Name    : 宇津木和政
E-mail  : kennichi@utsuki.office.ne.jp
Title   : 謹賀新年
Comments:
 あけましておめでとうございます。
 今年もきっとアバウトなことしか言わないと思いますがどうかお許しください。

Time    : 1999/ 1/ 1(金) 08:33:26

Name : 藤田 潔 E-mail : Title : 頌春 Comments: 皆様、あけましておめでとうございます。 本年もこのHPと、そのメンバーが栄えることを祈ります。 Time : 1999/ 1/ 1(金) 10:38:27
Name : 管理人 E-mail : rk7m-ysd@asahi-net.or.jp Title : 謹賀新年 Comments:  みなさん、新年おめでとうございます。本当は、井沢が藤原道長に扮した写真を 使って、新年のごあいさつのページを登録したかったのですが、何かとあわただし く、それもできずじまいになってしまいました。  でも、昨年暮れに井沢が受けた左目の手術は軽いものであったため、退院してす ぐに車の運転も可能なほど経過は順調です。  ともあれ、今年もよろしく。                    管理人 Time : 1999/ 1/ 2(土) 03:28:08
Name : 横山 雅彦 E-mail : Title : 賀正 Comments: あけましておめでとうございます。  管理人さんに質問、週刊ポストの「逆説の日本史」は休載になっていますが、 SAPIOの「逆説のニッポン歴史観」は掲載されています。どうしてでしょ うか。お教えください。 Time : 1999/ 1/ 3(日) 11:59:38
Name : 管理人 E-mail : rk7m-ysd@asahi-net.or.jp Title : 横山様 Comments:  雑誌の原稿は、企画もの(決まりもの)の場合、ニュース記事の特集とは違って 早めに入稿します。週刊ポストはもとより、SAPIOも本格的に連 載を復活したはずでしたが、予期せぬ入院と手術で予定が狂ってしまったの です。  ただし、月2回発行のSAPIOは、週刊ポストよりも締め切りのタイミ ングが早いために、手術の影響をこうむらずにすみました。たしか、前にも 似たような質問をどなたかからいただいた記憶がありますが...。  ともあれ、術後の経過は順調なので、休載は少しの間ですむと思います。                       管理人 Time : 1999/ 1/ 3(日) 18:51:56
Name : 横山 雅彦 E-mail : Title : お礼 Comments: 管理人さん、どうもありがとうございました。井沢先生によろしくお伝えくだ さい。 Time : 1999/ 1/ 4(月) 09:10:46
Name : 三枝貴代 E-mail : MXA04115@nifty.ne.jp Title : 新暦のお正月 Comments: あけましておめでとうございます。 今年のお正月は、十三夜でしたね。元旦零時をねらって初詣にお出かけなさった みなさんは、月がとっても明るいことに気付かれたことと思います。 よく考えれば、江戸時代以前には旧暦なので、月の明るいお正月なんてものは 存在しなかったはず。正月に月を眺めるのは現代人の楽しみと、しみじみ上を 見上げました。 以前、赤穂事件の日付が旧暦であることが、ここで話題になりましたが、討ち入り の当日は夜半から雪がやみ、空は晴れたとか。では月齢十四、地面には昨日 からの雪が残り、その反射光もあって、むやみやたらに明るかったのでは。 そんな中、四十七人もの武装集団が江戸の町を歩けば、そりゃあ目立つ。「討ち 入りは幕府がわざとやらせたのだ」という説が出てくるのも、さもありなんと 思ったのでした。 Time : 1999/ 1/ 4(月) 12:49:07
Name : 奥村真 E-mail : oku@total.co.jp Title : 大潮の夜 Comments:    三日、三重県鳥羽からフェリーに乗って、神島を通り伊良湖岬へ到着したのです が、椰子の実が漂着したことで有名な、その伊良湖岬で、乗り合わせたバスの運転 士さんに聞いたはなしです。 「バスの運転士さんは正月、休みなしですか?」 「おおみそか、元旦は仕事、ふつかだけは休みだったけど、  誘われてまって、アサリ捕りに行った。  月はまんまるだったが、夜中の十二時だで寒いのなんの、  そんでもってバケツ一杯しかとれーせんかった」  望月や朔月の頃は大潮ですから潮干狩りに適しているとはいえ、あろうことか正 月、月明かりでアサリを捕っているとは知りませんでした。三枝さんの話でますま す、さいきんすっかりごぶさた気味だった月について、認識を新たに致しました。 Time : 1999/ 1/ 4(月) 16:09:33
Name : 宇津木和政 E-mail : kennichi@utsuki.office.ne.jp Title : はやく帰ってきてね Comments:  あけましておめでとうございます。 年末は常連のみなさんが帰郷されたせいか私ばかりのさばってしまい申し訳あり ませんでした。少しずつみなさんお帰りのようで少しほっとしています。  言い出しっぺのくせに気づきませんでした。三枝さんの言われるとおり、かつて は「正月に満月」なんてありえなかったんですよね。 Time : 1999/ 1/ 4(月) 23:39:23
Name : 輔住 E-mail : Title : 謹賀新年 Comments: 井沢先生、管理人さん、みなさん新年あけましておめでとうございます。 また今年も何回もここにくると思います。 本年もよろしくお願いします。 Time : 1999/ 1/ 5(火) 12:38:55
Name : ケロちゃん E-mail : kasimada@inte.co.jp Title : はじめまして。 Comments: あけましておめでとうございます。 初めて投稿させていただきます。井沢先生の逆説の日本史、大変興味深く拝見させ ていただいております。 学生のころ、平和な世の中を維持するために自衛力は必要だと思っていた私はそれ を口にするたびに右翼扱いをされてきました。 あのころ(10年前くらい)、小室直樹氏の平和主義者が戦争を起こすという話しを 読んだときにすごく納得できましたが、日本人の思考がどうしてそうなってしまっ ているのか、今、先生の本を読み理解ができたような気がします。 話しは、ずれますが日本人は自由よりも平和を望む民族なのかもしれないな、と感 じます。関ヶ原の合戦時に世界有数の鉄砲を保有しておきながら徳川時代にはそれ を祭りの道具にできるところなど、日本人のすごいところだと思います。 しかしながら、自由に関してはその権利を得ようという気持ちは薄いと言うかあま り意識していないような気がします。 またまた、話しは変わって先生のおっしゃっていました穢れの思想は特に感銘いた しました。自分を振り返ってみて確かにそう感じていると思いました。 今後も先生の作品を楽しみにして待っております。 http://plaza14.mbn.or.jp/~ohno/ Time : 1999/ 1/ 6(水) 15:29:18
Name : タカトシ E-mail : Title : はじめまして Comments: はじめて投稿いたします こんなページがあったとは。はじめて知りました 数ヶ月前に井沢先生の著作『神霊の国 日本』を読み、感銘を覚えて もうそこから井沢先生の本を次々と読みあさりました。 これからはこのページもちょくちょくアクセスしようと思います。 Time : 1999/ 1/ 6(水) 22:32:17
Name : 安部奈亮 E-mail : Title : あけましておめでとうございます Comments: 少々遅れましたが、おめでとうございます。井沢先生のご病気の再発もそんなに深 刻なものでなくて何よりです。しかしすぐ車の運転をするとは、少し張りきりすぎ では?また再発しないかちょっと心配です。 歩く方向とクリスマスの話、面白かったです。私の聞いた話によると、人は心臓を 守るために左側を歩く傾向があるそうです。日本でもエスカレーターの片側に立っ てもう片方は急ぐ人という習慣が根づきつつあるようですね。東京はもう根づいた ようです。関西はまだ途中かな?私は,10年前にイギリスにいたことがあるので すが、そうなっていました。これは便利な習慣でいかにもイギリス人らしいと思っ たものです。 つい最近まで、遠藤周作さんはカトリックの教会から異端とされていたそうです。 「深い河」に教会に対する遠藤さんの苦悩が出ている気がします。ただ、10年く らい前の公会議で認められたそうですが、「深い河」の記述を見る限りまだまだの ようです。 私は、真言宗ですが、聖書は骨折した時に暇に飽かせて読みました(そうでもない と無理、これは読んだ人には分かると思う)。私が衝撃を受けたのは、創世紀でも 黙示録でもなく、「申命記」です。あの細かくて延々と続く律法(しかも「タルム ード」はもっとすごいらしい)・・・私は、あれを読んで、日本人とは生きている 世界が違うと圧倒されました。 そして、聖書は西洋の人たちの生活に本当に密着していると思いました。聖書抜き で西洋をかたるのは(ほとんどの日本の知識人はそうでしょうが)無意味だと思い ました。ロックやポップスさえも聖書からの引用だらけです。サイモン&ガーファ ンクルの「セシリア」は詩編のパロディ(イエスが死の前に唱えた「エルエルサバ クアニ・・・」)ですし、「サウンドオブサイレンス」は、やはり偶像崇拝を非難 する預言者の言葉のパロディです。 私が見たひどいのは、倫理のある教科書で、「イエスは神をうらんで死んだ」と書 いていました。「神よ私を裏切るのか」で始まる詩は、「やはりあなたに全てを委ねま す」で終わる信仰告白の詩です。つまり、その教科書の執筆者は、聖書を一度も読ん だことが無いのです。それなのによく倫理の教科書を書く気になれるものだ。 Time : 1999/ 1/ 7(木) 14:31:25
Name : 安部奈亮 E-mail : Title : どーでもいいことですが Comments: キリスト教徒以外は地獄に落ちると言ってた人がいたそうですけれども、場合によ っては望む所ではないかと思います。どうしてって、仏教徒にとって異教の神が作 った浄土に行くことは到底成仏とは言えないのではなかろうか?それに、仏教の修 行者の望むのは涅槃であって天国に転生することではないです。極楽往生もやはり 輪廻の輪からは抜け出せていないわけですから。 しかし欧米人はどうしてあそこまで自信を持てるのだろうか?というより私はアジ アやアフリカに対する恐れや後ろめたさも一面にあると思う。 Time : 1999/ 1/ 7(木) 15:14:14
Name : 横山 雅彦 E-mail : Title : 「逆説の日本史」について Comments:  週刊ポストの「逆説の日本史」がまた休載になってしまってとても残念です。 網膜剥離がとても恨めしい。ところで井沢先生はSAPIOで小渕総理辞めろと 言っていますが、同じSAPIOの大前研一氏の記事を読むと日本の政治家は実 はとても優秀なのではないかと思われます。何に有能かといえば政治や外交では なく、「利権を守ること」に関してです。「一般国民を犠牲にして銀行、ゼネコ ン、第三セクターを守る」ことが政府・自民党・大蔵省の方針であり、それに適 したのが小渕総理なのではないでしょうか。この掲示板でも「逆説のニッポン歴 史観」について論じてください。 Time : 1999/ 1/10(日) 16:36:05
Name : 正岡(初號機) E-mail : Title : おそいお年賀(^_^;) Comments: 先日、実家から戻ってきて寝込んでいました。 今年もおじゃまいたします。 今年の初詣は、実家の村の山の観音様に行きました。お願い事は「今年もお金に困 らず、同人活動ができますように」<あまり高望みをしない謙虚な私。 春のイベントで同人誌がいっぱい売れたら、おさい銭をいっぱい持って行こうと思 います。<願掛けは後払いでいいですよね? Time : 1999/ 1/11(月) 00:53:55
Name : 安部奈亮 E-mail : Title : したたかな女性 Comments: だいぶ前に見た映画を思い出したのですが、「マザーテレサ」ですが、実に魅力的 な女性に描かれていました。ナイチンゲールも似たような魅力があります。 2人とも、男女の枠を超えて有能で勇気のある人です。しかし、要所要所で「女」 であることを利用しています。でもそれが全然イヤミではない。私利のために利用 しているのではないからでしょう。 そういうしたたかさのある女性はいいですね Time : 1999/ 1/11(月) 15:54:48
Name : 服部 E-mail : Title : 日本史観 Comments: 横山さんが言うように政治家が「利権を守るのに有能」 であるならば、民主主義国家である以上それは我々自身が 利権を守り、「一般国民を犠牲にして」行動を起こしてい ると言って差し支えないでしょう。 Time : 1999/ 1/12(火) 14:12:35
Name : 石井一旭 E-mail : Title : 昭和天皇ってどんな人? Comments: 明けましておめでとうございます。 非常に遅いですねコリャ。 安部さんに以前勧められた「存亡の条件」ですが 実はまだ見つからず、読んでいません。 山本七平さんの文庫本って案外少ないものなんですねえ。 今度はもっと大きな本屋で探してみます。 ところで、代わりと言ってはなんですが、 「昭和天皇の研究」を読んでみました。 私の読後の感想はおいておくとして、 皆さんは昭和天皇をどう思いますか? 私は何しろ若造なのであまり直接的な印象が無いのです。 どちらかと言うと歴史上の人物といった感じでして。 ですから「昭和」を生きた皆さんに昭和天皇に ついてお教え願いたく思います。 Time : 1999/ 1/12(火) 15:43:20
Name : 輔住 E-mail : Title : 昭和天皇のイメージ Comments: 昭和が終わった頃、私はまだ学生でした。 TVで見た印象じゃ「相撲が好きなおじいさん」という感じでしたね。 (失礼だとは思いますが) 明治から戦前まで形だけは天皇に権力が集中していますが、 回りの人が実権を握っているようなイメージがあるので あまりピンとこないですね。 Time : 1999/ 1/12(火) 17:45:24
Name : 正岡(1号) E-mail : Title : 昭和天皇と相撲 Comments:  私もお歳を召してからの印象しか…。  相撲がお好きなのは筋金入りだったようで、特に千代の富士のファンだったよう です。(公言はしてないですが)床に伏せられて、予定していた相撲観戦が行けな くなったのはお気の毒だった。その場所は千代の富士の全勝優勝で、千秋楽の後「 全勝か?」と近くの者に聞かれたそうです。 Time : 1999/ 1/12(火) 23:41:46
Name : 奥村真 E-mail : oku@total.co.jp Title : わたしにとっての昭和 Comments: 「昭和何年」という数字が、わたしの小学校の学年数でした。つまり、昭和三十一 年は、わたしが小学一年生であり、昭和三十九年には、中学三年生だったというわ けです。高校の二、三年から、わたしの感覚は西暦に変わりました。六十年代、七 十年代という時代区分で自分を測るようになったのです。  昭和天皇という人は、わたしの親戚ではありませんから、亡くなったときも琴線 に触れるものはありませんでした。昭和天皇の親しい人が、故人をしのぶべきだと 考えました。数年前亡くなった叔父は、我が身にひき寄せて落ち込んでいたようで す。彼は昭和元年生まれ、「しょっ、しょっ、しょうわのこどもだ、ぼくたちは」 という唄で育った人だったからです。  いま、わたしは、西暦世紀末という考え方が、吾が身に身にそぐいません。 Time : 1999/ 1/13(水) 10:59:37
Name : サイト側の技術者 E-mail : maeda@total.co.jp Title : テスト Comments: すみません、テストです。 Time : 1999/ 1/16(土) 12:56:27
Name : サイト側の技術者 E-mail : maeda@total.co.jp Title : test Comments: test Time : 1999/ 1/16(土) 13:18:33
Name : サイト側の技術者 E-mail : maeda@total.co.jp Title : test Comments: test Time : 1999/ 1/16(土) 13:20:53
Name : かなまり E-mail : chudai@d1.dion.ne.jp Title : 季節柄のCMについて Comments: 正月前から雛人形のCMがやたら流れていますが、某社の「平安三賢人びな」、見 事に井沢説で「不幸な死に方をした人」が揃っていて、「何も考えずに歌の出来る 人ってことで選んでるのだろうか、それとも怨霊鎮魂の一手法なのか」と考えてみ るのもまた楽しいですね。私だけですか。 皆様真面目な書き込みが多いようですので、たまにはこんなアホ書き込みがあって いいのでは。こう思うのもやはり私だけでしょうね。 Time : 1999/ 1/18(月) 05:44:57
Name : 石井一旭 E-mail : Title : 昭和という「一時代」としてはあまりに変遷した時代 Comments: 昭和天皇へのご感想を寄せていただいた皆様、 ありがとうございました。私のように10才ぽっちで昭和を 終えた人間にはドーモ「昭和天皇」というものがどんな存在 だったのか分からないのです。子供心に感じた天皇陛下は、 今上陛下とは随分違っていた気がします。 ただ昭和という時代をかじってみておもうことは、 「昭和という時代はたくさんの要素を含んでいて、 一筋縄では理解できない」ということです。 これだけ価値観が転換した時代は日本史上(おそらく世界史に おいても)なかったと思うのです。そういう点で「昭和」とは非常に 興味深い時代だと考えます。 Time : 1999/ 1/18(月) 11:20:12
Name : 安部奈亮 E-mail : Title : 展覧試合 Comments: 昨日、日本テレビ系で、野球の展覧試合を取り上げていました。長嶋監督も出てい ました。 これだけで、日本人の昭和天皇に対する感情が解るとは思えませんが、勉強になり ました。 巨人の水原監督は、戦前は早慶戦で展覧試合に出ていて、その後出征して、シベリ アに抑留されていたとか、阪神のカイゼル田中監督はハワイの日系2生で、2つの 祖国の間で苦しみぬいたとか、NHKのアナウンサー(名前失念)は、学徒出陣を 報道したとか、色々感慨のある試合だったそうです。 しかし、傑作なのは、一番活躍した長嶋が、他の試合と同じ意識しか持っていなか ったことです。さすが天才、野球のことしか頭に無かったようで、VTRを見せら れても、他の人たちの感慨が全く理解できていなかったようでした。なのに(だか らか?)、あれだけ活躍できるとはスターは存在するのですね。 ちなみに私はアンチ巨人です。 Time : 1999/ 1/18(月) 15:53:28
Name : 正岡1号 E-mail : Title : 講演会 Comments: 今週、吉祥寺で先生の講演会があるそうですが、お加減のほうは大丈夫なのかな? とかいいながら、入場整理券げーっと! Time : 1999/ 1/18(月) 17:33:21
Name : 正岡1号(池山ファン) E-mail : Title : 展覧試合 Comments: もちろん試合そのものはライブでは知りませんが、わずかながら長島さんの現役 時代は記憶にあります。<<わしってすげー年寄り???? 展覧試合のHRについて、村山(阪神のP)は今でも「あれはファールだった」 とコメントしていますですね。 しかし皇室がプロ野球を見に来ることはあまりなかったような…。多分警備の問 題では…。野球場の警備が困難なのは某宗教団体事件のときの東京ドームの対応を 見てもわかるとおりです… Time : 1999/ 1/18(月) 17:38:47
Name : 横山 雅彦 E-mail : Title : 服部さんへ Comments:  服部さんへ、私のメールにご返事いただきありがとうございます。  さてその件ですが、SAPIO98/12/09号のの井沢先生と大前研一氏の対談「 日本のことを知りたかったら外国の新聞を読むべし」にありますようにマスコミの 責任が大きいのではないでしょうか。 Time : 1999/ 1/18(月) 19:13:15
Name : 安部奈亮(ヤクルトファン) E-mail : Title : サイン疑惑 Comments: 野球に興味の無い人には申し訳ありませんが、サイン疑惑が一段落しました。いか にも日本的な決定でした。 球団関係者が処罰されるということは「クロ」ということです。ならば、選手も処 罰されるべきです。特定の選手が処罰されないということは、ダイエーはチームぐ るみでサイン盗みをしていたことになります。名を捨てて実を取るということでし ょうか?実行犯が見つからないのに、「灰色」を処罰してはいけません。プロ野球 界は中世魔女裁判の世界になってしまいます。 スコアラーとベンチの試合中の連絡が禁止されました。野村監督が「うち(おそら くヤクルト)は正々堂々とネット裏でスコアラーが分析している。ネット裏からは キャッチャーのサインは見えないのに・・・」と言っていました。この決定も、感 情に駆られた意味不明なものだと思います。 本当にこんなことでサイン盗みがなくなるのでしょうか?というより、本気でなく すつもりで対策を立てたのかいまいちあやしいです。 「天覧」でしたね、失礼しました。 Time : 1999/ 1/19(火) 16:07:42
Name : 輔住(横浜ファン) E-mail : Title : サイン疑惑 Comments: サイン疑惑の方はうやむな形で幕を閉じました。 川島コミッショナーの通達により、スコアラーの試合中への連絡が 禁止されましたが、私はあまり納得してません。 サイン疑惑とは結びつくとは思えないですし、現場の声も聞いてない からです。こういうことは現場の声を聞くぐらいは当たり前だと 思いますがどうでしょうか? Time : 1999/ 1/19(火) 19:00:59
Name : きんたろう E-mail : kintaro@po.net-ibaraki.ne.jp Title : 共通一次ドラフト? Comments: もうすぐ野球シーズンも始まりますね。 今年はあの江川くん(といっても別に個人的に知り合いではありません、念のため )以来と呼び声が高い松坂君の西武入団でなんだか浮き浮きした気分になっていま す。 野球といえばプロの選手になるにはドラフトという日本国憲法に明確に違反してい る道を経なければなれないわけですが、今年(去年)は痛ましい事件があって大変 でした。 なぜドラフトなどという基本的人権を無視したようなことがまかり通っているのか といえば、ひとえにその収入にあることは明白です。要するに高額な所得を得るの だからああだこうだ言うなというところだと思います。 でもそれはおかしいのではないでしょうか。 星野監督は今でも巨人に入れなかったことが悔しかったようです。当時の巨人キラ ーと呼ばれた平松さんは今でも長嶋監督のファンだと言っていました。 もう50歳の親父がですよ。野球が好きで且つ才能があったそうした人間を必要も ないのに傷つけてしまったわけです。そしてそれは今でもトラウマとして残ってい る。これはやはり残酷なことだと思います。 そうした中で最も有名な人は田淵さん(大ファンだったな)や江川くんだと思いま す。 ドラフト制度が天賦の才を蝕んでしまったような気がします。残念です。 理屈は昔から何処にでも張る事が出来るようですので、ドラフト擁護の意見などま っぴらです。 江夏さんは別に巨人に入りたかったという事は聞いたことがありません。ただ近鉄 のというより草根で有名な速急王として名高かった元鈴木監督は阪神に入りたかっ たけれども指名してくれなかったので仕方なく近鉄に入団したという事を言ってい たような気がします。 別に巨人だけの問題ではないと思います。各人がおのおののレベルで傷つく方が多 かったのではないでしょうか。 ただプロになった後はアマの実績がそのまま続くわけではありません。当然のこと です。横浜の佐々木と巨人の桑田は同級生ですが高校時代の実績を比べたら佐々木 は全然大したことがありません。(佐々木も一応甲子園には出ていますが) 出も、いまも桑田は大したものですが佐々木はそれ以上といえると思います。 昔読んだ小説で共通一次ドラフトとか就職ドラフトというのがありましたが(確か 窪田さんという名前だったような?記憶があります)全国模試の上位1000人を 各大学が勝手に指名するというようなことになったら大変でしょうね。 Time : 1999/ 1/19(火) 22:09:35
Name : 三枝貴代 E-mail : MXA04115@nifty.ne.jp Title : 大学ドラフト Comments: きんたろうさん、こんにちは。 まじめな書き込みなのに、ものすごくうけてしまいました。 他人事だと楽しいですね。大学入試ドラフト。 東大独走はけしからんということで、大学間でドラフト制度が設けられ るわけですね。「どうしても○○教授の研究室に入りたいから、東大に 行きたい」と言うと、「高校生のくせに、生意気を言うな。授業料がタダ になるんだから文句を言ったりしてはいけない」とお説教されたりして。 学力充分でも、東大に指名してもらいたいばかりに四浪五浪する受験 生も出るでしょう。学会は大損失ですね。 しかも、今のプロ野球の制度をそのままつかうとすると、いったん国内 の大学に指名されると、ハーバードやオックスフォードに留学する自由 もないってことになるのかしらん。 Time : 1999/ 1/20(水) 10:56:05
Name : きんたろう E-mail : Title : チャップリン Comments: 三枝さん、こんばんわ。 うけると言われるのがこんなにも気持ちがいいものだったとは、ありがとうござい ます。 確か他人の悲劇を周りの人の喜劇にもっていく手法はチャップリンの十八番でした ね。 Time : 1999/ 1/21(木) 00:15:41
Name : 正岡(初號機) E-mail : masaoka@din.or.jp Title : 燃える男・星野 Comments:  プロ野球に興味のない方はごめんなさい。  すいません。きんたろうさん。星野監督のくだりは、一部誤解があります。  それはGの1位指名が確実といわれた自分ではなくて、島野さんという方だった ので、プライドを傷つけられたということなのです。自分の目を疑った…一字ちが い… まちがいではないのか???と。  星野さんの「燃える男」はこのあたりにあるのです。  私は中日ファンの前は巨人ファンでした。やっぱりドラフトはプロ野球全体のた めに必要なシステムだと思います。ただ現行のシステムは何かゆがみがあるように 思えてならない。脱退して1リーグ制だ〜などと毎度脅し文句は聞き飽きました… 。オリンピックのことももうちょっとマジで考えてくれ〜。N社長〜というかんじ です。 Time : 1999/ 1/21(木) 03:10:20
Name : 輔住 E-mail : Title : まず、プロ・アマ交流を Comments: またまた野球の話で興味の無い人には恐縮ですが、 オリンピックへのプロ選手の出場はすんなりとは いかないでしょう。 日本はプロとアマの関係がしっくりいってません。 アマの方もプロのOBをアマの指導者にする道を 緩和してもいいのではないでしょうか? 時間はかかるかも知れないでしょうが プロ・アマの交流をスムーズにすることが先決でしょう。 Time : 1999/ 1/21(木) 12:19:19
Name : きんたろう E-mail : Title : 星野監督ごめんなさい Comments: 正岡さん、レスありがとうございます。 どうも言葉が足りなすぎたようです。 当時のドラフトの最大の焦点は六大学ホームラン王の田淵さんでした。 田淵さんこそが世界の王に匹敵するホームラン打者だろうとの評判でした。 ところが、前年(だったと思う?)のドラフトで巨人が早稲田進学間違いなしとい うことで各球団が指名を見送った堀内さんを獲得してしまいました。(後年歴史は 繰り返しました) それで、何が何でも田淵さんを巨人にだけは入れないぞ、というコンセンサスが1 1球団の中でできたそうです。 だから田淵さんがたとえ入団しなくても良いから、くじで最初になった球団は田淵 さんを指名して、とにかく巨人の指名をなくすという戦法に出たのです。 全く人を馬鹿にした話だと思います。結局仕方なく田淵さんは阪神に入団しました 。しかし、その阪神は他人の人生をねじ曲げたにもかかわらず西武にトレードに出 したのです。 星野監督は「田淵が阪神か、じゃあ巨人の指名は俺だ」と思ったそうです。 ところがドラフト1位の名前は一字違いだったわけです。 星野監督もドラフトさえなければ、(当然何位指名とかはないわけですから)巨人 に入団したのではないでしょうか。 ところで島野さんは高卒のルーキーで堀内さんなみに将来性を期待されていた逸材 だったそうです。残念ながらプロとしては大成できませんでしたが。 それにしても、なにも星野監督も島野さんを引き合いに出さなくともいいのではと 思いました。個人的には何の恨みもないのでしょうが、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い といったところなのでしょうか。 以来、星野監督は打倒巨人を目指しましたが、それは臥薪嘗胆のような無理がある 事で素直な状態ではないと思います。 ところで中日にはドラフト前から王、長嶋両氏に匹敵するスラッガー江藤さんがい たことを忘れてはなりません。また60度の角度で打ち出した(と見えた)ボール が軽々とレフトスタンド中段に入るホームランを連発した天性の長距離ヒッター木 俣さんもいたことを覚えています。 今年は中日に天才と呼び声の高いバッターが3年越しにやっと入ることが出来まし た。頑張って欲しいものです。 Time : 1999/ 1/21(木) 21:17:40
Name : 正岡(初號機) E-mail : masaoka@din.or.jp Title : ドラフトは悪なのか? Comments:  うーん。私はきんたろうさんの御意見にはうなずけないです。    ドラフトはただのシステムで、それを運用するのはやはり人間 (あるいは企業の思惑…)と気がしますです。選手の人生を もしねじ曲げているというなら、それは球団なのでは……  ああ、また野球のはなしでごめんなさい。思わず熱くなって しまって…… Time : 1999/ 1/22(金) 01:08:28
Name : 安部奈亮 E-mail : s00v0128@ip.media.kyoto-u.ac.jp Title : がんばれ田淵君 Comments: そうですか、田淵、星野と巨人の間にはそんな事情があったのですか。 私のその頃の野球の知識は「がんばれ田淵君」しかないのですけれど、より楽しめ そうです。 田淵は、やっと阪神に骨を埋める決心がついた矢先にトレードに出されたそうです。 プロ野球界が、仁義の世界からビジネスの世界に変わる過程の悲劇でしょうか。 どーでもいい事ですが、星野監督と同じ小学校に通っていた事があります(何の意 味もない)。ですから、星野監督が岡山弁丸出しでしゃべると、少し嬉しくなりま す。 Time : 1999/ 1/22(金) 09:20:15
Name : 奥村真 E-mail : oku@total.co.jp Title : 始末 Comments:  二十一世紀は2000年から始まるものだと思いこんでいましたが、各国毎に見解が 異なることを先ごろ知りました。中国は2000年からを主張し、イギリスは2001年か らを主張しているそうです。『広辞苑第二版』に拠れば「二十世紀は1901年から20 00年まで」ですから、2001年からが二十一世紀という解釈でしょう。ところが古本 屋で買った山川出版の『世界史年表』には世紀の記載なく、99年と0年のあいだに区 切り線が引いてあります。  日本は、果たしていつから二十一世紀なのか。来年いっぱい世紀末なのか、世紀 始めに切り替わるのか。2000年は二十一世紀なのか、まだ二十世紀なのか。その点 はっきりしていただかないと、どういった態度で暮らせば良いか目処が立ちません 。世紀末文学の誕生を期待するか、新しい朝が来た、といってみんなでラジオ体操 するか、詳しい事情をご存じの方、教えてください。 Time : 1999/ 1/22(金) 13:02:45
Name : きんたろう E-mail : Title : もうひとつおまけ Comments: 田淵さんと同世代には、プロ野球界でも燦然と輝く実績を持っている人達が多いの には今更ながら驚かされます。 前回とも重複しますが、巨人では堀内、胴上げ投手を一番多くやった左のエース高 橋一美、大洋の剛球投手平松(シュートもすごすぎた)、高校野球岡山県決勝で平 松と投げ合ったヤクルトのエース松岡、阪神の奪三振王江夏、超二流と呼ばれた( 多分ほめ言葉でしょう)中日の燃えるというよりダンディな星野、ミスター赤ヘル 広島の山本浩二、鉄人衣笠、近鉄の超特急鈴木、(全て敬称略、ごめんなさい)な ど。そういえば江本先生もそうでした。 この人達は俗に言う団塊の世代ですが、さすがに子供の頃から熾烈な競争に身を置 いた世代は大したものだと思います。 (同級生の数が多すぎますよね) Time : 1999/ 1/22(金) 16:46:03
Name : 輔住 E-mail : Title : ドラフト Comments: ドラフト制度はいい面も悪い面もあります。 プロを目指す人間にとってはありがたいとは あまり思えないでしょう。 でも契約金の高騰を抑えるという部分は あったと思います。 (現在の逆指名ができるようになってからは無意味ですが) だから今の逆指名ドラフト制度が一番混乱を招くと思います。 個人的には自由競争もしくは全く逆に逆指名をなくして くじ引きかウェーバーにした方がよいでしょう。 (前者の場合はFA廃止、後者はFAの年数を短縮すべき) あえてどちらが良いかと問われたらちょっと悩みますが やっぱり、ドラフト維持ですかね〜。 新人の「契約金」より実績を残した選手の「年棒」が 上がったほうがスッキリしますから。 Time : 1999/ 1/22(金) 19:17:06
Name : 正岡(初號機) E-mail : masaoka@din.or.jp Title : たらいま Comments:  今晩、橿原市の歴史文化講演会で、初めて生の井沢先生の講演を 聞いて参りました。  先生は舞台照明がまぶしいとのことでサングラスでの講演でした。 お元気そうで……あ、お悪かったのは目だけだから、元々元気 なのですね(^_^;)  お話の内容は、万葉集でした。メモちゃんととってきたのだ。  私、頭に浮かんだことを小説やマンガに書いてしまうんですが、 これって私が変態だからじゃなくて、日本の文化性なんですね。 さしずめコミケットは20世紀の万葉集か?? Time : 1999/ 1/23(土) 00:57:47
Name : 宇津木和政 E-mail : kennichi@utsuki.office.ne.jp Title : おひさしぶりです Comments: 年明けよりずっと体調を崩しっぱなしで、この「お店」にも寄る機会がなく ご無沙汰しておりました。とりあえず、ぼちぼち復活していこうと思っています。   安部さんへ 岡山のひとだったんですね。備中それとも備前でしょうか? ちなみに私は備後国大門の出身です。いまは泉州堺ですが。 大門というところはカブトガニで有名な備中笠岡からJRで一駅西にいった広島県の 町であり、300メートル東に走れば岡山県です。自転車で東に300メートル走っても 岡山県です。たぶん車で300メートル東に走っても岡山県でしょう… 岡山…と耳にするだけで異常に興奮(それでは変態?)してしまう宇津木でした。 追伸 安部さんのイメージからすると「大手まんじゅう」は好きではないとみまし たが、この推定はあたっているでしょうか? Time : 1999/ 1/23(土) 06:15:27
Name : 宇津木和政 E-mail : kennichi@utsuki.office.ne.jp Title : 正岡(初號機)さま Comments: あなたの小説やマンガはHPなんかでアップされておられるのでしょうか? いっぺん拝見したいのですが。 Time : 1999/ 1/23(土) 06:19:06
Name : 安部奈亮 E-mail : Title : ユダヤ人って、こんな感情を抱いてるのかな? Comments: 私は生まれは岡山県倉敷市、育ちは茨城県日立市で、さしずめ茨城系岡山人といった ところです。 司馬遼太郎さんが、「街道をゆく」で、「岡山県人はユダヤ人だ(抜け目がない) 」と書かれたそうですが、岡山も茨城も好きです。(岡山と茨城が戦争をしたらど うしよう?) ほかに、川崎市とイギリスにもいた事が有ります。 外の文化を見ていると、原住民(別に未開人の意味ではない、念のため)より、そ この良さ悪さが分かる時も有ります。 国内移民をして、私のような感情を持っている人は多いのでは有りませんか? 「大手まんじゅう」は残念ながら知りません、でも「むらすずめ」は好きです Time : 1999/ 1/23(土) 12:48:39
Name : 安部奈亮 E-mail : Title : 無差別、無節操、岡山の有名人集!!! Comments: 桃太郎?、吉備津彦、吉備真備、和気清麻呂、法然、栄西、池田光政、熊山蕃山、 金光教の教祖(名前が分からない)、吉村寅太郎、緒方洪庵、犬飼毅、大原総一郎 、土光敏夫、大杉勝男、松岡弘、星野仙一、平松政次、森末慎二、有森裕子、いし いひさいち?、橋本竜太郎 いまいち癖のある人が多い。後半スポーツ選手が多いのは個人的な趣味か??? ローカルねたですんません でも、岡山は、日本では唯一上方に気兼ねしていないところなんですね。大和より も吉備の方が古い(というより本家)と思っていますから。 Time : 1999/ 1/23(土) 13:23:53
Name : ひ・み・つ E-mail : himitsu@naisho.or.jp Title : 最近..... Comments: 管理人さんが出てきませんね 本業が忙しいのかな? どうなんでしょうか????? みんなで管理組合を設立しましょうかね(笑) ところで 薩摩人さん、脳の話をしてた人達、東京リリアン?さん みなさん、お元気ですかー ..... Time : 1999/ 1/24(日) 10:04:02
Name : 横山 雅彦 E-mail : Title : 井沢先生について Comments: 昨日、「ウェークアップ」という番組で井沢先生を見ました。眼帯もサングラスも していなかったので、「逆説の日本史」「逆説のニッポン歴史観」の復活も近いで すね。 ちなみに私は岡山県岡山市に生まれ、ずっと住んでいます。 Time : 1999/ 1/24(日) 17:11:01
Name : 奥村真 E-mail : oku@total.co.jp Title : 不始末 Comments: 「起点が(西暦)紀元元年です。そこから百年ずつを一世紀とするのです。紀元 零年というのはありません。紀元一年の前は紀元前一年です。パリに今、『二十 一世紀まであと何日』の電光掲示がありますが、もちろん来世紀、二千一年に向 けてのものです。 『中国は二千年からを主張』?そんな話は聞いたことがないのでびっくりしてい ます。『日本は、果たしていつから二十一世紀なのか』なんて悩むものではあり ません。勘違いです。これはひとつの決めごとですからそれとして受け入れるし かありません。  ですからあるいは『中国は』の話は(起点と数え方の問題ではなくて)別の暦、 暦法の違いからすると、という意味なのではないでしょうか。」    金曜日の書き込みに対し、早速以上のとおり御教導いただいた。持つべきもの は知恵ある知己だ。聞くは一時の恥、聞かぬは一世紀の恥だ。少なくとも吾が家 では全員、二十一世紀は二千年からと思いこんでいた。あと三百余日、勘違いの 多い家族を営みつづけるところだった。「新しい朝」は、当分来ないことが解っ た。『中国は』のくだりはテレビの報道だが、確か勘違いを助長する説明だった と記憶している。  世界で一番最初に二十一世紀になるのは日付変更線のすぐ西側の地域、世界時 に対しプラス十二時間の時差があるシベリア、フィジー、ニュージーランド。う ちニュージーランドはサマータイム実施期間のためプラス十三時間となり、世界 で一番早い二十一世紀を迎えることになるという。  ところで中国へ赴けば、一年早く「新しい朝」が到来するだろうか。 Time : 1999/ 1/25(月) 12:35:15
Name : 三枝貴代 E-mail : MXA04115@nifty.ne.jp Title : 世紀末芸術・世紀末文明 Comments: 世紀末って言うと、必ず19世紀末ヨーロッパか、今世紀末の話になる んですよね。 百年に一度世紀末は来るんだから、キリストが死んでから後だけでも、 二十回目の世紀末でしょうに。 まあ、今回は千年に一度の大世紀末(?)だから、大騒ぎしたい気持 ちもわかりますが。しかしそれって、西洋文明からの輸入思想です よね。西暦の入っていない国には、世紀末もないはず。 その昔、平安時代には、仏が亡くなってから千年の「末法思想」が はやったと聞いています。その手の「この世の終わり説」は輸入品 として、常に人気のある商品なのかもしれませんね。 Time : 1999/ 1/26(火) 17:23:52
Name : 奥村真 E-mail : oku@total.co.jp Title : 勘違い Comments: 「世紀末」に関連し2000年問題のひとつとして、一部のソフトにおいて2000年12月 31日を2001年1月1日と勘違いするバグがあるそうです。  1)4で割り切れる年には2月29日を入れる。  2)しかし100で割り切れる年には2月29日を入れない。  3)またしかし400年に一度は2月29日を入れる。  2000年は以上の三条件を満たす必要があり、そのいずれか欠けるプログラムがあ るため、2000年12月31日を2001年1月1日と勘違いするそうです。  この誤ったシステムで動くコンピュータこそが、世界で最初に二十一世紀を迎え るはめになるのです。勘違いしたコンピュータこそ、世界に先んじて「新しい朝」 を迎えることができるのです。  と考えていた矢先、 「世界の常識」に合わせ、中国もついに「停滞」を発表しました。2001年からを二 十一世紀と認めたのです。百年前ウイルヘルムU世は、1900年からを二十世紀と主 張し、イギリス以外の多くはそれに同調したと、ニュースステーションはそう報道 しました。  かつて西天に新月が初めて見えたことを叫んで知らせたため、ローマ暦では月の 初日を「カレンデ」といった。叫ぶことに由来するこの語から、カレンダーという 語も派生した。月の満ち欠けによって日を数えるうち、人間はその周期から一月を 定めた。その後、寒暖の繰り返し、草木の開花結実、鳥獣の生活変化、種々の天文 現象に基づき、月の満ち欠けより長い周期を一年とした。 「世紀」という時代区分が、年月日と同列に論じられるとしましょう。であるなら ば、二十一世紀はほんとうに2001年からなのか、2000年からではないとする理由は なにか、返答に窮するのは、一世紀単位で自然現象がどう周期的に変わるのか未だ 解明されていないからです。  二千年の朝、天を仰ぎ、 「二十一世紀だ!」と誰かが叫べば良いのであります。 Time : 1999/ 1/26(火) 18:18:07
Name : 安部奈亮 E-mail : Title : レポートが書き終わった Comments: 西暦を最初に制定した中世ヨーロッパ人が、紀元前1年と紀元後1年の間に0年を入 れ忘れたのです。というより、0を知らなかったといったほうが早いでしょう。この 人は、キリストが生れた年も5年くらい間違えてしまいました。キリストは、本当は 紀元前5年に生れています。 ですから、紀元後1年から100年間が1世紀で、紀元後1年から101年目の紀元後101年 から2世紀なのです。 我々仏教徒は既に末法にいますから、キリスト教徒の末法が来てもへっチャラです 。 しかしこのホームページのデータを見てみましたが、井沢先生の作品の多さに改め て驚いてしまいました。とてつもないバイタリティーですね。 猶、表題に関しては、「井沢掲示板」を参照してください。 Time : 1999/ 1/28(木) 15:29:31
Name : 奥村真 E-mail : oku@total.co.jp Title : ユリイカ Comments: 遠山啓『0の発見』再読します。 Time : 1999/ 1/28(木) 17:02:34
Name : 石井一旭 E-mail : j00w0194@ip.media.kyoto-u.ac.jp Title : だいぶ崩れた話 Comments: 試験中だというのに帰りに「信長の野望」でも買って帰ろうとか 企んでる石井です。皆さんはこういうシミュレーションゲーム やりますか?何かおすすめがあったら教えて下さい。 ちなみに私は光栄の(今はコーエーか。カッコ悪。) 「提督の決断」シリーズのファンであります。 わかんない人、ごめんなさい。 Time : 1999/ 1/29(金) 11:23:50
Name : 奥村真 E-mail : oku@total.co.jp Title : 日和見主義者 Comments: 筒井順慶に天下統一させようと試みましたが、ついに果たせませんでした。 Time : 1999/ 1/29(金) 13:34:50
Name : 輔住 E-mail : Title : 信長の野望 Comments: 私は昔、「信長の野望 全国版」で(かなり古い) 隣の国から同盟を申し込まれお金をもらいました。 そのお金で忍者をやといその国の大名を暗殺したことがあります。(笑) Time : 1999/ 1/29(金) 18:08:30
Name : きんたろう E-mail : Title : 私も信長 Comments: 私も信長の野望で全国を統一しました。 初期版は確かファミコン版でやったと思います。 次に、スーパーファミコンで「戦国何とか」でした。 パソコン版の「天翔記」はまだ残っています。 真田家に天下統一させたかったのですが、すぐに攻め滅ぼされてしまいました。 シュミレーションゲームも奥が深い。(自称げーまー談) ところで、西暦1999年はユダヤ歴では5760年ですし、ヒンズー歴では51 02年です。 ちなみに皇紀だと2660年です。 Time : 1999/ 1/29(金) 21:38:53
Name : 奥村真 E-mail : oku@total.co.jp Title : 畏怖する呑んべえ Comments: 夜中に酔いどれて帰宅すると、配偶者が「暗殺」をくりかえしていました。 Time : 1999/ 1/30(土) 07:49:38
Name : 安部奈亮 E-mail : Title : オタク再び Comments: 以前、NHKは新撰組を放映できないといっていましたが、教育テレビのアニメで 「飛べイサミ!」というのがあって、新撰組みもどきが主人公でした。正岡(初号 機)さんなら分かると思いますが・・・ 正岡さん、ホームページ見ました。多分初号機さんの方だと思いますが、 かなり「濃い」ページですね。 Time : 1999/ 1/31(日) 16:31:59