Name    : 2m
E-mail  :
Title   : マサヒコさんへ+
Comments:
  マサヒコさんへ
>「常識」は社会により異なるものです。一概に語ることはできません。結局は経
験により身につけていくしかないでしょう。マサヒコさんは中学生とのこと、これ
から多くの経験を積んで、「常識」を身につけてください
  さてと・・少し前にかなり気になっていたのですが、すっ飛ばした意見があるの
でコメントします。
  「この遣り方で身に付けた常識」は「何の役にも立たない」どころか、「極めて
有害」です。なぜなら「常識・非常識の判別をする仕組み」が全く無いからです。
「たまたま積んだ経験が非常識そのもの」だとしても逃れる術はありません。「非
常識を常識として」身に付けて行く事になります。
  2mが、「自力で思考する事」を強く薦めるのはこの問題点を出来る限り回避する
為です。ま、現代人でこれが出来ている人がどれほどいるかは・・・かなり不安で
すが。少なくとも、こんな安易で危険な方法を無闇に提示する人は、「常識の身に
付け方が全くなっていない人」なのは間違い無いです。他人の意見に流され、自己
基準が全く出来ていない危うい人ですね。

>2001/ 4/30(月) 15:34:56
  偽者です。・・突っ込まれて文章が短くならざるを得なかった様ですね。

  aikouさんへ
>2mさんの文章は読んでいると論理つながりませんが、偽者さんは論理が通って
います。
  認めざるを得ませんが・・。ただし繋がらないのは、「説明し切れない宗教」に
関わる時か「余りに危険度が高い」時、もしくは「つまらない意見で推察する気が
起きず面倒臭い(これが一番多い)」の何れかです。
  SAPIOにも書いてありましたが、「偵察機の件」は、本当に戦争になりかねない程
の大きな事件だったのです。「下手な意見」が流れ、それが「真実だとしても危険
」と言うかこの場合「真実だからこそ危険」です。かなり先、少なくとも10数年先
になる筈ですがこの件での危険が無くなったら、推測した「恐らく真実」と思われ
るのを何処かに書くかも知れません。

Time    : 2001/ 5/ 1(火) 00:30:35

Name : 始終ROM E-mail : Title : にえむ狂奏曲 Comments: 本物も偽者もええかげんにせえ。 Time : 2001/ 5/ 1(火) 01:24:54
Name : PS2(当分不在) E-mail : Title : 自分で考えるのは当然の前提 Comments: 他人との社会的交わり、先達の書からの啓示等々 これをその人なりのペースで積み重ね吸収ていく ことが経験。人類はこれを営々と行ってきたはず。 思考と妄想は違うのですよ(余計な一言か(笑)) Time : 2001/ 5/ 1(火) 01:45:02
Name : 日本@名無史さん E-mail : Title : わかったこと2つ Comments: 1 ゴキちゃん宇宙人説の根拠 これまでゴキちゃんには常識が無いという趣旨の議論が雪狼さんやAikouさんにより 繰り広げられましたが、このたび、ゴキちゃん本人が、自分に「常識」が無い理由 を自分の投稿の中で白状しています。。。 >「この遣り方で身に付けた常識」は「何の役にも立たない」どころか、 >「極めて有害」です。なぜなら「常識・非常識の判別をする仕組み」が全く >無いからです。 >「たまたま積んだ経験が非常識そのもの」だとしても逃れる術はありません。 >「非常識を常識として」身に付けて行く事になります。 2 大阪JF生さんの不可解な投稿 >Name : 大阪JF生 >E-mail : >Title : よしなさいって >Comments: >PAKUさん。さすが、といいたいけれど、よしなさいって(笑) >いくらなんでもやり過ぎですよ(笑)。 >Time : 2001/ 4/28(土) 18:36:32 これが大阪JF生さん本物かもしくは偽者か分かれるところですが、いずれにしても 、この投稿者は、「ゴキブリの理論」などゴキちゃんへの批判投稿をPAKU氏=ぱく 氏=朴氏の仕業であるとみなしていたに違いありません。 だから今更どうだということでもないですが。。。 Time : 2001/ 5/ 1(火) 02:07:59
Name : なかの E-mail : Title : 胡服騎射に思うこと Comments: おはようございます、なかのです。 久しぶりに来てみると、また・・というか、相変わらずというか・・、 すごいことになっていますが・・。 志田糺さま、GSさま> ご無沙汰をしております。 志田糺さんには「田中知事の真実」を購読されたとのこと、遅く なりましたが、ありがとうございます。 別に私の所へ印税が入る訳でもありませんが・・・(笑) 河川の管理者としての治水・利水という考え方とは別に、 行政のトップとしてのあり方を考えるに当たり、 一つの参考になるのではないかと思うのが「胡服騎射」の故事です。 お隣の会話によると雪狼さんが司馬遼太郎を嫌っておられるようですが、 まだ亡くなって10年も経っておりませんし、 司馬遼太郎の評価はこれから暫くして定まるものと思われます。 個人的には、大江健三郎などに比べたら遙かにまともだと思いますが・・。 その司馬遼太郎の「草原の記」の冒頭にあるのが、趙の武霊王の話です。 中国戦国時代の英傑として知られる趙の武霊王という君主がいました。 趙の武霊王は「胡服騎射(こふくきしゃ)」という有名な故事で 現代に至るまで名を知られています。 「史記」及び「戦国策」に載せられていますので簡単に・・・。 戦国時代も中期、東の斉国、西の秦国、南の楚国の3国の勢いが強く、 それまでの強国であった中央の魏国などが衰微していく中、 北方の趙もまた、秦との戦いに連敗していました。 趙は北方に位置していることから、モンゴル高原を支配する 騎馬民族との戦いも珍しくありません。 騎馬戦術については、それより少し前にマケドニアの アレキサンダー大王がペルシャを征服してインダス川に到達したことが 中央アジアへの騎馬戦術の伝来のきっかけになったという説があり、 その真偽は別の機会としますが、 いずれにせよ塞外の方が中華よりも先んじていました。 また、当時の北方塞外の民族は胡と呼ばれていました。 趙の君主であった武霊王は胡族とも交渉があり、 やがて騎馬戦術を取り入れるという軍事革命に想到しました。 当時の中華北部は平地を馬車、山地は歩兵というのが常識でしたが、 それでは機動力に優れる騎馬戦術に敵いません。 しかし中華ではスカートのような衣服が常識であり、胡服、 今で言うズボンは野蛮な文化でしかありませんでした。 とはいえ、スカートでは馬に跨ることはできません。 そこで武霊王は発想の転換を行ったのです。 つまり軍事革命というより、正確には文化革命です。 「中華」という言葉を見ても分かるように、最先端の文化を誇る人が、 よりによって塞外の胡服を着るというのは、当時の人にとって まさに「革命」的でした。 武霊王は側近で元老の肥義を参謀にします。 肥義は「疑事は功無く、疑行は名無し」と言いました。 つまり一度決めたからには信念を持って遂行するよう 武霊王を励ましたのです。 その上で胡服令を朝議にかけますが、案の定、廷臣は猛反発します。 武霊王は事の困難を悟り、肥義と相談して、 宰相で反対派の巨頭であり叔父でもある公子成の説得にかかります。 事は単なる軍事革命でなく、文化革命、つまり社会のアイデンティティに 関わってくることですから、抵抗も並大抵ではありません。 公子成は頑として抵抗しますが、武霊王はしぶとく理を説いて ようやく公子成を説得して胡服を認めさせます。 「史記」趙世家には有名な逸話が幾つかありますが、 この説得の内容は見事という他なく、ハイライトの一つになっています。 「戦国策」趙策に「武霊王平昼」〜「王破原陽」までの4編で その時の様子が事細かに記されています。 そこでも、武霊王が抵抗する廷臣らをしぶとく説得して 胡服を着させようとする姿が映し出されています。 かくして2年を費やして胡服令を発令した武霊王は軍事革命を行い、 隣接する中山国を滅ぼして併呑し、秦や燕の後嗣争いにも容喙し、 趙は秦・斉と並ぶ超大国となりました。 ただ武霊王個人は、自国での内紛に巻き込まれて餓死するという、 春秋の「覇者」である斉の桓公とほぼ同じような運命を辿りました。 なおこの胡服騎射は、やがて燕や秦も導入し、戦国末期以降には 中華北部のスタンダードとなりました。 意識革命を組織において行おうとするならば・・・、 しかもそれがトップダウンならば、 まずは旧勢力とされる側と膝を交えて「理を説く」、これが必要です。 それらが法に触れるようなこと、人道的に黙過できないことを している場合は、当然ながら話は別です。 誤解されるかもしれませんので付け加えますと、 井沢説の「話し合い」つまり馴れ合いや妥協を勧めているのではなく、 理を説いて従わせることを最初にすべきとしているのです。 いざとなれば人事権という強権を発動することは可能でしょう。 それを最初から「言うこときかないやつは相手しない」、 更に高じて何もせずに「出てけ」では 組織の表面を替えることはできても、内面までは変えられません。 アメリカの大統領選でホワイトハウス職員が総入れ替えになるという 話がありましたが、あれは彼らが原則的に「政策者集団」だからこそ 可能であると思います。 一方、殆どの地方自治体職員は、田中知事自らも言うように、 「政策者」ではなく「実務者集団」です。長野県とて同じでしょう。 政策にもある一定期間の連続性が求められますが、 実務はそれ以上に現実に人や地域と接していることから、 より一層の「連続性」が求められるものと思います。 以前にGSさんが「トップが替わるとカラスを白いと言わなければ ならない」というようなたとえ話をしていましたが、それでしょう。 そういった意味で、スタッフ総入れ替えは国の官庁ならいざ知らず、 地方でそれを行うのは現実的に困難であると思います。 時期尚早とかいう問題ではなく、「政策者」と「実務者」との違い つまり行政の性格という根本的なあり方に関わるためです。 田中知事の支持率や、先ほど首相となった小泉内閣の支持率は 非常に高いですが、私はそういった統計上の数値について 以前より疑問を持っています。 昨年に文春新書から、谷岡一郎著 『「社会調査」のウソ〜リサーチ・リテラシーのすすめ』 という文庫本が出されていますので、購読とまでは言いませんが、 ご一読をおすすめします。 調査の趣旨、調査機関、調査方法、調査の標本母体、 抽出方法、質問内容及び例示した選択肢、他因子との因果関係、 結果の数字だけでなくそういったものを併せて表示していない 統計の数値というものは、基本的に聞き流すようにした方が良いです。 トレンド等の参考にはなるでしょうが、 それをもって判断の材料とするのはいささか早計かと思います。 堅苦しい話はここまでにして・・・、 単純に考えると、小泉内閣の「支持率」が軒並み高いのは、 社会情勢を背景にして、それなりの期待感があるからでしょう。 右隣のとまり木でもここ数日、外相の田中真紀子氏に対する批判が 相次いでいるようですが、 私も基本的には田中外相に対しては「?」の状態です。 ロシアとの北方領土問題を振り出しに戻すというのは賛成ですが・・。 本人の政治経験というより、就任後の幾つかの発言に 首を傾げたくなるようなものがあります。 小泉首相が掲げる「派閥解消」論は、当人の言う内容をよく聞くと、 決して派閥そのものを解消させるとは言っておらず、 「順送り」など、派閥による弊害をなくすというように聞こえました。 3人集まると派閥ができると言われていますが、派閥自体は決して 無くならないでしょう。民主党他にも派閥らしきものがあります。 そういうことから考えると、「森派優遇」などの声もありますが、 今回の「一本釣り」方式は、一応は公約を守ったと言えるでしょう。 オール野党の県議会、理念を共有しているとは言い難い県職員と 孤立気味というより四面楚歌の田中知事が拠り所にしているのは、 シンパとされる人なぞではなく、「支持率」という鵺のような存在です。 基本的な理念はともかく、田中知事はこれまで、問題になるような言動を 県知事就任後に幾つか行っています。 支持率に頼りすぎると、「苦い薬」を飲ませなければいけない時に 躊躇してしまい、結果的により苦しい選択を迫られます。 といって、支持率という鵺が見えなくなると、 昨年末の「加藤政局」の二の舞になるでしょう。 「数字が一人歩きする」という言葉がありますが、 虚像に踊らされることのないようにというのが、低支持率に喘いだ 森内閣からの遺言ではないでしょうか・・? 田中知事は支持率が高いうちに自分の政治スタンスをきっちりと固め、 政策スタッフをそろえなければならなかったのですが、 どうもこれまで疎かになっているようであり、 それがどういう結果になるかが注目されます。 小泉首相の座右の銘は「信なくして立たず」だそうです。 小泉首相は当然ながら政治家としての経験もあり、大臣経験もあり、 それなりの実績を残した他に、「郵政三事業」発言などで、 田中知事と違い、政治家としての像が一般に見えています。 財政・構造・景気の3本柱は田中知事の背負ったものより遙かに重いと 思われますが、不安材料である「外交」や「内部抵抗」を除けば、 それなりにやってくれるものと思います。 逆に、どういう人なのかを分かってて選んでいる以上、田中知事の場合と 異なり、選んだ側の責任はより重いことになります。 ただ「不安材料」は決して軽視できませんが・・。 最後に、GSさんが田中知事の現地視察に関して言われた、 田中知事の「問題発言」についてですが・・・。 問題は、行政サイドに「ここは危険だから住んではいけません」と 言う権利・義務があったかどうかであると思います。 下諏訪ダムの事例のように新しく転居してきた人はともかくとして、 行政担当者よりも、地元の人の方が、その場所がどれだけ危険であるか、 どうして危険であるかは、身をもって分かっている筈です。 そうであるにも拘わらず、その地に住み続けたというのは、 土地所有などのこともあるでしょうが、一番は 「住み慣れた土地を離れたくない」ことに尽きるのではと思います。 一応、素人ながら当時の建築基準法や河川法を見ましたが、 その種の規制があるとは読み取れませんでした。 となると、「行政が悪い」とは一概に言えなくなります。 逆に「責任感の強い」行政担当者が、差し迫ってもいない「危険」を理由に 家屋の建築を認めなかったらという方が問題ではないでしょうか・・? 「〜かもしれない」では、日本中に住処が見つけられません。 行政機関のトップが、位置づけが曖昧な「対応の不備」について 他人事のように現在の行政担当者を責めるよりも、 むしろ「危険と分かっていながら住まざるを得なかった」人たちに 当時の「施策の不備」をたとえ形だけでも詫びるのが、 責任ある「政治家」であるように思えます。 そういう趣旨で、GSさんの言い分に賛成です。 Time : 2001/ 5/ 1(火) 07:54:40
Name : ドクターブギ E-mail : Title : 楠木正成・正行・正儀について Comments: 楠木親子だけではないですが、以前に産経新聞で連載していた内容が同社からハー ドカバーの本になって発行されています。興味のある方は見てください。 Time : 2001/ 5/ 1(火) 08:32:15
Name : 元祖大阪JF生 E-mail : Title : 他人のHNを無断使用しないでください。 Comments:  小生は週末たいてい留守にしています。 下記は偽者です。PAKU様はじめ、皆様にご迷惑をおかけしました: >Name : 大阪JF生 >E-mail : >Title : よしなさいって >Comments: >PAKUさん。さすが、といいたいけれど、よしなさいって(笑) >いくらなんでもやり過ぎですよ(笑)。 >Time : 2001/ 4/28(土) 18:36:32  それから、発言するときは責任を持って 意見を述べますので、こんな言い方はしません。 2m様、ここのところちょっと荒らしの方がひどすぎますので、 議論はもう少し落ち着くまで待っていただけませんか? ちょっと見る気がしませんので・・・。 Time : 2001/ 5/ 1(火) 09:32:26
Name : 雪狼 E-mail : Title : どもども Comments: なかのさん、しばらくでしたね。 司馬遼太郎が嫌いというだけですから、氏の評価そのものにはワタシ興味ないです 。個人の主観てぇとこでしょう。 Time : 2001/ 5/ 1(火) 10:52:58
Name : 年中ROM E-mail : Title : 2m氏のこと Comments: どうせ書かないんなら「危険過ぎて書けない」とか言わなきゃいいでしょうに。 はじめっから(そのことについては)黙ってなさいよ。「俺には分かってた」って 自慢したいの?じゃ自慢すればいいじゃないですか。 10数年後って言わないで今。そう言ってほしんでしょ? 大丈夫。どなたもこの方の意見には影響されませんから、「下手な意見」 として流れたりもしませんよ。 な〜んでいつもそんなふうにもったいぶった偉そうな言い方するかねぇ。 きらわれたり面白がって真似されたりするわけだぁ。 5/1(火)00:30:35の2m氏(今度はホンモノかな?)への独り言です。 黙ってりゃいいんですが、見てたらほんとに気分が悪くなってしまい、 つい書き込んでしまいました。すいませんでした(みなさん)。 もう見るのもやめます。 この方aikouさんにレスしてますが、aikouさんもホンモノかどうか・・? ま、いっか。どうでも。 管理人さんは、わたしのこの発言も含めて、見るからに分かる(他人を攻撃する ことのみの)不適当発言はどんどん削除するべきです。 2m氏の書き込みを消せないのなら、わたしはそれでも構いません。 「2m」と書かれてある書き込みは全て無視しますから。 少なくともあきらかに他人のHNを語ってると分かるものは(分かるんでしょ。 ある程度)削除したらどうですか?なんでほっとくんですか? 管理者としての責任は???????? Time : 2001/ 5/ 1(火) 12:37:20
Name : 志田糺 E-mail : Title : 胡服騎射 Comments: なかのさま、GSさま 胡服騎射の逸話、さすがにと、お礼申し上げます。 田中知事と小泉首相との比較、実に小泉氏の水面下の動き、田中知事の比では ありません。少なくとも、田中知事は無防備で適地に飛び込んだようなもの、 その行く末を案じます。 しかし、私としては、田中知事の手法を好ましく思うもの、出来れば、支援を し続けたいのですが、素性は隠せないもの、支援者も大変であると思う次第です。 なんせ、碌な小説も書いていないと聞くと、本当に住民の意識をくみ上げる力 ありやと心配にもなります。 確かに、住民とのやり取りで、問題発言も多いようですが、初めて、知った世間 と思えば、彼の学習を望むものです。ところで、彼の神戸での学習効果は何だ ったのかとふと気になります。もしか人集め、人気取りだけの学習だけでは、 神戸の人たちに申し訳ないのでは。 世論調査についてのなかのさまの見解、私も賛成です。 アメリカの大統領選挙が世論操作の如何にかかっており、選挙費用の大半が それに使われます。日本では、マスメディアが政治家に先駆けて、世論操作 を行ってきたことは、嘆かわしいことですが、難しくは民主主義の根本問題 ですので、議論は差し控えます。 問題はマスメディアが行う、世論調査の如何様ではないかと思います。 少なくとも、国レベルでの調査で、数千表で結果を出すには、サンプリングに 相当の手間暇をかけねばならず、ほとんどの信憑性は失われます。 しかも、視聴率が10%そこそこで、回収率が30%前後であるならば、 テレビを見、それに興味を持ったひとびとだけが答えるわけで、そこで、 詰問された質問はほぼ調査ではタブーといわれる誘導質問でしかない訳です。 新聞を含めて、競って世論調査と称して、世論調査を行うは、一部のディレクター 、編集者の意向を世論操作しているに過ぎないと思います。 もちろん、これも1つの民主主義の表現ですし、今後、政治家が今までのように 金銭袋の代わりに、マスメディアに多額の費用を投ずるとしても事態は 全然変わったことにはならないでしょう。 むしろ、問題はGSさまが報告された田中知事像、マスメディアが報じる 田中知事像が、どちらが正しいのかと問う場所が存在することだと思います。 幸い、このBBSではGSさまからのレポートもあり、マスメディアの報道を 距離を置いてみることが出来ます。 すなわち、田中知事を表側、裏側から覗いているわけで、より正しい判断に 近づけます。 これは、この掲示板を開かれている井沢さんの意志にも通じるわけで、 多面的な見方をする以外に、歴史の真理は得られないという点であろうと 思います。歴史的にはマクロ、ミクロ、グローバル、ローカル、そして、 現在、過去、未来、そして、様々な資料を見ていかない限り、過去といえども、 歴史を同定できないことの難しさを、挑戦的に提示されていると思います。 最後になりますが、小泉政権が田中真紀子外相を得て、仕上がったと見てよい と思っています。戦後の政治史を清算する意味でも、画期的な出来事でしょう。 世代交代以上のものを感じます。 戦後の清算作業としての一歩は憲法改正であり、占領軍でも手もつけれなかった 官僚機構の解体であるわけですが、時代の流れとはいえ、 これを完成するには、中曽根元首相がいうように軽装備内閣では無理かも 知れません。 そうすると、重装備内閣はどんなものか。そして、私は少なくとも、井沢ファン らしからぬ、こうした流れに反対するものですが。 Time : 2001/ 5/ 1(火) 12:59:10
Name : Aikou E-mail : Title : 偵察機 Comments:  この件は少なくとも人質がああいったかたちで解放されることは私にはわかって いました。理由は常識と書けば普通の方には一目瞭然です。2mさんにはわからな いかもしれませんが、今までの2mさんの論理のなさをみていると説明するのもか ったるいので止めます。  飛行機自体をどうするかも私には常識でわかるのですが、怖いので今はやめてお きます。  決着がついたら書きます。今からわかってはいるんですけども。 Time : 2001/ 5/ 1(火) 16:48:24
Name : GS E-mail : Title : 講釈師の「見てきたようなウソではない事」 Comments: GW最中ながら来てみると、すごいですね。皆さん、よくまあ…やるもんだ、ってと こで。(^_^) ********** 志田糺さん、なかのさんへ ありがとうございます。 胡服騎射の話は以前に聞いたことがありましたが、当時はうろ覚えだったこともあ り、改めて聞くと、今の田中知事と立場が似ているように思えます。 田中知事の神戸での活動については、いろんな噂を聞いています。先ほども2ちゃ んねるを見ていましたが、そこにも田中知事関係の板が幾つかありました。過去に ついては、これまでにそれを清算しているのなら自分は気にしません。ただ現在の 田中知事の言動を見ている限り、清算をしていないように感じられますが。(-_-) なかのさんが行政のトップダウンについて言われたので、自分は河川についてです 。 浚渫は河川の管理に欠かせないと思います。長野県はご存じの通り、急峻な地形の 多い日本列島の中でも有数の山国です。中国の黄河を見ても分かると思いますが、 水の量が豊富にあり流れが急なところでは、土砂はあまりたまらず、むしろ川の勾 配が緩くなるところで当然流速が落ちるため、一般に川が上流から運んできた土砂 を川底に落としていく現象が見られます。それが溜まってちょうどコレステロール のように川の断面を狭め、結果として洪水が起きやすくなる、そういうパターンは 見られると思います。 さて先日の続きですが、自分も身近なところで、知人に話を聞きながら、田中知事 が視察したという夜間瀬川の温泉街を見に行き、現地で配布された資料や、彼が撮 った写真も見せてもらい、録音テープも聴き取りにくかったですが聴かせてもらい ました。前の知事は言語不明瞭の典型みたいな人でしたが、テープで聴く限り、田 中知事も似たようなもんです。ボソッ、ボソッと一言二言言い、ただ「口撃」する 場面のみ言語が明瞭になるという感じでした。 夜間瀬川は勾配が山間部で1/8、温泉街で1/34くらいだそうで、それが千曲 川と合流する先では急に1/1100くらいになるため、合流点近くの中野市北部 で何度も水害が起こっています。そして、中野市で夜間瀬川の改修を進めると、今 度は下流の飯山市で水害が起こるという、一種の地域間の争いにもなっているよう です。改めて見た夜間瀬川は、温泉街周辺の川底には確かに土砂が少しあるものの 、目立つほどでもなく、限られた空間の中で自然の姿が見られているように感じら れました。 現地での県の担当の説明によると、この地域は数年前にオリンピックを迎えたこと もあり、川の浚渫や伐採は魚道工事などを含め、かなりこまめに行っているようで す。また地元でも団体が幾つかあり、川の草刈りや蕎麦の種を植えるなど、地域を 挙げて川を守ってきているそうです。 ダムの代替えとして田中知事が積極的に挙げているのが「浚渫」と「緑のダム」で あり、聞いている限りでは、田中知事は河川改修や遊水池という考え方には元々ど うも消極的なようです。夜間瀬川については、拡幅は温泉街であるため困難、嵩上 げも拡幅を伴う上に河川との親しみが損なわれるとして反対、掘り下げも温泉源へ の影響が計り知れず非現実的ということもあり、田中知事も河川改修の代替えには 触れなかったということです。 夜間瀬川は「緑のダム」をやるといっても、上流にあるのは大自然に囲まれた志賀 高原で、せいぜい所々にスキー場と別荘があるだけ、しかも自然発生的な池があち こちにあるという、まさに「緑のダム」を地でいく地域であったためか、「地すべ り」に変にこだわった以外には緑のダムについての質問も無かったそうです。 諏訪湖の浚渫は、200mという数字はオーバーなように感じられますが、(志田 糺さんの意見を疑うのではなく、単純に諏訪湖ってそんなに深かったの?という意 味で)、技術を駆使して進めてもらえれば良いと思います。天竜川は、上流端に近 い諏訪湖がもっとも水が汚く、下流に行き支流が流れ込むことにより浄化されると いう変な川です。 ただ諏訪湖を200mですか、いくら浚渫しても、そこから流れ出る天竜川の釜口 水門の高さが、(恐らく地形から自ずと)決められていることを考えると、諏訪湖 の浚渫は水質対策などにこそ有効であるものの、治水・利水に有効とは考えられな いというのが率直な感想です。どんなに諏訪湖本来の容量が大きくても、下から水 を放流できるダムと違い、せいぜい水深10mくらいより深いところは事実上のデッ ドスペースになっているからです。イソップ物語か何かに、カラスが瓶の中の水を 飲むのに石を放り入れて水位を上げて飲んだという話がありますが、それと同じ事 ではないかと思います。 話が戻りますが、現地視察の時、知事の周りにマスコミがマイクやカメラを持って 、文字通り「雲霞のごとく」押し寄せていたため、一般人も県や市の職員も知事に 近寄れなかったということだそうです。現地の状況を示す写真を見せてもらいまし たが、確かに、知事の周りには説明する県や市の職員が数人いる他は、カメラや集 音マイクを持ったマスコミ陣。現地には私服警官もいたようですが、写真を見てい て、これならSPもいらないのでは…、と思ってしまったほどです。 地元の水道課の職員が知事の視察に際し、ダムの必要性を聞かれて、以下のような ことを言ったそうです。 「本当ならダムなんか無いほうがいい。現によその県で造っているダムの計画を聞 くと、ダムを造るの?という気持ちになる。そんなことはウチらだって同じだ。し かし我々はこのダムを造らないと困るんだ。バクチ的要素があるかもしれないが、 将来の市民のことを考えると、ダムが必要なんだ」 「バクチ的」というのは、恐らく本音だと思います。人口の伸びがどうなるか、水 道の需要がどうなるか、そんなことはいくら計画を立ててもその通り進むものでも ありません。山ノ内町の町長は田中知事の水道計画に関する質問に対し、 「人口は減っており、観光人口も減っているが、山ノ内は観光で成り立っており、 観光人口を回復し伸ばすことが私の責務であり、その受け皿として水道水源が必要 なんだ」 と答えたところ、田中知事もそれ以上は何も言えなかったそうです。 一部テープで聞き取れたものの、大半が伝聞だらけで申し訳ありません。これを聞 いて感じたことは、個々のダムの必要性については、やはり流域で決めるべきであ るということです。むろんタダではできませんので、客観的な必要性の根拠を一般 に示し、それを検証することは必要です。 以前にもありましたが、河川改修を進めても洪水の量が緩和される訳ではありませ ん。洪水が起こると、どこかの地域で物理的にそれを受け入れなければならないの です。河川改修が山から河口まで整備されているという欧米では、洪水はそのまま 海へと放たれるのでしょうが、日本のような急峻な地形でその方法を進めようとす ると、とてつもなく莫大な改修が必要になり、現に河川の改修はまだまだというの が実情です。河川改修は局地的には問題ないでしょうが、洪水への総合的抜本的対 策としてダムの代替えにすることに自分は疑問を持っています。 従って、少なくとも今後のダム計画は総合的治水の是非だけ、つまり抜本的洪水対 策を地元が求めているか否か、そしてやる価値があるか否かと言ってもいいと思い ます。河川の改修で根本的に対応できるようなものは、元々計画として杜撰であっ たか、状況の変化に対応しきれなかったかのどちらかです。 ダム構造物は確かに環境に対して負荷を与えるでしょう。それはダムによるデメリ ットです。ではダムを造ると環境に全くプラスにならないかというと、そうとばか り言えないと思います。川に流れる水の量が平均化することが予想され、魚などの 生物が住みやすくなることが考えられます。山地の一部を犠牲(?)にするものの 、下流の「環境」を保証するというのなら、いちがいに「ダム=環境破壊」とも言 い切れません。先の市の職員の発言にもあったのですが、ダムというものは「保険 」的な位置付けにあるようです。 人間がこれから環境との共生を模索していくに当たり、志田糺さんが言うように、 複眼的にものを見ていく必要があると思います。 ********** 一通り読み返してみると、我ながらまるで「講釈師見てきたような嘘を言い」の世 界ですが、現地で話を聞いていた人物の話を聞き、少なくとも現地の写真、配られ た資料は一通り目を通し、音が悪いものの録音テープは耳を通していますので、内 容にはそれなりの自信があります。(^_^)v 因みに当日の田中知事の服装は、写真で見るところ、赤白で小熊の絵柄入りのセー ター、紺のズボン、運転手がよくはめているような手袋で、杖はしていませんでし た。また聞くところによると、温泉街の橋の歩道の上でわんさか集まり、図面を広 げて説明している時にちょうど歩行者が通りかかり、知事を含めて皆があわてて道 を少し空けたというエピソードもあったそうです。 小泉内閣に参加した新閣僚の中に、村井仁という長野県の木曽出身の代議士がいま す。この人も選挙区の松本に「大仏ダム」(別名が「おだぶつダム」…笑)計画が あるせいかもしれませんが、画一的な「脱ダム宣言」について否定的見解を示して います。 それで小泉内閣についてですが…、なかのさんが言うように、とまり木で散々議論 が出ているようなので、何かをしてくれそうという期待を感じさせる内閣とだけし ておきます。どちらかというと軽装備であると思いますが、逆に言うとフットワー クがよさそうということで、とりあえずは見守るしかないでしょう。言われてみれ ば、田中知事の着任時と似ています。とすると、小泉さんにとっての「親展騒動」 は何になるのやら…? また、先述した洪水への抜本的対策については、外交問題とも共通するものと思い ますが、長くなりそうなのでまたの機会にします。 ********** 先ほど2ちゃんねるの方をのぞいてきましたところ、一部の方が自分のことを心配 なさっているようです。ありがたいことですが、挑発に乗るつもりはありませんの でご心配なく。 あと、代理人は雇った覚えが無いのですが…、ちょうどよかった、なかのさんとウ サチュウさんが右隣であらぬ言いがかりをつけられているようなので、代理人の方 にはあくまで無断契約のペナルティとして、そちらにも対応してもらいましょうか 。ただし自分はそれに関与しませんし、報酬も支払いませんが。 Time : 2001/ 5/ 1(火) 23:50:33
Name : GS E-mail : Title : 雪狼さんへ Comments: 自分はシバリョウはどちらかというと好きです。ですがごくまれに「おかしいな? 」と思わせる部分があります。きっとそういう部分で雪狼さんの逆鱗に触れたので しょう。「2ちゃんねる」とお隣だけでなく、こちらで最近途絶えている南北朝の 話も期待しています。自分は得意分野でないのでROMになるでしょうが。 Time : 2001/ 5/ 1(火) 23:59:18
Name : 雪狼 E-mail : Title : GSさんへ Comments: 小説は「関ヶ原」から入り、おもしろいと思いました。「城塞」も好きな作品です 。ただひとつだけ、幕末もの?でひっかかったのです。登場人物の人たちの子孫も 多くいる中、登場人物を誹謗したところにキレました。。。 またここに出てくる予定です、よろしくおねがいします。 Time : 2001/ 5/ 2(水) 00:35:06
Name : 大木 E-mail : Title : 志田糺さん Comments: ダムの話とか興味ある人はほとんどいないでしょう。  つまらなくて長い書き込みやめてほしいです。 Time : 2001/ 5/ 2(水) 14:03:39
Name : 博雅 E-mail : Title : 大木さんへ Comments: 何の権限があってそのような書き込みをなされるのですか。 あなたはここの管理者か? 自分に興味が無いからと言って失礼な事を書かないで欲しい。 ただでさえここは、最近荒れているのだから。 この「ふぉ−らむ」は「歴史談義、現代批評など様々な意見交換の場」です。 自由な意見の交換の場において、その話は、面白くないからやめろとは、どうかと 思いますが。 別にいいじゃないですか、多くの意見が多数飛び交っていても。 ここは最近、一つの意見について、みんなが取り組む傾向が見られるので、もっと 自由に、いろいろと議論をしましょう。 Time : 2001/ 5/ 2(水) 15:35:18
Name : ドクターブギ E-mail : Title : 博雅さんに賛成 Comments: 南北朝ネタでオタッキーな投稿をした手前、偉そうなことがあまり言えませんが、 博雅さんの今回の言い分に全面的に賛成です。 これまで荒れていた時に煽り投稿に対して何もせず、一方でこの掲示板の趣旨に添 っている投稿に対してケチをつけるというのは如何なものか? Time : 2001/ 5/ 2(水) 16:24:03
Name : 大木 E-mail : Title : あなたはここの管理者か? Comments:  といった邪険な言葉はいかがなものか。 あなたのような一見さんに文句を言われる筋合いはないでしょう。私はちゃんと別 のHNで参加していました。 Time : 2001/ 5/ 2(水) 19:26:23
Name : なかの E-mail : Title : 当事者の立場から Comments: こんばんは、なかのです。 大木さんと博雅さんとで論争が起こっているようなので、 「当事者」の一人としての感想を・・。 以前にも言いましたが・・・、まずここは、 「みなさまと自由なディスカッションをしていくための掲示板」であり、 「歴史談義、現代批評など様々な意見交換の場」であると私は認識しており、 その中で「田中知事について・ダムについて」の議論は 掲示板の趣旨に反しないものであると思っています。 次に、「ダムの話とか興味ある人はほとんどいないでしょう」とのことですが、 ここでの議論が現実に、数人に絞られていることから、 そう言われていると思うのですが・・・。 そう思うのでしたら、ダム以外の当掲示板の趣旨に添った議論をもっと活発に、 たくさん投稿なさればいいまでのことです。 「ダムの議論なぞ面白くない」と思われるのなら、 もっと面白いと思われる議題を提案して議論すればいいまでのことです。 掲示板って、そういうものではないのでしょうか・・? 当然ながら、ダムの議論でここを独占しようとしている訳でもありませんし、 南北朝の話題も出ていることですから、どんどん投稿なさって下さい。 相対的にダム関係の投稿の比率は減りますから。 なお余談ですが、博雅さんは少し前にここが荒れた時に、 それを何とかしようという意志での投稿をなさっています。 私は最近での投稿しか知りませんが、いわゆる「一見」さんではありません。 Time : 2001/ 5/ 2(水) 20:25:26
Name : 博雅 E-mail : Title : 失礼しました。 Comments: 言葉使いが丁寧ではありませんでした。あやまります。 しかし、人に邪険に言われると、腹が立つでしょう。あなたが志田糺さんに言われ た言葉も、言葉使いは丁寧かもしれませんが、内容はかなり失礼にあたると思いま すよ。 それに、確かに私はROMですが、だからといって一見さんの意見は、聞きません。一 見さんは口をはさむな、と言うのは、危ない考えだとおもいますよ。 このHPにも、ROMの方は沢山おられると思います。私も長い事、このHPを見てきまし た。そして意見したい時には意見します。 大木さんはよく、書き込まれるのかもしれませんが、常連だからといって、人に意 見するなという権利はないと思います。  誰もが意見の交換をできる場、それがBBSのいいところではないでしょうか? 良くも悪くもこの権利は守るべきです。それにここは、別に会員にならなくても、 意見を書き込めるようになっているじゃないですか。誰でも意見を書き込めるとい う事でしょう。私の考えは間違ってますか?  最近の事件以来、ここのBBSも少し感じが変わってきた用に思います。 また、生意気な事を書いてしましました。 お許し下さい。 Time : 2001/ 5/ 2(水) 20:32:22
Name : 哲生 E-mail : Title : 久しぶりに来て見たら Comments: 事情があってしばらくここに来れなかったのですが、来てみたら随分荒れてますね 。 ここの掲示板の良さは井沢史観をベ−スに賛成派も懐疑派も自由に意見交換すると ころだったはずですし、レベルの高さゆえか荒らしも少なかったように記憶してい るのですが、それだけに「なりすまし」が横行する今の状況は非常に残念なことです 。 2mさん お久しぶりです(2mさんが覚えていらっしゃればですが)。 管理人でもないのに勝手な事を言うなと怒られるかもしれませんが、それを承知で 言います。 出来る限り遡って過去の経緯を読ましてもらいましたが、失礼ながら今の混乱の原 因の一部は2mさんに起因すると判断せざるを得ません。 私のようにしばらくここから遠ざかってみればいかがですか? これ以上書き込みしても、その主旨が理解も納得も得られない状況が不毛に続くと 思いますよ。 本来は2mさんが何を書こうと自由なんですが、これだけ混乱していると井沢さん の書物や言論に触れてここに訪れる人たちの期待を裏切ることになり、多くの人に 井沢史観に触発されて欲しいと思っている私や他の人達からすれば、迷惑なのです 。 議論する以上多少感情的になるのは仕方が無いのですが(以前の私もそうでした) 、今の状況はそれを超えていると言わざるをえません。 権限のない私が言えるのは、これ以上ここを混乱させないで下さいとお願いするだ けです。 Time : 2001/ 5/ 3(木) 00:24:26
Name : 記憶君の代理人 E-mail : Title : ウドの大木さんへ Comments: もう煽るのいい加減にしたら? 本当に名誉毀損で訴えるよ、朴さん。 Time : 2001/ 5/ 3(木) 01:29:10
Name :E-mail : Title : 久しぶりに覗いて見たら。 Comments: 訴えてみたら?恥かくのはあんたでしょうに。 まぁいいです。博雅さんのような意見が一番まともですね。 いちゃもんつけている皆さん(一人かもしれませんが) 心配しなくても私はもう書き込みません。 後は好きにしてください。 しかし、本当に、、、あほくさ。 Time : 2001/ 5/ 3(木) 01:51:41
Name : 2m E-mail : Title : なかのさんへ+ Comments: なかのさんへ >外相の田中真紀子氏に対する批判が相次いでいるようですが、私も基本的には田 中外相に対しては「?」の状態です。 これは2mも変だと思っていました。田中真紀子さんの性質から考えると、余り適 性がある様には見えません。・・但し、これまでのやり方、特に「河野外相のやり 方との決別」を示すのなら、それはそれで良い人事だと思います。しかし田中真紀 子さんの性質とは合わない分野と思うので「外務省の刷新」を終えたら、早めに別 の人に変え移動した方が良いと思います。 ・・・2mが言うのも何ですが、あの口の悪さを外国にも向けられたら、危険な顰 蹙を買いまくると思うので。「抑えるべき所は抑える」事が解っているなら続けて も構わないのですが。 >小泉首相が掲げる「派閥解消」論は・・・、一応は公約を守ったと言えるでしょ う。 これは仕方ない事と思います。いきなり全てを変える事は危険ですし、不可能で す。少しずつ現実を理想に近付けて行くのが、最も現実的でかつ有効な手段です。 元祖大阪JF生さんへ 解りました。いきなりで済みませんでした。 Aikouさんへ >偵察機 確かに「常識」で、ある程度まで詰められる事は承知しています。しかしそれだ けでは説明し切れない物があると、2mは見ていました。「政治」ではそう言うもの がかなり頻発すると思っています。 そしてそちらから詰めて行くと・・これ以上は止めておきます。ただし下手をす ると、すぐに書くかも知れません。今のアメリカが危なっかしくなって来たので。 日本@名無史さん さんへ あの文から、どうして「自分に「常識」が無い理由」になるのか皆目見当が付き ません。「理由」・「分析」が皆無で、一体誰に納得させるつもりか知りませんが 、「腹を立たせるだけの文」には閉口しているので止めて欲しい物ですが・・・ま 、無理でしょうけど。 哲生さんへ 久し振りです。・・でも、停止するつもりは今の所ありません。「2mへの誹謗中 傷の文句」の一つに、「小林よしのりさんへの誹謗中傷」とほぼ同じ文句がありま した。そんな「死んだ脳味噌」の人からの誹謗中傷は確かに頭に来ますが、停止し た所で彼らの「死んだ脳味噌」が変る訳でもありません。かと言って、2mが彼らに 媚び諂う真似もする気もありません。何れにしても、変らないものは変らないのだ から、停止しても無駄としか思わないので。 Time : 2001/ 5/ 3(木) 02:11:18
Name : A-lias E-mail : Title : Solution? Comments: Hey guys, I have an idea. If any of you can discuss things in this language that'll be a good solution for preventing those geeks, nerds and retards from interfering meaningful conversation. I know this might be a bit too far fetched but I'm giving it a shot. And it's now pretty obvious that the guy calls himself "2m" is actually either "chubo" or "baka", and he probably doesn't even know that every society has each own common sense called "joushiki" in Japanese. Even though he breaks many conversations, he never realizes how he hurts visitors to the Forum bbs. And he never answers logically to questions from others, maybe because he has no solution. So everyone says he is "tondemo"!! Hey man, I DARE YOU: If you really are what you claim to be, respond to th is rogically in Japanese. No excuse please! Time : 2001/ 5/ 3(木) 07:58:58
Name : 始終ROM E-mail : Title : To Mr. A-lias Comments: スペル間違ってまっせ。:rogically → logically Time : 2001/ 5/ 3(木) 08:07:17
Name : 大木 E-mail : Title : A-liasさんへ Comments:  英語で議論したい人はほとんどいないと思います。  つまらない書き込みやめてほしいです。 Time : 2001/ 5/ 3(木) 08:59:58
Name : Alias(本物) E-mail : Title : To Mr. A-lias Comments: 文法間違ってまっせ。 ...every society has each own common sense called "joushiki" in Japanese. ↓ ...every society has [ITS] own common sense [, OR] "joushiki" in Japanese. Time : 2001/ 5/ 3(木) 10:09:48
Name : Alias(本物) E-mail : Title : To Mr. A-lias Comments: 意味通じませんぜ。 Even though he breaks many conversations... ↓ ?????????? そんな英語ないでっせ。 Time : 2001/ 5/ 3(木) 10:13:05
Name : 始終ROM E-mail : Title : 英語狂奏曲 Comments: 本物も偽者もええかげんにせえ。 Time : 2001/ 5/ 3(木) 13:50:37
Name : 2m E-mail : Title : 釈明会見 Comments: すみません。ちょっとやりすぎました。 ここ数日の英語騒動は、みんな2mが しかけた煽りです。今回をもって引退 することにしましたので、あとは勝手に やってくだいさい。ではまた。2m Time : 2001/ 5/ 3(木) 14:10:58
Name : 2m E-mail : Title : 追伸 Comments: それから、これは正真正銘本物の2mです。 偽者から偽者呼ばわりされる可能性がある ので、あらかじめお断りしておきます。 Time : 2001/ 5/ 3(木) 14:14:17
Name : 始終RAM E-mail : Title : 見え見えの偽者サンへ Comments: ↓のアンタだけでなく、ここで数多い偽者さん全員へ。 他人の名を騙ることの卑劣さは別にして、偽者ぶるなら、もっと本物を研究してか らにしろよ、あまりに下手くそで見苦しい。 Time : 2001/ 5/ 3(木) 14:28:38
Name : 博雅 E-mail : Title : なかのさん、はじめまして。 Comments: 前に発言したときも、今回発言したときも、私の名前を挙げて頂きありがとうござ いました。 今回の発言の時、大木さんの後にすぐ発言したつもりなのに間になかのさんの発言 がはいっており、何とも少し間の抜けた感じになってしましました。 私が一見さんでないと、言ってくださりありがとうございました。 一言お礼まで。 Time : 2001/ 5/ 3(木) 16:41:18
Name : 大木 E-mail : Title : 仲が良くて Comments: 結構ですが、問題は全く解決していません。田中知事のダム問題はごく一部の人が 知事を中傷しているに過ぎません。私はスクロールして飛ばすのに手間がかかり、 大迷惑です。  知事の改革を快く思っていない勢力の一人三役だと思いますが、ネタはあがって いますから速やかに退散してください。  これでは2mさんとAikouさんみたいですよ。 Time : 2001/ 5/ 3(木) 20:39:15
Name : 懲罰委員会 E-mail : Title : 偽者警報発令 Comments: ↓の 始終RAM、自分が偽者のくせに偽者を騙ることの卑劣さ云々はないだろう。 偽者は偽者らしく、まっとうな偽者人生を送りなさい。 Time : 2001/ 5/ 3(木) 21:21:17
Name : ????? E-mail : Title : ????? Comments: Name : ?? E-mail : ?????????????????????????? ?????????????????? ?????????????????????????? ????????????? ?????????????? Time : 2001/ 5/ 3(木) 22:04:42
Name : Aikou E-mail : Title : 2mさんへ Comments:  格好の事件が起こりましたね。  金正男の事件、どうなるでしょうか?  私の常識では何も起こらず、日本はおとなしく返すでしょう。拉致された人との 交換など一言も言わずに。  あなたの推論を教えてください。12時間以内にね。 Time : 2001/ 5/ 3(木) 23:25:47
Name : 2m E-mail : Title : Aikouさんへ+ Comments: >金正男の事件 現状では「そっくりさん」の疑いが濃厚です。そんな危険な事は、本人がやりた がっても親が許すとは思えません。 それと「偵察機」についての推論を次回から書こうと思っています。かなりアメ リカに有利になる推論です。・・その前に、Aikouさんの推論を書いて貰えませんか 。酷く2mの事を批判していたので、余程の自信あっての事と思っています。 もう一つ付け足せば、2mの推論通り、もしくは超えていれば「アメリカの政治家 を超えている」事になりそうです。本当はアメリカの政治家なら何とかするだろう と思っていたのですが・・ちょっと残念です。 >2001/ 5/ 3(木) 14:14:17 2001/ 5/ 3(木) 14:10:58 言うまでも無さそうですが、偽者です。 Time : 2001/ 5/ 3(木) 23:53:27
Name : 哲生 E-mail : Title : そうですか Comments: 2mさん 議論とは相手にこちらの主張を判ってもらうべく努力をし、相手の主張をも理解し ようと心がけることが前提です。 ですから相手に媚びる事でも、相手の考えが変わらないと思い込むことでもないは ずです。 相手を説得しようとしない書き込みは、単なる自己意見の垂れ流しであって、他の 人からすれば、何も得られないばかりか、迷惑でしかありません。 これ以上何を言っても無駄のようですから諦めますが、私の意見を参考にしてくだ さい。 Time : 2001/ 5/ 4(金) 00:25:51
Name : 読ませてもらっている者 E-mail : Title : 参考とはおこがましいですが Comments: 自己愛性格障害 自分を愛することは健康なことです。 自分には価値があると信じ、そして周りの人々も価値のある人たちだと信じる。 これは心の健康と社会適応のためにとても大切な思いです。 しかし、自己愛性格障害者は自分だけがすばらしい人間だと思っています。 自分が成功しないのは、自分が悪いのではなく、周りの見る目がないと感じます。 自分の能力がそれほどでもないということになると、生活が破綻することがありま す。 福島章さんの「<犯罪心理学>からの抜粋」の抜粋です。 私が読んだ本にもありましたが、性格障害がただちに犯罪に直結するわけではない ようです。しかし、これらの所作は多くの場合、回りの人に迷惑をかけることにな る、とも書かれていました。 ただ、性格障害というのは読んでみると、誰でも10の区別の内、一つくらいは、 あてはまる気がします。しかし、その程度はまだましなのでしょうね。私も一つに 心当たりがありました。問題なければいいですが(ワラ (複合している場合が問題が多いらしいです) やはり、その行動で判断すべきなのでしょうか。 つまり、多くのひとが迷惑と感じているかどうか..。 誰でも、一つくらいは 性格障害みたいなモノをもってるのでしょう。 しかし、それを反省(かえりみられるかどうか)できるかどうか、 それで決まるのかも知れません。 参考とはおこがましいですが、すみませんでした。 書き込みはこれ以後、致しません。 なお、上の文はあるホームページのものですが、ここでは失礼ながら紹介は控えさ せていただきます。すみませんでした。 Time : 2001/ 5/ 4(金) 02:22:23
Name : Aikou E-mail : Title : そっくりさん Comments: を何のためにロレックスの時計をさせ、家族を同伴させ、ディズニーランドへ 行かせなくてはならないのでしょうか。  今回の拘束は身柄の安全を抜きにしても北朝鮮にはマイナスと思われますが。  そこの常識があなたとは違うんですよね。 Time : 2001/ 5/ 4(金) 08:22:20
Name : 日本@名無史さん E-mail : Title : 仲良きことは美しき哉−武者小路実篤より Comments: たとえ長くても中身がそれなりにあればよろしい。 批判されるとすぐに「胡散臭い」を連発する方や、 他人の投稿内容を読もうともせずに中傷する人に 比べたら、特に言うことはありません。ただ整理 して短くしてもらいたいのは同感ですけど。 >2mさんとAikouさんみたいですよ だそうですが、そう言われる御身も直前に朴氏と の同一人物疑惑を出されているのであり、よくも まあそんな言葉が出てくるものだと思う。 そんなことより2chに大木(本物)とか朴を名 乗る投稿者が増えているが、それも御身と同一人 物と解釈して良いのですな? Time : 2001/ 5/ 4(金) 09:14:22
Name : 志田糺 E-mail : Title : 脱ダム・論ダム Comments: GSさま、なかのさま 最初に、諏訪湖のヘドロの深さについて、テレビニュースの聞き覚え、 正確さに欠けます。近いうちに確かめておきます。 話は脱ダム・論ダムです。 田中知事が知事になったことよりも、彼が発した「脱ダム宣言」に私は意義を 見出します。ネット上にも、長野県の自然への関わりを持つ議論を多く、 起こっているように思えますし、この流れは、まだまだ続きます。 よしんば、信州大学など、環境、土木、農業、生物専門家も多く、こうした 議論の中心に組込まれることを期待します。 問題は、「ダムを造れば洪水が防げる」、「水不足が防げる」といった盲信に まで、追いつめられた人々の意見です。 100年洪水確率は、昔の天気予報とその推計方法が異なるとは思いません。 過去、100年の気象状態が維持されるとして、今後の危険を推測したもの です。もちろん、現在の天気予報はこうした推計方法を取るわけではりません。 すでに、地球上の異常気象は常識であって、未だにこうした推計方法に頼る 事態が間違っています。 というよりも、こうした推計方法の是非判断を経ずして、ダム構築を信じて しまった長野県の人々の不幸を感じます。 治水に限れば、気象変動をみると、100年の保証はその限りではない。 この100年の気象を予測できないというのが実状ではないでしょうか 造るのであれば、どれほどの規模、堅牢さを要請されるのか。 造らないよりは造る方がよい程度の議論では納得できないというのが 現状でないでしょうか。 脱ダム論は、ダム一辺倒の考えを浚渫、緑のダム、遊水池などに目を向かせる 効果がありました。実際に、東京での水不足、地番沈下は、工業用水の 限りなく100%循環によって、防げていますし、生活用水にしても その実現は可能であると思います。 世界中、水不足は深刻であり、それなりの知恵が出されています。 下諏訪の人たちが、何故、ダムに固執したかの理由が見えません。 一部環境主義者のいうように「地球に優しく」、「地球とともだち」 とは言えませんが、地球との共生については、地球をあげて考えねばならず、 脱ダムが1長野県だけの問題でないことは明らかです。 長野県のみならず、日本、世界のハザードマップを提案し、 それから対策を考えても、100年の計としては遅くないように思います。 治水では、現在、ダム以上の効果的な手法がないことは確かです。 しかし、地球上ではダムが効果的でない、現象が幾つも起こっています。 長野県で、治水にとって、ダムがもっとも効果的であるとする根拠が、 日本的、世界的視野で語られることを誰もが期待しているというのは 言い過ぎでしょうか。 Time : 2001/ 5/ 5(土) 15:14:11
Name : 2m E-mail : Title : Aikouさんへ Comments: >この件は少なくとも人質がああいったかたちで解放されることは私にはわかって いました。 はっきり言います。「事が起きた後でこの様な事を言う」のは誰にでも「只の馬 鹿」にでも可能です。では何故、2mが4/10に書いた時に無反応だったのか教えて下 さい。その時に「同意見だ」と書けば認められますが何の反応もせず、後からこの 様な事を言っても「そらぞらしい」としか受け取れません。 更に言ってしまえば、こんな話を堂々と言うのは「オウム真理教」などの詐欺師 が良く使う手です。2mが書いたのは、単に推論を重ねた結果で、怪しい手段は一切 使っていません。 >今回の拘束は身柄の安全を抜きにしても北朝鮮にはマイナスと思われますが。 結論が早過ぎます。彼が本物かどうかも定かでは無いのに、そこまで言い切って は正しい判断とは思えません。・・それにもし本物だったとしても変な期待感を持 って外交に当ったら、逆ネジを食わされ日本の信頼度がますます落ちるだけです。 同じ理由で、カードにするのも絶対に駄目です。とっとと片付けた変人首相の行為 は極めて妥当です。 では、「偵察機」についての推論を少しだけ書きます。 アメリカは「偵察機の返却」を本気で求めていた様ですが、これはただの「時間 の無駄」です。もし返却する気があるのなら、事故直後、もしくは捕虜の解放と同 時に行われていた筈です。アメリカが中国に対して求めるべき事は、「偵察機の返 却」と、「返却しないなら偵察機の製造費の要求」の両面です。理由は次回書きま す。 Time : 2001/ 5/ 5(土) 20:19:34
Name : 日本@名無史さん E-mail : Title : 外部からの注文 Comments: 隣で同じ事を言ってる人がいるので、二番煎じになるけれども、 管理人にとやかく言っている人は、管理人に不満があってルール に従えないというのなら、この掲示板を出て行けばすむことです。 何か注文があるというのなら、せっかくメアドを出してるのだか ら、そちらへ直接言えばすむことです。いちいち3つの板に揚げ 足取りのような茶々入れをする必要なぞありません。 それに、別にここだけが掲示板じゃないでしょ。 志田糺さん、そして他のお二方には、電波の国からブラックメー ルもどきの妙な因縁付けに不愉快な思いをしたと思います。無視 して続けてください。ただ「短めに」、それはお願いします。 最後にあんまりツッコミいれたくないけど、2mさん、 Aikouさんは金正男と思しき人物の事件について、以下のように、 >金正男の事件、どうなるでしょうか? >私の常識では何も起こらず、日本はおとなしく返すでしょう。 >拉致された人との交換など一言も言わずに。 日本政府の方針が決まるより前に、疑惑の男が帰国させられると Aikouさんの「常識」で推測してまっせ。 その「結論」の判断はまた検証すべきと思います。しかし、、、 その「結論」の判断ではなく、そういう「結論」そのものが導き 出せるかどうかが、一般常識かどうかの問題ではないのですか? Time : 2001/ 5/ 5(土) 21:36:27
Name : 2m E-mail : Title : 偵察機についての推論2 Comments: では、「偵察機」についての推論の2回目です。 「孫子の兵法」に、確か「軍使が高飛車なら撤退の兆し、軍使が低姿勢なら交戦 の兆し」と言う文があります。勿論、何時もそうではありませんが、今回の中国の 対応は「これ」に当てはまります。 中国は事故直後からアメリカに対し、「アメリカ機が悪いから補償しろ」と言い ながら、海南島に着陸したアメリカ機の様子を一切見せようとはしませんでした。 ・・簡単な推理です。中国の言い分とアメリカ機にギャップがあったからです。も し本当にアメリカ機が悪いなら、事故直後からその機体をビデオやテレビでばら撒 いた筈です。「そうしなかった=そう出来なかった」のは簡単に解ります。 それを後から「偵察機の返却」を求めても無意味です。彼らは「返却できないか らこそ」、高圧的な態度でアメリカとの折衝にあたったと言う訳です。 だからアメリカは、「偵察機の返却」を求めながらも「偵察機の製造費の要求」 をすべきです。 ・・それと可能性は低いのですが、「偵察機そのもの」がただの鉄屑にされてい る事も考えられます。返却できない物をそのまま置いておくのは面倒の引き金にな りかねません。とっととスクラップにして、乗員も「偵察機の状態」を忘れた頃に 突っ返したと言う所と考えられます。 Time : 2001/ 5/ 5(土) 23:35:05
Name : 日本@名無史さん E-mail : Title : 訂正 Comments: 2m氏に対してではない特定人物→2m氏以外の特定人物 一人三役→一人三役+二役(実はそれ以上)=一人五役 言論の自由を言うのなら、故事先例さんのお宅でず〜っと 24時間トークでもやって騒いでいましょう。「五月蝿くて 眠れない」という苦情は聞きません。だって言論の自由が ありますからね。 同じ事ですよ。 アメリカのディズニーランドでは倒れたっていうのに…。 ここのやつは、なんでこんなにしぶといのか。 Time : 2001/ 5/ 6(日) 07:37:28
Name : Aikou E-mail : Title : 2mさんへ Comments: >乗員も「偵察機の状態」を忘れた頃に >突っ返したと言う所と考えられます。 どうやって忘れさせたんでしょうか?あんな短時日に。 >「孫子の兵法」に、確か 確か、、というようなあいまいなものに、当てはまる、と断言されるのはちょっと 信用がおけないですね。 「事が起きた後でこの様な事を言う」のはあなたの常套手段だと思いますよ。 金正男を返してから、日本政府は妥当だと論評したり、正しいとか言ったり。  あるいは偵察機についても10年後に書いてみたり。タイムマシンで確認したい ですよ。  中学生ではないんでしょうがやはり小学校の道徳、社会科、国語の教科書の総復 習をお勧めします。その上でまたお話しましょう。  ちなみに偵察機は絶対に破壊されてはいません。鋭意検証中ですが、中国側の技 術が解明できるレベルにないだけです。いずれは少なくとも不時着した状態で返還 されると断言しておきましょう。 Time : 2001/ 5/ 6(日) 10:20:04
Name : 始終ROM E-mail : Title : あキレたおバカさん Comments: 少し前に、そういうバカな数式もどきの煽り投稿を色んな名前使ってカキコした人 がいましたなあ…そういえば。 確か「あキレた」とかいう名前だったかな…。今後書き込みしないとか抜かしなが ら、少し前に堂々と左で名乗ってたけどな。 あと「2mと不愉快な…」とかいう投稿もあったっけなあ。 いいかげんにせえよ。 管理人に屁理屈でいいがかりをつけてるドアホのことは管理人に任せるとして、 普通の投稿をしてる人に対する煽り(誰とは言わないが、最近では2001/ 5/ 3(木) 20:39:15<`∀´>など)への対応は、「無視に限る」というのが、古今東西の、い や井沢掲示板の常識のようです。 もっとも、これまでのカキコ見てると、かなり悪質な「煽リスト」のようだし、日 本人の常識が通用しないかもしれないが。 常識については色々騒がれている2mさんも、そして相手をしているAikouさんも、 くれぐれもおバカさんの相手をしないよう。 目障りでしょうが、明日には消去されるそうなんで、それまで我慢しましょうや。 (左を参照:今のうちに内容を保存しておくように) Time : 2001/ 5/ 6(日) 17:14:40
Name : 2m E-mail : Title : Aikouさんへ Comments: >>「孫子の兵法」に、確か「軍使が高飛車なら撤退の兆し、軍使が低姿勢なら交戦 の兆し」と・・ 「確か」と書いたのは、書いた文全体が正しいかどうかチェックしていないから で、ほぼ同じ文が入っているのは間違いありません。人間の行動心理を冷静に分析 した「孫子」ならではの言葉です。 >金正男を返してから、日本政府は妥当だと論評したり 「知っていたから」どうなのですか。今までの情勢から十分考えられたし、Aiko uさんが書き込んだ時点で既に外務省の方針は示されていたと思いましたが。 ・・正式な論は、明日の国会で行われるそうです。「金正男を返す」と言う以前 に、真贋の確認が極めて難しいと言う問題もあります。北朝鮮もノーコメントで通 していましたし、本人も別人だと言っていましたし。 どちらにしても、この問題はメディアでこんなに大きく取り上げるべき問題では ありません。「真贋の確認が難しい」のに、がやがや騒いだ所で無駄な事です。「 不法入国」自体に問題はありますが、北朝鮮の高官が来る事自体に問題は何もない のですから。今回のメディアの報道は極めて大きな疑問が残ります。 >偵察機についても10年後に書いてみたり。タイムマシンで確認したいですよ。 意味が解りません。「10年後」って何ですか。2mが書いたのは「捕虜解放確定 の数日前」ですが。 >偵察機は絶対に破壊されてはいません。鋭意検証中ですが、中国側の技術が解明 できるレベルにないだけです。 「解明」・・ですか。「アメリカが持つ機密情報」については推察しました。偵 察機が海南島に着陸した時には既に抹消されていた筈です。・・アメリカは日本ほ どボンクラ揃いでは無い筈なので、その位の準備は怠っていない筈です。見てはい ないので勿論推測ですが。 で、「中国側の技術」とは何ですか。 >いずれは少なくとも不時着した状態で返還されると断言しておきましょう。 もし返還される時が来るとすれば、少なくとも十数年は必要と思われます。錆付 きぼろぼろで、技術は既に時代遅れ・・ただの役立たずです。 Time : 2001/ 5/ 6(日) 21:05:59
Name : 始終ROM E-mail : Title : こちらも Comments: 管理人さんから直接伝わってないようなので、一応お伝えします。 左によると、ここの管理人さんは、一部の悪質な煽りのカキコに対抗すべく、また 同時にシステムの改善を図るため、一時的にこの掲示板を閉鎖するそうです。 管理人を煽るドアホの他に、管理人の名を騙るドアホも出て、意図的に情報を混乱 させていますが、各自で判断してください。 とりあえずは表示されている過去レスのコピー(ウインドウズの人はワードパッド 等に)を取っておくことを勧めます。 常連の方は管理人さんについてご存じでしょうから、偽者や混乱を目的とした煽り ・騙りのカキコを判別できるでしょう。 あとAikouさんへ 「孫子」の行軍編に >辞を卑(ひく)くして備えを益すは、進まんとするなり。 >辞の強くして進駆するは、退かんとするなり。 という語句があり、2mさんはそれを言いたいのだろうと思います。 Time : 2001/ 5/ 6(日) 21:32:46
Name : 2m E-mail : Title : Aikouさん、管理人さんへ Comments: Aikouさんへ レスが少なかったので、追加します。 >>乗員も「偵察機の状態」を忘れた頃に突っ返したと言う所と考えられます。 >どうやって忘れさせたんでしょうか?あんな短時日に。 「麻薬」を使えば簡単に可能です。・・そこまでしなくても、メモなどが無けれ ば人間の短期記憶は大した事はありません。事故後すぐに捕虜にされたのでしょう から、長期記憶にさせなければ十分だと考えます。 乗員には、極めてあいまいな記憶しか残っていない筈です。 >いずれは少なくとも不時着した状態で返還されると断言しておきましょう。 一つだけ、比較的早くしかも中国の威信を保てる方法がありました。 ・模造品を製作している です。これなら中国の意図通りの個所を欠損させられますし、アメリカの追及も かわせます。・・今は「製造中」と言う所でしょうか。 管理人さんへ 対策するのは良いのですが、「メールアドレスを書かなければ書き込めない」の は止めて下さい。2mみたいのが「攻撃メール」にさらされる可能性が極めて高いで す。そう言う事をしそうな人が何人かいますし。 Time : 2001/ 5/ 6(日) 22:26:48
Name : 始終ROM E-mail : Title : 2mさんへ Comments: この名前では初めてだと思いますが、貴方も本当に相変わらずですねえ。 このHPの「ニュース」での管理人さんの説明を良くお読みなさいな。個人情報は出 さない、ID入力のみ必要とはっきり言ってるじゃないですか? Time : 2001/ 5/ 6(日) 22:37:08
Name : 2m E-mail : Title : 始終ROMさん、管理人さんへ Comments: 失礼しました。「メールアドレスも登録」でしたか。 お負けに、「井沢掲示板」もまだ見ていませんでした。 申し訳ありませんでした。 Time : 2001/ 5/ 6(日) 22:44:04
Name : なかの E-mail : Title : そうですか・・・ Comments: おはようございます、なかのです・・・。 ソフト更新のための一時休業ですね。 わかりました。 志田糺さん、GSさん、ウサチュウさん、雪狼さん、高尾太夫さん、博雅さん、 そしてその他多くのみなさん、色々ありがとうございました。 新しいBBSで再会しましょう。 Time : 2001/ 5/ 7(月) 07:38:05