそうなことを書いてしまいますが、小林先生の本(と言っても戦争 論以後読んでいませんが)を見ると「方法」(?)まで正しかったように書かれて いるのはやっぱり問題があると思います。 まあ、恐らくこの部分は井沢先生と小林先生とでは意見がちがうだろうと思います が。 多分、井沢先生は日本軍をコトダマ軍とおっしゃるでしょうから。 小林先生の御本ではこのコトダマ軍が正しかった様にも書かれていますし、また、 それには誤解もあるかなあと思います。(インパール作戦、砲兵の活躍、特攻精神 とか。特にインパールは明らかに誤解でしょう。) 日本人が考えるところはこのところだろうなあ、思います。 他国の干渉は絶対に排して、本当に反省すべきところを考えたいものだと思います 。 う〜ん、誤解されそうですね。(笑) 反省すべきは日本軍という「組織(体系?)」で、ここまで正しかったとするのは 、間違いだと思う、こう書けば良いでしょうか。(笑) 例えば、後醍醐天皇の天皇親政という「目的」は良かった(?)けど、朱子学です べてを押し通そうとした「方法」は問題があった、みたいな感じです。 う〜ん、例が不味かったような気が...。(笑) そう言う意味でつくる会の記述のどこを問題にしてるんでしょうね。(詳しく内容 はしらないのですが) 失礼しました。 Time : 2001/ 4/ 4(水) 07:26:56
Name : なかの E-mail : Title : 暇乞いの挨拶 Comments: おはようございます、なかのです。 個人的事情により、しばらくこちらを留守にします。 隣がどうにかなりそうもないのが残念ですが・・。 manabe-yoさま> レスありがとうございました。 サクラさま> はじめまして(・・だと思いますが)。 私もその本は読みました。言われる通りですね。 reiさま> なにしろ同士ですからね。(笑) 今度、冗談でなく「マスコミ・・」について考えましょう。 Time : 2001/ 4/ 4(水) 08:10:39
Name : YES I DO E-mail : Title : 地震が多いですよね! Comments: みんなきをつけましょう。 阪神大震災で震度7の中で生き延びた人間としてアドバイスをば! @避難場所は必ず確認しておきましょう。 同じマンションの住人のほとんどが知らなかったです。私はたまたま静岡出身だっ たので、、、 A自治体や国は一切あてにするな! 自治体や国は一切あてになりません。職員は働かないし、正直食料の確保分配もあ てになりません。自分とコミュニティだけが頼りです。(最終的には自分かな?) Bラジオと電話がたより! 情報が命綱です。たまたま携帯を私は持ってたので、いち早く遠方の親戚や家族と 連絡をとれたので、翌日には歩いて神戸を出発し西宮にたどりつきそこから電車で 脱出できました。避難所ではみんな得体のしれない恐怖感の中脱出をためらう人た ちが大勢いました。電話はできるだけ遠方にかけたほうがかかりやすかったです。 携帯の充電は毎晩しておきましょう。 C家の中を再点検! 家具の配置やつっかえ棒の設置、寝ている時の頭上の再チェック、照明器具の見直 し、玄関などのドア、柱の多い場所の確認、避難袋の置き場所等々。 D地震情報には気をつけて! あの日は神戸でも昼間震度1程度の微震がありました。そういうサインがでたらと りあえず気をつけましょう。 思いついたまま並べました。 Time : 2001/ 4/ 4(水) 16:54:51
Name : 朝比奈ネム介 E-mail : Title : 井沢氏の新刊がでたんですね。 Comments: ダーヴェルさんの投稿で、井沢氏の新刊がでたことを知りました。今日の読売の 広告欄にも載っていましたね。早速、どんな本なのか書店に行きましたが、まだ 入荷してなく、『大和千年の路(榊莫山著,文春新書2001年)』を購入してきました (まだ、読んではいませんが)。同じ文春文庫の『韓国併合への道(呉善花著,2000年 )』も勉強になりました。 Time : 2001/ 4/ 4(水) 16:57:02
Name : サクラ E-mail : Title : 私も読みましたよ Comments: 朝比奈ネム介さま> 私も読みましたよ、「韓国併合への道」。呉善花さんの日韓本には名作が多いです ね。同じ文春で「攘夷の韓国 開国の日本」、祥伝社黄金文庫の「ワサビの日本人 と唐辛子の韓国人」、あと名作「スカートの風」もいいですね。彼女のシンポジウ ムに行きましたけど、文章同様話すのも理性的で聞いてて気持ちよかったですね。 美人というのもポイント高かったですし(笑) Time : 2001/ 4/ 4(水) 18:26:27
Name : 朝比奈ネム介 E-mail : Title : サクラ様、ご返答ありがとうございます Comments: 彼女(呉善花氏)の著書の中で、『攘夷の韓国 開国の日本』がいまのところ 一番好きです。サクラさんは、シンポジュウムにも足を運んだのですね。 私は、まだ呉氏の「生の声」は聴いたことはありません。韓国人の女性に知り合い はいませんけど、韓国の女性にとって「美人」ということは、日本人が想うより、 かなりにおもいいれがあるのでしょうね(笑)。 私は、そんなに頻繁に投稿はできないと思いますが、よろしくお願いします。 ところでシンポジュウムですが、皆さんご存知とは思いますが、4/21(土) に井沢氏もパネリストの一人として参加する「憲法シンポ政治の復権をめざして」 が、東京で行われますね(日本プレスセンタービル,聴講料=無料)。同日、 同じ東京で「嵐の中の歴史教科書」のシンポも行われますね(西尾/西部/小林よしの り氏等出席)。川崎在住の私もいずれかのシンポを聴講したいなとは思っています。 Time : 2001/ 4/ 4(水) 19:58:22
Name : ハツミ E-mail : Title : シンポジウム情報ありがとうございます Comments: 他に、井沢氏の講演会情報、TV出演情報、雑誌連載情報 など、誰か知っていたら教えてください。 Time : 2001/ 4/ 4(水) 20:57:19
Name : 横山雅彦 E-mail : Title : クイズ Comments:  先週の「逆説の日本史」に「川中島の戦いで戦争目的を達成したのは武田信玄で ある。だから川中島の戦いの勝者は武田信玄」とありましたが、ならばイソップの 「狼が子山羊に因縁をつけたが、子山羊はそれを全て論破した。しかし結局子山羊 は狼に食べられてしまった。」お話では狼と子山羊のどちらが勝者でしょう。 Time : 2001/ 4/ 5(木) 07:41:02
Name : GS E-mail : Title : 単純に Comments: オオカミだと思います。 Time : 2001/ 4/ 6(金) 00:30:51
Name : ダーヴェル E-mail : Title : 検定 Comments: 合格しましたね。 修正に応じれば合格にせざるを得ない理屈なので 当然といや当然なのですが、正直 いつ「強権」が発動されるか、ヒヤヒヤものでした。 発売されたら一度は読んでみようと思います。 (場合によっては購入してでも) しかし、実際のところどの程度「採択」されるのだろう? これからが正念場? Time : 2001/ 4/ 6(金) 00:36:31
Name : なかの E-mail : Title : 教科書検定について思うこと(というより殆どが単なる転写?) Comments: 暇乞いした筈のなかのです。もう少しだけ・・失礼します。 少々時間ができましたので、4月5日の産経新聞の「産経抄」の記事と、 5日・6日の「新しい教科書の衝撃」と題打ったコラム、 そして対する朝日新聞の5日の記事を読み比べてみました。 朝日新聞の5日の朝刊では、中国の江沢民主席が韓国の金大統領に 「日本の歴史教科書問題は見過ごせない・・」 と切り出したのに対し、金大統領は 「歴史歪曲は明らかに間違いで、その点は中国の認識と同じだ。 しかし韓日間の問題として当事者同士で話すのが正当だろう。 韓中の共同対応は適切ではない」 と答えたと伝えています。 一方で産経新聞では、東大東洋文化研究所の田中教授の意見として 「中国としては、米中関係が台湾へのイージス艦売却問題などで 微妙なときに、対日関係を悪くしたくはない。本当は歴史問題は あまりいいたくない」と述べ、更に森首相の3月上旬の話として、 「金大中大統領から、『(対立をあおる)日本のマスコミには 困ったもんだ』と聞いた」とする周囲の人の意見を掲載し、 中国・韓国ともに日本の過熱するマスコミの報道に乗せられたという スタンスを取っています。 ダーヴェルさんが検定済のものについて 「発売されたら・・」と言われましたが、5日の「産経抄」では 「「つくる会」の検定前のナマナマしい記述の本を読んでみたい」 と伝えています。 朝日新聞がどこからか入手できたというのに、 産経新聞の関係者が入手できないというのも不思議な感じがしますが、 私も、もし発売されたら低くない確率で買うかもしれません。 すみません、久しぶりなもので長くなってしまいました。失礼します。 Time : 2001/ 4/ 6(金) 22:55:35
Name : rei E-mail : Title : 僕も買おうかな? Comments: 最近出たSAPIOの新ゴー宣でもいってましたけど、中韓にはこれからもさらに さらにどんどん加熱してもらって、本性をあらわしてもらいましょう(笑)そうす れば平和ボケした人々もちょっとは目をさますのでは?(ちょっと過激でした?) Time : 2001/ 4/ 6(金) 23:36:44
Name : Citra E-mail : Title : なにはともあれ、一段落ついたといったところですか Comments:  検定合格の次は採択戦だそうですね。日教組の抵抗を受けてどこまで浸透できる かわかりませんが、さてどうなるでしょうか。  産経で各社の教科書を比較検討してましたが、扶桑社だけが浮いているかと思っ たらそうでもなくて、加害責任に関しては全体的に記述が緩和されているようです ね。  内容について言いたいことがあるんですが、所詮中学生の教材ですからあまり深 いところまで突っ込んだ記述はないんじゃないでしょうか? 「つくる会」の人が 書いた別の本を読んだ方が詳しいに決まってますよ?(^^;  この程度のものに対して中韓や朝日がどうしてこんなに大騒ぎするのか不思議で すが、私にははっきりいって自分達が敵視する相手の失点を稼ぐためにムキになっ ているだけとしか思えません。  だいたい歴史の叙述というものは当事者による感情的な描写など論外で、そうい うことは小説でやればよろしい。歴史書は第三者的な視点で淡々と事実だけを書け ばよいのです。  今回の騒ぎを見ていて、去年の日朝正常化交渉で「コメの人道的支援」と「拉致 疑惑」を天秤にかけて議論していたのを思い出したのですが、北朝鮮と日本のどち らが本当に友好を欲しているんでしょうね?  北朝鮮が日本の援助を欲しがるのはわかりますが、日本にとって北朝鮮と国交を 結ぶことに何のメリットがありますか。  北朝鮮に限らず東アジアの諸国はよく日本に対して「謝罪」というものを要求し てきますが、「謝罪」なんてものをいくらしたところで状況に変化があるわけでも ない。彼らが日本の誠意とやらを認めなければ何度でも繰り返して要求できるわけ で、こんな便利なことはないのです。彼らは「謝罪」という言葉をタテマエにして 、本当は別のものをいつまでも日本からふんだくっていればそれで満足なのですか ら。  結局のところ彼らの本心とは、  「友好はいらないから金をよこせ」  ということに尽きるのではないでしょうか(爆笑)。こんなやつらにくれてやる 金があるなら、国内の経済状況を何とかしなさい。 Time : 2001/ 4/ 7(土) 02:04:23
Name : なかの E-mail : Title : 教科書検定問題 Comments: こんばんは、なかのです。 今日の「ウェークアップ」の冒頭で、久しぶりの井沢先生が、 この問題について正論でバッサリ言っており、改めて感服しました。 Time : 2001/ 4/ 7(土) 21:02:43
Name : 横山雅彦 E-mail : Title : 先日のクイズについて Comments:  先日のクイズには 1.相手は反則をしまくる 2.こっちは反則できない 3.反則に対してレッドカードをつけてくれる審判が(明確な形では)いない 実に苦しい戦いを強いられているなとの意味を込めていたのです。只一つの救いは 「戦う相手が必ずしも審判を兼ねているわけではない。」ということです(そう だったら絶対に勝てない)。 Time : 2001/ 4/ 7(土) 23:38:06
Name : サクラ E-mail : Title : 教科書検定問題 Comments: なかのさま  「ウェークアップ」に井沢先生出演してたのですか?それは残念!見逃してしま いました。「正論でバッサリ」とは、どのように?  今、報道2001を見てたのですが、フジサンケイグループにもかかわらず、こ っちはちょいと消化不良。竹村健一の最後のまとめも何だかなあ?って感じ。戦後 民主主義的なまとめで、つまんなかったですね。  それにしても、先日のSAPIOでの井沢先生の文章は冴えてましたね。 Time : 2001/ 4/ 8(日) 09:10:32
Name : いぬ E-mail : Title : 報道2001 Comments: はじめまして。私も本日の報道2001を見ましたが、俵・福島組に気を遣った時 間の配分に思えましたが、気のせい? あれを見た限りでは、日頃あまり歴史の勉 強をしていない人間にとっては藤岡・中川組の発言は理解しにくいように思いまし た。私もマインドコントロールが解ける前でしたら、俵・福島組にうなづいていた かも。最後の竹村さんのコメントは、「自分と違う意見は絶対に許さない」とする サヨクに喝破するようで、すかっとしましたよ。 Time : 2001/ 4/ 8(日) 14:03:18
Name : 朝比奈ネム介 E-mail : Title : 新しい教科書 Comments: 教科書は、近日中に店頭で一般販売する予定だそうです(扶桑社から)。 間接的に得た情報ですが。 Time : 2001/ 4/ 9(月) 15:13:21
Name : rei E-mail : Title : ニュースステーションで Comments: 教科書が簡単になったことで、出来る子がその内容に満足できなくなるという「う きこぼれ」という子が出てくるとかほざいていましたが、それがあんたらの理想の 社会じゃあなかったのかよ!!なにがなんでもすべて平等な社会ということを彼ら は言ってませんでしたっけ? 言葉はかなり悪いですが本当に「外道」だと思ってしまいました。 Time : 2001/ 4/ 9(月) 22:31:41
Name : サクラ E-mail : Title : まあまあ・・・ Comments: reiさまへ  はじめまして、サクラです。  朝日が「外道」なのは、今に始まったことではないでしょう(笑)。対案を出さ ずただやみくもに反対を唱えるだけで、しかも自分たちは「愚民」たちを正しい方 向に導いていると、信じて疑わない連中なのですから。詳しくは井沢先生の「朝日 新聞の正義」をどうぞ(もう読んでらっしゃるとは思いますが)。  余談ですが、かつて朝日新聞では社員向けに、台湾及び韓国への旅行は自粛され たし、などという内規があったそうですが、詳しく知ってらっしゃる方がおりまし たら、教えてください。このネタ元は、渡部昇一氏の古い本に書いてありました。 最近の教科書問題でタッグを組んでいるところを見ると、韓国旅行は解禁になった のかな?(笑) Time : 2001/ 4/ 9(月) 23:00:15
Name : DCM E-mail : Title : 見なかったけど「ニュースステーション」 Comments: 皆さんこんばんは。 >reiさんへ  文字通り見てなかったので何とも言えないんですけど、 結局彼等は「自分達以外の者」が上にいるのが許せないだけなんですよね。 人間なんて所詮、足の引っ張り合いをする動物なんだから、 その旨はっきり言えば良いのにと思いますが、如何でしょう?      法曹関係者に知人(レフトウイング)がおりますが、彼の口癖は 「僕は地位が固まったので、これからは階級社会になってくれた方が良い。」 なんですから。彼等の言う所の「人権擁護と社会正義の実現」は 彼等自身の地位向上の為のものであって「他人の事なんかどうでも良い」と言うの が本音だそうで、いやはやなんとも言葉が見つかりません。 Time : 2001/ 4/ 9(月) 23:40:49
Name : ニニギ E-mail : Title : 恐怖! Comments: ニュースの映像で韓国のおじさんが血文字で扶桑社の歴史教科書に対する抗議をし ていた。台湾とは大違い。この違いは日本人蔑視の有無によるものだろうか... Time : 2001/ 4/10(火) 11:06:42
Name : rei E-mail : Title : すみません、取り乱しました。 Comments: サクラさん>「〜正義」は読みました。解ってはいたんですが、あまりにもいけし ゃあしゃとした顔をしてたもので。僕はあのテの人間、虫唾が走るんです、見てる と。 DCMさん>僕の知り合いにも法曹関係者がいますが(ちなみにその人は悪徳法律 家ですね、どちらかというと(笑))レフトウイングの人達は人数的にはそれほど 多くはないらしいのですが、なにせ声がでかいので、目立つそうです。 Time : 2001/ 4/10(火) 18:17:53
Name : ダーヴェル E-mail : Title : TV Comments: 誤解を恐れず言ってしまえば、 「報道」でなく「番組」ですから。 「ウェークアップ」「報道2001」見逃しました。 最近、TVなんて見ないからなぁ・・・ できればTV等のメディアスケジュールも HP上で発表していただけると助かるのですが。 自分が「場合によっては買っても」と言ってる教科書は、 検定済み教科書のことです。 まぁ「検定前」も見てみたいことは見てみたいのですが(笑) Time : 2001/ 4/11(水) 22:40:05
Name : サクラ E-mail : Title : TV(続) Comments: ダーヴェルさんへ 確かにTVは「報道」ではなく「番組」ですよね。ミもフタもない言い方をすれば 「商売」とでも言うのでしょう。 しかしながら、メディアの送り手が「社会の木鐸」気取りで、朝日のように「目的 が正しければ情報操作をしてもいい」と思って垂れ流す「番組」を、さも「事実」 が「報道」されていると思いこんでいる受け手がいることが、問題なのではないで しょうか? 自民党が『報道番組検証委員会』をつくったのも、無理からぬことかと・・・。 Time : 2001/ 4/11(水) 23:08:25
Name : HIRO E-mail : Title : 「つくる会」HPって Comments: 潰れたんですか?それとも教科書が検定通過したので閉じたのですか? Time : 2001/ 4/12(木) 04:58:09
Name : 横山雅彦 E-mail : Title : HIROさんへ Comments:  韓国ハッカーの標的となったからじゃないですか。韓国にとっては(日本以外ほ とんどかもしれないけど)「謝罪は要求するもので、自らが行うものではない。」 らしい。 Time : 2001/ 4/12(木) 06:48:59
Name : HIRO E-mail : Title : 横山雅彦さんへ Comments: 一度DoS攻撃を受けて一時的に閉鎖していたんですが、その後復活して 検定通過後にコメントを出したりしてたんですよ。 先週末くらいまではあったと思ったのですが、閉鎖したのなら それについての説明なんかがあったのかなぁ…と。 それを誰か知らないかな?と思ってここに書いたんですが。 Time : 2001/ 4/12(木) 18:41:04
Name : 朝比奈ネム介 E-mail : Title : HIROさんへ Comments: 「つくる会」HPにアクセスできない件についてですが、 確証はないので、なんとも言いがたいですが、検定合格後、 また、アクセス不能になったようですね。閉鎖はないと思います。 むしろ、HPのサーバ管理側の技術的判断もあるのではないかと、 思います。合格後、新たなサーバへの集中的アクセスがあったようで、 (それが「第二弾サイバーテロ」かどうかは判断できませんが) 静観していた?金大中政府が韓国マスコミ等国内からのつきあげに 声名を出さざれを得なくなり、その結果を受けて反日・侮日勢力が 暴走への道を選択したのか? あと、新教科書の一般販売については、その方向で検討しているようです (障害は山積のようですが)。 Time : 2001/ 4/12(木) 19:20:33
Name : rei E-mail : Title : 暴走を始めたのですか? Comments: じゃあ今度は中国と同盟を組んで武力行使してきますかね?(冗談ですめばいいん ですか、なんかありえそうと思ってしまうのは誇大妄想ですかね?) Time : 2001/ 4/12(木) 21:12:16
Name : 朝比奈ネム介 E-mail : Title : reiさんへ Comments: 武力行使はないと思いますが、よくいわれるように「情報戦」 というものはあるんじゃないでしょうか? Time : 2001/ 4/12(木) 22:07:18
Name : rei E-mail : Title : なるほど Comments: 朝比奈さん>今やってるサイバーテロとかはその前哨戦みたいなものですかね? Time : 2001/ 4/12(木) 23:57:18
Name : 朝比奈ネム介 E-mail : Title : 「前哨戦みたいなもの」とのお話 Comments: reiさんへ。 とにかく、韓国側は能動的にしかけてきますね。本当にいやになるくらい。 reiさんへの返答になるかわかりませんが、4.11読売新聞に次の記事がありました( 韓国外交通商省次官補の話)。   ”日本の中学歴史教科書を「歴史わい曲」だと非難している問題で、〜    韓国が専門家による教科書分析作業を踏まえて、日本に対して再修正    を要求する方針を明言した。〜、「韓国政府が、わい曲された事実に    ついて、客観的に指摘すれば、日本政府がこれを無視することはでき    ないと思う」と述べた。” 再修正を前提とした、分析作業から客観的な指摘ができるのでしょうかね? 今月20日ごろをめどに分析作業を終える意向だそうですが、これ以降、 また、ゴチャゴチャ言ってきそうな感じがしますが、日本側もしっかりして もらいたいですね。ただ、その頃は自民党総裁選の直前で、日本側の対処が ウヤムヤにならなければ良いですが...。 Time : 2001/ 4/13(金) 01:04:58
Name : rei E-mail : Title : ご返答ありがとうございます Comments: あくまで自分達は日韓(韓国人にいわせると韓日がいいんですかね?)友好のため に過去のあやまちを少しも反省しない日本人に提案をだしてやってるんだ。という 風な態度に見えますね。 Time : 2001/ 4/13(金) 18:39:36
Name : Citra E-mail : Title : 合理的な友好、感情的な反発 Comments:  韓国の金大中政権が日本との友好関係を(タテマエにしろ)保ちたがる理由という のは、日本企業に資本を投下してもらって、現在の経済危機を克服するためです。 そのために韓国人のむやみやたらと高いプライドを押さえつけてきてるのに、あま り反日感情を刺激されると困るんですよ。  大体、韓国人の反日感情というのは近代化に立ち遅れて、日本の植民地になるこ とでしか生き残る道は無かったというコンプレックスの裏返しですから、いくら経 済を援助しようが文化を開放しようが、日本が恨まれることはあっても感謝される ことはないんじゃないですかね?  いっそ中国・北朝鮮のように「日本が加害責任をとって援助するのはあたりまえ 」という態度の方が、日本国民にとっても嫌悪感がはっきりして都合がいいです( 笑)。 Time : 2001/ 4/13(金) 19:05:57
Name : サクラ E-mail : Title : その通り! Comments:  Citraさんの「感情的な反発」というのは、まさに至言ですな。 日本が感謝されることは、過去においてはもちろん、将来的にもありえないでしょ う。  以前私の父親が韓国に支店を持ったときも、そりゃあもう反日感情がひどかった ですな。日本企業に勤めることは、一族の恥・近隣の恥なんですね。したがって、 そうした世間のはばかりを、高賃金で保障して貰って当然という無茶苦茶な理屈が 、現地ではありましたね。なんつったって、韓国では組合活動は厳しく制限されて いたのですが、唯一認められているのが反日統一戦線の組合運動なのです。  組合との賃金交渉はきつかったですよ。必ず前文に「日本帝国主義による36年 にわたる統治の屈辱」という類で始まるのですから。次に「日本人は過去の植民統 治時代の支配意識と時代錯誤である優越感で韓国社員を見下している」で、「我ら の父祖が受けた苦しみへのあがないとして、日系企業は賃上げに応ぜよ」と、結ば れます。もちろんそんなものは突っぱねましたけどね、中小企業だから(笑)  韓国民は日本人のこととなると、ことヒステリックになりますし、しかもそのこ とに当の韓国人が気づいていないところが笑っちゃうんだけどね・・・。  ついでながら、中日の李鐘範選手が「自分が2軍にいるのは韓国人蔑視のせい」 と韓国紙に発言したらしいそうですが、これもその類でしょうね。 Time : 2001/ 4/13(金) 21:55:15
Name : rei E-mail : Title : いじめっこ Comments: なんか皆さんの話を聞いていてふと思ったのですが、韓国のそういうやりかたって 、いじめっこと同じような気がしてきました。 例えば、教科書問題にしても「俺達の教科書は反日でバンバンやるぞ」と日本をい じめるだけいじめて、いじめられっこ(かな?)の日本が「僕はいじめっこと戦う ぞ!!」と反撃したら「よくも俺様に逆らったな」と逆ギレしてくる。 なんかうまくは言えませんが、僕にはそのようにみえるのですが。 Time : 2001/ 4/13(金) 22:33:18
Name : ピーターパン E-mail : Title : 逆切れの真実 Comments: 韓国はいじめっ子のように振る舞いたいのですが、実はいじめられている日本より も弱いのが何とも情けないですね。 Time : 2001/ 4/14(土) 18:39:58
Name : HIRO E-mail : Title : 韓国の人。 Comments: うちの留学生は机の本棚に「戦艦武蔵」「宇宙戦艦ヤマト」「ゼロ戦」 「森雪のフィギア」を飾っています(笑)。 向こうじゃ手に入らなくって、日本に来てすぐ探したってことなんですが、 そりゃ韓国にはないでしょうねぇ…(でもなんで知ってたんだろう??)。 まあ、そういう人もいるってことです。 Time : 2001/ 4/14(土) 22:45:57
Name : rei E-mail : Title : へー、 Comments: ヤマトはともかく何で「武蔵」や「ゼロ戦」とは本当に思います(笑) 僕も別に韓国人すべてがそういう人とは思いませんが、やはり「反日」の国なので 、なかなか「親日」は言いにくいと井沢先生もおっしゃってませんでしたっけ?( それとも他の人かな?) Time : 2001/ 4/14(土) 22:59:02
Name : Citra E-mail : Title : あはははは! Comments: > うちの留学生は机の本棚に「戦艦武蔵」「宇宙戦艦ヤマト」「ゼロ戦」 > 「森雪のフィギア」を飾っています(笑)。  いい話ですねえ(^^;  それにしても、よりによって「ヤマト」とは(爆)! 一体あれのどこが気に入 ったのか、ぜひとも聞いてみたいですね。  日本人がアメリカ文化にあこがれて生まれたサブカルチャーが、独自の発展を遂 げていまや世界を席巻しているのはいいのですが、そのうち韓国人が「日本の影響 から抜け出して、今度はこちらが世界一だ!」とか言い出したら大笑いですな。 Time : 2001/ 4/14(土) 23:30:17
Name : サクラ E-mail : Title : へえ、ヤマトねえ? Comments:  ヤマトは知りませんでしたが、実は韓国では開放政策する前から日本製のアニメ を放送してるんですよ。ガンダムとかコンバトラーV(皆さん知ってますか?)と かね。私も韓国人留学生とガンダムの話題で盛り上がったことがありますよ。もっ ともこの話にはオチがあって、こういったアニメが、日本製ではなく韓国製として 放送されていたんですけどね。彼も当初は、ガンダムが韓国製と信じて疑いません でした。  HIROさんのおっしゃることはよくわかります。私も韓国人の知己はおりますし、 日韓共催W杯による相互のボランティアが仲良くなったりする現状も存じてますし 、余談ながら今年のGWの海外旅行先bPは韓国だそうですね。ただ、今発売して いるSAPIOにて小林よしりん先生が書いているように、「私」的に仲良くなれ ても、「公」的には相変わらず反日・侮日が彼らのアイデンティティーとなってい るところが問題なのではないでしょうか?  それにしても、アジアにおける日本製アニメの席巻は凄まじいものがありますよ 。セーラームーンやらちびまる子ちゃんやら。中国による、ネギ・椎茸等セーフガ ードの報復措置として、日本製アニメ全面禁止とか受けたりして(笑)。そういや フランスじゃ似たようなことやられちまったなあ。おお、共に中華思想(激)。 Time : 2001/ 4/15(日) 08:06:53
Name : 咲野 E-mail : Title : 若い頃(笑) Comments: 以前大学で友人だった韓国の女性は「リボンの騎士」のファン(子供の頃読んだら しいのですが)でした。 私が「手塚治虫の作品だ」と言うと驚いておりました。 「韓国人が描いていたと思ってた。」(笑) 2年前でしょうか、韓国は国内に氾濫する日本漫画喫茶を取り締まる法律を執行し、 多くの日本漫画を没収しておりました。同時に数人の漫画家(韓国人)を逮捕し、 見せしめとしました。(日本でも描かれている作家さんもおりました。)主な理由 は「猥褻表現」でしたが、日本の文化がいかに悪いかの見本のように言われていた のは気になりました。 猥褻表現に関しては以前も書きましたがアレキサンダー・カバネルとクロード・モ ネの例もあるように時代によって違うものです。その表現が出来ない国のほうが問 題だと思います。現在、『この国ではそう言う表現できなさそうだなあ』と思う国 のほうがいろんな意味でまずそうでしょう。(笑) 10年位前の話(バブル時代)ですが彼女がタンクトップと半ジーパン(?)だけで 講議に来たことがあります。日本では珍しいことではありませんが「韓国では朝か ら(?)こんな格好は出来ない」って言っていたのを覚えております。今では韓国 でもこんなことは無いのでしょうが、以外な感じがしました。(まあ、よく考える と日本もかつてそうだったもの。) そんな彼女も卒業後アメリカに留学したので、きっと「ニホンではこんなこと出来 なかった」って言ってるかな。(笑) 子供の頃造ったプラモデルによると確か「大和」と「武蔵」の違い(プラモデルの )は対空喚装する前と後の違いがあります。 大和の方は 通称「菊水特攻作戦」の時のもので両舷が対空換装されて機銃座と高角 砲座になっています。 武蔵の方は当初の計画にあった副砲塔4基(実際は前後2基)という対艦戦仕様で 両 舷が副砲塔になっていました。 当時、両舷に副砲のある「武蔵」のほうが人気がありました。だって強そうなんだ もん。(笑)ですから、大和ではなく、武蔵を造ってた子のほうが多かったのです 。 今はどうなっているかは解りませんが 「大和」ではなく「武蔵」なのはこの理由だったりして..。(笑) Time : 2001/ 4/15(日) 10:18:49
Name : Citra E-mail : Title : なるほど! Comments:  韓国の人が「ガンダム」や「リボンの騎士」を韓国人が作っていたと思い込んで いたというのは興味深い話ですね。  日本文化開放政策というのは、もともと海賊版が大量に出回っていたのを政治の 側が追認したということで、かえって日本作家の著作権が保護されるようになった のかもしれないですね。  でも韓国ってすごいですよ。これはNHKスペシャルで見たんですが、大統領が 直接漫画家達と会見して、「日本に負けないようにがんばって欲しい」って言って たんですから(笑)。  なんか方向性が違うような気がするなあ。 Time : 2001/ 4/15(日) 13:21:56
Name : ダーヴェル E-mail : Title : しかし Comments: 古武道ならいざ知らず、 ポケモンやGDIエンジンも自分らが開発した! なんて言わんでも・・・ 遅蒔きながら「正論」読みました。 朝日の偏向具合については、トンデモの域に達した感もありますが、 それは置いといて。 気になったのは「16歳高校生の熱血教師否定論」という原稿。 「教師は生徒に友達のように話しかけてはいけない」 「生徒は教師を敬わなければいけない」 という教師の精神が嫌いらしいのですが・・・ 私自身はこれには賛同しかねます。 しかし「意見」を表明すること自体は良いでしょう。 ただ「正論」と言う雑誌に掲載する価値は果たしてあるのか? 次号以降に反論で叩きつぶされるのは目に見えているのに。 さらし者にするのが目的というのなら非道に過ぎますな。 とりあえず注目はしてみたいと思います。 Time : 2001/ 4/16(月) 01:07:19
Name : ナベ E-mail : manabe-yo@jcom.home.ne.jp Title : 熱血教師否定論 Comments:  私も「正論」読みました。「16歳高校生の熱血先生否定論」私はチョット引っ 掛かる所もありましたが、共感する所もありました。やはり波長の合わない先生の 熱血は鬱陶しく感じることも有ると思います。  私は親が自衛隊員だったため、先生の嫌がらせには嫌な思い出がいっぱいありま す。サヨクっぽい先生が張り切るのをみると嫌な思いが先に立ち、やれやれ今日も 嫌味があるのかと憂鬱になりました。これは私の偏見かな。 Time : 2001/ 4/16(月) 14:33:45
Name : rei E-mail : Title : 社民党の主張 Comments: 「つくる会」の教科書についてのことが社民党のホームページに乗っていましたが 、何が言いたいか僕にはよくわかりません。 どなたか解る方はいらっしゃいます?(ちなみに社会新報とかいうのに載ってまし た) Time : 2001/ 4/16(月) 22:55:01
Name : GS E-mail : Title : 一部の方々の「教科書と民主主義」 Comments: GSといいます。皆さんよしなに。 自分の住む長野県に「信濃毎日新聞」という「共同」系の新聞がありますが、そこ の夕刊のコラムに次のようなものがありました。 --- 自らの思想に基づく行為について、年月がたつにつれて言及しなくなり、反対の思 想を宣伝し始める人を、私は知識人と認めない。思想が大きく変わったのなら、な ぜ変わったのか、詳しく説明されなければ、その人の言葉はいつ再び変わるかもし れず、信が置けない。60年日米安保条約反対闘争のとき全学連中央執行委員であ り、今は国家主義を説く西部邁氏もその一人である。 そのような西部氏を中心とする「新しい歴史教科書をつくる会」主導で作られた中 学の『公民』の教科書を、文部科学省の検定意見と修正文をあわせて読んだ。その 不誠実な文章を読み通すことは不快だったが、この教科書の登場が90年代後半か らの社会現象である以上、読まねばならないと思ったからである。 この教科書に一貫して流れているのは、民主主義、個人主義は「日本の伝統や慣習 から切り離された形で受け入れ」られたので、「歴史的な秩序に従うもの」に戻さ ねばならないという主張である。かくして、日本は今も立憲君主制の国であり、「 憲法は変わっても天皇のあり方には大きな変化がなかった」という。 …以下中略 検定意見でさすがに立憲君主制の国という言葉は消えたが、歴史を歪めて保守を説 く内容は変わっていない。 …以下略 (野田正彰) --- ここへ投稿する皆さんは共同系記事にあまり触れていないかもしれないと思い、少 々長くなったものの転載しました。 この方は、同書を一通り読んだといっているが、いったいどこをどう読んだのでし ょう?日本が立憲君主制の国というのは世界の常識であり、この国をほかにどう表 現しようというのでしょうか?こういう事を恥ずかしげもなくさらりと言えるのが すごいと思えます。 Time : 2001/ 4/17(火) 00:07:07
Name : 武道通信 E-mail : sugiyama@budotusin.com Title : 武道通信Hpへお遊びください Comments: 「武道通信」の宣伝でご無礼します。 井沢様には武道通信六ノ巻平成11年9月)の前田日明編集長対談に出たいただき、 織田信長の謎にせまりました。 武道通信は「武道精神をもって、今日の日本を生きる」をキャッチフレーズを掲げ 、日本とは、日本人とは……を問うていくキーワードは武道精神にあり、と考えて おります。 力みましたが、一度、 気軽にHPへお遊びにおいでください。 Time : 2001/ 4/17(火) 09:22:33
Name : ナベ E-mail : Title : 転向者の扱い Comments:  今晩はナベと申します。最近交ぜていただきました、よろしく。  GSさんの発言のなかに「信濃毎日」の記事の紹介がありました。私もカミサン の田舎で読むのですが、チョット違うんでねーかと思う記事が多いです。やはり共 同通信系らしい編集です。  その中でGSさんの主張の趣旨とは外れていますが、西部氏が申し開きも無いま ま転向したので信用出来ないとの言い方がありましたが、皆さんはどのように考え ますか?  実は私も以前は同じ思いだったのですが、最近変わってきました。  若い男のよく犯す間違いに不良少年とサヨクカブレです。でも30過ぎて与太っ てると馬鹿、40過ぎてサヨクやってるとこれまた馬鹿、と言われます。  サヨクを30後半に悔い改めたなら、まあ若気の至りと許す気になるのです。  井沢先生の論にもありますが「昭和ヒトケタ生まれの病気」でもあるように自分 以外の意見を全く無視して平然とする人達がいることに私達は慣れなければいけな いのかも知れません。そんな人達は論外として、人は間違いを犯す生き物と考え、 サヨクカブレからの転向者を許す大らかな気持ちを持つのも悪くないと思いますが 甘いかな? Time : 2001/ 4/17(火) 21:28:14
Name : サクラ E-mail : Title : 実は私も・・・ Comments: reiさんへ  社民党の「つくる会」に対する主張を読みました。私にもよく理解できません。 あえて理解しようとするのなら、  @「つくる会」という悪魔がいる。  A悪魔が教科書を作ったとはゆゆしき事態。  Bそんな連中を野放しにしている現政権は許さん。  Cましてや「検定」ということで、この悪魔かつ悪魔の作った教科書の存在を認   めてしまうことはなお許さん。 ということでしょうか?さらに、社民党の従来の主張である検定廃止についての矛 盾については、  @言論の自由は侵してはならない。  Aしかしながら検定制度があると、このような「悪魔本」までも合格してしまい   日本国がその歴史認識を共有する(!)  Bしたがって「屁理屈ではなく、この対応と社民党の教科書検定制度廃止の主張   とは矛盾しない(文面は社民党のまま)」  ・・・どうも私の足りない頭では、社民党のひとりよがり・・・もとい自己完結 した理論は飛躍や無理がありすぎて、さっぱり理解できません。ただ、本音らしき ものはこれでしょうね。 「(検定)廃止が実現すれば、つくる会が今回目指した内容が一〇〇%保証された 教科書も誕生する。これへの備えを怠ることは許されないだろう。」 要は、異論を排除する、邪魔者を悪魔化(デモナイゼーション)するという、サヨ クお決まりの言論弾圧でしょう、やっぱね。 Time : 2001/ 4/17(火) 22:05:45
Name : 朝比奈ネム介 E-mail : Title : 私も理解不能 Comments: reiさん、サクラさんへ。 私も、reiさんの指摘で「社民党の主張」とかいうものに眼を通しましたが、 私の頭があまり上等でないせいか、何を「主張」したいのか、わかりません。少な くとも、説得力というものとは無縁かも。 サクラさんも指摘するように、社民党見解 ”〜これへの備えを怠ることは許されな いだろう。”が本音かもしれませんね。社民党等の「うすら何とか」は墓穴を 自ら掘るんだと思います。 Time : 2001/ 4/17(火) 22:40:51
Name : rei E-mail : Title : そうですか・・・・・ Comments: やはり、100%の完璧なる「善」の心をもった超エリート集団である社会民主党 の方々の主張は僕達のような無学の人間には到底理解出来ないということでしょう か?(爆笑) でもこの人達が一党で政権与党になったら、そのすさまじき弾圧はナチスドイツに 匹敵する最凶・最悪なものができあがるような気がします。本当に恐いです。 Time : 2001/ 4/17(火) 23:04:23
Name :E-mail : Title : 感想 Comments: 社民党の主張なるものを読んでみました。 あくまで私の感想ですが @言論の自由は必要だ。 Aしかし、それには社会の成熟度が伴なう B成熟度が低い社会には言論の自由に規定がいる C社会の成熟度を判断するのは社民党だ よって Ans.社民党の管理下の元での言論の自由は許してあげる。 こんな風にしか読めない私は 成熟度が低いのでしょうか・・・ Time : 2001/ 4/18(水) 13:28:23
Name : サクラ E-mail : Title : 私なんぞ・・・ Comments:  社民党から見たら、未熟そのものの人間なのでしょうね(笑)。まあ、社民党も 朝日新聞も「護憲」「平和」「人権」を柱とする、怪しげな民主主義思想の持ち主 という意味で、同じ穴の何とかでしょうね。  そういえば、「つくる会」サイトがまだ開きませんね。誰か詳しい事情を知って らっしゃる方がおりましたら教えて下さい。前回のサイバーテロの時に比べ、ちょ っと長い気がしますので・・・。  あいも変わらず、朝日新聞では「つくる会」を悪魔化しておりますが、最近のス ケープゴートは「李登輝前総統訪日問題」ですね。この点も社民党と朝日新聞は、 同様な理屈を振りかざしてますな。おっと、自民党内サヨクの河野洋平も、朝日新 聞以上の中共隷属だったな。奴は成熟してるなあ(爆)。 Time : 2001/ 4/18(水) 21:47:40
Name : GS E-mail : Title : 「進歩的」と「人道的」 Comments: サクラさんへ GSといいます。ご存じの通り、あの政党は「進歩的」な方々しかいらっしゃらな いのですし、あの新聞社も主な人は「進歩的」な方々なのですから。 李登輝氏の問題では森さんが頑張っています。一部週刊誌には「橋本氏への意趣返 し的置きみやげ」のような報道がありましたが、イタチの最後っ屁ならぬ最後の意 地を見せてほしいです。あの外務大臣、「人道的」の意味も分からないようですが 、あんなのが一時期は総裁を務めていたこと自体、自民党も末期状態だったのでし ょう。 ナベさん、ありがとうございます。あれを載せたのは、西部氏についての「説明責 任」を問うている人の方が、余程「説明責任」を問われるようなことをしていると 思ったこともあったのですが、その部分に切り込んでいただき、感謝します。 Time : 2001/ 4/18(水) 23:46:01
Name : rei E-mail : Title : 日本外交史史上最低の外務大臣 Comments: 今朝の毎日新聞にも、森総理と官房福大臣が、馬鹿外務大臣(言葉が汚くてすいま せん)と福田官房長官に李登輝前総統にビザを発注するようにとつめよったと書い てありました。 中国や外務省は李登輝氏を入国させると、石原知事や小林よしのり氏が見舞いに来 るのをいやがってるのでは?とふと思いました。 Time : 2001/ 4/19(木) 00:12:25
Name : ナベ E-mail : Title : 李氏のこと Comments:  李氏のビザの件で外務省チャイナスクール派の連中が抵抗しているようですが、 もし李氏が来日出来ない様でしたら、私は次のことを懸念します。 @台湾の多くを占める本省人を裏切ることによる不正義 A米国が日本の余りにも中国寄りの政策を訝り、安保条約の今後を懸念すること、 特に台湾海峡に紛争が起きた時日本は本当に自由と民主主義を守る行動にでるのか どうかを疑う。 B現在、南沙諸島で中国と揉めているベトナム、フィリピンが日本当てにならずと 外交上の不利益をもたらす。これはインドも同じ。 C日本国内においては国民の多くの反中国意識が高まる。中国と外務省との異常な 関係を暴くジャーナリストが出て来るのを待ちたい、外務省不用論を出した元医者 がいますがもう一歩踏み込んだ内容を期待したい。 Time : 2001/ 4/19(木) 10:35:52
Name : ナベ E-mail : Title : 李氏のこと(追伸) Comments:  先の追伸として一番勧進なことを追加します。 D中国が日本に対し、脅かせば何でも言う事を聞く国だ、との間違った認識を持た せ、益々日本人の反感を買い、結果として相互の国にとって不利益をもたらすこと  やはりいくら舐めてもいいのだ、などと言う間違ったシグナルは送るべきではな いと考えます。日本人だって怒ると怖いよと言うところもみせたいですよね。  中国がガタガタ言って来たら、それなら経済援助打ち切るよ、と言えばいいこと です。  でもキックバック受けてる人とか「くノ一」に篭絡され恥ずかしい証拠写真撮ら れてる人には言えないのだろうな。 Time : 2001/ 4/19(木) 11:14:06
Name : maru E-mail : Title : おもしろツール Comments: こんなおもしろいツールがあります。 使うと楽しいですよ。 http://www.odigo.com/frameset.html?http://www.odigo.com/current/addurl.htm l Time : 2001/ 4/19(木) 11:44:06
Name : rei E-mail : Title : 総裁候補の4人 Comments: 総裁候補の4人は一応李登輝氏の入国は是非認めるべきだといっているらしいです ね(橋龍は慎重に言葉をえらんでましたが) そういえば、朝のフジテレビの番組で小沢一郎が、「中国は台湾は中国の一部と言 ってる。ということは李登輝氏は中国人だ。だったら、同じ中国人の李登輝氏の入 国になんで反対するんだ」このようなことを言ってたようです。本当だったら、な かなかうまいことをいうもんだなあと思いました。 Time : 2001/ 4/19(木) 17:29:45
Name : Citra E-mail : Title : またまた貼り付け(^^; Comments: 2001年4月19日(木) 15時15分 <李台湾前総統>政府、ビザ発給へ 医療目的に限定(毎日新聞)  政府は19日、心臓病治療のため訪日を希望している台湾の李登輝前総統に対し 、医療行為に行動を限ることを条件に査証(ビザ)の発給を認める方針を固めた。 李氏側から条件受け入れの確約が得られた段階で正式決定する。18日夜、福田康 夫官房長官が森喜朗首相の意向を河野洋平外相に伝え、外相も大筋で了承した。李 氏訪日には中国が強く反対しているが、政府は人道上の配慮からの措置であること を伝え、中国の理解を求める考えだ。  李氏は24日に岡山県倉敷市で心臓治療のため医師の診察を受けることを希望。 首相は当初から査証発給に前向きだったが、政府・与党内の反対論でいったんは先 送りに傾いていた。  しかし10日、李氏は民間の窓口である交流協会台北事務所にビザを申請。日本 政府は申請の事実そのものを否定したため、李氏は15日台湾で記者会見し、日本 政府を批判するなど問題がこじれていた。  このため首相は人道上の観点から医療行為に限定した発給の検討を改めて河野外 相に指示。外相は慎重姿勢を示し続けたものの、一切の政治活動を控える確約が李 氏側から得られることを条件に判断に従う意向だ。李氏側も診察への日程限定に同 調するとみられ、22日の入国、24日の診察が有力視されている。  李氏は昨年秋にも長野県松本市で開かれたシンポジウム出席を検討したが、その 際には中国側の反発などで見送った。中国は李氏を私人としては認めず入国は「台 湾は中国領土の不可分の一部」とする中国の立場を尊重した1972年の日中共同 声明に反する、としている。政府は同共同声明の堅持を改めて中国に伝えるが反発 は必至だ。また、同問題では自民党橋本派と公明党が慎重論を展開、与野党の超党 派議員が首相に発給を求めていた。  これに関連し、福田官房長官は19日の記者会見で「(18日の)首相の会見を 受けて外務省で早急に方針を決定し首相官邸に報告に来ると思う」と述べた。また 、陳健駐日中国大使は同日、首相官邸に福田長官を訪ね、「(本国の指示として) 李登輝の訪日を認めない」と伝えた。 [毎日新聞4月19日] ( 2001-04-19-15:01 )  ダライ・ラマは訪日してるのに、なんで李登輝がだめなのよ(笑)。わけがわか らない国ですね、中国は。  だいたい、日本人もフランスが核実験を強行したときはあんなに激しく抗議した のに、中国が新疆ウイグル自治区で地下核実験するのはほったらかしにしてるのは なんでしょうね? 中国人は野蛮人だからしょうがないけど、フランス人は文明人 だと思っていたのに裏切られたとでも言うのでしょうか(笑)。  ところで、日本人は中国に属国扱いされるのはそれなりに拒否反応を示すようで すが、アメリカに属国扱いされてるのは現実だから仕方ないんですかね? Time : 2001/ 4/19(木) 18:56:06
Name : Citra E-mail : Title : すみません。ちょっと言葉が足りないですね。 Comments:  ダライ・ラマの訪日に対しても一応抗議はしてるようです。中国は。  今回、李登輝訪日阻止にこれだけ拘るのは、共和党政権の対中強硬政策に対抗す るものなんでしょうか? Time : 2001/ 4/19(木) 19:01:02
Name : ナベ E-mail : Title : 矛盾に満ちた話 Comments:  今回の(いつもですが)李氏(ダライラマ氏)もそうですが、どうも中国がらみ の話は矛盾だらけで、脇で見ていると笑ってしまいます。  @まず日本ですが、当然自由主義国の一員ですから、李氏が犯罪者でもない限り   自由に出入りできるようにするのが基本原則でしょう。それを人道上に限るだ   とか、一つの中国に反する台湾人だからとか屁理屈付けて反対していますが、   要するに中国の言い分を100%満足させようとする下心が見え見えで、一体   日本の主体性は有るのか、基本原則は無視していいのかと聞いてみたいです。   どうしてそんなに中国の言分に恐縮しなけるばいけないのか理解不能です。 A次に中国ですが、一つの中国と言うのであれば、台湾を実効支配しているのか   台湾の法律は中国のものか、それとも中国の法律は台湾のそれかと聞いて見た   いです。お互いに虚構の上に立って他国に自国の虚構を押し付けるのはもうい   い加減にしてくれと言わなければいけません。奇シクも小沢氏が言った、一つ   の中国なら何も問題がないはずです。中国が自国民の自由な旅を妨害すること   など論外です。共産主義国はそうでもないのかな?  でも日本の政治屋も外務省もマスコミも国民もこの虚構の上の話を糞真面目な顔 をして話しています。だれも王様は裸だと言う勇気はなさそうです。  私達は自由と民主主義を標榜する国に住んでいます。そしてその価値を主張する なら当然選挙も無い国を擁護するわけにはいかないでしょう。目先の利益、事なか れ主義に堕すことも憚られます。  ここは1つ中国さん間違ってるんじゃないのと忠告するのがスジなんじゃないで しょうか。それが聞き入れられなければクレヨン真ちゃんじゃないですが、「勝手 にすればー」というしかないでしょう。当然ODAは打ち切りです。  私の考え変ですかねー Time : 2001/ 4/19(木) 21:54:53
Name : サクラ E-mail : Title : 何はともあれ Comments:  李前総統に、医療目的に限定とはいえビザ発給される見通しとのことで、何はと もあれ良かったですな。教科書問題でも外圧に屈することなかった(主権国家とし て当然のことなのですが)森首相だけに、この件でもきちんと対応してくれるとは 思っていましたが、何せ外相が中共の奴隷と化しているだけに、どうなることかと ヒヤヒヤしてました、正直。  ところで今回、総裁候補4人をはじめとする自民党や小沢自由党党首はもちろん 鳩山民主党党首までビザ発給に前向きとのことで、民意が中国一辺倒ではなくなっ てきたことに興味を持ちますね。皆さんは当たり前と思うかもしれませんが、今ま でのマスコミの論調からみると、中共についてはご無理ごもっとも、台湾に関して は無視または黙殺、という時代が長く続いただけに、民意やマスコミ(朝日を除く )が李前総統に同情的というのは興味深いですね。ただ、李前総統が「人道」と いう日本人には逆らえないスローガンを掲げてきたことによって、中共の抗議がま るで駄々っ子のようになってしまったところに、台湾の外交上の勝利があるでしょ うけど。さらに米中の戦闘機事件による中国の尊大な態度に嫌気がさしていること もあるでしょうね。今回の件でも教科書問題の件にしろ、中国がヒステリックに騒 ぎ立てているのは、こうした民意を敏感に感じているからなのかもしれませんね。 Time : 2001/ 4/19(木) 22:22:26
Name : rei E-mail : Title : 情報戦に弱くなったのかな? Comments: 情報戦は中国の十八番だったと思うのですが、教科書問題からの一連の中国の反応 を見ていると、どーも戦略的になーんにも考えてないような気がするのですが。 まあ、もしそうだったら非常にラッキーですが。(このうちに日本はキチンと情報 戦の研究をしてもらいたいものです) Time : 2001/ 4/19(木) 23:00:32
Name : 横山雅彦 E-mail : Title : 今日の「ここ変」について Comments:  今日の「ここ変」に井沢先生が出ておられました。それと外国人犯罪について中 国人が「日本人は平和ボケ」とか言っていましたが、だったら日本も核武装して核 ミサイルの照準を北京に合わせようかと思ってしまいました。 追加 小室直樹氏が以前著書に書いていたとおもうのですが、中国には「親と子、 兄弟、主君と家来、友人」等の関係に関しては規範があっても、「赤の他人」と の関係に関しては規範がないそうです。そのことが日本国内における中国人犯罪の 増加と関係があるのではないでしょうか(これは私見です)。 Time : 2001/ 4/19(木) 23:50:12
Name : 朝比奈ネム介 E-mail : Title : 李登輝前総統、来日なるか? Comments: 日本側が条件付きビザ発給をすることに関しては、とりあえず良しとすべきでしょ う。せめて母校のある京都も訪れてほしいですが。いま私ごときにできることは、 外務省や首相官邸に、ビザ発給を求める意見を言うことしかないかな、と思いHP に何度か投稿しましたが。ただ、李氏側の見解として「条件付き」はあまりに失礼 だとの旨の報道がありますね。あさって(土曜日)、李氏の記者会見があるようです 。李氏の難色の態度が、いままでの日本政府側の態度へのゆさぶりなのかもしれま せんが、本当に来日拒否であれば、複雑な気持ちです。とにかく日本に来てほしい と思います。 Time : 2001/ 4/20(金) 00:14:38
Name : ナベ E-mail : Title : 中国の外交 Comments:  reiさんの中国の情報戦が弱くなったか?の疑問に関し、以前江沢民訪日のさい 余りにも謝罪をしつこく言ったことに対し、もっと柔軟な態度を取る様助言できる 外交官がいないことを多分サンケイの古森記者だったと思いますが、書いていまし た。確かに最近の中国の外交は力とハッタリで押しの一手と見えます。この原因は 分化大革命のとき老練な外交官が追放され、乱暴な若手にとって変わられたからだ と言うことでした。確かにしなやかさのない交渉が多いように思えますね。  外交戦術も長い文化に影響されるようです。 Time : 2001/ 4/20(金) 10:17:34
Name : 空転 E-mail : Title : なんとなく Comments: ナベさんの文を見てトハチェフスキーを思い出しました。 赤軍最高の頭脳と言われながら、その才能ゆえにスターリンに疑われ、 1937年の赤軍大粛清の渦に消えた若き戦略家です。 トハチェフスキーがいたら、独ソ戦(第二次世界大戦)初戦のドイツ軍の進撃はあ ったかどうか、とさえ言う人もいます。 (事実初戦のドイツの快進撃の要因の一つとして、赤軍の人材不足というものがあ ります。もちろん、この原因は『赤軍大粛清』です。) パウル・カレルの「バルバロッサ作戦」の記述によると モスクワ目前まで迫ったドイツ軍に対し主力となり、反撃の主体となったシベリア 方面軍の「ハバロファイク」部隊とは言わばトハチェフスキーの育てた部隊であり 、彼の粛清後各地に飛ばされていた部隊の一部でした。それがモスクワの危機にさ いして、一躍勇戦したのです。 これを知ったドイツ軍のフォン・クルーゲ将軍は 「死せるトハチェフスキー、モスクワ全面の戦闘を指揮する。」 と言ったそうです。 文化大革命にもこんな人がいたのかなあ。 Time : 2001/ 4/20(金) 13:20:17
Name : ナベ E-mail : Title : テクノクラート Comments:  中国の外交官の件に関しては空転さんの説とは少し事情が違うようです。 文化大革命によって、それまで長く培ってきた外交のノウハウを持つベテラン達を 潰してしまった、ということです。  どんな仕事でもそこには多少でも秀でた人達がいて皆を導くものです。所がそう 言うひとを失うと、油の切れた機械のようにギクシャクするものです。  一人の英雄も必要ですが、程々のテクノクラートも沢山必要です。  あの騒ぎのため大学でも教授や優秀な学生が潰され一時大学が空洞化したようで す。しかしその当時日本の新聞の一部は文化大革命を絶賛しておりました。  どうも日本のAとかMとかの新聞が大騒ぎするときは用心しなくてはいけないよ うです。 Time : 2001/ 4/20(金) 14:26:09
Name : 朝比奈ネム介 E-mail : Title : ナベ様へ Comments: 横から口を出すようですみませんが、単純に質問です。 「〜文化大革命によって追放された、程々のテクノクラート」という中国外交官 は、当時、日本にどのように対処したほうが良いと思っていたんでしょうか? やはり、文化大革命がそのターニングポイントだったのでしょうか? 戦後の中国事情についていろいろな著書をあらわしている中嶋嶺雄氏が言っている んじゃないかと思いますが、中国と日本は本質的に異なっていて、日本外交は その前提でつきあわなければならないと、私も常々感じています。 Time : 2001/ 4/20(金) 15:02:00
Name : Citra E-mail : Title : 異変かな・・・? Comments:  貼り付け三連発です。 2001年4月20日(金) 11時45分 <台湾前総統訪日問題>今日ビザ発給へ 誓約書求めず 官房長官(毎日新聞)  福田康夫官房長官は20日午前の記者会見で、台湾の李登輝前総統が心臓病治療 のため訪日を求めている問題で「今日中に何とか結論になればと思っている」と述 べ、同日中に李氏への査証(ビザ)発給を正式決定する考えを示した。  政府はビザ発給の条件として、訪問先は岡山県倉敷市の病院に限ることや、政治 活動を行わないことを求めており、李氏側が受け入れれば、ただちにビザを発給す る構えだ。福田長官は、条件を受け入れる誓約書への署名を日本政府が李氏側に求 めたと一部で報道されていることについて「そういう話は聞いていない。そういう ものを求めたこともない」と否定した。  一方、森喜朗首相は20日午前の閣議後、河野洋平外相、福田官房長官と協議し 、ビザ発給の調整を急ぐよう外相に改めて指示した。外務省は、条件については口 頭了解でも受け入れるよう、日台の民間交流窓口・交流協会台北事務所に19日夜 、連絡した。 [毎日新聞4月20日] ( 2001-04-20-11:30 ) 2001年4月20日(金) 11時56分 台湾の李登輝前総統、訪日条件を治療に限定する誓約書の署名拒否=新聞(ロイタ ー)  [台北 20日 ロイター]  台湾の李登輝前総統は、日本訪問のビザ発給について、条件が屈辱的だとして、 誓約書に署名することを拒否した。台湾メディアが報じた。  台湾各紙によると、前総統は、日本国内での行動を病気治療に限定し、政治的活 動を禁止する誓約書への署名を拒否した。  中国時報によると、前総統は、「(彼らが私に)署名することを(望むなら)私 は行かないほうがよい」と述べた。  また、前総統は、訪問の条件は「屈辱的」と述べたという。 2001年4月20日(金) 12時1分 <台湾前総統訪日問題>「誓約書」に署名を日本側が打診 台湾筋(毎日新聞)  台湾の李登輝前総統に近い筋は訪日に関して、訪問地は病院のある岡山県倉敷市 に限るなどの条件を記した「誓約書」に署名するよう日本側が打診してきたと明ら かにした。日本側は李氏側に誓約書に署名するよう打診。しかし、李氏側は「文書 への署名までするのは屈辱的で尊厳にかかわる」として拒否の姿勢を示したという 。 [毎日新聞 4月20日]  いったいどーなってるんでしょー? Time : 2001/ 4/20(金) 17:00:14
Name : rei E-mail : Title : 孫子の兵法 Comments: 今、谷沢永一氏・渡部昇一氏の「孫子・勝つためには何をすべきか」を読んでいる のですが、なかなか面白いことが書いてあるなあと思いました。 孫子自体は僕も遥か昔さらっと読んだもので忘れていたので、この本のことを知り 買ってみたのですが、確かに中国人(というか左翼の人々)はこれをよく研究して たんだろうなあと思いました。江沢民は「孫子」読んでないんでしょうかね? Time : 2001/ 4/20(金) 17:05:15
Name : ナベ E-mail : Title : 朝比奈様へ Comments:  私なりにお答えします。  中国の外交方針をきめるのはあくまでも党中央です。外交官はその目的を達成す るためにあらゆる可能性のある方法を考え、実行するわけです。ただ長い歴史を持 ったベテラン達は、力で押すのか、一歩下がって時期を見るのか、もっと強気に転 じるか、このあたりで引くのかなど交渉の機微を感じ取り政治家にアドバイスしま す。また政治家の発言をどのような表現にするか、脅しながら優しい表現にするか 謝るのにどのような表現を使うか、否定するのにどのような肯定的な表現を使うか などのノウハウを持っています。それを大革命によりベテラン外交官が失脚しギク シャクし始めたということです。  中国の日本にたいする外交方針は友好条約を結ぶ時(周恩来時代)以外一貫して 強気で押せ押せでしょう。その目的を達成するために日本の外交官を篭絡して所謂 「チャイナースクール」と言われるシステムに組み込みます。河野も加藤もその同 窓生です。また外交畑ではない政治屋は「くノ一」により篭絡し味方にします。橋 本などはその典型でしょう。  中国のやり方は我々日本人にはとても出来そうにないことでも平気でやってくれ ます。これがいい事か悪い事かはさて置き、そのような隣人と付き合う覚悟は当然 もっておく必要がありそうです。女学生のようなナイーブな神経ではとても勝負に なりません。  私は今、父親の世代が大東亜戦争におけるGHQの言い分に対し、自分達の立場 を申し開きせず、沈黙している事に怒って、代わりに弁護をしたいと考えいろいろ の文献を漁っています。そうしないと日本民族の歴史の連続性が断たれます。井沢 先生の説も参考にさせてもらっています。いずれ体系的なものに纏めたいと思って います。どうかよろしく。 Time : 2001/ 4/20(金) 20:27:00
Name : サクラ E-mail : Title : 明日のシンポジウムについて Comments:  皆様ご高承の通り、明日は井沢先生が出席される憲法シンポとつくる会のシンポ が開かれます。ところが、残念なことに明日私は所用があってどちらにも参加する ことができません。今までこの手のシンポにはいそしそと出かけていたのに、とて も残念です。  そこで誠に身勝手なお願いですが、朝比奈ネム介さまをはじめ明日のシンポに参 加される予定のある方は、感想等をこの掲示板にてお教え願えませんでしょうか? 随分図々しいお願いで恐縮ですが、お聞き届けて下されば幸いです。特に朝比奈ネ ム介さま、勝手に名前を出してしまって申し訳ございません。 ナベさま  はじめまして、サクラと申します。私も大東亜戦争の敗戦によって、営々と培っ てきた日本民族の歴史、伝統、文化等といったものが分断され、そのことによる日 本民族の将来を憂う一人であります。日本人に生まれた喜び、脈々と続く素晴らし き日本の文化・伝統等々、微力ながら後世に伝えなくてはと思っております。こち らこそ、どうぞよろしくお願いします。 Time : 2001/ 4/20(金) 23:01:44
Name : 朝比奈ネム介 E-mail : Title : ナベ様、ありがとうございます Comments: ご返答ありがとうございます。確かに、今の中国の言い分(?言い方)は、まったく 相手である日本の姿はみえていないような(みないようにしている)、会見ばっかり ですね。 特に、ここ10年くらいをみても、河野、加藤、橋本などは「友好」「配慮」「理 解」などのもと、中国様に篭絡されてしまっていますね。誤解を覚悟で言えば、少 なくともいまは「日中友好」は、日本側だけの虚構のように思えます。それにして も、政治家(共産党以外?)の北京詣での実態は、どんなものなのか詳しく知りたく なります。日本としては、もう少し中国と距離を置いた方が賢いように感じます。 Time : 2001/ 4/20(金) 23:10:30
Name : サクラ E-mail : Title : 明日のシンポジウムについて Comments:  皆様ご高承の通り、明日は井沢先生が出席される憲法シンポとつくる会のシンポ が開かれます。ところが、残念なことに明日私は所用があってどちらにも参加する ことができません。今までこの手のシンポにはいそしそと出かけていたのに、とて も残念です。  そこで誠に身勝手なお願いですが、朝比奈ネム介さまをはじめ明日のシンポに参 加される予定のある方は、感想等をこの掲示板にてお教え願えませんでしょうか? 随分図々しいお願いで恐縮ですが、お聞き届けて下されば幸いです。特に朝比奈ネ ム介さま、勝手に名前を出してしまって申し訳ございません。 ナベさま  はじめまして、サクラと申します。私も大東亜戦争の敗戦によって、営々と培っ てきた日本民族の歴史、伝統、文化等といったものが分断され、そのことによる日 本民族の将来を憂う一人であります。日本人に生まれた喜び、脈々と続く素晴らし き日本の文化・伝統等々、微力ながら後世に伝えなくてはと思っております。こち らこそ、どうぞよろしくお願いします。 Time : 2001/ 4/20(金) 23:21:17
Name : サクラ E-mail : Title : 明日のシンポジウムについて Comments:  皆様ご高承の通り、明日は井沢先生が出席される憲法シンポとつくる会のシンポ が開かれます。ところが、残念なことに明日私は所用があってどちらにも参加する ことができません。今までこの手のシンポにはいそしそと出かけていたのに、とて も残念です。  そこで誠に身勝手なお願いですが、朝比奈ネム介さまをはじめ明日のシンポに参 加される予定のある方は、感想等をこの掲示板にてお教え願えませんでしょうか? 随分図々しいお願いで恐縮ですが、お聞き届けて下されば幸いです。特に朝比奈ネ ム介さま、勝手に名前を出してしまって申し訳ございません。 ナベさま  はじめまして、サクラと申します。私も大東亜戦争の敗戦によって、営々と培っ てきた日本民族の歴史、伝統、文化等といったものが分断され、そのことによる日 本民族の将来を憂う一人であります。日本人に生まれた喜び、脈々と続く素晴らし き日本の文化・伝統等々、微力ながら後世に伝えなくてはと思っております。こち らこそ、どうぞよろしくお願いします。 Time : 2001/ 4/20(金) 23:28:20
Name : 朝比奈ネム介 E-mail : Title : 明日の二つのシンポについて Comments: サクラ様、以前、二つのシンポについて投稿しました私ですが、私も所用で出席で きません。申し訳ありません。残念です。 Time : 2001/ 4/20(金) 23:34:04
Name : ナベ E-mail : Title : 明日のシンポはどこで Comments:  サクラさん明日のシンポはどこで何時に開催ですか。至急お知らせください。 Time : 2001/ 4/21(土) 00:02:19
Name : ナベ E-mail : Title : 分りました Comments:  サクラさん分りました  「諸君」5月号73ページに載ってました。  でも突然行って入れますか?文京シビックホールPM1時  でも兎に角行ってきます。 Time : 2001/ 4/21(土) 00:22:37
Name : サクラ E-mail : Title : 謝罪3連発 Comments: 朝比奈ネム介さま  そうですか、いろいろとご迷惑かけて申し訳有りません。 ナベさま  いろいろとバタバタさせてしまい、申し訳有りません。ぜひ、ご感想おまちして ます。 この掲示板に参加されてる方へ  同じ文章を2度も投稿してしまいました。お見苦しくて申し訳有りません。馬鹿 な奴と笑ってくださいな。 Time : 2001/ 4/21(土) 06:21:37
Name : ドクターブギ E-mail : Title : サクラさんへ Comments: 隣の隣では、それを「山びこの術」と言うそうです。 (命名・きんたろうさん) Time : 2001/ 4/21(土) 17:25:08
Name : サクラ E-mail : Title : またまたお詫び Comments: ドクターブギさま  おおっ!なるほど!ひとつ利口になりました。 それにしても、同じ投稿は2度ではなく3度でした。「あらし」ではありませんの で、あしからず。 シンポに参加された方へ  感想をお待ちしてます。どちらのシンポも関心大です。 Time : 2001/ 4/21(土) 20:40:27
Name : ナベ E-mail : Title : 行って来ました Comments:  サクラさん、行って来ました「作る会」でも難行苦行でした。  朝一でローソンでチケットが買えず、150人ほどのキャンセル待ちでやっと会 場へ、空席をやっと見付けたときは30分後、藤岡さんの挨拶が終わるころでした 。中は熱気ムンムンで、やっとここまで来たかと言う安堵感と良くやってくれたと 言う感謝の念で会場は盛り上がっていました。なにしろキーワードが出るだけで拍 手が凄く、パネラーも話を中断するほどでした。  個々の話は多過ぎて語れないので、西尾氏、西部氏、小林氏、田久保氏、黄氏、 西岡氏の内容を大まかに纏めますと、 @やっとここまで漕ぎ着けた、これは教科書だけではなく、大きく左に振れていた 歴史観がやっと正常になってきた証であり、今後も努力していく必要がある。  今後も幅広い国民の後押しが必要である。 A今の政治家、官僚は主に中国の味方(サヨク思考)であるため我々の主張を強力 に推し進めないと、負けてしまう。戦後教育を受けた人たちが各方面で要職に付い ているがその歴史観はお粗末であり、そのような善意ではあるが無知な人達に、サ ヨク史観から解き放つべく不断の努力が必要である。 B現にこの教科書を潰すため左翼のプロパガンダが始まっている。彼らはそうした 事に長けており油断はできない。正に森政権だから出来たので、次のポマード政権 が成立するようなことになれば、どんなことが起こるか解らないと心配している。 C台湾問題にも触れ、李氏の今回の問題で、政府、外務省、マスコミ、だけでなく 我々国民にも自由主義国の一員であり、言論、政治活動の自由と言う意識の欠如が 有って、反省すべき点が多々ある事を指摘しました。 D公民の教科書も検定をパスした事もあり、西部氏の説は専ら日本人の意気地のな さが指摘されました。  米国、中国、韓国に言われて、断固とした反論も出来ずただ反省するのみの日本 人を情けなく思い、自己主張をする韓国人、中国人が正邪は別として、人間として 日本人よりも評価出来るのではないかとの意見もありました。 E今後はいかにこの教科書を採用してもらうべく努力をするかに重点が置かれると して、各人の協力を願いたいと締め括りました。  以上が概略です  私もこのシンポジュウムに参加して、つくずく考えさせられました。  これでやっと普通の国、常識が語られる国になる一歩がふみだせたのかなと言う 思いがしました。しかしサヨクの粘り強さに対抗するためには、もっともっと努力 が必要だと言うことも感じました。  法政時代のサヨクの狡猾さの爪の垢でも取っておくべきだったかもしれません。    以上です   ナベより Time : 2001/ 4/21(土) 22:20:02
Name : rei E-mail : Title : ナベさん有り難うございます。 Comments: 僕も今日のシンポジウムには行きたかったのですが、所用がありましていけなかっ たクチです。 なんにせよ、はじめの一歩ということですね。 そういえば、今日のニュースで「つくる会」の教科書が市販されるということを行 ってました。そこには今日のシンポジウムの模様もうつされれていましたよ(余談 ではありますが) Time : 2001/ 4/21(土) 23:30:17
Name : サクラ E-mail : Title : ナベさん有り難うございます Comments:  「つくる会」シンポ、盛況だったようですね。返す返すも、自分がその場に居な かったことを残念に思います。個人的には、田久保氏の熱い語りやよしりんのギャ グはもちろん、黄氏の講演を聴いてみたかったですね。台湾人の彼にとって、小林 よしのり氏の台湾論や今回の李前総統訪日問題について、うかがってみたかったで す。何にせよ、後日「正論」あたりで掲載してくれないかな?  ところで井沢先生のシンポにはどなたか行かれましたでしょうか?あれは確か読 売新聞が主催だったと記憶してます。これも後日「This is 読売」あたり で掲載してくれないかな?次回のシンポはいつだろう? Time : 2001/ 4/22(日) 00:33:05
Name : サクラ E-mail : Title : ナベさん有り難うございます Comments:  「つくる会」シンポ、盛況だったようですね。返す返すも、自分がその場に居な かったことを残念に思います。個人的には、田久保氏の熱い語りやよしりんのギャ グはもちろん、黄氏の講演を聴いてみたかったですね。台湾人の彼にとって、小林 よしのり氏の台湾論や今回の李前総統訪日問題について、うかがってみたかったで す。何にせよ、後日「正論」あたりで掲載してくれないかな?  ところで井沢先生のシンポにはどなたか行かれましたでしょうか?あれは確か読 売新聞が主催だったと記憶してます。これも後日「This is 読売」あたり で掲載してくれないかな?次回のシンポはいつだろう? Time : 2001/ 4/22(日) 00:33:49
Name : DCM E-mail : Title : ナベさん有り難うございます Comments: なかなか出歩く機会が無かったので、 ご報告頂き感謝しております。 更に「つくる会」教科書も発売されるのですか? 時期はいつ頃なのでしょうね。 Time : 2001/ 4/22(日) 22:03:19
Name : ナベ E-mail : Title : 作る会 Comments:  DCMさんサクラさんこんばんは。教科書の市販は早くて来月のようです。私も 早く読みたく心待ちにしております。  ところで今回のシンポはよしりんと西尾氏が台湾論の件でギクシャクしておりま す関係で、当初それには触れない約束で始まりました。  黄氏は中国における歴史の扱いを説明されました。中国においては歴史は政治の 道具であり、日本のように純粋な歴史の研究など出来ない。いつもその時代の権力 者の都合の好いような歴史書を書くので真面目に考えても無駄である。また南京大 虐殺は古代から何度も行われており、日本があまり根拠のない数字に振り回される ことはない。と述べられていました。兎に角中国と言う国は適当な国のようです。 歴史の真実よりも政治的なプリパガンダが優先し真面目に考えるのが馬鹿馬鹿しい ようです。  確かに毛沢東の大躍進で2500万人、文化大革命で3000万人の犠牲者が有 ったと言われているのですから、モウタクサンと言った故藤原コウタツ氏の論も分 ります。  シンポのことは思い出すままに、ボツボツ書かせてください。 Time : 2001/ 4/22(日) 22:39:11
Name : ナベ E-mail : Title : 李登輝氏の来日 Comments:  今夜、李登輝氏が来日されました。日本にとって小慶の至り、と考えております 。これが条件なしのビザでしたら大慶でしたが、いやしくも自由と民主主義を標榜 する国が政治的な活動をしない事などと言う条件を付けるなど、恥ずべき行為だと 感じています。中国がどのような脅しを掛けようと断固原則を曲げないと言う気概 を示して欲しかったのですが、今の日本政府外務省にはないものねだりでしょうか 。でも森首相には最期の意地を見せてもらって、再評価している次第です。  今回の件では森さんの決断で日本が恥をかかなくて済んだと考えています。 Time : 2001/ 4/22(日) 22:58:09
Name : 朝比奈ネム介 E-mail : Title : 李登輝さんの来日 Comments: ナベさんの「つくる会」のご報告、とても参考になります。続編を楽しみにしてい ます。 今夕、李登輝さんの来日の模様が報道されていましたね。不思議と李さんは、高齢 にもかかわらず、見る人にとってとても元気を与えてくれますね。私的なことで少 々恐縮しますが、私の父よりも1歳上です。同じ陸軍少尉として徴兵されたと思い ますが。同じ時代を共有したのか...等と思ったりします。 Time : 2001/ 4/23(月) 00:04:19
Name : ナベ E-mail : Title : 再、作る会 Comments:  今晩は、作る会の続編、西岡氏の公演を思い出す限り書きます。  氏は朝鮮問題の専門家で有りますが、今回のシンポでは強烈な朝鮮半島の批判は せず、むしろ中国よりも韓国のほうが、自由化、民主化が進んでいるとの弁護が有 りました。  日本人は世界のどこでも日本と同じように民主主義が行き渡り、自由な発言が可 能だと考え勝ちですが、そんな国はそれこそほんのわずかしかない。フジモリさん のペルー、アキノさんのフィリピン、金さんの韓国、皆命掛けの言論世界なのです 。それが日本人には解っていない重大問題なのです。  西岡さんはそれでも韓国は随分良くなってきたよ、と説明されました。 少なく とも中国よりはましだし、日本より酷いと言われ、まるで比較文化人類学のような 説明でした。  現に韓国内にも、日韓併合時の朝鮮半島の事情を知れば、朝鮮にも問題が有った と考える人も出て来ている現実を無視できません。韓国も変わりつつあるのかも知 れません。もう少し凝視しつずける必要がありそうです。 Time : 2001/ 4/23(月) 19:23:12
Name : 横山雅彦 E-mail : Title : 小泉純一郎氏は Comments:  後醍醐天皇か徳川慶喜か? ・後醍醐天皇・・・鎌倉幕府倒幕に2度失敗し、隠岐に流されながらも3度目の正 直で倒幕に成功。しかしその当時の日本が抱えていた問題の解決よりは自らの信奉 する朱子学の理念の実現を優先したためあっけなく終了 ・徳川慶喜・・・アメリカ等が武力で開国を迫る危機的状況で選ばれた第14代将 軍は今でいえば中学生の年齢。それでどうしようもなくなって第15代将軍に就任 し、徳川幕府の幕を引いた Time : 2001/ 4/23(月) 23:23:52
Name : GS E-mail : Title : 小泉純一郎氏は… Comments: 後醍醐天皇か徳川慶喜かどうかは分かりませんが、政治家としてそれほど優れた人 材なのでしょうか…? 政策などでは加藤紘一氏の方が遥かに優れているように思えますし、資質としては 亀井氏の方が、総合でも橋龍より劣るように見えますが…。田中真紀子がついてい るせいかもしれませんが。 いずれにせよ、どんな政策を打ち出し、どんな組閣をするかがまずは見ものです。 Time : 2001/ 4/24(火) 00:09:48
Name : rei E-mail : Title : 小泉氏は・・・・・・・ Comments: うーん、ってところですか。 たしかにリーダーシップということでは亀井氏のほうがあるようには思いますが、 橋龍はちょっと・・・・・。麻生氏もそれほど悪くはないという話を聞きましたが 。 あと石原知事とどうやりあうかも見たい気がするのですが。 Time : 2001/ 4/24(火) 00:21:23
Name : サクラ E-mail : Title : 「つくる会」報告について Comments:  ナベさん、シンポ報告有り難うございます。黄氏・西岡氏の講演、興味深く読ま させていただきました。  黄氏の中国歴史観については全く同感です。何せあの国は・・・、まあいいや。 西岡氏については耳が痛いですな。確かに日本人のマインドとして、外国において も日本同様であると考えがちですよね。海外旅行に行ってる人達を見ていると、そ ういう感覚が抜けきれてないというか。私自身も、頭ではわかっているものの、外 国人と話が合ったりすると、自分と同化しているような感覚になるのです。理屈で はそれは錯覚ということがわかっていても、皮膚感覚として難しいですね。外国人 からすれば、その話題において共感しているのであって、他の部分では是々非々で あるのに。逆に批判されれば、何も相手は人格まで攻撃しているわけではないのに 非難されているかのごとく受け取ってしまいますから。ま、知識人から言わせると 「島国根性」とか「単一民族の弊害」と一言で済ませてしまうのでしょうけど。や っぱ、小さいとき見た一休さんのCMにて「世界は一家、人類はみな兄弟」のスロ ーガンに洗脳されたかしらん?    自民党総裁、小泉氏に決まりそうですが、私は皆さんのように彼に対しネガティ ブではありません。またその話は次回にしたいと思います(だって長くなるかも)  それから、また山びこやってしまいました。お見苦しくて申し訳有りません。 Time : 2001/ 4/24(火) 01:32:54
Name : ダーヴェル E-mail : Title : 今週のポスト Comments: しかし、大前研一という男はしょーもないなぁ。 都知事に選ばなくて良かった。 ずいぶん前から気になっているのだけど、 このヒト(と中谷明宏)の「本職」は一体なんなのだろう? 朝日より先に「小泉叩き」が始まったので驚いております(笑) かの石原慎太郎の代議士時代における評価と併せて、 「この国におけるリーダーシップ」 について考えるいい教材になりそうですね。 まぁ、「現在」を生きている我々にとっちゃ「教材」で済まない問題には違いない のですが。 Time : 2001/ 4/24(火) 01:55:09
Name : ナベ E-mail : Title : 私 自民党員? Comments:  私ナベにも自民党から投票券が送られてきました。私は一度も会費を払った覚え がありません。多分業界の政治連盟の幽霊党員なのでしょう。でも折角ですから投 票所を覗きにいきました。日曜日で大勢も決まりかけていたので麻生さんにいれて おきました。  さて小泉さんですが、もしこれで何も改革出来なければ真紀子さんと一緒に自民 党もお仕舞いでしょう。ただ不幸な事にそれに代わる野党がいません。一時は小沢 さんに期待した時期もあったのですが、今は切れがなくなりましたね。困った状況 です。菅、鳩山なんか国政は無理でしょう。せいぜい市長がいいところです。  暫らくは小泉さんのお手並み拝見と言うところです。 Time : 2001/ 4/24(火) 09:33:15
Name : サクラ E-mail : Title : 祝・小泉新総裁誕生 Comments:  新しい自民党総裁に小泉氏が目出度く(?)決定いたしました。昨晩、井沢ファ ンの友人と飲んでいたのですが、彼が小泉新総裁誕生に関する珍説を話していて、 それが面白かったものですから、皆さんにご披露したいと思います。  @そもそも森政権は、小渕首相の死という「ケガレ」からスタートした。  Aしたがって、誰もがこの政権の存続を望んでおらず、マスコミも恣意的な報道   多く、支持率・株価も下降していったのは自然の事であり、一刻も早く「ミソ   ギ」=新内閣発足が待ち望まれていた。  Bそこで新総裁を決めるのだが、4人の候補のうち全てが「ケガレ」内閣と拘わ   っていた。小泉氏は「ケガレ」内閣を支える森派会長、他の3人は「ケガレ」   内閣の閣僚であり、決め手に欠けていた。  Cしかしながら、小泉氏は起死回生の一撃を放つ。派閥離脱という「ミソギ」で   ある。他の候補が依然として「ケガレ」ている中で、この小泉氏の「ミソギ」   は、日本的情緒を最も解す政党である自民党党員を強く揺さぶり、結果として   小泉氏の地滑り的勝利に繋がったのである。  ・・・まあ、酔席での戯れ言ですので、まともなご批判や反論は受け付けかねま す(笑)。ま、彼の説によれば橋竜も閣僚を辞任すれば当選したのでしょうかね?  私は小泉氏については、昨日も申し上げた通りネガティブではありません、ただ し消去法ですが。いま国民が求めているのは、石原慎太郎氏も述べていましたが、 現状の閉塞感の打破というものがあります。これをやってくれそうな候補者は小泉 氏と亀井氏ではないでしょうか?あと、いまトップに求められるのはイメージから くる期待感でしょうけど、両氏を比較したら小泉氏になるでしょう。  そういう意味では期待されているうちに、有効な政策を実現させていけば、ひょ っとして・・・と、なるかもしれませんね。リーダーシップ云々と言う人がいるか もしれませんが、今回の総裁選はある意味、首相公選制に近いものでしたから、そ のなかで圧勝というのは、リーダーシップが充分発揮できると思いますけど・・。 皆さんはいかが思われますか? Time : 2001/ 4/24(火) 17:21:04
Name : rei E-mail : Title : 平時の反乱? Comments: のようなことを小泉新総裁はいってたようです。 僕もなんだかんだとは言いましたが、期待はしてます。(と自分に言い聞かせてま す(笑))悪い癖で物事をなんでも最悪な展開へと考えてしまうもので・・・・ とにかく、河野氏と宮沢氏をクビにしてくれればそれだけでも随分よくなるとは思 うのですが。 Time : 2001/ 4/24(火) 18:30:42
Name : ドクターブギ E-mail : Title : 面白い説です Comments: サクラさんの(友人の)説は面白いです。戯れ言にしておくのは実に勿体ない。 加藤紘一氏が財務大臣になるという説が最近よく聞かれますが、あの人は役職停止 だったと記憶しており、総裁権限でそんなに簡単に外せるものならそんなもん無く してしまえと思いました。 Time : 2001/ 4/24(火) 21:23:00
Name : 無常 E-mail : tommac@jcom.home.ne.jp Title : 韓国における日本の歴史教科書問題 Comments: 初めて「とまり木」します一商社マンです。 歴史教科書問題はいとま無くにマスコミの記事にのりますが、実際に一般の韓国人 がこの問題をどのように受け取っているか知る機会がないのではと筆(Key?)をと りました。説明は省きますが息子は韓国人です。ごく当たり前の大学生で現在兵役 中です。(韓国では兵役は男子国民の神聖な義務。) 父親の私が椅子から転げ落ちるほど驚いたのは、久しぶりに会った息子から出た発 言でした。いわく「日本人はけしからん。歴史を歪曲した教科書を右翼の煽動によ って作り上げ若い世代に偏向教育しようとしている。」私:「馬鹿言うな。お父さ んも未だ見たことが無い(未発売の)本の内容をどうしてお前が批評出来る。」息 子:「日本の一流新聞がそう書いているし、毎日、テレビ、ラジオ、新聞で流れて いる。知らないのはお父さんだけだ!」私:「では歴史の歪曲とは何か、どういう ことか議論しよう・・そもそも日本は民主主義国家であって・・・とえんえん朝ま で続き、終わったのは妻の「もう二人ともいい加減にしなさい!」の鶴の一声でし た。 眠い目を擦りながら会社に行きましたが、タクシーの中のラジオニュースでも「日 本の歴史教科書問題についてソウル大学のXXX教授の話では・・・・」と盛んに 煽っており、テレビニュースでもよくもそんなに毎日ネタがあるなと思うほど取り 上げています。一方この国では反論の機会が与えられていないようです。つくづく この問題は根が深いなと実感した次第。 父親を日本人にもつ韓国人で普通より日本びいきの若者にしてこの程度の認識です 、ましてや一般韓国人の認識が如何なるものか想像がつくかと思います。諸兄のご 参考までに。 Time : 2001/ 4/25(水) 12:06:04
Name : みや E-mail : Title : お邪魔します Comments: はじめまして。 このたび、井沢元彦氏応援サイト「言霊の国」を開設しました。 よろしければ一つお立ち寄りくださいませ。 http://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/3770/ >無常さん 父親を日本人に持ち、日本びいきありながらもその程度(失礼っ)の 認識なのでしょうか?? でも、やはり韓国内の風潮がそうさせてる面もあるのでしょうね。 ずっと日本に暮らしている在日韓国人の友人はその辺理解が深いようで、 「国(韓国)の人間は 何も知らないで騒いでいるだけだ。 かえってグズグズしてるようで情けない。」 と言いきってしまっていました。 Time : 2001/ 4/25(水) 19:13:26
Name : rei E-mail : Title : 今週のSAPIO Comments: 「韓・中・日の学者による教科書大論争」というものが載ってましたが、感想とし ては・・・・・もう駄目ですね、何を言っても。というのが率直な感想です。 サッカーファンの友人も韓国に不信感を抱きつつありましたし・・・・・。 小泉総裁も「憲法9条」「靖国参拝」のことでまた中・韓の重箱の隅つつきにあい そうだなあとも思うのですが。 Time : 2001/ 4/25(水) 20:57:40
Name : ドクターブギ E-mail : Title : みやさんへ Comments: 早速お邪魔しました。「pure soul」という言葉から、思わずこのたび首相になる小 泉純粋一郎氏を連想してしまいました。「日本を出てわかること」にはうまく入れ ませんでしたが。 Time : 2001/ 4/25(水) 21:05:27
Name : サクラ E-mail : Title : やっぱ駄目? Comments: 無常さんはじめまして、reiさんこんばんは。  お二人の韓国話を見ていて、また暗澹とした気分になりました。ついさっきまで 徳間書店の「日本の驕慢 韓国の傲慢(渡部昇一、呉善花)」を読んでいて、気分 が良くなっていたのですが・・・。やっぱ、呉さんが特別なのかな?私が呉ファン ということを割り引いても。  渡部氏の「何と言っても日本に来て住み着いているコリア人は多い。ということ は本当は−意識下では−日本を悪魔の国と思ってない証拠である。ところが表面で は−意識の上では−日本人の悪口を言い続けるコリア人は多い」や呉さんの「私の 考えでは(1997年の)経済崩壊は韓国にとってのはじめての「敗戦体験」だっ た。つまり今回の経済崩壊は、誰の責任にも転嫁できない自分たち自身の力量不足 による敗北と受け止められたからである。それは確かなことであり、本格的に自己 反省を深めた者たちのなかからは、日本統治を招いた韓国側の責任を問う動きがい くらか見られるようにもなった。私はこの「敗戦体験」によって、これまでのかた くなな反日姿勢がようやく変化する可能性が開かれたとみている」を読んで、小泉 氏のようにロマンチストな私は(笑)日韓に明るい日差しが差し込んだように思え たのですがねえ・・・。やっぱ駄目かな? ドクターブギさん  ウケてくれて素直にうれしいです。「ふざけるな」と、お叱りを受けるのではな いかと、実はヒヤヒヤしてました。また戯れ言あれば、ご紹介します。 Time : 2001/ 4/26(木) 00:03:53
Name : 無常 E-mail : Title : 歴史教科書問題 Comments: みやさん 私は韓国のごく普通の人が今回の歴史教科書問題に関して一般的にどのような認識 をもっているかをお話しました。あれだけ韓国マスコミがそろいもそろって一方的 に報道すれば誰だってそうならないのがおかしい。ただ残念なのは「そうではない 、こういう別の見方もある。」というバランスのとれた論説が無いか少ないように 思えます。そこで私の希望なのですが在日の方々は日本の実情がよくお分かりなの だから両国関係がおかしくならないように「何も知らないで騒いでいる。」と切っ て捨てないで同胞に日本の現実を説明してもらえないものでしょうか。日本人がす るより効果があるように思えるのですが。 Time : 2001/ 4/26(木) 05:55:22
Name : みや E-mail : Title : やはり韓国人としてのアイデンティティ? Comments: >ドクターブギさん 「pure soul」のほうまでお越しくださったようで、ありがとうございました。 小泉氏・・・ほんとうに自民党の過去のしがらみから脱却できるか、まずは組閣人事に 注目したいです。 「日本を出てわかること」のサイトは、時間帯によってはかなり重いらしいです。 今度ミラーサイトを作るといっていました。 >reiさん 精一杯持ち上げておいて一気に奈落の底に落とす、朝日新聞その他のマスコミの 常套手段はいつ出てくるのでしょうね?? さっそく地元の神戸新聞は「靖国参拝」「9条改正」に噛み付いていましたが。 >無常さん 僕もその友人にいってみたのですが、やはりそれは難しい・・・といっていました。 身内の中でも(彼は親戚も大勢日本にいるようです)やはり辛い立場になると。 一度ホームページ作りなども提案してみたのですがね。 それでもたまには日本の掲示板で「僕は日本に対して恥ずかしい」という発言をし ているようです。 そして、母国が執拗に日本を責めることで、かえって自分たち(在日)の肩身を 狭くしている部分もあることを韓国政府はわかってくれない、と。 しかし、これを堂々と言うにはやはり韓国の身内に対する考え方が厳しいのでしょ うか?(儒教??) 爪弾きにされるのを怖がっているようで。 Time : 2001/ 4/26(木) 11:28:27
Name : 業界総理 E-mail : Title : 狙嚇本部 Comments: 名威嚇粗瓜大臣 葬務大臣 害務大臣 罪務大臣 悶侮蚊蛾垢大臣 更正牢道大臣 膿淋衰惨大臣 刑罪惨行大臣 酷怒荒痛大臣 姦凶大臣 名威嚇姦謀長官 酷過荒暗委員長 暴餌胃腸長官 凝醒快覚嘆盗大臣 菌湧嘆盗大臣 Time : 2001/ 4/26(木) 13:04:22
Name : ナベ E-mail : Title : 「野中公務」のルーツ Comments:  昨日発売の週刊新潮26pに 《米誌が挑戦した「野中公務」のルーツ》という 記事がありました。  米「タイム」誌4;2号で野中氏の経歴がレポートされていることを書いて有り ます。それによると当初町議選の時は「burakumin」を否定も宣伝もしなかった。  その後国会議員になりたての頃、数回の演説で、自分の生い立ちを巧みに晒した。 と書いています。このことは永田町では常識であるが、日本のメディアは一切触れ ない、野中氏のバックグラウンドを知るために記事にしたと、T、ラリマー東京支 局長は語った。とあります。  私もやっと野中氏とその政治スタイルの不可思議さが解りました。  野中氏の中国、朝鮮問題への取り組み方、周りの議員達の接し方を見てて不思議 でした。それが目から鱗とはこのことで、よくわかりました。 Time : 2001/ 4/26(木) 14:31:39
Name : 朝比奈ネム介 E-mail : Title : 腐れ朝日新聞の質問 Comments: 今日、新内閣の閣僚が決まりましたね。人事に関しては、賛否両論でしょうが、 それはそれとして、夕方のNHKで閣僚の声明と記者たちの質疑応答が放映されて いました。たまたま見ていたんですが、この中で私が、とても異様に思ったこと。 まず、以下の7人の新閣僚への朝日新聞記者の質問は、あまりにもアホです。朝日 の低脳ぶりを、公共電波を使って国民の前にさらすなっといいたいよ。 朝日幹部の恣意的意向にそったものだとは思いますが...  片山、塩川、坂口、柳沢、森山、平沢、石原(までは見ていました)の7人に  対しての、朝日新聞記者の質問(全部みたわけではありませんが)。   「朝日新聞ですが...小泉総裁の靖国神社参拝発言に対して、参拝するか    否かを、その理由とあわせてお答えください」  との旨の発言。 まあ、一人、二人にこんな質問もあるかな...とは思っていたんですが、質問の 一発目が、すべてコレです。各大臣担当に関する質問をすべきはずなのに。 小中学生が見ても、何か変だよ...と感じると思いますが。朝日新聞内部の体質 は、『正論』だったか『諸君』だったかで、ちょっと前に誰かが書いていましたが 。あまりにも頭にきたので、朝日のHPに投稿してしまいました(関係のない産経に もメールしました)。 Time : 2001/ 4/26(木) 19:16:45
Name : ドクターブギ E-mail : Title : 閣僚への靖国参拝質問について Comments: ラジオで途中から聞いていましたが、聞いている時だけで田中真紀子氏ほか数人全 員に尋ねていました。聞いていて今更ながら呆れました。 Time : 2001/ 4/26(木) 21:21:11
Name : rei E-mail : Title : 外道朝日新聞の質問 Comments: 朝比奈さんにちょっとひっかけてみました。ごめんなさい(笑) 僕も見ました。おそらく、「そんなこと(参詣する)いうと中国・韓国尊師(もし くはグル)様がお怒りになられるぞー」と言いたいのではないでしょうか。 そういえば中国共産党日本支部の社民党は「タカ派」とか言ってたような・・・。 Time : 2001/ 4/26(木) 21:48:29
Name : DCM E-mail : Title : つまり朝日新聞は Comments: 雇用不安よりも、不景気打開よりも、少年犯罪の増加よりも・・・(略)・・・。 改善されるべきは対中国・韓国との関係と言っておられる訳で。 却ってスタンスが判り易くて良かったかも(笑 Time : 2001/ 4/26(木) 22:12:57
Name : ダーヴェル E-mail : Title : 大予言 Comments: 本日の石原知事会見でも同じ事を聞くに違いない。 都内の人はMXテレビをチェック! さて今週のSAPIO。 大前研一ってのはホントに・・・以下同文。 落合信彦が言ってたね。10年前くらいから。 しかも多分、同じ雑誌で。 Time : 2001/ 4/27(金) 09:31:41
Name : サクラ E-mail : Title : 朝日新聞は Comments:  「クオリティーペーパー(笑)」を気取ったり、主婦むけに大衆路線を打ち出し たりして誤魔化していたけど、結局はサヨクのイデオロギーに基づいてプロパガン ダする新聞ということが再認識されたということでしょう(ここに来ている皆さん には常識以前のことですけど)。  さらにこのスタンスを鮮明にすべく、朝日新聞を定期購読したら、かつての赤旗 みたいに「球根栽培法」をプレゼントするというのはいかがでしょう(笑)?洗剤 なんかより、サヨク読者は喜ぶんじゃないかな?って、過激なジョークでした。  冗談はさておき、石原都知事にも靖国参拝は質問するでしょうね。朝日はしつこ いからな。前回も前々回も三国人問題を質問してたから。 Time : 2001/ 4/27(金) 12:10:26
Name : rei E-mail : Title : はやっ!! Comments: 今石原知事の会見の再放送を見ましたが、記者には質問させずにすぐに終わってし まいました。 やはり靖国参拝のことを聞かれるのが面倒だったのでしょうか? Time : 2001/ 4/27(金) 21:18:34
Name : yuu E-mail : Title : 田中真紀子さん大丈夫? Comments: どうも河野さん2号のような気がするのは気のせいでしょうか?歴史教科書にして も言論弾圧しそうなコメントだったし。 小泉さんとは逆の立場っぽいしね 中国より台湾のほうが大事に決まってんだろうが!!! Time : 2001/ 4/28(土) 01:30:47
Name : 横山雅彦 E-mail : Title : 田中真紀子の限界? Comments:  田中真紀子は「日本のおばさん」なのではないだろうか。「日本のおばさん」だ から国民の永田町への不満をうまく吸い上げてそれを小泉氏への追い風に転化でき たのだと思う。だけど「日本のおばさん」であるが故に「(自分達と全く異なる原 理原則を持つ)他者」に無自覚で外交を「近所付き合い」の感覚でやってしまうの では。 それと何でまた外相に?国際経験が豊富とも聞いたこともない(文部科学大臣の遠 山敦子女史の方が大使経験がある) Time : 2001/ 4/28(土) 06:54:39
Name : そのこ E-mail : Title : 田中眞紀子 Comments: なんだかんだいっても、今の日本にはこういう方も必要なのだと思います。 あのオバサン調は自分でも決して好きじゃないし、外相の品位という問題も あるとは思いますが、かといって他に適任者がいるわけでもなく、彼女が 今日の閉塞した日本外交に新風を吹き込むのなら、それはそれでいいのでは ないかと。いずれにしても、とにかく失言には気をつけて、評判を不必要に 落とすようなことだけはないようにと、心から願ってやみません。 話は飛びますが、娘が外相、息子が官房長官で内閣に肩を並べているのを 見ると、つくづく「角福の怨念」も今は昔の物語となったのが感じられます。 Time : 2001/ 4/28(土) 07:56:47
Name : yuu E-mail : Title : 台所感覚で外交するのかな?国民の身にもなれっつーの Comments: 英語が堪能らしいけど、結局外務官僚のいいようにやられてしまうのではと心配で す。自民党にいる以上、思い切った事(北朝鮮への援助廃止とか)はできないだろう し。あんなに批判して離党しないのは、なんなんでしょう? よほどおいしい事があるんでしょうか? Time : 2001/ 4/28(土) 09:45:37
Name : ナベ E-mail : Title : やはり変だよ田中真紀子 Comments:  yuuさんと同じ意見です。今回の会見での発言に「捻じ曲げた歴史教科書を書 く人がいるんですね」と言っていました。オイオイチョット違うんでねーの。  これであのカクエイさんの娘かよ、と思わせる発言、認識、でした。  先日の「作る会」のシンポで西部氏が言っていた、東京裁判史観を無条件に受け 入れて恥じない人達が今社会の上層部にも多くいる。その見本のような人です。  GHQの7年に及ぶ洗脳教育で日本人が奴隷の平和を望むようになって、50年 未だにマインドコントロールが解けない人が一杯いることが驚きです。  やはり勉強しないのかなー歴史のこと自分自身の有り方など  わからん Time : 2001/ 4/28(土) 10:20:03
Name : ナベ E-mail : Title : 今週のSAPIO Comments:  reiさん私も読みました。一言で言ってどの国も自分中心の歴史観をもってい て、互いに譲れない。しかし韓、中は日本に対してだけは自分達に合わせろ。とい ってるわけで、お人好しの日本がこずき回されている図に見えます。  この原因は敗戦後日本人がGHQによる7年もの洗脳のため、すっかり自信をな くし、するべき反論も、理論武装もしてこなっかったためだと思われます。  今回の李登輝氏、教科書にしろ最初の脅し程には反発は少ないのを見て解る通り 、まず日本の国益に沿った大方針をガツンと相手にぶつけて、断固やるんだという 態度を示すことだと考えます。ダダッコをなだめすかすよりは、1ぱつガツンと かますほうが子供の教育にも効果があります。舐めた奴にはそうするのが一番です  日本は韓や中がなくてもどうってことないですが、彼らにとっては日本なしでは 今までどうりにはやっていけないでしょう。イザとなればODAをなくして日本の 防衛に回せばいいことです。TMDには金がかかります。でも防衛兵器です。 Time : 2001/ 4/28(土) 12:56:58
Name : 中央日報の記事から E-mail : Title : 韓国一流紙の社説でもこの程度の日本分析なんですよ Comments: 中央日報  4月25日 「小泉新総裁 ─ 人事で派閥配分原則破る」 南潤昊(ナム・ユンホ)特派員 自民党新総裁に就任した小泉順一郎氏は「脱派閥戦略」を掲げて、自民党最大派閥 である 橋本派の牙城を崩すのに成功した。小泉氏はこの勢いで、党三役人事や内閣人事時 に「派 閥配分」原則を破ると語った。 これを受けて、これまで以上に破格的人選が行われると見られる。ただ小泉氏が掲 げた国 政全般の改革にふさわしい独自の色彩を帯びた人事がなされるかどうかは未知数だ 。 小泉氏は一匹狼で小泉氏寄りの人物がいないうえ、基本的に森喜朗首相の側近であ るため だ。小泉氏が選挙直前、派閥を脱退するまで森派会長を務めていただけに、森氏の 影響が 作用するのは明らかだ。 Time : 2001/ 4/28(土) 13:36:01
Name : 朝比奈ネム介 E-mail : Title : 田中外相の外交路線 Comments: まだ、日本外交のスタンスがどのようになっていくか、わかりませんね。 ただ、マスコミのインタヴューへの発言として中韓がよろこびそうな(?) 内容が多いようです。「謝罪と補償という外交カードを切ってきている、 北朝鮮に対しては、韓国を通じてバックアップして早く国際社会に復帰 できるような策を考えていきたい」って、ものもあるようで。 国内での発言では何とでもコメントできるでしょうが、少なくとも、中韓を訪問 した時に、変な「約束」をして「何とか共同声明」なんて出さないでくれよ。 拘束力を持たないはずの「近隣諸国条項」(ですよね?)さえもたてにとって、 ウダウダ言う中韓に、これ以上のカードを与えないでほしいよ。私の勝手な 憶測ですが、田中外相は、中韓は何とか手なずけることができるはず、などと 思ってないでしょうね。逆に手なずけられて、日本に不利な「約束」に従って、 実現すべく日本国内にその豪腕ぶりを発揮しないように、願いたい。 ちょっと不安...。 Time : 2001/ 4/28(土) 19:06:01
Name : rei E-mail : Title : 「ハト派」の外相「タカ派」の総理 Comments: というところでしょうか。 どうなるかは、結局は小泉総理しだいでしょうね。 Time : 2001/ 4/28(土) 19:40:50
Name : サクラ E-mail : Title : 田中外相について Comments:  私も「つくる会」教科書批判したときにはブッとびましたが(しかもあれは多分 読まずに思い込みだけで批判したのでしょう)、中国大陸に利権を持つ橋本派のヒ モ付きではないから、前外相よりはまだマシかも(もっとも前外相に比べたら誰で もマシだろうけど)。  それに、自民党の明日をつくる会の誰だかが言ってましたが(塩崎氏か渡辺氏) 田中氏は、日本語ではエキセントリックだが英語になると非常に論理的になる、と いう意味のことを言ってました。おそらく、彼女は論理的思考もできるよ、と言い たかったのでしょう。もっとも、その発言は彼女がつくる会(まぎらわしいね)に 入会していた当時のことですので、多少割り引かなくてはなりませんが・・・。  話は変わりますが、韓国ではまた対日非難の火種がおこりましたね。なんでも、 2002年日韓W杯のマスコット命名で韓国が反発してるそうです。公式マスコッ ト名のアトー(ATO)は「鉄腕アトム」を、キャズ(KAZ)は三浦知良選手の カズを連想させるとした上で「日本色が濃い」だそうな(笑)。ムチャクチャです ね。朝日新聞系の日刊スポーツですら「あくまでネーミングは一般投票で決まった もので、ここまでくると韓国側の注文も反日感情をむき出しにした単なる言い掛か りのようだ。 」と、論評してるくらいだもん。ま、田中外相!まずはこれをどう乗 り切る?まさか、もう一度一般投票やり直そうなんてホザくんじゃないだろうね。 Time : 2001/ 4/28(土) 22:30:19
Name : yuu E-mail : Title : 読売新聞のカルマパ17世 Comments: 名前はあってないかもしれません。チベットを抜け出した人です。名の二個の新聞 では「中国」を脱出と書いてあった。これはあまりにもひどすぎる。なぜそこまで きをつかわねばならんのか?しかも抜け出した目的が、布教目的で政治活動は行わ ないらしい。亡命自体が政治目的なんちゃうのか?普通に生活できている人間なら 、わざわざ他人のためにあの山脈を命がけで越えようとは思わない事ぐらいわから ないのだろうか?新聞記者やテレビ局には優秀な人間しか入社できないと、就活な のでよく聞くけど、本当にそうなん?といいたくなる今日この頃。 Time : 2001/ 4/28(土) 23:21:07
Name : rei E-mail : Title : 大学受験には朝日新聞 Comments: yuuさんへ 井沢先生もかつておっしゃってましたが、松本清張のような作家でも学歴がないか ら朝日新聞には入れないけど、朝日が批判する自民党は田中角栄のような学歴のな い人間でも能力があれば総裁になれるだけましだと言われたことを思い出しました 。 サクラさんへ 本当ですか?なんか韓国ってすごいですね。はっきりいって小学生のいじめっこの レベルよりも低いのでは?と思ってます。いいかげんにしないと「反韓」運動が日 本国内でおこるんじゃあないですかね?(というか、起こった方がいいような気が 個人的にはしています) Time : 2001/ 4/28(土) 23:59:59
Name : アローラ E-mail : Title : 反韓運動大賛成(穏やかなものなら) Comments: 運動自体が穏やかではないか。あは。言いがかりもここまでくるとギャグになって るね。日本国内で自分たちがどのように見られているか少しは客観視してほしいも のですな。新聞報道と一般市民の心の中は違うんだから。 反日活動家は、日本で普通に暮らしている韓国人の方、在日の方にまで、被害が及 ぶかもしれない可能性を考えてみてチョンマゲ。 Time : 2001/ 4/29(日) 00:08:35
Name : ナベ E-mail : Title : キョポ Comments:  韓国人てえのはわかんねー人種よ。韓国では日本に住んでいる韓国人の事をキョ ポと言って差別すんのよ。ましてや朝鮮語を話せねえ朝鮮人は最も軽蔑するアンベ ーよ。そのくせ日本にいる韓国人は日本に帰化するでもなく、韓国にケールでもな くウジウジしてるてーるのよ。でもこれにはこてーられねーメリットがあるのよ。  まずでえ一に、国にけえれば兵役の義務が待っているてえワケよ。所が日本にい ればそれはなし、思う存分自由が楽しめるてえ仕掛けだよ。日本では最近差別もす くなくなったし、能力さえあればいいとこまでいけるし、こいつはこたえられねえ てえもんだ。要するに二股膏薬をかけて、好いとこ取りするてえのは今時の朝鮮人 の流行(はやり)てえもんさ。おめーらもウラヤマシかったら朝鮮籍をとりな。 もっといい事おせーてやるからよ。ただし人としての誇りは抜きだぜ。 Time : 2001/ 4/29(日) 01:17:55
Name : あなたもなりたい E-mail : Title : 外務大臣 Comments: 伊藤〔第一次〕      井上 馨         明治18.12.22              伊藤 博文(臨時兼任)  明治20.09.17              大隈 重信        明治21.02.01 黒田           大隈 重信        明治21.04.30 山縣〔第一次〕      青木 周藏        明治22.12.24 松方〔第一次〕      青木 周藏        明治24.05.06              榎本 武揚        明治24.05.29 伊藤〔第二次〕      陸奥 宗光        明治25.08.08              西園寺 公望(兼任)   明治29.05.30 松方〔第二次〕      西園寺 公望(兼任)   明治29.09.18              大隈 重信        明治29.09.22              西 徳二郎        明治30.11.06 伊藤〔第三次〕      西 徳二郎        明治31.01.12 大隈〔第一次〕      大隈 重信(兼任)    明治31.06.30 山縣〔第二次〕      青木 周藏        明治31.11.08 桂〔第一次〕       曾禰 荒助(臨時兼任)  明治34.06.02              小村 壽太郎       明治34.09.21 西園寺〔第一次〕     加藤 高明        明治39.01.07              西園寺 公望(臨時兼任) 明治39.03.03              林 董          明治39.05.19 桂〔第二次〕       寺内 正毅(臨時兼任)  明治41.07.14              小村 壽太郎       明治41.08.27 西園寺〔第二次〕     内田 康哉        明治44.08.30 桂〔第三次〕       桂 太郎(兼任)     大正01.12.21              加藤 高明        大正02.01.29 山本〔第一次〕      牧野 伸顯        大正02.02.20 大隈〔第二次〕      加藤 高明        大正03.04.16              大隈 重信(兼任)    大正04.08.10              石井 菊次郎       大正04.10.13 寺内           寺内 正毅(臨時兼任)  大正05.10.09              本野 一郎        大正05.11.21              後藤 新平        大正07.04.23 原            内田 康哉        大正07.09.29 高橋           内田 康哉        大正10.11.13 加藤友          内田 康哉        大正11.06.12 山本〔第二次〕      山本 權兵衞(兼任)   大正12.09.02              伊集院 彦吉       大正12.09.19 清浦           松井 慶四郎       大正13.01.07 加藤高          幣原 喜重郎       大正13.06.11 若槻〔第一次〕      幣原 喜重郎       大正15.01.30 田中義          田中 義一(兼任)    昭和02.04.20 濱口           幣原 喜重郎       昭和04.07.02 若槻〔第二次〕      幣原 喜重郎       昭和06.04.14 犬養           犬養 毅(兼任)     昭和06.12.12              芳澤 謙吉        昭和07.01.14 齋藤           齋藤 實(兼任)     昭和07.05.26              内田 康哉        昭和07.07.06              廣田 弘毅        昭和08.09.14 岡田           廣田 弘毅        昭和09.07.08 廣田           廣田 弘毅(兼任)    昭和11.03.09              有田 八郎        昭和11.04.02 林            林 銑十郎(兼任)    昭和12.02.02              佐藤 尚武        昭和12.03.03 近衞〔第一次〕      廣田 弘毅        昭和12.06.04              宇垣 一成        昭和13.05.26              近衞 文麿(兼任)    昭和13.09.30              有田 八郎        昭和13.10.29 平沼           有田 八郎        昭和14.01.05 阿部           阿部 信行(兼任)    昭和14.08.30              野村 吉三郎       昭和14.09.25 米内           有田 八郎        昭和15.01.16 近衞〔第二次〕      松岡 洋右        昭和15.07.22 近衞〔第三次〕      豐田 貞次郎       昭和16.07.18 東條           東郷 茂徳        昭和16.10.18              東條 英機(兼任)    昭和17.09.01              谷 正之         昭和17.09.17              重光 葵         昭和18.04.20 小磯           重光 葵         昭和19.07.22 鈴木貫          鈴木 貫太郎(兼任)   昭和20.04.07              東郷 茂徳        昭和20.04.09 東久邇          重光 葵         昭和20.08.17              吉田 茂         昭和20.09.15 幣原           吉田 茂         昭和20.10.09 吉田〔第一次〕      吉田 茂(兼任)     昭和21.05.22 片山           片山 哲(事務取扱)   昭和22.05.24              芦田 均         昭和22.06.01 芦田           芦田 均(兼任)     昭和23.03.10 吉田〔第二次〕      吉田 茂(事務取扱)   昭和23.10.15              吉田 茂(兼任)     昭和23.10.19 吉田〔第三次〕      吉田 茂(兼任)     昭和24.02.16 吉田〔第三次改造1〕   吉田 茂(兼任)     昭和25.06.28 吉田〔第三次改造2〕   吉田 茂(兼任)     昭和26.07.04 吉田〔第三次改造3〕   吉田 茂(兼任)     昭和26.12.26              岡崎 勝男        昭和27.04.01 吉田〔第四次〕      岡崎 勝男        昭和27.10.30 吉田〔第五次〕      岡崎 勝男        昭和28.05.21 鳩山〔第一次〕      重光 葵         昭和29.12.10 鳩山〔第二次〕      重光 葵         昭和30.03.19 鳩山〔第三次〕      重光 葵         昭和30.11.22 石橋           石橋 湛山(事務取扱)  昭和31.12.23              岸 信介         昭和31.12.23 岸〔第一次改造〕     岸 信介         昭和32.02.25 岸〔第二次〕       藤山 愛一郎       昭和33.06.12 岸〔第二次改造〕     藤山 愛一郎       昭和34.06.18 池田〔第一次〕      小坂 善太郎       昭和35.07.19 池田〔第二次〕      小坂 善太郎       昭和35.12.08 池田〔第二次改造1〕   小坂 善太郎       昭和36.07.18 池田〔第二次改造2〕   大平 正芳        昭和37.07.18 池田〔第二次改造3〕   大平 正芳        昭和38.07.18 池田〔第三次〕      大平 正芳        昭和38.12.09 池田〔第三次改造〕    椎名 悦三郎       昭和39.07.18 佐藤〔第一次〕      椎名 悦三郎       昭和39.11.09 佐藤〔第一次改造1〕   椎名 悦三郎       昭和40.06.03 佐藤〔第一次改造2〕   椎名 悦三郎       昭和41.08.01 佐藤〔第一次改造3〕   三木 武夫        昭和41.12.03 佐藤〔第二次〕      三木 武夫        昭和42.02.17 佐藤〔第二次改造1〕   三木 武夫        昭和42.11.25              佐藤 榮作(臨時代理)  昭和43.10.29 佐藤〔第二次改造2〕   愛知 揆一        昭和43.11.30 佐藤〔第三次〕      愛知 揆一        昭和45.01.14 佐藤〔第三次改造〕    福田 赳夫        昭和46.07.05 田中角〔第一次〕     大平 正芳        昭和47.07.07 田中角〔第二次〕     大平 正芳        昭和47.12.22 田中角〔第二次改造1〕  大平 正芳        昭和48.11.25              木村 俊夫        昭和49.07.16 田中角〔第二次改造2〕  木村 俊夫        昭和49.11.11 三木           宮沢 喜一        昭和49.12.09 三木〔改造〕       小坂 善太郎       昭和51.09.15 福田           鳩山 威一郎       昭和51.12.24 福田〔改造〕       園田 直         昭和52.11.28 大平〔第一次〕      園田 直         昭和53.12.07 大平〔第二次〕      大来 佐武郎       昭和54.11.09 鈴木善          伊東 正義        昭和55.07.17              園田 直         昭和56.05.18 鈴木善〔改造〕      櫻内 義雄        昭和56.11.30 中曾根〔第一次〕     安倍 晋太郎       昭和57.11.27 中曾根〔第二次〕     安倍 晋太郎       昭和58.12.27 中曾根〔第二次改造1〕  安倍 晋太郎       昭和59.11.01 中曾根〔第二次改造2〕  安倍 晋太郎       昭和60.12.28 中曾根〔第三次〕     倉成 正         昭和61.07.22 竹下           宇野 宗佑        昭和62.11.06 竹下〔改造〕       宇野 宗佑        昭和63.12.27 宇野           三塚 博         平成01.06.03 海部〔第一次〕      中山 太郎        平成01.08.10 海部〔第二次〕      中山 太郎        平成02.02.28 海部〔第二次改造〕    中山 太郎        平成02.12.29 宮澤           渡辺 美智雄       平成03.11.05 宮澤〔改造〕       渡辺 美智雄       平成04.12.12              武藤 嘉文        平成05.04.08 細川           羽田 孜         平成05.08.09 羽田           羽田 孜(事務取扱)   平成06.04.28              柿澤 弘治        平成06.04.28 村山           河野 洋平        平成06.06.30 村山〔改造〕       河野 洋平        平成07.08.08 橋本〔第一次〕      池田 行彦        平成08.01.11 橋本〔第二次〕      池田 行彦        平成08.11.07 橋本〔第二次改造〕    小渕 惠三        平成09.09.11 小渕           高村 正彦        平成10.07.30 小渕〔改造1〕      高村 正彦        平成11.01.14 小渕〔改造2〕      河野 洋平        平成11.10.05 森〔第一次〕       河野 洋平        平成12.04.05 森〔第二次〕       河野 洋平        平成12.07.04 森〔第二次改造〕     河野 洋平        平成12.12.05 森〔省庁改編後〕     河野 洋平        平成13.01.06 小泉           田中 眞紀子       平成13.04.26 Time : 2001/ 4/29(日) 10:03:33
Name : ナベ E-mail : Title : ご苦労さん Comments:  あなたもなりたいさんご苦労さん。  あのペルーの大使館事件のときの青木無能傲慢大使は明治の青木周蔵さんの孫な のか、  昔の商家の戒めに「一代目はミノを被り、二代目は羽織を着、三代目は コモ被る」そんなことのないように自らを戒めよ。と言うのがありますが、あの三 代目はミノ被りではなく、今でもアフリカのどこかの大使をやっているとのこと。  日本の外務省は甘いな、だから中や韓に舐められるのだろうなあ。 Time : 2001/ 4/29(日) 14:50:22
Name : ナベ E-mail : Title : 訂正のお願い Comments:  前回のメール中、5行目「ミノ被り」は「コモ被り」の間違いでした。訂正しま す。 Time : 2001/ 4/29(日) 15:02:17
Name : mm E-mail : Title : こう言っては悪いが Comments:  ・・それにしても、まー、こちらはヒマな方だらけのようですね。さすがとまり 木と言う所ですね。  隣でも書きましたが、「変人首相」はそれならに評価していますが、改革が失敗 に終わったら、それは「自民党の崩壊」にすぐ繋がる筈です。 Time : 2001/ 4/29(日) 15:39:14
Name : rei E-mail : Title : ヒマ人です(笑) Comments: mmさんへ>たしかにそうかもしれませんが、隣の2つのようになるよりはましかと は思うのですが。 Time : 2001/ 4/29(日) 17:09:53
Name : yuu E-mail : Title : あの驚異的支持率は? Comments: グリーンスパン議長言うところの「根拠なき熱狂」なのでは? いままで散々政治家には裏切られてきたのに(細川さん、青島さん他)。 しかも小泉さん元森派なのに、森さんとは何でこんなに違うんでしょう? もしこれで日本が改革されれば、森さんにも功績があるでしょう。一人で全部かぶ ったおかげで小泉さんに追い風が吹いてるわけだから。 Time : 2001/ 4/29(日) 17:20:38
Name : 2m E-mail : Title : いいかげんにしてほしいですね Comments: reiさんへ >隣の2つのようになるよりはましかとは思うのですが。 くだらない投稿をする人が荒らしているのです。すぐに他人を厨房扱いしたり、揚 げ足取りの上での「妄想」や「誹謗中傷」をしている人は自覚がある筈です。また 、ウサチュウさんやなかのさんなど、まともな議論のできない人が少なくないよう です。・・というより、反論をされるのを嫌がって議論を避けていると2mは見てい ます。  あと、反日日本人のことを「ブサヨク」と言うそうです。2mが最も嫌う人たちで す。 mmへ  しかしまたですか・・。くっだらない事をする人がいるものですね・・。一体何 人の煽りがいるのですか。いいかげんにしてほしいですね。 Time : 2001/ 4/29(日) 17:32:32
Name : 大江戸捜査網 E-mail : Title : くだらない奴ら Comments: 何の中味もないくだらない書き込しかできない低脳児が、 少なくとも中味はある誰ぞやの暇人の労作を評して、 くっだらない事をする人がいるものですねとは、 まったくいいかげんにしてほしいですね。 ここはあんたの出る幕じゃないよ、にえむ。 Time : 2001/ 4/29(日) 18:36:41
Name : ナベ E-mail : Title : 便所の落書き Comments:  隣は完全に便所の落書人に掻き回されていますね。顔が見えないとこういう状態 になります。でもこれは我々自身の中にもあるもので、反省するは我にあり、かも しれません。  YUUさん今日は。小泉内閣人気は日本人のヤケクソ人気ではないでしょうか。 日本人自身現状を変えたいと思っていても何も変えられない。総論賛成、各論反対  トルシエさんとゴーンさんを見て解ります。やるべき事は解り過ぎるほど解って いても日本人には誰も実行できないのです。信長のように、あらゆるシガラミを絶 って信念を貫く、なんてことをやる勇気はありません。そして外人にはツテと情に よるプレッシャーが掛けられません。  もし小泉さんが正論を押し立てて、実行しようとした時に、国民、政治屋、マス コミがどのような反論をするか、見詰める必要があります。  ここ100日が正念場でしょう。  もしここで失敗すればサッチャーさんにでも頼むしかないでしょう、残念ながら。 Time : 2001/ 4/29(日) 18:46:32
Name : サクラ E-mail : Title : ナベさんへ Comments:  サッチャーさん、いいですね。井沢先生もサッチャーさんやゴルビーのように、 優秀な失業者(?)に日本政府は何故触手をのばさない?と仰ってましたけど、小 泉さんで失敗したら本気でサッチャーさんに頼むのも手かも。 Time : 2001/ 4/29(日) 19:37:29
Name : yuu E-mail : Title : サッチャーさん引き受けてくれるといいけど Comments: 日本が復活して、ヨーロッパやイギリスが割を食う事になったら元も子もないから 、やってくれないような気がする。それなら、李登輝さんに頼みましょう。でも年 だし、病気もあるし難しいか。マハティールさんは?愛国心のあまり、逆に規制強 化しそうだ。 今、頼りになる政治家って世界にも少ないのではないのでしょうか?ちなみに今日 CNNでフセイン大統領の誕生日の模様やってました。 Time : 2001/ 4/29(日) 19:51:16
Name : あなたもなりたい E-mail : Title : 大蔵大臣・財務大臣 Comments: 伊藤〔第一次〕      松方 正義        明治18.12.22 黒田           松方 正義        明治21.04.30 山縣〔第一次〕      松方 正義        明治22.12.24 松方〔第一次〕      松方 正義(兼任)    明治24.05.06 伊藤〔第二次〕      渡邊 國武        明治25.08.08              松方 正義        明治28.03.17              渡邊 國武(兼任)    明治28.08.27              渡邊 國武        明治28.04.14 松方〔第二次〕      松方 正義(兼任)    明治29.09.18 伊藤〔第三次〕      井上 馨         明治31.01.12 大隈〔第一次〕      松田 正久        明治31.06.30 山縣〔第二次〕      松方 正義        明治31.11.08 伊藤〔第四次〕      渡邊 國武        明治31.01.12              西園寺 公望(臨時兼任) 明治34.05.14 桂〔第一次〕       曾禰 荒助        明治34.06.02 西園寺〔第一次〕     阪谷 芳郎        明治39.01.07              松田 正久(兼任)    明治41.01.14              松田 正久        明治41.03.25 桂〔第二次〕       桂 太郎         明治41.07.14 西園寺〔第二次〕     山本 達雄        明治44.08.30 桂〔第三次〕       若槻 禮次郎       大正01.12.21 山本〔第一次〕      高橋 是清        大正02.02.20 大隈〔第二次〕      若槻 禮次郎       大正03.04.16              武富 時敏        大正04.08.10 寺内           寺内 正毅(兼任)    大正05.10.09              勝田 主計        大正05.12.16 原            高橋 是清        大正07.09.29 高橋           高橋 是清(兼任)    大正10.11.13 加藤友          市来 乙彦        大正11.06.12 山本〔第二次〕      井上 準之助       大正12.09.02 清浦           勝田 主計        大正13.01.07 加藤高          濱口 雄幸        大正13.06.11 若槻〔第一次〕      濱口 雄幸        大正15.01.30              早速 整爾        大正15.06.03              片岡 直温        大正15.09.14 田中義          高橋 是清        昭和02.04.20              三土 忠造        昭和02.06.02 濱口           井上 準之助       昭和04.07.02 若槻〔第二次〕      井上 準之助       昭和06.04.14 犬養           高橋 是清        昭和06.12.12 齋藤           高橋 是清        昭和07.05.26 岡田           藤井 眞信        昭和09.07.08              高橋 是清        昭和09.11.27              (欠員)         昭和11.02.26              町田 忠治(兼任)    昭和11.02.27 廣田           馬場<金英>一      昭和11.03.09 林            結城 豊太郎)      昭和12.02.02 近衞〔第一次〕      賀屋 興宣        昭和12.06.04              池田 成彬        昭和13.05.26 平沼           石渡 莊太郎       昭和14.01.05 阿部           青木 一男        昭和14.08.30 米内           櫻内 幸雄        昭和15.01.16 近衞〔第二次〕      河田 烈         昭和15.07.22 近衞〔第三次〕      小倉 正恒        昭和16.07.18 東條           賀屋 興宣        昭和16.10.18              石渡 莊太郎       昭和19.02.19 小磯           石渡 莊太郎       昭和19.07.22              津島 壽一        昭和20.02.21 鈴木貫          廣瀬 豐作        昭和20.04.07 東久邇          津島 壽一        昭和20.08.17 幣原           澁澤 敬三        昭和20.10.09 吉田〔第一次〕      石橋 湛山        昭和21.05.22 片山           片山 哲(事務取扱)   昭和22.05.24              矢野 庄太郎       昭和22.06.01              栗栖 赳夫        昭和22.06.25 芦田           北村 徳太郎       昭和23.03.10 吉田〔第二次〕      吉田 茂(事務取扱)   昭和23.10.15              泉山 三六        昭和23.10.19              大屋 晋三六       昭和23.12.14 吉田〔第三次〕      池田 勇人        昭和24.02.16 吉田〔第三次改造1〕   池田 勇人        昭和25.06.28 吉田〔第三次改造2〕   池田 勇人        昭和26.07.04 吉田〔第三次改造3〕   池田 勇人        昭和26.12.26 吉田〔第四次〕      向井 忠晴        昭和27.10.30 吉田〔第五次〕      小笠原 三九郎      昭和28.05.21 鳩山〔第一次〕      一萬田 尚登       昭和29.12.10 鳩山〔第二次〕      一萬田 尚登       昭和30.03.19 鳩山〔第三次〕      一萬田 尚登       昭和30.11.22 石橋           石橋 湛山(事務取扱)  昭和31.12.23              池田 勇人        昭和31.12.23 岸            池田 勇人        昭和32.02.25 岸〔第一次改造〕     一萬田 尚登       昭和32.07.10 岸〔第二次〕       佐藤 榮作        昭和33.06.12 岸〔第二次改造〕     佐藤 榮作        昭和34.06.18 池田〔第一次〕      水田 三喜男       昭和35.07.19 池田〔第二次〕      水田 三喜男       昭和35.12.08 池田〔第二次改造1〕   水田 三喜男       昭和36.07.18 池田〔第二次改造2〕   田中 角榮        昭和37.07.18 池田〔第二次改造3〕   田中 角榮        昭和38.07.18 池田〔第三次〕      田中 角榮        昭和38.12.09 池田〔第三次改造〕    田中 角榮        昭和39.07.18 佐藤〔第一次〕      田中 角榮        昭和39.11.09 佐藤〔第一次改造1〕   福田 赳夫        昭和40.06.03 佐藤〔第一次改造2〕   福田 赳夫        昭和41.08.01 佐藤〔第一次改造3〕   水田 三喜男       昭和41.12.03 佐藤〔第二次〕      水田 三喜男       昭和42.02.17 佐藤〔第二次改造1〕   水田 三喜男       昭和42.11.25 佐藤〔第二次改造2〕   福田 赳夫        昭和43.11.30 佐藤〔第三次〕      福田 赳夫        昭和45.01.14 佐藤〔第三次改造〕    水田 三喜男       昭和46.07.05 田中角〔第一次〕     植木 庚子郎       昭和47.07.07 田中角〔第二次〕     愛知 揆一        昭和47.12.22              田中 角榮(臨時代理)  昭和48.11.23 田中角〔第二次改造1〕  福田 赳夫        昭和48.11.25              大平 正芳        昭和49.07.16 田中角〔第二次改造2〕  大平 正芳        昭和49.11.11 三木           大平 正芳        昭和49.12.09 三木〔改造〕       大平 正芳        昭和51.09.15 福田           坊 秀男         昭和51.12.24 福田〔改造〕       村山 達雄        昭和52.11.28 大平〔第一次〕      金子 一平        昭和53.12.07 大平〔第二次〕      竹下 登         昭和54.11.09 鈴木善          渡辺 美智雄       昭和55.07.17 鈴木善〔改造〕      渡辺 美智雄       昭和56.11.30 中曾根〔第一次〕     竹下 登         昭和57.11.27 中曾根〔第二次〕     竹下 登         昭和58.12.27 中曾根〔第二次改造1〕  竹下 登         昭和59.11.01 中曾根〔第二次改造2〕  竹下 登         昭和60.12.28 中曾根〔第三次〕     宮澤 喜一        昭和61.07.22 竹下           宮澤 喜一        昭和62.11.06              竹下 登(兼任)     昭和63.12.09              村山 達雄        昭和63.12.24 竹下〔改造〕       村山 達雄        昭和63.12.27 宇野           村山 達雄        平成01.06.03 海部〔第一次〕      橋本 龍太郎       平成01.08.10 海部〔第二次〕      橋本 龍太郎       平成02.02.28 海部〔第二次改造〕    橋本 龍太郎       平成02.12.29              海部 俊樹(兼任)    平成03.10.14 宮澤           羽田 孜         平成03.11.05 宮澤〔改造〕       林 義郎         平成04.12.12 細川           藤井 裕久        平成05.08.09 羽田           羽田 孜(事務取扱)   平成06.04.28              藤井 裕久        平成06.04.28 村山           武村 正義        平成06.06.30 村山〔改造〕       武村 正義        平成07.08.08 橋本〔第一次〕      久保 亘         平成08.01.11 橋本〔第二次〕      三塚 博         平成08.11.07 橋本〔第二次改造〕    三塚 博         平成09.09.11              橋本 龍太郎(兼任)   平成10.01.28              松永 光         平成10.01.30 小渕           宮澤 喜一        平成10.07.30 小渕〔改造1〕      宮澤 喜一        平成11.01.14 小渕〔改造2〕      宮澤 喜一        平成11.10.05 森〔第一次〕       宮澤 喜一        平成12.04.05 森〔第二次〕       宮澤 喜一        平成12.07.04 森〔第二次改造〕     宮澤 喜一        平成12.12.05 森〔省庁改編後財務大臣〕 宮澤 喜一        平成13.01.06 小泉           塩川 正十郎       平成13.04.26 Time : 2001/ 4/29(日) 19:56:15
Name : rei E-mail : Title : サッチャーさんもいいけど・・・・・ Comments: でもやはり自分たちの国のことは自分たちでやらないと。(みなさんはもちろんわ かってらっしゃるとは思いますが) ところで、この「とまり木」だけはフツーに書込みを楽しめるところでいてほしい と思います。 Time : 2001/ 4/29(日) 20:04:47
Name : サクラ E-mail : Title : 結局 Comments:  優秀な政治家というのは、強烈な愛国心を持った人物ということでしょう(当た り前すぎることですが)。しかしながらわが日本では、日本国を愛す、日本民族を 愛す、と胸張って言える政治家が何人いるか・・・。国民のなかにも、変に斜に構 えたり、茶々いれたりする輩が多いからなあ。日本だけですよ、愛国者=戦前懐古 主義者=好戦主義者といった妙な定義があるのは。 Time : 2001/ 4/29(日) 20:58:12
Name : ナベ E-mail : Title : 愛国者 Comments:  私もつくずく考えます。私は愛国者だと大見得切るのが不自然でない時代がくる ことを。  戦後のGHQの洗脳が何故こんなにも長く続くのか、私には全く不可解です。  日本人には自己の確立ということはないのでしょうか?全て他律的な状態を甘受 する情けない国民なのでしょうか。  隣の便所の落書きですが、もしこちらに伝染してくると、無視、無視、シカト、 シカト、これしかないでしょ。なまじっか応対すると感染する、CPウイルスのよ うです。 Time : 2001/ 4/29(日) 23:41:40
Name : Alias E-mail : Title : Solution? Comments: Hey guys, I have an idea. If any of you can discuss things in this languag e that'll be a good solution for preventing those geeks, nerds and retards from interfering meaningful conversation. I know this might be a bit too far fetched but I'm giving it a shot. Time : 2001/ 4/30(月) 02:02:17
Name : rei E-mail : Title : 「鉄の女」 Comments: 昨日の7時からの番組に扇大臣が出てました。「憲法9条」「靖国参拝」について 小泉総理と同じようなことを言ってました。 こうなるとますます外務大臣の「ハト派」ぶりが目立つような気がするのですが。 僕個人の意見としては「民間」「女性」のキーワードとして櫻井よしこ氏を外務大 臣にした方がよかったような気がするのですが。 Time : 2001/ 4/30(月) 20:29:23
Name : ナベ E-mail : Title : 外務大臣 Comments:  私が考えるに、外相は田久保さん、桜井さんは法相でしょう。  「作る会」でもルーズベルトの外交術「棍棒を隠し持って猫なで声で交渉する」 という話を披露していましたが、残念ながら日本には「棍棒」(軍事力)がありま せん。それを理解している政治家が居るのかどうか、疑問です。  学校でも腕力のない、金持ってる好い子はいじめられるんだよな。 Time : 2001/ 4/30(月) 21:48:36
Name : rei E-mail : Title : そうかも。 Comments: ナベさんへ>そうですねー、櫻井さんは法相がいいかもしれませんね。憲法や司法       改革などのことも勉強しているみたいだし。 いじめられっこのことですが、その通りだと思います。あといじめっ子の親はかな らずといっていいほど、PTA会長とかやってるんですよね。この場合の親は誰で しょう? Time : 2001/ 4/30(月) 22:02:06
Name : サクラ E-mail : Title : 田中氏の Comments:  外相就任は総裁選の論功行賞ともうひとつ、外務官僚の粛正にあるのではないで しょうか?今朝の読売新聞にもありましたが、李前総統のビザ問題でも、たかが一 局長の慎田邦彦アジア大洋州局長が首相の翻意を促すため、ビザ発給阻止に向け橋 本派の有力幹部らに働きかけて、首相に方向転換するよう圧力(!)をかけたのだ そうです。こうした「立場をわきまえない官僚の暴走」をくい止める意味でも、か つて恐怖政治を行った田中氏に白羽の矢が立ったのではないでしょうか?  省庁のなかでも特に外務省はプロ意識が強く、政治力の無い人では取り込まれて しまいます(現に前外相は取り込まれて官僚よりも官僚的だった)。櫻井氏や田久 保氏の方が見識は優れているんでしょうけど、大ナタふるえるとなると、やっぱ田 中氏かな?蛮勇ふるってほしいね。小泉首相もそれを期待しているのでは?  話変わりますが、中国大使は阿南惟茂氏ですよね。この方は、あの聖将阿南惟幾 閣下の関係者ですかね?もしそうだとしたら・・、もうちょっとしっかりしろよ! 割腹して果てた閣下に申し訳ないぞ! Time : 2001/ 4/30(月) 22:15:56
Name : パイロット E-mail : Title : 素人の質問 Comments: >外務官僚の粛正にあるのではないで >しょうか?今朝の読売新聞にもありましたが、 >李前総統のビザ問題でも、たかが一 >局長の慎田邦彦アジア大洋州局長が首相の翻意を促すため、 >ビザ発給阻止に向け橋本派の有力幹部らに働きかけて、 >首相に方向転換するよう圧力(!)をかけたのだ >そうです。こうした「立場をわきまえない官僚の暴走」 これって、ビザ発給は避けられない事態でしょうから、 中国に遠慮した「デキレース」ってことないかでしょうか? 馬鹿な話ではありますが、「外務省としては反対」って事を中国の外交筋に アピールするための・・・・・・。 もちろん外交ルートを一方的に切られないためにです。 セーフガードでもめてることもありますし・・・・。 政治家を首にするってことはできないから官僚が負け役を押し付けられたとか? 単純に「官僚の専横」みたいに考えてもいいんでしょうか? Time : 2001/ 4/30(月) 23:19:00