Name    : あおつえい
E-mail  : 
Title   : 納得と便乗
Comments:
安部奈亮様
  朱子学と言う包丁による選別と理解は面白く、それなりに納得できるものでした
。
歴代幕府に天皇家に対する尊敬の念があったとは思われません。権威付けに利用さ
れたのは明らかです。(中国の皇帝のように、易姓革命によって権威と権力が同時
に変換し、しかもその根拠が武力である場合は、より強い武力を有するものが出現
すれば、前の皇帝なり王朝なりはその正統性を失う訳ですが、日本は起点が不明な
歴史が根拠となっているので天皇家から権威を奪うのは困難と思われます。尤も中
国の異民族王朝の例や、「天皇親政」下の敗戦などは、朱子学も絡んできて面白そ
うですが、複雑になりますのでここでは省きます)尊敬の念が無いのは一般大衆も
同様だったと思います。
昭和前期における尊王は、上述の権力の本音の「実力はないけど、これを口実に振
りかざされたら面倒だ」と言った物とは異なり、宗教的な妄信の恐ろしさを感じま
すが、朱子学の狂信的な「公式」に(やや強引に)はめ込まれたと考えれば、納得
が行きます。
  便乗ですが、戦前の日本軍は、天皇家の私設軍隊の一面もあったので、移民保護
(どころか、現地徴用して本隊が逃げるための時間稼ぎに使ったとも聞いています
)は自分たちの任務であるとは考えていなかったのではないでしょうか。むしろ、
無事帰国して、本土防衛に当たることが最重要だと(都合よくと言うか、臨機応変
にと言うか、こじつけに見えるというか)判断したのでしょう。

Time    : 1999/10/ 1(金) 00:59:21

Name : あおつえい E-mail : Title : 補足 Comments: 摂関政治は、いささか異論があるので置くとして、歴代幕府と明治(憲法)体制の 違いは、後者の建前が「天皇親政」にあると思います。ただし実体は、安部さんも 述べておられるように天皇に責任が及ばないように(「御前会議」でも天皇は意見 を言わない、言えない)なっているし、それは裏返せば実権の剥奪でもあります。 それでも、イデオロギー上は「天皇」を振りかざさるを得ず(何せ「親政」ですか ら)、対外的に侵略戦争をするなら更にその「天皇の権威」が、世界に唯一無比の 物である裏付けも必要となったのでしょう。 上述の摂関政治は、天皇自体も権力者集団に組み込まれており強い意志は反映され たこと、摂政や関白自体に実際の政治能力があったか疑わしいのと、律令体制自体 が個人的に能力の優れた「大君」ではなく、機関としての(個人の能力が問われな い=実権が大臣以下の官僚に移る)「天皇」の確立のために創られているので、歴 代幕府とは一線を画すると考えております。 Time : 1999/10/ 1(金) 01:48:06
Name : 待兼右大臣 E-mail : Title : RE:補足 Comments:  後者の建前が「天皇親政」にあると思います。  これが明治維新の「王制復古」の大原則であるということには私も賛成します。 その証拠に、 明治新政府は、まず、摂政及び関白の廃止を行います。又、国家の象徴として天皇 を担ぎ 出したからには、最早幕府を開くことも不可能になります(それでも幕府を開くと いう事にな れば「王政復古」とは何かということになります。)。また、しかしながら、立憲 政治を整備す るという目標もあるため、英国が清教徒革命→名誉革命→責任内閣制の確立という 過 程を2〜30年で歩まなければならなかった事が不幸の始まりだと思います。天皇 親政 と立憲君主制(天皇機関説)とのギャップに悩んだのが昭和戦前期の日本だったと 思い ます。意外なようですが、統帥権干犯問題が出る前は、天皇機関説が実際の運用で あっ たというのが定説らしいです。また、日清戦争開始時にも明治天皇は「これは朕の 戦争にあらず、臣下の戦争である」と言われたそうです。つまり、明治の元勲は実 質上天皇機関説で動いていたということです。 Time : 1999/10/ 6(水) 15:51:47
Name : 碧乙 榮(あおつえい) E-mail : Title : dreamer退場 + 皇位簒奪の挫折者 Comments: 何やら、私の書き込みを契機に、このコラムが沈滞してしまって申し訳なく感じ ております。しかし、待兼右大臣さんの書き込みに気を良くして、しつこく投稿し ます。 前回の投稿にも書きました様に「天皇」に求められる物が、必ずしもその個人的 能力では無いことは、律令時代の開始期からの認識かと思われます。ただし、本当 の意味でその事を理解していた人間は少なかったのかも知れません。 明治の元勲たちは皆現実主義者です。明治維新のイデオロギーの夢を見続けた人 間は、高杉晋作の様に闘いの過程で死ぬか、明治政府から出て行かざるを得なくな っています(dreamer退場)。国際社会で日本という国が生き残るか否かと言う時に は、現実主義者が「お神輿天皇」を何とか担がざるを得なかったのでしょう。 それがイデオロギーの先走りでおかしくなってしまったのでしょう。 統帥権干犯問題は、明治政府内では先ず考えられません。イデオロギー先行と言 う目も当てられない事態が昭和初期にかけて起きたと考えられます。 軍人は、最大の現実主義者であるべきで、それが真っ先にイデオロギーで踊りだ したのだから(「カミソリ」東条英機も結局は同じ穴のムジナ)軍事的に亡国の危 機に瀕して当たり前です。 元々の投稿の意図は、「親政」の名のもとの実権の流出に対抗した中国皇帝が二 人おり、その内の一人のとった手段が社内LANでのE-mailに似ており、個々の官 僚を皇帝が直接支配する構図であること。更に今上天皇が、その直接支配に興味を 有しておられるらしいということだったのに、かなり、脱線していますね。 上記までとは全く関係がありませんが、「逆説の日本史・第7巻」を読みました 。皇位簒奪の挫折者は「蘇我入鹿」もだったと思いますが、触れてありませんでし た。歴史に詳しい方が、義満と入鹿のケース比較をして下さると嬉しいのですが。 Time : 1999/10/ 6(水) 22:07:43
Name : JFK E-mail : Title : 交通整理いります? Comments:  何か最近、止まり木とフォーラムと掲示板の内容が同じようです。 やはり目的に応じて投稿した方がいいような気がしますが、いかが でしょうか。 Time : 1999/10/ 6(水) 23:33:19
Name : ダーヴェル E-mail : gawien-n@gc4.so-net.ne.jp Title : 賛成! Comments: せっかく掲示板二つあるんだからさぁ・・・ 西部警察の話しできないやん・・・しなくていいのか?(笑) 「放射能漏れ」始めて聞いたとき、 また「放射線漏れ」の間違いだろ?バカだなこいつら と思ったのもつかの間、本当に漏れたのは放射能だった・・・オソロシや。 我が社の社長が付近に住んでいるので、金曜に来社できなかった。 来期の年俸交渉の予定だったんだけど・・・という些細な影響が私にもありました 。 現地の方はそれどころではないでしょうね・・・ Time : 1999/10/ 7(木) 00:48:07
Name : ダーヴェル E-mail : gawien-n@gc4.so-net.ne.jp Title : でも・・・ Comments: コッチは話題限定してないんで、 なに書いても自由なんですけどね・・・ Time : 1999/10/ 7(木) 00:58:26
Name : 富士 E-mail : Title : 放射能 Comments: 最近、忙しく見る機会がなくてひさしぶりに来ました。 確かに二つございますが、そう縦割りな感じでしなくってもいいかなあ と思います。気軽に原子力の話する人もいるでしょうから。(笑) ウォー・シミュレーションが趣味だった私も気軽に話にくわわれる話題まで 気軽(長?)にまってます。(笑) 放射能もれについてTVで佐々氏が日本の危機管理の危うさを述べられていました。 その中で、「ガードマンが警棒もって原子力施設を守ってる国なんか日本しかない 」と言っていましたが、まさにですねえ。 そんでもってやっぱり政府は情報をちゃんとだしてないみたいです。やっぱ昔と全 然かわってないんですね。 でも、佐々氏って昭和ヒトケタなんですが....。 Time : 1999/10/ 7(木) 09:00:57
Name : ネットキット E-mail : Title : ウォー・シミュレーションと言えば… Comments: 日本が第二次大戦でアメリカと戦争する時って、事前に精密なシュミレーションを したのでしょうか? 戦争は勝てる見込が無ければ極力回避すべきだったと思うのですが、精神主義に 凝り固まってるとやはり「負ける」ってはっきり言えなくて、あるいは井沢先生が 言う「言霊」に支配されていた為、反論できなかったのかなぁ〜? 逆にやり様によっては勝てる戦争だったのかな? 日露戦争だって当時は世界最強の陸軍国家を敵に廻したのだから、第二次大戦も それほど無謀の範疇には入らないのでは? Time : 1999/10/10(日) 02:07:08
Name : 安部奈亮 E-mail : Title : シュミレーションは Comments: やってますよ。 結果は何度やっても,中国一国を相手にするだけで日本の負けだったそうです。 Time : 1999/10/10(日) 05:09:56
Name : 碧乙 榮(あおつえい) E-mail : Title : 便乗 Comments: ネットキット様 日露戦争に関しては、朝鮮半島・遼東半島〜大陸といった海外の権益を守る為と 言う侵略なんだか防衛なんだか分からない1面もありましたが、当時はここが日本の 生命線となるとの考え方があり、かなりせっぱ詰まっての開戦でした。しかし、時 間的には日清戦争後の三国干渉から十年近く準備期間もありました。 ロシア側は、ロマノフ王朝は財宝は持っていたようでしたが戦費の捻出には苦労 しています。また、革命勢力の影響も無視できません。日本が革命に資金援助をし ています。 日本は、ロシアの首都を陥落させて無条件降伏を勝ち取ることは絶対に不可能で したのでレフェリーになって仲裁の労を取る親日的な国が必要です(日華事変以降 、そんな仲裁をしてくれる国はありませんでした。あれば、国民党相手に泥沼には まらずに済んだかもしれません。真珠湾ではかつてのレフェリー相手に戦争を始め 、末期にはロシアに仲裁を頼もうとしていたようです)。 以上より、日露戦争はかなり分析も進み、それなりの勝算もあった用に思います 。しかし、第2次世界大戦はどんな形の終戦が、企図されていたのでしょうか? (シミュレーションで全て敗戦だったことは私も存じていますが・・・) Time : 1999/10/11(月) 01:53:55
Name : 横山 雅彦 E-mail : Title : 『逆説の日本史』7巻購入 Comments:  今日、『逆説の日本史』7巻を購入した。7巻には「『欠徳の君主』あってこそ 忠臣は星のように光り輝くのである」(78P)という言葉があるが、「河野義行氏のよ うな良識ある市民でなく、オウムや小野悦男のような悪人を擁護してこそ人権思想 は光り輝く」のかな?  ところで井沢先生はよしりんの「戦争論」についてどう思っていらっしゃるのだ ろうか?このページのコラムを見る限り、「戦争論」よりもそれに対する昭和一桁 世代の文化人・知識人のトチ狂いぶりに興味がありそうだったが。 Time : 1999/10/11(月) 17:40:07
Name : ネットキット E-mail : Title : シュミレーションその2 Comments: もし、第二次大戦時にアメリカと戦火を交えずに、ソ連を攻撃していれば どうなったのだろうか? その方がより確実に石油を取得できたのでは? 樺太の北部のオハ市は石油が採れた訳だし、ドイツと連携してソ連を攻めて いれば、ソ連を崩壊させることも不可能ではなかったのではないだろうか? そうすれば、日本に原爆を落とされないで済んだかもしれないし、北の脅威は 確実に消えていたかもしれない。 でも、その場合は東南アジアやインドの独立は無かったかもしれない。又 アメリカは参戦の機会が無くナチスドイツは今も生き残っていたことに なるのかな?うぅ〜ん、それも嫌だなぁ〜。 Time : 1999/10/12(火) 00:36:19
Name : 待兼右大臣 E-mail : Title : シュミレーションその3 Comments:  確かに、日本軍が北進してジューコフをシベリアに釘付けにすれば、 モスクワも陥落し、ソ連が崩壊していた可能性は高いでしょう。そうす れば、シベリア鉄道経由でソ連の石油も入手できるでしょうから、それ で国力を高めることもできたでしょう。この場合、チャーチル・FDRコ ンビがどのようにして米国を参戦させるかということについての手腕が 見物になります。(結局は、おとりのおいて、それを攻撃させるというこ とになるでしょうが)  さらに、ソ連という後ろ盾をなくした中共はじり貧傾向になり、国民等 が国共合作を解消し、日本との提携に走るという展開も期待できます。 (この場合の条件は、満州事変前の状態に戻すという一点で十分で しょう。少なくとも、中華民国(国民党)と友好関係を保つという果実が 得られれば、安心して、対英米に専念できます。  といったところでしょうか。 Time : 1999/10/13(水) 19:38:01
Name : 安部奈亮 E-mail : Title : 惜しむらくは Comments: ノモンハン事件で日本軍にはソ連恐怖症が染み付いていたことですね。 まともに戦って勝つことは不可能ですが,独ソが開戦して,ドイツ軍が優勢であっ た1941年に攻め込んでいれば,別の展開があったかもしれません。 Time : 1999/10/13(水) 23:19:23
Name : 富士 E-mail : Title : ドイツ帝国 Comments: う〜ん、やっぱり日ソ戦は勝てなかったんじゃないでしょうか。 日露戦争もロシアにとっては局地戦だけど日本にとっては総力戦でしたしねえ。 海軍と陸軍の反目もそれについては強かったし、 関特演(関東軍特別演習)と称して85万(公称100万)の 部隊を集中させましたが、補給計画は皆無状態、作戦は歩兵による突撃、 火砲は極東ソ連軍の1/10、唯一航空戦力がOKかな (そんでも戦線全域ではたん ないかと思いますが。)という感じでしたし。 大体、ルフロォウ以東まで進出できれば、というのがおおかたの見方だったと思い ます。ウラジオストック攻略の案も「言霊」みたいですしねえ。 (一個軍、二個師団でホント、だいじょぶでしょうか。) まあ、だからあの強硬な関東軍もひっこめたのでしょうか。でも、やっぱ外交上の 問題でしょうかねえ。条約やぶっちゃまずいし。 基本となる独ソ戦も、バルバロッサ作戦が本来の電撃戦をまっとうできず タイフ-ン作戦をたてねばならなかったと言うことがまずもってやばいですしね。パ ウル・カレルによると何故、当初は優勢だったかが問題ですし。 確かに極東軍のモスクワ防衛は大きかったと思いますが(ジューコフは名将ですし 。大祖国防衛戦争の英雄です。唯一、スターリンに意見できる軍人だったそうです 。)カリ-ニン方面軍の戦力でもなんとかいけるんじゃないの とも思うし、市街戦はやっぱ夏服のドイツ兵よりは有利でしょうし。国民義勇兵師 団の戦力は計算外としてもです。 唯一、ヒトラーがキエフ大包囲戦をやっていなければ、とも思いますが そんでも勝利の確率は低いかと思うんですよね。(キエフ包囲戦を正しいとする先 生もおられますが、私は快速グーデリアンの意見が正しいと思います。) でもその時の日本軍にはそんなことわかんないし、ドイツを信頼しきっていた だろうから関係なかったでしょうけどね。そんでもやらなかったというのは外務省 と海軍の反発でしょうか。それともドイツと国境を接するのがいやだったり、権利 を半分に分けるのにもめそうだからでしょうか。(笑) Time : 1999/10/14(木) 04:58:47
Name : bengar2001 E-mail : Title : こんなHPやってます。 Comments: http://www03.u-page.so-net.ne.jp/yc4/morituyo/izawa.html SAPIOの『逆説のニッポン歴史観』のデーターベース作ってます。 コアな井沢ファンの方からのコアな情報や、代わりにデーターベースの リストアップしてくださる方(他力本願やなあ)、単にHP見てくださる方 等々、お待ちしております。 逆説の日本史はまだ1巻しかよんでいないbengar2001でした! Time : 1999/10/15(金) 07:19:45
Name : 横山 雅彦 E-mail : Title : 高橋史朗教授のお話 Comments:  今日、高橋史朗教授の講演を聞いてきた。「建武の中興」と言っていたから、「 国民の歴史」では「建武の中興」と書かれるのかな?井沢先生の「逆説の日本 史」を読んだ人間としては、後醍醐天皇のやったことは今の言葉で言えば「文化大 革命」だと思っているけど。 Time : 1999/10/17(日) 20:07:04
Name : 待兼右大臣 E-mail : Title : 「建武の中興」で仕方ないでしょう Comments:  内容はともかく、用語は従来から「建武の中興」と言われているのですから。  醍醐天皇や村上天皇の時代(えんぎ・天暦の治)を理想とすれば「中興」と自称 したくもなるでしょう。(だからこそ、謚も「後」醍醐天皇なのでしょう。) Time : 1999/10/18(月) 14:22:55
Name : 安部奈亮 E-mail : Title : 評価は別として Comments: 歴史的な事柄の名称は,出来るだけ慣例に従ったほうが混乱がなくていいと思いま すよ。 あんなものでもなぜ「中興」などと言ったのか?逆説的な意味で,後世にこの名を 伝えるべきという気もします。 Time : 1999/10/19(火) 01:59:05
Name : 安部奈亮 E-mail : Title : ちょっと違ったかも Comments: 最近よく使われるのは「建武の新政」でしたね。 でも江戸時代は「建武の中興」だったと思います。 Time : 1999/10/19(火) 10:39:57
Name : 安部奈亮 E-mail : Title : 井沢先生って, Comments: かなりのプロ野球のファンと見ました。今週のポストとSAPIOには、プロ野球の話が 書かれていました。ダイエーがガルーダだったら・・と言うジョークは面白かたで す。 「小説日本人民共和国」の冒頭には,なぜだか長嶋が出てくるし, Time : 1999/10/20(水) 01:44:19
Name : 井沢氏のファン E-mail : Title : 気になることが Comments: はじめまして。「逆説の日本史」で井沢氏のファンになった一人です。 この前「yahoo」で、「逆説の日本史」と入れたら、 一つのホームページを見つけました。 それは、「逆説の日本史」の第1・2巻についての批判をしていました。 その批判は、筋は通っていると僕は思ったのですが、 井沢氏はこの批判にどう答えるのでしょうか? 井沢氏は著書の中で、非難と批判は違うとおっしゃられ、 批判には答えるとおっしゃっていたと思うのですが、どうでしょうか? Time : 1999/10/20(水) 20:09:11
Name : ネットキット E-mail : Title : プロ野球といえば… Comments: >かなりのプロ野球のファンと見ました。今週のポストとSAPIOには、プロ野球の話 >が書かれていました。ダイエーがガルーダだったら・・と言うジョークは面白かた >です。 シドニーオリンピックでは是非日本のドリームチームを作ってほしいなぁ〜。 なんで巨人は人材を出し惜しみするんだ? Time : 1999/10/21(木) 00:50:23
Name : 横山 雅彦 E-mail : Title : 井沢氏のファンさんへ Comments:  「逆説の日本史」7巻の巻末で「クロッキーに対して『写真のように精密でな い』というような批判のための批判はお断りする。」といったことを書かれていた けど何か関係あるのでしょうか?「明らかに恣意的な引用」は私も実物を(井沢先 生とは関係ないが)見たことありますけど、この件に関して全て出典をあたれるほ ど時間も(資料を読みこなす)能力もないのが悩ましいところです。 1:批判する側が常に正しいとは限らない。 これは歴史学会の定説を批判する井沢先生にも井沢先生を批判するそのホームペー ジの作者にもあてはまることです。 2:大抵のものはそれだけ読めばもっともらしく見える。 要するに「それだけ読んでおかしいと気づく物はよっぽどヘボい(もしくはその件 に関して直接の情報を持っている)」ということです。 3:定説を分かった上で批判している人間に対して定説をぶつけても意味はない。 それは再審を求める人に対して「有罪判決が出ているから有罪」というようなもの です  アイリス・チャンの「レイプ・オブ・南京」の副題は「もう一つのホロコース ト」です。私は「『南京事件』と『ホロコースト』は違う。『ホロコースト』はナ チスの『民族浄化政策』だから」と思いますが、アイリス・チャンを論破できるか 否かとは別ですから。 Time : 1999/10/21(木) 08:28:38
Name : なかきち E-mail : nakakiti@tk.xaxon.ne.jp Title : 井沢氏のファン様へ Comments: 僕もそのHP見てましたが、あれで批判といえますかねえ。 逆説の日本史を批判するのなら、メインテーマである 「日本の歴史は怨霊の歴史」これに反論しなければいけないのであって、 『資料の引用が不正確』とか、『学者は井沢氏が書くほど史料絶対主義ではない』 と言われても、ただのあてこすりでしょ?と言い返したくなります。 批判するなら、例えば奈良の大仏や万葉集が生まれた理由を「怨霊信仰」以外の理 由で 説明してほしいですね。ただのいちゃもんじゃ逆説の読者は納得しないでしょう。 ああいう批判が多いんでしょうね。だから7巻のあとがきにも 「批判のための批判はお断りする」と書かなきゃいけないんでしょう。 Time : 1999/10/21(木) 11:08:22
Name : 富士 E-mail : Title : 逆説の...? Comments: ひさしぶりに見させていただきました。 そんなHPあったんですねえ。 私ものぞかせていただきました。そしてやっぱり なかきちさんのおしゃるとおりかと思いました。 「逆説の日本史」ですので「通史」を考えた本ですものね。 それにどうやらお好きな方がいらしゃるようなのでわかる様な気も致します。阪神 ファンは巨人嫌いでしょうから。戦力分析もきっついものになりますしね-。(例え でして、あんまり悪意はございません。)でも、面白かったです。 批判に対する答えってたいへんですよねえ。 全然関係ないかもしれませんが、あるイラストレーター兼漫画家の先生が 読者に「あなたのカラ-はうまく無い!私の方がうまい」と投稿されたそうです。そ の先生が怒って「では 今度、勝負しましょう。どちらがうまいかを」と 投稿しなおされたそうです。 でも、私達はそういう素人の方にうまいとかへただとか(読者は大抵素人ですので )言われるのが当たり前、の業界なのです。そういう批判は当然(言われて当たり 前)と受け流すのが普通ですので「めずらしいなあ」と思いました。 あんまり関係ない話でしたね。でも、やっぱりどんな批判でも気になりますよねえ 。 Time : 1999/10/21(木) 18:13:00
Name : ネットキット E-mail : Title : 「とんでも本」だけど。。。 Comments: 日本人の起源はシュメール人だったって言う「とんでも本」を 今読んでるんですけど、結構はまって面白いです。 古代に関してはなかなか真実が見えにくいから登場する珍説奇説 なんでしょうけど、シュメール人説なかなかいいです。 なんたってロマンがありますよ! シュメール人が言う自分達の国=キ・エン・ギ(葦の主の地) 日本の古代からの呼称=豊葦原の瑞穂の国 十六菊花紋と同じ模様がシュメール人の都市のも残っていること、 日本人もシュメール人も膠着語を喋っていたこと、 シュメール=スメル=スメラ尊・・・ うぅ〜ん、楽しいっす! (^^)V でも、じゃぁ〜、なんで日本に楔形文字が残ってないのかな? (;^^)ご愛嬌? Time : 1999/10/23(土) 00:39:08
Name : コテキン E-mail : Title : 初めまして。 Comments: 初めまして。 俺は井沢さんの大ファンです。井沢さんの本は、小林よしのり氏との共著を含めれ ば8冊持っております。 俺は高校の頃から日本史(かなり戦国史に偏っているけど)に大変興味を持ってい ました。日本史のことは俺にまかせろと思っていたのですがここの掲示板を見てそ の自信はベルリンの壁の如く見事に粉砕されました(泣)。しかし、勉強して皆に 追いつくという良い目標ができました。今、渡部昇一氏の「かくて昭和史は甦る」 を読んで昭和史の勉強をしているところです。これからもどんどん勉強しまくるぞ ぉ!!!!!!! Time : 1999/10/24(日) 00:02:03
Name : 安部奈亮 E-mail : Title : よき野球ファン? Comments: 私は、中日ファンでも、ダイエーファンでもないので、今年の日本シリーズは純 粋に野球を楽しめている気がします。 第1戦はなかなかいい試合でした。尾花コーチが活躍しているのは、ヤクルトフ ァンとして鼻が高いです。 井沢先生は、やはり中日ファンなのでしょうか? もしかしたら、ナゴヤドームで日本シリーズの観戦もしているかもしれませんね 。 Time : 1999/10/26(火) 16:20:38
Name : ダーヴェル E-mail : gawien-n@gc4.so-net.ne.jp Title : 野球 Comments: 「ふぉーらむ」ではアツイ議論が闘わされてるようですねぇ・・・ 私はあまり野球は見ないのですが、 取りあえず放送時間の延長は勘弁してほしいです。 始めから枠を確保しておくとか。 それ以前に試合のスピードアップを図って欲しいですが。 それにしても「上原は出さない優勝は出来ない」では、 読売はもっと笑いモノになってていいはずなのに、 やはり日本の野球は巨人中心にしか回らないのでしょうか? >コテキンさん こんにちわ。 こちらには歴史に特に自信があるとは言えない私のようなのもいるので、 まぁ肩の力を抜いて気楽にやりましょうや(笑) >ネットキットさん その本のタイトルと出版元を教えてください。 探したけど見つからなかった・・・ ちょっと前に「日本とユダヤは同祖だ」という萬画がありましたね。 池上遼一の絵は見事だねぇ・・・ Time : 1999/10/28(木) 02:14:17
Name : 富士 E-mail : Title : 日本シリーズ Comments: まさに安部さんおっしゃる通り、私には関係ないので純粋に楽しめますね!! ダイエー勝ってのバーゲンもたのしみですしぃ。(でも、あんまり得した気分にな んないのは何故でしょうか。やっぱおどらされてるからかなあ。) とは、言ってもホントは野球をそう見る方ではないんですよね。たしなむ程度です 。 まあ、御贔屓は一応、「巨人」なんですが.....。(あ、いま、敵つくりましたかワ タクシ。) Time : 1999/10/28(木) 16:51:45
Name : ネットキット E-mail : Title : シュメール本 Comments: ダーヴェルさんはじめまして! シュメール本は「日本超古代王朝とシュメールの謎」 岩田明著:日本文芸社 です。 ここの出版社はいろいろと超古代ものを出していてそれなりに面白いですよ。 でも、トンデモ本って意識は必要かも? (^-^;)7 Time : 1999/10/28(木) 17:46:20
Name : ネットキット E-mail : Title : 巨人ファンって・・・・ Comments: >まあ、御贔屓は一応、「巨人」なんですが.....。 >(あ、いま、敵つくりましたかワタクシ。) 富士さんもぉ〜〜〜〜? (-_-;)....巨人ん〜〜〜??? 実は私も野球あんまり興味ないです。でも会社などで休憩中に巨人戦のテレビを見 ていると回りは必ず「今、どう?勝ってる?」などと聞いてきます。 主語がないんです。「巨人は勝ってるか?」では無く、ただ「勝ってる?」です。 例えば広島が勝ってる時に私も主語無しで「ええ、勝ってますよ」などと言うと 後でとんでもないことに成ります。 「なんだよぉ〜ウソ付きやがって、このまま負けたらお前のせいだぞ!」 などと言われてしまいます。 主語なしで当然のごとく相手を見れば巨人ファンと言う考え止めて欲しいっす! でも、こんな時にも日本の「言霊」を発見して複雑な気分です。 A^^;) Time : 1999/10/28(木) 18:05:34
Name : 石田家の足軽 E-mail : Title : こんにちわ Comments: えー、久しぶりです。 ネットキット様、コテキン様は初めましてかな? 巷では西村氏の核武装発言が話題になってますが(遅い?) 実は私、西村氏をよく知らないんです。 事の経緯を教えてくれないでしょうか? 私も前に、核武装すればいいと書き込みしたのですが、 もう一度、核武装の是非を皆様の意見を聞きたいと思います。 私、野球に関しては素人ですが、大リーグで70本もホームラン打ってる 選手もいるのに、巨人の松井選手は40本打ってホームラン王とは。 なんか、桁が違いますね。 外国人選手なしでは、日本のプロ野球はダメなんですかねぇ。 Time : 1999/10/28(木) 18:26:06
Name : 安部奈亮 E-mail : Title : 悪しき野球ファン? Comments:  私などは,「ドラマなんかつぶしてもいいから最後まで見せろ!!!」と怒鳴っ てしまいます。  嫁さんや娘が出来たら,嫌がられるだろうなあ・・・  ダイエー優勝良かったですね。王監督は去年までと顔まで変わりました。  やはりスポーツ選手は勝たなければだめですね。 Time : 1999/10/28(木) 23:30:54
Name : 横山 雅彦 E-mail : Title : 石田家の足軽さんへ Comments:  元は週刊プレイボーイ11・2での大川興業総裁との対談で「日本も核武装したほう がええかもわからんということも国会で検討せなアカンな。」と発言したのが始ま りです。その後の経緯は新聞のホームページなどで見てください。あとプレイボー イに載っていたプロフィールでは 西村真悟(にしむら しんご)衆議院議員(自由党)。1948年大阪府生まれ。97年 5月、日本、中国、台湾がそれぞれ領有権を主張する尖閣諸島に上陸し、話題を集め る。京大卒、弁護士、当選2回 となっています。 Time : 1999/10/28(木) 23:33:40
Name : コテキン E-mail : Title : やまびこと野球 Comments: こんばんは。井沢掲示板で大ポカをやらかしたコテキンです。 あのぉ・・・そのぉ・・・いやね・・・「登録」ボタン押してもウンともスンとも 言わないのでボタンを連打したらああなっちゃったんです(T.T) しばらくたって井沢掲示板見て青くなってしまいました(T-T)(T-T)(T-T)(T-T)(T-T )(T-T) うおおおおおおおお!! なんて骨体!!(このギャグ分かります?) Time : 1999/10/29(金) 00:06:55
Name : 安部奈亮 E-mail : Title : 許してもら演歌 Comments: というのもあったっけ。  でも今では友だ○○○。(自爆) Time : 1999/10/29(金) 00:15:14
Name : 待兼右大臣 E-mail : Title : 石田家の足軽さんへ(補足) Comments:  それと西村真吾氏は元民社党委員長西村栄一氏の息子さんでもあります。 Time : 1999/10/29(金) 09:59:51
Name : ネットキット E-mail : Title : 西村議員について Comments: 石田家の足軽さん、はじめまして! よろしく!(^0^)/ さて、西村議員についてですけど・・・ 以前ふぉーらむでも書き込みしたのですが、西村議員の核武装発言があったから と言って、彼を辞任に追い込むのは間違いだと思います。 極端な話し、彼が「オウムの麻原祥晃を総理大臣にしよう!」とか、「ヒットラー を墓場から生き返らせて日本の総統にしよう」とか言ったとしても、それは彼が国 会議員である以上、議会で発言する権利があると思います。 立法府とはあらゆる愚論、正論、珍論、箸にも棒にも論を戦わせてこそ最善の選択 肢が選ばれる訳で、議会にかける前に西村議員を封殺するのは民主主義の自殺行為 だと思います。もし、彼の意見に反対ならば議会で正々堂々と反対意見を述べれば 良い訳で、はじめからマスコミやその他大勢の議員こそ、民主主義を自殺に追い込 むトンデモナイ議員達だと思います。 日本のタブーに挑戦した西村議員こそ議論をすることを主張した点においてまさに 正論だと思います。 それでも彼の発言を問題にするのならば、彼を選んだ選挙民こそ非難されて然るべ きではないでしょうか? Time : 1999/10/29(金) 10:18:23
Name : ネットキット E-mail : Title : 修正 (^-^;)7 Comments: >良い訳で、はじめからマスコミやその他大勢の議員こそ、民主主義を自殺に追い込 >むトンデモナイ議員達だと思います。 ↑は、ちょっと部分的に飛ばして記入してしまいました。 良い訳で、はじめから西村議員を封殺してしまうマスコミや多くの議員こそ、 民主主義を自殺に追い込むトンデモナイ人達だと思います。 に、変更して読んでください <(__)> すいませんでしたぁ〜。 Time : 1999/10/29(金) 16:39:30
Name : 横山 雅彦 E-mail : Title : ネットキットさんへ Comments:  西村氏は一議員だからではなく防衛政務次官だから問題になったのです。政府が 「非核三原則」を掲げている以上、政府の一員がそれを否定する(?)ような発言 をするのはどうも・・・。学者やジャーナリストの発言は「正しいか否か」ですが 政治家の発言は「どんな結果をもたらしたか」です。そのいい例は中曽根元首相の 「黒人やプエルトコ人がいるからアメリカは知能指数が低い。」発言です。事実に は違いないですがアメリカにとって一番言われたくないことですから。それと >それでも彼の発言を問題にするのならば、彼を選んだ選挙民こそ非難されて然る >べきではないでしょうか? は呉智英に言わせると憲法違反だそうです(笑)。憲法に「責任を問われない」とい う規定があるそうです。責任を認めると政治家が何か不始末をやらかすたびにその 政治家に投票した選挙民が訴えられることになるからそうです。(出典:SAPO IO) Time : 1999/10/29(金) 21:34:35
Name : 石田家の足軽 E-mail : Title : 西村氏 Comments: 横山雅彦様、待兼右大臣様、ネットキット様、ご紹介ありがとうございます。 なるほど、思ったより凄い方なんですね。 尖閣諸島に「上陸」っていうのが、凄いです(大笑い) やっぱり、日の丸を掲げたのでしょうか? 実は学校の先生全員が、西村氏のことをセクハラしまくりのモラルのない人 (セクハラ大魔王?)と教えられたので、疑問には思ってました。 だって、それが本当だったら、ワイドショーが黙ってないから(^^; >それと西村真吾氏は元民社党委員長西村栄一氏の息子さんでもあります。 うっ、西村栄一氏を調べないと(恥) ネットキット様、改めて初めまして〜 そうですね。モラルのない政治家を批判するのは結構ですが、選んだのは 国民なんですから。 民主主義は諸刃の剣です。 議論が必要なのは、最近では社民党が言ってましたね。 是非、国会で生中継討論してほしいです。 Time : 1999/10/29(金) 23:15:20
Name : 南波 弘道 E-mail : Title : 日本 Comments:  西村氏発言後の産経以外の各マスコミに一言。  日本って言論の自由って無いんですね。 Time : 1999/10/29(金) 23:42:39
Name : コテキン E-mail : Title : すごいなぁ・・・ Comments: 石田家の足軽さんへ 石田さんの学校の先生はそんなこと教えるんですか? すごいなぁ・・・・・ そんなこと教えてええんかいな? Time : 1999/10/30(土) 00:08:56
Name : コテキン E-mail : Title : 愕然・・・ Comments: 俺は高校で日本史勉強してまして、かなり良い成績でした(自慢じゃないよ)。 しかし、井沢さんのホームページを見て、いかに自分に知識がないか痛感しました 。俺、高校で何やってたんだろ? おのれ、日教組!(人のせいにしてどーする?) Time : 1999/10/30(土) 00:58:21
Name : じゃがいも E-mail : Title : はじめまして! Comments: こちらのとまり木には初めて記入します。 歴史って正しく認識したいですよね! ですからここも議論が絶えないので しょうけど、一般的に日本人は争いを避けようとするので周りの空気の流れ に従ってしまい自分が無い人が多いように思います。 その点ここは喧嘩も辞さないほどの勢いがあって良いことですね! それで、議論を一つ提起したいのですけど、最近の教育や歴史教科書はかなり偏向 しているので、問題を感じてるのですが皆さんはどう思いますか? このまま日本の歴史認識が狂ってしまうととんでもない事になりそうだとは 思いませんか? Time : 1999/10/30(土) 08:11:23
Name : じゃがいも E-mail : Title : 国民の歴史 Comments: 昨日書店で西尾幹二氏の「国民の歴史」を書店で見つけました。結構 分厚くって読むのに一苦労しそうですが、あの厚さで¥1800は安い! と思いました。上下2巻にして各¥1200ぐらいでも十分買う人はいると 思ったのですけどね! でも、近くの書店でないと買う気にはならないです。 なぜかって? だって、重そうなんだもん。でも今日買いに行きます! コテキン様 日教組、あれはダメです(爆)自分で勉強しましょう!その点「国民の歴史」 よさそうでしたよ! 今の教科書のように大航海時代の船舶などの解説でも、欧米中心主義ではなく支那 の鄭和の南海大遠征などの事実もちゃんと書かれていて、バランスが良い 本だと思いました(立ち読みだけだから詳しくは分からなかったけど) 船の大きさも鄭和の船が如何に欧米の船に比べて大きかったかなども図になって出 ていましたよ。  Time : 1999/10/30(土) 08:41:35
Name : ロータス E-mail : lotus@dg7.so-net.ne.jp Title : ミッドウェー海戦を熱く語る日本史教師 Comments:  私の高校時代の歴史の先生は、授業中に教科書を無視して時間いっぱい延々とミ ッドウェーにおける戦闘の推移と日本の敗北要因について熱く語っていました。  今振り返ると細かい部分の間違いはあるにしても、大きな流れに間違いはなかっ た。  政治的(と言うか感情的)反戦論に流れずに、冷静な目で(口調は熱いけど)歴 史を見ると言うことを教えられた、ような気がします・・・  あの先生日教組にいじめられていなければいいんだけどなあ・・・  話題は全く変わりますが、ここのリンクはフリーなのか、許可制なのかどちらな んでしょう。その辺について何も記述がないもんで。リンク張っちゃったあとでク レーム来て削除するのも何だかなあだし・・・ Time : 1999/10/30(土) 09:43:19
Name : コテキン E-mail : naka-dai@jf6.so-net.ne.jp Title : 朝日新聞への素朴な疑問 Comments: 大学入試は朝日新聞から出ていますなんてCMやってたけど、学歴社会批判やって る新聞があんなCM流していいんかいな? Time : 1999/10/30(土) 13:01:33
Name : コテキン E-mail : naka-dai@jf6.so-net.ne.jp Title : 授業について Comments: 高校の頃の社会科の副教材をざっと目を通したのですが、まるで日本共産党のパン フレットみたいです。 何しろ、1ページ目から「子どもの権利条約」なる物が誇らしげに乗っています。 靖国神社については「靖国の神になると霊魂は永遠に神社の外に出られず、たかだ か桜の花となるくらいで生まれた家の仏壇には戻れないという建前になっている」 なんて書いてあります。本当かな? 他にもたくさんつっこむことろはあるけど今回はこの辺で。 Time : 1999/10/30(土) 13:15:01
Name : 石田家の足軽 E-mail : Title : えっとー Comments: コテキン様、ちょっと全部の先生とは言い過ぎでした。すみません。 理系の先生以外の先生が、西村氏の言動を怒っていらっしゃいました。 実はここだけの話、1週間前の全校集会で、明らかに校長先生と教頭先生の 意見が違っていて面白かったです(^^;苦労が顔に現れてる校長先生(−−; 自殺しなければいいが。 私の学校は左よりの先生が多いのは事実ですが、気の優しい(弱い?)先生が 多いです。 一番酷かった思い出は1年生の社会の時でした。 すごい偏向授業だったと思います。 従軍慰安婦、朝鮮植民地時代の創始改名、アメリカはモラルのない国(これは 先生が半年、アメリカに留学したときの話、とにかくアメリカの悪口しか言わない のです)などなど、です。 なかでも、従軍慰安婦なんか1年生の頃は知らなかったのですが、その先生の エロ本顔負けの言葉攻撃を受けました(ToT)これってセクハラじゃ? 千田夏光氏と吉田清治氏の本を朗読・・・ 毎年、この先生の授業を受ける1年生を見るとかわいそうです。 Time : 1999/10/30(土) 18:28:41
Name : 安部奈亮 E-mail : s00v0128@ip.media.kyoto-u.ac.jp Title : 皆さん結構苦労しているのですね Comments: 私は茨城県出身ですが,さすが水戸学発祥の地だけあって?ぜんぜん偏向していま せんでした。むしろ小学生の頃は,私のほうが左に偏向していた。でも,余りに左 よりの日本史の本を読んで「いくらなんでもそりゃあないだろ?」と感じて,そう 言うことはなくなりました。 今日の毎日新聞の朝刊は,西村氏の意見を1ページ費やして,載せていました。毎日 新聞は変わりつつあると思います。 Time : 1999/10/30(土) 23:14:28
Name : 安部奈亮 E-mail : s00v0128@ip.media.kyoto-u.ac.jp Title : ちょっと説明不足でした Comments: 下の文章の意味, 私が通った,小中高の学校は,全然偏向していませんでした。 です。 アメリカに行った日本人は,アメリカ一辺倒になるか,アメリカが大嫌いなる人が 多い気がします。ヨーロッパに行った人はそんなことはありませんが・・・ Time : 1999/10/30(土) 23:18:32
Name : コテキン E-mail : naka-dai@jf6.so-net.ne.jp Title : 会津魂じゃぁ Comments: 安部さんは茨城ですか。俺は福島の郡山っす。隣同士ということですな。 福島というと会津白虎隊と喜多方ラーメンが有名です。何たって会津藩は徳川幕府 の御為に奮戦し散っていった誇り高き藩です。少なくても孝明帝が崩御される前ま では会津こそが勤王だったのです。 しかし、俺の地元は元二本松藩領なんです。ちとがっかり・・・ちなみに二本松の 殿は織田信長の宿老だった丹羽長秀の子孫です。 Time : 1999/10/31(日) 00:13:55
Name : ダーヴェル E-mail : gawien-n@gc4.so-net.ne.jp Title : あまり意味無いですけど Comments: 父が茨城、母は福島です。 私はそのどちらでもないのですけど。 >ネットキットさん シュメール本情報ありがとうございます。 今度探して見ますわ。 トンデモ本はそれはそれで面白いですよね。 今度、五島勉の大予言をまとめて読んでみようと思ってるんですよ。 でも実際、読む本一杯ありすぎて、そんな本読んでるヒマはないんですけど(笑) Time : 1999/10/31(日) 01:31:56
Name : 富士 E-mail : Title : 先生ってば Comments: そういえば私の中学校では教頭先生が社会科の授業をもっていました。 その先生、もと「関東軍」でシベリヤ抑留も経験してらして近代史のテストに そのことを出題されてました。そんな経験からか,あんまし「共産」はお好きじゃな かったようです。 (ちなみに大伯父には南方軍で中隊長をしていた者がいて、口癖が 「おれは泥水すすって生きてきたんだ。」です。) 高校の時の先生は教え子と卒業すぐに結婚しました。 いまの先生も卒業までまてばあんな問題にならないのに....。 最近のわかいものは我慢がたらん? Time : 1999/10/31(日) 03:29:33
Name : 石田家の足軽 E-mail : Title : ん? Comments: 織田信長の子孫は、現在生き残っているのでしょうか? 確か、茶の名人有楽斉(漢字あってるかな?)が江戸時代まで生き残った らしいから、生き残ってると思いますが。 私の祖先は、楠木正成だと祖母に教わったのですが、すっごい嘘臭い(^^;; 名前だって、全然違うのに。 Time : 1999/10/31(日) 09:12:25
Name : 安部奈亮 E-mail : s00v0128@ip.media.kyoto-u.ac.jp Title : 確か Comments: 織田信雄と織田有楽斎の2系統が廃藩置県まで小藩として残っています。 どちらかが天童を領していたと思います。 石田家の足軽さん,伝説はバカに出来ませんよ。世阿弥が楠木正成の親戚であるこ とは,信憑性があるらしいですし。 Time : 1999/10/31(日) 23:59:49