Name    : 2000GT
E-mail  : 
Title   : これも怨霊鎮魂かも
Comments:
一昨年会津に行き、その際に旧藩主松平家の墓所にも行きました。
会津藩主は代々「肥後守」という官名を世襲しますが(次期藩主は「若狭守」。そ
して、平行して侍従→少将→中将と昇進し、最後の藩主容保は特旨によって参議に
まで昇進)、墓碑銘に一人だけ「筑前権守」という奇妙な官名を持つ人物がいまし
た。
残念ながらその人物の名は失念しましたが、この人物は何らかのめでたくない理由
で藩主の地位を失った人物なのでは?と思います。
そして、「筑前権守」という官名が、太宰権帥として九州に左遷された菅原道真と
ダブってきます。
なお、拙筆に誤りがありましたら、どうかご指摘ください。

Time    : 2000/ 9/ 2(土) 15:04:17

Name : 志田糺 E-mail : Title : キリスト Comments: このサイトが寂しいですが。 十和田湖の周辺に、キリストの墓があります。 その子孫もいると聞きます。 義経のジンギスカン伝説といい、いろいろですが。 青森という地域、丸山遺跡といい、相当に歴史的に 興味のある地域です。 誰か、酒の肴にぶってくれませんか。 ところで、私は播州ですが、古くはありますが、何も残っていません。 Time : 2000/ 9/ 6(水) 09:56:36
Name : なかのん E-mail : Title : 祝、単行本発売 Comments: SAPIOで連載されていた「逆説のニッポン歴史観」の単行本が27日に 発売されるみたいですね。毎回楽しく読んでいたので嬉しいです。 しかも、新ゴー宣9巻も同時発売ということで、まさに読書の秋にふさわしい 感じがします。 Time : 2000/ 9/ 6(水) 12:01:21
Name : ダーヴェル E-mail : Title : 今となっては古い話し Comments: しかも、記憶が不正確ですが、 先週日曜、NHKの朝のニュースで、 検定申請中の歴史教科書において 従軍慰安婦 の記述を取りやめたものが4社にのぼるそうで。 今回初の申請となる1社を含めれば5社から、 従軍慰安婦 の文字が消えることになるらしい。 理由は皆さんご存じ通り。 仕事中だったんであまり詳しくは見られなかったんで イマイチ曖昧なんですが・・・(中学?高校?) それとも夢だったのか?? Time : 2000/ 9/15(金) 01:19:07
Name : 腐儒 E-mail : Title : 従軍慰安婦 Comments: 毎日新聞にもそのような事が書いていました。やっぱり従軍慰安婦はなかったんで すか? じゃあ,あの騒ぎは一体なんだったのでしょう? Time : 2000/ 9/15(金) 10:45:51
Name : 空転 E-mail : Title : やっぱ、わかんないですねえ。 Comments: かつてフィリッピン方面軍の戦後に出された住民調査の報告の中に 「44年頃、日本兵がマニラ市内に来て、連日通行人の女性を拉致、 トラックに乗せていった。」 という記事がありましたが、「連日 」ってのがどうも信じられません。 捷一号作戦発動準備にともないガソリン備蓄令が出ていた時期に連日??? 軍には婦女暴行等のハレンチ事件は付き物です。戦後の東京、ベルリン、ベトナム 、沖縄では最近も。 毛並みはちがいますが「砂漠の嵐」作戦(湾岸戦争)に従軍した女性兵士の7割が 妊娠して帰国した、というのもあります。陸軍参謀長いわく「由々しき問題だ。」 (笑) 当然、日本軍でもそう言うことがあったのでしょうが、他の日本軍の残虐行為など と相まって、大袈裟になったんじゃなうかなあ、と思います。 一件の事件を見て、「日本軍のことだから、きっと毎日.....。」 記録がないもんなあ。報告書くらいあればわかるかもしんないですけど。 たんなる旅団長のメモみたいのでもなあ。 Time : 2000/ 9/15(金) 22:47:09
Name : 横山雅彦 E-mail : Title : フジモリ大統領=足利義教? Comments:  ペルーのフジモリ大統領が辞任に追い込まれたが、フジモリ大統領は「逆説の日 本史」でいうところの足利義教ではないのだろうか。彼が辞任した後のペルーは収 拾がつかなくなり、ゲリラが跳梁跋扈したり軍部が必要以上に力を持ちそうな気が する。トレドはええかっこしいのように見えるし。 Time : 2000/ 9/19(火) 08:38:44
Name : ダーヴェル E-mail : Title : フジモリ Comments: 「民主主義」の名の下に、制裁を続けていた国々は、 手痛いツケを払うことになりそうですねぇ。 さて自称「従軍慰安婦」たちが、ワシントンの連邦地裁に 訴えを起こしたそうな。 しかし、何故にワシントン??? 米国の法律に疎いので(日本のなら詳しいというワケでもないが) どなたか法的根拠なんかを教えてください〜 「中国・韓国・フィリピン・台湾の・・・」と言っていたような気もするが、 今は米国籍と言うことか?? Time : 2000/ 9/19(火) 12:57:08
Name : 腐儒 E-mail : Title : アメリカがちょっかいを出した国 Comments: 何故か多くが軍事政権になるんですよね(韓国,中南米)。今回のフジモリ大統領 の失脚にもペルー軍が一枚噛んでいるらしいし。民主主義を守ると言うより,アメ リカの影響下から逃れるのが気に入らないと思ってしまう,チリのアジェンダ,キ ューバのカストロしかり。そう言えば,カストロは最近は世界の名物じいさん化し ていますね(笑) アメリカの占領が一番成功下のはやはり日本でしょうね,でもそれは日本政府がし っかりしていたから。 従軍慰安婦,なんでワシントンに?知りませんでした。でもこう言う場合ハーグの 国際裁判所(今もあるのかな?)じゃないのでしょうか?それとも、韓国人は,韓 国の最上級裁判所はソウルではなくてワシントンにあると思っているのでしょうか ? Time : 2000/ 9/19(火) 14:16:46
Name : ラインハルト E-mail : Title : 大変お久しぶりです Comments: 忙しくて書き込みする暇がありませんでした。今日も筑紫哲也先生(笑)が多事争 論で嬉々としてワシントンのことを言っていました。日本の法律ではとっくに時効 だと思うのでアメリカにいったのかな?(でもアメリカでは時効ではないのかな? ナチスの被害者には時効を延長したといったけど慰安婦にも類推適用したのかな? ) Time : 2000/ 9/20(水) 00:01:53
Name : 空転 E-mail : Title : ある意味、勝者側の論理 Comments: ナチの犯罪者には時効が成立しませんから、あわせたのかな。(笑) イスラエルのこれは連合国(当時)が認めましたもんね。 特にSS(親衛隊)に対する追求は凄いですよね。曹長以上 (軍曹だっかけな。)は問答無用で犯罪者。 ほんとは軍隊じゃないんですけど、実質は軍隊ですからね、SSは。 これも戦後に決めたホロコースト法によるものかな。 Time : 2000/ 9/21(木) 01:47:29
Name : 腐儒 E-mail : Title : ナチスを追求するだけなら Comments: ドイツ人の心は痛まないのですよ、多分。 ナチスにすべての罪をひっかぶせれば良いのですから。ナチスの罪を追求すること と、新ドイツ仁たることは両立するのだと思います。 欧米には、ドイツ人はナチスに罪をかぶせて責任を逃れようとしているのではない か?と問題視する意見もあります。 それにナチスはちゃんと法律や綱領で、「人権を無視するぞ」と定めて、計画的に 実行したのですから、裁判で裁かれるもの当然でしょう。 Time : 2000/ 9/21(木) 15:48:55
Name : 腐儒 E-mail : Title : ナチスと戦犯 Comments: これはフォーラムに書くべき内容かな・・・? ナチスの悪行は、ナチス政権下では合法でしたので、ナチスの犯罪を裁こうとする と、合法だった行為を裁くことになるわけです。これは本来はしてはならない。 そこで連合国の取り決めで、戦争犯罪では、人権に反する法律の下での合法な行為 はあるいは組織への忠誠は、許可されない、とされました。 でも日本の場合、組織的に・合法的に犯罪を犯したわけではなく、多くの戦争犯罪は 突発的な事件だったようです。で、ナチスに対する取り決めを日本軍に適用すると 、上官の命令に従っただけの下っ端と狂った参謀の意見にハンコを押しただけの指 揮観が死刑になり、真犯人が軽い刑で済むと言うようなことも多かったようですね 。 Time : 2000/ 9/21(木) 16:21:39
Name : 空転 E-mail : Title : 人類に対する犯罪。 Comments: 現在、読んだ本が曖昧なんで、細かいこと忘れてるんですが、 確か ハーグでは「大量虐殺に関する法」(ホロコースト法)がなかったんで戦後創った んです。 これは、いわゆる「法の逆行」ってやつ?ですよね。 (私、法学はだめですから。) 例えですけど 「今、共産主義者は死刑という法をつくった。」 「お前は共産主義者だから死刑。」 オウム法が過去に遡って適用できないのは オウムが犯罪をおかした時にはオウム法がなかっから、ですよね。 これが民主主義であり法治主義なら、ホロコースト法だってそうですよねえ。 ルドルフ・ヘス(副総統であり収容所の統括行政責任者)が潜伏先の南米で捕らえ られて、言ったことがこれだったらしいですよ。 これに対しての答えは「ナチスの犯罪は人類に対する犯罪である。」 これ言われちゃあ、仕方ないかも知れませんねえ。 「ナチ」の前には法も曲げる。結構、日本的かも。(笑) 南京問題もこいつをあてはめたかったから、って意見もあります。 なんせ、ホロコーストの事実がないと適用できませんから。 50っ歩も100っ歩もおんなじだ、って言われるとヤバイですが。 Time : 2000/ 9/21(木) 17:04:22
Name : 腐儒 E-mail : Title : 古代ギリシャやローマのように Comments: 負けた奴は奴隷として売り飛ばす! これが欺瞞も後腐れもなくていいかも(笑) Time : 2000/ 9/21(木) 17:13:27
Name : 空転 E-mail : Title : 「た」がぬけた、「た」が。(笑) Comments: >オウムが犯罪をおかした時にはオウム法がなかっ「た」から、 ですね。「た」がぬけました。 Time : 2000/ 9/21(木) 17:16:38
Name : EC田(仮名) E-mail : Title : ヘスが南米に? Comments: ヘスは大戦中に戦闘機(Me110)でイギリスに亡命(?)したがそのまま捕縛されて 最近ま で生きてました。(人道上の恩赦の要求も多々あったが、ネオナチに利用されるこ とを恐れ て恩赦無し、最後は獄中死) 南米に潜伏しいて逮捕されたナチ高官で有名なのはボルマンでは? Time : 2000/ 9/25(月) 21:49:21
Name : 空転 E-mail : Title : あ、そうでしたっけ。 Comments: これは失礼しました。 先にも書きましたが本を紛失中でして、うろおぼえで書いてしまって 大変失礼しました。 そんなこんなでこれ書くのもヤバイ気がしますが「止まり木」ってことで..どうい う意味だ?(笑) TVを見てたらチャーチルの伝記をやってましたが独ソ戦の解釈はあれでは誤解を呼 ぶのでは..? 共産主義はきらいだが、あいつと手を組むしか無い。 (戦争にひきいれるしかない。) イギリスがドイツのソ連攻撃の情報をつかみ、スターリンに知らせた。 「これでソ連も参戦せざるをえまい。」 1941.6.22 独ソ戦開始。 事態はチャーチルの思う通り進んだ。 これじゃあソ連が準備万端で独ソ戦を向えたみたいにも聞こえちゃうじゃないです か。 まったく逆ですよね。スターリンはドイツの攻撃を全く信じて無かった。 著者が曖昧なんですがおそらくリデル・ハートの「東部戦線」なんかに よると「モスクワ街道に達するに及び、彼ははじめて(ヒトラーの)裏切りを信じ た。」っていってる程ですもん。まあ、他の要因も大ですが 独ソ初戦の頃は 「あれはドイツの揺動だ。本気で戦うつもりはない。」 ってスターリンは言ってた、っていいますから。 あながちウソじゃないですよねえ、あの戦いをみると。 Time : 2000/ 9/26(火) 02:10:57
Name : 空転 E-mail : Title : そういえば Comments: 数年前(と言ってもかなり前)の『フォーカス』誌に獄中のヘスの写真がのってた なあ。 薄暗い部屋から外の木々を見つめる椅子に座った老人の姿。 終身刑の無為の時間がながれてたようでした。 持ってるはずですけど、どっかいっちゃったなあ。 Time : 2000/ 9/26(火) 02:21:35
Name : 腐儒 E-mail : Title : アドルフ=アイヒマン Comments: とか言う人も南米で捕まったのではありませんでしたっけ? 収容所の管理をしてたんだったかな。 独裁者は変なところで人を丸っきり信用したりするんですよね。織田信長も浅井長 政に対しては似たような感じだったみたいですね。 それにしても、兵士がバタバタ死んで、虎の子の兵器がドンドン破壊されているの に、スターリンの命令が無いから動けないとは・・・独裁者の権力と言うのはすさまじ いですな。 Time : 2000/ 9/26(火) 11:10:03
Name : 腐儒 E-mail : Title : これが日本だったら Comments: 多分現場の司令官が勝手に動き出すでしょうね。 だから日本人は組織的な行動が出来ないんだと言われそうだけれど、命令が無いか ら殺されるままでも動けないと言うのも、私たち日本人にとっては少々気味が悪い と思いませんか? Time : 2000/ 9/26(火) 11:13:37
Name : 読む者 E-mail : Title : いやいや、日本の場合 Comments: いじらしいほど命令に忠実です バンザイアタック、カミカゼなんて、 他の国の兵士には絶対にできません それこそ外国人からみると気味が悪いです 日本人って組織的に行動できませんか? 会社人間達は、とても組織に忠実です Time : 2000/ 9/26(火) 12:33:11
Name : 空転 E-mail : Title : そうなんですよね-。 Comments: 読む者さんがおっしゃることは解りますよね-。 でも、腐儒さんは関東軍に代表されるような「組織」のことを おっしゃっておられるのだと思いますよ。 例えば、 ちょっと前に吹き荒れた警察不祥事なんか。 本部長にしらせる様なこと、知らせないで勝手に処理しちゃったりみたいな..。 これは「あいまいな規則?」のせいだよな-と思うわけです。 これは大変日本的なところだなあ、と思うんですよね。 Time : 2000/ 9/26(火) 19:04:55
Name : 腐儒 E-mail : Title : 組織的と言うよりは Comments: 自分の終の棲家として、組織に没入する傾向があると思います。日本人の場合。こ れは組織的とは違う気がします。なんていいましょうか、神風までしてしまう忠誠 と言うのは、むしろ組織的行動を乱すのではないかと。組織の論理に従えば、天皇 が命令した総理大臣を殺すのは許されないけれど、自らの「至誠」が優先してしまっ て、クーデタを起こすのも良しとしてしまう、これは組織に返って害があると思い ます。真の組織ならば、神風特攻なんか、大日本帝国憲法に反するとか、軍の服務 規定に反するとか、一般兵士が反論できるはずだと思います。そこまでするのは私 の仕事ではないと。 組織的とは、整然とした命令系統があり、各人の地位と仕事の範囲が厳然と分けら れていて、整然と動く。でもそれ以上のことは決してしない。組織と言うのは醒め た人間の集まりだと思います。 日本の企業の場合は、欧米の組織と違って、むしろ融通の利く部分が強みなのでは ないかと感じています。 もしも関東軍が1941年のロシア平原にいたとしたら、クーデタを起こして勝手にド イツと戦線を開いていそうです(笑) Time : 2000/ 9/26(火) 21:30:08
Name : ダーヴェル E-mail : Title : 世界の撃墜王 Comments: 坂井三郎氏が亡くなられたそうな 合掌・・・ Time : 2000/ 9/27(水) 17:04:59
Name : 空転 E-mail : Title : ええっ!! Comments: 坂井三郎氏がお亡くなりに..!! 漫画でしたが「ラバウル戦記」を読ませていただきました。 数々のゼロ戦に関する著書をもち、最近では「零戦の操縦法」を 雑誌に掲載なさってました。撃墜数もかなり下方修正なさったみたいですね。 (以前読んだ本より半分になってました。) でも、それはおそらく記事の中でもおっしゃっていた 「撃墜は個人のものの場合は少ない。小隊での戦果である。」 からかなあ、と思います。 この本を読んで、ゼロ戦でも、ドッグファイトする様な闘いは失敗である ことを知りました。 確かにドイツ空軍のエースに比べると見劣りするように見えますが (ハルトマンなんか352機撃墜ですもの。まあ、敵機にソ連がいますから。) その勇気と技術で世界の撃墜王でしょう。 12機のグラマンに囲まれて、片目を失ってなお、戦線に赴いた話など はらはらいたしました。 うそばっかりのアメリカの撃墜王に比べて潔い態度。 ...たいへん残念です。 Time : 2000/ 9/27(水) 19:30:50